京太郎は3年で新道寺

方言のおかしい所は勉強中ということで…


京太郎「(…あれ…あぁ俺部室で寝ちゃったんだ…)」


京太郎「(…ん?誰だ…この膝は…)」


哩「あ、起きたと?キョウタロー」

京太郎「…あぁ哩か…ごめん…重いだろ?退くよ…」

哩「よか、よか…そのままで…京太郎は先輩なのに後輩の分の雑務すっと…疲れとるんよ…」

京太郎「まぁ男子は俺だけだから…力仕事とかはやらないと…」

哩「…ありがとーよ…だけんて無理はイカン…私心配ばい」

京太郎「…考えとくよ…」

哩「ふふっ…よか、よか」ナデナデ

京太郎「…でもいいのか?」

哩「?」

京太郎「こんなことしていると姫子の怒られるんじゃないか?部長が浮気した~って」

哩「そら大丈夫たい」

京太郎「姫子とお前は…その…”あれ”で繋がってるんだろ?」

哩「ふふそうかもしれんとね…」

京太郎「…」

哩「…それはそれ、これはこれ…京太郎は嫉妬しよっと?」

京太郎「…そんなんじゃ無いよ」

哩「ふふっ幼馴染に嘘はいかんと、バレバレたい」ナデナデ

京太郎「…」

哩「それにもしかしたら怒られるのは私かもしれんとよ?」

京太郎「なんで?」

哩「…私ちぃっと抜け駆けしよっと」

京太郎「抜け駆け?ますますわからん…」

哩「それでよか…京太郎は京太郎のまんまの方が姫子も私も嬉か…」

京太郎「おう…わりぃ…すこし寝ていいか…また眠気が来た…」

哩「ふふっ…おやすみ京太郎」


京太郎「…ZZZ」

哩「…京太郎が眠ってるなか言うのはずるかもしれんけど…」

哩「好いとーと…京太郎」

カンッ