本音しか喋られない京ちゃん



京太郎「~♪」

工事のおっちゃん「うわっ、鉄骨が落ちたー」


京太郎「!!!?」 ガンッ

…………

京太郎「てなことがあったんすよー」


咲「病院だよゥッッ」

優希「病院だじェッッ」

和「病院ですゥッッ」

まこ「病院じゃけェッッ」

久「でもその割には元気そうね、あ、紅茶お代わり」

京太郎「まー、確かにクラクラっとはしましたけど別に大きい怪我もしてませんし、俺は気にしてませんけどね

    はいどうぞ部長、今日も指の先まで美しいですね」


久「………え?」

京太郎「……俺、今なんて言いました?あと部長のそういう表情珍しいですね、マジ可愛い、たまんねぇ」

久「ヒサッ!?」

京太郎「ち、違うんです!口が勝手に!!あと今変な声出してましたけど、それも可愛いです!」

久「ちょっ、ちょっと須賀君!?いや、うれしいけど!!須賀君にそう言われて凄いうれしいけど!!///」

京太郎「慌てふためく部長マジ萌え!!うがー!!」



咲「これって…」

優希「頭ぶつけたショックで…」

和「…って、やつですか…?」

まこ「救急車は呼んだわ…が、様子もおかしいし、ちょっとこの男と話をしようかのう…」

久「も、もうやめてぇ~!とけちゃうぅ~!須賀くんに言葉攻めされてとけちゃうよぅ~~~!////」(涙目)

京太郎「部長可愛すぎ!そして色っぽすぎ!後ろからぎゅっとしたいっす!!あーちくしょう!!」

まこ「のう、京太郎」

京太郎「せ、先輩~~助けてくださいよぉぉ~~!口が勝手に動くんですぅ~!

    口といえば前からずっと思ってましたけど先輩の唇っておいしそうですね、吸い付きたい」

まこ「っ!!?」

京太郎「ひぃ!?またやっちまっただ!!ぶっちゃけ俺のなかでキスしたい人ナンバー1が染谷先輩です!!」

まこ「なっ…な、なっ!!?///////」

…………

咲「針は?」

優希「あったじぇ」

咲「糸は?」

和「ありました」

咲「火は誰も持ってないから消毒無しかぁ…」

優希「仕方ないじぇ」

和「とっととこの野郎の口を縫い合わしましょう、裁縫は得意なので私がやります」

…………

まこ「うぅ/// も、もうしゃべらんでええからぁ…////」

京太郎「こ、心で思ってた事が出てきて止められないんですよぉ!!

    だから先輩とキスしたいって思ってた事も本当です!!」

まこ「きょ、強調するなぁ~////////」



和「ちょっとこっち向きなさいゴールドタラシ」

京太郎「の、和ぁ~助けてくれぇ~!一日でもお前を想わない日はないよ」

和「」

京太郎「うわわっ、くそぅ!これだけは、これだけはやめてくれぇ!

    和の髪も声も仕草も瞳も頭の良さも、時にちょっと口うるさい所も、

    そしてそのナイスバディも何もかも大好きだ!」 ←さすがに私服のセンスは褒めない

和「」

京太郎「和(と風越のキャプテンさん)のためなら俺は死ねる!お、終わった……何もかも」

和「」

※()内の声は和の耳には聞こえていません、都合の良い事しか聞こえないのどっち可愛いね!


咲「の、和ちゃん…?」

優希「く、屈しちゃいけないじぇ!のどちゃん!」


和「おっと何で私は針なんて持っているんでしょうか、危ない危ない…ぽいっと」


優希「くぅ~~~っ!なんというチョロインっぷり!!ここは私が行くじぇ!裁縫は得意じゃないけど!」


京太郎「ロープは頑丈なのがいいんだろうか…高さはあった方がいいよな

    ドアノブでも可能らしいけど、無意識に外して失敗する事も多いし…結び方なんかは気にしなくていいかな」

優希「やい犬!そのブツブツいってる口を黙らせてや……!!」

京太郎「よぅ…優希……目がぱっちり大きくて丸っこくって本当に愛らしいな」

優希「る…」

京太郎「はは、もうどうとでもなぁれぇ~…実は二、三回ばかりお前で自分を慰めた事があるんだよ

    一番良かったのはあのメイド姿でたくしあげてくれた時な…顔そらしてたけど、ばっちり目に焼き付いてたんだ

    その夜は部屋にあった紙全部使い切っちゃったよ…」

優希「じ…」

京太郎「優希が可愛すぎて可愛すぎて、お前が動き回ってるのを見ると胸元へ抱き寄せて撫で回したくなっちゃうんだ

   どうしてくれるんだよ、マジでどうしてくれるんだよ、この口…」

優希「ぇ…」

京太郎「……はぁ、本当に可愛いな優希」

優希「……」


咲「優希ちゃん…?」


優希「何を私はムキになっていたんだろ、コイツのありのままの姿を受け入れないと仲間とは言えないじぇ」ポイッ


咲「優希ちゃんまで…こ、こうなったら私が!

  裁縫は苦手じゃないのに中学校のとき家庭科の時間に先生が
 『宮永さんは須賀君と一緒に裁縫の実習をやってください』って必ず言ってきたのは何だったんだろ」


京太郎「えーと、財布のなかに臓器提供カードも入ってるから俺が見つかったら誰かの命が救えるな、きっと…」


咲「京ちゃんこっち向いて!」

京太郎「咲…愛してるよ」

咲「うん、私も」ポイッ


この後救急車が到着し、京ちゃんは病院へ

特に怪我は見あたらなかったけど、本音が漏れる癖は残ってしまったみたいです


カン