ガタンガタンッガタンガタンッ

京太郎「ふぅ……佐賀の地も久しぶりだな。ようやく姫子に会える」

プシューッ

京太郎「佐賀に着いたか。まずは白水さんを探さないと」テクテク

哩「おーい!京太郎ー!」ブンブン

京太郎「あ、白水さん!お久しぶりです!」

哩「ほんと久しぶりやな。元気しとった?」

京太郎「はい、この通りですよ!白水さんこそ元気にしてましたか?」

哩「ああ、私は滅多さん風邪引かんけんな。そいばってんわいも面白か事すんな~」

哩「彼女の姫子に内緒で会いに来るとか。まあ、驚かせたいって気持ちは分かるばってんが」

京太郎「へへ~、今日は姫子の誕生日ですからね~!色々と驚かせるつもりですよ~」

哩「はっ?」

京太郎「え、俺何かおかしな事言いました?」

哩「いやね、姫子の誕生日昨日ぞ?」

京太郎「……はい?」

哩「はい?じゃなかさ。姫子は3月26日が誕生日って本人から聞いとったろうだい」

京太郎「えっ……?う、嘘だろ……そんな……間違えてたなんて……」

哩「マジで間違えとったいや。はぁ……」

京太郎「じゃ、じゃあ俺は彼女の誕生日に祝いの電話どころかメールすらしてない最低な彼氏って事じゃないか……」

京太郎「こんなんじゃ会わせる顔がない……帰ります」

哩「おい、ちょっと待て!それともう少し落ち着け!」グイッ

京太郎「待ちません。帰ります!」

哩「おいて!話ば聞けって!」

京太郎「何の話ですか!?姫子が俺に失望して別れるかどうか検討しているって話ですか!?」

哩「なんてかコラ!わいあんま姫子ば見くびんなよ!姫子がそがん事で別れようとすんもんかって!」

哩「そら確かにショックは受けとったさ!そいばってん、わいの悪口とかは全く言わんかったっぞ!」

京太郎「………」ピクッ

哩「……そいで、姫子はまだ付き合いだして日の浅かけん、しょんなかって言いよった。だけんわいば責めんなってもな」

京太郎「ほ、本当ですか…?」

哩「本当さ!なぁ京太郎、今から姫子んがた行って謝ってこい」

哩「そいで今からでも誕生日祝いしてこいさ!姫子も怒るどころか喜ぶやろうけんさ!」

京太郎「でも…」

哩「でももくそもあるか!四の五の言わんちゃはよ行ってこい!そいで姫子ば喜ばしてこい!」

哩「これ以上ゴチャゴチャぬかしたらくらすぞ!」

京太郎「……分かりました!姫子の家に行ってきます!それと白水さん、ありがとうございます!では!」タッタッタッタッ

哩「おう、頑張らんばぞ!……行ったか。京太郎、私の初恋の男……姫子と幸せになれよ」

カンッ!