哩「京太郎、そろそろ帰ろうでー」

京太郎「あ、はい。そうしますか!」



哩「ああ、そうそう。今日の晩飯ばってんさ、魚でよか?」

京太郎「はい、哩さんの手料理が食べられるのなら魚でも肉でもOKですよ!」

哩「まーた恥ずかしか事ば…///まあよか。そいじゃ魚買い行こうか」

京太郎「はい!」

~魚屋~

京太郎「魚と言えばやっぱりマグロとかタイとかですよね!」

哩「はぁ?わがなんば言いよっとかいな。魚やったらアジとかクロとかが美味かろうが」

京太郎「ええっ!?…ところでクロって?」

哩「ん?ああ、メジナとかクロダイって聞いた事なかや?そいさ」

京太郎「へぇ~。ところで魚はタイでいいですよね?俺タイ好きなんですよ」

哩「タイはあんまなぁ…分かった、間取ってカワハギとかどげんや?」

京太郎「う~ん?カワハギ?」

魚屋「へいそこのカップルさん!今日はブリが新鮮ばい!」

哩「お!ブリもよかなぁ!そいじゃブリにすーか」

京太郎「そうですね。ブリにしましょう」

哩「おっちゃーん!こいばちょうだい!」

魚屋「へいよー!哩ちゃんは常連やけん、特別に500円で売ってやっばい」

哩「ありがとう~!おっちゃんはほんなごてよか男やねぇ。あ、500円ね」

魚屋「おいおい、こがんおっさん褒めたところで何も出らんぞ?ほいよ、ブリ」

哩「うっし!買うもん買ったし帰るばい」

京太郎「はい!」


哩「今日は頑張ってブリの刺身と煮付け作ったばい」

京太郎「うお!美味しそう!頂きます!」

哩「熱かけん火傷せんごとな」

京太郎「(パクパク)美味い!さっすが俺の自慢の彼女!」

哩「ふふん!もっと褒めてよかっぞ?」

京太郎「(パクパク)ああ!美味すぎてご飯が進むぜ!おかわり!」

哩「飯はいっぱいあっけん、遠慮せんでどんどん食べろよ」


その後、ブリで精力を付けた二人は熱い夜を過ごしたという
カンッ!