京太郎「俺の存在は不確かなもの・・・」

京太郎「なら和の胸を触るのも不確かになり、『誰も触ってない』と認識されるはず!」

和「何言ってるんでか」

京太郎「アイエェェッ!?和サン!ナンデ!?」

和「シュレティンガーというのは確率論です、そも存在が消えるなんてオカルトありえません」

和「それに胸をだなんて(ジトー)」

京太郎「スミマセンデシター!」
(土下座っ!)

和「はぁ・・・まったく。ですけど、いなくならないで下さいよ?」

京太郎「え?(大切な仲間入りしてないのですがそれは・・・」

和「・・・確かに、あの時浮かんだみんなの中に須賀君はいませんでした。」

京太郎「あっ、いやごめ(口に出してたーっ!?俺の馬鹿ーっ!!)」

和「でも、その・・・は、初めて異性の友達というのは距離感が分からなくて・・・」

京太郎「あー・・・」

和「よ、宜しければ友達としてお付き合いできますか?」

京太郎「え?あ、よ、喜んで!お願いします!?」

和「ふふっ、こちらこそ」

この後影で小さくガッツポーズする和さんがいたとかSOAだとか

カンッ