京太郎「はぁ…おっぱいが揉みたい…」



咲「!」ガタッ

優希「!」ガタッ

衣「!」ガタッ

穏乃「!」ガタッ

照「!」ガタッ

胡桃「!」ガタッ

洋榎「!」ガタッ

泉「!」ガタッ

初美「!」ガタッ

京太郎「はぁ~あ…どこかにおっぱいもませてくれる女の子いないかなぁ…」


咲「京ちゃん!ルック!ルックアットミー!」

優希「咲ちゃんのような起伏のない体じゃあの強欲男は満足しないじぇ!ここは私が!」

衣「ふふん!お前のような幼児体型に何が出来る!衣に任せておけ!」

穏乃「だめだめ!京太郎はちんまい子は好みじゃないんだって!私じゃないと!」

照「ぺたん娘同士でいがみあって醜い…私が行く」

胡桃「あーもう!邪魔だってばまな板!京太郎に近づけないじゃない!」

洋榎「かー!高校生かも怪しいチビ貧乳がでしゃばって!ウチやないとあかんって!」

泉「ちっぱいはすっこんでてください!私の出番です!」

初美「どいつもこいつも自分がペチャパイだってこと忘れてませんかー?てなわけでここはこの私が」

京太郎「はぁー…巨乳な彼女が出来るんなら俺もう悪魔に魂売って寿命が残り10年になってもいいや…」


咲「京ちゃん!!」ガバッ
優希「京太郎!!」ガバッ
衣「きょーたろー!!」ガバッ
穏乃「京太郎!!」ガバッ
照「京ちゃん!!」ガバッ
胡桃「京太郎!!」ガバッ
洋榎「京太郎!!」ガバッ
泉「京太郎君!!」ガバッ
初美「京太郎!!」ガバッ


京太郎「いてっ!」ガンッ
   「いたっ!」ガンッ
   「あてっ!」ガンッ
   「あたっ!」ガンッ
   「ぐわっ!」ガンッ
   「ぐふっ!」ガンッ
   「うがっ!」ガンッ
   「うぐっ!」ガンッ
   「うごっ!」ガンッ

…………


京太郎「……てなわけでさ、余所見して歩いてたら壁に次々ぶつかってな

    お前も気をつけろよ~?」


咲「……へぇ、その壁って………

  こんな壁だった…かなっ!!」ガバッ




ガンッ