京太郎「おーい咲ー、ったく屋内で迷うなよ、子どもじゃないんだから」

ドンッ

哩「ひゃっ!」ペタン

京太郎「うおっ!す、すいません!」

哩「いや、大丈b……ッ!!?///」カァッ

京太郎「起き上がれますか?」スッ

哩「は、はひ……///」ギュッ

京太郎「よっと……本当にすいません」

哩「きっ、気にしとらんた……気にしてオリマセン!!///」

京太郎「あれ、ひょっとして新道寺女子の、白水さんですか?」

哩「しっ、知ってるでありますか!?///」

京太郎「有名ですし、かわいいからよく覚えています」

哩「にょあっ!/// ふ、普通でござる……///」

京太郎「……あの、普通に喋ってくれていいですよ」

哩「うっ………………うわぁぁあああ姫子ーーーっ!!!///」ダダッ

京太郎「あっ!あのー!……行ってしまった」

―――

哩「はぁっ、はぁっ……」

煌「部長、なにかあったんですか!?」

哩「は、花田!標準語ば教えて!///」


カンッ