ガチャ

京太郎「すいませんっ掃除当番で少し遅れました!………ってあれ……?」

尭深「………」ズズズ

京太郎「えっと…渋谷先輩だけですか…?」

尭深「…うん」ズズズ

京太郎「………今日部活休み…とかじゃないですよね……?」

尭深「…うん」

京太郎「で、ですよね!…みんな遅いですね……」

尭深「…うん」

京太郎「皆何か用事でもあるんですかね……」

尭深「………」

京太郎「…………」

京太郎(き、気まずい!………やっぱり渋谷先輩と話すのは少し苦手だなぁ…)

京太郎(顔はムチャクチャかわいいんだけどなぁ……それにおもちも……)チラッ

尭深「……須賀くん…」

京太郎「は、はい!!」ビクッ

京太郎(や、やべ……胸見てたのばれたか……?)

尭深「須賀くんもお茶………飲む……?」

京太郎「あ……お、お茶ですね!はい……っていいですよ!自分で入れますから!」

尭深「……須賀くんは私のお茶じゃ…いや……?」

京太郎「い、嫌なわけないじゃないですか!そうじゃなくて先輩に煎れてもらうなんて……って意味で…」

尭深「私が煎れたいだけ……だから……」

京太郎「で、でも………」

尭深「だめ……?」

京太郎「うっ…………」

京太郎「……………わかりました……じゃあお願いします…」

尭深「……うん」

尭深「はい………」コト

京太郎「あ、ありがとうございます!……凄いいい香りですね……もしかして茶葉変えました?」

尭深「うん……あたらしいの買ってみたの……」

京太郎「そうなんですか!じゃあ戴きますね」

尭深「どうぞ……」

京太郎「…………」ズズズ

尭深「……………どう…かな……?」

京太郎「………うん!凄く美味しいですよ!」

尭深「…!」パァァ

尭深「よかった………」ニコ

京太郎「っ!」

京太郎(か、かわいい……)

尭深「………?須賀くん?どうかしたの……?」

京太郎「…はっ!な、何でもないですよ!ハハハ…」

尭深「でもよかった……須賀くんに美味しいって言ってもらえて……」

京太郎「そ、そんな!俺こそこんな美味しいお茶が飲めて嬉しいですよ!!」

尭深「どうしても最初に須賀くんに飲んでもらいたかったんだ……」

京太郎「え………?」

尭深「……………あ…///」

京太郎「えっと………それh

ガチャッ

淡「すいません!遅くなりました!決して追試験をうけてたわけじゃ………って、あれ?タカミとキョータローだけ?」

尭深「………」

京太郎「………」

淡「???……どうかしたの?二人とも黙りこんじゃって…?」

京太郎「な、なんでもねぇよ……あと先輩たちならまだ来てないぞ…」

淡「なんだぁ……慌ててきて損したよ……スミレったらホントに時間に厳しいんだもーん」

京太郎「…それより淡、お前また追試受けてたのか?」

淡「…ち、違うよ!私がそんなバカなはず無いじゃん!」

京太郎「はいはい、そうですねー あわいちゃんはお利口さんでちゅもんねー」

淡「むー!そうやってバカにしてー!大体キョータローだって馬鹿じゃん!」プンスコ

京太郎「おれはだれかさんと違って赤点とったりしないからな~」

淡「ムキーー!なんなのさっきから!麻雀弱いくせに!」

京太郎「ぐっ………お、俺はまだ始めたばっかりだから……」

淡「始めたばっかりっていってももう5ヶ月はたつじゃーん!私が始めてそのくらいの頃にはもっと打ててたもんねー!」

京太郎「う、うるせーペタンコ!お前の場合取った栄養が全部雀力に吸収されてるだけだろ!」

淡「…っ!そ、そやって胸ばっか見て!変態!!スケベ!!近寄らないで!!」

京太郎「心配せずともお前みたいなちっぱいには浴場しねーよ」

淡「なっ……!……う、うるさいうるさい!キョータローなんかこうしてやるー!」バッ  ゴクゴク ブーーッ

京太郎「っうわぁぁあ!!きったね…!」

淡「あははは!ばーかばーか!」

京太郎「てめー!なにすんだこの……!」ダッ

淡「あははは!捕まえてみろー!」ダダダダ

京太郎「待てこのやろー!」ダダダダ

淡「またないよーだ!あはははh…あっ!」ガッ

京太郎「おわっ!」

ドスーン

淡「いたた………………っ!///」

京太郎「………………」ムニュ

淡「……………」

京太郎「わわわ!ご、ごめん!」バッ

淡「…………///」

京太郎「その……わ、わざとじゃないんだ……すまん …」

淡「べ、べつに…!私だって悪かったし……」

淡「それに……そんな悪いきはしなかったし……」ボソッ

京太郎「……え?」

淡「……!な、なんでもない!!私トイレいってくる!!」ダッ

ガチャ

京太郎「お、おい!淡!」

京太郎「どうしたんだあいつ………って絶対俺のせいだよな……ハァ……」

尭深「………」ズズズ


ガチャ

菫「すまない……クラスの用事で遅くなった……」

京太郎「あ、 弘世先輩……こんにちわ」ペコッ

菫「うむ……それよりさっき淡の奴が走ってでていったのは…」

京太郎「あ……じ、じつは………」

      • 説明中---

菫「ハァ………まったくお前らは何を考えてるんだ……」

京太郎「す、すみません……」

菫「別にイチャイチャするのは構わんが、そういうのは外でやってくれ…」

京太郎「え!?そんなイチャイチャだなんて!あいつとはそんなんじゃ無いですよ!」

京太郎「だいたいあいつが俺のことそんな風に見てるとは思えないし……」

菫「…………」

尭深「…………」

京太郎「……え?えっと……」

菫「ハァ……これは淡にも少し同情するな…」

尭深「………」コク

京太郎「え……?え?」

菫「あぁ、それと今日は照は休みだ……どうやら熱が出たらしい……」

京太郎「え!?大丈夫なんですか!」

菫「まぁそこまで大したことはないみたいなんだが……しかしどうやらあいつの家に今ちょうど親がいないらしくて1人らしいんだ」

京太郎「それは大変ですね…」

菫「そこでだ……須賀には照の家にいって様子を見てきてもらいたいんだ…」

京太郎「え!?おれがですか!?」

菫「あぁ…本当は私が行くべきなんだがもう大会も近いし我々レギュラーは抜けられなくてな……」

京太郎「で、でも!勝手にオンナノヒトの家に上がり込むのは……」

菫「大丈夫だ……照の了承はとってある……」

京太郎「で、ですが……」

菫「頼む須賀……お前にしかたのめないんだ……」

京太郎「う…………わ、分かりました……行きます…」

菫「ありがとう!じゃあこのプリントとノートのコピーも渡しといてくれ……あとこれがあいつの家の住所だ…」

須賀「わかりました、じゃあ行ってきますね!」

菫「頼んだ」


        • 廊下----

京太郎「えーっと…照さんの家は………うお、割りと遠いんだな……毎朝まよったりしてないのかな……」

淡「あ……キョータロー……」

京太郎「おお、淡か」

淡「どこいくの……?」

京太郎「ああ、照先輩のお見舞いに行くんだよ……」

淡「え……?なんで京太郎が…?」

京太郎「なんか大会前だからレギュラー陣は忙しいみたいでな……」

淡「…………」

京太郎「じゃ、俺はいくから……お前もはやく部室もどれよ」

淡「…………」ギュ

京太郎「え………?」

淡「わたしも……いく………」

京太郎「は?…でもお前…練習は……」

淡「私はスッゴク強いから大丈夫!なんたって高校百年生だし!」

京太郎「………でもなぁ………」

淡「お願い……キョータロー……」ギュ

京太郎「うっ………」

京太郎(ど、どうすればいいんだ……)

京太郎「よし淡!お前の家を教えてくれ!!てか連れてって!」

淡「えぇぇ!?な、なんで私の家……?」

京太郎「いいから!!」

淡「う、うん………」



淡「ここが私の家だよ」

京太郎「おぉ………これは………!」

京太郎(普通のマンションだ…)

淡「で……どうするの……?」

京太郎「そうだった!淡!今家に誰かいるか!?」

淡「え………今はだれもいないと思うけど……」

京太郎「よし入るぞ!」グイッ

淡「わわ…!引っ張らないでよ!」



ガチャ

京太郎「おぉ…ここが淡の家か……」

淡「うん………」

京太郎「淡の部屋はどこだ!?」

淡「え!?……………あそこの扉だけど……」

京太郎「お邪魔しまーす」ガチャ

淡「ちょっと!!ま、まって!!」

京太郎「おぉぉここが淡の部屋かぁ……割と片付いてるんだなぁ……」

淡「…………あんまり………見ないでよ…」

京太郎「じゃあ淡!ここ座って!!」ポンポン

淡「え………?ってそこ私のベッドじゃん!!」

京太郎「まぁまぁ」

淡「……………はいっ!これでいい?」スッ

京太郎「…………あわい……」グイッ

淡「きゃぁ!」ボスンッ

京太郎「……………」

淡「きょ、キョータロー……?」

京太郎「……………」スッ

ペロッ

淡「ひゃぁ///きょ、キョータロー!なにやって……!」

京太郎「…………」ペロペロ

淡「ひにゃぁ///そ、首っ舐めちゃらめ………んっ!」

京太郎「はぁ…はぁ……あわいぃ……」モゾモゾ

淡「や、やめて……お願い……グスッ…」

京太郎「うぉおおおおぉぉ!!」ガバッ

淡「うっ……グスン……うぅ………恐いよぉキョータロー……やだよぉ……」ポロポロ

京太郎「……っ!」ピタッ

淡「ぐすっ……キョータローは…優しくないけど…優しくて…」

淡「頼りにならないけど…頼りになって……」

淡「かっこよくないけど………かっこよくて………ぐすん…」

淡「こんなキョータロー………やだよぉ……」ポロポロ

京太郎「…………あ、あわい………」

京太郎(しまった!泣かせてしまった……!お、俺はどうすれば……)

京太郎(そうだ!こんなときはお菓子を……!)ゴソゴソ

京太郎「淡……ごめんな………俺どうにかしてたよ……お菓子食うか?」スッ

淡「……グスン………うん……」ガサガサ

京太郎「これ一昨日出たばっかりの新作のチョコみたいだぞ!」

淡「……………」モグモグ

京太郎「どうだ……?」

淡「………美味しい……」モグモグ

京太郎「そ、そうか…!よかった!」

淡「……………」モグモグ

京太郎「……………」

淡「………ねぇキョータロー……」

京太郎「お、おう、なんだ……?」

淡「………どうして……こんなことしたの……?」

京太郎「そ、それは……だな………」

京太郎「愛し照」

淡「………え?」

京太郎「お前が好きなんだ……それでこんなことを……」

淡「……え?………なにいって…」

京太郎「愛してるぞ……淡……」

淡「……っ!///」

京太郎「でもホントごめんな怖い思いさせて………もうしないk 淡「わたしも!」

京太郎「……………?」

淡「わたしも……キョータローのこと好き……だもん……」

淡「さっきはちょっと怖かったから……でも京太郎に………その………されるの別に嫌じゃないよ……?」

京太郎「あ、あわい……」

淡「だから…………その………」モジモジ

淡「続き………してもいいよ……?///」





菫「たく……須賀のやつ遅すぎるだろ……淡もかえって来ないし………亦野は行方不明らしいし………」プルルル

菫「…あ、照か?須賀はまだそこにいるn……え?まだ来てない?」

菫「何を考えてるんだあいつら………!」ワナワナ

尭深「…………」ズズズ



淡「きょうたろー………」ギュ

須賀「淡………」ギュ