「……キョータロー……キョータロー」

彼女は一心不乱にとある人物を描く。
それは彼女が心から愛するもので、もう二度と手に入らないもの。

「………………キョータロー……ドウシテ……?」

それでも彼女は描き続ける。
彼が自分のもとへ戻ってくると信じて。
そんな幻想を夢見て。

カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ
カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ
カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ
カリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリカリ

部屋一面に広がる画用紙、ホワイトボード……。
絵が描ける全ての物に彼の顔が描かれてある。
それでもなお彼女は描き続ける。
彼が気づいてくれると信じて。
途方もなく描き続ける。

「……キョータロー……アイシテル……アイシテルヨ……」

彼女は気づく、彼はもう自分の元へは来ないと。
しかし、気づいたからどうしたと言わんばかりに、彼の似顔絵を描き殴る。
狂ったように、あるいはもう狂ってるのかもしれない。
そしてまた彼女は心の安定を取り戻す。
妄想で空想で幻想的な彼と彼女の甘い夢へ。

「キョータロー……エヘヘ……」

彼女は今日も妄想の海に溺れる。
その虚ろな目を動かしながら。
彼女の得意とする絵画のなかで。

「エヘヘ……キョータロー…………マタ、アエタネ……」

カン!