京太郎「今日からお世話になります、須賀京太郎です!よろしくお願いします!」ペコッ

菫「あぁ、よろしく。私はこの麻雀部の部長、弘世菫だ。厳しく指導していくので覚悟しておくように…」

京太郎「それで、菫部長……いきなり質問なんですが、ここに宮永照っていう先輩がいるって聞いたんですが……」

菫「ん?あぁ、照か……。もしかしてあいつのファンか何かか?なら今のうちに幻想は捨てておいたほうがいいぞ……」

照「菫ー、お菓子がなくなった……」

菫「ふむ……噂をすればなんとやら、だな。丁度来たみたいだぞ」

菫「照、お前にお客さんだ。ちなみに新入部員だから手荒に扱うなよ?」

照「誰……?って……あれ……?……も、もしかして…京…ちゃん………?」

京太郎「宮…永……先輩……ですか?」

照「え……?な、なんで京ちゃんがここに!?夢?幻?」アワアワ

京太郎「お、落ち着いて下さい!」

菫「……へ?」ポカーン

照「きょ、京ちゃんは咲と一緒の高校に行ったんじゃなかったの……?」

京太郎「最初はそのつもりだったんですけど……やっぱり憧れてた人の下に居たいなぁって思っちゃって……」アハハ…

京太郎「だから親の説得とか咲の猛反対を押しきって白糸台に来たんですよ!」

照「……嬉しい!凄く嬉しいよ…………!これから一緒に頑張って行こうね、京ちゃん!」

照(京ちゃんは、咲じゃなくて私を選んでくれたんだ……!これなら京ちゃんと……!)

京太郎「えぇ!『宮永先輩』!」

照「……ん?『宮永先輩』……?」

京太郎「あれ?どうしました?『宮永先輩』」

照「きょ、京ちゃん……?昔みたいに『照ちゃん』って呼んでいいんだよ……?」

京太郎「いえ!昔ならいざ知らず……そんな憧れの『先輩』をちゃん付けで呼べませんよ」

京太郎「これからは『宮永先輩』って呼ばせてもらいますね!」キラキラ

照「…………………………………………うん、わかった……グスン」