京太郎は白糸台で3年生

京太郎「桜餅ってあるだろ」

菫「いきなりなんだ?…まぁあるな」

京太郎「あれってさ少し酸味があるじゃん」

菫「あぁたしかに…」

京太郎「俺子供の頃あの酸味のある葉っぱが苦手でさ」

菫「そうか?私は子供のころから好きだったぞ」

京太郎「なんて言うかな…甘い物は甘い物として食いたかったんだよ」

菫「ふむ…酢豚のパイナップルが許せないとかか?」

京太郎「そうそうそんな感じ、まぁ今は好きだけど」

菫「で、なんでそんなことを聞いて来たんだ?まぁ大体予想はついてるが…」

京太郎「ふふふ、今日のおやつは俺特製の桜餅です!」サッ

照淡「おやつ!?」

菫「相変わらずその菓子作りの情熱はどこからくるのか…」

京太郎「照と一緒にいるからどんどん腕が挙がってしまったんだよ」

菫「…その所為で我が部の女子は体重計が凶器になり始めているのに…」

照「京ちゃん速く速く!」ヨダレ

淡「おなか減ったよキョウタロー!」

尭深「お茶用意します…」

誠子「じゃあ私はテーブル拭きます」

京太郎「今日は一人2個までだぞ、特に照と淡!」

照淡「は~い!」

菫「ったく…調子のいい奴らめ…では京太郎に感謝して…」

みんな「いただきます!」

カンッ