理沙「京太郎!」プンプン

京太郎「はいはい、わかってますよ」ギュッ

理沙「ッ……///」カァァ

京太郎「こうして欲しかったんでしょ?」

理沙「正解!///」プンスコ

京太郎「……ちょっと思ったんですけど」

京太郎「結婚したら、理沙さんは須賀理沙になるんですよね」

理沙「……」コクッ

京太郎「スガリサってなんか……」

理沙「……語呂、悪い」

京太郎「ですよねぇ……モナ・リザみたいな」

京太郎「それじゃ、結婚は無しにしますか?」

理沙「ッ!?ダメ!」ブンブン

京太郎「あはは、嘘ですよ、冗談に決まってるじゃないですか!」

理沙「……嫌い!」プイッ

京太郎「うわーきらわれたー」(棒)

理沙「……年下!」

京太郎「年下?」

理沙「ッ……私、年上!」プンスコ

京太郎「……年下なのに年上をからかっちゃいけません!ってことですか?」

理沙「そう!」

京太郎「あーごめんなさい、理沙さんが可愛くて」ギュウッ

理沙「……///」カァァ

京太郎「つい苛めたくなるんですよね~」

理沙「やっ……優しい!」

京太郎「は、はい?」

理沙「背、高い!」プンプン

京太郎「……もしかして、俺をからかってる?」

理沙「うん……」コクッ

京太郎「………………あー……」

京太郎「うわーん理沙さんがいじめるよー」(棒)

理沙「!」パァァ

理沙「じょーだん!」ドヤッ

京太郎「あー冗談でしたかーそれはよかったー」

理沙「か……かっこいい!」

京太郎「ん?ああ俺がですか」

理沙「うんっ」ギュッ

京太郎(さっきから褒められてばかりな気がする……)

理沙「……♪」

京太郎「……かわいいなぁ」

理沙「ッ!と、唐突!///」プンプン

京太郎「ごめんなさい」ニヤニヤ

理沙「ッ……京太郎」

京太郎「?」

理沙「……好き!」プイッ

京太郎「はいはい、わかってますよ」

カンッ