http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1361874491/




京太郎「モモー、いるかー?」ガラッ

桃子「いるっすよー。どうかしたっすか?」

京太郎「やっぱ部室にいたのか。先生が呼んでたぞ」

桃子「あー進路調査っすかねえ」

京太郎「まだ出してなかったのか? まだ1年だし適当に書いてればいいだろ」

桃子「そういう適当なの好きじゃないっす!」

京太郎「そう言って遅れてりゃ世話ないって」

桃子「それはまあそうなんすけどね。とりあえずあと少しだし、これ読み終わったら行くっす」ペラ

京太郎「さっさと行けよ……何読んでんだ?」

桃子「少女漫画っすよー。ゆみ先輩に借りたっす」ペラ

京太郎「ゆみさん少女漫画好きなのか」

桃子「前に少女漫画の2人乗りのやり方を真似たとかあったじゃないっすか」

京太郎「あー……?」

桃子「ああ、そういえばあのとき京太郎は一瞬意識飛んでたっすね」

京太郎「お、俺はそんなことを忘れたのか!? ちくしょう!」

桃子「一緒に帰るとき毎回2人乗りしてるんすから、今更そんなのいいじゃないっすか」ペラ

桃子「まあともかく、ゆみ先輩は少女漫画大好きっすよ。私から貸すこともあるけど、借りるほうがずっと多いっすね」

京太郎「そうなのか」

桃子「そうだ、ゆみ先輩にこの主人公みたいなことやってみたらどうっすか?」

京太郎「どれだ?」

桃子「これっすよ。後ろからギューッて。俗にいうあすなろ抱きっすね!」キャーッ!

京太郎「こ、これはちょっと恥ずかしくないか」

桃子「女の子がやってもらいたい抱きしめ方第1位っすよ!」

京太郎「これやってゆみさんに拒否られたら俺立ち直れねえぞ……」

桃子(ゆみ先輩が嫌がるとか本気で言ってるんすかねこれ)

桃子「まあまあ、騙されたと思ってやってみるといいっす」

京太郎「いやでもなあ……」

桃子「……しょうがない、先にネタばらししてあげるっす」

京太郎「ネタばらし?」

桃子「ゆみ先輩がこれ見て『……いつか、私もやってもらいたいな』って言ってたんすよ」

京太郎「マジで?」

桃子「大マジっす。ゆみ先輩の望みを叶えるためにもやるっすよ!」

京太郎「そういうことなら……!」

桃子「その意気っす。私は先生のところに行ってくるから頑張るっすよー!」

京太郎「おう!」

ゆみ「京太郎、もう来ていたのか」ガラッ

京太郎「ゆ、ゆみさん!?」ガタッ

ゆみ「な、なんだ?」ビクッ

京太郎「あ、す、すみません。特にどうというわけでは……」

ゆみ「おかしな奴だな」クスクス

京太郎「部長たちは説明会とかで遅れるみたいです」

ゆみ「ああ、もうそんな時期か。懐かしいな」

京太郎「ゆみさんはこの時期には進路決めてましたか?」

ゆみ「おおまかにはな。……まあ、プロを目指そうとは露ほども思っていなかったよ」

京太郎「試合とか出れてなかったですもんね」

ゆみ「ああ、私がプロになろうと思ったのは君のおかげだよ」

京太郎「お、俺ですか? 別に何もしてないですよ?」

ゆみ「そんなことはないさ。少なくとも全国へ行けたのは、長野の決勝で宮永に勝てたのは君がいたからだ」

京太郎「?」

ゆみ「分からなければそれでもいいよ」フフッ

京太郎「気になるじゃないですか」

ゆみ「……それじゃ、私が君に感謝しているということだけ分かってくれ」ボソッ

京太郎「……! は、はい」カアァァ

ゆみ「……へ、変なことを言ってしまったな。ええと、この間の牌譜は……」クルッ

京太郎「……ゆみさん!」ダキッ

ゆみ「ひゃっ!?」

京太郎「俺こそゆみさんには感謝してもしきれないですよ。麻雀を始めたのも、少しずつでも上手くなっているのも……」

ゆみ「わ、わかった。わかったから!」アワアワ

京太郎「……あれ? い、嫌でした?」ギクッ

ゆみ「い、嫌なわけないだろう。ただ突然だったから……」カアァァ

京太郎「よかった……! 嫌がられたらどうしようって思ってました」ギュウ

ゆみ「ひゃぅ……な、なんでこんなことしようと思ったんだ?」カアァァ

京太郎「モモからゆみさんがこういうの憧れてるって聞いたんですよ」ギュッ

ゆみ「……ちょっと待て。私はそんなことを言った覚えはないぞ」

京太郎「……え?」

ゆみ「そもそも憧れてもいない」

京太郎「えっえっ?」

京太郎「えっと、じゃあこれは……」ダラダラ

ゆみ「……」

京太郎「……あ、メールが」


桃子『先生にこってり絞られたんで今日は部活行かないで帰るっす(/_;)』

桃子『PS.騙されたと思ってやってくれたみたいっすね! ちゃんと写真も撮ったっすよ!(≧∇≦)/』


京太郎「……そういうのは騙されたと思ってって言わねえよ!!」

ゆみ「……写真も添付してあるな。というか部室に来てるじゃないか……モモお前その辺りにいるだろう!?」

シーン

京太郎「……くそっ、あいつ本当に帰ったみたいですね」

ゆみ「そのようだな……」ハァ

京太郎「……」

ゆみ「……」

京太郎「……」ギュッ

ゆみ「あっ」

京太郎「ハッ、す、すみません! つい無意識に! い、今離します」ワタワタ

ゆみ「ま、待った」ギュッ

京太郎「……? ゆみさん?」

ゆみ「もっと……」

京太郎「へ?」

ゆみ「も、もっとやってくれ。嫌じゃ、ないから」カアァァ

ゆみ「その、君に包まれているようで安心するというか落ち着くというか」

ゆみ「いつも君の後ろから抱きついているけれど、こうして抱きしめられるのもいいなというか……」ハッ

ゆみ「わ、私は何を言っているんだ……」カアァァ

京太郎「」ズキューン

ゆみ「きょ、京太郎? すまない、今のは忘れて……」

京太郎「忘れられるわけないじゃないですか!」ギュッ

ゆみ「きゃっ!?」

京太郎「ああもう、ゆみさん大好きです!!」ギュー

ゆみ「きょ、京太郎!?」アワアワ

京太郎「ゆみさんすげー可愛いです。愛してます! もう一生離しません!」ギュゥ

ゆみ「ば、バカなことを言うな。その、嬉しいがこんなところを見られたら……」

京太郎「大丈夫ですってモモも来ないって言ってま――」

ガラッ

睦月「こんにち――」

佳織「遅くなってごめ――」

京太郎「……」(抱きしめてる)

ゆみ「……」(抱きしめられてる)

一同「………………」

睦月「す、すみませんでしたー!」ダダダッ

佳織「ご、ごゆっくりー!」タタタッ

ゆみ「ま、待て! ち、違う、これは違うんだ!」バッ

京太郎「そ、そうです! モモに騙されて!」バッ

佳織「そんな力強く抱きしめといて何言ってるの!?」タタタッ

睦月「今日は自主練習にしておきますから!」ダダダッ

京太郎「ちょ、せめて走りながら抱きしめてとか言うのはやめてください!!」

ゆみ「……行ってしまったな」

京太郎「……まあ、冷静に考えたら誤解も何もないですよね」

ゆみ「まったくだ。何をしていたんだ私たちは……」ガクッ

京太郎「どうしましょう。もう今日はみんな来ないでしょうし帰ります?」

ゆみ「そうだな……。もう誰も来ないか……」ハッ

ゆみ「じ、実はいい麻雀の教本を持ってきたんだ。よければ一緒に読まないか?」

京太郎「いいですよ。……って一緒に?」

ゆみ「あ、ああ。2冊あればよかったんだが1冊しか持っていないんだ。だから一緒に……」

京太郎「一緒に……も、もしかしてさっきので?」

ゆみ「……」コクッ

京太郎「……わかりました。じゃあそこのソファーで。俺の上に座ってください」

ゆみ「! あ、ああ」

京太郎「はい、どうぞ」

ゆみ「それじゃあ……ど、どうだ? お、重かったら言ってくれ」

京太郎「重くなんてないですよ。むしろ軽いです。……それよりあんまり深く腰掛けないでくださいね」

ゆみ「なぜだ?」

京太郎「えっと……まずいので」

ゆみ「? まあわかったよ」

京太郎「ありがとうございます。じゃ、じゃあ本借りますね」

ゆみ「あ、ああ。その、一緒に勉強しよう」

京太郎「は、はい」


京太郎「……」ペラ

ゆみ「……」

京太郎「……」ペラ

ゆみ「……落ち着くな。普段より頭に入ってくる気がする」

京太郎「俺も全然眠気とか感じないです。本読んでるとよく眠くなるんですけど」

ゆみ「……そういうことを言っているのではないんだが」ハァ

京太郎「え!?」

ゆみ「まったく、もっと知識も付けないとダメだぞ」フフッ

京太郎「はーい」


イチャイチャ


智美「……なんだこれは」



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



――新人戦――

京太郎(これを通さないときっと勝てない……!)

下家「……それだ。ロン。8000」

京太郎「うげ……」ガクッ


アナ『試合終了ーー! 須賀選手、最後の最後で振り込んでしまいました』

藤田『夏のような回避は出来なかったか。まあミスをして振り込んだというわけではないが』

アナ『これで須賀選手はこの卓で3位に転落。現在総合順位は4位ですから3位以内に入るのは難しくなりました』

藤田『上位のミス待ちだが、こういう流れではそれも期待薄だろうな』


京太郎「なんであんなの切ったかなあ……」

下家「よう、また会ったな」

京太郎「あ、下家(しもや)さん」

下家「3ヶ月で随分上手くなってるじゃねえか。夏大じゃ俺もヤバイかもな」

京太郎「1位の癖に何いってんですか」

下家「まあ負ける気はねえよ。リベンジは夏までしか受け付けてねえからな。楽しみにしてるぞ」スタスタ

京太郎「……俺が負けられなかったのは今回だったんですよ」ハァ


京太郎「はぁ……」ガチャ

桃子「お疲れさまっす。ため息なんてついてどうしたっすか?」

京太郎「最後の最後で振り込んだからだよ……ちなみに順位はどうだった?」

桃子「変わらずっすね。4位っす」

京太郎「あー、やっぱりそうか……」ガクッ

睦月「落ち込むな……って言ってもダメかな。後一歩だったね」

京太郎「はい……」ハァ

桃子「そんなに落ち込むことないすっよ。麻雀初めて1年も経たないのに県4位なんて凄いじゃないっすか」

京太郎「上出来だとは思うけど、どうしても、というか出来れば今回全国へ行きたかったんだよ……」

桃子「そりゃあ出来れば勝ちたいのは当然っすけど、そんなこと言ったらキリないっすよ」

京太郎「まあ確かに負けてから言ってもしょうがないんだけどな……」ズーン

佳織「そんな顔してたら加治木先輩に心配かけちゃうよ? いい成績だったんだから胸を張らないと」

京太郎「ゆみさん……」ハァ

佳織「あ、あれ? 余計元気なくなった?」アセアセ

桃子(あーもしかして)

睦月(加治木先輩がいる間に全国に行きたかったのかな……?)

睦月(加治木先輩は別に気にしないと思うけど……本人の問題だしなあ)ムムム

桃子「……ほら! クヨクヨするのはその辺にして、私たちの応援するっすよ!」

睦月「! そうだね。せっかく私たち3人決勝に行けたんだから、頑張って応援してもらわないと」

京太郎「……そうですね。すみません、自分が終わったからって……」

睦月「ううん。ただ、それは私たちじゃどうにも出来ないから、帰ってからゆっくり2人で話してね」フフッ

京太郎「えっ」ギクッ

桃子「あれだけわかりやすかったんすから、そんなバレたみたいな顔しないで欲しいっすね」

京太郎「ええ!?」

佳織「えっえっ?」

桃子「かおりん先輩はそれでいいんすよ」ポンッ

佳織「気になるなぁ……」

睦月「後で教えるから、今は決勝をがんばろう」

佳織「うん。わかった!」

桃子「それじゃ行ってくるっす。応援ちゃんとするっすよー」

京太郎「ああ、分かってるよ。先輩たちも頑張ってください!」



――帰りの電車――

桃子「~♪」

佳織「嬉しそうだねー」

京太郎「電車の中であんまりはしゃぐなよ?」

桃子「あれ、僻みっすか? 僻みっすね? 男の嫉妬は見苦しいっすよ~♪」プププ

京太郎「殴りてえ……!」

佳織「だ、ダメだよそんなことしちゃ」

京太郎「そりゃしませんけど気分として……!」

睦月「まあまあ、全国に行けたんだから今日のところは多目にね」

桃子「そうっすよ。心を広く持つっす!」

京太郎「本人に言われると腹立つな!」

睦月「あはは。……それにしても夏と秋、連続で全国出場するなんて想像もしてなかった」

桃子「来年はきっと新入部員たくさん来るっすよー!」

佳織「そうだね。新入生に負けないかちょっと怖いな」ブルブル

京太郎「佳織先輩は大丈夫ですよ。何があっても入れます」

佳織「京太郎くん、3年生だからってそれはよくないよ」

京太郎「いや、実力ですよ」

佳織「……? あ、それまでに上手くなれってことだね。頑張ります!」

京太郎「…………はい!」

佳織(少し間が空いたのが気になるなあ……?)

桃子「次は団体で全国に行きたいっすね」

睦月「うむ。私も部長として恥ずかしくないように頑張らないと」

京太郎「団体戦は俺も出たいなあ」

佳織「来年は出られるんじゃないかな? 夏の最後の試合はかっこよかったよ」

京太郎「ほんとですか! 俺に憧れる後輩が出来るのか……!」

桃子「今日の最終戦で振り込んだのがどう出るかっすね」

京太郎「忘れようとしてたのに言うなよそれを……」ガクッ

睦月「大丈夫だよ。別にミスってわけじゃないんだし」

京太郎「結果的に振り込んじゃいましたから……」

桃子「まったく、いつまでも引きずるんじゃないっすよ」

京太郎「誰のせいだよ!?」

佳織「まあまあ。そろそろ着くよ」

京太郎「あ、ほんとですね。モモなんかにかまってる場合じゃありませんでした」

桃子「なんかとは失礼っすね」

京太郎「お前が悪い」


桃子「んー! 疲れたっすー!」

佳織「だいぶ遅くなっちゃったね。もう暗くなってる」

睦月「もう秋だね。夜になると寒いや」ブルッ

京太郎「ですねえ。……これじゃ今日はゆみさんに報告出来ないなあ」

睦月「え? まだしてなかったの?」

京太郎「はい。直接言おうと思って。もうちょっと早く帰れるかなと思ってたんですが」

桃子「勝ってたらいいっすけど負けてるとあれっすね」

京太郎「わかってるよ! 言うなよ!」

睦月「でもそれなら悪いことしちゃったかな。蒲原先輩に結果送っちゃったから、もしかしたら加治木先輩にも伝わっちゃってるかも」

京太郎「まあそれはそれでしょうがないです」

京太郎「どっちにしろこれじゃ明日になりますから、ニュースか何かで知っちゃうかもしれないですし」

佳織「もう一本早い電車に乗れてればよかったね」

京太郎「そうですね。電車が少ないと辛……!?」

ゆみ「おかえり、京太郎」

京太郎「こ、こんな寒い中何やってんですか!?」

ゆみ「寒さは大丈夫だよ。ほら」ピトッ

京太郎「わっ!?」

ゆみ「カイロを持ってきてるんだ。さっきまで電車にいた君の頬より暖かいだろう。まあカイロを使うには時期が少し早いが」

京太郎(あわわわわ。やばい、顔が熱い。いや手が熱いから顔も熱くなってるんだけどそれだけじゃなくて……)

京太郎「って、そうじゃなくて! それはそれです! カイロがあるからってこんな寒い中ずっと外にいたら体に良くないです」

ゆみ「京太郎が頑張って来たんだからこれくらいなんてことはない。それにしょうがないだろう。君の結果を早く聞きたかったんだ」

京太郎「すげえ嬉しいですけど、もっと自分の体も大事にしてください。せめて喫茶店とかで待ってるとか」

ゆみ「しかし……」

京太郎「しかしじゃないです」

ゆみ「わかった……」シュン

京太郎「あ、い、いや。凄い嬉しいんですよ? 嬉しいんですけどゆみさんのほうがずっと大事なので……」

ゆみ「大丈夫、わかってるよ。ありがとう」

ゆみ「ところで結果はどうだったんだ?」

京太郎「ええと……」

桃子「私は全国出場出来たっすよー!!」

ゆみ「本当か!? 凄いじゃないかモモ!!」

桃子「先輩に続いて夏秋連続っす! 鶴賀も強豪の仲間入りっすよ!」

ゆみ「よくやった!」

桃子「嬉しいっす!」

京太郎(モモおおぉぉぉ!! お前が先に言うと俺が言いづらいじゃねえか!! せ、せめて最後にならないように……)

京太郎「俺h」

睦月「私は決勝リーグには行けました。順位はあまり良くありませんでしたけど……」

佳織「私も決勝リーグに出場出来ました! でも順位は良くなかったです……」

ゆみ「そうか、2人もよく頑張った。夏は予選で敗退してしまっていたんだから、よく成長しているよ」

ゆみ「順位なんて後から付いてくるものだ。そんなに気にする必要はないさ」

佳織「はい、ありがとうございます」

睦月「わかりました。でも部長として恥ずかしくないくらいの順位は取っておきたかったです……」

ゆみ「別に部長が強くなければならないというわけじゃない。要は部をまとめられるかどうかだよ。蒲原もそうだろう?」

睦月「……そうですね。蒲原先輩みたいになれるよう頑張ります」

京太郎(先輩ー! いい話なんですが、前とほとんど変わらない俺が余計言いづらい空気に!!)

ゆみ「……それで京太郎は――」

桃子「あ、もう遅いし私たちは先に帰ってるっす」

睦月「2人でゆっくりしてください」

佳織「京太郎くん、加治木先輩を送って行ってね」

ゆみ「ん、そうか」

京太郎「ちょ、お、おいモモ」

桃子「なんすか?」

京太郎「お前こんな雰囲気で置いてくなよ! 前回と似たような感じでしたなんて言いづらいじゃねえか!」ヒソヒソ

桃子「……や、正直惚気けるの分かっててこの場に居るのはちょっと」

京太郎「はあ!?」

桃子「……そんな心外だみたいな顔されても」

ゆみ「……何をこそこそ話しているんだ?」

京太郎「い、いえ。なんでもないですよ」アハハ

桃子「それじゃ私たちはお先に」

睦月「さよならー」

佳織「また明日ね」

京太郎「うわ、ほんとに帰った……」

ゆみ「いいじゃないか。その、き、気を使ってくれたんだろう」

京太郎「まあそうなんでしょうけど……」

ゆみ「……それに、2人きりになったのにそんな顔をするのはどうなんだ」

京太郎「あ、いえ、決して嫌というわけではなくてですね……」アセアセ

ゆみ「それはわかっているが……まあなんだ。し、嫉妬したくなるからやめてくれ」カアァァ

京太郎(あ、やばい。めちゃくちゃ嬉しい)ジーン

ゆみ「そ、そんなことより! 大会の結果はどうだったんだ!?」

京太郎「うっ」ギクッ

ゆみ「?」

京太郎「そ、その……4位でした」

ゆみ「……なんだ、さっきから言いづらそうにしていたから何かと思えば。いい成績じゃないか」

京太郎「いえ、モモが全国に行ったり、睦月部長たちは決勝リーグに進めるようになったり成果上げてるのに」

京太郎「俺だけほとんど変わりないですし……」

ゆみ「そうか? 4位になれたんだ。私は十分成長したと思うよ」

京太郎「でも得点的にも前回と比べて誤差くらいのもんですよ?」

ゆみ「そうかもしれないが、今回は前回までいた2人の魔物が混ざっていないだろう?」

ゆみ「あまり場が荒れない中でそれだけの点数を稼いだんだ。よく頑張った」

京太郎「それはそうかもしれませんけど」

ゆみ「ただまあ、それとは別に後一歩で全国へ行けなかったというのは単純に悔しいだろうと思う」

京太郎「……そうですね。夏に続いてですし」ガクッ

ゆみ「お疲れ様ということで残念会……というと失礼かな。ともかく、よければこの辺りで食事でもしていこう。今日は私が奢るよ」

京太郎「家の方は大丈夫ですか?」

ゆみ「遅くなるかもと伝えてあるから問題ないよ。帰り道も君が送ってくれるだろう?」

京太郎「それはもちろん」

ゆみ「なら安心だ」フフッ

京太郎「じゃあ行きましょうか。……でも奢るのはいいですよ。というかむしろ俺が出しますって!」

ゆみ「君をねぎらうのに君が出しては本末転倒だろう」

京太郎「じゃあせめて割り勘で」

ゆみ「ダメだ。今日は先輩として私が出す」

京太郎「いやでも……」

ゆみ「それじゃあ次は彼氏として京太郎が出してくれ。それでいいだろう?」

京太郎「……わかりました。それじゃ今日はご馳走になります」

ゆみ「うん、素直なのが一番だ」

京太郎「それじゃどこに行きます?」

ゆみ「私の好きな店があるんだ。そこでいいか?」

京太郎「いいですよ」

ゆみ「わかった。それじゃ行こうか」

京太郎「はい」ギュッ

ゆみ「!」

京太郎「どうかしました?」

ゆみ「……いや、なんでもない。案内するよ」

京太郎「わかりました」

ゆみ(寒いと言ったからかな。恋人繋ぎ)

ゆみ(初めてではないけれど、自然にやってくれたのは多分初めてだ。恋人らしくなっているのかな)フフッ

京太郎「ゆみさん、なんか嬉しそうですね」

ゆみ「ああ、京太郎のおかげだよ」

京太郎「え?」

ゆみ「ふふっ」

京太郎(……よくわからないけど、ゆみさんが嬉しそうだしいいか)



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



咲『こんばんはー』

ゆみ『こんばんは』

咲『この間京ちゃんと会っちゃいました。加治木さんのいないところで2人きりで』

ゆみ『ああ、私は大会に行かなかったからな』

咲『普通に返されてちょっと悲しいです』

ゆみ『何を期待しているんだ何を』

咲『ちょっと焦らせようと思ってもいいじゃないですか!』

ゆみ『はぁ……』

咲『まあそれは置いておいて、東横さんの全国出場おめでとうございます』

ゆみ『ああ、よくやってくれたよ』

咲『私も振り込んじゃいましたから、全国ではリベンジしたいです!』

ゆみ『リベンジも何も勝っているだろう。まさか一度も振り込まないことを目指しているのか……?』

咲『そ、そういうわけじゃ』

ゆみ『ふふ……君も断トツでの全国出場おめでとう。全国2連覇へ向けて好調だな』

咲『うーん、でも全国には大星さんとか荒川さんとか強い人がたくさんいますから……』

ゆみ『同じ長野の代表として、モモの次に応援してるよ』

咲『ありがとうございます!』

咲『……ところで、京ちゃんはどうでしたか?』

ゆみ『どうというと?』

咲『その、また後一歩ってところで負けちゃったから落ち込んでたりとかは……』

ゆみ『……そうだな。落ち込んでいたよ』

咲『そうですか……』

ゆみ『もう少しだったみたいだからな。多少はしょうがない』

咲『(ここで私が元気づければ……!)』

ゆみ『こら、何を考えている。それにその日のうちに私が元気づけたからもう遅いぞ』

咲『ちぇー』

ゆみ『本当に毎回油断も隙もないな……』

咲『本気なら書きませんって』

ゆみ『どうだか』

咲『信用してください!(>_<)』

ゆみ『……悪いと思って今まで聞いていなかったんだが……夏大の後京太郎に告白したりしたのか?』

咲『……それを私に聞くんですか?』

ゆみ『冗談と分かっていてもさすがにこう何度も言われると気が気じゃないんだ』

咲『……断られると分かっててするわけないじゃないですか!!』

ゆみ『……そうか、それはすまなかった』

咲『そうですよ。するなら京ちゃんと加治木さんが別れてからです』

ゆみ『おいこら』

咲『傷心の京ちゃんを慰める私。そしてずっと好きだったのと囁く』

咲『いつも身近にいた幼なじみからの突然の告白』

咲『離ればなれになって何かが足りないと思っていた京ちゃんは本当に大切だったものに気がついて……』

ゆみ『それが狙いかお前は!!』

咲『別れるまでは何もしないので安心してください!』

ゆみ『出来るか!!』

咲『待つのは私の自由です!』

ゆみ『うっ……』

咲『……最初は私も諦めようと思って部活のみんなにそう言ったんですけど』

咲『優希ちゃんからそんなことで諦めるのかって言われて……』

咲『部長……竹井先輩からも確かに2人が別れる可能性は低いかもしれないけど』

咲『悪待ちって意外と来るものよって言われたんです!』

ゆみ(久か! あいつがこの元凶か!)

咲『でも本当に私から何かすることはないので安心してください。恨まれるからやめたほうがいいわよって言われましたし』

ゆみ『……そういう気遣いまで教えるのかあいつは。はぁ……』

ゆみ『ちなみにそういうことは私に言わないほうがいいとは言われなかったのか?』

咲『どっちでもいいけど、後腐れなくしたいなら言ったほうがいいかもとは言われました』

ゆみ『本当にあいつは……!』

ゆみ『……まあ何もしないなら私がどうこう言うことじゃない。ただ、無駄に時間を費やすだけだからやめたほうがいいとは言っておく』

咲『はい、わかってます。大会で久しぶりに会ったときも加治木さんのことばっかり話すんですよ。どう思います?』

ゆみ『嬉しいな』

咲『ですよね! うぅ……まあおもちには弱いみたいですけど』

ゆみ『おもち? どういうことだ?』

咲『あ、胸のことです。京ちゃん巨乳が好きじゃないですか』

ゆみ『初耳だ』

咲『そうなんですか? 全国大会のとき永水の巫女さんたち見て鼻の下伸ばしてましたよね』

咲『この間の大会で会ったときも私より先に和ちゃんのおもちのほうを見てましたし……』

ゆみ『ほう……』

咲『……! ち、違いますよこれは! 加治木さんも知ってると思ったからで……!』

ゆみ『ああ、うん。大丈夫だ。別にこれで別れるとかそういうことはないし、むしろ貴重な情報を伝えてくれて感謝している』

ゆみ『それではまた今度』

咲『ああぁぁ……。京ちゃん、ごめんね……』



――部室――

ゆみ「……」

京太郎「……おい、どうしたんだ今日のゆみさんは」ヒソヒソ

桃子「知らないっすよ。私が来たときからずっとあそこに座って腕組んでるっす」ヒソヒソ

智美「京太郎、何したんだー?」ヒソヒソ

京太郎「お、俺ですか!?」ヒソヒソ

桃子「そりゃ他にいないっすよ」ヒソヒソ

京太郎「身に覚えがまったくねえよ……」ヒソヒソ

ゆみ「おい、モモ」

桃子「は、はいっす!」ビクゥ

ゆみ「ちょっとジャンプしてみてくれ」

桃子「はい?」

ゆみ「いいから」ゴッ

桃子「わ、わかったっす!」プルンッ

京太郎「?」チラッ

ゆみ「……ありがとう」

桃子「ど、どういたしましてっす」

ゆみ「……」トコトコ

京太郎「……? あの、ゆみさん今日はどうし――」

ゆみ「」ツネリ

京太郎「いたっ、痛いですよ!?」

ゆみ「まあこれで許してやろう」

京太郎「何がですか!?」

ゆみ「後で教えてやる」

京太郎「えええ……今教えて下さいよ」

ゆみ「これは京太郎に対する私の慈悲なんだが……まあ、そこまで知りたいなら今教えてもいい」

京太郎「な、なんか怖いんでやっぱりやめてください」

ゆみ「うん、賢明だ」


桃子「ゆみ先輩は急にどうしたんすかね? まあ京太郎がなんかやったんだと思うっすけど」

智美(さすがに自分でやらせてあれってことはないだろうから、今までの分かなー?)

智美「それにしても今さらって気はするけどなー」ワハハ

桃子「あれ、智美先輩はなんのことかわかってるんすか?」

智美「わかってるぞ。まあ秘密だけどなー」

桃子「気になるっすー!」

智美「ワハハー」



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



ゆみ「おじゃまします」

京太郎「どうぞ上がってください」

ゆみ「ここが京太郎の家か……」キョロキョロ

京太郎「そんな面白いもんじゃないですよ」

ゆみ「綺麗だな。家が出来てから半年くらいか?」

京太郎「もう少し経ってます。10ヶ月くらいですかね」

ゆみ「ふむ……」

京太郎「それがどうかしました?」

ゆみ「いや、小さい頃から暮らした家から引っ越すというのは寂しいのかなと。……私が思うのも失礼だな。なんでもない」

京太郎「まあ、寂しくなかったかって言ったら嘘になりますね。でも住めばここもいいもんですよ」

ゆみ「ん。そうか」

京太郎「それに向こうにいたままだったらゆみさんに会えませんでしたし! それだけでもこっち来てよかったですよ!」

ゆみ「そ、そうか」カアァァ

京太郎「じゃあここで待っててください。お茶でも出しますよ」

ゆみ「ああ、ありがとう」

ゆみ(日当たりが良くて気持ちいいな)

京太郎「粗茶ですが」

ゆみ「おかまいなく……何を言わせるんだ」

京太郎「一度言ってみたかったんです」

ゆみ「はぁ……ふむ、緑茶か」

京太郎「紅茶のがよかったですか? 煎れ慣れてないんでこっちにしたんですけど」

ゆみ「いや、和室にはこちらのほうが合っているさ」コクリ

ゆみ「ん、おいしいな。煎れるのが上手いんだな」

京太郎「母親によくやらされたんですよ」

ゆみ「しっかり成果は出ているな」フフッ

ゆみ「……そういえばご両親はどちらに」ソワソワ

京太郎「親父は仕事です。おふくろはなんか急に引っ越す前の友達と遊びに行くとか言って出てっちゃいました」

ゆみ「そうか。安心したような気が抜けたような……」ホッ

ゆみ「……っ! と、ということは今この家には……!」

京太郎「え? ……! や、ち、違いますよ! ちょ、ちょっと待っててください!」バタバタ

ゆみ(ど、どうしよう。気軽に遊びに行きたいなんて言ったがまさかこんなことになるなんて)

ゆみ(ご両親と会うことは覚悟して来たけどこっちは覚悟してないぞっ。……か、覚悟って何の覚悟だ!?)

京太郎「ゆみさん」

ゆみ「ひゃっ!? お、落ち着け京太郎! まだ私たちには……!」

京太郎「まずゆみさんが落ち着いてください。ほら、連れてきましたよ」

ゆみ「……うん? それは?」

京太郎「ペットのカピです。ゆみさんこいつが見たくて来たんじゃないですか」

ゆみ「……そ、そうだったな」

京太郎「こいつがいるから2人きりじゃないですよ。だからその、決してそういうつもりだったわけでは……」

ゆみ「あ、ああ、うん。わかった。変なことを言って悪かった」

京太郎「俺もちゃんと言っとけばよかったですよね。すみません」

ゆみ「これがカピバラか……」キラキラ

京太郎「はい。ほらカピ、ゆみさんだぞー」

カピ「キュー」トコトコ

ゆみ「おお……! な、撫でてもいいか?」

京太郎「もちろん、いいですよ」

ゆみ「で、では。カピー」ナデナデ

カピ「キュ~」

ゆみ「意外と毛は固いんだな」ナデナデ

京太郎「ええ、ちっちゃい頃は柔らかかったんですけどね。手が痛くなりますから、あんまり撫ですぎないほうがいいですよ」

ゆみ「でも気持ちよさそうにしているしな……」ナデナデ

カピ「キュ~」

京太郎「あんまり甘やかし過ぎるのもよくないんですよー」

ゆみ「まあたまにはいいじゃないか。しかし可愛いなあ」フフッ

京太郎「ですよね! こののんびりしたところがほんと可愛くて……!」

ゆみ「ふふっ。カピバラを飼っているなんて家は初めて見たが、どうしたカピバラを飼おうと思ったんだ?」

京太郎「大した理由じゃないですよ」

京太郎「俺が小さい頃にテレビを見て、可愛いとか飼いたいとか言ってたら無理して買って来てくれたんです」

ゆみ「そうなのか。いいご両親だな」

京太郎「あー……まあ、そうですね」

ゆみ「素直に感謝してもいいんだぞ?」クスッ

京太郎「やめてくださいよもう……なんか恥ずかしい」

ゆみ「ふふっ。おや、カピはどうしたんだ?」

カピ「キュゥ……」スースー

京太郎「ああ、寝ちゃったみたいですね。日当たりもいいですし、ゆみさんが撫でたのが気持ちよかったんですよ」

ゆみ「そうか。じゃあ起こさないように静かにしないとな」

京太郎「そうですね。すみません、こんな早く寝ちゃって。普段は日中寝たりしないんですけど」

ゆみ「それだけくつろいでくれたなら嬉しいよ。気持ちのいい日だしな」アフゥ

京太郎「ゆみさんもあくび出てますよ」アハハ

ゆみ「うん、休日のこの時間はよく寝ているからな。恋人の家に来てこれは我ながらどうかと思うが……」ウトウト

京太郎「自分の家みたいに思ってもらっていいですよ。というかゆみさん昼寝とかするんですか? あんまりイメージじゃないですけど」

ゆみ「よくしているよ。私の好きなものは昼寝だからな」

京太郎「……え? 智美先輩じゃなくてですか?」

ゆみ「君は蒲原をなんだと……いや気持ちはわかるが。ともかく、私の趣味は昼寝だよ」

京太郎「てっきり読書とかそういうのが趣味なのかと思ってました」

ゆみ「それも好きだが、昼寝のほうが好きだよ」

京太郎「そうなんですか。意外な一面ですね」

ゆみ「意外も何も隠しているつもりはないんだが……」

京太郎「普段の姿から想像できないから一緒ですよ」

ゆみ「むぅ」

ゆみ「まずい、こんな話をしていたら本当に眠くなってきた……」ウトウト

京太郎「昨日あんまり寝れなかったんですか?」

ゆみ「京太郎のせいだぞ」

京太郎「え?」

ゆみ「君の家に行くと思うと楽しみでなかなか寝れなかったんだ」

ゆみ「ようやく眠れそうになったときにはご両親がいることに気付いて今度は緊張して眠れなく……」ウトウト

京太郎「俺のせいですかそれ!?」

ゆみ「ああ」

京太郎「理不尽だ……そんなに眠いなら寝ててもいいですよ。というか一緒に寝ましょう」

ゆみ「しかし初めての京太郎の家でそれは……い、一緒にねね寝る!?」

京太郎「ちょ、ち、違います! 昼寝するだけです!!」

ゆみ「紛らわしいことを言うな! ああもう、想像してしま――ってないからな!!」

京太郎「ほんとすみませんっ!」ペッコリン

ゆみ「……しかしそうだな。お言葉に甘えようか。カピも気持ちよさそうに寝ているし」ウトウト

京太郎「はい。少し仮眠とりましょう。何か掛けるもの持ってきますよ」

ゆみ「いや、いいよ。十分暖かいし」

京太郎「そうですか? じゃあ枕代わりにクッションでも――」

ゆみ「いや、それもいい。その……」モジモジ

京太郎「?」

ゆみ「きょ、京太郎に腕枕してもらいたいんだ。ダメ、かな?」カアァァ

京太郎「」ズキューン

ゆみ「昔から憧れてたんだ。い、嫌だというなら別にいいんだが、出来ればやってくれると、その、う、嬉しい」モジモジ

京太郎「もちろんやりますよ! いくらでもやりますとも!」

ゆみ「ほ、本当か?」パアァァ

京太郎「当然です! さあすぐにやりましょう!」

ゆみ「ああ!」



ゆみ「んっ」

京太郎「どうですか? 寝心地はあんまり良くないと思いますけど……」

ゆみ「これはどちらかというと精神的に落ち着くためのものだよ。京太郎に守られてるようで安心する」

京太郎「それにしてはちょっと遠いような気が」

ゆみ「これ以上近づくとドキドキしすぎて眠れそうにない。仰向けなのも同じ理由だ」カアァァ

京太郎「全然落ち着いてないじゃないですか」

京太郎(まあ俺もこれ以上近づかれたり、顔がこっち向いてたりしたら寝るどころじゃないだろうけど)ドキドキ

ゆみ「それはそれ、これはこれだ。……それじゃあおやすみ、京太郎」

京太郎「はい、おやすみなさい」

……



ゆみ「ん……」コロン

…………

………

……



京太郎「ふわぁ……うわやべ。3時間も寝ちゃって……っ!?」

ゆみ「」スースー

京太郎(ゆ、ゆみさんの顔が目の前に!? ち、近い近い! 動いたらぶつかりそうだよ!)

ゆみ「んー」モゾモゾ

ゆみ「ぅん、おはようきょうたろう」トロン

京太郎「お、おはようございます」

ゆみ「ふわぁ。ん~……うん!?」バッ

ゆみ「ち、近っ!? な、何がどうした!?」アワアワ

京太郎「お、落ち着いてください! と、とりあえず起き上がりましょう」

ゆみ「そ、そうか。私が起きないと君も起き上がれないのか。よっ……っと」バサッ

京太郎「ふぅ。心臓が破裂するかと思うくらい驚きました」バサッ

ゆみ「私もだ。一気に目が覚めたよ。……どうも私が寝返りを打ったせいのようだ。すまない」

京太郎「いえ、その、役得でした」

ゆみ「そ、そうか」カアァァ

ゆみ「……ところでこのタオルケットは一体?」

京太郎「ほんとですね、いつの間に……まさか」サアァァ

ゆみ「? あれ、テーブルの上に紙が」

京太郎「すげー嫌な予感がします」ペラッ


『京太郎へ
 こんな時期に何も掛けずに寝るなんて何考えてるの!? あなたはともかく、彼女さんが風邪でも引いたらどうするの。
 恋人の体調を守るために最善を尽くすくらいの甲斐性は持ちなさい。ただ腕枕をしたのはいい選択だったと思います。

 ゆみさんへ
 初めまして。手紙での挨拶になってしまってごめんなさい。
 まず息子がこんなに美人な子と付き合っているということに驚きました。
 今日は自分の家のようにリラックスしてもらえたようでとても嬉しいです。
 生憎これからまた出かけなければならないのでお話はできないのですが、今度は起きているときにお会いできるといいですね。
 こんな情けない息子ではありますが、これからもよろしくしてやってください。                                』


ゆみ「」サアァァ

京太郎「ほんとやめてくれマジで……」ガクッ

ゆみ「私のバカ! なんでせめてお母様が来たときに起きなかったんだ!」

京太郎「いいですよ、気にしないでください。俺から言っときますから」

ゆみ「しないわけがないだろう!? 何を言うんだ!? うあああぁぁ……」

京太郎「大丈夫ですって。こんなの書き残したのは最悪ですけど、書いたことには悪気とか悪意とかはないですから」

ゆみ「そういう問題じゃ――」グスッ

京太郎「ゆみさん」ギュッ

ゆみ「ひゃう!?」

京太郎「またウチに来てください。そのときにもう一回やり直しましょう」

ゆみ「……うん」コクッ



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



京太郎「ゆみさ~ん」ダキッ

ゆみ「ん、どうした?」

京太郎「うーん」

ゆみ「?」

京太郎「あすなろ抱き、やっぱり前より喜んでもらえてないのかなあと」

ゆみ「そんなことはないさ。嬉しいよ」

京太郎「だって最初の頃みたいに慌ててくれなくなったじゃないですか」

ゆみ「それはまああれだけやられればな。1日1回くらいのペースでやっていただろう。どうしたんだいきなり?」

京太郎「いや、モモからこんなこと言われたんですよ」


---------------------------------------


桃子『またあすなろ抱きやってたっすね』ゲッソリ

京太郎『最初にやれって言ったのお前だろ。というか人がいるところではそんなにやってないはずだけど……』

桃子『あれで隠れてやってるってのも驚きっす。それに最初に言ったのは私でも限度があるっすよ。……!』ピコーン

桃子『それにゆみ先輩も実はそんなに嬉しくないんじゃないっすか?』

京太郎『そんなはずないだろ?』

桃子『でも最近は最初の頃みたいに慌ててないじゃないっすか』

京太郎『それは確かに……』

桃子『慌ててないってことはドキドキしてないってことっす! つまり飽きられてるってことっすよ!』

京太郎『な、なんだってー!?』ガガーン

桃子『だから控えたほうがいいっす。わかったっすか?』

京太郎『そんなバカな……』


---------------------------------------


京太郎「こんな感じで」

ゆみ(モモには後でお仕置きだな)

ゆみ「飽き……というか慣れてきたのは確かだが、別に嬉しい事に変わりはないぞ? ギュッと君に包まれている感じがして落ち着く」

京太郎「でも最初の頃ほどの感動はないですよね?」

ゆみ「感動というと違和感があるが、まあそうだな。……だからと言ってやめるなんて言ったら嫌だぞ」キュッ

京太郎「もちろん、俺も嫌ですよ。ですがこのあたりで改めていく必要はあると思うんです!」グッ

ゆみ「改める? どうするつもりなんだ?」

京太郎「俺たちが一番よくやるのは俺の上にゆみさんが座って、俺が後ろから抱きしめるって形じゃないですか」

ゆみ「うん、そうだな」

京太郎「ここで逆向きにしましょう」

ゆみ「逆か? ううん……」

京太郎「どうでしょう」

ゆみ「京太郎がしたいというのなら私も頑張るつもりだが、あまり長くやるのは難しいな」

京太郎「え? なんでですか?」

ゆみ「さすがに京太郎を私の上に乗せて長時間というのは……」

ゆみ「まあ、どうしてもというなら構わないが。強引なのも嫌じゃな……」ゴニョゴニョ

京太郎「ゆみさんにそんなことさせるわけないじゃないですか!? 逆にするのは位置じゃなくて向きだけですよ! 向きだけ!」

ゆみ「なんだ、向きだけか」シュン

京太郎(落ち込んでる……? まあいいか)

京太郎「そうですよ。お互い向き合ってギューッと」

ゆみ「ふむ、たまには違う形でやってみてもいいかもしれないな」

京太郎「じゃあさっそくやりましょう!」

京太郎「……あの、それとは別に後ろから抱きつくの今度やって貰えませんか? 俺がゆみさんに乗るとかはやりませんけど」

ゆみ「ああ、いいぞ」フフッ

京太郎「ど、どうぞ」

ゆみ「あ、ああ。……と」ギシッ

京太郎「大丈夫ですか?」

ゆみ「ちょっとバランスを崩しただけだよ。しかしこの体勢は少し恥ずかしいな」

京太郎「何がです?」

ゆみ「……君の両足を挟む形になるから足が開いてしまって、その、スカートが無防備にだな」カアァァ

京太郎「可愛い」ボソッ

ゆみ「なぁっ!?」

京太郎「い、いや、すみませんつい!」

ゆみ「き、君はまったく」ウツムキ

京太郎「それでえっと、どうしましょう。止めますか? やっぱそれは良くないでしょうし」

ゆみ「いや、いいよ。どうせソファーじゃ向こうからは見えないし、私の気分的な問題だけだからな」

京太郎「そうですか。じゃあもうちょっと近くに」

ゆみ「ん……このくらいでいいかな」カオアゲル

ゆみ「逆向きになってみたわけだがどうだきょうた……ろう……」

京太郎「はい、新鮮でいいです……ね……」

京太郎(やばいこれやばいやばいやばいって! すげー近い! ゆみさんの目に俺の顔が映ってるのが見えるし!?)

ゆみ(まずい。これはまずい。こんな近くで見つめ合うなんて……瞳に吸い込まれそうだ)クラクラ

京太郎(……近くで見て改めて思うけどゆみさんって綺麗だな)

京太郎(まさにクールビューティーって感じだ。まあ顔は真っ赤だけど。……ドキドキしてくれてるんだな)

ゆみ(……顔で好きになったわけではないが、やっぱりカッコいいな)

ゆみ(思わず見入ってしまう。緊張して真っ赤な顔も様になるんだから卑怯だ)

京太郎(耐えられるかわからないけど、もう少しこのまま)

ゆみ(……これはダメだ。見惚れてしまって動けそうにない)ポー

……



京太郎(……もうダメだ!)

京太郎「ゆみさんっ」ギュッ

ゆみ「ひゃぅ!? きょ、京太郎!?」アセアセ

京太郎「ごめんなさい、あのままだともう耐えられなくなりそうだったんです!」ギュー

ゆみ「た、耐えるって今のこれはなんなんだ!?」

京太郎「耐えてるんです!」

ゆみ「そ、そうなのか? うぅ……」カアァァ

京太郎「……」ギュー

ゆみ「あうぅ……」

京太郎(ゆみさんの耳、小さくて可愛いな)

京太郎「……」ウーン

京太郎「……愛してます」ボソッ

ゆみ「~~~~~っ!!」カアァァ

ゆみ(み、耳元でっ! 愛してるって! ば、バカじゃないのか!? バカじゃないのか!?)

京太郎「ゆみさん、大好きです」ボソッ

ゆみ「ふあぁぁ……」ヘニャァ

京太郎「……」カプッ

ゆみ「んぁっ……ってこのバカ! それは違うだろう!?」

京太郎「す、すみません。つい」

ゆみ「ついじゃない! それにさっきもついと言っていただろう。何度言うつもりなんだ」

京太郎「反省してます」

ゆみ「いまいち信用出来ないな」

京太郎「信用してください……俺、本気で反省してます」ボソッ

ゆみ「~~~っ! だ、だからそういうところが信用出来ないんだ!」

京太郎「あれ、こっちも嫌でした?」

ゆみ「……嫌じゃない。続けてくれ」カアァァ

京太郎「はい」


智美「……モモー?」ワハハ

桃子「わ、私が悪いんすか!?」

智美「あの2人にそんなこと言ったらこうなるに決まってるだろー! 心配して見に来たらこれだー」

桃子「私が甘かったっす……」ガクッ

智美「反省するんだぞー」

智美「さて、後はどのタイミングで入ってやるかだなー」ワハハ

桃子「私がステルスして2人の目の前に突然現れるのはどうっすかね」

智美「それはちょっとやり過ぎ感があるなー」ワハハ

桃子「そうっすか?」

智美「こういうのは見られたか見られなかったかわからないくらいのほうが緊張感が出ていいんだ」

智美「見られたと知ったら開き直りそうだしなー」

桃子「勉強になるっす」

智美「中の様子は――」

チュッ
フゥ……ンッ
ユミサン……
キョウタロウ……

智美「……これ以上ほっとくのはダメだ。今すぐ開けるぞー!!」

桃子「はいっす!」



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



智美(ワハハですが部室の空気が最悪です)


ゆみ『むぅ、ここでこういうことをやるのはあまり気が進まないんだが』

京太郎『いいじゃないですか。2人しかいないんですから』

ゆみ『しかし』

京太郎『それにゆみさんも気持ちいいって言ってたじゃないですかー』

ゆみ『確かにそう言ったが……』


智美(……風紀的な意味で)

智美(気持ちいいって、あ、あの2人何してるんだ!?)

智美(……なんてなー。私は騙されないぞ。こういうのは早とちりだって相場が決まってるんだ)ワハハ

智美(まあそれはそれとして面白そうだからもう少し立ち聞きしてみるかー)

京太郎『俺が言い出したことですけど、ゆみさんがこんなにハマるとは思ってませんでした』

ゆみ『勘違いされたら困るが、決して私が進んでしたがってるわけではないぞ』

京太郎『そんなことないでしょう? この間俺がしたいって言わなかったときは先輩の方からしたいって言ってきたじゃないですか』

ゆみ『そ、それは……!』

京太郎『ほらほら、どうなんです?』

ゆみ『調子に乗るな』コツン

京太郎『痛っ』

ゆみ『……私が進んでしたがってはいないというのは嘘じゃない』

京太郎『え?』

ゆみ『私がしたがるのはそれ自体が好きというより君とだからだよ』

京太郎『ゆみさん……』


智美(……)

智美(いやいや、騙されないぞ。したいとかしたがってるとか言ってるだけだしなー)ワハハ

智美(……まずそうになったらドアを開けよう)

京太郎『でもなんで好きじゃないんですか? てっきりゆみさんも楽しんでたのかなって思ってたんですけど』

ゆみ『楽しんでないわけじゃないんだ。ただやるにしても適度じゃないと』

京太郎『そんなに激しくしましたっけ……?』

ゆみ『私にとってはな。……していると、なんというか変になってしまいそうで』

京太郎『そんなことないですって。ゆみさんはしっかりしてますから』

ゆみ『ううん、京太郎に弱いところを見せたくないんだ。だから……』

京太郎『確かにこれなら俺でもゆみさんに負けてませんからね』アハハ

ゆみ『君の前ではいつでも頼れる先輩でいたいんだ』ムゥ

京太郎『何でもかんでも負けてたら俺の立つ瀬がありませんって』

ゆみ『それでもだ』


智美(変になる……いやいやいや。まさかさすがにそんな)


京太郎『んー、それじゃ止めます?』

ゆみ『っ!』ピクッ

京太郎『やっぱりやりたいんじゃないですか』アハハ

ゆみ『う、うぅ』

京太郎『いいじゃないですか、そんな恥ずかしがらなくても』

ゆみ『仕方ないだろう。あまり見せたくないところを見せてしまうんだから』

京太郎『ゆみさんはあまり見せたくないかもしれませんが、俺にとっては見たいところです!』

ゆみ『まったく君は……』フフッ

京太郎『……それじゃしましょうか』

ゆみ『……うん』


智美(い、今からここで!? こ、これはさすがに止めないと)

智美(正直気まずいけど、いくらなんでも放ってはおけないしなー)ワハハ


智美「何してるんだ2人と……も?」

京太郎「あ、智美先輩」

ゆみ「蒲原か。どうしたんだ?」

智美「……ワハハー?」

智美「2人麻雀?」

京太郎「はい。最近ゆみさんとやってるんですよ」

ゆみ「あまりやったことはなかったがなかなか楽しいぞ」

智美「気持ちいいとか言ってたのは何だったんだー?」

京太郎「……? ああ、確かに言いましたけど、結構前に言ったことのような。いつからいたんですか?」

智美「ちょっと入るのを戸惑ったんだー」

京太郎「? まあそれは点数のことですよ。2人麻雀は萬子と字牌でやってるんで点数が高いんです」

ゆみ「そのままだとすぐ飛んでしまうからトビはなしにしているがな。結構気持ちいいぞ」

智美「激しくとか変になるとかはどういう意味なんだ?」

京太郎「激しくは頻度ですね。そんなにやってないと思うんですけど……」

ゆみ「十分多い。こんなルールで毎日やっていたら変な癖がついてしまうだろう」

京太郎「そんなことないですって」

ゆみ「それでもし弱くなったらと思うとな。そんなところ君に見せたくはない」

京太郎「あれ、そういう意味だったんですか? てっきりこれなら俺が勝ち越してるからだと思ってました」

ゆみ「……まあそれもある」プイッ

京太郎(可愛いなー)

智美「ってことは見せたくない姿っていうのはゆみちんが負けるところって意味だなー?」

ゆみ「ああ、勝負の結果とはいえ見せたいところではないさ」

京太郎「俺は見たいんですけどね。まだまだ滅多に見れませんし」

ゆみ「普通の麻雀で見れるようにしろ」コツン

智美「なるほどなー」ワハハー

京太郎「あはは」

智美「……紛らわしい!」

京太郎「うわっ」

ゆみ「い、いきなりなんだ」

智美「なんだじゃない! 最初は騙されないぞと身構えてて、聞いててまずそうだと思ったらこれかー!?」

京太郎「知りませんよ! 大体騙されるってどう騙されるんですか」

智美「気持ちいいだの変になるだの言ってたんだからわかるだろー?」

ゆみ「……! な、ば、バカかお前は!」カアァァ

智美「こっちの台詞だー!」ワハハー!

……



京太郎「ふぅ。智美先輩、落ち着きましたか」ハァハァ

智美「あ、ああ。なんとかなー」ハァハァ

ゆみ「勘違いされそうな言葉を使っていた私たちも悪かったよ」ハァハァ

智美「いや、勘違いした私が悪いんだ」

京太郎「ともかく誤解が解けてよかったです」

智美「そうだなー」ブルッ

智美「ところでちょっと寒くないかー? なんで窓が開いてるんだ」ピシャリ

京太郎「ああ、すみません。昼休みから開けててそのままにしてました」

智美「なんだ、昼休みもここにいたのかー」

ゆみ「いつもではないが、たまに来ているな」

智美「でも窓開けてたら寒くなかったか?」

京太郎「4限に体育があったんですけど、ちょっと汗臭くなったんで開けてたんですよ」

智美「なるほど。そのとき制汗剤も使ったなー」

京太郎「え? 使いましたけどわかります?」ギクッ

智美「私はモモを匂いで見つける女だぞー。柑橘系の匂いがするから何かと思ったんだ」クンクン

ゆみ「そ、そんなにお前の鼻は効くのか」ギクッ

智美「ゆみちんからも同じ匂いがするなー。ゆみちんが貸したのかー?」クンクン

ゆみ「あ、ああ。私も少し汗をかいたから使ったんだ」

智美「そうなのかー。冬に珍しいなと思ったんだ」

京太郎「……その、他には何か感じます?」

智美「いや、特にはわからないなー」クンクン

京太郎「そうですか」ホッ

智美「? それにしてもみんな遅いなー」

京太郎「ああ、今日は部活休みですから」

智美「えっ、私は知らないぞ」

京太郎「すみません伝えてなくて」

ゆみ「謝らなくていい。蒲原はもう部員じゃないんだから、あるかどうかは自分で先に確かめろ」

智美「ゆみちんは厳しいなー」ワハハ

京太郎「でも智美先輩鼻いいんですね。そこまでとは知りませんでした」

智美「犬にだって負けないぞー」ワハハ

京太郎「ほんと凄いですよ。ゆみさんのいうとおり窓開けたり制汗剤使ったりしなかったら危ないところでした」アハハ

ゆみ「バ、バカ! 何言ってるんだ!!」

京太郎「えっ――あ、な、何でも、何でもないですから!!」ブンブン

智美(……)

智美(……)

智美(……)

智美(……………………え?)



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



――加治木宅前――

ゆみ「ありがとう、京太郎」

京太郎「いえいえ。それじゃまた明日……あれ」

ポツポツ

ゆみ「雨が降ってきたようだな」

京太郎「そうですね。でもこれくらいなら――」

――ザァーザァー

ゆみ「強くなってきたな」

京太郎「そ、そうですね。でもこれくらいなら――」

ゆみ「意味のない意地を張るな。夏じゃないんだから風邪引くぞ?」

京太郎「そうですけど傘がないので」

ゆみ「ここは私の家だぞ? 他人の家というわけじゃないんだ。傘くらい貸すさ」

京太郎「あ、そうですね。じゃあすみませんけど貸してください」

ゆみ「ああ、じゃあちょっと待って……」ピコーン

ゆみ「そうだ。せっかくだしちょっと上がっていくか?」

京太郎「え、ゆみさんの家にですか?」

ゆみ「うん、私は京太郎の家に何度か行っているが、京太郎が来たことはなかっただろう?」

京太郎「いやそうですけど突然上がるわけには」

ゆみ「こんな雨なんだから上がる理由としては十分だろう」

京太郎「ええとその……」

ゆみ「もしかして私の両親と会うかもしれないと思って緊張しているのか?」

京太郎「はい、突然だったんで心の準備が」

ゆみ「私も君のお母さんと会うときは緊張するから気持ちはわかる」

京太郎「ですよね! だから今日は傘だけ借りて――」

ゆみ「だから覚悟を決めろ。いずれ会わなきゃいけないだろう?」

京太郎「べ、別に今じゃなくても」

ゆみ「……君が会うつもりがないというなら別に構わないんだが」

京太郎「」ホッ

ゆみ「……つまり私と一緒になるつもりがないということだろうか」ウルッ

京太郎「ち、違いますよ! 気持ち的には高校卒業したらすぐにでも――って何言わせるんですか!?」

ゆみ「そうかっ。それならほら中に」パアァァ

京太郎「いやその……はい。わかりました」ガクッ

ゆみ「うん、嬉しいよ」

京太郎(うぅ、ゆみさんのお母さんと対面か。緊張するなぁ)ドキドキ

ゆみ「ただいまー」ガチャ

京太郎(最初が肝心だよな。会ったら丁寧に挨拶を……)ドキドキ

ゆみ父「おかえり。遅かったな」

京太郎「」

ゆみ「部活が少し長引いたんだ。お父さんこそ早いじゃないか」

ゆみ父「ああ、今日は何か早く帰った方がいい予感がしてな。半休を取ったんだ。そちらの彼は?」

ゆみ「彼は私のこい――」

京太郎「後輩の須賀京太郎です! 初めまして!!」バッ

京太郎(ゆみさんいきなり何言おうとしてんの!? よく反応した俺! 自分で自分を褒めてやりたい!)ドッドッドッ

京太郎(というかいきなりラスボスかよ!? もっと段階踏ませてくれ!)ドッドッドッ

ゆみ父「そうか。君が須賀君か。君のことはゆみからよく聞いているよ」

京太郎「そ、それはどうも」

ゆみ父「ゆみと付き合っているそうだな」

京太郎「」

ゆみ「うん……」モジモジ

京太郎(誤魔化した意味なかったー! ゆみさん喋ってたんだ!? でも可愛いなもう!)

ゆみ父「それでなんで須賀君は来ているんだ?」

ゆみ「部活で遅くなったから送って貰ったんだ」

ゆみ父「そうか。それはすまなかった」

京太郎「い、いえ。とんでもないです」ブンブン

京太郎「それじゃあ俺はこれで……」

京太郎(よし、滅茶苦茶慌てたけど無難に対応できた! 少なくとも悪印象じゃないはずだ! よくやった俺!)グッ

ゆみ「あれ、帰るのか? 上がっていくと言っていたじゃないか」

京太郎(ゆみさん勘弁して下さい!!)

京太郎「い、いやほら、家族水入らずなわけですし俺が上がるわけには……」

ゆみ「お父さんが単身赴任しているわけじゃあるまいし、水入らずなんて大袈裟なものじゃないさ。そんなこと気にするな」

ゆみ父「……そうだな。雨も降っているしせっかくだから上がっていくといい」

ゆみ父「色々と聞きたいこともあるしな」チラッ

京太郎(あ、これダメなやつだ)

ゆみ「お父さんもこう言っているし、どうかな京太郎。もちろん無理にとは言わないが」シュン

京太郎「……その、じゃあ少しお邪魔させて貰います」

ゆみ「そうかっ」パアァァ

京太郎(ああ可愛いなあ)ポワー

ゆみ父「……」ジッ

京太郎(ひっ!)ビクッ

ゆみ「それじゃ京太郎。私の部屋はこっちだ」

京太郎「え? は、はい」

ゆみ父「……ゆみの部屋に行くのか?」

京太郎「い、いえその」

ゆみ「うん。この間京太郎の部屋に行ったから、今日は私の部屋を見てもらうと思って」

ゆみ父「須賀くんの部屋に行ったのか」ジロ

京太郎「あ、あはは……」

ゆみ父「ゆみの部屋に行ってしまうのではあまり話せないな。ついでだ。夕飯も食べていくといい。母さんに言っておく」

京太郎「い、いえ、そこまでご迷惑をかけるわけには!」

ゆみ「何か予定があるのか?」

京太郎「そういうわけじゃないですけど」

ゆみ「それなら遠慮するな。ありがとう、お父さん」

京太郎(胃がキリキリしてきた……)

京太郎「ここがゆみさんの部屋ですか」キョロキョロ

ゆみ「あまりジロジロと見るな」

京太郎「うーん」

ゆみ「どうかしたか?」

京太郎「いえ、机と椅子しかないほどさっぱりした部屋か、これでもかってくらい少女趣味な部屋かのどちらかだと思ってたんですが」

ゆみ「なんなんだそのイメージは」

京太郎「見た目通りかギャップ萌えかです!」

ゆみ「何を言ってるんだ……それで、実際に見てどう思ったんだ?」

京太郎「普通ですね」

ゆみ「もしかして喧嘩を売られているのかな私は」

京太郎「そんなことないです。ゆみさんの部屋ってだけで感動してますよ!」

ゆみ「そ、そうか。そういえば普通って他の女子の部屋を知っているのか?」

京太郎「知ってますよー」フフン

ゆみ「ほう」ゴッ

京太郎「し、知ってるっていっても咲ですよ。中学まではお互い行き来してたんで」ダラダラ

ゆみ「ああ、そうか。そうだったな。そういえば宮永から聞いたことがあったよ」

京太郎「咲からですか? あ、メールとかよくしてるんでしたっけ」

ゆみ「うん、散々自慢された」

京太郎「自慢って。まああいつからしたらそんなつもりじゃないと思いますよ」アハハ

ゆみ「……そうだな」ハァ

京太郎「?」

ゆみ「ちなみに宮永の部屋と比べて私の部屋はどうだ?」

京太郎「咲の部屋より綺麗ですね。あいつ読みかけの本とかよくその辺に置いてるんですよ」

ゆみ「宮永は本が好きなんだったな」

京太郎「はい。中学のときは暇さえあれば読んでましたよ」

ゆみ「ふむ、私も読書は好きだがさすがにそこまでではないな」

京太郎「あーでも少女漫画はゆみさんのほうが多いですよ」

ゆみ「それはあまり喜べない情報だな……宮永はたくさん持っていそうなイメージだったんだがそれより多いか」ガクッ

京太郎「咲も少女漫画読みますけど、メインは小説ですからね」

ゆみ「くっ」

京太郎「でも部屋に入って初めてゆみさんが少女漫画好きなんだなって実感しましたよ」

ゆみ「あまり男子とまともに話すことがなかったからな。少女漫画を読んで憧れたりしていたんだ」

京太郎「そうなんですか」ヘー

ゆみ「……」ピト

京太郎「ゆ、ゆみさん?」ドキッ

ゆみ「蒲原に散々からかわれたが、憧れが現実になったときは嬉しかったよ」

京太郎「え、えっとそれは……」カアァァ

ゆみ「もちろん京太郎のことだ。まあ後輩ものはほとんどないんだが」クスクス

ゆみ「それでも、あれくらい劇的な告白はそうないんじゃないかと思うよ」

京太郎「そう言われるとプレッシャーですけど、告白の後も少女漫画のイケメンに負けないように頑張りますよ」

ゆみ「無理せずにな」クスッ

京太郎「はい」ハハ

ゆみ「もうこんな時間か。……そうだ、私はお母さんの手伝いに行ってくるよ」

京太郎「え?」

ゆみ「初めて君が来たんだからそのくらいしないとな」

京太郎「そしたら俺は……」

ゆみ「ここにいてもいいぞ? 大したものはないが」

京太郎「い、いや、それはやめときます!」

ゆみ「そうか? それじゃリビングで待っていてくれ」

京太郎「は、はい……」


ゆみ父「……」

京太郎「……」

京太郎(やっぱこうなるよな! 気まずい……)

ゆみ父「須賀くん」

京太郎「は、はい!」ビクッ

ゆみ父「君は中学までは別のところにいたと聞いたが」

京太郎「あ、はい。父の仕事の都合で卒業と同時にこっちのほうへ引っ越してきました」

ゆみ父「鶴賀に入ることにしたのは何故だ?」

京太郎「偏差値的にちょうど良かったんです」

ゆみ父「去年まで女子校だが、入ってから大変そうだとは思わなかったか?」

京太郎「……その辺りはよく考えずに偏差値と進学実績だけ見て選んでました」アハハ

ゆみ父「ふむ、そうか」

京太郎(元女子校って響きに憧れたなんて言えねえ……!)

ゆみ父「それと、須賀くんには聞きたいことがあったんだ」

京太郎「は、はい!」

ゆみ父「君は――」

ゆみ母「お父さん、須賀くん。ご飯できたわよ」

ゆみ父「む、そうか。須賀くん、話は食卓で」

京太郎「は、はい……」

京太郎(生殺しだ……)ゲッソリ

ゆみ母「須賀くん、改めて初めまして。挨拶が遅れてごめんなさい」

京太郎「い、いえ。おれ……僕のほうこそ、ゆみさんのお母さんに挨拶に行かずにすみません」

ゆみ母「無理しないで俺でいいわよ」クスクス

京太郎「は、はい」アセアセ

ゆみ母「それと、ゆみさんのお母さんなんて言いづらいでしょう? お母さんでいいわよ。ねえお父さん」

京太郎(ゆみさんのお母さん、お願いですからそっちに振らないで!)

ゆみ父「いや、ゆみさんのと付けたほうが礼儀正しくていいと思うが」

京太郎(何にもしてないのに地雷踏んだよちくしょー!)

ゆみ母「そう? 私はどっちでもいいと思うけど」

ゆみ「お母さん、京太郎をあまり困らせるな。京太郎、遠慮せずに食べてくれ」

ゆみ母「あら、作ったのほとんど私じゃない」

ゆみ「結構手伝ったじゃないか。変なこと言わないでくれ」

京太郎「あはは……」パクッ

ゆみ母「お口にあうかしら?」

京太郎「はい、おいしいです」

ゆみ「京太郎、こっちも食べてみてくれ」

京太郎「は、はい」パクッ

京太郎「……」モグモグ

ゆみ「ど、どうかな」

京太郎「おいしいですよ」

ゆみ「そ、そうか」パアァァ

ゆみ「と、ところで最初に食べたとの後に食べたのではどっちがおいしかった?」

京太郎「え? ええと……」

ゆみ「……」ドキドキ

京太郎「あ、後に食べたほうがおいしかったですよ」

ゆみ「そうかっ! 実は後に食べた方を私が作ったんだ」パアァァ

京太郎「そ、そうだったんですか」アハハ…

ゆみ母「ゆみ。そんなにプレッシャーかけたら、後に食べた方をおいしいっていうに決まってるじゃない」

ゆみ「私がどっちを作ったかなんて言ってないじゃないか」ムゥ

ゆみ母「あなたのそういうところ、少しは知っていたつもりだったけど……」ハァ

ゆみ「?」

ゆみ父「須賀くん、さっきの話の続きなんだが」

京太郎「は、はい!」

ゆみ父「本題に入る前に1つ聞きたい。君は昔から金髪なのか?」

京太郎「はい、昔からです。でも染めてるわけじゃなくこれは地毛なので生まれたときから……」

ゆみ父「ああいや、それは構わない。……そうか。地毛か」

京太郎「ええと、はい」

ゆみ父「……すまない。本題に入ろう。私が聞きたいのは麻雀の大会のときの話だ」

京太郎「大会ですか」

ゆみ父「ゆみから聞いたんだが、君は大会会場の大勢がいるところでゆみに告白したらしいな」

京太郎「は、はい」ダラダラ

ゆみ「恥ずかしくて仕方がなかったけど、でも嬉しかったよ」

ゆみ父「ああ、まあそこまではいいんだ。情熱があって悪いことではないと思う」

京太郎「あ、ありがとうございます」

ゆみ父「ゆみから聞いたのはここまでだが、インターネットで長野の大会会場でのある噂を見たんだ」

京太郎「どんな噂ですか」

ゆみ父「金髪の学生が先輩に大声で告白した後全力で逃げ出したという噂だ」

京太郎「」

ゆみ父「挙句よく分からない条件を付け、最終的にその次の週の個人戦で」

ゆみ父最初に告白された女子の先輩の方から自分に告白させたとか」

京太郎「」

ゆみ父「……まさかとは思うのだが、これは君のことか?」

京太郎「え、ええとそれはですね……」チラッ

ゆみ(すまない、フォローできない)フイッ

京太郎(ですよねー)

京太郎「すみませんでしたぁ!! もう2度といたしませんっ!!」ドゲザ

ゆみ父「そこまでしなくてもいい、というか2度あっても困るんだが……やはり君とゆみのことだったか」フゥ

ゆみ母「まあまあいいじゃない。ちょっとヘタレなところがあったほうが可愛らしくて」クスクス

京太郎「」グフッ

ゆみ「きょ、京太郎! 2人ともいいじゃないか別に! 確かにあのときは本気で腹立ったけどそんなダメなところも好きなんだ!」

京太郎「」ガクッ

ゆみ母「あなたがとどめ刺してどうするの」

ゆみ「え?」

ゆみ父「……」ハァ

……



京太郎「今日はどうもありがとうございました」

ゆみ母「こちらこそ、ゆみを送ってくれてありがとう」

ゆみ父「また来なさい。今度は落ち着いて話そう」

京太郎「は、はい」ダラダラ

ゆみ「じゃあ私は家の前まで見送るから」

ゆみ母「はいはい」クスクス


ゆみ「今日は楽しかったよ」

京太郎「こちらこそ。大会のこと言われたときは死のうかと思いましたけど」ハハ…

ゆみ「告白されたということは話していたが、まさか2人が知っているほど噂になっているとは……すまなかったな」

京太郎「まあ自分のやったことですし。後になってバレるよりよっぽど良かったですよ」

京太郎「それより告白のときのこと知っても優しい対応してくれたのが嬉しかったです」

京太郎「一人娘の彼氏とかどんな対応されるかと思ってましたよ」

ゆみ「私は男子と普通に話したことがほとんどなかったからな。2人とも心配してたんだよ。君には感謝していると思う」

京太郎(感謝ってことはないと思うなあ、特にゆみさんのお父さんの方は)アハハ…

ゆみ「……いつまでも話していたら遅くなってしまうな。京太郎、また明日」

京太郎「はい。また明日」

ゆみ「そうだ、ちょっと待った」クイッ

京太郎「はい?」

ゆみ「今度来るのは2人のいないときにな」ヒソッ

京太郎「えっ」ドキッ

ゆみ「フフッ、それじゃ今度こそまた明日」ガチャッ

京太郎「はい……」

京太郎(急にあんなこと……あーもう、ずるいって)カアァァ



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



――卒業式後 部室――

ゆみ「私たちも卒業か……」

智美「早かったなー」ワハハ

ゆみ「そうだな、特にこの1年は時間がすぎるのがあっという間だった」

智美「3年間色々あったけど、一番印象的なのはやっぱりあれだなー」

ゆみ「ああ、部員が揃って団体戦に出られたのは本当に嬉しかったよ」

智美「いやそれじゃな……って個人戦で全国に行けたことじゃないのか。ゆみちんらしいなー」

ゆみ「まあ個人戦は私が意地を張って出なかっただけだからな。蒲原こそこれじゃないならなんなんだ?」

智美「私のもゆみちんがよく知ってることだと思うぞ」

ゆみ「気になるだろう。もったいぶらずに言ってくれ」

智美「ゆみちんが本気で転校しようか悩んでるって相談してきたときだなー」

ゆみ「なっ!?」

智美「理由を聞いたときは、初めてゆみちんのことをバカなのかと思ったなー」ワハハ

ゆみ「し、仕方ないだろう!?」

智美「女子校に来たのに男子が来るから転校したい、とか言い出すのが仕方ない状況なんてないと思うぞ」

ゆみ「女子校なんだからそう思う女子がいてもいいだろう別に!」

智美「何かあったとかならわかるけど、何を話したらいいかわからないってだけで転校したいってのはなー」ワハハ

ゆみ「本気で悩んでいたんだ! なのにお前は笑い転げて……!」

智美「そもそも3年生と1年生じゃ話す機会があるかどうかもわからないのに」ワハハ

ゆみ「実際あったじゃないか!」

智美「まあそうだなー」

ゆみ「だから私はおかしくない」

智美「その後輩と会ってから数ヶ月で付き合ってなければおかしくなかったなー」ワハハ

ゆみ「うっ」ギクッ

智美「しかも付き合ったかと思ったら人目も憚らずイチャイチャイチャイチャ。あのときの言葉は何だったのかと思ったぞ」ワハハ

ゆみ「人のいるところでは控えていたはずだ!」

智美「あれで控えてたのか……まあ、人がいないところではしてたって自覚はあるんじゃないか」

ゆみ「ぐっ」ギクッ

智美「男子と話せないなんて言ってた親友がすぐバカップルになるとか人間不信になりそうだ」ワハハ

ゆみ「べ、別にバカップルじゃない。それに京太郎じゃないと上手く話せな……」ゴニョゴニョ

智美「まだ言うかこいつは。お、京太郎たちが来たぞー」

京太郎「ゆみさん、智美先輩。卒業おめでとうございます!」

桃子「2人ともおめでとうっす!」

佳織「加治木先輩、智美ちゃん、おめでとうございます。寂しくなりますね」

睦月「そ、卒業おめで、とうございます」グスッ

ゆみ「みんなありがとう。津山はそんなに泣くな」ポンポン

智美「もうすぐ新入生が入るんだから、頼れる先輩にならないとダメだぞー」ワハハ

睦月「わ、わかってますけど」グスッ

佳織「今日くらいは仕方ないですよ。わ、私だって」グスッ

京太郎「2人とも湿っぽくするのは止めようって言ったじゃないですか! もっと明るい話題にしましょう!」

桃子「そうっすよ! とりあえず智美先輩の進路が決まってよかったっす」

智美「私の実力なら心配なんていらなかったけどなー」ワハハ

ゆみ「お前そう言ってギリギリだったじゃないか」

智美「勝てば官軍だー」ワハハ

佳織「もう、なにそれ」アハハ

睦月「ぐすっ……智美先輩も大学で麻雀を続けるんですか?」

智美「そのつもりだぞ。ゆみちんとは敵同士だなー」ワハハ

ゆみ「ああ、負けないぞ」

智美「ゆみちんは長野一の強豪行くんだから負けたら赤っ恥だなー」ワハハ

ゆみ「いちいち話の腰を折るな」ハァ

桃子「私も2年後はゆみ先輩の大学に行くっすよ! 全国制覇を目指すっす!」

睦月「わ、私も目指します!」

佳織「私は――」

智美「私のところには来ないんだな」ワハハ…

佳織「わ、私は智美ちゃんのところに行くよ!」

智美「無理しなくていいんだぞ」ワハハ…

佳織「別に無理なんて……」

智美「いやまあ麻雀やるにしても佳織の学力的にも、あえて私の大学目指す理由なんてないしなー」ワハハ

佳織「それ言っちゃうんだ……」

桃子「春からは2人とも女子大生っすかー」

睦月「大人の女って感じがするね」

京太郎「大人の女……」ウーン

桃子「京太郎、アウトっす」

京太郎「何でだよ!?」

智美「目つきがアウトだったなー」

佳織「京太郎くん……」

京太郎「響きだけでも惹かれるんですよ! しょうがないじゃないですか!」

ゆみ「……それは私があまり年上らしくないからかな」シュン

京太郎「ち、違いますよ。ゆみさんが女子大生になるところ想像してたんです」

ゆみ「ん、そうか」パアァァ

京太郎「はいっ」

桃子「唐突なイチャつきやめてくれないっすかね」

睦月「鮮やかだったね」

智美「最後までこんな感じだったなー」ワハハ

佳織「来年はもう見られないと思うと少し残念かな」

ゆみ「私たちをなんだと思ってるんだ!」

京太郎「まるでいつもいちゃついてるみたいに!」

一同「……そのものじゃない」

京太郎・ゆみ「そんなはずは」

一同「それ!」

桃子「バカップルは置いといて、先輩たちの送別会もちゃんとやりたいっすね」

睦月「そうだね、盛大にやろう」

智美「それはちょっと恥ずかしいな」ワハハ

京太郎「今日はクラスで集まりますよね」

ゆみ「そうだな。さすがに今日はそっちに出る予定だ」

京太郎「それじゃ土曜日にやりましょう。精一杯送り出しますよ!」

智美「寄せ書きとか憧れるなー」ワハハ

ゆみ「この人数で寄せ書きというのも難しいだろう」

智美「ちょうど四分割すればいいから書きやすいんじゃないか?」

ゆみ「そういうものかな。私も書いたことがないからよくわからないが」

睦月「その、出来ればそういう話は控えていただけると……」

智美「おお、ネタ潰ししてたら悪かったなー」ワハハ

ゆみ「すまない、あまり気にしないでくれ」

睦月「い、いえ……」アハハ

京太郎(ハードル上がったな)ヒソヒソ

桃子(わざとかって感じっすね)ヒソヒソ

佳織(土曜日までに何か考えないと……)ヒソヒソ

京太郎「そうだ、せっかくだし記念写真でも撮りましょうか」

桃子「いいっすね。でもカメラはあるんすか? まあ携帯でもいいっすけど」

京太郎「携帯にセルフタイマーとかあるのか?」

桃子「結構あるっすよ。というか大体あるんじゃないすか?」

京太郎「マジかよ。全然知らなかった」

桃子「機械に疎いっすねー。それでも男の子っすか!」

京太郎「携帯は大抵女子のが詳しいだろ」

智美「盛り上がってるとこ悪いけどちゃんとカメラはあるぞー」ワハハ

佳織「用意いいね。卒業式だから持ってきたの?」

智美「いや、部費で買ったカメラだ」ワハハ

睦月「部費で!?」

ゆみ「いつの間に、というかどう誤魔化して買ったんだ」

智美「全国大会出場をアピールして押し通したんだ。いい順位なのに写真も残せないなんて恥だとか何とか」

京太郎「さっぱりわからないですけどさすが智美先輩!」

智美「もっと褒めるといいぞー」ワハハ

佳織「智美ちゃん、部費で買ったなら私たちに言っておこうよ」

智美「……ワハハー」

ゆみ「私たちまで誤魔化すな」ハァ

京太郎「それじゃタイマーセットしますよ。10秒です」

ゆみ「ああ」

京太郎「行きまーす」


ピッピッピッピピピピピ……カシャッ


智美「どんな感じかなー」

睦月「うん、よく撮れてますね」

桃子「このカメラの最初の写真が卒業式の集合写真っすか。もっとたくさん撮りたかったっすよー!」

智美「買うだけ買って忘れちゃってなー。まあ今日でデータがいっぱいになるくらい撮ろうじゃないか」ワハハ

佳織「いっぱいって何枚くらい撮れるの?」

智美「確か千枚ちょっとかなー」ワハハ

佳織「ちょっと多いよ!?」

智美「私たちが打ち上げに行くまで撮ってればきっと撮れるだろー」

京太郎「1分間に1枚どころじゃないんですが」

智美「まあなんとかなるさ」ワハハ

ゆみ「いい時間だし、そろそろ私と蒲原は昼ご飯を食べに行こうと思うがお前たちはどうする?」

桃子「行くに決まってるじゃないっすか!」

佳織「もちろん行きますよ」

睦月「なかなか言われないのでこっちから切り出そうかなと思ってました」

ゆみ「そうか。それじゃあちょっと先に行っていてくれ。ちょっと京太郎と蒲原に用があるんだ」

京太郎「?」

睦月「時間かかります?」

ゆみ「いや、すぐに終わるよ。少しだけ待っててくれ」

桃子「了解っす」

佳織「わかりました」

京太郎「用ってなんですか?」

蒲原「私も残ってていいのか?」

ゆみ「あー、いやその、だな」チラッ

蒲原「……あー。京太郎とツーショット撮りたいんだな」ワハハ

京太郎「えっ?」

ゆみ「……」コクッ

智美「そんな顔真っ赤にするくらいなら、わざわざかしこまらなくてもこの後流れで撮ればいいじゃないか」

ゆみ「……部室にはもう来ないだろうから、京太郎と思い出を残して置きたいんだ」カアァァ

京太郎「ゆみさん……」ジーン

智美(聞いた私が馬鹿だったなー)ワハハ…

智美「待たせると悪いから速く撮るぞー」

ゆみ「あ、ああ」

京太郎「は、はい」

ゆみ「……」ドキドキ

京太郎「……」ドキドキ

智美「ほらほら、さっさとくっつけー」イラッ

京太郎「は、はい!」グイッ

ゆみ「きゃっ」

智美「」パシャ

京太郎「どうですか?」

智美「こんな感じだなー」

京太郎「いいんじゃないですか?」

智美「それじゃ行こうかー……ゆみちん?」

ゆみ「……その、もう一枚だけ」

智美「え?」

……



――10分経過――

智美「も、もうそろそろいいだろー?」グッタリ

京太郎「睦月部長たちをこれ以上待たせちゃ悪いですし……」

ゆみ「そ、そうだな。じゃあこれが本当に最後で」アハハ

智美「本当に最後だぞー」

ゆみ「もちろんだ」

智美「それじゃ撮るぞ」

ゆみ「ああ」クイッ

京太郎「ゆみさん?」オットト

ゆみ「」チュッ

智美「」パシャ

京太郎「――な、ゆ、ゆみさん!?」カアァァ

ゆみ「最後だし、ほっぺくらいいいだろう」カアァァ

智美「どんどん大胆になってたけど、こっちの身にもなって欲しいなー」ワハハ…

京太郎「なんというか慣れてきてましたね」アハハ…

ゆみ「そ、そんなことはない。ほら行こう――」ガラッ

桃子・睦月・佳織「あ」

ゆみ「え?」

一同「……」

ゆみ「お、お前たち見てたのか!?」

桃子「いやー遅かったから気になったんすよ」アハハ…

睦月「見たら写真撮っててマズイかなーと思ったんですけど」アハハ…

佳織「好奇心に負けてズルズルと」アハハ…

ゆみ「……こ、後輩にあんなところを見られるなんて」ガクッ

智美「気にするなゆみちん。正直今さらだから」ワハハ

ゆみ「そ、そんなはずは……」チラッ

桃子「いやー」フイッ

睦月「その」フイッ

佳織「あ、あはは」フイッ

ゆみ「くっ……」ガクッ

京太郎「ゆみさん。大丈夫です、俺がいますから」

ゆみ「京太郎ぉ」ギュッ

一同(こんなことしてるのになんでそんなはずはなんて言えたんだろう……)

…………

………

……




――加治木宅前――

ゆみ「まさかあんな風に思われていたとは……」

京太郎「意外でしたね」

ゆみ「知られていたのならあまり隠さなくてもよかったのかな」

京太郎「そうかもしれませんね。まあどっちにしろこれからは隠さなくてもいいじゃないですか」

ゆみ「そうだな。……家についてしまったか」

京太郎「はい。家でよかったんですか?」

ゆみ「ああ、どちらにしろ一度着替えなきゃいけないからな」

京太郎「あ、そうですね」

ゆみ「……こうやって君に送られるのも最後か」

京太郎「……はい」

ゆみ「今まではなんとなくしていたのに、出来なくなると思うと寂しいな」

京太郎「会えなくなるわけじゃないですし、すぐ慣れますよ。まあそれも寂しいですけど」

ゆみ「……そうだ。京太郎、第2ボタンをくれないか?」

京太郎「俺は卒業生じゃないですけど……」

ゆみ「いいじゃないか。私は卒業してしまうんだし」

京太郎「それもそうですね。よっと……」

ゆみ「ああ、いいよ。私が取る」モゾモゾ

ゆみ「……ん、取れた」

京太郎「な、なんか恥ずかしいですね」

ゆみ「そうだな」フフッ

ゆみ「京太郎、私の第2ボタンも貰ってくれ」

京太郎「え? でも女子のは縫い付けてあるじゃないですか」

ゆみ「ハサミくらいあるよ。ほらこれで」スッ

京太郎「そ、それじゃあ失礼します」

ゆみ「ああ」

京太郎「っと……」チョキン

ゆみ「大切にしてくれよ」

京太郎「当然です。ゆみさんこそ俺のボタン大切にしてくださいね」

ゆみ「もちろんだ」

京太郎「でも珍しいですね。ゆみさんは写真もボタンも好きそうですけど、自分からはあんまり言い出さないのに」

ゆみ「……卒業が近くなるともっとああしておけばよかった、こうしておけばよかったと思うんだ」

ゆみ「今から戻ることは出来ないから、せめて写真とかボタンとか、形になるものを思い出として残しておきたいと思って」

ゆみ「……自分から言うのは少し恥ずかしかったけどな」カアァァ

京太郎「ゆみさん……」

ゆみ「悔いはあるけれど、京太郎と写真も撮れたし、ボタンも貰えた。これで大学生活も頑張れそうだ」フフッ

京太郎「……俺、毎日電話しますよ!」

ゆみ「ああ、ありがとう。君も高校生活を頑張れよ。2年間は長いようで短いから」

京太郎「はい。……ゆみさん、1年間ありがとうございました」

ゆみ「私のほうこそありがとう。まあ、ここから離れるわけじゃないんだがな」フフッ

京太郎「一応高校生活のけじめです」

ゆみ「そうか。……そろそろ準備しないと。またな、京太郎」

京太郎「はい。また」



――大会会場――

桃子「あ、ゆみ先輩! 今週も来てくれたんすか!?」

ゆみ「ああ、当たり前だろう? まあ少し遅れてしまったが」

桃子「京太郎の個人戦開始には間に合わなかったっすねー」ニヤニヤ

ゆみ「べ、別にそういうわけでは」

桃子「そんな無理しなくていいっすよ」ニヤニヤ

ゆみ「まあなんだ。電話はしたしな。間に合わなくて残念じゃないといえば嘘になるが……」

桃子「そ、そうっすか」エー

智美「ゆみちんの惚気けっぷりをなめちゃダメだぞ―」ワハハ

佳織「智美ちゃんも来てくれたんだ」

智美「もちろんだ」ワハハ

睦月「お二人ともありがとうございます」

ゆみ「気にするな。後輩の晴れ舞台を見るために来たんだから」

智美「団体戦の雪辱を果たすんだー!」ワハハ

ゆみ「雪辱といっても4位だし十分立派じゃないか」

智美「ダメだぞゆみちんそんなこと言っちゃ。自分がそう言われて納得できたかー?」

ゆみ「む」

桃子「そうっす! 私は来年も4位に甘んじるつもりなんか微塵もないっすよ!」

佳織「私がもうちょっと振り込まなければなあ……」

桃子「や、天江宮永を相手に役満2回も和了ったかおりん先輩を責める人なんていないっすからね?」

佳織「でも……」

睦月「あの2人で対抗しあってたとはいっても、十分凄いことだよ? ほんとに」

ゆみ「妹尾は相変わらずのようだな」

智美「これでこそ佳織ってかんじだなー。でも個人戦まで引きずっちゃダメだぞ」ワハハ

佳織「それは大丈夫。みんなに余計な心配かけたくないから」

睦月「うん。その意気」

ゆみ「それでその……」

桃子「なんすか?」ニヤニヤ

ゆみ「きょ、京太郎の様子はどうだろうか」

桃子「ようやく本題に入ったっすね!」

ゆみ「ほ、本題とはなんだ。私は別にただ後輩の応援に来ただけで」

智美「来るときに途中経過出てたと思うけど見なかったのかー?」ワハハ

ゆみ「……怖いじゃないか」ボソッ

智美「ゆみちんは可愛いなー」ワハハ

睦月「京太郎くんは……あ、ちょうど映るみたいですね。見てください」フフッ

ゆみ「あ、ああ」ビクビク


アナ『ついにオーラスを迎えたこの卓。現在総合1位の下家選手と総合3位の須賀選手がトップを争っています』

藤田『下家の総合1位はほぼ確定だが、須賀は4位との差が小さい。須賀はなんとしても勝ちたいだろうな』

アナ『その須賀選手はなかなかの好配牌。他家と比べても手が速そうです』

藤田『打点も悪くない。1位も十分狙えそうだな』


ゆみ「全国圏内じゃないか!」

睦月「はい。京太郎くん頑張ってますよ」

佳織「凄いですよね。後はここで勝つだけです」

桃子「私たちも負けていられないっすね!」

智美「ちょっと気が早いぞ。まずは応援だ」

ゆみ「頑張れ、京太郎くん……!」ギュッ

…………

………

……



---------------------------------------

京太郎「ツモ! 3000・6000!」

アナ『試合終了ーーー! オーラスで須賀選手が下家選手を逆転! トップで終了です!』

京太郎「~っしゃあ!!」

下家「あー負けちまったか。須賀、おめでとう」

京太郎「ついにリベンジが果たせました」アハハ

下家「総合順位じゃまだ俺が勝ってんだからな。借りは全国で返す」

京太郎「俺も今度は総合順位でも勝ってみせます!」

下家「言うようになったじゃねえか。それじゃ全国でな」

京太郎「はい!」

スタスタスタ…

京太郎(……試合前は来てなかったけど、ゆみさん来てくれてるかな)

京太郎(多分全国も決まっただろうし、ちゃんと言わないとな)

---------------------------------------

桃子「全国行きほぼ決まりっすね!」

佳織「京太郎くん凄い!」

睦月「誰よりも頑張ってたもんね。報われてよかった」

智美「卒業してからも頑張ったんだなー」

ゆみ「京太郎くん……!」ウルッ

智美「ん? ……ゆみちん、京太郎のところへ行って来たらどうだー?」ワハハ

ゆみ「い、いやしかし卒業した私が今の部員より先に行くわけには……」ウルッ

睦月「気にしないでください。ほら、私たちは私たちの決勝の準備とかありますし」

佳織「それに私たちはおめでとうっていう機会はいくらでもありますから」

ゆみ「でも……」グスッ

桃子「というかあれっすよ。決勝を控えてる私たちの前で惚気けられるのもちょっと」

ゆみ「だ、誰がそんなこと」グスッ

智美「まあ既に泣いてる時点で説得力はないなー」ワハハ

ゆみ「うっ」

桃子「ほら、行ってくるっす。京太郎も待ってるっすよ」

ゆみ「……わかった。ありがとうみんな」タッタッタッ

智美「まったく、付き合ってるんだからあんなに躊躇しなくていいのになー」ワハハ

佳織「大学生になってもやきもきさせられるところは変わらないね」フフッ

桃子「ゆみ先輩らしいっすよ」

睦月「真面目だよね。私たちのことなんて気にしなくていいのに」

智美「まあ本当に気にしないで目の前でやられてもそれはそれで困るけどなー」

睦月「それはそうですね」クスッ

睦月「……さあみんな、ここからは切り替えて、京太郎くんに負けないように私たちも決勝がんばろう!」

一同「おー!」

京太郎「よし! 全国決まってた! 結果見ると安心するなー」ホッ

京太郎「次は控室で応援を――」

ゆみ「京太郎!」タッタッタッ

京太郎「ゆみさん!? 来てくれてたんですか」

ゆみ「もちろんだ……まあ、少し遅れてしまったが」

京太郎「それでもすげー嬉しいです!」

ゆみ「ん、そうか。京太郎、全国出場おめでとう」

京太郎「ありがとうございます! ……その、ゆみさん、先に謝っときます。ごめんなさい」

ゆみ「うん? どうした?」

京太郎「……ゆみ」

ゆみ「!? な、なんだどうしたいきなり!?」ドキッ

京太郎「俺、全国に出られたら言おうと決めてたことがあるんだ」

ゆみ「う、は、はい」ドキドキ

京太郎「俺もプロを目指すよ。ゆみの隣にずっといられるように。ゆみと同じ大学に行って」

ゆみ「!」

京太郎「今まではその、自分に自信がなくてそんなこと言えなかったけど、やっとゆみと同じだけの結果を残せたから」

京太郎「ずっとゆみと同じ道を歩いて行きたいんだ。……今の俺はまだ後ろにいるけど、いつか追いつきたいし、追い越したい」

京太郎「だから、これからもずっと一緒に頑張りたい! ダメだって言っても追いかけるけど、出来れば認めてほしい」

ゆみ「……敬語を使わなくなったのも、これでようやく私と同じところに立てたとか思ったからか?」フフッ

京太郎「うっ。は、はい。その、嫌でしたらもちろんやめますので……」

ゆみ「もっと自信を持って欲しいな。呼び捨てでいいなんて前にも言ったろう?」

京太郎「そ、そうで……だったっけか」

ゆみ「まあその、驚いたし多分顔も真っ赤になっていると思うが、直に慣れるから気にしないでくれ」カアァァ

京太郎「わかった」

ゆみ「それでプロを目指すんだな。そんなこと、私が認めるも認めないもないだろう」

京太郎「いやでも……」

ゆみ「うん、まあ言いたいことはわかるよ。……実を言うと、私も想像していたんだ」

京太郎「え?」

ゆみ「京太郎もプロを目指してくれたらいいなって私も思っていたんだ」

ゆみ「学生の間だけじゃなくて、大人になってからもずっと同じ道を歩いていけたらって」

京太郎「ほ、本当に!?」

ゆみ「ああ、だから君がそう言ってくれて、おんなじことを考えていたんだなって思うと嬉しかったよ」フフッ

京太郎「……ゆみ!」ガバッ

ゆみ「ひゃぅ!? な、何を!?」ワタワタ

京太郎「俺頑張るから! とりあえず全国で入賞できるように応援しててくれ!」ギューッ

ゆみ「……うん、応援も出来るだけ行くようにするよ」ギュッ

京太郎「いや、それはお金がかかるでしょうから無理しなくても」

ゆみ「なんでそこだけ現実的になるんだ」ハァ

京太郎「抱きしめたらちょっと冷静になって来たんですけど、そしたら恥ずかしくなってきたので少し現実逃避を」

ゆみ「今さら遅い。だからもう少しこのままでいてくれ」

京太郎「……いや、でもいつものパターンだとこの辺りで」

ゆみ「蒲原たちか? 決勝を控えてるんだからいくらなんでも――」チラッ

智美・桃子・睦月・佳織「あ」

京太郎・ゆみ「え」

一同「…………」

ゆみ「お、お前たちもうすぐ決勝だろう!? なんでここにいるんだ!」

桃子「いやーこんなの放置して行ったら麻雀に身が入らないっすよ」

睦月「むしろ見たほうが落ち着くかなと……」

佳織「まあその、そういうわけで……」

智美「面白そうだったからなー」ワハハ

ゆみ「くっ、何故私はもっと我慢できなかったんだ!」

京太郎「お互いもっと忍耐力付けないとダメだな」アハハ…

桃子「いやいいんすよ。そろそろ見るのが楽しくなってきたっす」

ゆみ「うるさい!」

睦月「藪蛇みたいだし、そろそろ会場に行こうか」アハハ

佳織「そうだね。遅れたら大変」

桃子「京太郎、先輩たち、応援頼んだっすよー!」

京太郎「知るかー!」

智美「ダメだぞーちゃんと応援しないと」ワハハ

ゆみ「おまえが言うな!」

智美「それじゃ控室に戻ろうか。先に行ってるぞー」ワハハ

ゆみ「はぁ、まったく何度目だこのパターンは」

京太郎「ごめんな。ゆみを見ると我慢が出来なくて」

ゆみ「それは私も一緒だ。もっと耐えられればいいんだが」

京太郎「それじゃ2人とも反省しないと」アハハ

ゆみ「ああ、そうだな」フフッ

京太郎「そうだ。麻雀部のほうはどう?」

ゆみ「夏大のレギュラーになりたかったんだが、さすがに甘くはなかったよ。美穂子に先を越されてしまった」

京太郎「福路さん1年でレギュラーになったのか……」

ゆみ「ああ、風越のキャプテンは伊達じゃないな。まあ個人戦でいい成績が残せるように頑張るよ」

京太郎「大学はやっぱり厳しいのか?」

ゆみ「そうだな。挫けそうなこともあるよ。でも……」

京太郎「でも?」

ゆみ「京太郎もプロを目指すと言ってくれたから、もうそんなことは言ってられないな。情けない姿は見せられない」

京太郎「そんな気にしなくていいのに。そういうときは俺が支えるよ」

ゆみ「ありがとう。でもこれは私の意地の問題だから」

京太郎「そっか、なら頑張れ。俺もすぐ追いつけるように頑張るし、つらかったらいつでも頼ってくれ」

ゆみ「ああ、ありがとう。……じゃあ頑張れるおまじないでもしてもらおうかな」

京太郎「え?」

ゆみ「ん」メヲツブル

京太郎「……もう」チュッ

ゆみ「うん、これで次に君に会うまで頑張れそうだ」フフッ

京太郎「そんな何ヶ月も会わないわけじゃないのに」

ゆみ「会うごとにしてもらったほうがおまじないも強力になるだろう」

京太郎「そんなもんなのか」

ゆみ「そういうものだよ。プロになれるように頑張るんだからいくらあっても足りないさ」

京太郎「そっか。俺も頑張らないとな」

ゆみ「ああ、一緒に頑張ろう」ニコッ



─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─◆─



えり『グランドマスター杯いよいよ開幕です!』

咏『小鍛治プロはいつこのタイトル失冠するんだろうねー。知らんけど』

えり『それは本当にわかりませんねー』

えり『小鍛治プロを記念して作られたタイトルですから別の人がならないとってのもあると思うんですけど』

咏『小鍛治プロが無理矢理出場させられて当然のように初代王者になったけど、正直何考えてんだろうって思ったよ』

えり『3年ほど前からどちらか一方が小鍛治プロの点を上回れば勝利という変則的なタッグ戦になりましたけど』

えり『小鍛治プロは依然として圧勝してますね』

咏『タッグがアナウンサーだからって、小鍛治プロにとっちゃその程度ハンデにもならないさ』

えり『タッグ戦だと勝手も違いますしねー』

えり『しかぁし! 今回の相手は麻雀界きってのおしどり夫婦! タッグ戦はお手の物!』

えり『小鍛治プロはこの2人も今まで同様退けるのか!?』

咏『……麻雀はともかく、盤外戦術的には敗北するかもねぃ。知らんけど』


京太郎「」タン

ゆみ「」タン

恒子「」タン

健夜「」タン

京太郎「」チラッ

ゆみ「」チラッ

京太郎「」タン

ゆみ「ロン。3900」


健夜「ちょっと審判! またあの2人目を合わせてたよ!? イカサマじゃないの!?」ガタッ

審判「そ、そう言われましても本当に目を合わせただけですので……」

恒子「諦めなすこやん。そういう夫婦ってのはいるもんだよ」

健夜「卓上の麻雀牌がわかるならともかく、目を合わせると相手の欲しい牌だけがわかるなんてありえないよ!」

恒子(すこやん、そっちのほうがありえないからね)

京太郎「すみません、小鍛治プロ。でも本当に合図出したりとかはしてないんです」

ゆみ「そうなんです。目を合わせたるとなんとなくわかるってだけで確信を持ってるわけでは……」

健夜「合図なんて出してないのはわかってるけど認めたくないの!」

京太郎・ゆみ「?」

恒子(あー若さって怖いなー)

健夜「……再開しようか。中断させちゃってごめんね。でも絶対負けないから!」

京太郎・ゆみ「はい、私たちも負けません!」

………

……



京太郎「あーやっぱ強いな小鍛治プロ」

ゆみ「そうだな。2人がかりでも全然届かなかった」

京太郎「うん、でも何も出来ないわけじゃなかった」

ゆみ「私たちも少しは成長してるのかな」

京太郎「きっとそうだよ。もっと強くなって2人で一番を目指そう」

ゆみ「ああ、これからも一緒にな」

イチャイチャ

健夜「……なんだろう。勝ったのに全然喜べない」

恒子「すこやん! 勝者は勝者らしくしてないとダメだよ!」

健夜「わかってるんだけど……」

イチャイチャ

健夜「……つらい」ウゥ…

恒子(開始前にやってたらすこやん負けてたかも……)アハハ



健夜「宮永さん、ちょっと聞いてよ!」シクシク

咲「どうしたんですか急に」

健夜「それがさあ……あ、生一つ」

咲「私はウーロンハイで。それでなんですか?」

健夜「今日グランドマスター杯ってあったの知ってる?」

咲「はい、もちろん。相変わらず圧勝でしたね」

健夜「まあ結果的にはそうなんだけど……」

咲「あ、もしかして途中でサマとか言ってたやつですか? あれは違いますよ」

健夜「うん、それはわかってるの。わかってるんだけど認めるのが辛くて……」

咲「確かに牌が見えてるならともかく、目を合わせたらお互いの欲しい牌がわかるなんて信じられないですよね」

健夜「そう、そうなんだよ! 独り身にはそんな通じあってるところ見せられるのはキツイんだよ!」ゴクゴク

咲「……そうですね」ピキッ

健夜「それで対局の後、あの2人何してたと思う?」

咲「どうかしたんですか?」

健夜「負けたのにすっごく爽やかなんだよ! 少しは成長したかなとかもっと頑張って2人で1番目指そうとか!」

健夜「ちょっと私には厳しいものがあって」

咲「……へぇ」ピキッ

健夜「麻雀界きってのおしどり夫婦とは聞いてたけどあんなに仲良かったんだね……見てたら眩しくてもう……」

咲「……」ブチッ

健夜「?」

咲「」ゴッゴッゴッゴッ

咲「」ダンッ

健夜「み、宮永さん……? い、一気飲みはよくないよ……?」

咲「小鍛治プロ」

健夜「は、はい」ビクッ

咲「私が京ちゃ……須賀プロと幼なじみだったのって知ってます?」

健夜「う、うん。だからこそ今日呼んで……」

咲「私は京ちゃんのこと好きだったんですよ。いや正確に言うと今も好きなんです」

健夜「えっ」タラー

咲「それに気づいたのは京ちゃんと加治木さんが付き合い始めたときからだったので、もう手遅れだったんですけど」

健夜「そ、そうなんだ」ダラダラ

咲「それで京ちゃんとは幼なじみの関係のままで、まあ仲はいいので良くメールしてるんです」

咲「昔みたいに毎日とは行きませんけど、2日に1回くらい」

健夜「な、仲いいんだね」ダラダラ

咲「メールの中身は大抵なんてことない日常のやりとりなんです」

咲「でもだからこそ、加治木さんとの惚気話が送られてくるんですよ。何度も何度も何度も何度も」

健夜「へ、へぇ……」ダラダラ

咲「小鍛治プロ」

健夜「は、はい!」ビクッ

咲「私が何年間この生活をしていると思います?」

健夜「い、いえそこまでは……」ダラダラ

咲「わからないですよね?」

咲「その私に向かってたった1日、それも対局と前後含めた数時間一緒にいただけで……小鍛治プロはなんて言いましたっけ?」

健夜「い、いえその……す、少し辛かったかなあと」ア、アハハ…

咲「……はい、別にそれでいいんですよ。気持ちはわかりますから。もっと素直な気持ちを言ってください」

健夜「み、宮永さん……! ありが――」

咲「代わりに、私の話も聞いてくださいね」ニコッ

健夜「」

…………

………

……



――翌日――

恒子「すこやん、昨日はあの後宮永プロ呼び出したんだって? ダメだよ愚痴言いたいからって若い子連れ回しちゃ……すこやん?」

健夜「ゴメンナサイ。 アノクライデ クルシイ ナンテイッテ ゴメンナサイ。ジブンガ ワルイノニ モテキガコナイ ナンテイッテ ゴメンナサイ」ブツブツ

恒子「す、すこやん? どうしたの?」

健夜「あ、こーこちゃん。もう私結婚できなくて辛いなんていわないよ」

恒子「ど、どうしたの!? 昨日何があったの!?」

健夜「私なんてまだまだだったんだね。私ごときが幸せなカップルを見て辛くなるなんて甘かったよ……」

恒子「よくわからないけどすこやんが結婚諦める理由にはなってないと思うよ!? すこやん正気に戻って!!」

健夜「あははははー……」


カン