京太郎三年世代 

姫松

洋榎「なぁ京太郎」

京太郎「なんだ洋榎?」

洋榎「ホワイトデーってあるやん」

京太郎「もう一週間切ったな」

洋榎「あれって普通男が女になんかプレゼントするやんか」

京太郎「バレンタインデーのお返しだからな」

洋榎「それや、それ、ウチってさ今年バレンタインデーってなんも京太郎にあげてないやろ」

京太郎「受験あったからな、仕方ないだろ」

洋榎「でも京太郎うちにチョコくれたやん、京太郎も受験やのに」

京太郎「うまかったか?」

洋榎「うん、ごっつうまかった…じゃなくて」

京太郎「?」

洋榎「ウチなに返したらいいか解らへんのよ」

京太郎「それで?」

洋榎「だから、"また"からあげでいい?」

京太郎「それってお前が作るのか?」

洋榎「当たり前や!」

京太郎「じゃあそれでお前の料理うまいし」

洋榎「よっしゃ、じゃあ”今日も”帰りにスーパーよるで!」

京太郎「…まだ買うの早くないか?」

洋榎「とりあえず試作品や!いいやろ、どうせまた半額弁当にするつもりやったんやろ?」

京太郎「まぁいいか、あれ、油大丈夫かな?」

洋榎「あぁ確かにもう少なくなってたなぁ油も買わんと」

京太郎「あ、前に作ってくれたポテトサラダも欲しいなあれはうまかった」

洋榎「了解や、じゃあジャガイモと色々野菜も買っていかなアカンな」

京太郎「今日は久々に豪勢な夕食になりそうだな」

洋榎「ふふ、残したらあきまへんで~」


絹恵「姉ちゃん、ナチュラルに入り浸っとんな~オカンも公認やし」

恭子「一人暮らしは大変って言うからな~、京太郎おしい人を無くした」

漫「もう気付いたら結婚してるんとちゃいます?」

由子「二人ともお幸せになのよ~」



洋榎「大学でも一緒やで、京太郎!」

京太郎「お前と居るとほんと飽きないよ、洋榎」

カンッ