久「たっだいま~!って、あれ?」ガチャ

和「どうしたんですか、部長?」

咲「あ、京ちゃん」

京太郎(ちょっと待って)身振り手振り

京太郎「ええ。はい、はい。そうですか、分かりました。どうもありがとうございます…ハギヨシさん。ええ、それでは…」プツ

優希「おい、犬!誰に電話してたんだじぇ?」

京太郎「ハギヨシさんだよ。ほら龍門渕にいたあの万能執事さん。俺、あの人に弟子入りしてるからさ」

まこ「ほぉじゃったんか。じゃけん、最近色んなスキルが上がっちょったんじゃな」

咲「えっと…それってもしかして…」

京太郎「おう、迷子捜索術もしっかり伝授してもらったぜ」

咲「あぅ…」

久「へぇ~。道理で…あっ、そうだ!須賀君、悪いんだけど…」

京太郎「買い出しですよね。足りない物は一応さっきリストアップしたんですが、これ以外にまだ何かありますか?」

久「さすがね、須賀君。ん~…大丈夫そうね」

優希「ちょっと待つじょ!タコスが入ってないじぇ!」

和「もう優希ったら!ごめんなさい、須賀君」

京太郎「いや、いいよ。それじゃあ行ってきます」ガチャ

久「は~い。お願いね~」パタン



京太郎「…………」



――――――――

まこ「…本当に京太郎には申し訳ないのぅ」

和「ええ。県大会からこっち、須賀君はずっと雑用をしてくれていますからね…」

優希「私は美味しいタコスが食べられれば満足だじぇ!」

和「優希!」

咲「……」

咲(何でだろう…京ちゃん、麻雀やってない時の方が気楽そうにしてる気がするよ……)


~~~~~

京太郎「………」テクテク

京太郎「あっ、すいません、お待たせしました!」タッタッタッ

照「大丈夫、それほど待ってない。それより、私はハギヨシって名前じゃないよ?」

京太郎「すいません、丁度皆が帰ってきてしまったんで咄嗟に…」

菫「なるほど、京太郎が機転を利かせただけだったんじゃないか、照」

京太郎「あ、菫さんもいらしてましたか」

菫「ああ、照のやつが君に名前を間違えられたと騒ぐもんでな。暴走されればうちの学校に迷惑が行ってしまうから仕方なくだ」

照「別にいらないって言ったのに…」

京太郎「いえ、割と必要だったんじゃないですか?」

照「むぅ~」プクー

照「取り敢えずそれは今はいい。京ちゃん、咲の様子はどう?」

京太郎「最近は全く問題ありませんよ。正直なところ、照さんが気にしすぎなのではないかと思うくらいですね」

照「そう…京ちゃんがそう言ってくれるのは嬉しいけど」

照「私が原因で咲が辛い思いをする可能性が残っている限り、私は咲に関わらないよ。もうずっと、そう決めてきたんだから…」

京太郎「照さん……」

照「…今日もありがとう、京ちゃん。それじゃ、また…」テクテク

京太郎「……あれだけ妹のことを想ってあげられるのは凄いことですよね…」

菫「私は君の方が凄いと思うんだがな…」

京太郎「どうしてです?」

菫「京太郎、君は照の事がずっと前から好きなんじゃないか?」

京太郎「……」

菫「こんな時の沈黙は肯定にしかならないぞ?」

菫「まあいい。照に聞いた話だと、君は照の何気ない一言から妹さんを見守る立場に居続けているそうじゃないか」

京太郎「……はい。照さんが東京に出て行く直前、俺に直接会いに来てくれて言ってくれたんです。『これから咲のこと、お願い』って…」

菫「言い方が悪いかも知れんが、そんなもの所詮は中学生の戯言のようなものだ」

菫「それを好きな相手の為だから、と馬鹿正直に守り続けられる君は色んな意味で凄い、と言ったんだよ」

京太郎「そうでしょうか?」

菫「ああ、そうだ。それに君、別れるまでは照とよく打ってたらしいじゃないか」

菫「それが今は部活で打たずに雑用ばかりと聞く。まさかそれは…」

京太郎「咲をちゃんと見守る為には俺が麻雀に没頭しているわけにはいきません。ただ、それだけですよ…」

菫「……そこまで照を想っていて、何故告白しない?」

京太郎「今の照さんの目には咲しか映っていません。なのに、照さんは傍目から見ても一杯一杯です」

京太郎「照さんに余計な心労を掛けたくない、とそう思うと告白なんて出来ませんよ…」

菫「……君は、本当にそれでいいのか?」

京太郎「俺は照さんの力になれれば、それで満足なんです。例え、照さんの目に終始映らないのだとしても…」

菫「そうか……もう何も言うまい。せめて、体にだけは気をつけろよ?」

京太郎「はは…ありがとうございます。それでは、買い出しもありますので、俺もこれで」

菫「ああ」

菫「……」ジッ



菫「何とも言えない、悲しい男だな、京太郎……」


カン!