衣「今日はホワイトデーだぞ京太郎!」

京太郎「へへっ、ちゃんと全員分用意してますよ!」

衣「わーい♪」

京太郎「はい、純さん」

純「おうサンキュ…ってこれまさか手作りか?」

京太郎「はい、まあほとんど家に余ってた材料ですけど」

純「はー、お前マメだねえ」

智紀(京太郎の手作り…)
一(京太郎の手作り///)
透華(京太郎の手作り!?)

衣「わーい♪京太郎お手製のおっかしーおっかしー♪」

京太郎「はい、智紀さん」

智紀「ありがとう……」


智紀(京太郎の手作りお菓子……中身が気になる……)ガサガサ


キャンディ


智紀(…………………………)

智紀(はっ)

智紀(あまりの衝撃にフリーズしてしまった)

智紀(ホワイトデーのキャンディは「あなたが好きです」というメッセージ)

智紀(……私を選んでくれたんだ)

智紀(嬉しい///)

京太郎「一さんにも、はい」

一「えへへ、ありがと」


キャンディ


一(え?キャンディ?って事は……///)

一(いやいやいや!そりゃボクも嬉しいけど何も皆がいる所でこんな……///)

一(……それともひょっとしてそういうプレイなのかな?)

一(これから毎日こんな風に躾けられて……ボク、京太郎の色に染められちゃうのかな///)ゾクゾク


京太郎「透華さんどうぞ」

透華「い、頂きますわ」


キャンディ


透華(!?)

透華(こっ、こここここれは!!///)

透華(お、落ち着くのです!この私が告白ごときに動揺してはいけませんわ!深呼吸深呼吸)スーハー

透華(ふう……なんとか少しは落ち着いてきましたわ。心拍数は全く収まりませんけど///)ドキドキ

透華(それにしてもあの京太郎の事ですからてっきり無難な物を渡してくると思っていましたが)

透華(……意外と大胆ですのね///)

京太郎「よっと、最後は衣さんですね」

衣「遅いぞ京太郎!衣がこれだけ楽しみにしてるのに待たせすぎだ!!」

京太郎「あはは、すいません。お待たせしました」

衣「うむ!許すぞ!」


衣「おっかしーおっかしー♪京太郎のおっかしー♪」ガサガサ

衣「おか……」


マシュマロ


衣「………」

衣「………」

衣「………衣」

衣「なにか悪いことしたのかな?」ポロポロ


純「それにしても手作りの飴玉なんて変わってるな。普通チョコじゃないのか?」←知識無し

京太郎「ちょうど家のオフクロが自家製キャンディにハマってまして」←知識無し

京太郎「材料余ってたんで丁度いいかなって」

純「ふーん」コロコロ

京太郎「あ、でも衣さんにはハギヨシさんからマシュマロが好きって聞いてたんでマシュマロにしときました」

純「はー、相変わらず衣に甘いな―」

京太郎「純さんだってそうでしょ?」ニヤニヤ

純「……うっせ」


「「「京太郎!」」」


京太郎「え?」



智紀「私を選んでくれて嬉しい……2人で幸せになろう///」
一「次はどんな事するの?なんでも言いつけてよ。ボク、君好みのメイドになるから///」
透華「なかなか大胆な告白でドキドキしましたけどその……やっぱり面と向かって愛を囁いて欲しいですわ///」



智紀「ん?」
一「え?」
透華「は?」



京太郎「……あ?……あ?」

純(……よし、流れを読んで巻き込まれない内に逃げるか)スタスタ


衣「京太郎…」

京太郎「!?こ、衣さん?なんですか?」

衣「衣は……衣は何かお前に嫌われるような事をしたのか?」

京太郎「」

衣「衣が……ぐすっ……衣が悪いことしたなら謝るから……ごろものごど、ぎらいにならないでー!!!」ビエー!

京太郎「……どうしてこうなった」



この後メチャクチャ説得した
カンッ