洋榎「…」ボー

京太郎「…」ペラッ

洋榎「なぁガースー」

京太郎「なんです?」ペラッ

洋榎「うちなー…ずっと気になっとったことがあるんやけどなー?」

京太郎「はぁ」ペラッ

洋榎「じゃがいもって英語でポティトゥって言うやん?」

京太郎「まぁ…そうですね」ペラッ

洋榎「そんでトマトはトメィトゥやろ?」

京太郎「ええ」ペラッ

洋榎「なんで卵はタメィゴゥとちゃうん?」

京太郎「小学生かアンタ」

洋榎「いや!普通気になるやろ!?」

京太郎「なりません。もう一度言いますけど小学生かアンタ」

洋榎「ひどない!?」

京太郎「ひどないです」

洋榎「あ、あんまにわかが関西弁使わんといてくれる?いらっとする」

京太郎「理不尽…」

洋榎「むー…じゃあこれはどうや?」

京太郎「なんです?」

洋榎「トメィトゥはな?」

京太郎「それで通すんですか…それで?」

洋榎「とーまーとって書くやん?」

京太郎「?…あぁ、そういうことですね、はい」

洋榎「なんでポティトゥはぽーたーとなん?」

京太郎「だから小学生かっての」

洋榎「これもあかんの!?」

京太郎「その道はみんな小学生のころに通ってるんですよ」

洋榎「うち通ってへんで?」

京太郎「それは洋榎さんの英語知識が小学生以…」

洋榎「以?」

京太郎「いえ、これ以上は止めておきます。洋榎さんが可哀想ですし」

洋榎「なんなんそのすっごい気になる止め方やめてーや!なー!何言いかけたんってー!」ユサユサ

京太郎「言ーいーまーせーんー。そんなに気になるなら雅枝さんにでも聞いてくださいー」ガックガック

洋榎「嫌や!前オカンに聞いたら『アンタアホちゃうん?』って切り捨てられたんやもん!」

京太郎「もう答え出てるじゃないですか…どうやって高校入ったんです?」

洋榎「それはもちろん麻雀で」キリッ

京太郎「そこ威張って良いとこじゃないです…それで勉強は?」

洋榎「赤点取らないぐらいは!」

京太郎「…」べしっ

洋榎「ぁたっ」

京太郎「それじゃ大学厳しすぎるんですよ…」

洋榎「ぅー…また麻雀で入るからえ」「結果出なかったら?」「…ぅ?」

京太郎「結果出なかったらどうするおつもりで?」

洋榎「…ハハッ、そんなわけ、ないやん…?ないよな…?」ダラダラ

京太郎「…とりあえず出来る範囲で教えてあげますから、ほら、教科書とノート」

洋榎「はーい…」イソイソ


カンッ