穏乃「京太郎! 明日は何処行こう!?」めらめら

京太郎「うーん……一度、穏乃の麻雀を見てみたい気がするよ」

穏乃「げっ……その、ま、まあ、大会まで楽しみにしててよ!」

京太郎「何だその顔? インハイに行くんだ~って豪語しといて、実力のほうはもしかして……」

穏乃「違う違う! 色々あるんだよー……乙女にはね」きらっ

京太郎「はははは、乙女、ね」

穏乃「馬鹿にするなー!」うがー


穏乃ちゃんの家は、和菓子屋を営んでいる。
私はあまり行かなかったんだけど、最近は行く理由が出来た。

玄「……」じぃー

窓から中を覗くと穏乃ちゃんが男の子と話をしていた。

須賀京太郎、くん。
穏乃ちゃんの友達。
私とはあまり親しくない。
交流する機会も無いし。

仲睦まじす話す穏乃ちゃんと須賀くんを見て、少し羨ましかったりする。
どうにかして、彼と仲良くなれないかな。

玄「こ、こんにちは~」すー

穏乃「!!!」

京太郎(うお……すげー可愛い人だな……)

京太郎(……あれ、穏乃?)

穏乃「……玄さん」

玄「穏乃ちゃん、こんにちは」

穏乃「何か用事が?」

玄「特に無いんだけど……ふらっと立ち寄っちゃったんだ」

穏乃「そうですか……」

穏乃「京太郎! 私は玄さんと話して来るから……ちょっと待ってて!」ぴゅー


がっ


玄「わ、わー!」ぴゅー

京太郎「こ、行動がはえーよ……」はは



穏乃ちゃんに連れて来られたのは、家の裏側だった。
大した距離じゃないのに、汗を拭う穏乃ちゃんに少しほっとする。
さっき、ちょっと穏乃ちゃんの顔が変なふうに見えたけど、気のせいだったみたい。

穏乃「いやー、びっくりしましたよ……玄さん、来るなら来ると言ってくれれば良かったのに」

玄「その……ごめんね?」

穏乃「全然! 問題ないので、大丈夫です!」ぶいっ

玄「あっ……じゃ、じゃあ~……」そわそわ

穏乃「???」

玄「穏乃ちゃんに、相談があるんだけど……いいかな!?」ずいっ

穏乃「相談ですか? はい、何でもどうぞ!」


玄「須賀くんと仲良くなりたいんだけ」

穏乃「は?」


玄「……えっ?」

穏乃「あ、すいません! ……続けて下さい」

玄「う、うん……そのね? 穏乃ちゃん、あの男の子とよくお話してるよね?」

玄「それで、私もそれ見てたら……須賀くんと……」

玄「お、お近づきになりたいなぁ~っ! って……」てれてれ

玄「思わなくもないというか……!」くらくら

穏乃「へえ……」

穏乃「新鮮ですね、顔を赤らめて男のことを話す玄さんを見るのは」

玄「え?」

穏乃「何でもないですよ」にこっ

玄「……」ぞくっ

玄(あれ? 今の何だろう)

穏乃「いいですよ。私が玄さんと京太郎の仲、取り持ちますね」

玄「えへへ……ありがとう、穏乃ちゃん」

玄(どうして私は今)


穏乃「……」

玄(この子のことを、怖いと思っちゃったんだろう?)


数日後。
須賀くんとは随分仲良くなれた。
今日はなんと、家に招いてしまった!
どきどきが止まらないけど、凄く嬉しい。
穏乃ちゃんには感謝しないとね。

京太郎「初めてお邪魔したけど、お姉さんが居たんですね。なんていうか、宥さん、良いですね……」

玄「ふふっ、是非お姉ちゃんとも仲良くしてね」

京太郎「もちろんですよ!」

玄「須賀くんと仲良くなれて、良かったなあ……」

京太郎「なんですか、急に?」

玄「だって、須賀くん優しいし、一緒にいて楽しいし……」

玄「こうやって……」じぃぃ

京太郎「っ!?」

玄「目を合わせると、ぽわぽわしたり、どきどきしたり、不思議な気分になるの」

玄「こんなの須賀くんだけ……♪」

京太郎「は、はえ! それは、どうも……!!」どきどき

京太郎「……はは」

京太郎「少し、わかるな」

玄「ん?」

京太郎「俺も玄さんと仲良くなれて、良かったってことですよ」

京太郎「玄さん、優しいし、一緒にいて楽しいし、それに」

京太郎「……」

京太郎「……ってやっぱり言えねえよ! 恥ずかしすぎる!」かあーっ

玄「え、えええ!? 気になるよ!?」

京太郎「ま、まあ……」

京太郎「とにかく、貴女と出会えて良かったって思います。何となくだけど、玄さんとなら、ずっと上手くやってけそうだ」

京太郎「これからもよろしくお願いします」にこ

玄「須賀くん……」にへらっ

玄「こちらこそ、よろしくお願いします」ぺこ

玄「で、ですね……」そわそわ

京太郎「?」

玄「そのー……えっと……」そわそわ

京太郎「?」

玄「えへへ……」にこにこ

京太郎「どうしたんですか玄さん……?」

玄「はっ! ごめんね。あのね……」

玄「須賀くんのこと……京太郎くん、って……呼んでもいいかな!?」にこっ

京太郎「っ!」

京太郎「構いませんよ……はは……」

京太郎(なんだよなんだよ、照れるな……)


宥「二人ともあったか~い……♪」


二人「「!!?」」くるっ

宥「まるで"恋人"みたい……♪」もぞもぞ

お姉ちゃんは、なんと、炬燵から出現した!
季節外れで部屋の隅にある、炬燵から!
って……

玄「い、居るなら居るって言ってよ、お姉ちゃん!?」かあああっ

京太郎「びっくりした……」

宥「ご、ごめんね……?」

玄「い、いいけど~……」


お姉ちゃんはその後、のろのろと部屋を出ていった。
それにしてもお姉ちゃん……
とんでもない爆弾置いてっちゃったよ~……

京太郎「恋人、かぁ……」

玄「!!」びくっ

京太郎「欲しいな、恋人」ぽけー

玄「……」

玄(この、流れ。イケる?)

玄「京太郎くん」

京太郎「はい?」

玄「じゃあ、私が京太郎くんの彼女選挙に、立候補するよ」にこっ

京太郎「えっ……」

京太郎「だ、駄目ですよ。そんな軽々しくそういう事言っちゃ……」

玄「軽くなければ?」

京太郎「……え?」

玄「真剣なら、京太郎くんは、私と付き合ってくれる?」


玄「ずっと好きでした」

玄「わ、私と……」

玄「付き合って下さい!」


京太郎「──……」

京太郎「すいません、玄さん」

京太郎「今は付き合えない」

玄「っ!」うるっ

京太郎「堅いって、思われるかもしれませんが、俺は交際には真剣でいたいから」

京太郎「貴女への気持ちが固まらない内に、答えは出せない」

玄「……」うるうる

京太郎「すいません……」

玄「えへへ」すっ

京太郎「玄さん……?」

玄「いいよ、気にしないで……でも、私が京太郎くんを諦めないのは……許してくれる?」

京太郎「……許すも許さないもないですよ。気持ちに嘘はつけませんから」

玄「えへへ、じゃあ、京太郎くんっ」

玄「改めてよろしくね!」にこっ

玄(たとえ、返って来なくても、私は待ってる!)

京太郎「……はい。よろしくお願いします」にこ

京太郎(綺麗な涙……)

京太郎(ありがとう、玄さん)

京太郎(俺がその涙、預かれるような男になるまで)

京太郎(待っていてくれたら、その時は──)