京太郎「……」スタスタ

やえ「……」トコトコ

京太郎「あの、」

やえ「ん?」

京太郎「よかったんですか? せっかくの誕生日にこんなただ散歩だけだなんて」

やえ「まぁ気にしなさんな。誕生日だからって別に特別なことはなにもないよ」

京太郎「ん、まぁ先輩がそういうなら……」

やえ「私は、京太郎とこうしていられるだけで十分楽しいさ」

京太郎「結構、大胆なこといいますね」

やえ「う、うるさい。私もいってから気付いたんだ///」

京太郎「……来月には」

やえ「うん?」

京太郎「やえ先輩はもう大学で、こうして一緒に歩くことも少なくなるんですね」

やえ「……」

やえ「甘いものでも食べないか」ピッ

京太郎「……いいですね」

クレープ屋

京太郎「先輩はどれにします?」

やえ「そうだな……」ムムム

京太郎「……」ジー

やえ「ん? どうかしかい?」

京太郎「いえ、普段強気な女性がなにかに悩んでるのってなんだか見てて可愛らしいなって」

やえ「え! なぁ!?//////」

京太郎「すみません。俺、このバナナとチョコのミックスのやつで」

おっちゃん「はいよー」

やえ「あ、こら! 話を逸らすな!」

京太郎「やえ先輩はどうします?」

やえ「あ、え~このカスタードとストロベリーので……」

おっちゃん「毎度あり~ちょっと待てってね~」

やえ「それより、京太郎! 今のは」

おっちゃん「ハイ、お待ち~。2人初々しいねぇおっちゃんかみさんとの若い頃思い出しちゃったよ」

おっちゃん「お礼に具ちょっとサービスしといたよ」

やえ「あ、ありがとうございます///」

やえ「……」モシャモシャ

京太郎「甘いですね」

やえ「う、うん」

京太郎「美味いっすね」

やえ「う、うん」

京太郎「俺の一口いかがですか?」

やえ「あ、じゃ、じゃあ……」

京太郎「あ~ん」

やえ「あ~、……って違う!」

京太郎「はい?」

やえ「君のその、それはなんだ!?」

京太郎「それとは?」

やえ「その、なんというか、女性に対してさっきみたいなのを自然に言ったり」

やえ「今のだって往来でそんな、食べさせ合いとか、かかか、間接キ…………ッス、とか!///」

京太郎「ふむ」パクパク

京太郎「奈良県個人一位、王者小走やえ先輩も恋愛に関してはニワカということですね」

やえ「誰が!? に、ニワカで悪いか!?」

やえ「私は、小さな頃から麻雀ばっかりで、誰かを好きになったことなんて……」シュン

京太郎「それでいいんじゃないですか?」

やえ「え?」

京太郎「別に誰かと競ってるわけじゃないですし、先輩のペースで少しずつ進んでいけばいいと思います」

京太郎「俺でよければいくらでもお付き合いしますよ」

やえ「そうか、うん。そうだね。じゃあ……」スッ

京太郎「?」

やえ「あ、あ~ん…………///」スッ

京太郎「!?!?///」

京太郎(真っ赤になりながらクレープを差し出してくる、やえ先輩。やばい、可愛過ぎる)

やえ「ど、どうした?」プルプル

京太郎「いえ、まったく! あ、あ~ん」パク、ングング

やえ「どう?」

京太郎「お、美味しいです」

やえ「……///」

京太郎「……///」

京やえ( (これは、恥ずかしい) )

やえ「さっきの話だが」

京太郎「はい?」

やえ「大学にいっても、別に、その、私たちの関係が変わるわけじゃない」

やえ「だから、直接はなかなか会えなくなるかも知れないが電話でもメールでもいくらでもしていい」

やえ「いや、出来ればしてきてほしい。その方が私も、嬉しい、から///」

京太郎「やえ先輩……」

やえ「///」

京太郎「先輩も寂しいって思ってくれるんですね」

やえ「あ、あたりまえだ!」

京太郎「ふふふ」

やえ「な、なに?」

京太郎「いえ、奈良の王者は実は奈良のお姫様だったんですね」

やえ「バカ///」


カン!