小蒔「あちらにいらっしゃるのは、京太郎さんでしょうか?」


京太郎「それで、ここを……それから……」
霞「あら、いいわね。だったら……」


小蒔「霞ちゃん、楽しそうですね…」

~~~~

小蒔「ふぅ、疲れました。ですが、これで今日のお勤めは終了です!」ムン


京太郎「……で、だから……」
春「分かった。それと……」


小蒔「春、嬉しそうな顔してます…」

~~~~

小蒔「あ、京太郎さ…」


京太郎「……ので、……というのはどうでしょう?」
初美「お~、さすが京太郎です!ついでに……」


小蒔「む~…はっちゃんもあんなにはしゃいで…」

~~~~

小蒔「京太郎さんは……あ」


京太郎「あそこなら……、……いけます?」
巴「うん、大丈夫だと思うよ。あ、あと悪いんだけど……」


小蒔「巴ちゃん、いいなぁ…」

~~~~

小蒔「……」グス

小蒔「今日は私の誕生日なのに……京太郎さんは忘れてしまわれたのでしょうか……」

京太郎「あ、いたいた。お~い、小蒔さ~ん!」タッタッタッタ

小蒔「っ!」ゴシゴシ

小蒔「京太郎さん、どうかされましたか?」ニコ

京太郎「小蒔さん、今から時間、いいですか?」

小蒔「え、今からですか?はい、大丈夫ですけど…」

京太郎「良かった~。それじゃ、早速行きましょう!」グイグイ

小蒔「え?え?あ、あの、京太郎さん?一体どちらに?」

京太郎「ま、ま、今は何も言わずに付いてきてください」

小蒔「は、はぁ…」



京太郎「あ、ここですね。着きましたよ、小蒔さん。さ、どうぞ」

小蒔「え、えっと…し、失礼しま~す」ソロソロ

霞 春 初 巴『お誕生日おめでと~、姫様~!!』パーン×4

小蒔「こ、これは…」

京太郎「はい、そうです。小蒔さんの誕生日パーティーです」

京太郎「改めて、お誕生日おめでとうございます。準備に時間掛かって、遅くなっちゃいました。すいません」

小蒔「……」ウルウル

京太郎「え、えぇ?!あ、あの?何かお気に召しませんでしたか?」

小蒔「いえ、違うんです…京太郎さんが私の誕生日を忘れてなかったことが嬉しくて…」グスグス

霞「あらあら、まあまあ」

春「青春」

初美「初々しいですね~」

巴「ですね」

京太郎「不安にさせてすいませんでした。でも、気に入って貰えたようで何よりです。さ、小蒔さん。目一杯パーティーを楽しみましょう!」

小蒔「はいっ!」ニッコリ

カン!
Happy birth day,姫様!!