http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1361874491/




――控え室――

京太郎「ここに来るのも1週間ぶりかー。やっぱ移動も疲れますね」

佳織「私たちの住んでるところからだと遠いよね」

京太郎「ほんとですよね。明日も来るんだから泊まらせてくれればいいのに」

桃子「こんな狭い部屋で女子5人とお泊りなんて何するつもりっすか!」

京太郎「何もしねえよ!! というかなんでここで泊まるんだよ!」

智美「ウチの部じゃホテルとかは難しいなー」ワハハ

睦月「風越はホテルで泊まってるみたいですね。羨ましい……」

京太郎「やりくりすればなんとかなったりしませんかね。その……ゆみ先輩」カアァァ

ゆみ「あ、ああ。で、出来なくはないだろうが……」カアァァ

京太郎「?」

ゆみ「その、全国へ行く……んだろう? ただでさえ部費が足りていないのに、ここで使ってしまってはな」

京太郎「っ! そ、そうですね。ちゃんと考えてませんでした……」

智美「まだそれやってるのかー?」

桃子「まあ最初に比べたら良くなったじゃないっすか」

佳織「目を合わせる度顔真っ赤にしてたね」

睦月「その割にお互いがお互いを見ようとするんだよね」

智美「さすがの私もどうしてやろうかと思ったなー」

ゆみ「うぅ……」カアァァ

京太郎「あなたたちがからかうからでしょ!? っていうかなんでみんな知ってたんですか!」

桃子「そんなのあんなところで大声で告白すれば当然じゃないっすか」

京太郎「あんなふうに送り出しといてついてくるか普通!?」

智美「ゆみちんと京太郎を2人きりで遊びに行かせたとき、私たちが何をしたか忘れたようだなー」ワハハ

京太郎「開き直らないでください!!」

睦月「まあでも、ついていかなくてもその内知ることにはなってたと思うよ?」

ゆみ・京太郎「……え?」

桃子「いや当たり前じゃないっすか。あんな人の多い所であんな告白したら噂になるに決まってるっす」

佳織「あなたが欲しいって告白は中々ないよね。聞いてて恥ずかしくなったよ」アハハ

京太郎「……で、でももうみんな忘れてますよね!?」

ゆみ「そ、そうだな。一週間も経っているのだし……」

智美「それは難しいかもなー。鶴賀の大将が金髪に告白されてたってちょっとインターネットで話題になってるぞ」

桃子「さすがに一時期程じゃないっすけど、グラマスって人がまだまだ飽きそうになくて目立ってるっすね」

佳織「私も見たけど執念みたいなのを感じたよ……」

睦月「ちょっと怖かったね。文字だけなのに……」

京太郎「お、俺そんなの知らなかったんですけど!?」

ゆみ「私もだ。なんで教えてくれなかったんだ」

智美「いやー大会前に見せるにはちょっと怖くてなー」

京太郎「じゃあ終わってからにしてくださいよ!?」

桃子「今からなら見ないだろうからいいかなーと思ったっす」テヘペロ

京太郎「見なくても気になるんだよ!」

智美「まあ別にテレビで映ったとかじゃないし、知らない人は知らないから大丈夫だろー」ワハハ

桃子「ちょっとからかっただけっすよ。気にするほどじゃないっす」

ゆみ「それならいいんだが……」

京太郎「そうですね……」

京太郎「初めての公式試合……というか部員以外の人と戦うの初めてだ。緊張するなあ」

桃子「ネトマでいくらでもやってるじゃないっすか」

京太郎「そりゃそうだけど、現実にやるとやっぱり緊張するよ」

桃子「ネトマでやってるんだから大丈夫と思えってことっすよ。緊張してもいいことないんだから、解消しようと思わないとダメっす」

京太郎「あ、なるほど。発想の転換だな」

睦月「個人戦じゃ仲間がフォローしてくれないからね。私も個人戦が先だったらと思うと……うぅ、気分が」ヨロッ

ゆみ「想像でダメージを受けるな」

智美「来年までには直すんだぞー」ワハハ

佳織「でもそっか。他の人たちはほとんど団体戦で慣れてるけど、京太郎くんは個人戦が初めてなんだね」

桃子「そう考えると少し不利かもしれないっすねー。まあ普通1試合くらいで緊張も解けるとは思うっすけど」

智美「逆に調子崩して引きずることもあるかもなー」

京太郎「縁起悪いこと言わないでくださいよ……」

智美「そこで私から提案だ」

京太郎「はい?」

智美「ゆみちん、京太郎の緊張をほぐす一言をどうぞ!」

ゆみ「なっ!?」

京太郎「えっ!?」

睦月「」ドキドキ

佳織「」ドキドキ

桃子「ドキドキ」

京太郎「声に出すのやめい!」

ゆみ「そ、その。京太郎くん」

京太郎「は、はい!」ビクッ

ゆみ「団体戦の後に君が言ってくれたこと、凄く嬉しかった」

ゆみ「団体戦で感じた他校の高い壁。それを私なら乗り越えられると言ってくれて、たとえお世辞でも勇気づけられた」

京太郎「それはお世辞なんかじゃ――」

ゆみ「自分の実力ならよくわかっているよ。私は個人戦で1位にはなれない」

ゆみ「だから京太郎くんが本気で言っていても、それはお世辞だ」

京太郎「……」

ゆみ「……私が一番嬉しかったのは君が全国を目指すといってくれたことだよ」

京太郎「え?」

ゆみ「私は長野で1番強いなんて思っていない。けれど、それでも京太郎くんに比べれば、全国に出られる可能性は遥かに高いだろう」

京太郎「あ、あはは……」

ゆみ「……き、君は私に、その、こ、告白、をしただろう?」カアァァ

京太郎「は、はい」カアァァ

ゆみ「そ、それがどれほど決意が必要か私も分かるつもりだし、きっと返事もすぐ聞きたいと思う」

ゆみ「そんな大事なことを全国に出ることを条件にした」

ゆみ「……君が部で過ごす時間をそんなに大切に思っていてくれたことが、本当に、本当に嬉しい」

ゆみ「私も君も、けして長野で1番強い雀士ではない。だけど、麻雀は強い者が必ず勝つものじゃない」

ゆみ「君ともっと長い時間を過ごしたいのは私も同じだ。一緒に全国へ行こう。私と、君で」

京太郎「ゆ、ゆみ先輩……」プルプル

ゆみ「……」

京太郎「……」プルプル

ゆみ「……? どうかしたか?」

京太郎「い、いえ、その。必死で耐えてます」

ゆみ「何をだ?」

京太郎「その、えーと……やっぱりやめときます」

ゆみ「気になるじゃないか」

智美「察してやるんだ。多分ゆみちんを抱き締めたいんだと思うぞ?」

ゆみ「えっ!?」

京太郎「ちょ、ちょっと部長!!」

桃子「気持ちはわかるっす! 私は今みたいなこと言われたら迷わず抱きつくっすよー!」

ゆみ「そ、そういうものなのか?」

睦月「そういうものというか、さっきのはそうしたくなる台詞だったかなと……」

佳織「私は嬉しくて逆に動けなくなっちゃいそうです」アハハ

智美「全然一言じゃなかったしなー」ワハハ

ゆみ「……」

京太郎「お、俺は嬉しかったですよ! やる気もめちゃくちゃ出ましたし! 緊張してる場合じゃないなって感じで……」

ゆみ「……いいぞ?」

京太郎「……え?」

ゆみ「そ、それが君のためになるのなら、私のことを、だ、抱き締めてもいい」カアァァ

京太郎「」

ゆみ「た、ただ! あ、あんまり強くはしないでくれ。痛いのは……いや、君ならいいか」

ゆみ「……私のことを好きにしてくれ、京太郎くん」ウワメヅカイ

京太郎「……う」プルプル

ゆみ「うん?」

京太郎「うおおおおおぉぉぉぉ!!」ダダダダッ

ゆみ「あっ、おい! ……行ってしまったか」

桃子「行ってしまったかじゃないっすよ!! いきなり何してるんすか!?」

ゆみ「いや、見ての通りだが」

佳織「そういうことじゃないと思います……」

睦月「なんであんなことを?」

智美「さすがにちょっと京太郎がかわいそうだぞー」

桃子「そうっすよ! 確かにヘタレとか思ったっすけど!」

睦月「そこは真面目って言ってあげようよ」

ゆみ「……もちろんわかっているよ。だからこそだ」

佳織「どういう意味ですか?」

ゆみ「京太郎くんが全国へ行けなかったら返事をしない。私はあれを厳密に守る」

桃子「いやもうほとんどしてるようなもんだと思うっすけど……」

ゆみ「……付き合うかどうかはまた別だ」プイッ

ゆみ「ともかく、だから私は京太郎くんに抱き締めてもいいと言ったんだ」

ゆみ「……私自身も出来ないと思うと寂しいしな」ボソッ

智美「そ、そこまで本気だったのか?」

睦月「正直なんだかんだで負けても付き合うんだと思っていたんですけど……」

ゆみ「それは京太郎くんにも失礼だろう」

桃子「それはそうかもしれないっすけど、全国っすよ? しかもあの怪物がいる長野男子個人戦っすよ?」

ゆみ「だからこそ可能性も出てくるだろう? 普通なら可能性はないと言っていいくらいだ」

桃子「それはそうっすけど、モノは言いようって感じで……」

佳織「でも信頼してるってカッコいいですね! 憧れます!」

ゆみ「ああ……だ、大丈夫かな?」ウルウル

桃子「そこでヘタレるんすか!?」

ゆみ「い、いや。心配される分にはいいんだが期待されると急に不安に……」

智美「そういえば前に考えがあるって言ってたなー。それはなんなんだ?」

ゆみ「うん? それは……まあ追々な」

桃子「むぅ、気になるっすね」

ゆみ「大したことじゃないから気にするな」


---------------------------------------


京太郎「ああもう、ゆみ先輩何考えてんだ! 試合前だってのに心臓が!」ドクドクドクドク

京太郎「……まあ緊張は吹っ飛んだな。さすがに戻れないしこのまま別館の試合会場に行くか」

京太郎「でも惜しいことしたかなあ。ゆみ先輩があんなこというなんて夢みたいなこと、もうねーだろ絶対……」

京太郎「はぁ……あれ、おーい咲ー!」ブンブン

咲「」ビクッ

京太郎「また迷ったのかー!? まだ時間あるし控え室に連れてってやるぞー!」

咲「……っ!」タッタッタッ

京太郎「あ、おーい! ……聞こえなかった……にしちゃ不自然だよな」

京太郎「まさかまだ気にしてんのかな。先週からメールも全然してこねえし……いい加減普通に話して欲しいんだけどなあ」


ピンポンパンポーン
「男子個人戦、予選が始まります。出場選手の方は対局室へ集合してください」


京太郎「ついにか……」ブルッ

京太郎「うわ、震えてきた。……ゆみ先輩にあんなこと言って予選落ちなんてシャレにならないしな。やってやる!」

京太郎「おお、男子ばっかりだ。鶴賀は女子が多いからこの感じ久々だなー」

京太郎「……しかしなんか視線を感じるな。噂されてるような……」


「おい、あいつだろ? 先週ロビーで告ったってやつ」

「あんな話題にされてるのに普通に出てくるなんてすげえな。俺はとても来れないわ……」

「あなたが欲しいってそもそも告白なのか?」

「その告白でも許される顔だな……クソッ、許せねえ!」


京太郎「な、なんかここにいるとマズイ気がする」ブルッ

京太郎「さっさと対局室に行くか……」



京太郎「ふう、対局室の辺りはさすがに静かだな……そういえば対戦相手見てなかったっけ。誰だろ?」テクテク

モブA「」ガタガタガタガタ

京太郎「あれ、すげえ震えてる。緊張してるの……」

アカギ「ククク……」

傀「どうも」

京太郎「」

アカギ「どうした? 席はそこだ」

京太郎(神様。いくらなんでも、初戦からこれはあんまりではないでしょうか……)

…………

………

……



京太郎「戻りましたー!!」

ゆみ「……お、お疲れ様。京太郎くん」カアァァ

京太郎「え、あ、ありがとうございます」カアァァ

ゆみ「……見ていたよ。予選突破は出来ると思っていたが、それでもよくやった。おめでとう」

京太郎「は、はい!」

睦月「……もういいと思いますか?」ヒソヒソ

智美「もうちょっと待ったほうがいいと思うぞー」ヒソヒソ

京太郎「聞こえてます! いつでもいいですから!!」

睦月「うむ、お疲れ様。予選突破おめでとう」

佳織「凄いよ京太郎くん!」

桃子「最初の組み合わせ見たときはもうダメかと思ったっすよ。2人で牽制しあってくれてよかったっすね」

京太郎「みんな何事もなかったかのように……! まあそうだなー。最初見たときは生きた心地がしなかったぜ」

ゆみ「あの2人が揃った卓は散々に削られるか、牽制しあって膠着状態になるかどちらかだからな。日頃の行いがよかったんだよ」

京太郎「ほんと最初は生きて帰れるかどうかの心配してましたからね……」

睦月「さっきからそんな大袈裟だよ」アハハ

ゆみ「いや、天江衣かそれ以上が2人と考えるとあながち大袈裟では……」

京太郎「ほんとですよ。なんなんですかあのプレッシャー!? 物理的な圧力を感じましたよ!!」

ゆみ「それが魔物と呼ばれる雀士なんだろうな。私も天江や宮永からそれを感じたよ」

京太郎「咲もそうなんですか……」

ゆみ「天江に勝ったのは伊達ではないさ」

智美「初めての試合の感想はどうだー?」

京太郎「そうですね……意外とやれる! ってのとまだまだだ……ってのが半々くらいです」

桃子「半々とは大きく出たっすね!」

京太郎「1ヶ月必死でやったし、ゆみ先輩にも鍛えられたからこれくらいはな」

京太郎「……ただ俺より強い人もいくらでもいるんだってのも実感したよ」

京太郎「わかってはいたけど化物2人ほどじゃなくても俺より強い人たくさんいるんだなあ……」

桃子「当たり前っすよ。上には上がいるっす。まして京太郎は初めて1ヶ月の初心者じゃないっすか」

京太郎「そりゃそうだけど、俺は今ここで勝たないと……!」

桃子「勝つつもりではいるんすね。よかったっす」

智美「うんうん、弱気になってないのはいいと思うぞ。ゆみちんも全国に行かないと返事しないって宣言してたしなー」ワハハ

ゆみ「……ああ、それについては考えを変えるつもりはないよ」

京太郎「覚悟はしてます。自分で言ったことですから」

ゆみ「そうか。……それじゃあ次は私たちの応援を頼んだぞ」

京太郎「はい、先輩たちに負けないように5人分応援しますよ!」

智美「素直にゆみちんの応援を一番頑張るって言ってもいいんだぞー」ワハハ

桃子「所詮友情なんてこんなもんっすか」シクシク

京太郎「何も言ってねえよ!」

佳織「まあまあ、私たちのことも加治木先輩の10分の1くらいは応援してね」アハハ

睦月「同じくらいとは言わないからよろしくね」

京太郎「先輩たちまで! ……まあその、8割くらいで何とか」ボソッ

ゆみ「バ、バカっ。う、嬉しくないとは言わないがみんな同じように応援を――」カアァァ

桃子「あ、いやそういうのいいっす。ほんとに」

智美「惚気に付き合わせるのはやめて欲しいなー」

ゆみ「ああもうっ! 京太郎くん、君がどうにか……」


ピンポンパンポーン
「女子個人戦、予選が始まります。出場選手の方は対局室へ集合してください」


佳織「じゃ、じゃあ行きましょうか」

睦月「うむ、ここにいるといつまでも巻き込まれそうだしね」

ゆみ「ま、待て。このまま行かせては……!」

桃子「ほらほら、遅れるっすよ」

智美「行くぞー」グイッ

ゆみ「こ、こら。引っ張るなー!」ズルズル


京太郎「……」

京太郎「よし、応援頑張るぞ!」

…………

………

……



睦月「うぅ、負けてしまった……」

佳織「私も。……技術も経験も足りてないのはわかっていたからしょうがないけど、でも悔しいなあ」

睦月「実力がまだまだ足りてなかったね……」

京太郎「でも佳織先輩が国士無双和了ったときは盛り上がってましたよ! 睦月先輩も最後まで諦めてなくてカッコ良かったです」

睦月「ありがとう、京太郎くん。でも私たちより先輩たちにおめでとうって言ってあげて」

京太郎「……はい! 部長、モモ決勝進出おめでとうございます!!」

智美「いやーなんとか残れてよかった」ワハハ

桃子「東風戦はつらいっすね。中々点を伸ばせなかったっす」

京太郎「ステルスが長く使える東南戦のほうがやっぱり好きなのか」

桃子「当たり前じゃないっすか! 明日が楽しみっす。言っとくけど私も全国狙ってるっすよ?」

京太郎「知ってるよ。明日も頑張れ」

桃子「もちろんっす!」

京太郎「それで……えっと、ゆみ先輩。決勝進出おめでとうございます。予選4位ですし全国まで後一歩ですね!」

ゆみ「ああ、ありがとう。……しかし試合開始前は凄い視線を浴びせられたよ」ハァ

京太郎「ゆみ先輩もですか。俺も見られましたよ。というか多分睨まれてたに近いですね」

ゆみ「うん、やはり一週間程度では噂は収まらないんだな……」

京太郎「その、俺のせいで、すみませんでした」

ゆみ「……君はしなければよかったと思っているのか?」

京太郎「そんなことないです! 俺はしたことも言ったことも後悔してません!」

京太郎ただ、それでゆみ先輩に迷惑をかけてるならやらなければよかったと……」

ゆみ「私は迷惑だなんて思っていないよ。あんな場所でしたのはまああまりいいことではないだろうが。だから気にするな」

京太郎「ゆみ先輩……はい!」

ゆみ「そんなことより、ちゃんと応援してくれていたか?」コホン

京太郎「もちろんですよ! 熱くなりすぎってくらい応援してました」

京太郎「東風戦なんて短い間にも相手の癖を見抜いて即対応して……」

京太郎「そういうときは見惚れて応援できてなかったですね。カッコ良かったです」

ゆみ「……ありがとう。4位とはいえ全国に行くには届いていない」

ゆみ「少し不安になっていたが、君がそう思ってくれているなら頑張らないとな」フフッ

京太郎「3位の風越のキャプテンは恐ろしく安定してましたね」

京太郎「でも2位の片岡は団体戦見る限り、多分東場で異常に強いタイプですよ」

ゆみ「そうだな。風越の福路を上回るのは難しいと思わされたが」

ゆみ「片岡は東場で恐ろしく強い分、東南戦になれば付け入る隙はありそうだ」

ゆみ「……しかし、その東場で無類の強さを誇る片岡ですら2位とはな」

京太郎「歴代最高得点塗り替えたのに2位ですからね。……咲、そんなに強かったなんて」

ゆみ「私もほとんど何も出来なかったよ。せっかくの親番も嶺上開花の親被りが怖くて他家への差し込みに使ってしまった」

京太郎「あのときの咲は三倍満くらい狙える手牌だったんで正解だったと思います」

ゆみ「そうか……。宮永はあまりにも圧倒的だ。彼女は間違いなく1位になる。全国へは実質2席を奪い合うことになりそうだよ」

京太郎「一緒に頑張りましょう。大丈夫、俺は1席ですからそれに比べれば!」

ゆみ「……フフッ、そうだな。君に比べればチャンスは2倍か」

京太郎「そうですよ! ……俺は明日どう戦えばいいんだろう」ガクッ

ゆみ「それについては少し考えが――」

智美「いいところ悪いけど、電車の時間がまずいからそろそろ帰るぞー」

桃子「2人の時間もいいっすけど、電車の時間もちゃんと考えなきゃダメっすよー!」

京太郎「ふ、ふた……! 上手いこと言ったつもりか!?」

睦月「それは置いといて時間がちょっとまずいから」

佳織「次の電車に乗れないと帰るのが2時間くらい遅くなっちゃうよ」アセアセ

京太郎「も、もうそんな時間ですか? ゆみ先輩、すみません話はまた後にしましょう」

ゆみ「……そうだな。私も気づかなかったしまた後で」

智美「それじゃ早く帰るぞー」ワハハ


――帰り道――

京太郎「今日はお疲れ様でした」

ゆみ「ああ、君もな」

京太郎「電車間に合ってよかったですね。遅くなると明日に疲れが残っちゃいますし」

ゆみ「あんなに走ったのは久しぶりだったよ。……走って疲れるのと遅く帰って疲れるのではどちらのほうがいいんだろうな」

京太郎「どうなんでしょう。俺は精神的に疲れるよりは走ったほうがいいですね」

京太郎「それでその……帰りがけに言いかけたことってなんですか?」

ゆみ「ああ、君の打ち方についての話だよ」

京太郎「俺の打ち方ですか? まさかどこかおかしかったり……」ズーン

ゆみ「ああいや、今のところ京太郎くんの打ち方に問題はないよ」

ゆみ「経験や技術はまだ足りていないだろうが、少なくとも私の教えた通りに打っている」

ゆみ「将来的にもそれでは困るが、まあ今の時点では何の問題もないし、よくやっている」

京太郎「それじゃあ一体何についてなんですか?」

ゆみ「……君は全国へ行きたいんだろう?」

京太郎「えっ……はい! もちろんです。ゆみ先輩と約束してますし!」

ゆみ(あの一方的な言い捨てを約束と言うか……)

ゆみ(まあ、私も京太郎くんの言ったとおりにするつもりだが、言われた私が一体どう感じたと思って……!)ゴゴゴ

京太郎「え、えっと、ゆみ先輩?」ビクッ

ゆみ「あ、ああ。すまない。……君も今日戦ってわかったと思うが、現時点の君では全国へ行くには力不足だ」

ゆみ「たとえあの2人がいなかったとしても、君が全国へ行くのは極めて難しいだろうと私は思う」

京太郎「……はい。俺もそう思ってます」

ゆみ「京太郎くんの今の実力では届かない。それなら実力以外のものを使えばいい」

京太郎「え?」

ゆみ「君が前に言っていただろう? この牌は切れるとかこの牌を切ればマズイとかがなんとなくわかると。今日はどうだった?」

京太郎「確かに今日も感じましたけど……でも部でやっても全然勝てなかったじゃないですか」

ゆみ(ふむ、技術ではなかったか……羨ましいな)

京太郎「ゆみ先輩?」

ゆみ「ああ、すまん。私が言いたいのは感覚に頼れということだよ」

ゆみ「大負けする可能性が高いが、しかし全国へ行ける可能性も間違いなく高くなる」

京太郎「それはそうかも知れませんけど……」

ゆみ「まあ1%が5%になる程度だろうが」

京太郎「そんなもんですか」ガクッ

ゆみ「そんなものだよ。……それでも君が全国へ行きたいのなら、これが最良だと思う」

京太郎「上手くいくかどうか博打ですね……」

ゆみ「普通に打っても全国へ行ける可能性は低いのだから、どちらも博打に変わりないさ」

ゆみ「要は君が何を目指すかだよ」

ゆみ「少しでも高い順位を目指すのなら今のやり方を続けるべきだし、全国を目指すのなら感覚を頼りにしたほうがいい」

京太郎「なるほど……。確かに今までのやり方よりよさそうですね」

ゆみ「ああ……私だって君には全国へ行って欲しいんだ」

京太郎「はいっ! 朝も言ってくれましたしね!」

ゆみ「うるさい」プイッ

京太郎「な、なんか地雷踏みました!?」

ゆみ(2人きりで言っているんだから、告白の返事をしたいという意味だと分かれ……というのは私のわがままか)ハァ

ゆみ「君が全国へ行けたら教えよう」

京太郎「ハードル高いですね」

ゆみ「わからない君が悪い」

京太郎「えぇー」

ゆみ「……泣いても笑っても明日で全てが決まる。私も、君も」

京太郎「はい」

ゆみ「どうなるかわからないが、悔いのないよう頑張ろう」

京太郎「……なら俺は勝たないとダメですね」

ゆみ「何?」

京太郎「昨日も言ったじゃないですか!」

京太郎「ゆみ先輩といられる時間が短くなるなんて嫌です。そうなったらどれだけ健闘したって悔いは残ります」

ゆみ「……」ポカーン

京太郎「……あれ、またなんか変なこと言いました!?」アセアセ

ゆみ「いや、君はそういうやつだったな」フフッ

ゆみ「……実はさっき走って少し疲れているんだ。少し腕を貸してくれ」

京太郎「はい? 肩じゃなくてですか?」

ゆみ「んっ」ウデクミ

京太郎「ちょ、ゆ、ゆみ先輩!?」アセアセ

ゆみ「疲れているからあまり騒がないでくれると嬉しい」

京太郎「あ、う……」カアァァ

ゆみ「嬉しかったよ。京太郎くん」ボソッ

京太郎「うぅ……え? すみません、今ちょっとよく聞ける状態じゃなくて」

ゆみ「何でもない。明日期待しているよ」ギュッ

京太郎「……期待に応えられるよう頑張ります」



京太郎「……決勝リーグか。ここまで来れるなんて思わなかったな」ブルッ

桃子「何緊張してるんすか。昨日勝ち抜いたんだから自信持つっすよ」

京太郎「いや、昨日は初めての試合で緊張したけど、今日は勝たなきゃってプレッシャーが……」

桃子「負けて元々じゃないっすか。当たって砕けろっすよ!」

京太郎「負けたら砕けちゃダメなところもまで砕けるんだよ!」

智美「ハートブレイクだなー」ワハハ

京太郎「多分物理的に砕けますね」

佳織「死んじゃうよ!?」

京太郎「それくらいの勢いで砕けそうです……」

桃子「全然物理的じゃないっすね。……そんな情けない京太郎に代わって、私が負けたときの案を考えてあげたっすよ!」

京太郎「不吉なこというなよ……で、どんな案だ!?」ガタッ

睦月「食いつきすぎじゃない!?」

佳織「そんなに必死に……切実なんだね」

京太郎「今の俺に見た目を気にする余裕なんてないんですよ! モモ、さあ早く!」

桃子「イラッと来るっすねー。まあ教えてあげるっす」

桃子「京太郎は全国へ行ったら返事をくださいと言ったっすけど、いつとは言ってないっす」

桃子「つまり今回負けても次を目指せばいいんすよ!」

京太郎「……」

睦月「さ、さすがにそれは……」

京太郎「……アリだな」

佳織「ありなの!? 次は秋だよ!?」

京太郎「い、いや。だって勝てるかわからないっていうか昨日戦った感じだとむしろ……」

智美「まあアリかナシか以前に、それはゆみちんが待っててくれないとダメなんだけどなー」ワハハ

京太郎「あっ」

智美「さっきから全然喋ってないけど、ゆみちん的にはどうなんだー?」

ゆみ「ん? ああ。そ、そうだな……」

ゆみ「ま、待つ待たない以前に負けることを前提に考えるのは感心しないな。うん」コホン

智美(ていよく逃げたなー)ワハハ

京太郎「ですよねー! いやー俺もそんなのいいって言ったんですけどモモが無理矢理」

桃子「ゆみ先輩がいるところで話したのにそういうこと言えるのは尊敬するっすよ」

智美「ところでゆみちん静かだったのはなんでだー?」

ゆみ「まあ……その、緊張してな」

睦月「団体戦のときも昨日も全然そんな風に見えませんでしたけど、先輩でも今日は緊張するんですね」

佳織「大丈夫ですよ! 加治木先輩なら勝ち抜けます!」

ゆみ「いやそれで緊張しているわけじゃ……」ハッ

ゆみ「そ、そうだな。ありがとう、落ち着いてきたよ」

桃子「?」

智美「……? まあいいかー」


ピンポンパンポーン
「男子個人戦、決勝が始まります。出場選手の方は対局室へ集合してください」


京太郎「もう始まるのか……」

桃子「暗いっすねー。もっとやってやる! みたいな意気込みで行くっすよ」

京太郎「や、やるぞー」

桃子「だからテンション低いっすよ」

智美「ゆみちん、出番だぞー」

ゆみ「ま、また私か!?」

桃子「それはまあゆみ先輩しかいないっすよ」

ゆみ「そ、そうなのか……それじゃあ京太郎くん」

京太郎「は、はい」

ゆみ「言うべきことは昨日言ったから、今日は一言だけ。……勝ってこい」

京太郎「……はい!!」

…………

………

……



アカギ「ロン、12000だ。トビだな」

モブ「は、はい……」

京太郎(……よし! 最終戦前の山場を何とかしのいだ!!)グッ

京太郎(俺より順位が上だった人が飛んだから、今大体6,7位くらいか……最後1位になればまだ可能性も!)

京太郎(しかし信じられないくらい絶好調だな。部活じゃあんな酷かったのに……)

京太郎(ゆみ先輩の返事聞きたいから、実力以上の力が出てるのかな)ハハ

アカギ「……おい、そこの金髪」

京太郎「は、はい!?」ビクッ

アカギ「昨日と打ち方が違うな……今は上手くいっているようだが、どんな武器を持ってようが何も考えずに打ってると怪我するぜ」

京太郎「な、なんでそんなこと……!?」

アカギ「まるで別人だ。誰だって分かる」

京太郎「……俺は今勝たないとダメなんです。だから、変えるつもりはありません」

アカギ「ククク……人の話を聞くのは苦手か? ……まあいい。残り1局、頑張りな」

京太郎「は、はい……あの、なんでいきなり俺に声かけたんですか?」

アカギ「飛ばそうと目を付けた相手が、昨日と全く違う打ち方をしていたから興味が湧いた。それだけだ」

京太郎(俺飛ばされるところだったのか……)ブルブル

アカギ「せいぜい楽しませてくれよ」スタスタ

京太郎「……あー緊張したぁっ!」

京太郎「やっぱ今の打ち方危ねえのかな……まあ、変えてなかったら飛ばされてたみたいだけど」

京太郎(どっちにしろ俺に出来るのは全力で打つだけだ。次で決まるんだ。やってやる!)


---------------------------------------


ゆみ「」ジッ

智美「いくら見てても最終戦はまだ始まらないぞー」ワハハ

桃子「京太郎めちゃくちゃ調子いいっすねー」

睦月「うむ、非効率な打牌もあるけど、それがことごとくいい結果になっている」

佳織「相手の当たり牌を抑えててカッコいいね」

ゆみ「……とはいえあまりにも上手く行きすぎだ。最後までこの調子で行ってくれればいいが……」

桃子「いや、最後までこの調子じゃダメっすよ!」

智美「そうだなー。最後はもっと調子を上げないと全国へは行けないなー」

睦月「今が6位ですか……」

佳織「初めて1ヶ月の初心者で6位なんて凄いなあ」

桃子「確かに凄いっすけど、全国へは届いてないっすから……」

ゆみ「……運良くというべきか、決勝の同卓に3位の選手がいる。そして例年通りトップの2人が図抜けていてその下は接戦だ」

智美「ここで1位が取れれば3位になれる可能性はあるなー」

睦月「まさに天王山ですね」

桃子「京太郎は乗り越えられるっすかね?」

佳織「きっと大丈夫だよ。応援しよう」


アナ『全国高校生麻雀大会長野県予選、男子個人戦決勝最終局。いよいよ始まります!』


ゆみ「ついに始まるか……」

桃子「京太郎は……お、映ったっすね」


アナ『男子個人戦、全国への切符は3枚。そのうち2枚はほぼ決まっているので、残り1枚を争う形になっています』

靖子『現在3位がいるのがこの卓か』

アナ『はい。それに同じ卓には現在6位の須賀選手もいますね』

靖子『須賀は……鶴賀の選手か』


智美「おお、京太郎の名前が出たぞ」

睦月「注目されてるんですね」

智美「全国3位ってのはどの相手だー?」

睦月「京太郎くんの下家です。上家と対面は両方共10位中盤くらいみたいです」

佳織「3位って強いんですか?」

桃子「少なくとも京太郎よりはずっと強いっすね」

ゆみ「だが最低でも下家に勝たないと全国へは行けない……厳しいな」

アナ『女子の決勝に残った高校で、男子でも決勝に残っているのは須賀選手だけのようです』

靖子『彼を褒めるべきなのか他の高校の男子が情けないと思うべきなのか……』

アナ『ちなみに風越は女子校ですし、龍門渕と清澄は共学ですがそもそも男子麻雀部がありません』

アナ『鶴賀も男子は彼1人のようですね』

靖子『……凄いことは凄いんだが、何かこう……』

アナ『男子と女子の強豪はあまり被っていないようですね』

靖子『身も蓋もないことをいうな。というかなぜそんな話を振った』

アナ『ダークホースと騒がれた鶴賀ですが、今後男女共に長野の強豪となることは出来るでしょうか?』

靖子『完全に無視か……まあ数人が強いくらいでは継続して強くなるというのは難しい。実績を残さなければ厳しいだろうな』

アナ『なるほど。6位とはいえ3位までは接戦です。全国まで行けば十分な実績と言えますね』

靖子『そうだな。厳しいことに変わりはないが、可能性はある』

アナ『そういった意味でもこの試合は注目ですね。では次の卓を見て行きましょう』


ゆみ「何だったんだこの解説……いや解説というか……なんだ?」

桃子「まあ注目されてるってことっすよ」

智美「ウチが強豪って呼ばれるなんて全然考えてなかったなー」ワハハ

佳織「全国行けたらかあ。厳しいね」

睦月「まあ強豪って言うならそのくらいは必要だよね……」

桃子「女子は私たちが行ってやるっすよ! 問題は京太郎っすね。根性見せるっすよー!」

ゆみ「……頑張れ、京太郎くん」ギュッ


---------------------------------------


京太郎(ここで稼げないと全部終わりか……やべ、緊張してきた)

京太郎(二向聴で三色も狙えるな。配牌は悪くない。まずは最初に上がって流れに乗って――)

下家「ツモ。1000・2000」

京太郎「うっ……」

京太郎(くそ、好配牌だったのに! ……落ち着け。こんなの事故みたいなもんだ。次だ次!)

…………

京太郎「ロン、3900」

京太郎(よし、この調子で……)

下家「ロン、12000」

下家「ツモ、2000・4000」

京太郎「……っ!」


---------------------------------------


桃子「……京太郎も決して悪くない、というかむしろ絶好調なのに……!」

ゆみ「ああ、上家も対面も全く寄せ付けていない。……だが下家がそれ以上だな。打点、速さともに凄まじい」

睦月「点は稼いでるけど、3位の下家に勝てなきゃ全国へは行けない……」

智美「京太郎ももどかしいだろうなー。自分が今までにないくらい絶好調なのに、それでも上回れないなんて」

佳織「京太郎くん、勝てますか?」

ゆみ「……点差をひっくり返すためには、満貫の直撃以上で和了らなければならない」

ゆみ「今日の京太郎くんの調子は最高だ。だからきっと諦めなければ逆転手も入ってくるはずだ……!」グッ

智美「ゆみちん……」

桃子(自分に言い聞かせてるんすね……)

智美「京太郎が諦めるわけないさ。私たちは京太郎が勝つことを祈ってよう」ワハハ

ゆみ「ああ、そうだな……」ギュッ


---------------------------------------


京太郎(くそっ、結局差を縮められないままオーラス……)

京太郎(頼む、逆転手が入ってくれ……っ!!)

手牌 一四四七七七⑥⑧888西西  ドラ九

京太郎(刻子が2つ、対子が2つ! 四暗刻二向聴!! これなら逆転できる!)


二巡目 一四四七七七⑥⑧888西西 ツモ西 打⑧

京太郎(よし来た!)

下家「……」タン

対面「っ……」タン

上家「ちっ……」タン


七巡目 一四四七七七⑥888西西西 ツモ⑥ 打一

京太郎(聴牌だ! ツモれば最高、直撃でも逆転!! 4位の人がよっぽど稼いでなければ全国に行ける!)

京太郎(後は他家だけど……)チラッ

京太郎(……捨て牌を見る限り上家と対面は今のとこ大丈夫そうだ)

京太郎(下家は微妙か……まあだからって変わらない。後は早く和了るだけだ!)


---------------------------------------


アナ『須賀選手、四暗刻聴牌しました! 1位へのロン和了りで逆転です!!』

藤田『まくるための最低条件は諦めないこと。和了っても和了っても追いつけない中よく耐えたよ』

アナ『このまま須賀選手は逆転できるでしょうか』

藤田『聴牌とはいえ待ちは4枚。1つは溢れそうにないから実質3枚だ』

藤田『1位の選手も好形の聴牌になりそうな形だ。このまま終わるとは思えないな』

アナ『なるほど。長い試合も最終盤。最後まで白熱した戦いが続きそうです』


ゆみ「よしっ!」グッ

桃子「きたきた、来たっすよー!!」

智美「ここであんな手が入るなんて持ってるなー」ワハハ

佳織「六筒は下家が1つ持ってますけど、四萬は生牌です!」

睦月「京太郎くん早く和了って……!」

ゆみ「くっ……なかなか引けないな」

桃子「京太郎か1位が引かないと意味ないっすからね。なかなか……あ!」


下家『……』ピクッ
手牌 455678⑥⑦⑧東東東白 ツモ5 打白


智美「下家が聴牌しちゃったかー……」

ゆみ「しかも四門張……厳しいな」


アナ『須賀選手に少し遅れましたが聴牌しましたね』

藤田『ああ。だが待ちの広さが段違いだ。先に聴牌したとはいえ須賀は苦しくなったな』

アナ『須賀選手は直撃かツモらなければならないですが、どんな形でも和了ればいいとなるとその差は大きいですね』

藤田『ここからはどちらの運が上回るかという戦いになるだろうな。もちろん追う須賀のほうが厳しいが』

アナ『果たして須賀選手は逆転全国行きを決めることが出来るのか。注目です』


佳織「だ、大丈夫ですよね?」

睦月「うむ……そう信じたいな」

智美「後は京太郎の運を信じるだけだ……って、え?」

桃子「待ちを変えた……っすか?」


下家『……』タン
手牌 4555678⑥⑦⑧東東東 ツモ五 打4


ゆみ「この待ちは……!」


アナ『四門張を捨てて五萬単騎待ち!! 藤田プロ、これはどう考えますか?』

藤田『普通に考えればありえないな。メリットはほとんどない』

アナ『ほとんどと言いますとゼロというわけではないんですね?』

藤田『ああ、捨て牌を見てみろ』

アナ『捨て牌……ですか?』

藤田『二萬と八萬が捨ててあるから五萬は両筋になる』

藤田『さらに自風の東も切っているし、どの役牌も最低1つは見えているから目眩ましになっている』

アナ『誰かが振り込むのを狙っているということですか?』

アナ『それにしても待ちが狭くなるデメリットのほうが大きいように思いますが……』

藤田『ああ、それは間違いない』

藤田『こればかりはその場にいなければわからんが、あの待ちでは和了れない、もしくは須賀に負けると思ったんだろう』

アナ『雀士の勘というやつですね。これが吉と出るか、それとも凶と出るのか!』

藤田『そういえば、この待ち方は女子団体戦で加治木が天江から直撃を取ったものとよく似ているな――』


ゆみ「……私の場合は和了るために手を進めていたら、たまたまああいう形になっただけだ。意味がまったく違う」

桃子「そうっすよね。京太郎がここからオリるなんてそもそもありえないっす」

睦月「それでもやったってことは勝算があるってことですよね?」

ゆみ「……そうだな。私にはわからないが、何らかの確信があるんだろう」

佳織「天江さんみたいな人なんですね」

智美「さすがにあそこまでじゃないと思うけどなー」

睦月「それでも自分のことを信じきるのは凄いです。私だったらあそこで四門張は捨てられない」

ゆみ「それが津山の麻雀なんだろう? 自分を貫くという意味では同じ……っ!」

桃子「……掴まされたっすね」


---------------------------------------


十二巡目

手牌 四四七七七⑥⑥888西西西 ツモ五

京太郎(くそっ、まだ揃わないか。もう十二巡目なのにっ!)

京太郎(次だつ――)ピタッ

京太郎(……下家の捨て牌。そして今俺がツモった牌。ゆみ先輩が決勝で天江から直撃取ったときと似てるな……)

京太郎(って、待て。何考えてんだ俺。別に俺の感覚が危ないって言ってるわけでもないのに)

京太郎(そもそも、デジタルで考えてもここで引くなんてありえない)

京太郎(もう十二巡目だぞ!? ここから手を崩してまたテンパッて和了るなんて……!)

京太郎(……くそっ! 頭じゃ分かってるのにどうしても切れない!)

京太郎(……そういえばさっき考えないと怪我するとか言われたな……少し落ち着いて考えるか)

京太郎(レベルは全然違うけど、天江が咲に振り込んだときもこんな感じだったのかな。あれは間違いなく迷ってたと思う)

京太郎(そして天江は咲に負けた……あれはきっと感覚に頼ったからだ)

京太郎(俺は何をしてんだ? 感覚は大丈夫と言ってるし、デジタル的にもここで引くのはありえない)

京太郎(……なのに、ゆみ先輩の打ち筋が頭から離れない)

京太郎(天江から直撃を取った、あの打ち筋。ゆみ先輩の集大成のような綺麗な麻雀)

京太郎(この場面で突っ張るのはゆみ先輩を信じてないみたいな、そんなことになる気がする)

京太郎(……どう考えても言うこと聞かないほうがそうなのに、バカみたいなこと言ってんな)ハハッ

京太郎(それでも、俺の感覚はあくまで俺のもので、ゆみ先輩の打ち筋はゆみ先輩のものだ)

京太郎(どっちを信頼するかなんて言うまでもない)

京太郎(……俺がここまで来れたのはゆみ先輩のおかげだ。なら、最後までそれを貫こう)

京太郎(自分の感覚を捨てるより、効率を無視するより、俺はゆみ先輩の麻雀を裏切るほうがずっと嫌だ!)

京太郎(ゆみ先輩、言うこと聞かずに、これで負けたらすみません。全部俺の責任です。それでも俺は、これを切ります!)タンッ 打⑥


---------------------------------------


ゆみ「えっ……」


アナ『須賀選手、なんと四暗刻聴牌を崩して六筒切り! 絶体絶命の危機を回避したーー!!』

藤田『……驚いたな。あの状況から止めるとは』

アナ『須賀選手はなぜ止めることできたのだと思われますか?』

藤田『感覚的に当たり牌を察知したとしか思えないな』

藤田『これ以外にも効率的には間違っているが上手く回避しているという場面がいくつかあるようだし』

アナ『なるほど。須賀選手、素晴らしい打ち筋を見せました』

藤田『もっとも、厳しいようだが終わりが遠のいただけともいえる』

藤田『須賀には狙った牌をツモる才能はない。ここからまた聴牌をして直撃かツモを狙うにはのは厳しいな』

アナ『ファインプレイではありましたが結果的には聴牌から一歩引いた須賀選手。果たして全国へ行くことは出来るのか!?』


桃子「おおっ! よく避けたっす京太郎!」

智美「切っちゃダメだっていう感覚があったんだなー」ワハハ

ゆみ「……違うと思う。きっとあれは京太郎くんの感覚では大丈夫な牌で、それを自分の意思で止めたんだ」

桃子「え? なんでそう思うんすか?」

ゆみ「今日の京太郎くんが明らかにおかしい打牌をするときはほぼノータイムで切っていたが、さっきのはだいぶ迷っていたからな」

智美「聴牌崩したらほとんど和了れないんだぞ? 迷わないほうがおかしいと思うけどなー」ワハハ

ゆみ「……凄く、辛そうな顔をしていたからな」

ゆみ「当たり牌だという感覚があるのならあんなに辛そうな顔はしないさ。感覚に頼れといったのは私だ」

ゆみ「自分で言うのもなんだが、私は京太郎くんにそれなりに信頼されていると思う」

ゆみ「私の言ったことを守るだけならあんなに迷うことはない」

桃子「……け、結構すごいこと言ってるっすね」

智美「自分の言うことなら役満聴牌だって迷わず諦めるって言うとはなー」ワハハ

ゆみ「そ、そういうつもりで言ったんじゃ……」アセアセ

睦月「言ってますよ」クスッ

佳織「でも合ってると思いますよ。きっと京太郎くんならそのくらいには加治木先輩のこと思ってます」

ゆみ「うぅ……」カアァァ

桃子「……さて、じゃあ後は京太郎がここから和了れるかどうかっすね」

智美「こればっかりはなー。京太郎にその運があるかどうかだ」

睦月「下家のほうを止めたとはいえ、自分が和了れなければどうにもならないですしね……」

佳織「そうだね……あ、下家の人が待ちを変えた!?」

桃子「むぅ、もう出ないと思ったんすね。凄まじい勘の良さっす」

ゆみ「しかも引いたのが9索か……フリテンとはいえ両面待ちだ」

桃子「厳しいっすね……」

ゆみ「……」ギュッ

…………

………

……



対面「聴牌」

上家「ノーテン」

京太郎「……聴牌、です」

下家「聴牌。和了り止めします」

京太郎(ああ、クソ。俺は間違ってなかった。間違ってなかったけど、それでも勝てなかった……!)

下家「……なあ、なんであそこで止められたんだ?」

京太郎「え?」

下家「俺が五萬の単騎待ちに切り替えたところだよ」

下家「なんとなくこっちのほうが和了れそうな気がしたんだけど、まさか引いたのに止められるとは思わなかった」

京太郎「……先輩がおんなじような打ち筋で天江から直撃取ってましたから。どうしても踏み込めませんでした」

下家「……それだけで役満聴牌を崩したのか?」

京太郎「あそこでそれ以上に信頼出来るものなんてありませんでしたから」

下家「ハハハッ! あーすげえなお前。勝たせてもらったけど勘弁しろよ!」

京太郎「え? ……ああ、告白のことですか」ハァ

京太郎「まぁ、自分で言ったことですからしょうがないです。悔いは山ほどありますけど」ハァァァァ

下家「え? あれ本気だったのか……気を落とすなっても無理だろうけど、秋に会えるのを楽しみにしてる」

京太郎「はい、今度は負けません!」

下家「ああ、またな」スタスタ

京太郎「はい……はぁ」


---------------------------------------


智美「お互いに和了れなかったなー」

桃子「後一歩だったっすね……」

ゆみ「そう、だな。聴牌までは行けたのに……」ギュッ

智美「ゆみちん……」

睦月「で、でも京太郎くん凄いじゃないですか! 初めて一ヶ月で6位ですよ!」

佳織「そ、そうですよ! 入賞するなんて凄いです! だから……」

ゆみ「……京太郎くんが言ったことだからな。私から曲げさせるわけにはいかないさ」

佳織「でも!」

ゆみ「……少し早いが決勝の会場へ行ってくる」

智美「京太郎が来るの待ってからでも遅くないぞー?」

ゆみ「きっと今会いたくはないだろう」

桃子「そんなこと……」

ゆみ「……私だって今会いたくはない。だから京太郎くんもそうだよ」

一同「……」

ゆみ「私と京太郎くんの話だ。みんなはあまり気にするな……巻き込んでいるほうが言う台詞じゃないか」

ゆみ「京太郎くんに、よくやった。入賞おめでとうと伝えておいてくれ」

智美「それはゆみちんが言わないとダメだと思うなー」

ゆみ「……それもそうだな。わかった。直接言うよ」

ゆみ「それでは、先に行っている」スタスタスタ

……



京太郎「はぁ……」バタン

桃子「ドアを開くなりため息ってどういう了見っすか」

京太郎「しょうがねえだろ……あれ、ゆみ先輩は?」

桃子「先に行ったっす。京太郎は今会いたくないだろうし、私もそうだからって」

京太郎「まあそうだよなあ」ハァ

智美「やっぱり会いたかったか?」

京太郎「ホッとしたのが半分、残念なのが半分です」

京太郎「あんなこと言って負けたのは気まずいですけど、声かけて貰いたかったなってのも少し」

佳織「全国惜しかったね……でも、入賞したのは凄いと思うよ!」

京太郎「ありがとうございます……ああ、後一歩だったのにな」ハァ

睦月「四暗刻聴牌を諦めてまで振り込まなかったのはカッコよかったよ。もう少しだったね」

睦月「……そういえばあそこで五萬を止めたのは……」

京太郎「ゆみ先輩が天江から直撃取ってたじゃないですか。あれと似てたんでどうしても切れませんでした」

一同「……」

京太郎「ど、どうかしましたか? いや自分でも滅茶苦茶なこと言ってるなとは思いますけど」

智美「いや、よくお互いのことわかってると思ってなー」

京太郎「えっ」

桃子「京太郎、ゆみ先輩のこと諦めるんじゃないっすよ」

京太郎「いや、そりゃまあ諦めるつもりはないけど、なんだいきなり」

桃子「惚気に巻き込まれそうで説明するのは嫌っすから、後でゆみ先輩と話すといいっす」

智美「それじゃ私たちも行くかー」スタスタ

桃子「はいっす!」スタスタ

京太郎「ちょっと、気になるんだけど! 睦月先輩と佳織先輩は知ってます?」

睦月「うむ、ただまあ……」

佳織「後で加治木先輩と2人で話すといいと思うよ?」

京太郎「先輩たちまで!」

佳織「もうすぐ決勝始まるね。加治木先輩たち映るかなあ」

京太郎「ん、そうですね……」

睦月「……妹尾さん、ちょっと飲み物買いに行かない?」

佳織「え?」

京太郎「あ、俺が買いに行きますよ」

睦月「ううん。京太郎くんは疲れてると思うから、京太郎くんの分も私たちが買ってくるよ。ね、妹尾さん」

佳織「……あ、そうだね。一緒に行こう」

京太郎「いやそんな……」

睦月「頑張った後輩をねぎらうのも先輩の仕事だから。京太郎くんはここで待ってて」ギィ

佳織「それじゃあ行ってくるね」バタン

京太郎「……1人にしてくれたんだよな」ハァ

京太郎「ああ、くそっ。ほんと後もう少し。少しだけ俺に運があれば……!」ドンッ


アナ『いよいよ女子個人麻雀決勝が始まります!』

藤田『男子に負けず熱い戦いを期待したいな』


京太郎「始まったか……あ、ゆみ先輩」

京太郎「……勝ちたかったなあ」




睦月「京太郎くん、お待たせ。飲み物買ってきたよ」

京太郎「ありがとうございます」

佳織「みんなはどんな感じ?」

京太郎「モモとゆみ先輩は調子いいですね。モモはステルスが長く使えるのが単純に強いですし」

京太郎「ゆみ先輩は……鬼気迫るというか、凄い気迫が」

睦月「京太郎くんが後一歩届かなかったから、きっと思うところがあるんだよ」

京太郎「そう、なんですかね。俺のことなんかあんまり気にしないでやって欲しいんですけど」ハハ

佳織「京太郎くんが全力を尽くしてたの伝わったから、頑張らないわけにはいかないんだと思うよ」

京太郎「な、なんか照れくさいです」

佳織「ふふ……ところで智美ちゃんはどう?」

京太郎「……厳しそうです。なかなか上手く和了れてないですね」

佳織「そっか……やっぱり決勝はみんな強いんだね」

京太郎「そうですね。団体に出ていなかった人にも強い人がいますし」

睦月「平滝高校の南浦さんだね。お爺さんは元プロなんだよ」

京太郎「へー、英才教育とか受けてそうですね」

睦月「実際受けてるみたいだよ。スタイルも似てるみたいだし」

京太郎「そうなんですか。詳しいですね。一体どこでそんな……」

睦月「プロ麻雀カードには往年のプロシリーズもあるんだ! 今ちょうど持ってるから見せて……」

京太郎「い、いえ。大丈夫です」

睦月「そう? 若いころの大沼プロとかもあるんだけど」

佳織「あ、加治木先輩と桃子さんが同じ卓みたい」

睦月「ほんと? それは見ないと」クルッ

京太郎(佳織先輩! さすがです!!)

京太郎「……ってモモとゆみ先輩が同卓ですか!?」

佳織「うん。今始まったところみたいだよ」


アナ『ここは鶴賀の加治木選手と東横選手が同卓になりましたね』

藤田『ああ。鶴賀以外の生徒はこの卓をよく参考にしたほうがいいだろうな』

アナ『といいますと?』

藤田『東横はどうも対戦相手に自分の捨て牌を隠すことが出来るようだ』

アナ『捨て牌を隠す……ですか? 物理的にということではないですよね』

藤田『それは反則だろう……。要するに東横の対戦相手は東横の捨て牌を認識することができなくなるということだ』

アナ『そんなことが出来るんですか。対処が難しそうですね』

藤田『ああ。だからこそ普段から対局をしているだろう加治木の打ち方をよく見たほうがいい』

アナ『なるほど。東横選手への対抗策を学ぶということですね』

藤田『そういうことだ』

アナ『ちなみに藤田プロならどのような対策をされますか?』

藤田『ふむ。まあいくつか考えてはいるが、ここで喋ってしまっては不公平だからな。やめておこう』

京太郎「モモのステルスも有名になってきたのか……にしても見逃すところだった。危ない」

佳織「普段から部活で戦ってるけど、やっぱり見逃せないよね」

睦月「そうだね。いつも以上に真剣勝負って感じだし。……今のところどっちの順位が上なんだろう」

京太郎「ええと、モモのが少し上みたいですね」

佳織「ほんとだ。2人とも一桁かあ。凄いなあ」

睦月「……私も来年はこの2人みたいになれるかなあ」

京太郎「一緒に頑張りましょう。今日の俺は運が良すぎましたし」

睦月「うん。それじゃあまずはこの試合をしっかり見てようか」

京太郎「はい!」

…………

………

……



京太郎「東場はゆみ先輩がリードしてましたけど、南場はやっぱりモモが強いですね」

佳織「絶対に振り込まないのはやっぱり強いんだね」

睦月「うむ。……わあ、加治木先輩あれ鳴くのかあ」

京太郎「まだ点数で勝ってるうえ三向聴で……」

京太郎「急所が残っちゃいますけど、やっぱりモモ相手だと少しでもスピードを上げるんですね」

佳織「桃子さんは普段戦ってるからっていうのもあるけど、それでも加治木先輩は対応が早くて凄いなあ」

京太郎「そうですね。あんなふうな麻雀やってみたいです」

睦月「私も。後一年であれって考えると少し大変だけど」ハァ

佳織「私は早く麻雀のルールちゃんと覚えないと……」

京太郎・睦月(ちゃんと覚えたら凄いことになりそうだなあ……)

佳織「ど、どうかした?」

京太郎「いえ。なんでもないです」フイッ

睦月「もう対局が終わりそう。これは加治木先輩の早仕掛けが成功するかな?」

佳織「反応してくれないんだ……ええと、風越の人が切りそうかな?」

京太郎「そうですね――あ、ゆみ先輩が和了りました!」

睦月「さすが加治木先輩。モモは悔しそうだね」

京太郎「部活じゃ東南戦だとゆみ先輩とモモは大体互角か」

京太郎「モモが少し成績よかったですけど、ここ一番で勝ち切るのは最上級生の意地ですかね」

佳織「そうだね。実力以上ってわけじゃないけど、いつもより負けそうにない感じがする」

京太郎「これでゆみ先輩は……今5位ですね! モモもまだ9位です!」

睦月「1位はちょっと厳しいけど、まだ接戦だし加治木先輩もモモも3位以内目指せそうだね」

佳織「2人とも頑張れー!」

…………

………

……



アナ『長かった全国高校生麻雀大会長野県予選もいよいよ終わりが近づいております。女子個人戦決勝最終戦、まもなく開始です!』

藤田『女子もなかなかレベルが高いな』

藤田『風越の主将の福路、インターミドルチャンプの原村は注目していたが、それに勝るとも劣らない選手も多い』

アナ『はい。福路選手はやや余裕を持って2位ですが、現在3位の原村選手は7位まで接戦。まだまだ安心は出来ません』

藤田『最終戦次第では一気にひっくり返ることもあるだろうな。……しかし1位の宮永は凄まじいな』

アナ『昨日歴代最高得点を大きく塗り替えた宮永選手ですが、決勝でもその実力を遺憾なく発揮していますね』

藤田『決勝でも記録を更新するのは確実だろうな。ただ、少し気になるところもある』

アナ『盤石に見えますが何が気になるのでしょうか』

藤田『団体戦のときと比べて和了る速度が少し遅くなっている』

藤田『それでも大抵の場合対戦相手よりは速いが、何度か速度で負けている局があるようだ』

アナ『そう言われますと確かにそうなっていますね。何が原因なんでしょう?』

藤田『カンの回数が増えていることだろうな』

アナ『カンが増えているからですか? しかし宮永選手はカンをして有効牌を持ってくることが多いように思いますが……』

藤田『それはその通りだが、カンをしようとすると最低刻子を手牌に入れなければならない』

藤田『宮永でも最初から刻子をいくつも抱えているわけではないからな。必然的に手は重くなる』

アナ『なるほど。つまり早和了りに勝機があるというわけですね』

藤田『気になるところではあるが、一概には言えないな』

藤田『速度が落ちた分、打点が大幅に上がっているから少々のリードではすぐ逆転されてしまう』

藤田『早和了りを続けられればいいが難しいだろう。何も考えないよりはマシという程度かもしれないな』

アナ『それだけでは足りないということですね。他にはどのような戦い方が考えられますか?』

藤田『カンをするということはこちらの打点も高くなりやすい。それを狙うのも一つの手だろう』

アナ『しかし宮永選手は嶺上開花で和了ってしまうのではないでしょうか』

藤田『まあ主導権を奪われるということだからな。リスクはあるが、そもそも不利な状況でどう戦うかという話だから仕方ない』

アナ『藤田プロでも宮永選手相手では不利なんですか?』

藤田『……うるさい』


京太郎「いよいよ最後ですね。ゆみ先輩は今6位か……」

睦月「でも3位との差はあんまりないね。ちょうどさっきの京太郎くんと似たような感じかな。ただ、最後の相手が……」

佳織「宮永さんが相手だね……。プロの人も不利って言う相手なんて」

京太郎「ま、まあ咲に勝たなくても点数稼げれば3位にはなれますよ! どのくらい稼げれば行けます?」

睦月「元々点数で負けてるからどのくらいっていうと難しいけど……」

睦月「原村さんはこういう状況で負ける人じゃないから、きっと1位になると思う」

睦月「そうするとオカが入っちゃうから、加治木先輩も1位にならないと厳しい……と思う」

京太郎「そうですか……」ガクッ

佳織「で、でも宮永さんも振り込まないってわけじゃないし、きっと勝てるよ!」

京太郎「けど昨日の予選では……」

睦月「……京太郎くん、これから宮永さんと戦うのは誰?」

京太郎「……? ゆみ先輩ですよね?」

睦月「そう。私たちの頼れる先輩で、麻雀始めてたったの2年であんなに強くなった人」

睦月「そんな加治木先輩が、戦うのが3度目になる相手に何も出来ないなんて思う?」

京太郎「それは……思いませんけど」

睦月「相手は宮永さんだから、私も絶対勝てるなんて言わないよ。でも京太郎くんが弱気になっちゃダメ」

睦月「加治木先輩は最後まで諦めずに京太郎くんのこと見てた。だから京太郎くんも諦めずに応援しよう?」グッ

京太郎「……ありがとうございます。そうですよね。応援してるほうが先に諦めるなんて絶対ダメですね」

京太郎「目が覚めました! ゆみ先輩が勝つって信じます!」

睦月「うん。私たちの分も頑張ってもらおう!」


---------------------------------------


ゆみ(最終戦、そして相手は宮永か。……団体戦を思い出すな。まあ再現になってしまっては困るが)

ゆみ(予選ではどうにも出来なかった。今回はどうにかしないとな……あ)

咲「……」

ゆみ(私もそこそこ早かったと思うが、さすがに私より速いか)

咲「……あ」

ゆみ「よろしく。こうして君と戦うのは3度目だな」

咲「はい……」ウツムキ

ゆみ(緊張しているのか? そういうところは1年生らし……私も大会は初めてだったな。大差はないか)フッ

咲「……いつから……」ボソッ

ゆみ「? いつから? 麻雀のことか?」

咲「ふぇ、聞こえ……! な、なんでもないです!」

ゆみ(麻雀ではないのか。なら一体……)ハッ

ゆみ(バカか私は。彼女と私の共通点なんて、麻雀を除けば1つしかないだろう)

ゆみ「……もしかして京太郎くんのことだろうか?」

咲「っ! ……はい」

ゆみ「……私が京太郎くんと初めて会ったのは大体ひと月前だ。それからは部活で大体毎日会っていたが」

咲「そう、ですか。たったのひと月前……」

ゆみ(……やはり、彼女も京太郎くんを)

咲「……私、京ちゃんに昔からよく助けられてたんです」

咲「高校生になって離れてからも、麻雀をまた始めるきっかけをくれたり、相談に乗ってくれたりして」

咲「ずっとこんな関係でいるのかなって思ってました」

咲「……ううん、今でも私が今まで通りに接したら、きっと関係は変わらないんだろうなって思います」

ゆみ「……」

咲「一緒にいるときは気づかなくて、離れてもそれがなんだかわからなくて。……失くして初めて知りました」

咲「だから悪いのは私です。恨んでるとかじゃないです。だけど、これで麻雀まで負けたらあんまりだから……」

咲「……試合前に関係ない話してごめんなさい。でも、私は負けられません。原村さんと一緒に全国に行くって約束したんです」ゴッ

ゆみ「……そうか」

ゆみ「だが、私も負けないよ。全国へ行けなければ引退だ。ようやく5人揃って大会に出られんだ」

ゆみ「たとえ団体で行けなくなっても、まだ夏を終わらせたくはない」

咲「……お互い、負けられないですね」

ゆみ「ああ。団体決勝と個人予選のリベンジ、果たさせてもらうぞ」

咲「絶対負けません!」


---------------------------------------


京太郎「ゆみ先輩のところが映りました!」

睦月「うん、点数は……ちょっと差が開いてるね」

佳織「宮永さん以外の対戦相手は天竜の人と裾花の人なんだ」

京太郎「加治木先輩もちょっと削られてますけど、他の2人のほうがだいぶ点数低いですね……」

睦月「宮永さんは断トツだ。さすが……」

佳織「あ、ダイジェストが始まるみたいだよ」


アナ『宮永選手のいるこの卓。先制したのは意外にも加治木選手でした』

藤田『強引な仕掛けをしていたがそれが上手く嵌っていたな』

アナ『藤田プロのおっしゃっていた宮永選手の隙を上手く突いた形でした』

アナ『しかしその後試合をリードしたのはやはり宮永選手。嶺上開花での和了りは実に4回!』

藤田『その間に加治木も何度か和了っているが、やはり打点の差はいかんともしがたいな』

アナ『はい。宮永選手と2位加治木選手との差は約5万5千点。厳しい点差となっています』

藤田『宮永以外に和了っているのは加治木だけだったと思うが、それでもこの差か』

アナ『そうですね。天竜女学院、裾花は両者とも1万点を割っています』

藤田『どちらもけして実力がない選手ではないんだが……相手が悪かったな』


京太郎「こう改めて見ると咲凄まじいですね……」

睦月「手がつけられないってこういうことを言うのかな」アハハ…

佳織「あ、加治木先輩この局は和了れそうだよ!」

京太郎「ほんとですか! ……あ、でもこれだと」

佳織「え、どうかしたの?」

睦月「ちょっと点数が低くなりそうだね。仕方ないんだけど……」


アナ『現在は南3局。加治木選手にとってはここで点差を縮めたいところでしょうか』

藤田『宮永も加治木も南4局では子で、役満でもツモ和了りでは逆転が出来ないからな。せめて4万8千点以内にはしたいところだろう』

アナ『おっと、言っている間に加治木選手が和了りましたが……これは5200ですね』

アナ『宮永選手からではないので、依然として三倍満が直撃してもでも逆転は出来ません。勝利には役満の直撃が必須です』

藤田『少しでも稼ごうと思ったか、それとも宮永に和了られると思ったか。おそらく後者だろうな』

アナ『宮永選手がポンをしているのを見て、直撃を待つ時間はないと判断したわけですね』

藤田『ああ、宮永の場合はそこから加槓で有効牌を1つ引いてくるからな』

アナ『なるほど。加治木選手の判断が光ります。……しかし点差は依然として大きい。いよいよ南4局。決着はもうすぐです!』


---------------------------------------


ゆみ(まったく、予選のように逃げられないのがつらいな)

ゆみ(さて、最後の配牌は……!!)ピクッ

手牌 14一九九①⑨東東南西白發 ツモ7 ドラ七

ゆみ(国士無双二向聴……宮永と打つときはよくよく国士に縁があるようだな)

ゆみ(……さてどうするか。この状況、普通に考えれば、というより正気なら続けないという選択肢はありえないが)

ゆみ(特に宮永に対して、国士無双は暗槓でも直撃を取れる。おそらくこれ以上ない配牌だろう)

ゆみ(しかし……)チラッ

ゆみ(宮永はカンによる有効牌の引きや嶺上開花が目立っているが、おそらくそれだけじゃない)

ゆみ(池田への差し込み、最終局近くでの細かい和了り、天江に掴ませた当たり牌)

ゆみ(天江と同じく配牌やツモにも影響を与えていると考えるのが妥当だろう)

ゆみ(ならばこの配牌も……)

ゆみ(……天江に対して普通に和了ろうとしても無駄だった。宮永に対してもそれは同じではないだろうか)

ゆみ(団体戦の決勝では実際に止められている。まあ、あれは捨て牌が露骨だったが)

ゆみ(なまじ天江に比べて和了れるから勘違いするが、それは宮永に届かない範囲でしかないのでは……?)


天竜「あの、すみません。そろそろ……」

ゆみ「ああ、すまない。もう少しだけ待ってくれ」


ゆみ(……いずれにせよ普通に和了りを目指しては敵わないだろう)

ゆみ(京太郎くんもこんな気分だったのかな。確かにこれは辛い表情にもなる)フッ

ゆみ(彼は自分を盲信するでもなく、効率を追求するでもなく、自分の打ち方を見出して貫いた)

ゆみ(ならば私がすべきことも1つだ。これでは勝てない。そう考えよう)

ゆみ(最善手ではないかもしれない。馬鹿げた選択かもしれない)

ゆみ(けれどそれが如何に無謀に見えても、自棄になったように思えても、私は私の感じるベストを尽くす)

ゆみ(それが後輩に、京太郎くんに示せる私の麻雀だ!)

ゆみ「九種九牌。……流局にしてくれ」パタン

天竜「……はあ!?」

裾花「えっ、それで……?」

咲「!?」


---------------------------------------


睦月「え!? なんで九種九牌なんて!」

佳織「1つずつ……あれってもう少しで役満だよね?」

京太郎「そうですね……国士無双です」

佳織「なんで加治木先輩は国士無双目指さなかったんだろう?」

睦月「うーん……あ、解説やるみたいだよ」


アナ『まさかの九種九牌。驚きましたがこれはどのような理由で流局にしたのでしょうか』

藤田『普通に考えればありえないな。何ひとつメリットがない』

アナ『先ほどの男子個人戦決勝で、同じ鶴賀の須賀選手も気になる打牌をしていましたが……』

藤田『それはメリットが薄いというだけでなくはないからな。これはそもそもメリットがないと言っていい』

藤田『ただ加治木は大胆なところはあっても基本的に手堅い選手だ』

藤田『博打ですらない判断だが、その場にいなければ感じられない何かがあったのかもしれないな』

アナ『須賀選手のように危険を感じた結果ということでしょうか』

藤田『そうではないだろうな。加治木のこれまでの牌譜は理に適ったものだ』

藤田『これも感覚ではなく、団体決勝でやった宮永への槍槓のように加治木なりの筋を通した結果が九種九牌なんだろう』

藤田『私には理解できないがな』

アナ『なるほど。ありがとうございました。仕切り直しの南4局。勝利の女神は誰に微笑むのか!』


睦月「話題に出てたけど京太郎くんは加治木先輩の判断はどう思う?」

京太郎「そうですね……ゆみ先輩が考えないであんなことやるわけありませんから、正しいって信じてます」

睦月「そっか……私はやっぱりあのまま続けてたほうがいいと思う。間違ってるとまで言わないけど……」

京太郎「それも正しいと思います。変える必要なんてない場面ですし」

睦月「うむ……ただ団体戦の決勝で2回もあんな形のを和了れなかったから、続けたくなかったんだろうなとは思うよ」

京太郎「そうですよね。あそこまで揃うのもめったにないのに、そこから和了れないなんて……」

佳織「え? そんなに珍しい?」

京太郎・睦月「……」

佳織「えっ、え?」

京太郎「さあ応援しましょう!」

睦月「頑張れ加治木先輩!」

佳織「うぅ。前もこんなことあったような……」


---------------------------------------


ゆみ(さて、あんなことをしてケチがついていなければいいが……)カチャッ

手牌 279一四七①⑧⑨南西北中 ドラ北

ゆみ(……自分でやったこととはいえ気が滅入るな)ハァ

ゆみ(本当に団体戦の再現になってしまいそうだが、まあ弱音を吐いてはいられないか)

ゆみ(その前に、天竜と裾花の2人は……)

天竜「……」ギラギラ

裾花「……」フゥ

ゆみ(2人とも絶望的な点差だが諦めてはいないようだ。団体戦終盤の池田と同じような目をしている……ありがたい)

ゆみ(最初のツモは……む、上手く自風の南が重なったか)タン 打2

天竜「……」タン

裾花「……っ」タン

咲「ポン!」 ポン九

ゆみ(随分仕掛けが早いな。ポンは九萬か。こんなに早いうちに仕掛けたということは……!)

ゆみ(最終形は決まった。後は私にそれを和了りきる力があるかどうかだ!)タンッ 打西


咲(加治木さん、なんで九種九牌なんてしたんだろう。確かに北と九索は嶺上牌にあったけど……)

咲(ううん。もう流局したんだから、さっきのは関係ない。私は今ここで勝たなきゃ)

咲(和ちゃんのために。……それと、自分のために)

咲(京ちゃんのおかげでまた始められた麻雀だもん。京ちゃんが好きに……)ズキッ

咲(……好きになった人には負けられない!)

……



十一巡目
咲手牌 三三三五六六七發發發 ポン九

咲(うん、揃った。嶺上牌に發と九と六があるから、後は三萬が出れば和了れる)

咲(天竜と裾花の2人は和了らないよね。後は加治木さんだけど、加治木さんも役満の直撃じゃないと和了れない)

咲(捨て牌を見る限り国士無双ではなさそう。大三元とか發が必要なのは出来ないし清老頭も多分違うよね)

咲(やっぱり四暗刻かな。単騎待ちのはずだから気をつけるのは難しいけど……)

咲(……どっちにしろカンしちゃえば問題ない! それで勝てるんだ!)タン

天竜「……」タン

ゆみ「っ! 立直!」タンッ

咲(え、立直? 立直すれば届くってことかな。清一色とか……?)

咲(まあ私が萬子を揃えてるから、清一色でも萬子じゃないはず。三萬さえ出れば……!)

……




天竜「うー」タン

咲(来たっ! 三萬!)

咲「カン!」 カン三 嶺上ツモ發 新ドラ3

ゆみ「っ!」

咲「もいっこカン」 カン發 嶺上ツモ九 新ドラ⑤

咲(これで……!)

咲「もいっこカン!!」 カン九 嶺――

ゆみ「ロン!」

咲「……え?」

ゆみ「ロンだ。……上手くいってよかった」ホッ

咲「そ、そんな! 槍槓じゃ足りるはずが……」

ゆみ「そうだな。このままでは足りないよ」パタッ

手牌 789七八⑦⑧⑨南南南北北 ロン九

ゆみ「立直、槍槓、三色同順、場風、自風、混全帯?九、ドラ2。10翻だ」

咲「じゃあなんで……!」ハッ

咲「まさか裏ドラ狙いで……?」

ゆみ「カンで出てくれると心臓に良かったんだが……まあどちらでも同じか」

咲「そんな無謀なことするより初めから役満狙ったほうが……」

ゆみ「普通の相手ならそうしたが、なにぶん相手は宮永咲だからな」

咲「私は別に――」

ゆみ「……すまない、そろそろめくらせてもらうぞ」

咲「……」

ゆみ(私が乗り越えなければならないハードルは3つあった)

ゆみ(1つは九萬を引かないこと。2つ目は宮永が和了るより先に聴牌すること)

ゆみ(宮永がカンをするのは分かっていたから、これでほぼ確実に宮永から和了ることが出来る)

ゆみ(……そしてこれが3つ目。カンドラ、もしくは裏ドラで3翻を得ること)

ゆみ(幸い九萬の加槓は3回目のカンだった。おかげで3枚裏ドラをめくれる)ドキドキ

ゆみ(ここまで分の悪い賭けに勝ってきたんだ。最後も頼むぞ……!)ドキドキ

ゆみ「……っ」 裏ドラ②

ゆみ(次は……!) 裏ドラ中

ゆみ(数牌3つや数牌と北と組み合わせは色々あるが……まさか5つドラがあるのに1つも出ないとは)フゥ

ゆみ(後は東をめくるしかない。幸い東はまだ1枚も見えていない。頼む……!)ドキドキドキドキ

咲「……」ギュッ

ゆみ「――」スーッ



裏ドラ南



『数え役満ーーーーー! 加治木選手の逆転で決着!!!』


ゆみ「――――よしっ!!」グッ

咲「……あ」

天竜「……はぁ、まったく良い物見せてもらったわ」テクテク

裾花「……信じられない」テクテク

ゆみ「……まあ、私も二度とやりたくはないな」

咲「そっか。負けちゃったんだ。……絶対負けたくなかったのに」

ゆみ「まあまだ原村を上回ったわけでは……いや、上回っていなければ困るんだが」

咲「……負けられなかったのは和ちゃんのためでした。でも、負けたくないのは私のためです」

ゆみ「……そうか」

咲「その、加治木さんが全国へ行ったら……あ、えっと、行けなくても、もう一度打ってもらえますか?」

ゆみ「……もちろん。負け越しているのは私の方だからな。まあ、全国で戦えることを望んでいるが」

咲「ありがとうございます! ……それと、1つだけ聞いていいですか?」

ゆみ「答えられることなら」

咲「……先週の京ちゃんの告白。京ちゃんは全国に行けなかったですけど……」

ゆみ「……京太郎くんの言ったとおりだよ。彼は全国へ行けなかった。だから返事はしない」

咲「そう、ですか。……ごめんなさい。もう1つだけ聞かせてください。加治木さんは――」


---------------------------------------


アナ『裏ドラが乗って数え役満! 加治木選手、見事宮永選手から役満を和了りました!!』

アナ『これで加治木選手は逆転。宮永選手を抜きトップとなりました』

アナ『早和了りやドラが増えるところを狙うなど、試合前に藤田プロが言っていた点を突いての勝利でしたね』

藤田『まあ特別な作戦というわけではないからな。誰しも考えるが実践は難しいという類いのものだ』

アナ『そうですか。まくりの女王と呼ばれる藤田プロから見てこの逆転劇はどうでしたか?』

藤田『カンでドラが増えるとはいえ、九萬が最初にカンされるかもしれない。最後のカンでもドラが出るかはわからない』

藤田『しかし実力が上の選手に勝つには無茶も必要だ』

藤田『結局は勝つと信じ切れなければまくることは出来ない。泥臭いがいいまくりだった』

アナ『加治木選手、素晴らしい逆転劇でした。……あ、どうやら全ての卓で試合が終わったようです』

アナ『最終結果が発表されます……1位は宮永選手、2位福路選手。そして3位は……』

アナ『……加治木選手です!加治木選手、僅差で原村選手を逆転!』 

アナ『総合順位でもまくりを決め、全国行きの切符を手にしました!!』

藤田『原村も最終局は1位か。2人とも見事だな』

アナ『数々のドラマがあった女子麻雀個人戦決勝、ハイライトで振り返りたいと思います――』


京太郎「すっげえ……」

睦月「あれで逆転するなんて、しかも宮永さんに」

佳織「私もあんなにドラが乗ったことはないなあ。凄いや」

京太郎「シビレました。もう鳥肌が立っちゃいましたよ」

桃子「鳥肌が立つって言葉にいい意味はないんすよ」

京太郎「しょうがねえだろ実際立ったんだから……ってモモ、いつの間に」

桃子「いつの間にって……私の体質だからしょうがないじゃないっすか……」

京太郎「そういう意味じゃねえよ!?」

桃子「冗談っす。ついさっきっすよ。……にしても凄いっすね。考えてもやらないっすよあんなこと。まして和了りきるなんて」

智美「まあウチの部で一番無茶するのはゆみちんだからなー」

智美「たまに冷静さをどこかに置いてっちゃうんだ。そこがいいところなんだけどな」ワハハ

京太郎「そういえば俺たちが入ったのもそれででしたね」

智美「私も今来たところだけど、私には何も言わないんだなー」

桃子「やっぱり私が見えないから……」

京太郎「2度目はもういいでしょ!?」

智美「緊張をほぐすために重ねてみたぞー」ワハハ

京太郎「はい? 今さら何に緊張を……」

智美「ゆみちんのとこ行くんだろー?」

京太郎「えっ……」

桃子「いやまあ、ここで私たちに見られながら振られるのがお好みっていうならそれはそれでいいっすよ」

京太郎「嫌だよ! というか振られるわけじゃねえ! ……でもそうですよね。俺は行かないと」

睦月「うむ、加治木先輩も真っ先に京太郎くんに会いたいと思うよ」

佳織「頑張って!」

京太郎「まあ返事は貰えないんですけどね……」ハハ…

京太郎「それじゃ一足先に全国大会出場を祝ってきます!」タッタッタ

智美「頑張るんだぞー」ワハハ


---------------------------------------


ゆみ「……あ、京太郎くん」ドキッ

京太郎「ゆみせんぱーい!」タッタッタ

ゆみ「こ、こら。ただでさえ注目されているんだからあまり大声を出すな」

京太郎「す、すみません、早く伝えたくて。全国大会出場、おめでとうございます!」

ゆみ「――! そうか、私は原村に勝てたのか……」

京太郎「はい! 槍槓からの数え役満凄かったです! 俺じゃとても出来ないですよ」

ゆみ「私も2度やろうとは思わないな」フフッ

ゆみ「……これで麻雀部のみんなで過ごせる時間が長くなった」

京太郎「そうですね。全国大会が終わるまでは一緒にいられます」

ゆみ「ああ……君と同じ部に、長くいられる」

京太郎「……」

ゆみ「……」

京太郎「……」

ゆみ「……京太郎くん」

京太郎「はい」

ゆみ「よく頑張った。入賞おめでとう」

ゆみ「ずっと見ていたよ。君の先輩として、君に麻雀を教えた1人として、君のことを誇りに思う」

京太郎「ありがとうございます」

ゆみ「こう言っては何だが実力以上の力を出していたと思う。ただ、本番でそういうことが出来るのも才能だと私は思う」

京太郎「いつもこのくらい出さればいいんですけどね」ハハハ

ゆみ「まったくだな」フフッ

ゆみ「……だが、それでも全国には届かなかった」

京太郎「……はい」

ゆみ「君が言った条件だから、私が勝手に破るのはよくないと私は思う」

京太郎「……俺からもやっぱりなしでとは言いません。一度言ったことですから」

ゆみ「そうか……それなら私も返事はしない」

京太郎「……はい」

ゆみ「だから、ここからは私の話だ」

京太郎「はい?」

ゆみ「」スゥーッ





ゆみ「私は君が欲しい!」

京太郎「!?」






---------------------------------------

咲『加治木さんはこれからどうするんですか?』

ゆみ『どうとは……』ドキッ

咲『えと、京ちゃんに会ったら何をするんですか?』

ゆみ『……やっぱりわかるものなのか』

咲『それはまあ。同じ人を好きになったんですから』

ゆみ『そんなものか……まあ君にならいいか』

ゆみ『告白するよ。返事はしないと言ったが、告白しないとは言っていないからな』

咲『凄い屁理屈』クスクス

ゆみ『京太郎くんが勘違いしているのが悪い。返事をしないというのがどういう意味だと思っているんだろうな』

咲『同感です。基本的に気配りしてくれて優しいんですけど、たまに抜けてるんですよね』フフッ

ゆみ『まあ彼も私から言ったら意地を張ったりはしないだろう』

咲『そうですね。……すみません。最後にあと1つだけいいですか?』

ゆみ『……意外とグイグイ来るな。まあ構わないが』

咲『ごめんなさい。どうしても聞きたかったんです』

咲『……加治木さんが全国へ行けなかったら、どうしてましたか?』

ゆみ『……変わらないよ。たとえ全国へ行けなくても、私は私から告白していた』

咲『……そうですか。ありがとうございました。おかげで最後勝ってれば、なんて悔いは残らなかったです』

ゆみ『……そうか』

ゆみ『さて、それでは私はそろそろ控室へ戻るよ』

咲『はい。今日はありがとうございました。今度は負けません!』

ゆみ『それは私の台詞でもある。それじゃまた。次やるときもいい試合にしよう』スタスタ

咲『楽しみにしてます! ……』

咲『……』グスッ


---------------------------------------


京太郎「え。え、えっ?」

ゆみ「……思った以上に恥ずかしいなこれは。前と違ってなまじ理性が残っている分つらい」カアァァ

京太郎「い、今なんて……」

ゆみ「君がこの前言ったのと同じだ。もちろん意味も」

京太郎「で、でも俺勝てませんでしたし」

ゆみ「だからこれは返事じゃない。私からの告白だ」

京太郎「けど俺、情けない姿しか見せられなくて……」

ゆみ「もし、それが君の麻雀のことだとしたら、私は本気で怒るぞ」

京太郎「……ゆみ先輩はそう言ってくれても、ゆみ先輩と比べると俺は……」

ゆみ「……」ハァ

ゆみ「なあ、京太郎くん」ズイッ

京太郎「は、はい」ドキッ

ゆみ「告白の返事をしないでいいというのはどういうつもりで言ったんだ?」

京太郎「どうってあのときは……」

ゆみ「いやまあ焦っていたのはわかるが……きっと一種の罰みたいなものと考えていたんだろう」

京太郎「罰っていうと大げさですけど、まあ勝てないようなら返事貰う資格なんかないっていうハードル的な……」

ゆみ「分かってはいたが、やっぱりそういうつもりか……」ハァ

京太郎「ゆみ先輩?」

ゆみ「あのな、京太郎くん。告白の返事をしなくていいというのは、私と君が付き合えないということだ」

京太郎「そりゃまあ、俺はゆみ先輩と付き合えないという意味で言って――」

ゆみ「君がじゃない。私と、君がだ」

京太郎「……え? い、いやでもそれ」

ゆみ「私の気持ち、知らなかったとは言わせないぞ」ポスッ

京太郎「……」

ゆみ「京太郎くんは1年生だからわからないと思うが、3年生になると残りの高校生活の短さを実感するんだ」

ゆみ「全国へ行けるのは早くても半年近く経ってから」

ゆみ「近くにいるのにそんなに長い間君とこれ以上親しくなれないなんて、私は耐えられない」

京太郎「ゆみ先輩……」ドキッ

京太郎「俺だってそんなの嫌ですよ!」

ゆみ「……そうか。それなら、返事をしてくれ」ドキドキ

ゆみ「一応言っておくが、これは私が私のためにした告白だからな」

京太郎「はい。……ゆみ先輩、俺も、あなたのことが大好きです!! こんな俺でよければ、よろしくお願いします!」

ゆみ「京太郎くん……ありがとう。嬉しい」ポロ

京太郎「俺のほうこそですよ……ってゆ、ゆみ先輩? 涙が……」

ゆみ「え?」ポロポロ

ゆみ「あ、あれ。気を張っていた反動か……ヒクッ 安心したら止まらないな……エグッ」

京太郎「……ゆみ先輩、落ち着くまでこうしててください」ギュッ

ゆみ「わっ……ありがとう、少し……ヒクッ 胸を借りる」ポスッ

……



ゆみ「……今日は、朝から緊張していたんだ」

京太郎「今日で引退かどうか決まっちゃいますから、そりゃしますよ」

ゆみ「いやそうじゃなく。君がもし全国へ行けなかったら告白しようと決めていたんだ」

京太郎「……ああ、そういえば朝、最後なのとは別に緊張してるとか言ってましたね」

ゆみ「ああ。……君に告白することは決めていたが、断られたらどうしようって頭の中をグルグル回っていたんだ」

京太郎「俺だってゆみ先輩に告白したじゃないですか」

ゆみ「告白されたからって断られる可能性は0じゃない。君が俺はまだ勝ててないからなどというかもしれないしな」

京太郎「うっ……」

ゆみ「……まさか本当に言うつもりだったのか」

京太郎「い、いえ。ただその、頭をよぎらなかったといえば嘘になるかなーと……」アハハ

ゆみ「笑い事じゃない。まったく……」

ゆみ「まあ、これで緊張するのもわかっただろう。OKされて一気に緊張が解けたんだ」

ゆみ「……本当に嬉しかった。ありがとう、京太郎くん」

京太郎「俺のほうこそ、というかほんとは俺からちゃんと言いたかったんですが」

ゆみ「君がバカな条件なんてつけるからだ」ムゥ

京太郎「あはは……ゆみ先輩。涙、もう大丈夫ですか」

ゆみ「ああ、ようやく収まってきた。これで君の顔を見れるよ……京太郎」

京太郎「っ!」ドキッ

京太郎「ゆみ……さん」

ゆみ「さん?」

京太郎「今すぐはちょっと……」

ゆみ「私は呼び捨てのほうが嬉しいんだがな」

京太郎「すみません、俺の問題です」

ゆみ「そうか……まあ追々直してくれ」

ゆみ「……京太郎。もう一度呼んで貰っていいか?」

京太郎「ゆみさん……」ジッ

ゆみ「京太郎……」ジッ

京太郎「……」

ゆみ「……ん」メツブリ

京太郎「! ……」ソーッ

ゆみ「……」ドキドキ

京太郎「……」ドキドキ

京太郎「――」スーッ


桃子「はいそこまでっすよー」

京太郎「うおぉっ!!??」バッ

ゆみ「も、モモ!?」バッ

桃子「お楽しみのところ悪いっすけど電車の時間が迫ってるから帰るっす」

京太郎「お、お前ステルス悪用するなよ! 全然気づかなかったぞ!」

桃子「今回ばかりはステルス関係ないっすよ」チラッ

京太郎・ゆみ「え?」

智美「ワハハー」

睦月「えっと……」

佳織「あはは……」

京太郎「い、いつの間に……!」ガタタッ

智美「入賞おめでとうの辺りかなー」ワハハ

ゆみ「ほぼ初めからじゃないか!!」

桃子「少し離れてただけなのに気づかないのが悪いっす」

睦月「ちなみに他校の人も周りに結構いましたよ。先輩が泣いた辺りから辛くなったのかいなくなりましたけど」

智美「私達も置いて帰ってやろうかと思ったなー」ワハハ

ゆみ「うぁ……」バタバタ

京太郎「ぐおぉ……」バタバタ

佳織「でもなんにせよよかったです。おめでとうございます!」

桃子「そうっすね。ゆみ先輩には上手く騙されたっすけど」

ゆみ「……あれだけ答えないと言っていれば、気を使って来ないだろうと思って誤魔化してたんだがな。私が甘かったよ」ハァ

智美「あれだけ人前でイチャついておいて隠そうだなんて甘いぞー」ワハハ

京太郎「イチャついてなんかいませんて!」

桃子「……動画でも録っておけばよかったっすかね」

睦月「それはさすがに……」

佳織「で、でも効果はありそうだよ!」

京太郎「佳織先輩!? モモのフォローのつもりですかそれは!」

佳織「えと、半分はそうかな」

ゆみ「待て、残りの半分はなんなんだ」

智美「そんなのわかりきってるだろー。それよりほら、いい加減時間がないぞ」

京太郎「お願いですからしっかり反論できる時間を……!」

ゆみ「……まあ時間がないのは確かみたいだし、残りは帰りの電車の中ででも話そう」

桃子「私たちを先に帰らせて、2人は残って楽しんできてもいいんすよ?」

京太郎・ゆみ「するか!」

佳織「え? 意が……あ。それじゃあ私たちは玄関で待ってますね」

ゆみ「何か言いかけたのが気になるが……もういいか」ハァ

京太郎「あはは……それじゃ荷物取ってきますね。行きましょうゆみさん」

ゆみ「ああ、京太郎」フフッ

京太郎「……」キョロキョロ

ゆみ「どうかしたのか?」

京太郎「いえ、ちょっと周りの確認を……よし」

ゆみ「?」

京太郎「」ギュッ

ゆみ「きょ、京太郎!? て、手を……!」アワアワ

京太郎「その、周りに誰もいないみたいなんで……ダメですか?」

ゆみ「ダ、ダメじゃない! た、ただ驚いただけだ!」ワタワタ

京太郎「ありがとうございます!」ギュッ

ゆみ「……」テクテク

京太郎「……」テクテク

ゆみ「……」テクテク

京太郎「……な、なんか緊張しますね」アハハ

ゆみ「あ、ああ。もっと見られて恥ずかしいことはやっているのにな」

京太郎「なんでこんな気分になるんですかね?」

ゆみ「……きっと恋人らしい行為だからだろうな」

京太郎「な、なるほど……」カアァァ


ゆみ「……京太郎」

京太郎「はい」

ゆみ「全国大会が終わって私が引退しても、出来るだけ一緒にいような」

京太郎「はい。学校であんまり会えないのが寂しいですけど」

ゆみ「……部室で勉強するのはありだろうか」

京太郎「嬉しいですけど、集中できますか?」

ゆみ「集中力はある方だと思うが……」チラッ

京太郎「?」

ゆみ「……君に見惚れるかもしれないな」ボソッ

京太郎「~~~!!」カアァァ

京太郎(やべえ、抱きしめたい!)

ゆみ「コホン……京太郎、大好きだよ。これからもよろしく」ギュッ

京太郎「ゆみさん、俺も大好きです。よろしくお願いします」ギュッ



京太郎「……そういえばなんで俺は先週怒られたんですか?」

ゆみ「先週? ……君が大声で叫んだときか?」

京太郎「せめて告白と言ってもらえると……いやまあそうなんですけど」

京太郎「さっきゆみせんぱ……ゆみさんも同じ告白したじゃないですか!」

ゆみ「なんだそんなことか」

京太郎「そんなことって……」

ゆみ「私が言おうとしていた台詞を京太郎に言われたんだ。あのくらい言わせろ」プイッ

京太郎「……え? ゆみさんも告白しようって思ってたんですか。しかも同じ台詞で……」

ゆみ「……京太郎が私を好きな気持ちと同じかそれ以上に、私は君のことが好きだよ」

ゆみ「それに私が君に告白するならあの台詞しかないと思った。理由は君と同じだ」

京太郎「」ポカーン

ゆみ「……どうした?」

京太郎「ああいえ、今めちゃくちゃ嬉しいんです。もうなんか、顔が緩まないようにするのが大変なくらい」ニヤニヤ

ゆみ「十分緩んでるぞ」

京太郎「ヤバイ、すっげえ嬉しいです。ゆみさんと同じこと考えてるってだけでこんなに嬉しいんですね……!」ニヤニヤ

ゆみ「私も嬉しいが、京太郎は少し緩みすぎだ」ニコニコ

京太郎「ゆみさんも口元ニヤついてますよ」クスッ

ゆみ「なっ!」ワタワタ

京太郎「ほら、急ぎましょう。電車遅れちゃいますよ」

ゆみ「お、おい。言いっぱなしにするな!」

ゆみ(……同じことを考えている、か)

ゆみ(こんなことでドキドキしてしまうなんて、本当、私もどうしようもないな)ドキドキ


………

……




ゆみ「京太郎だけか?」ガラッ

京太郎「はい。先輩たちもモモもまだ来てないですよ」

ゆみ「ふむ。まあちょうどいいか」

京太郎「何かあったんですか?」

ゆみ「ああ。推薦が決まったんだ。早く君に伝えたかった」

京太郎「ほんとですか! おめでとうございます!」

ゆみ「ありがとう、京太郎。これで大学も自宅から通えるよ」

京太郎「はい。……卒業してからも一緒にいられますね」

ゆみ「うん、素直に嬉しいよ」フフッ

京太郎「俺も嬉しいです! にしてもやっぱり不安がることなんてなかったじゃないですかー」

ゆみ「君もこの立場になってみればわかる。第一、私の実績なんて大したものではないからな」

京太郎「全国大会で決勝リーグまで行ったじゃないですか。十分凄いですって」

ゆみ「行ったからこそわかる実力の差というのもあったよ。順位もよくなかったしな」

京太郎「でも少なくとも全国で2桁以内の実力じゃないですか」

ゆみ「それはまあ、うん」

京太郎「じゃあ自信持ちましょう! プロ目指すんですから、謙遜しすぎるのもよくないですよ」

ゆみ「……そうだな。私のことを評価してくれたわけだし」

京太郎「そうですよ。それに推薦が出た大学って藤田プロが推薦してくれたとこでしたよね?」

ゆみ「ああ。合宿で少し話したときに、ちゃんとした指導は受けたことがないと言ったら藤田プロの出身校を紹介してくれたんだ」

ゆみ「まあほんとに紹介だけだったんだがな」

京太郎「自分の力で受かれってことですか。藤田プロらしいですね」

ゆみ「そうだな。プロを目指すならこのくらい他人に頼るなということなんだろう」

京太郎「……プロ目指したのって、やっぱり藤田プロに大学紹介されたからなんですか? 聞いたのは全国終わってからでしたけど」

ゆみ「いや、全国大会が終わってからだよ」

京太郎「そうなんですか? 差を感じたって言ってたような……?」

ゆみ「だからこそかな。悔しかったんだ。特に宮永には一度手が届いた分なおさらな」

京太郎「全国大会の咲凄かったですね。特に最後の照さんをまくったところ、長野の決勝のゆみさんみたいでしたよ」

ゆみ「総合順位で上回ったというところが私と違うがな」フフッ

京太郎「仕方ないですよ。逆転できる点差じゃなかったですし」

ゆみ「わかってる……少し話がそれたな。その宮永や宮永照のような圧倒的に格上の相手に負けて悔しいと思ったんだ」

京太郎「? そりゃ悔しいですよ。俺だってアカギさんや隗さんに負けたときも、当然ってわかってても悔しかったです」

ゆみ「それが君のいいところなんだろうな」

ゆみ「私は団体戦で負けたときも、悔しいというよりは寂しいと感じてたよ」

ゆみ「だからこそ、悔しいと感じたことは自分でも意外だった。勝てるなんて思っていなかったはずなんだがな」

京太郎「……麻雀をするとき、心の底から勝てないと思ってする人なんていませんよ」

京太郎「一度勝てたからそれが表に出ただけです。きっと」

ゆみ「……そうだな。まあ、だから全国大会のあとこのままじゃ終われないと思ってプロを目指そうと思ったんだ」

ゆみ「大体だな……そんな大事なこと、決めたらすぐ君に話すに決まっているだろう」

京太郎「」

ゆみ「ど、どうかしたか?」

京太郎「いえ、愛されてるなあと」ジーン

ゆみ「あ、愛っ!? へ、変なことを言うな!」カアァァ

京太郎「……俺は愛して貰えてなかったんですね」ガクッ

ゆみ「誰もそんなこと言ってないだろう!」

京太郎「冗談ですよ」アハハ

ゆみ「まったく。……そんなこと冗談でもあまり言って欲しくはないな」

京太郎「う、反省します」

ゆみ「ああ。ちゃんと反省してくれ」

京太郎「でもゆみさんがプロ目指してくれてよかったです」

ゆみ「うん? 受験するにせよ麻雀をやめるつもりはなかったが」

京太郎「それはそうですけど……」

ゆみ「けど?」

京太郎「俺はゆみさんの、技術と対応力で相手を倒す麻雀が大好きなんです」

京太郎「牌に愛された子みたいな特別な力がなくても、麻雀を愛してれば対抗出来るんだなって思えて……」

京太郎「これからも全力で打ち込んでるところを見ていたかったんです。……まあ、俺の勝手な押し付けですけど」

ゆみ「……君は恥ずかしいことを平気でいうな」カアァァ

京太郎「ゆみさんが言いますかそれ」

ゆみ「まるで私が恥ずかしいことを言っているみたいな言い方じゃないか」

京太郎「言ってないとは言わせませんよ!?」

ゆみ「……まあいい」プイッ

京太郎(自覚ないわけじゃないんだな)

ゆみ「京太郎にそこまで言われたら私も頑張らないわけにはいかないな。だからその……」

ゆみ「わ、私をその気にさせたのは京太郎だ。だから、責任をとってちゃんと最後まで一緒にいてくれなきゃ嫌だぞ」カアァァ

京太郎「……当たり前じゃないですか。俺こそ一緒にいさせてください」

ゆみ「京太郎……」

京太郎「……」

ゆみ「……」メツブリ

京太郎「……」ソーッ

ゆみ「ん……」ドキドキ

京太郎「――」スーッ

ゆみ「……んっ」チュッ

京太郎「……な、なんか恥ずかしいですね」カアァァ

ゆみ「そ、そうだな」カアァァ

ゆみ「……でも、嬉しい。ようやく君と出来た」

京太郎「モモとかに邪魔されてなかなか出来ませんでしたもんね。……」ジーッ

ゆみ「? ……っ! あ、あまり唇を見つめるな。恥ずかしいだろう」バッ

京太郎「す、すみません! つい……」

ゆみ「……実は、さっきは嬉しさでいっぱいでな。あまり感触がわからなかったんだ」

京太郎「! お、俺もです」

ゆみ「だからな、その……」チラッ

京太郎「……目、閉じてください」

ゆみ「……うん」スッ


京太郎「――」ドキドキ

ゆみ「――」ドキドキ

睦月「……」ドキドキ

佳織「……」ドキドキ

桃子「……」ニヤニヤ


京太郎「……え?」

ゆみ「どうかし――っ」

桃子「こんにちはっすー!」ニヤニヤ

京太郎「っ!」ガタタッ

ゆみ「っ!」ガタタッ

睦月「あ、ご、ごめんなさい。気にしないでください!」

佳織「ど、どうぞ続けてください!」

ゆみ「続けられるか! いつからいたんだ!?」

桃子「最初はドアの窓から隠れて見てたっすから、どこからかはわからないっす。まあキスする前っすね」

京太郎「隠れるなよ! というか見るなよ!」

睦月「うむ。それはもっともだけど、今まで何度も邪魔しちゃったから今回は見守ろうと思って……」

京太郎「見る必要あります!? 気を使って見るのもやめてくださいよ!」

睦月「そこはまあ……好奇心?」

京太郎「素直ですね畜生!」

桃子「でもキス終わってからドア開けて入ったのに、気づかれなかったのは予想外だったっす」

ゆみ「え?」

桃子「だからキスした後冷やかそうと思ってドア開けたのに、気づかなかったじゃないっすか。おかげでいいもの見れたっすけど」

佳織「集中してましたよね。2人だけの世界って感じでした」

ゆみ「……うぅ」ガクッ

京太郎「ゆみさん!? しっかりしてください!」

ゆみ「どこかに消え入りたい気分だ……」

京太郎「俺がついてますから。恥をかくときは2人一緒ですよ!」

ゆみ「京太郎……」ジーッ

京太郎「ゆみさん……」ジーッ

桃子「そこのバカップルはほんと懲りないっすねー」

ゆみ「ひゃっ!」バッ

京太郎「うおっ!?」バッ

睦月「邪魔して悪いけど、そろそろ部活始めよう?」

京太郎「い、いえ。全然悪くないです! むしろ歓迎です!」

佳織「三麻やっててもいいけど……」

京太郎「大丈夫ですから!」

睦月「加治木先輩はどうされます? 久しぶりに打ちますか?」

ゆみ「いや、邪魔になっては悪いから。ここでおとなしくしているよ」

睦月「わかりました……じゃあ皆、始めよう」

一同「はい!」

……



智美「遊びに来たぞー」ガラッ

京太郎「あ、ぶちょ……智美先輩」タン

智美「そろそろ慣れようなー。部長はむっきーだぞ」

睦月「ちゃんと私のことも部長って呼んでくれてますよ。智美先輩は1日ぶりですね」タン

智美「昨日は来れなかったからなー。毎日来たいんだけ……」

ゆみ「お前、そんなに来ているのか」

智美「ゆ、ゆみちん!? め、珍しいじゃないか」ワハハ

ゆみ「今日は推薦が決まったからその報告にな」

智美「おお、決まったのかー! ゆみちんおめでとう!」

ゆみ「ありがとう。後は蒲原だな。さあ勉強をするぞ」

智美「ちょ、ちょっとくらい息抜きも」

ゆみ「来たばかりで息抜きも何もないだろう。早くノートを出せ」

智美「ワハハ……」

智美「ゆみちん、ここ教え――」

ゆみ「……」ジーッ

京太郎「……」タン

智美「……ゆみちん?」

ゆみ「はっ! どうした?」ワタワタ

智美「京太郎と何かあったのかー?」

ゆみ「な!? な、なにもないぞ」

智美「ゆみちんはいつも京太郎のこと見てるけど、今日はいつもより見てる時間が長いからなー」ワハハ

ゆみ「うっ、無意識にそんな……」

智美「それで何したんだー?」ワハハ

ゆみ「……キスした」ボソッ

智美「ワハッ!?」

ゆみ「な、なんだ。悪いか!」

智美「いやーちょっと驚いたぞー。そうかついにかー」ワハハ

ゆみ「誰のせいだ誰の」

智美「確かに何度か邪魔したけど悪気はなかったんだぞ?」

ゆみ「信じられるか」

智美「まあまあ。それで1度目は告白のときで、2度目は全国大会だったかー?」

ゆみ「その次は公園。その後は学校でだったな。……4回だぞ!」

智美「不幸な偶然だなー」ワハハ

ゆみ「どれだけ気まずくなったことか……」

智美「まあ遅くなったけど出来てよかったじゃないか」

ゆみ「……あ、ああ」カアァァ

智美「ちなみにモモたちは知ってるのかー?」

ゆみ「……まあ、見られたしな」プイッ

智美「そうなのかー」ワハハ

智美(後で様子を聞いておこう)ワハハ


睦月「お疲れさま。今日はこれで終わりにしよう」

京太郎「お疲れさまでした! くそー全然勝てなかった」

桃子「あんなとこ見せられたら麻雀で勝たせるわけには行かないっすよね」

京太郎「ちくしょう、いいとこ見せたかったのになあ」

ゆみ「大丈夫。結果には出ていなかったけどよくなってるよ」

京太郎「ありがとうございます!」

智美「むっきーも部長が板についてきたなー」

睦月「いえ、まだまだ先輩たちのようには」ハァ

智美「まあ私にはゆみちんがいたからなー」ワハハ

智美「そうだ。推薦も決まったんだし、ゆみちんも手伝ってあげたらどうだ? 自分の練習も必要だろー?」

ゆみ「いや、引退した私がいては津山もみんなもやりづらいだろう」

睦月「そんなことないですよ。まだまだ教わりたいこともありますし、加治木先輩の練習の手伝いもさせてください」

ゆみ「しかし……」

佳織「えっと、加治木先輩は今も京太郎くんに教えてるんですよね?」

ゆみ「……それは、うん」チラッ

京太郎「ゆみさんも忙しいからずっとってわけじゃないですけど」

佳織「それなら私たちにも教えてくれると嬉しいです」エヘヘ

ゆみ「……わかった。それならもう少しお世話になるよ」

桃子「決まりっすね!」

智美「それじゃあ私もお世話になろうかなー」ワハハ

ゆみ「……蒲原の勉強を見ながらになるが、よろしく」

一同「よろしくお願いします!」

蒲原「ワハッ!?」

…………

………

……



ゆみ「じゃあまた明日」

京太郎「お疲れさまでしたー」

一同「さよならー」

ゆみ「さて、私たちも帰ろうか」

京太郎「はい」

ゆみ「……今日は家まで送ってもらっていいか?」

京太郎「もちろんです! というか毎日送るって言ってるじゃないですか」

ゆみ「君が大変だろう」

京太郎「そんなことないって言ってるのに……」

ゆみ「私の家がもう少し近ければ別なんだが……京太郎に無理をさせたくないという私の気持ちもわかってくれ」

京太郎「それは嬉しいですけど」

ゆみ「まあいいじゃないか。週に1回くらいは君に送ってもらってるんだから」

京太郎「……そうですね。それじゃたまにしか一緒に帰れない分、頑張って送りますよ!」

ゆみ「ああ……いや、ゆっくりでもいいぞ」

京太郎「……はい、じゃあゆっくりめで」

……



ゆみ「――それは君らしいじゃないか」フフッ

京太郎「そんなことないですって」ムゥ

京太郎「……そういえば今日はなんで送らせてくれたんですか?」

ゆみ「うん?」

京太郎「今週は一度送ったじゃないですか。だから珍しいなって。いや嬉しいですけど」

ゆみ「ああ、なるほど。それは……その、今日君と、しただろう?」カアァァ

京太郎「? ……っ! は、はい」カアァァ

ゆみ「あ、あのときはすぐモモたちが来ただろう? だからその、余韻というか、君と2人の時間が欲しかったというか……」

ゆみ「と、ともかく! だから君に送って貰いたいと思ったんだ」

京太郎「は、はい! その……俺も一緒にいたかったです」

ゆみ「そうか……嬉しい」ギュッ

京太郎「!」ドキッ

ゆみ「……久々にこの状態でドキドキさせられたかな」フフッ

京太郎「くっ……今度俺がドキドキさせてリベンジしますからね!」

ゆみ(いつもさせられてるんだけどな)ギュッ

京太郎「ゆみさん?」

ゆみ「いや、楽しみにしてるよ」フッ



――加治木宅前――

京太郎「ゆみさん、着きましたよ」

ゆみ「ああ、もう着いてしまったか」

京太郎「話してると早いですよね……やっぱり俺が毎日送りますよ!」

ゆみ「それはダメだ」

京太郎「強情ですね」グヌヌ

ゆみ「それは君の方だろう」

ゆみ「……まあ、その代わりに」

京太郎「?」

ゆみ「……」コイコイ

京太郎「? はい」テクテク

ゆみ「――」グッ

京太郎「えっ――!」

ゆみ「」チュッ

京太郎「」

ゆみ「…………」スッ

ゆみ「……お、送ってくれたお礼だ。どう、だったかな」カアァァ

京太郎「えっと……」スッ

ゆみ「うん? ――!」

京太郎「」チュッ

ゆみ「!?」

京太郎「…………」フゥ

京太郎「こんな感じです」ニコッ

ゆみ「ば、馬鹿か君は!?」カアァァ

京太郎「ち、違いますよ! 突然されたからよくわからなかったんでもう一度しようと……」

ゆみ「すぐやり返すやつがあるか!」

京太郎「で、でもちゃんと感触はわかりましたよ。柔らかくて……」

ゆみ「……ふぁ」カアァァ

京太郎「……や、やめましょうか」カアァァ

ゆみ「あ、ああ。思った以上に恥ずかしいなこれは……」カアァァ

京太郎「それじゃそろそろ帰ります」

ゆみ「うん……なんだか寂しいな。いつもはこんなことないのに」

京太郎「俺もです」

ゆみ「……寄っていくか?」クイッ

京太郎「……ご両親いらっしゃるんですよね?」

ゆみ「母だけな」

京太郎「ま、まだ勘弁してください。心の準備が……」

ゆみ「まあそういうと思ってたよ」

京太郎「明日からはまた毎日部活で会えますね」

ゆみ「そうだな。……今度こそ全国へ行けるように鍛えるから覚悟するように」

京太郎「うっ。甘い部活生活はないんですかっ」

ゆみ「そういうのは部活の後だ」

京太郎「厳しいですね……まあ、俺も強くならないと」

ゆみ「ああ、私も頑張るから京太郎も一緒に頑張ろう」

京太郎「はい!」

ゆみ「……これからもよろしく。大好きだよ、京太郎」ニコッ



カン!