~昼休み~

煌「京太郎君!こんにちは!」

京太郎「煌先輩、こんにちは。どうしたんですか、こんな時間に?」

煌「京太郎君、今日はお弁当持ってきていますか?」

京太郎「いえ、今日は学食で済ませるつもりですけど」

煌「なら丁度良かったです!京太郎君の分のお弁当も作ってきましたので、一緒に食べませんか!?」

京太郎「えっ!?本当ですか?ありがとうございます!是非お願いします!」

煌「すばらっ!では屋上で食べましょうか!」

~屋上~

煌「はい!どうぞ召し上がれ!」

京太郎「わぁ、美味そうですね~!頂きます!」ガツガツッ

煌「ど、どうですか?」

京太郎「美味いです!先輩料理上手なんですね!」

煌「そいつはすばら。作ってきた甲斐がありますよ」


京太郎「ご馳走さまでした!とっても美味しかったです!」

煌「すばらっ!さて、そろそろですかね」

京太郎「何が…です、か?あれ……何だか眠く……すいませ…ちょっと横になり……ま…」ドサッ

煌「…お弁当に睡眠薬を混ぜさせてもらいました。これでしばらくは起きないはずです」

京太郎「すぴー、すぴー」

煌「私、京太郎君の事が好きです……だけど京太郎君は姫子や部長にも好かれています……」

煌「姫子や部長に比べたら、私には何の取り柄もありません。でも京太郎君を自分のものにしたいんです……」

煌「だから今から既成事実を作らせてもらいます」

煌「ごめんなさい身勝手で…大好きです、京太郎君…」

続かない