巴「…………」ボー

巴「はぁ…………」

巴「忘れちゃったのかなぁ……」

タッタッタッ

京太郎「はぁ……はぁ……!!」

巴「京太郎君!?」

京太郎「とも、さっ……あの、」

巴「ま、待ってて! 水持ってくるから」

タタタッ


―――
―――――

京太郎「ぷはぁ! はぁ~、ありがとうございます」

巴「まだ、汗出てるよ」スッ、フキフキ

京太郎「す、すみません」アセアセ

京太郎(巴さんの顔が近い!?///)

巴「それで、こんな時間にどうしたの?」

京太郎「それが、今日、巴さんの誕生日ですよね?」

巴「正確には昨日です……」

京太郎「う、すみません……」

京太郎「いや、違っ! あの、言い訳をさせてください」

京太郎「実は、サプライズでこっそり来て巴さんを驚かそうと思ったんですが」

京太郎「来る途中、事故で電車が止まって仕方ないから歩いてきて……」

巴「歩いてって、どのくらい?」

京太郎「四駅くらい……」

巴「四駅ってっ!? そもそも霧島神社自体、一番近い駅からでも徒歩じゃ30分は掛かるよ!」

京太郎「返す言葉もないです……」

巴「なんで、そこまで」

京太郎「だってそりゃ、こ、ここ……恋人の誕生日、ですし」

京太郎(言った! 言ったぞ俺!!)

巴「そ、そっか///」カァァ

京太郎「っ……///」

巴「///」モジ

京太郎「そうだ! プレゼント、プレゼントを……あれ?」

巴「どうしたの?」

京太郎「俺のバッグ知りません?」

巴「ううん。っというか、京太郎君着た時点で手ぶらだったと思うけど……」

京太郎「…………」

京太郎「家に忘れてきたっ!?」

京太郎「すす、すみません!! せっかくの誕生日に遅刻するわ、プレゼント忘れるわ……」

巴「ぷっ。ふふ、あはははっ」

京太郎「と、巴さん?」

巴「君といると飽きないね」クスクス

京太郎「すみませ、ありがとう?」

巴「座らない?」

京太郎「はい」

本殿の縁側に座る2人

京太郎「改めて言わせてもらいます。巴さん誕生日おめでとうございます」

巴「うん。ありがとう」

京太郎「すみませんこんな夜遅くに」

巴「ふふ、ホントだね」

京太郎「で、でも巴さんもなんでこんな時間に境内に?」

巴「それは……」

巴「なんとなく。なんとなくだけど、京太郎君が来てくれたらなーって///」

京太郎(可愛過ぎる)

京太郎「そんな期待してくれてたんですか……」

京太郎「はぁ、せっかくいろいろ用意したのに。締まらねぇな……」

巴「そんなことないよ」トン

巴は京太郎の肩にもたれ掛かる

京太郎「巴さん?」

巴「京太郎君が来てくれた。それだけですごく嬉しいよ」

京太郎「巴さん」

巴「ねぇ京太郎君」

京太郎「なんですか?」

巴「もう少しだけこうしてていい?」

京太郎「クス、……ええ。もちろんです」


カン!