智紀「須賀君……ちょっとお願いがある……」

京太郎「はい、なんですか?沢村先輩。俺にできることなら何なりと」

智紀「……じゃあこれと同じような格好をハギヨシとお願い……」スッ

京太郎「えーっとなになに……『俺が執事でお前が主♂』……ってBL本じゃないですか!!絶対に嫌です!」

智紀「…………そこをなんとか……!」

京太郎「嫌です、いくらなんでもこれはないです!」

智紀「………………ぐすん……」

京太郎「泣き真似をしてもダメです」

智紀「…………ちっ…」

京太郎「ここで露骨な舌打ちっ!?」

智紀「…………ほんとにダメ?」

京太郎「……はぁ…BL本の内容はできないですが、これをどうぞ」スッ

智紀「……え?これって…………」

京太郎「ハッピーバースデー、沢村先輩」ニコッ

智紀「………ありがとう」

京太郎「はい!それ、気に入ってもらえるかわかりませんが……」

智紀「…………そんなことない、心がこもっていれば何でも嬉しい……」

京太郎「そう言ってもらえると俺も嬉しいですよ」

智紀「…………これ、お礼……」グイッ

京太郎「うわっ!?」

チュッ……

京太郎「ふえっ!?」

智紀「そ、それじゃあ……!///」ダダダッ

京太郎「あ、ちょ、ちょっと!?沢村先輩ー!?あー……行っちゃった……」

ゴソッ

京太郎「ん?ポケットのなかに何か…文庫本?……」

京太郎「えっと…『俺のリー棒♂をお前の裏鬼門で受け止めてくれ♂』…………なんて物を(ポケットに)突っ込んでるんですかー!?」

柱の影では……

透華「くぅぅう!何かいい雰囲気ですわ!!何か悔しいですわ!!(小声)」コソコソ

一「ちょっと落ち着きなよ、透華……(小声)」コソコソ

純「……ほう、須賀の野郎……なかなかやるじゃねーか」ニヤニヤ

衣「ふ、ふーん……京太郎は智紀が好きなのか……?」ソワソワ

ハギヨシ「皆様、出歯亀はおよしになられたほうがよろしいかと……」

透一純衣「「「!?」」」

ハギヨシ「それと透華様、パーティーの準備が整いました。いつでも開始できます。それでは私はこれで……」バッ!

透華「そ、そうですわね!智紀の誕生日を盛大に祝いますわよー!」

一純衣「「「おー!」」」


ーーー


智紀「……よし出来た」カタカタ フー……

京太郎「あれ?沢村先輩?何が出来たんですか?」

智紀「……これ」ピラッ←ハギヨシと京太郎のクッソ濃厚なオス♂プレイの画像

京太郎「…………なんすかこれ……?」

智紀「……オス♂プレイ」

京太郎「いやそうじゃなくって!なんでこんなものがあるんですか!!」

智紀「……作った…………!」フンス!

京太郎「いや、作った!って……こんなの……」

智紀「京セラか京純か悩んだ結果、ハギ京が正義だと気づいた……!」

京太郎「江口さんも純さんも女性ですから!」

智紀「………………ついてる可能性が微レベ存?」

京太郎「微粒子レベルですら存在しません!れっきとした女性です!女の子!」

智紀「…………ということはやはりハギ京が大正義だと…」

京太郎「あーもー……いいです!これは没収ですからね!!」

智紀「……そんなに欲しかったらいつでもつくってあげるよ…?」

京太郎「違います!こんなものを持ってて誰かに見られでもしたら俺とハギヨシさんの信用に関わるんです!」

智紀「……あ、持っていった……。……でもよかった……」

智紀「これが見られずに済んで……」

京太郎と智紀の並んでツーショット写真

智紀「これを見られたら恥ずかしくて……顔、会わせられなくなる…………///」

智紀「…………ふふっ……」

カン!


おまけ……

ハギヨシ「きょ、京太郎くん……これは……?」→例のオス♂プレイ画像

純「……お、お前にもいろいろ……あるんだな……はは、は……」ススー……

京太郎「違います!それは俺のじゃなくて!!あぁ!そんなに距離をとらないで純さん!」

ハギヨシ「わ、私としては……ぽっ///」

純「や、やっぱりお前ら……そういう関係…………」ヒキッ

京太郎「ちょっと!?ハギヨシさん!?悪乗りはやめてくださいよ!!!あーもーーーー!!」

もいっこカン!