京太郎は3年世代

??年前 晴絵と京太郎は幼いころからの知り合いで


晴絵「ごめんね…もう京太郎に麻雀を教える事できなくなっちゃったんだ…」

きょうたろう「なんでだよ!?晴絵姉ちゃん」

春絵「私ね…麻雀が怖いの…もう牌に触ることも出来ないんだ…」

きょうたろう「なんで、晴絵姉ちゃんはレジェンドなんだろ?」

晴絵「もう私はレジェンドじゃないんだ…負けちゃったから…」

きょうたろう「嫌だよ、俺はもっと晴絵姉ちゃんに教えてもらいたい事いっぱいあるんだ」

晴絵「ごめんね…」ダキッ

きょうたろう「…晴絵姉ちゃん…泣いてるの?」

晴絵「…京太郎…麻雀やめないでね…私が言えたことじゃないかもしれないけど…」

きょうたろう「うん…止めないよ…絶対…だって麻雀好きだもん」

きょうたろう「…だから…俺、晴絵姉ちゃんを泣かした奴を倒すよ」

晴絵「京…太郎?」

きょうたろう「…晴絵姉ちゃんのかたきを俺が討つ!だから…」バッ

晴絵「そう言ってくれるのはうれしいけど…それは多分無理だよ…京太郎でも」

きょうたろう「無理じゃない!やるって言ったらやるんだ!だから…だから晴絵ねえちゃんも麻雀止めないでよ」

晴絵「…」

きょうたろう「俺、絶対にそいつを倒してやるから、晴絵姉ちゃんを守るから」

晴絵「京太郎が?私を?」

きょうたろう「うん!だって俺、晴絵姉ちゃんのこと大好きだもん!」

晴絵「…ふふ…そっか大好きか…そう…わかった…私も頑張るよ」

きょうたろう「本当か!」

晴絵「うん、年下にそんなこと言われたらやるしかないでしょ…だから約束しよ」

きょうたろう「うん約束…ゆびきりげ~んまん」

晴絵「嘘ついたら針千本の~ます」

きょうたろう「指きった!…じゃあ約束だよ」

晴絵「うんそうだね…約束…だもんね私も頑張ってみるよ」


現在

晴絵「~と言う約束を私と京太郎がしてたのさ」エッヘン

玄「ほへ~かっこいい!」

憧「京太郎はまだいいとして、ハルエからは犯罪臭が…」

宥「そんなことないよ~あったかいと思うよ」

穏乃「すごいじゃん京兄!」

灼「(京太郎さんが知ったら恥ずかしさで壊れそうだな~)」

ガチャ

京太郎「遅れました~…あれ?みんな集まって何してんの?」

他「!?」

晴絵「いやちょっと団体戦の作戦会議をね~さて部活始めよっか」

玄「そ、そうですのだ」

憧「そう、そう…作戦会議」

宥「あったか~いお話」

灼「そうモーマンタイ…」

穏乃「そうそう!」

京太郎「…なんかみんな慌ててない?」

他「そんなことないよ!?」

京太郎「どういうこと晴絵姉さん?」

晴絵「ふふ…内緒だよ京太郎」

京太郎「?」

カンッ