玄「おはよー!」

京太郎「あ、おはようごさいます、玄さん」

玄「おはよう、京太郎君」

玄「ところで京太郎君……今日は何の日か知ってる?」

京太郎「えーっと、ホワイトデーですよね?それだったら……」

玄「そう!今日はホワイトデーなのです!つまり……今日は好きにおもちを揉んでいい日なんだよ!」クワッ!

京太郎「な、なんだってー!!」ズバーン!

京太郎「って、そんなわけないでしょーが」

玄「えへへ……やっぱりバレた?」

京太郎「そんな嘘に引っ掛かるのは俺の知る限りじゃ、長野のポンコツ姉妹位ですね」

玄「むむむ……京太郎君なら少しは信じてくれるかなぁと思ったんだけどねー」

京太郎「それはあれですか、遠回しに俺がポンコツだと言いたいんですね」

玄「…………違うよ?」

京太郎「はーい、玄さん?ちゃんと目を見て会話しましょうね?」ホッペ ヲ ムニーット

玄「ひょうひゃろーふん、いひゃいいひゃい!(京太郎君、痛い痛い!)」ムニムニ

京太郎「俺をポンコツ扱いした当然の報いです!」ムニムニムニムニ

玄「ひょっへははほひふー!(ほっぺたがのびるー!)」グニグニ

京太郎「ふう……ところで玄さん?ホワイトデーが本当はどんな日か分かってますよね?」

玄「当然!むしろ分からない方がどうかしてる気がするよ……」


その頃……

清澄では

咲「へくち!」

和「咲さん、風邪ですか?」

咲「んー……わかんない……」

和「駄目ですよ?いまの時期少しでも油断すると風邪を引きやすいんですから……」

咲「うん、ごめんね?心配かけて……でも京ちゃんといたときは風邪なんてほとんど引かなかったのに……」


白糸台では

照「クシュン!……うぅ…………鼻水がぁ……菫ぇ、ティッシュ……!」

菫「自分でとれ!いちいちそんなことで私を呼ぶな!」

照「京ちゃんなら鼻をかむまでやってくれたのに……」

菫「いい加減私とその『京ちゃん』とやらを比べるな!」

菫「だが、体調管理もしっかりしておけよ、照。試合当日に風邪でした!なんて通用しないからな?」

照「はーい……風邪かぁ……そういえば京ちゃんに会うまではよくひいてたっけなぁ……」


咲照「「今頃、京ちゃんはどうしてるんだろ?」」


京太郎「ははは……実際にいましたけどねー」

玄「じゃあ今日は京太郎君がホワイトデーの贈り物をくれるの?」

京太郎「ええ、まぁ……バレンタインに貰いましたし……」

京太郎「じゃあこれ、玄さんの分のお返しです。どうぞ」スッ……

玄「これって……キャンディー?」

京太郎「はい、知り合いの執事にホワイトデーには何を送ればいいか、と聞いたらキャンディーがいいと教えて貰ったので……」

京太郎何かおかしかったですかね?」

玄「う、ううん!何でもないよ!?すっごく嬉しいよ?」

玄((あー……ビックリした……いまの話からすると……京太郎君はキャンディーの意味は知らないのかな?)

京太郎「そうですか!喜んでもらえて何よりです!」

京太郎「よかった……変じゃなかったのか…なら…!」スクッ

玄「あれ?どこいくの?京太郎君」

京太郎「いや、麻雀部のみんなに渡してこようかなーって」ガサッ

玄「も、もしかして……それ全部キャンディー?」

京太郎「はい、一人一人違うのもいいかなぁと思ったんですけど、時間もなかったし全員キャンディーにしましたけど?」

玄「……そ、そうなんだ……(や、やっぱり京太郎君って結構ポンコツだよね……)」

カン!