宥「だ、だめぇ!いくら玄ちゃんでもこれだけは譲れない……っ!」ギュッ

玄「お姉ちゃんのことは大事だけど、私もここは譲れないよっ!」ギュッ

京太郎「あのぉ……」

宥「うぅ……。ほ、他の物はなんだって玄ちゃんにあげるからぁ……」ギュゥ

玄「私だって、他の物はなんにもいらない!」ギュゥ

京太郎「えと……」

宥「絶対に京太郎くんだけはだめぇっ!」
ムギュゥ

玄「京太郎くんは私のですのだっ!」ムギュゥ

京太郎「おふぅ」

宥「京太郎くん、わ、私は京太郎くんとならずぅっとあったかいことできるよぉ!」タプン

玄「そ、そんなアピールするのはずるいよ、お姉ちゃん!」

宥「ふぇ……///ごめんね、玄ちゃん。でも、ここだけは引けないよっ」

玄「わ、私も京太郎くんにずっと尽くすもん!京太郎くんのためなら、このおもちだって……///」プルンッ

京太郎「玄さん!?宥さん!?」

宥玄「「京太郎くんっ!」」

宥「どっちを……」

玄「選ぶのっ!?」

京太郎(どうすんの?どうすんのよ俺ぇ!)