照「……」ペラ…ペラ…

淡「~♪~~♪」

京太郎「あの…照さん?淡?」

照「?どうしたの、京ちゃん?」

淡「何なに?何か面白いことでもあるの~?」

京太郎「いや、何で照さんは俺の膝に座ってるんですか?そして淡は何で腕に抱きついてきてるんだ?」

照「……京ちゃん、私達が一部で何て呼ばれてるか知ってる?」

京太郎「え?チャンピオンとか絶対王者ってことですか?」

淡「ぶぶー!違いま~す!正解は~……”天照大神”でした~!!」

京太郎「は?アマテラスって確か、神道で太陽を表す神様のことだよな?」

照「そう。私と淡、それから鹿児島永水女子の神代に長野龍門渕の天江」

照「高校女子麻雀トップクラスのオカルト使いたるこの4人を総称して『天照大神』」

京太郎「照さん、聞くならせめて覚えといてください。スマホ見ながら言われたってなんか説得力が…」

淡「そんなことはどーでもいーの!つまり私達は天照大神なんだからキョータローに甘えることに何ら問題は無い!」

小蒔「その通りです!」バン!

衣「衣も来たぞー!」ヒョコッ

照「む…厄介なのが来た…」

京太郎「うぇぇ!?何でお2人がこんなところに!?」

小蒔「細かいところはどうでもいいんです、京太郎さん!」

小蒔「いいですか?天照大神は須佐之男命の姉!兄妹なんですから甘えても構わないんです!と、いうことで……えい♪」ギュムッ

京太郎「わっ」

京太郎(う、う、うおおぉぉぉぉぉぉ!!や、やわこい!)

京太郎(今までの2人からは決して得ることの出来ない、史上最強にして史上最高のこの感触が俺の腕にぃぃぃぃぃ!!)

照「……」ズシッ

淡「……」ゴンッ

京太郎「あたっ!痛っ!ちょ、何するんですか!?」

照&淡「自業自得(だよ)!」

衣「衣も混ぜろ~!」ドシッ

京太郎「わっ、とと。この状態で肩車って、かなり危ないんですけど……」

衣「わ~い♪」

京太郎「……気をつけとけばいいか。ところで小蒔さん、さっきの須佐之男命って…」

小蒔「須賀神社の御祭神です!まさに運命ですね!」ムンッ!

京太郎(おふっ…抱きついた状態で気合入れるから、余計に押し付けられて……)

照「むっ……」グリグリ

淡「う~……」ギュ~~

京太郎「ちょ、ちょっと待って、照さん、淡!狭い!狭いから!!」

菫「おい、須賀!さっきから何を騒い…で……」ガチャ

菫「…………邪魔したな」バタン

京太郎「え、ちょ、待って!部長!カムバ~~~ック!!」

照「菫も許してくれたことだし…」

淡「今から京太郎は…」

小蒔「私達と…」

衣「遊ぶんだ~~!」

照(アッチの意味でも) 淡(遊んじゃうもんね~♪) 小蒔(鹿児島に帰る時にはお赤飯を用意してもらいましょう♪)

京太郎「Somebody HELP ME!!」


カン!