京太郎「また言ってんのか」

咲「女の子なら誰もが思うことだと思うんだけどな」

京太郎「オレは別にまんこ欲しいなんて思わないしなぁ」

咲「そりゃあ男の子には、ケツマンコと前立腺があるもん!」

京太郎「別に突っ込まれたい願望はないんだが」

咲「そんなのおかしいよ!」

京太郎「じゃあ咲は突っ込まれたいのか?」

咲「突っ込みたい!!!!」バンッ

京太郎「ほら」

咲「む」

京太郎「なんだっけ?iPS細胞があれば女同士でも子作りが出来るとか何とか」

咲「私はおちんちん生やして男の子のケツマンコにぶち込みたいの!!」バンッ

京太郎「生産性も現実性もまったく無ーじゃねーか」

咲「もしくは女の子をレイプしたい」

京太郎「言っちゃあれだが、女が女を襲うのは、男が女を襲うよりハードル低いよな?」

咲「ふたなりで生まれたかった。玉付きの・・・この際竿だけでも良い」

京太郎「ディルドに振動機能つけとけよ」

咲「射精が出来ない!!!」バンッ

京太郎「咲」

咲「ナニ?京ちゃん?」

京太郎「若干発音が気になるが、それは置いとくとして」

咲「うん」

京太郎「虚しくないか?」

咲「・・・凄く虚しい」ハァ

京太郎「それにしても、BLとか読んでるのか?」

咲「読んだこともなければ、持ってもないよ?」

京太郎「にしちゃあ発言が随分そっち系なんだけど」

咲「うーん、そういう描写がある物をいっぱい読んでるのは確かだけど」

京太郎「ん?それってBLじゃないのか?」

咲「ううん、歴史物、今日借りたのはこれ」スッ

京太郎「法然上人?誰だ?」

咲「仏教の偉い人」

京太郎「合掌に南無阿弥陀仏の人ね」ペラペラ

咲「コラムの所読んでみて」

京太郎「性欲が非常に強かった。湯女に童子を何人も抱いた」ペラペラ

咲「昔の人は男も女も抱いたんだよ!!」バンッ

京太郎「昔の偉い人はみんなケツの結束で結ばれてたとか言いたいのか?」

咲「それもそれで熱くなるものがあるけど、BLとか官能小説とかで無くても男×男はありふれてるの!!」バンッ

京太郎「歴史からホモに目覚めるとは斬新だな」

咲「きゅふふふ」

京太郎「その笑い方、ケツがきゅっとなるからやめてくれ」

咲「はーい」エヘヘ

京太郎「でも正直な話、ホモに目覚めるという話わからないでもない」

咲「ホントッ!?」グイッ

京太郎「近いしつば飛んだぞ。オレが目覚めたわけじゃねーから!」

咲「むー」

京太郎「この前ハギヨシさんと買い物に行ったんだけどさ」

咲「うんうん!」キラキラ

京太郎「二人組の女性にナンパされたんだよ」

咲「あーハギヨシさんはもちろん、京ちゃんもイケメンだもんねー」

京太郎「でさ、言わなかったけど、その二人組の女性、なんかこう臭かったんだよ」

咲「香水がキツかったの?」

京太郎「いや、そういうわけじゃなかったんだけど、何か匂いが、好きじゃなかっつうか」

咲「それがハギヨシさんとどう繋がるの?」

京太郎「んでまぁハギヨシさんが体良くお断りしたあと、女性に聞かれないようにハギヨシさんに耳打ちした時にふと気づいたんだ」

咲「ハギヨシさんの魅力に!?」

京太郎「だから違うっつーの、ハギヨシさん無駄に良い香りしてたんだよ」

咲「!?」

京太郎「・・・この話するんじゃなかったな」

咲「一度意識したら、あとは突っ走るだけだよ!!京ちゃん!!」

京太郎「まぁなんつうか、ハギヨシさんと一緒に過ごしてると、別段どうも思わない相手とハギヨシさんの匂いを無意識に比較してたんだ」

咲「それはとてもすばらだよ京ちゃん!!!!」ドンッ

京太郎「落ち着け、そしてさっきから机を叩き過ぎだ」

咲「というかハギヨシさんと二人で出かけてるんだね」

京太郎「別に男同士で出かけるとか普通だろ?」

咲「普通だと思ってたそれが、やがて特別な関係・・・痛い痛い痛いグリグリやめてー!」

京太郎「そういや咲は何か浮いた話は無いのか?」

咲「うーん、実はあるにはあるんだけど」

京太郎「おぉ、何か意外・・・って、いや、そうでもないのか?」

咲「まぁ全部断ったからね」

京太郎「何で?別に付き合うくらい良いんじゃないのか?」

咲「どうも、しっくり来なかったというか」

京太郎「咲の癖に選り好みするのか」

咲「うーん、選り好みっていうかね」

京太郎「おう」

咲「私の中での普通の男性の基準が、基本的に京ちゃんなんだけど」

京太郎「ふむ」

咲「京ちゃんを基準にすると、普通未満がかなり多い事多い事」

京太郎「じゃあ他の人を基準にしろよ」

咲「他の人・・・ハギヨシさん?」

京太郎「ハードルあがってんじゃねーか」

咲「実はちょっとだけインハイで、運命の出会い的な物がないかなーって期待したんだけどね」

京太郎「取って付けたような文学少女要素持ってきたな。それで?」

咲「だめでした。というか同年代の男子がそもそも少なかったよ・・・」

京太郎「男子の応援ってかミーハーに女子が来るけど、女子の応援やミーハーも基本的に女子だもんな」

咲「男の子は女の子の応援に来ないの!?」ドンッ

京太郎「付き合ってれば彼女の応援には来るんじゃないか?」

咲「麻雀部の女の子可愛い娘揃いだよ!?ケツマンコ差し出しにくる男子カモン!!」

京太郎「女の子目当てはともかく、後半はかなり厳しいだろ・・・」

咲「むむむ」

京太郎「可愛い娘多いから、見に来れば?って下劣ながらも友達に言ったんだよ」

咲「さすが京ちゃん!出来る嫁!」

京太郎「嫁さん違います。だが、大会は平日だったり、部活が重なったりしてるんだ」

咲「帰宅部!帰宅部の暇人は来ないの!?」

京太郎「1人で女の子見に行く猛者はいないってことだな」

咲「・・・そう言われればそうだよね」

京太郎「さっきからLINEの通知が荒ぶってる」

咲「優希ちゃんが既読なのになんで返信来ないんだじぇーって」

京太郎「既読かどうかの機能無くして欲しいだけどなぁ」

咲「ガラケーに戻そうよ!」

京太郎「言っとくけど、ガラケーでもLINEは出来るからな?」

咲「・・・ガラケーだからLINEは出来ないって和ちゃんに言ったら、何も言われなかったけど」

京太郎「って言ってもそのケータイ、多分パケ放題じゃないだろ?」

咲「パケ放題・・・?」

京太郎「機械の使い方に慣れろとは言わないけど、料金プランくらい確認しとこうぜ」

咲「解約しちゃだめかな?」

京太郎「気持ちはわからなくはないけどな」

咲「あ、充電してなかった」パカッ

咲「京ちゃん的に優希ちゃんはどうなの?」

京太郎「流れ来てに彼女か嫁にってことだよな?」

咲「うん。露骨にアピールしてるよ?」

京太郎「うーん、嫌いじゃないってかむしろ好きなんだけどさ」

咲「とっととくっつけよって、部長とまこ先輩と和ちゃんは思ってるよ?」

京太郎「いまいちしっくり来ないんだよ」

咲「あー、なんとなくわかるかも」

咲「マホちゃんとムロちゃんも京ちゃんの事まんざらじゃないみたいだよ?」

京太郎「見事に年下だらけだな」

咲「優希ちゃんは厳密には年上だよ?」※優希9月生まれ 京太郎2月生まれ

京太郎「咲が天江さんを年上と認識出来ないみたいなもんだ」

咲「あー」

京太郎「本人に言うなよ?多分泣くからな」


24 名前:キュウリ ◆XiNpuz3ml6GV[saga] 投稿日:2014/03/09(日) 22:36:08.11 ID:7S3lLvfVo [23/24]

京太郎「そういや、咲も何気に交友関係広がったよな」

咲「うーんと、末原さん、国広さん、池田さん、加治木さん、衣ちゃん、末原さん、石戸さん、姉帯さん、末原さん」ユビオリ

京太郎「何で末原さんを3回数えた」

咲「・・・3回戦ったから?」

京太郎「2校勝ちあがりのシステム、これ欠陥だらけだよな絶対」

咲「ふふ」
末原「何か悪寒が・・・」カタカタ



ーーー



咲「キスしやすい身長差12cm、理想のカップル身長差15cm、セックスしやすい身長差22cm、ぎゅっとしやすい身長差32cm」

京太郎「何か女性向けのニュースだっけか?これに該当する男が今は少ないとかっていう」

咲「うん。でもさ、ちょっと見方を変えると」

京太郎「見方を変える?」

咲「日本人男性の平均身長が170cmとして、そこから22cmを引くと148cm」

京太郎「中学生くらいだな。男から見た理想のセックス相手の身長差」

咲「国広さん147cm 新子さん149cm 末原さん147cm 安福さん149cm 佐々野さん148cm」

京太郎「日本人男性の平均身長から逆算した、セックスしやすい女子か」

咲「まるで簡単にヤレるみたいな言い方だね」

京太郎「名前あげたのお前だからな?」

咲「平均的日本人男性と体の相性の良い5人」

京太郎「何かそれはそれで、ニュアンスが嫌だな」

咲「江口さん160cm 狩宿さん161cm お姉ちゃん160cm 辻垣内さん161cm 戒能プロ161cm」

京太郎「今度は何基準だ?」

咲「京ちゃん」※182cm

京太郎「おい」

咲「お義兄さん、今後共よろしくお願いします」ペッコリン

京太郎「お義兄さん言うな」

咲「京ちゃん的には、現状の理想は和ちゃんか福路さんだよね?」

京太郎「まぁな」

咲「福路さんとは体の相性はそこそこ良さそうだね」※158cm

京太郎「まだそのネタ引っ張るか」

咲「じゃあ京ちゃんはなにかネタあるの?」

京太郎「ネタなぁ」

京太郎「ネタとは違うんだけどよ」

咲「うん」

京太郎「この前、部長が珍しく部室に一番乗りしてたんだけど」

咲「へぇー確かに珍しいね。いつも評議会があるのに。それで?」

京太郎「咲の真似してた」

咲「へ?」

京太郎「ほらいつもの カン! もいっこカン! もいっこカン! 自摸!!ってやつ」

咲「あれ、それ長野の団体戦のかな?」

京太郎「筒子の清一色だったから多分そうだと思うぜ」

咲「えっと、同じになるように牌も揃えてたのかな?」

京太郎「多分」

咲「・・・」

咲「そういえばいつもの部長のマナーの悪い自摸あるよね?」

京太郎「ああ」

咲「あれっていつ習得したのかな?」

京太郎「一年生の時、部長しか部員いなかったみたいだし、多分・・・」

咲「1人で延々と練習を・・・」

京太郎「・・・」
咲「・・・」

咲「1人遊びって言えばさ」

京太郎「おう」

咲「人形とかフィギュアでごっこ遊びって何歳までやってた?」

京太郎「カピーがいたから、小学生になったらやらなくなったな」

咲「1人っ子的に最近までとか、そういうネタはないのー?」

京太郎「お前はオレをなんだと思ってるんだよ」

咲「1人遊び四天王の1人は部長で確定として、他に誰かいるかな?」

京太郎「そんな悲しい目線を向けるなよ」

咲「エトペンとかの存在から、和ちゃんが有力だと思ってたんだけど」

京太郎「おう」

咲「部屋を色々調べても殺風景すぎて違うと判明したであります」

京太郎「調べたんかよ」

?「部屋を調べるだなんて最低の行為だ」

咲「あ、あなたは!?」

?「私に名前なんて無い、どうしても呼びたかったら謎のインハイチャンピオンTERUと呼ぶが良い」

咲「謎のインハイチャンピオンTERU・・・一体何永照なんだ・・・」

京太郎「照ちゃん、とりあえず机から降りろ」

謎のインハイチャンピオンTERU「・・・はい」イソイソ

謎のインハイチャンピオンTERU「私が鏡で見た限りでは」

京太郎「鏡?」

咲「おねコホン謎のインハイチャンピオンTERUには、照魔鏡と呼ばれる、雀士の大事な物を写す鏡があるんだよ」

京太郎「ふむ、それで?」

謎のインハイチャンピオンTERU「阿知賀の松実玄さんがなかなかのなかなか」

京太郎「阿知賀はパッと見た感じだとみんな仲良さそうだし、昔馴染みも多いそうだけど」

謎のインハイチャンピオンTERU&王者やえ「ではお見せしよう、インハイチャンピオンの照魔鏡を」キュインキュインキュイン

咲「禍々しい鏡が出てきた!!」

京太郎「横のちっこい片ドリル誰!?」

謎のインハイチャンピオンTERU「彼女は照魔鏡のアシスタントで、普段は王者をやってる小走やえさん、高校3年生」

王者やえ「通称小走先輩だ。ニワカは相手にならんよ」バッ

京太郎(小走、パシリで先輩・・・)←咲に耳打ち

咲(でも奈良個人戦1位で、ドラを封じられても多く稼ぐことの出来る実力者なんだよねー)←京太郎に耳打ち



玄「今日もお掃除お掃除♪」

玄「おもちいっぱい、おもちいっぱい、らんららーん♪」
謎のインハイチャンピオンTERU「これは今から数年前、阿知賀女子の部室を1人で掃除してる松実玄さんの様子」

京太郎「確かに1人だけど、見た感じ楽しそうに掃除してるだけに見えるけど」

咲「ちゃんとてきぱき掃除してるね」


玄「お掃除終わったのです!」

宥(玄)「玄ちゃんご苦労さまー」ナデナデ

玄「えへへー」ワキワキ

宥(玄)「もう!そんなところ触っちゃだめだよ?」プンスコ


咲/京太郎「・・・」

王者やえ「Oh・・・」


穏乃(玄)「こんにちはです!」

和(玄)「お邪魔します」ペッコリン

憧(玄)「はろーん、玄ったらまた有姉にセクハラー?」

玄「ふっキツくないおもちに用はないのです!」

憧(玄)「和や有姉基準だったらほとんどおもちじゃないでしょうけどね!」

灼(玄)「晴ちゃんもうすぐ来るって」

晴絵(玄)「おまたー」フリフリ


謎のインハイチャンピオンTERU「原村さんの転校と赤土さんの実業団入りを期に阿知賀麻雀クラブは事実上の解散をした」

謎のインハイチャンピオンTERU「それでも松実玄さんは、みんながいつでも帰ってきても良いように、1人で欠かさず掃除をしていた。何年も」

謎のインハイチャンピオンTERU「ちなみに、当時は鷺森さんとお姉さんは麻雀倶楽部にはいなかったそうだけど」

謎のインハイチャンピオンTERU「同年代で集まるという彼女の理想には最初から組み込まれていたみたい」

謎のインハイチャンピオンTERU「また、朝早くは実家で旅館でもある松実館の手伝いをし」

謎のインハイチャンピオンTERU「発作的に亡くした母を思い出して悲しむ姉の松実宥さんを優しく抱きしめたりしてたそうな」

謎のインハイチャンピオンTERU「そして今の鏡の映像は、松実玄が精神的にシンドイ時によく行う1人7役芝居」

謎のインハイチャンピオンTERU「他にも麻雀牌、主に赤ドラと、カンドラと会話したり」

謎のインハイチャンピオンTERU「お母さんと思われる人と会話していたりする※1人芝居」

謎のインハイチャンピオンTERU「ちなみに今現在の松実玄さんは、受験勉強に勤しむ姉、ボウリング場の手伝いをする鷺森さん」

謎のインハイチャンピオンTERU「一年生同士でつるむことの多い高鴨さん・新子さんという兼ね合い上、若干浮き気m」

咲/京太郎/王者やえ「「「これ以上はやめてあげて!!!!!!!!!!」」」


咲「おね謎のインハイチャンピオンTERU!!これは1人遊びじゃないよ!!自分の精神を守るための生存行為だよ!!」

京太郎「部長のも哀愁が漂っていたけど、まだ時間が余ってるからやってる感があったけど」

咲「松実玄さんのはガチでやばい方だよ!!それも已む得ない事情だから尚更やばいよ!!」

王者やえ「余談だけど、さっきの映像の数年後、阿知賀はまた集まるんだけどな」

咲「だけど?」

王者やえ「インハイの二回戦・準決勝・決勝と、涙を流しながら辛そうに打つ松実玄の姿が」


51 名前:キュウリ ◆XiNpuz3ml6GV[saga] 投稿日:2014/03/11(火) 17:59:51.11 ID:v13UAkhOo [20/21]

咲「おね謎のインハイチャンピオンTERUと王者やえさん、行ってしまったね」

京太郎「あれやるために、それぞれ奈良と東京から来たのか?」

咲「お姉ちゃんと小走やえさんとは何の関係もないよ!」

京太郎「お、おう」

咲「あ、お土産が置いてあるね」

京太郎「東京ばななと、人間向けの美味しい鹿せんべい・・・」


ーーー


咲「泣けないよー君の前ではー早く目を逸らして欲しいー僕はまだ君の事が好きなーままだからー」

京太郎「・・・」パチパチパチ

咲「愛し子よーいつーまでーもーこの胸に抱かれて眠りーなさいー」

京太郎「・・・」パチパチパチ

咲「恋人ーたちーはいつーの日かーはなーればーなれになるなんてー」

京太郎「別に好きなの歌って良いんだけどさ、言わせてくれ」

咲「何?」

京太郎「曲のチョイスが恐い。上手いせいで余計に恐い」

咲「普通に好きなの選んだだけだよー」

京太郎「次は何を・・・」

咲「いつかーまーたーあいーましょーその日までさよならー恋心をー」

灼「吹けば!飛ぶようなー!!儚い夢にー!!かけたぁ!!命ー笑わば笑えー!!」

京太郎「・・・」

灼「39度のぉ!!体温だいーてー!!!いま~をっ!!生き抜けろー!!カウボーイ!!!!」

咲「鷺森さん上手ー!」パチパチ

灼「ありがと」

京太郎「GRANRODEO縛りだと・・・」パチパチパチ

照「おー昼寝をするーぷかぷか浮かんだー湖の上ー」

咲「お姉ちゃん可愛いー!」

照「気ー付かずにいたー投げかけたサインまでーヒービも入らず冷たいままーの頑ななーココロー」

咲/京太郎「・・・」

照「ずっとー私なりにー差し伸べていーるけれどー上手くやろうとすればするほどー人は傷ついてーいくー」

灼「可愛い曲調と歌詞からどんどん切なくなっていくという」パチパチパチ

エイスリン「セガサターンシロ!! 指が折れるまでッ! 指が折れるまでッ!」

京太郎「・・・」

エイスリン「骨のーあるものー関節もーあるーみーよーすめらぎのー王者の技(サブミッション)ッ!!」

咲「・・・」

エイスリン「瀕死のリテラシーメカニカルに殺すー売人や吊るワイヤーやーホルムアルデヒドの通りー」

照「ウィッシュアートさんにこんな仕込みしたの誰だ」 ※本人の趣味です

京太郎/ハギヨシ「SI!! おーれたちはいつでもー!! 二人で一つーだーった!」

咲「おおぉ」

照「おお・・・」

京太郎/ハギヨシ「地元じゃーまっけしらずー!!そーだろっ!?」

エイスリン「Oh・・・da・・・abal・・・」訳:そう、そうだ・・・ここが理想郷

灼「姉妹と外人が腐ってる」


ーーー


咲「先鋒:東風1回和了連荘 次鋒:東風1回聴牌連荘 中堅:半荘1回聴牌連荘 副将:半荘2回和了連荘 大将:半荘2回聴牌連荘」

京太郎「咲が考えた団体戦ルールか」

咲「時短になるし、何より大将にエースが来るし!」

京太郎「それだと末原さんが、大将に来ないんじゃ」

咲「あ」

京太郎「うちは多分そのルールでもオーダー変わらないけど、普通のところは大幅に変わるだろうな」

京太郎「スパッツってスカートとかが無いと、むしろパンツよりもエロい気がしてきた」

咲「京ちゃんは映像越しだっただろうけど、私や姉帯さんや石戸さんは大変だったよ」

京太郎「大変?」

咲「このままむちゃくちゃレイプしたいって」

京太郎「姉帯さん(197)や石戸さん(164+α)は当然ながら、末原さん(147)からすれば咲(155)も大きいんだよな」

咲「ふふ」

京太郎「咲的にはまた打ちたい人と、打ちたくない人っているか?」

咲「打ちたい人は末原さんは殿堂入りとして、長野団体戦の大将戦の面子とは何回でも打ちたいかな」

京太郎「咲が素で振り込んだり、思うように和了れなかったのもあの面子だったな」

咲「逆に打ちたくないのは龍門渕さんと東横さん」

京太郎「それはまたなんでよ?」

咲「龍門渕さんは冷えるといつもの打ち方出来ないし、東横さんはいつもの打ち方だと逆に不利だし」

咲「そういえば最近こういうの習得したよ」

京太郎「こういうの?」

咲「ここに落として持ち手が欠けて、ゴミ捨て場行きが決まったマグカップがあります」

京太郎「下にビニール袋が敷いてあるな」

咲「破ァ!!」パリーン

京太郎「・・・は!?」

京太郎「・・・今のどういうマジックだ?」パチクリ

咲「雀力だよ京ちゃん!」

京太郎「いやいやいやいや」

咲「ほら、衣ちゃんとかお姉ちゃんとか、照明器具を雀力でどうにかしてたから、真似してみたんだよ」

京太郎「じゃあ、そっちの縛ったビニール袋を破れt」パァン!!
咲「ふふ」

京太郎「・・・・・・・・・雀力ってやべーな」

咲「ところで京ちゃんは知り合いをおかずにしないの?」

京太郎「うーん、まだやったことは無いなぁ」

咲「実はもう何人も手篭めに?」

京太郎「してねーから。まだ童貞だから」

咲「でも後ろは?」

京太郎「掘られてもねーから!」

咲「じゃあせーので、長野県の中でヤリたい女性(ヒト)の名前を出そう」

京太郎「いいけど、これ男女でやる遊びじゃねーよな」

咲「せーの」

咲「南浦さん」
京太郎「東横さん」

咲「ほほう・・・いたいたいたい、脳天にひねりを効かせないでー!」

京太郎「何か顔がムカついた」

咲「和ちゃんや福路さんじゃないの?」

京太郎「その二人は恋人にしたいタイプだな」

咲「東横さんとは身体だけの関係だったのね!」

京太郎「話したことすらない関係だな」

咲「東横さんって、優しいフリすると騙されそうだよね」

京太郎「悪い人が寄ってこないことを願うよ」

咲「さて、プレゼンお願いします」

京太郎「まぁなんと言っても身体がエロい」

咲「胸・腹・腰・尻・そして黒髪童顔。パーフェクト!」

京太郎「そして捨てられた子犬のような仕草が情欲をそそる」

咲「嫌だけどまた独りになりたくないから、健気に受け入れるっていうシーンが想像出来るね!」

京太郎「声が甘くて舌足らずというのもポイントかな。どう鳴くかも気になる」

咲「あー!おちんぽ欲しい!!」ハァハァ

京太郎「もし咲に生えてたら東横さんの純潔が危うかったな」

咲「東横さんが可愛くてエロいのが悪い!」

京太郎「レイプ犯の開き直りみたいなことを言うな」

咲「据膳食わぬは男の恥だよ!」

京太郎「東横さんは高級御膳だけどな、そして咲は女だ」

京太郎「南浦さんか、オレ見たことすらないんだよな」

咲「それは勿体無い勿体無いよ京ちゃん!」スッ

京太郎「黒髪長髪大きな青リボン・・・だと・・・」

咲「もうその3つだけでもエロいのに、色白の肌、スラっとしながらも推定Cカップの程良いおっぱい」

京太郎「清楚系ながらも、どこか親しみやすさがあるな。良い意味でお高くないというか」

咲「なんぽさ」
京太郎「平仮名でそれ以上は色々危ない」

咲「私ね、南浦さんだけは全国へ行かせてはならないって必死だったんだよ?」

京太郎「どういう意味だ?」

咲「あんな清楚な南浦さんが全国へ行ったらきっと襲われちゃう!!」

京太郎「今のままでも咲に襲われそうだけどな」

咲「私にはおちんぽがないから・・・」

京太郎「ほんと無くて良かったな」

咲「じゃあ次は全国大会のBブロック。私は末原さん以外で」

京太郎「その1位も末原さんなのな」

咲「せーのっ」

咲「小瀬川さん」
京太郎「小瀬川さん」

咲「ちょっと!末原さんじゃないの!?」

京太郎「そんな事言われても」

咲「小瀬川さんだけど、ダウナー巨乳って卑怯だよね」

京太郎「脱力してるからか、目立つよな」

咲「神代さん、愛宕絹恵さん、と巨乳には色々対抗馬はいるけど、ナチュラル巨乳感があるのはやっぱり小瀬川さん」

京太郎「まぁ大きすぎるのも考えものっていう例だな」

咲「まぁ石戸さんと姉帯さんは盟友だからってのもあるけど」

京太郎「末原さん、ボディーガードでも雇った方が良いんじゃないか」

京太郎「まぁ正直なところ、臼沢さんと迷った」

咲「あぁ、あの腰と尻は反則だよね」

京太郎「まぁ脱がせてみたい、ヤリたいっていうお題だと小瀬川さんだなぁと」

咲「うんうん!!ちょっとタンマで悩んでるところとか、身体を許すかどうか迷ってる感じもするし」キラキラ

京太郎「悪い。それはわからない」

咲「えー!」

咲「ちなみに抱いてほしいのは愛宕洋榎さん」

京太郎「ん、そうなのか?あの人普通にかわいい系だと思うんだけど、咲が抱かれる前提なのか?」

咲「確かに愛嬌たっぷりで可愛い系と思われがちなんだけど、芯はカッコいい人なんだよね」

京太郎「そういえば妹さんの方は、可愛いけど、パッと見キツ目で、中身乙女だったな」

咲「お姉さんの方は見た目可愛くて、中身カッコいいんだよね!」

京太郎「奥深いなぁ」

咲「次はAブロック。私は色々な意味でお姉ちゃん以外ね」

京太郎「せやな」

咲「せーのっ」

咲「白水さん」
京太郎「鶴田さん」

咲「これはこれはうふふふふふ」

京太郎「ダブル寝取りとか考えるなよ?オレを巻き込むなよ?いやマジで」

咲「これは花田さんからの情報を和ちゃん通して聞いたんだけど」

京太郎「おう」

咲「白水さんって、けっこうポンコツなんだって」

京太郎「マジか」

咲「そして、バッドエンドやスプラッター耐性も無いとか」

京太郎「ギャップ萌えか」

咲「まぁそして何よりあの腰つきと脚」

京太郎「高校生らしからぬ艶がありながら、歳相応の可愛さもある」

咲「(見開きで)鎖に繋がられていたあの衝撃は今でも忘れない」

京太郎「何気に制服のデザインもポイントだよな」

咲「清澄が微妙だから尚更ねー」

京太郎「それは言いっこ無しだ」

咲「鶴田さんはやっぱりビビクン?」

京太郎「良いっちゃ良いんだけど、それはおまけだな」

咲「ほう」

京太郎「上着は脱がさずにむちゃくちゃしたい」

咲「わかる!!」キラキラ

京太郎「厚着で大事な所だけめくるのは王道だよな」

咲「鶴田さんも脚だよね」

京太郎「他の人と比べて、あまり肌を見せてないからこそ、太ももの肌が映えるんだよな」

咲「見せるのも良いけど、見せないのも良い。どっちが良いじゃなくてどっちも良い!」バンバン

京太郎「大いに同意するが叩くな」

咲「微妙につり目ながらも顔を赤らめながら表情が緩くなるのもエロい!」

京太郎「そこまではオレは知らないけど、まぁ多分そうなんだろうな」

京太郎「そして二人に共通するのが」

咲「やっぱり」

咲/京太郎「寝取ったような背徳感!!!!」

咲「実際に付き合ってるわけじゃないんだろうけど」

京太郎「片方の姿がチラつくだけに」

咲/京太郎「そそる!」

咲「さて」サワサワ

京太郎「いきなり股間触んな」

咲「こういう話をした後って、こうおっきするのが相場かなって思ったんだけど、おっきしてないね」

京太郎「そういう咲は濡れてるか?」

咲「うーん、濡れてないね」ペタペタ

京太郎「だろ」


ーーー


誠子「巨乳の女性はお好きですか?」

誠子「ふふ、尭深みたいに胸が無くて悪かったな」ギュウウウ

誠子「私はこうしてるから、動画はどうぞお好きな様に」スンスン

誠子「初めて会った時も思ったけど、男の癖に良い匂いがするよな」

誠子「こう抱きついたらちょっとは不快な、だけど、それがいいみたいな匂いがすると聞いていたのに」

誠子「・・・嫌いじゃないよ、むしろこの匂いが良い」

誠子「うーん」ムニムニ

誠子「おはよう」ムニムニ

誠子「ふふ、寝坊助さんにはほっぺむにむにの刑だ」ムニムニ

誠子「早く起きろー」ムニムニ

誠子「ん?」コツ

誠子「そ、そっちは起きなくていい!」///

誠子「尭深とか大星見てると私で良かったのか?って思う時がある」

誠子「女らしくないし、髪や格好だってこんなだし」

誠子「おい、なんで頭撫でてる?」

誠子「気色悪い、その顔気色悪いっ」

誠子「な、なんで笑うんだよ!撫でるなわしゃわしゃするな!かかか、可愛くなんてないから!」

誠子「・・・ばかぁ」ギュッ



__
    ̄ ̄ ̄二二ニ=-
'''''""" ̄ ̄
           -=ニニニニ=-

                         -――-- 、
                       /: : : : : : : : : : \
                     /, . .,l : : ; :/ヾ1 : : :ハ
                      l l: / |: :/l/  |: : : : : l
                      l レ  ∨ l!  レ1 : : : !
甘いのは苦手ですがな        | }-―   ―‐- l:fヽ |
                      l人   __   !:k' :|
                      |/1::>ヽ-' ‐、<リ: :|
                     / , イ⌒Y⌒ヽl:ノ/~|: : |    ,,-''" ;.,
                     / _|  |  _l__l_ |: : l _,,-''";  ;,  ;,
                      L_/ヲ .| E|l。。_ ノ_.: :ヽ、''";  ;, ;, ;,
                     _〈;;├--ト―;| ̄ l;;;;;;フ.: :ヽ、"'; ', :' ;;
                    /::く〈;;|:::::::|::::::::|_,、冫;;/: : ::ノ; ;;  ':  ,'
                  _,,-','~, て,.,うて=う,'", ;: ' ; :, ': ,: ':  ,
               _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'   ; ', :' ;; ;,'    七_  =|=゛ レ |
            _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ': ,: : ' ; :, ': ,:    (乂 )⊂ニ  __ノ


ーーー


京太郎「この前な、名前を知ってる程度の女子を、時間が遅いし暗かったから送って行こうとしたんだよ」

咲(さっき優希ちゃんが空き教室前で呼び出してた娘かな)

京太郎「んで、”私みたいなの襲う物好きなんていないよ”って言っててなかなか首を縦に振ってくれなかったんだ」

咲「私もその人の考えに同意かなぁ」

京太郎「それ以前にな、暗いんだよ。つまり襲う側からしても顔なんて見えないんだよ」

咲「あ」

咲「暗いから送って行くって、要は顔が見えないから、女性だったら誰でも襲われる可能性が高まるってことだったんだね」

京太郎「そういうことだな。まぁオレも遅いから送って行くくらいしか思ってなかったけど」

咲「けど?」

京太郎「ハギヨシさんが、本来の意図も知っておいた方が良いからってことで教えてくれた」

咲「おおぉぉ!・・・いたいたいたい、額を指でぐいぐい押さないでー」

京太郎「目を輝かせて顔を寄せてくるのが悪い」

咲「って待ってその理屈だと小柄な男の人も危ないんじゃ?」

京太郎「だな」

咲「京ちゃんも細いから気をつけてね。きゅふふふ」

京太郎「とりあえず目の前の猛獣から逃げないとな」

咲「そういえば私レベルで雀力が使えるなら、小鍛治プロとか瑞原プロは・・・」

京太郎「念能力みたいに、雀士は条件を満たせば使えるみたいなのやめろ」

咲「京ちゃんは何か凄技もってないの?」

京太郎「凄技なぁ。咲1人だと難しいな」

咲「どういうこと?」

京太郎「何人かいないと出来ない技なんだよ」

咲「人数がいればいいの?」

京太郎「3人くらいいれば」

咲「まかせて!」

末原「・・・疲れてるんかなぁ」

末原「金髪のイケメンのにーちゃんが、姉帯を肩車してるように見えるんやけど」

末原「それだけでもたいがいやっつうのに、右肘に宮永、左肘に石戸が座っとる・・・」

末原「あ、そのまま走りだした」

末原「ごっつ速いな」

末原「・・・・・・これは夢やな、長野まで移動して来たから、きっと疲れてるんやな」

咲「京ちゃんいつの間にこんな技を」

京太郎「ほら良くあるだろ?二人の内どちらか一人しか助けられなかったとしたらどうするってやつ」

咲「あるけど、それとあの技がどう関係してるの?」

京太郎「普段から複数人を同時に運ぶ事ができれば、いざって時に二人くらいなら余裕だろって思って」

咲「いや、その理屈はおかしい」

京太郎「ちなみにハギヨシさんは無理なく6人まで可能だ。無理すれば10人いけるとか」

咲「そう言えば、あのあと姉帯さんにお姫様抱っこやってたよね」

京太郎「頼んで来た時の姉帯さん、小動物だったな」

咲「あの曲芸肩車のあとだったからインパクト薄れたけど、姉帯さんをお姫様抱っこもなかなかレベル高いよね」

京太郎「つっても姉帯さんだいぶ軽かったぞ? さすがに身長の割にはって枕詞つくけど」

咲「”もう、ちょーしんでもいい!”って言ってたね」

京太郎「まるでオレが泣かせたみたいだったな。いや、間違ってはいないんだが」

咲「この前、龍門渕さんの所に遊びに行ってたみたいだけど、いつも何してるの?」

京太郎「最近やってるのは制空圏の練習だな」

咲「制空圏・・・?」

京太郎「要は意識しなくても自分の手足が届く範囲に、攻撃が出来るようになる練習」

咲「雀力があるから人のことあんまり言えないけど、京ちゃんもおかしい事になってるよ?」

京太郎「ハギヨシさんは空間転移するぞ」

咲(清澄に所属してる事と、ハギヨシさんと交流してる事によって、どんどん人間離れしてる・・・)

咲「凄く今更かつ言い難い事なんだけど」ペラッ

京太郎「下手とか弱いとかならわかりきってるから今更だぞ?」

咲「ううん、清澄で打ち続けてる以上弱いわけないし、下手だったら常に最下位だと思うからそれも違うよ」

京太郎「じゃあ一体オレは何が悪いんだ?春に続いて、秋の大会でも速攻で負けたんだぞ?」

咲「こと麻雀に関してだけ、凄まじくツキがない」

京太郎「」


  • 今日の部活での風景-
京太郎「よっしゃダブリー!!」

優希「じぇ!?犬の癖に生意気な!」

和(現物は3つありますし、様子見していきましょう)

久(うーん、いっそ攻めようかしら?)

まこ(九種九牌じゃと、他家の手牌も良くなるからのう)

咲(ダブリーで三面張かぁ、ここまで良いと地和じゃない事を恨むレベルかな?)

久「ロン。河底撈魚のみ」

京太郎「」ズーン

優希「正義は勝つんだじぇ!」

まこ「まぁダブリーだと待ちが悪いからのう」

和「せめて両面にしてから平和のみの立直にしても良かったですね」

咲(両面どころか三面だったよ。しかもパッと見、降りたの和ちゃんだけっていう)

咲「優希ちゃんがいると、起家は無理とはいえ、その下家にほぼ必ず座ってるよね」

京太郎「そういや牌譜見る限り、かなり多いな」ペラッ

咲「そのせいで誰かが鳴かない限り、優希ちゃんはの次に牌を切らなければならないから、凄く不利なんだよね」

京太郎「オレの次に優希に振り込んでるの、意外にも和なんだな」ペラッ

咲「和ちゃんはデジタルなセオリーで降りるからね、まぁそれが強みなんだけど」

京太郎(ところで咲が振り込んだ例が、優希に限らず全く無いんだけど)ペラペラ

京太郎「ダブリーして、河底撈魚に振ったのはかなりショックだったけど、なんで麻雀指導してくれるんだ?」

咲「余計だった?」

京太郎「いや、凄くありがたいけどさ」

咲「あとは理牌の癖と牌を切る順番が部長とまこ先輩に読まれてるね。ちょっと意識して変えてみよっか」

京太郎「うげ、まじだ。露骨にパターン出てんじゃねーか」

咲「末原さんの真似して、指導ってのをやってみたけど、案外楽しいかも」

末原「楽しいのはええんやけどな」ペラッ

京太郎「咲ー?部長の狙い撃ちにはどう対処すれば良いんだ?」

咲「末原さん、どう思います?」

末原「ドラが手元にあるなら、それを切らない前提で押してええと思うで、そうじゃなかったらベタオリやな」ペラッ

咲「ドラが手元にあるなら」
末原「この状況おかしいやろ!? 」

末原「外国人監督と通訳みたいになってんで!」



(数日後)
咲「さて、秘密特訓も経たので、今日は京ちゃんが必ず1位とれるよ!」

京太郎「確かに上達した実感こそあるが、そんなすぐに1位取れるもんか? いや、たまに取ることもあるけど」

咲「ふふ、末原さんから必勝の策も貰ったよ!」

京太郎「合わせ打ちや差し込みはしないけど、咲がプラマイゼロするから、意識は他の二人にってやつだろ?」

咲「他にも色々授かったよ!」

京太郎「まぁ期待しないで頑張るよ」


現在:1位優希 2位京太郎 3位和 4位咲


まこ「さて、優希が突出してるのはいつもどおりじゃが・・・」

久「席順を優希 咲 須賀君 和に指定しただけでこうも影響出るのね」

優希(のどちゃんじゃなくて、京太郎が2位っていうのなんだか落ち着かないじぇ。いつもと違って対面なのも)チラッ

和「ロン 2900です」

優希「じょ!?」

和「優希、いつもより注意が散漫になってませんか?」

末原「片岡には須賀君が対面に来るって事に慣れてないっぽいし、聞いた話が本当なら、いつもの半分も実力出せへんと思うで」

咲「でも優希ちゃんが削られて、私がプラマイゼロに徹すると、和ちゃんが浮いちゃうんじゃ・・・」

末原「そして第二の策や、これで全てケリがつくで。というか実際こっちだけでええと思うんやけどな」

咲「第二の策・・・ってこんなの効くんですか?」

豊音「あわ、あわわわわわわわわわ」

末原「姉帯でここまで効いてるんやし、清澄の面子にはもっと効果あると思うで」



現在:1位和 2位京太郎 3位咲 4位優希


和(今日はまだ須賀君振り込んでないんですね)

和(咲さんはまず振り込みませんし、優希がそのせいで一人沈みですか)

和(なかなかの偶然ですね)

咲「京ちゃん、おちんぽ欲しい」

京太郎「お前対局中にそれ言うか?」

「「「「!!??」」」」グチャグチャグチャグチャグチャグチャ

和「い、一体、いつから二人はそんな関係に!?」

優希「部活のあとで二人で特訓ってそっちのか!?くんずほぐれつか!?」

京太郎「一体何を慌ててるんだ?いつも通りだぞ?」

「「いつも通り!!??」」

久「ぶふっ!」

まこ「えーっと、二人同時チョンボの場合の今年のルールは、それぞれ別個に8000点払いみたいじゃの」ペラペラ

京太郎「あーそうか、違う違う、咲のちんぽ欲しいってのは」

咲「男の人を掘るために欲しいって意味だよ!」

和「それはそれでどういう意味ですか!?」

京太郎「っていうか対局終わってからにしようぜ」

優希「私がさっきのチョンボで飛び終了だじぇ・・・」

結果:1位京太郎 2位咲 3位和 4位優希




                    /: : : : : : :/: : :/: : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
                      ̄ ̄ ̄¨ア : : : /: : ://: : /: : // : : : :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::,
  ノ⌒ ー--‐ '⌒^ ー-     -‐…・・/ : : : /: : ://: : /: : /// : : : : , :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::}
f《: . :   . :/      . : . : . : . : ./ : : : ; : : /{/ヘ/: : /// : : : : / : : |: : :.:.:.:::::::::::::::.:.:.:.}
V》       (      \. : . : . : . :/ : : : :j{: :.rf嶺峠い/イ: : : : : :/: :イ:.i|: : :.:i.:::::::::::::::::::.:.:,
 ¨⌒ー '"~¨`ヽ \    \: . : . // : : :イリ.:.从 _)開ハ刈i |: : : :/ |i: :|: ||: : :.:|.::::ノ⌒ヽ:.:.:.:.:′ ,,ル'⌒
          ^\  : .   // : ィ仁|i.:/ Vし℃仆|i | : : :  |i: :|: r冖れノ^  ノ⌒廴__ノ^⌒¨´
.               丶  : .  j/{ニニ|iイ    'ー '゙  八| : : |ー─-fソ:. :.  辷?い: :.:.:. ′
                \ : . : ; {ニ二い   :.:.:  ::::::::::八: : |j埖fソ^;. :. :.fら ). : :.:.:.:/
.                   \ : .l {ニニ八       , ::::::ヽ| ヒ^爻_廴 ノノ^. . : :.:./ニニ},
                    ヽ| {ニニニニニ:、   、         ー'⌒)ソ)メ . . : :.:.:/ニニニ}}
                    | k二ニニニ/\     ー    :.:.:   才イ. : /}/ニニニニ}}
                    | |ik.ニニニ{〉  \__        イニニノ/ニニニニニニニ圦
                    | |ikikニニ{入____    ̄¨アニたニニニニニニニニニニニニニハニニ\
                  /|人kikik.ニ{    >-=ニニニニニニニニニニニニニニ=-  ∧ニニニ〉
                    《    :. トミメ{   -=ニニニニニニニニニ=-     . : . / :〉 ̄
                      j}   :.   ≫→ァニニニニニ=-ァア       . : . : . : ., :/:∧⌒L_
                  リ}     :. /ikikikヽ\ikikikikikik/      . : . : . : . : . : . : . : . : /〉

カンッ!!