玄「おはよー!」

京太郎「おはようございます、玄さん」

玄「あれ?京太郎くん一人だけ?」

京太郎「はい、他のみんなは買い出しに行ってるらしいです。……買い出しぐらい言ってくれればいつでも行くのになぁ…………」

玄「京太郎くんはいつも働きすぎだよ!たまにはゆっくりしないとね?」

京太郎「そういうものなんですか?」

玄「そういうものなの!あ、そうだ、この前旅館のお客さんに美味しいおもちをもらったんだよ、京太郎くんも一つどうかな?」

京太郎「ありがとうございます。じゃあ、一つ貰いますね」モキュモキュ……

玄「どう?」ワクワク

京太郎「うわ……これ本当に美味しいですね…………正直おもちを舐めてましたよ」

玄「でしょー?」

玄「どうぞどうぞー、あ、お茶入れてくるよ」

京太郎「それくらい俺がやりますよ、おもちも貰いましたし……」

玄「いいからいいから!私がやりたいだけなんだから、京太郎くんは座ってていいのです!」

京太郎「そ、それじゃあお言葉に甘えて……(だ、大丈夫かなぁ……玄さん)」

玄「よっ…と………大丈夫大丈夫、へーきだよ!これくらいいつも家でやって……わっ!?」←脚が縺れる

京太郎「玄さん!?危ない!」バッ!

ガンガラガッシャーン!

京太郎「いてて……だ、大丈夫ですか……?」フニュン

玄「ひゃんっ……大……丈夫……だよ…?そ、それより……京太郎くん……手が……///」

京太郎「うわっ!?ご、ごご、ごめんなさい!すぐ退きますから……!」ムニムニ

玄「う、うん……///早く退いてくれると嬉しいな……あはは///」

京玄( (き、気まずぅぅぅぅぅうう……!) )

京太郎(ものすごく気まずい……咄嗟の事とはいえ、玄さんのおもちを揉みしだいてしまった…………柔らかかったなぁ。って違うだろ!)

玄(きょ、京太郎くんにおもちを揉まれちゃったー!どどどどどうしよう!?)

玄(私のおもち、おねーちゃんみたいに立派じゃないから……残念がられてないかな……?)

玄(京太郎くんの手、気持ちよかっ……って違う違う!///)

京玄「「あ、あの!」」

京太郎「く、玄さんからどうぞ……」

玄「い、いやいや、京太郎くんから……」

京太郎「そ、それじゃあ……さっきはすみませんでした!」

京太郎「咄嗟の事で慌ててたとはいえ、押し倒して……挙げ句胸まで揉んでしまって……本当にすみませんでした!」ドゲザー

玄「あわわっ!?か、顔をあげてよ、京太郎くん!私全然気にしてないよ……?む、寧ろ気持ちよかったし……って今のなし!///」

玄「こっちこそ、おねーちゃんみたいに立派なおもちじゃなくてごめんね?」

京太郎「いえ、玄さんのおもちだって良かったでs…って俺が言うことじゃないだろ……今のなしでお願いします……」

玄「だ、大丈夫だよ!?も、もしも、お嫁に行けなくなったら京太郎くんに貰ってもらうから……///」

京太郎「え?く、玄さん……それって……?」

玄「う、うん……わ、私……京太郎くんのこと……すk穏乃「たっだいまー!」」

憧「あれ?二人ともどうしたの?顔を真っ赤にしてボーッと……」

玄「な、なな、なんでもないよ!?ね、ねぇ?京太郎くん!」ワタワタ

京太郎「は、はい、何でもないです!」アセアセ

灼「なんかあやし……」

晴絵「ふーん、本人たちが何でもないって言ってるし、大丈夫でしょ」ニヤニヤ

宥「さ、寒いよ……」ガタガタ

玄「お、おねーちゃん!? は、早くおねーちゃんを暖めないと!」

玄(京太郎くん、部活が終わったらちょっと残ってくれないかな……?)ボソボソ

京太郎(はい、それってもしかして……?)ヒソヒソ

玄(うん……さっきの続き、言いたいから……///)ボソボソ

京太郎(はい……わかりました。楽しみにしておきますね?)ヒソヒソ

憧「やっぱり何か怪しいのよね?」ウーン…

カン!