キャプテンと京太郎は幼馴染で同年代


京太郎「美穂子あれとってくれ」ジュージュー

美穂子「はい京太郎君どうぞ、あとこっちは出来ましたよ」

京太郎「そうか、じゃあご飯よそっておいてくれ」

美穂子「はいわかりました、京太郎君」


華菜「(………)」

星夏「(先輩達、本当に息のあったコンビですね…)」

未春「(あれはもう以心伝心で料理してるから)」

純代 「(しかもどっちも女子力が高いとキタ…)」

華菜「(ぐぬぬ…キャプテンと須賀先輩が近すぎるし…離れるし!)」

星夏「(?池田先輩って須賀先輩に懐いてましたよね?)」

華菜「(それとこれは違うし!!)」

純代 「(どっちも大好きだからでしょ…)」

未春「(自分の事もかまってほしいんでしょ?)」


美穂子「は~いみなさんお夕飯が出来ましたよ」

京太郎「味噌汁は美穂子の、おかずは俺特性だ!いっぱい食べろよ!」

他「「「「「は~い!!」」」」

京太郎「なんか、大家族って感じだな」

美穂子「ふふ、そうですね」

他「「「「(まったく否定しない!?)」」」」

華菜「キャプテンは私の右に須賀先輩は左に座るし!」

美穂子「ありがとうね、華菜」ナデナデ

京太郎「良い後輩だよ華菜は」ナデナデ

華菜「ふにゃ~~」

未春 純代 星夏「ネコか!……ネコだった…」

美穂子「じゃあみなさん食べましょうか…」

京太郎「お手を合わせて…」

他「いただきます!」

カンッ 腹減った…