京太郎3年 永水

京太郎「はぁ…茶がうまい」ポケー

霞「そうね~…あこのお煎餅もおいしいわぁ」ポケー

初美「…なんか二人ともジジ臭いしババ臭いですよー」


京霞「なっ!?」

京太郎「そ、そんなことないぞ初美、俺達はまだ学生なんだから…」

霞「そ、そうよ初美ちゃん別にちょっと一休みしているだけよ」

初美「じゃあお外に散歩にいきましょう、日向ぼっこなんていつでも出来ますよ」グイグイ

京太郎「いや初美、日向ぼっこにも適切な季節があってだな…てか裾引っ張るな縁側から落ちるだろ」



初美「(最近霞ちゃん京太郎と一緒の時間が多いですよ、抜け駆けですよー…)」

霞「(あら、今日の日向ぼっこは京太郎から誘ってきたのよ)」ウフフ



京太郎「はぁしょうがない、まぁ久しぶりに散歩に行くのもいいかな」

初美「!!…そうですよー早くいきましょー」

霞「…私もいくわ…最近運動不足だし…」

京太郎「そうか、3人で散歩は久しぶりだな、」

初美「そうですねー姫さまとかと一緒なら多いんですけど」

霞「ふふ、そうね3人だけってのは最近なかったかも…」



初美「(別に霞ちゃんもいなくてもいいですよー)

霞「(あら、二人っきりが抜け駆けって言ったのはどなたかしら?)」

初美「…」ニコッ 霞「…」ニコッ

京太郎「本当に二人とも仲が良いなぁ、 あはは」

カンッ