久「そ。もしそういうのが出来るとしたらどうしたい?」

優希「そうだなー。私は高校入学時点でのどちゃんのおっぱいよりも大きくなりたいじぇ!!」

まこ「それは強くなっとるんか?」

和「全くなってませんよね」

久「まあ、麻雀の力が胸に詰まってるとすれば、それはそれでありなのかもしれないけど」

優希「じゃあ、のどちゃんのおっぱいをしゃぶりつくせば強くなれるのか!?」

和「そんなオカルトありえません!!」

久「でも、そういうニューゲームもありよね」

まこ「ありなんかい!?」

久「それで他のみんなだったらどういうニューゲームをしたい?」

咲「私は最初からお姉ちゃんと仲直りできてたらいいかな」

久「それはいいわね。それで清澄に入っててくれれば全国がさらに確実になりそうね」

まこ「そうなったら誰が抜けるんじゃ?」

久「……」

優希「ま、まさか、…」

久「えっと、和はどう?」

まこ(まあ、上手くやってきた仲間じゃけぇ、そんなん答えられんじゃろ)

和「まあ、ありえませんがニューゲームできるのであれば、私はもっと皆さんと仲良くなりたいですね」

久「あら?今でも十分仲はいいと思うけど」

和「まあ、そうなんですけど、もっと特定の方と…」チラッ

咲「そうなんだ~」ヒョイ

まこ「ん?どうしたんじゃ和」

久「あらあら」

和(なんで気付いてもらえないんでしょうか)クスン

久「私はそうね。ニューゲームできるのなら一年や二年の時にも個人戦に出ておきたかったわね」

久「まあ、三年の今、団体戦で全国にいけたから思うことなんだけどね」

咲「部長…」

久「だって、一年と二年の時は正直、部活動してないって思われてたから部費も殆ど出なかったのよねー」

まこ(実際何もやっとらんかったじゃろ。ワシが入ってからも大会に出んし、他校と交流試合とか全くやらんかったし)

まこ(これで部が存続できたんじゃから、生徒議会長の権力は恐るべしじゃな)

京太郎「俺が強くてニューゲームできたならあれですね」

京太郎「麻雀初心者なのに運だけで勝ってしまって、ドンドン強くなっていって女の子にモテモテみたいな」

咲「京ちゃん、いたんだ」

久「いつの間に」

優希「食堂でタコス買ってきてくれたか?」

和「また須賀君に頼んだんですか」

まこ「京太郎の悲しい妄想に誰か触れたやった方がええんか、それともそっとしとくべきなんか?」

京太郎「…すいません。忘れてください」

まこ「まあ、二、三日くらいはそのネタでイジられるかもしれんが、ワシだけでも極力はよお忘れちゃる」

久「それでまこはどうなの?ニューゲームできるとすればどんな風にしたいかしら?」

まこ「そうじゃのお。しいて言うならワシの試合もたまにはちゃんと取り上げてほしいのお」

久(…切実過ぎるわね)

優希(染谷先輩の目がまともに見れないじぇ)

まこ「ワシも久や和みたいに華があれば注目されるんかの?」

和(胸が凝視されてる…)

久(わ、私は普通だから…)

まこ「あとは先鋒戦や大将戦みたいに注目されるポジションなら見てもらえるんかの?」

優希(うぅっ…突き刺さるような視線が怖いじょ)

咲(引きつった笑顔が怖すぎるよお)

京太郎「ドンマイです!!」

まこ(まあ、京太郎に比べたらマシか…。比べる対象が県大会一回戦負けの男子部員てのも変な話じゃが)

久「とにかくニューゲームできたらいいかもね?」

京太郎「本当に。俺とかニューゲームされないかなあ」

咲「京ちゃんの以外なら誰のでもいいよ」

和(私はせめて染谷先輩にもスポットライトが当たるようにお祈りしておきましょう)

小蒔『いいじゃろう。その願い叶えてしんぜよう』zzz

久「え!?」

優希「なんでここに永水の巫女さんが!?」

咲「立ちながら寝てるとか、器用すぎるよ」

小蒔『ワシは神じゃ。今はこの子に憑依してる』zzz

久「で、自称神様がなんでここに?」

小蒔『うむ。面白そうな話をしていたので何となく来ただけじゃ』zzz

咲「神様の割りにフランクすぎじゃないかな」

小蒔『そこで誰か一人の願いを叶えようぞ』zzz

優希「本当か!?」

京太郎「なら俺!!俺の願いを!!」

小蒔『ランダムで』zzz

久「え?」

まこ「いま、何言いおった!?」

小蒔『サラバダー』zzz

小蒔「あれ?ここは?」

全員「……」

久「なんか嫌な予感がするわ」

まこ「同感じゃ」



次の日―――

久「おはよう」

咲「おはようございます部長」

久「咲の方はどう?変わった事あった?」

咲「私の方は別に…」

久「そう。まあ、私も変わった事は何もないんだけどね」

咲「じゃあ、あとは…」


和「おはようございます」

優希「おはようだじぇ!!」

咲「おはよう。和ちゃん、優希ちゃん」

久「和と優希はどう?変わった事は何かあった?」

和「私は別に何も…というか、咲さんは?」

咲「私も何もないよ」

和(…どうやら私の願いは叶わなかったみたいですね)

優希「私も見ての通り何もないじぇ」

久「そうね。じゃあ、まこか須賀君の願いが叶ったのかしら?」

京太郎「おはようございまーす」

久(見た感じは別に何も変わってないわね)

久(でも、運だけで麻雀に勝って女子にモテモテとか言ってたから、こればかりは打ってみないとわからないわよね)

久「咲、和、優希。須賀君と打ってみてちょうだい」

咲「あ、はい」

和「そういえば須賀君、昨日、何か言ってましたよね」

優希「かかってくるがいいじぇ、犬!!」

京太郎「ああ」


「ロン!!混一色、ダブ東、ドラ1で12000だじぇ!!」※親

「ロン。平和ドラ2で3900です」

「カン、カン、カン、カン、ロン。32000です」

京太郎「」チーン

咲「いつもの京ちゃんだったね」

和「麻雀は運の要素も強いですが、技術も大切ですから」

優希「京太郎もいつもどおりだじぇ」

久「ていうことはまこの願いが叶ったわけね」

咲「まあ無難な感じですよね」

和「私の願いではなかったのは残念ですが、染谷先輩の願いだったのはよかったです」

優希「のどちゃんのおっぱい越えは来年までお預けかぁ」

京太郎「ないない」

まこ「…おはよう」ピカー

久「おはよう…って、何、凄い光が当たってるわよ!?」

まこ「朝起きたらこんなんじゃった」ピカー

和「あ」

和(もしかしたら染谷先輩にスポットライトが当たるようにっていう願いが叶ったんでは…)

和(というか、なんで言葉にしてない方の願いをわざわざかなえるんですか!?オカルト酷すぎです)

まこ「なあ、これ、どうしたらええ?」ピカー

久「ま、まあ、これで目立つ事には間違いないわよ。物理的に」

まこ「普段から目立ちとおないわ!!」ウワーンピカー

和(ごめんなさい、染谷先輩!!)



カン!!(物理)