京太郎「おはようございます……」

塞「おはよ、京太郎」

京太郎「げっ……臼沢先輩だけですか……?」

塞「そうだけど……それより京太郎、今、『げっ』とか言わなかった?」

京太郎「い、いえ!そんなことは一言も言ってません!」ガタガタ

塞「まぁ、どうせお仕置きはするんだけどね?」

京太郎「ヒイッ!?あ、そ、そうだ!今日は早く帰らないといけなかったんだ!」

塞「へぇー。私から逃げることが用事のひとつだったんだー、知らなかったなー」

京太郎「そ、それではっ!」

塞「はーい、捕まえた」ガシッ!

京太郎「あ、あぁ……」

塞「今日はみんな遅れるらしいからゆっくりお仕置きしてあげるよ、嬉しい?」ニッコリ

京太郎「う、嬉しくない……です……!」

塞「ふーん……そんなこと言うんだ……今日は軽めで許してあげようかと思ったけどやめる」

塞「さぁ、楽しもうね、京太郎……」スッ……

京太郎「だ、誰か!たすけっ……あああああああああああ!!」

カン!