初瀬「ねぇ、どうしても憧じゃなきゃダメなの?」

初瀬「ずっと好きだったの、でもいつも隣に憧がいたから、だから諦めようって、諦めなきゃって思ってた」

初瀬「でもいまは違う」

初瀬「須賀くん言ってたよね、寂しいって。私ならいつでもそばにいてあげる」

初瀬「憧は須賀くんよりも昔の友達を選んだんだよ」

初瀬「私は須賀くんの…京太郎のためならなんでもしてあげるよ、だから…」