愛宕姉は残念じゃないぞアホでかわいいんだよ

京太郎は3年で洋榎と幼馴染で


洋榎「なぁ京太郎おなか減らへん?」

京太郎「いや…別に…さっきパン食ったし」

洋榎「え~ウチ腹へった」

京太郎「売店行ってくればいいじゃん」

洋榎「いや~ちょっと今サイフが冷え冷えで」

京太郎「買い食いしてるからだろ…最近は特に多いぞ」

洋榎「う~む……!!そうだ!!麻雀しようや!」

京太郎「?…そりゃ麻雀部なんだから麻雀はするけど…」

洋榎「ふふ…ラスはみんなにタコヤキ作るんや!」ビシッ

恭子「タコヤキと聞いて!」サッ

由子「飛んで来たのよ~」サッ

京太郎「…まぁいいけどよ…」

洋榎「(恭子、ゆーこわかっとるな?)」

恭子「(もちのろんや、京太郎にはツモ番はこさせん)」

由子「(おやつのために犠牲になってもらうのよ~)」

京太郎「(…こいつらの考えていることわかりやすいな…)」


京太郎「…」ジュ~

洋榎「まだかきょ~たろ~」1位

恭子「う~ん良いにおいや」3位

由子「この匂いでまたお腹が減るのよ~」2位

京太郎「(くそったれ…こいつらのタコヤキパワーは化け物か!!)」4位

京太郎「…ほい…とりあえず第一弾出来上がりだ」ホッカホカ

洋榎「キタでー,ほいソース」

恭子「ほいマヨネーズ」

由子「かつぶしかけて…」

洋恭由「「「いただきます!」」」

京太郎「(タコヤキを作るのはいい…いいが…)」

京太郎「(ただ作る側は永遠と作り続けなければいけないってのが辛いな…)」

洋榎「京太郎、第二弾まだか~」

恭子「まだか~」

由子「じゃんじゃん作るのよ~」

京太郎「もう食べたのかよ…はいはい…」ジュ~

洋榎「やっぱ京太郎のタコヤキは絶品やな~」

恭子「麻雀やっててよかったわ~」

由子「このおやつが部活の楽しみなのよ~」

京太郎「そりゃあガキの頃から雅枝さんと洋榎と絹ちゃんの3人と麻雀してたからなぁ…」ジュー

恭子「そんで今日みたいに負けてタコヤキ作らされたと?」

京太郎「そう、雅枝さん大人気ないから…ほら第二弾だ」

由子「待ってましたのよ~」

洋榎「食うで~ちょ~食うで!」ハフッハフッ

恭子「あかん止らんわ」ハフッハフッ

京太郎「お前ら…俺の分も取っておいてくれよ?たのむから…って聞いてないか…」

京太郎「(…でもまぁ…こうやって美味しそうに食べてくれるならこれもいいかな?)」ジュー

洋榎「京太郎!おかわり!」

京太郎「はいよ、お任せあれ!」

カンッ