京太郎3年世代 

鶴賀ver

ゆみ「なぁ京太郎、蒲原…なにをしてるんだ…」

京太郎「なにって…なぁ智美?」

智美「ちょっと休憩しているだけだぞ?ゆみちん」充電中

ゆみ「…それがただの休憩か?」プルプル

智美「ワハハちょっと京太郎で充電しているだけだぞ~」

京太郎「…さっき麻雀で智美が勝ったからだ、と付け加えておくぞ」

ゆみ「本当か!?」

桃子「ぐっ…くやしいっすけど本当っす、もう少しで…もう少しで逆転の跳満が…」

佳織「やっぱり3年生ってすごいんですね!大会に向けて燃えています!」

睦月「いや…あれはちょっと別の方にヤル気があったような」

ゆみ「そ、そうか(勝ったら京太郎が…京太郎が…充電…)」

ゆみ「…はっ!?(…わ、私はなにを考えているんだ///)」カオマッカ

ゆみ「(いやしかし…ここで私も、と言ったらは京太郎に充電されたいと言っているようなものだ)」

ゆみ「(…しかしここで少しぐらいアピールをしないと…蒲原に差を付けられる)」

ゆみ「(最近はモモも気があるようなそぶりも見せているし…私は京太郎と3年間一緒だったのに…)」

桃子「先輩の考えていること今なら完璧に解るっす」

睦月「いや、あれは誰でもわかると思うよ?」

佳織「?」←わかってない

佳織「あ、あの加治木先輩!」

ゆみ「ふぁ!?な、なんだ妹尾」アタフタ

佳織「あのよかったら私と打ってくれませんか?私初心者ですし…いっぱい打っておきたいんです!」

ゆみ「!?」

ゆみ「そ、そうだな、うん、それならしょうがない!私でよかったら打とう」

佳織「はい!お願いします!」

桃子「あ、じゃあ私が入るっす!」

京太郎「じゃあ次は俺が 「ダメだぞ~京太郎」 なんでだよ智美」

智美「今日の京太郎は商品だからな~動いたらだめだぞ、充電中なんだから」

京太郎「え~」

ゆみ「そうだ京太郎、そこから動くなよ!」

桃子「そうっすよ京太郎先輩、商品っすら!」

睦月「がんばって先輩!」

佳織「え、えっと頑張って下さい先輩!」

京太郎「俺も個人戦あるんだけどなぁ」

智美「ワハハー今日は良い夢がみれそうだぞ~」

なお次にゆみが勝って堪能した模様ってことでカンッ