こりずに京太郎3年で阿知賀


京太郎「(はぁ…俺ももう3年で最後の大会か…負けたくね~よなぁ)」

京太郎「(…でも麻雀に絶対は無い…ただでさえ運が無いんだから、ミスは出来ない)」

京太郎「(晴絵姉さんに教えてもらったこと全部を出しきって勝つ…)」

??「おぉ久しぶりだな、京たろ…」

京太郎「(ただでさえ女子は団体で優勝したんだ…俺も3年らしい所を見せないとな…)」

??「おい、聞いているのか!」

京太郎「(でもやっぱ怖いな…結果を出さなきゃいけない試合ってのは…)」

??「おい京太郎むじずるなよ~」ウルウル

京太郎「へ!?」

やえ「うぅう」ウルウル

京太郎「や、やえなんでこんな所に!?」

やえ「…さっきから呼んでいたんだぞ」

京太郎「あ…すまん考え事していて気付かなかった」

やえ「…ふん、まぁいい…久しぶりだな京太郎」

京太郎「あぁ久しぶり、やえ」

やえ「春に雀荘で会った以来だな」

京太郎「ははっちょっと忙しくてな…あと個人優勝おめでとう」

やえ「王者だからな!…まぁ団体ではそちらに負けたが…」

京太郎「二度目は無いよ…特にお前には、な」

やえ「…その一度目が私の最後の夏に来ることはないだろう…」

京太郎「…麻雀ってそんなものだろ?」

やえ「…そうだな…あれで私の麻雀人生が終わる訳じゃないしな」

京太郎「それでこそ俺の知っている小走やえだよ」

やえ「ふん、それでこれから決勝に挑む京太郎はなにを悩んでいるんだ?」

京太郎「…玄とお前の対局をみてな…すこし怖くなった…」

やえ「怖い?京太郎らしくない…いつでも麻雀は楽しい物じゃなかったのか?」

京太郎「あぁ怖い…責任とか色んなものがいっぱいのしかかっているみたいでな…」

やえ「アホらしい、そんなもの中学でも味わってきたろ?」

京太郎「それでもだよ…やっぱ高校生てのは特別だよ、色々…」

やえ「…それで、どうするんだお前は?」

京太郎「どうもしないよ、ただ時間が来たら卓に着くだけだ」

やえ「なら、とっとと卓に着いてしまえお前はそっちのほうが余計なこと考えないだろ?」

京太郎「なんでお前がそんなころ知っているんだよ…」

やえ「そ、それは…中学の時ずっと見てたし…」ボソッ

京太郎「え?」

やえ「な、なんでも無い!…兎に角無駄な事考えるよりも始めてしまったほうがいいと思うぞ?」

京太郎「ふふっ…そうだなありがと、やっぱお前は頼りになるよ」

やえ「ふ、ふん…当たり前だ」

京太郎「じゃあ行って来るよ…」

やえ「あぁ行って来い、先に全国で待ってるよ」

京太郎「おう、すぐに追いついてやるよ」


やえ「…久しぶりに京太郎と話せた」

やえ「…」

やえ「えへへ」ニヘラ

初瀬「…」

やえ「」

やえ「……いつからそこにいた…」

初瀬「…気付けよ~って泣いていた所からです」

やえ「もう、全部じゃん!?」

初瀬「でももう少しアピールした方がいいですよ?」

やえ「?」

初瀬「阿知賀のみんな京太郎さんに気があるみたいですし」

やえ「(そんなことはわかっている…だから…)」

やえ「…全国優勝したら告白しようかな…」

カンッ