洋榎「ガースー!今日は何の日や?!言ってみぃ!」

京太郎「そんな叫ばなくても分かってますよ」

京太郎「ん~、もうすぐ部活も終わりですし、そろそろいいかな?ちょっと待っててください」ガラララ ピシャッ

漫「あれ?須賀くん、どこ行くんです?」

恭子「さっきからずっと主将が喚いてますし、例の”あれ”、取りに行ったんちゃう?」

漫「”あれ”?」

由子「あ~、”あれ”。あれにはさすがの私も驚いたのよー。漫ちゃんもきっと驚くのよー」

絹恵「末原先輩と真瀬先輩は須賀君が何しに行ったか知ってはるんですか?」

恭子「うん、知っとるで、絹ちゃん。でも、ウチが教えたるよりその目で見た方がええやろ?須賀くんもすぐ戻ってくるやろし」

絹恵「はぁ」

由子「言ってる間に帰ってきたみたいなのよー」

京太郎「皆さん、お待たせしました」ガラララ

洋榎「京太郎、その箱は一体何なん?」

京太郎「ま、見てもらえば分かりますよ。ちょっとこのテーブル使わせて貰います」

漫「なんや、ワクワクしますね」

絹恵「無駄にハードル上げられとる気もするけどな」

京太郎「さて、それじゃあ開けますね……じゃ~ん!」

洋&絹&漫『おお~~!!』

京太郎「ホワイトデーのお返しでロールケーキ作ってみたんです。今切り分けますね」

恭子「朝早うに来て冷蔵庫いじってんの見た時はどうしたもんかと思ったけどな」

由子「あの時の必死な須賀君も傑作だったのよー」

京太郎「いや、だって変な疑い掛けられそうになったら誰でも必死になりますよ…」

洋榎「これまた美味そうやな~。よっしゃ!これはウチが京太ロールと名づけたる!」

絹恵「お姉ちゃん、それは…」

漫「パクリ気味な上にセンスよう無いです、主将」

洋榎「な、なんやと~!!」

京太郎「はいはい、これ食べて落ち着いてください」つ皿

洋榎「お、あんがとさ~ん♪」

京太郎「はい、皆さんもどうぞ」つ皿

恭子「ありがとうな、須賀くん」

由子「ありがとうなのよー」

絹恵「ありがとう」カサ

漫「ありがとうございます」

洋榎「さ~!食うで~!!」

一同『頂きま~す!』

~~~~~
京太郎「……よし。今日の分の牌譜整理終了、っと。ん?」ガラララ

絹恵「京太郎、おる?…あ、まだ仕事中やった?」

京太郎「いえ、丁度今終わったところですよ、絹恵さん」

絹恵「……なあ、今は2人きりやで?」ムゥ

京太郎「ああ、すいm、いや、ごめん、絹恵。部室にいるとどうも、さ」

絹恵「ま、ええわ。ほんで?わざわざ皿の裏にメモ隠してまで呼んだ理由は何なん?」

京太郎「そりゃ、決まってるだろ?たった1人の大事な恋人には、個人的に贈りたいじゃないか」

絹恵「…京太郎、あんたホンマにようそんだけポンポンと歯の浮くような台詞言えるなぁ」

京太郎「でも、それが気に入ってるんだろ?」

絹恵「う…そ、そうや!何か悪いんか?!」カァァァ

京太郎「いやいや、何も悪く無いって。さ、あんまり遅くなってもあれだし、はい、絹恵」

絹恵「うん、ありがとう。開けてもええ?」

京太郎「勿論」

カサカサ

絹恵「わぁっ!めっちゃ美味そうなクッキー…と、これ髪飾り?」

京太郎「そ。絹恵っていつも髪飾りとか使ってないだろ?」

京太郎「でも、こういうの使ったら絹恵がより可愛くなるだろうな~って思ってさ。どうかな?」

絹恵「うん!めっちゃ嬉しい!ホンマにありがとう!」

京太郎「はは、良かった。後絹恵に必要なのは皆に白状する勇気くらいだよな」

絹恵「うっ…そ、それはもうちょい勘弁して」

京太郎「ま、その辺は絹恵に任せるよ。どういう判断をしても、俺は絹恵の側にいるからさ」

絹恵「…うん、ありがとうな」



絹恵(ウチももっと自身持たなあかんな…)


カン!