玄「あ、そこの人!凄いおもちだよ!」ビシッ!

霞<アノヒトタチハナンナノカシラ……? スタスタ

京太郎「ほんとですね!あ、あそこの人も中々……」フム…

菫<ヨシッ,コレナライケソウダ! ガッツポーズ

玄「ちっちっちー……甘いなぁ京太郎君は……」ハァ……

京太郎「な、なんですと!?」

玄「よく見るのです!あれば偽おもちだーっ!」

菫<!?

玄「ほら!あの歩き方や揺れ方……不自然きわまりないよ!」

京太郎「な、なんて事だ……おもちマイスターを名乗る俺がおもちを見誤るなんて……」ガックシ…

玄「諦めちゃ駄目だよ!京太郎君!」

京太郎「く、玄……さん?」

玄「あれは巧妙に隠されていた……だから間違えるのもしかなたないことなの……」

京太郎「で、でも俺っ……あんな……間違いを……」

玄「大丈夫だよ、京太郎君……」スッ

京太郎「玄さん……?」

玄「だって京太郎君には私がついてるんだから……ね?」

京太郎「く、玄さん……」ウルウル

京<クロサーン! キョータロークーン!>玄

憧「…………なにあの三文芝居にすら見えないバカ二人……」

灼「あの二人、あれで付き合ってるらしいよ……?」

憧「え、嘘!?ほんとに!?…………本当になに考えてるんだろ……あの二人……」

カン!