『ずっと、お前のことが好きだったんだ』

『・・・、・・・』

『だから、俺と』

『・・・・・・。・・・、・・・』

『ん…そっか』

『ありがとな』



―――――秋、少年の恋は、終わりを告げた。


京太郎「っつーことがあった訳だ」

綾「へ、へー。おにーさんにもそんなラブストーリーな思い出があったんですね」

京太郎「まぁな。今となっては苦くもあるがいいって思えるよ」

綾「そう、ですか…」

京太郎「まぁ、俺に魅力がなかったっていう話なんだが」

綾「そ、そんなことありませんっ!!」

京太郎「おいおい、随分自信満々に言うじゃねぇか」

綾「え、だって、その」

凛「それはそうですよ。だって綾は昔から京太郎先輩の「わーわーわーっ!?」」


綾「ど、どっから出てきたの凛!?」

凛「ずっとあんたの後ろにいたわよ」

凛「それより、なんでそこで『わたしがおにーさんのこと大好きだからです』って言えないのよ」

綾「む、むりだよぉ…」

凛「…ヘタレめ」

京太郎「えっと、綾ちゃんも凛ちゃんも、なんの話してんの?」

凛「いえ、気にしないでください。それでは失礼します」

綾「あやややおにーさんまたぁぁぁあ」

京太郎「じゃあなー」


――――――――――

京太郎『っつーことがあってよぉ』

憧「ふ、ふーん。そっか」

京太郎『あり?なんか不機嫌?』

憧「べ、別にー」

京太郎『そっかー。そんじゃ、そろそろ切るな』

憧「あ、うん。おやすみ…」


憧「…あーもう。なんであの時フッちゃったのかなぁ…」

憧「今更つきあってくださいなんてこっちから言えるわけないし…」

憧「あぁもうっ!私のバカーーーー!!」


カンっ!