白望「正直なところ覚えてないや、一体いつ以来だろうね。塞が私を呼びつけるなんて」

塞「やめてよそういうの、あんただって本当は意識してたくせに。私にだってそれくらい分かるよ」

白望「だったらどんな言葉が欲しかったの。塞は今以上、それ以上私から何が欲しいの」

塞「ちゃんと部活に来て」

白望「…………」

塞「胡桃や他の皆だって薄々勘付いてる。どうして私たちの前からいなくなったりしたのかって」

白望「私は推薦もらえなかったからね。サボりすぎたツケなのかな、ダルくて仕方がないよ」

塞「嘘」

白望「嘘だったらなんだって言うの」

塞「あんたは見たくないものから目を背けてるだけでしょう。卑怯なことしないでって言ってるの」

白望「卑怯?」

塞「いつまでもそうやって拗ねてるのはあんたの勝手だけど、皆に迷惑をかけるなら話は別だよ」

白望「…………」

塞「シロ」

白望「心にしこりを残したままあの子と幸せにはなれないって。ちゃんとそう言いなよ」

塞「…………」

白望「塞はさ、残酷なことを言うよね。自分とあの子のためなら私がどうなろうと構わないんだ」

塞「あんたが望んだ結果じゃない。中途半端に投げ出したりしないで最後まで責任を持ってよ」

白望「最後、ね」

塞「言いたいことがあるならちゃんと言って」

白望「別に大したことじゃないよ、何から何まで塞の言う通り。私は未練を捨てきれてなかったんだ」

塞「ねえシロ」

白望「そこから先は言わないでよ。ダルいからじゃない、これ以上無いものねだりはしたくないから」

塞「無いものねだりって。勝手に手放して私たちの前からいなくなったのはあんたじゃない」

白望「もうやめてよ」

塞「…………」

白望「全部分かってるから。青い鳥を逃がしたのも私、塞とあの子の幸せを履き違えたのも私」

塞「もう戻れないんだね。前みたいには」

白望「取り返しのつくものなんて何もなかったでしょう。塞はあの子のことだけ考えてればいいよ」

塞「ごめん」

白望「明日からでもいいよね。部活に顔を出すの」

塞「明日でも明後日でもいいよ。あんたが戻ってくるならさ」

白望「ありがと」

塞「私こそ色々ありがとう、そろそろ時間だから部活いくね。また明日部室で」

白望「うん」



白望「…………」

白望「これでよかったんだよね」

白望「赤い目のまま会いたくないもんね」