京太郎「塩」

桃子「豚骨」

京太郎「じゃあ…醤油」

桃子「ケチャップっすかねぇ」

京太郎「青じそ!」

桃子「シーザードレっす!」

睦月「…何をやっているんだ?」

京太郎「あ、睦月先輩ちっす」

桃子「好みの味の話っす。まずラーメンは何が好きかってなって…」

京太郎「それで、俺は塩で」

桃子「私は豚骨っす」

睦月「へ、へー…」

京太郎「そんで次は目玉焼きに何をかけるかで俺は醤油」

桃子「私はケチャップっす!」

睦月「…」

京太郎「さっきのはサラダにかけるもので俺は青じそ、桃子が」

桃子「シーザードレッシング以外あり得ないっす!」

京太郎「こうなりまして…」

桃子「京さんはあっさり嗜好すぎっす!男ならもっとこう、がっつりいくべきっす!」

京太郎「逆にお前はこってり嗜好すぎだっての。そんなんじゃお前将来ブクブクのダルダルになっちまうぞ?」

桃子「っ!」ゲシッ

京太郎「い゛っ!?何すんだいきなり!」

桃子「年頃の女の子に何てこと言うんすか!もっとデリカシーってもんを持ってほしいっす!」

桃子「そんなんだから残イケとか言われてモテないんすよ!」

京太郎「うぬっ…!残イケの意味がいまいちわからんが何かムカつくぞ…!」

桃子「むぅぅぅぅ…!」

京太郎「ぬぅぅぅぅ…!」

睦月「ま、まあまあ喧嘩は止めてだな…もう少し仲良…」


京太郎「塩!」

桃子「タレ!」

睦月「…く?」

桃子「先輩はどっちすか!?」

睦月「えっ?なんの話…」

京太郎「やっぱり塩ですよね!?いっつもしょっぱい系のもの食べてますし!」ズイッ

桃子「いーやタレっすよね!いつも食べてるからこそこういう時に変えるのが大人の女ってやつっす!」ズイッ

京太郎「なんだと!」

桃子「なんすか!」

京太郎「ぬぬぬぬぬ…!」

桃子「むむむむむ…!」

睦月「あわわわわ…」オロオロ

………………

ゆみ「…ちなみにお前は何の話か分かるか?」

智美「んー?多分焼き鳥じゃないかー?ちなみに私は塩ダレだなー。ご飯に合うし」

ゆみ「そうか…私はタレかな」

智美「ゆみちん意外と甘いもの好きだもんなー」

ゆみ「む…」カァァ

佳織「京太郎くんと桃子ちゃんって仲良いんだねぇ~…」ホワホワ

「「良くない(です!)っす!」」

佳織「ひゃわっ!?」ビクッ

智美「かおりんは臆病さんだなー」

ゆみ「やれやれ…」

カンッ