373 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/11/10(火) 02:11:26 ID:xGs6QZIB
菫「高校生一万人の頂点! インターハイといえばすなわち彼女! …だってさ。プッ」
照「…なんだよ」
菫「だが彼女に憧れる一万の高校生達は知らない。彼女はパスケースの中に初恋の男の写し」
照「わー! わー! 黙れ!!」
菫「初恋の男の写真を忍ばせるくらい乙女なのである。ということを」
照「うるさい!」
菫「しかも小学生だか中学生だかの写真を。属に言う少年愛」
照「と、当時は私も中学生だったの!」
菫「わかってるよ。冗談だ」
照「ぐ…」
菫「『はぁ~。京ちゃん今何してるのかなぁ~。はぁと』」
照「な!? わ、私はそんなセリフ言ったことない!!」
菫「言ってたよ」
照「言ってない!」
菫「冗談だよ」
照「……く~!」

全国大会当日

菫「愛しの京ちゃんは今高1だったな。男子の部探せば見つかったりして」
照「う…うるさい!」

優希「おーい! こっちだじぇー!」
咲「待ってよー、優希ちゃーん」

菫「お。あれは長野の…ん? 宮永、何で角に隠れるんだ。同じ宮永同士仲良くすれば…」
照「私に妹はいないって言っただろ」
菫「…誰も妹がどうとか言ってないが…」
照「いいからお前も隠れろ!」
菫「やれやれ」


咲「京ちゃん。大丈夫?」
京太郎「重い…」
優希「6人分の弁当持つだけなのに、まったく貧弱だじぇ~」
京太郎「お前の大量のタコスが重いんだよ!!」

菫「……なあオイ。長野で、お前の妹と一緒にいて、金髪で、京ちゃんと呼ばれてる男がいるぞ?」
照「……」
菫「…宮永?」
照「…き、京ちゃん……京ちゃんだ…。背も高くなって…声も、顔つきも…全部男らしくなってる…///」
菫「…おーい?」

咲「京ちゃん、やっぱり半分持とうか?」
京太郎「大丈夫だって。っていうか袋ひとつしかないし、半分も何も」
咲「えー、でも…そうだ、こうやって二人で一緒に袋の紐を持てば…」
ぴと
咲「…あ/// (これ、手と手がずっと触れ合って…)」
京太郎「おお、一気に軽くなった! サンキュー咲!」
咲「う、うん///」
優希「…ムム」

菫「あらら。愛しの京ちゃんは、あっちの宮永さんとずいぶん仲がよろしいようで」
照「な、なんで…なんで未だに咲が京ちゃんと仲良くしてるの…? なんで。なんで。なんで…なんで咲と…」ブツブツ
菫「…(こんなに面白い宮永は初めてだ)…ん? おい、京ちゃんが弁当の割り箸落としたぞ。しかも気付いていないみたいだ」
照「だいたい昔から咲はそうなのよね。私がさ。私が欲しいものは全部さ。咲が…」ブツブツブツブツ
菫「…ダメだコイツ。聞いてない」
スッ
菫「ちょっと行ってくる」
照「あ、ちょっとお前何を…」
菫「ニヤリ」

菫「そこの君。割り箸落としたぞ」
京太郎「え…あ、本当だ!」
照「(あー! 弘世のヤツ、気やすく京ちゃんに話しかけるな!!)」
菫「はい、割り箸」
京太郎「ありがとうございます」
ぎゅっ
照「(あー!! わー!! どさくさに手を握った! 何やってんのよアイツ!!)」
菫「うーむ…」
ジロジロ
京太郎「……/// あ、あの。俺の顔に何か?」
照「(あんまり間近で京ちゃんを見つめるな! 変態か!!)」
菫「いや別に…。ところで自己紹介がまだだったな。私は弘世菫と言う名だ」
京太郎「え…あ、俺は須賀京太郎です」
咲「わ、私は宮永咲と言います」
優希「片岡優希だじぇ!」
菫「ふむ。大会中にまた会うこともあるだろう。よろしくな」
京太郎「は、はい。よろしくお願いします」
菫「では失礼」
照「(そのまま行ってもう一生京ちゃんに近づくな!)」

咲「や、優しい人に拾ってもらって良かったね(なんだかちょっと怖かったけど…)」
照「(違うのよ。全然優しい人なんかじゃないよ…咲)」
京太郎「ああ、それにすげー綺麗な人だったな~…でへへ」
照「!?」
咲「む…。そ、そうだね…」
優希「ぬう…鼻のした伸ばすな犬のくせに!」
京太郎「また会えるといいな~…」
咲「むう~…」


菫「よっ。宮永」
照「……弘世」
菫「いや、なかなか格好良くて、それでいて可愛らしくて、いい子じゃないか。私もお近づきになれたことだし、本気で迫っちゃおうかな? なんて」
照「うるさい! お前なんか嫌いだーー!!」
ダッ

菫「…………あいつ面白っ」

京太郎「はー。ポカポカ陽気のいい天気だな~・・・こんないい日にみんなは全国大会の試合中・・・そして俺は弁当の買出し、か。ふっふっふ・・・ハァ」ガクッ
菫「おや。須賀君」
京太郎「あ、弘世さん! 昨日はどうも(あー、やっぱり綺麗な人だな~)」でれでれ
菫「ああ・・・ところでなぜ外に?」
京太郎「昨日と同じく、弁当の買出しに・・・弘世さんこそ、試合中じゃないんですか?」
菫「運が良くてな。相手飛ばして早めに終わった。暇だからブラブラしてたところだ」
京太郎「へえ、凄いですね! 強いんですね~、弘世さんの学校」
菫「いや、それほどでも・・・ところで、私は名字で呼ばれるのが何かよそよそしくて嫌いでな(・・・まあ嘘だけど)」
京太郎「? は、はあ」
菫「『弘世さん』ではなく、ぜひ『菫』と呼んで欲しい」
京太郎「え!? い、いいんですか?」
菫「ああ」
京太郎「え、えっと、じゃあ・・・す、菫さん・・・」
菫「うん、これからはそう呼んでくれ。京ちゃん」
京太郎「え、きょ、京ちゃ・・・?」
菫「照、じゃなかった・・・えー、昨日そう呼ばれてたみたいだから・・・駄目かな?」
京太郎「だ、だだだだめじゃないです!!  いくらでもそう呼んでください!」
菫「そうか、よかった。ふふふ」
京太郎「(ドキーン)」

菫「ところで、弁当の買出しは大丈夫か?」
京太郎「あ、はい。事前に予約してて・・・あと5分くらいかな」
菫「あと5分か・・・そうだ、あそこのゲーセンでプリクラでも撮らないか?」
京太郎「プリクラですか?」
菫「ああ、君とはなんだか馬が合いそうだし、2人知り合った記念に・・・駄目?」
京太郎「おおおオッケーっす!! こちらこそお願いします!」
菫「ふふっ・・・(可愛い反応してくれるじゃないか。なるほど、照が惚れてるのもわかる・・・)」
京太郎「(あーー!! パシリになるだけだと知っていながらも、全国までついて来て、本当に良かったーー! なんかツいてるぞ俺!!)」

菫「どのフレームがいいかな・・・あ、このハートに囲まれてる奴とか好都合・・・いや、可愛くていいかもな」
京太郎「は、はい!」
菫「じゃあ撮るぞ・・・・・・そうだ、京ちゃん。ちょっとこっち向いてくれ」
京太郎「はい?」

  ちゅっ

京太郎「!!?」
カシャッ

菫「で。京ちゃん♪ 菫♪ と互いに呼び合う仲になってきた」
照「・・・う、うううう嘘つけ。き、きき昨日会ったばかりでそそそそんな馬鹿な」
菫「信じる信じないは自由だがな。ま、京ちゃんも私の好みのタイプではあるし・・・」
照「う、あ・・・う”う”う・・・・・・ぜ、全国大会中だぞ! 色恋に現を抜かしてないで、もっと集中しろ!」
菫「フッ。それはお前だろ」
照「うるさい!」
菫「(やっぱり面白い反応を・・・が、さすがにあのプリクラは見せない方がいいかな。本格的に大会に集中できなくなられても困るし・・・)」
誠子「・・・あ、弘世先輩。マークしろと言われてた長野の清澄ですが、先輩の言うとおり勝ち上がったみたいですよ」
照「き、清澄をマーク!? 聞いてないぞ。弘世、いつの間にそんな・・・」
菫「おお、良かったな宮永。これでまた会えるぞ」
照「え・・・/// きょ、京ちゃ・・・」
菫「いや、お前の妹にだよ」
照「あ、そっちか。うん、まあ・・・・・・・・・って、私に妹はいない」
菫「はいはい(・・・しかし、見せられなくなると分かっていながらも、ついあんな撮り方を・・・なぜだ。もしかして私も・・・・・・。ふう、まさかな)」
照「な、何ニヤニヤしてるんだ」
菫「え? ・・・いや、なんでもないさ」

名前:
コメント: