玄「今日のデートは楽しかったね!」

京太郎「ええ…」

玄「えへへ…それにあのお姉さんのおもちは良かったのです」ジュルリ

京太郎「そうですね…」

玄「じゃあ次のデートはいつ…」

京太郎「玄さん。大事なお話があります」

玄「ふえっ?」キョトン

京太郎「俺達もう終わりにしましょう」

玄「~ッッ!?」ビクッ

京太郎「それじゃあそういうことで…」

玄「待って! なんで別れないといけないの!!」

京太郎「価値観の不一致ってやつですよ…いや、騙されてたんだから少し違うかな?」

玄「ひどいよ…私京太郎くんに嘘ついたことなんてないのに…」グズッ

京太郎「泣いたって騙されませんよ」

玄「じゃあ私がどんな嘘ついたの!」ウワーン

京太郎「玄さんも同じおもち好きだと思ってたけど宥さんに聞いたんですよ」

玄「何を…」

京太郎「玄さんがおもち好きなのはお母さんへの執着だって…性欲にまみれた俺とは違いますね」

玄「あっ、それ嘘だから」

京太郎「……」

玄「……」

京太郎「ふぁっ!?」ビクッ

玄「なーんだ、なら別れなくても大丈夫だね!」

京太郎「えっ、なに嘘ってどういうことなの!?」

玄「あのね、私の特徴って何だと思う?」

京太郎「えっと…まずちっちゃいです。加えておもちです」

玄「ふんふむ…ロリ巨乳とまではいかないかな?」

京太郎「ちょっとアホですけどそれもかわいくていいと思います」

玄(アホって思われてたんだ…)シュン

京太郎「後は世話焼きであるとこも俺的にポイント高いですね」

玄「ちっちゃい、おもち、アホの子、世話焼き」

京太郎「整理するとそんな感じですね」

玄「まずね、ちっちゃいことについてなんだけど穏乃ちゃんや有珠山の由暉子ちゃんもいるでしょ?」

京太郎「まあ確かにその辺と比べたら大きいですね」

玄「おもちは永水の3人や瑞原プロ、お姉ちゃんとたくさんいるでしょ?」

京太郎「俺のベストおもちは清水谷さんです」キリッ

玄「むっ…和ちゃんこそ至高なのです!」

京太郎「いやいや、清水谷さんが…って終わらないから次にいきましょうか」

玄「アホの子については私アホの子じゃないから除外するとして…」

京太郎(認めたくないんだろうな…)

玄「世話焼きも福路さんや清水谷さんがいるんだ。こうして考えると清水谷さんってすごいね」

京太郎「エロい、黒ロング、おもち、世話焼きにすこしアホの子も入って百合もいけるという完璧超人ですね」

玄「そして私だけの個性ってなんだろうって思ったわけなのです」

京太郎「それで?」

玄「大好きなおもちを前面に押し出せばいけると思ったのです!」ドヤァ

京太郎「まあ確かにそのおかげで京玄は相性がいいってことで沢山ありますね」

玄「ただひとつ問題があったのです」

京太郎「問題…?」

玄「おもちを押し出しすぎたせいでいつの間にか変な子扱いされてしまっていたのです」

京太郎「それで?」

玄「おもちにお母さんを求めているという設定にすればそういったこともなくなると思ったのです!」ドヤァ

京太郎「じゃあ本当におもちが好きな理由は…?」

玄「先っぽ弄ると気持ちがいいから」キリッ

京太郎「天国でお母さん泣いてますよ…」

玄「あっ、お母さんが死んじゃったっていうのも設定ね」

京太郎「ふぁっ!?」ビクッ

玄「お母さんなら今日も松実館の女将として働いているのです!」

京太郎「…もう何を信じたらいいんだ」

玄「今晩はお母さんお手製のハンバーグなんだー」ヤッター

京太郎「俺の彼女はクロチャーじゃなく黒チャーだったよ…」

玄「というわけだからこれからもよろしくお願いします」ペッコリン

京太郎「別れましょう」キッパリ

玄「うわーん! おねーちゃー! おかーさーん!」ビエーン



カン!