http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1361874491/




京太郎「東横ー。いるか?」

桃子「いるっすよ。席に座ってるっす」

京太郎「ああ、そこにいたのか。何やってるんだ?」

桃子「パソコンで麻雀をやってるっす。見ればわかるじゃないっすか」

京太郎「見ればってお前……」

桃子「……」

京太郎「……」

桃子「……はぁー。ノリ悪いっすね! ここは『いや見えねえよ!』とか言うところっすよ!」

京太郎「それで悩んでる奴にいきなりそんなこと言えるか!」

桃子「まったく、次からは気をつけるっすよ」

京太郎「はいはい……。で、麻雀って誰とやってるんだ? ネット麻雀ってやつ?」

桃子「んーネットはネットっすけど、学内ネットでやってるっす」

京太郎「そういうのもあるのか。てことは相手は同じ学校の人だな」

桃子「そうっす。麻雀部が最近始めたみたいっすね。掲示板にチラシが貼ってあったっす」

京太郎「へー。挑戦者来たれ! みたいな感じか?」

桃子「そういう感じではないっすね。チラシには麻雀に興味ある人歓迎って書いてたし」

桃子「何度か勧誘も受けてるから部員集めの一貫だと思うっす」

京太郎「初心者歓迎ってことか」

桃子「興味あるなら須賀くんもやってみたらどうっすか?」

京太郎「いや、俺はいいよ。ノートパソコン持ってないし、そもそも麻雀の役もわからないしな」

京太郎「興味はあるからよければ観戦させてくれ」

桃子「いいっすよー。私の勇姿を見るがいいっす!」

京太郎「おう、期待してるぞ」

桃子「くーっ! また勝てなかったっす!」

京太郎「麻雀部3人を相手に2位なら十分凄いじゃないか」

桃子「これでも麻雀の腕には自信があるんすよ。そこらの麻雀部員にも引けをとらないくらいには」

桃子「なのにこのかじゅって人にはなかなか勝てないっす」

京太郎「麻雀って運に左右されるんだろ? そういうこともあるさ」

桃子「20局以上打って勝ったのは数回だけ。さすがに悔しいっす……」

京太郎「20局で数回……。麻雀はよくわからないんだけど、それはどのくらい強いってことなんだ?」

桃子「ええと、そうっすね。風越女子は知ってるっすか?」

京太郎「そりゃもちろん。長野の女子麻雀部では一番強いとこだろ」

桃子「その風越でレギュラーになれる。少なくともそれくらい強いと思うっす」

桃子「まあもちろん、実際に打つのはダメって人も中にはいるっすけどね」

京太郎「そんなに強いのか……ん? なんか書いてるみたいだぞ」



かじゅ『打ち筋からしていつも打ってくれている人だろうか? 今日も来てくれてありがとう』

むっきー『また負けちゃいました。やっぱり強いですね。一度だけでも麻雀部に見学に来てくれませんか?』

カマボコ『しつこかったらごめんなー。でも毎日来てくれて本当に嬉しいんだ』

カマボコ『見学に来たから入れ、なんてことは言わないし、それに来てくれればきっと気に入ると思うんだ』

かじゅ『気が向いたら来て欲しい、と言いたいところなのだが私たちには時間がない』

かじゅ『だから君が麻雀のことを好きなら、ぜひ部室に来て欲しい。後悔はさせない』



京太郎「おお……。凄い勧誘だな。ほら、返事書こうぜ」

桃子「……今書くっす」



default player『気持ちは嬉しいです。でもごめんなさい』

---default playerはログアウトしました---

京太郎「……ってあれ?」

桃子「どうかしたっすか?」パタン

京太郎「いや、見学くらい行ってもいいんじゃないか? あれだけ熱心に言ってくれてるんだしさ」

桃子「……まあいいじゃないっすか。ほら、帰るっすよ」

京太郎「あっ、おい」

桃子「先に行ってるっすよー」

京太郎「ちょ、ちょっと待て。先に行かれたらまた見つからなく……」

桃子「校門から出るまでに見つけられなかったら明日の昼ご飯おごりっす!」タッタッタッ

京太郎「いきなり何言って……って待て、走るなー! 見つからなくてもおごらないからな!」

桃子「見つけたら私がおごってあげるから頑張って探すっすよー!!」タッタッタッ

京太郎「絶対見つけてやる……!!」

その後東横のことは校門の辺りで電話をかけて、その着信音で見つけた。
東横には卑怯っす! ノーカウントっす!! と怒られた。理不尽だ。


---3日後---


京太郎「東横ー、いるか? 今何やってる?」

桃子「パソコンで麻雀っすよ。見ればわかるじゃないっすか」

京太郎「見れたらこんなこと聞かないっての」

桃子「……他人のコンプレックスにズバズバ切り込んでくるっすね」

京太郎「この前スルーしたらノリ悪いとか散々言ったよな!?」

桃子「記憶にないっす!」

京太郎「まったく……。麻雀はこの間の麻雀部の人とか?」

桃子「そうっすよー」

京太郎「俺あれから役とか覚えてみたんだよ。また見せて貰っていいか?」

桃子「いいっすよ。今ちょうど終わったところなんでちょっと待つっす」

京太郎「了解」

桃子「……いつもはすぐ次の局に入るんすけど今日はちょっと時間かかるっすね。席を外してるみたいっす」

京太郎「まあそういうこともあるさ。ゆっくり待とうぜ」

京太郎「……ん? あれ、今日はこの前みたいにチャットで勧誘されてないんだな」

桃子「そうなんすよね。今日は勧誘してこないみたいっす」

京太郎「脈なしと思って諦めたんじゃないか?」

京太郎「4月が終わっても勧誘してたってことはメンバーが足りないんだろうし、他の人を探すことにしたとか」

桃子「そう、かもしれないっすね。まあ何度も断っちゃったししょうがないっす」

京太郎「……毎日のようにパソコンで打ってるんだし麻雀は好きなんだろ? なんで入らなかったんだ?」

桃子「んー、まあ大した理由じゃないっす。こういう体質っすから集団行動とか苦手なんすよ」

桃子「今までこんなに必要とされたことがなかったから嬉しかったは嬉しかったっすけどね。ただ……」

京太郎「ただ?」

桃子「言うのはちょっと恥ずかしいっすけど、やっぱり、直接言ってもらうのに憧れる」

桃子「目の前で、私の目を見て必要だって言って欲し――」

そこまで言ったとき、突然教室のドアが開かれ

ゆみ「麻雀部3年の加治木ゆみだ!」


そんなことをいいながら、上級生が1人教室へと入ってきた。
穏やかな放課後に突如乱入してきたその人は、教室の真ん中までツカツカと足を進め、
忙しげに周りを見渡したかと思うと大きく息を吸い込んだ。
そして――


ゆみ「私は君が欲しい!!」

京太郎・桃子「「!?」」


大声でそんなことを叫んだ。

クラスメイト達は遠巻きにして成り行きを見守っている。
下級生の教室で突然あんなことを大声でいう上級生が相手だ。普通なら俺だって関わろうと思わない。
でも事情を知っているからにはどうにかしないとなーみたいな責任感が芽生えてしまう。
だからまずは、目を白黒させている友人を焚きつけてやろう。


京太郎「東横。よかったな、まだ勧誘諦めてなかったみたいだぞ!」

桃子「その笑顔をやめるっす!」

京太郎「でもほら、東横の望み通り直接誘いに来てくれたわけだし」
                                                                        ワタシノハナシヲキイテホシイ!!>
桃子「まあそれは心底嬉しいっす」

桃子「須賀くんは茶化してると思うっすけど、私の中では嬉しさが溢れかえってるっすよ」


マジか。いやまあ茶化しているわけではないんだけど。


桃子「ただそれはそれとして、今あそこに行くのはちょっと恥ずかしいっす……」
                                                                      ワタシニハキミガヒツヨウナンダ!!>
京太郎「注目の的になれるぞ。本望じゃないか」

桃子「限度があるっす!」

今も叫んでるもんな。見た目と違って情熱的な先輩らしい。
                                                                       スコシデイイ、ハナシヲシヨウ!!>
京太郎「冗談はともかく、ここまで来てくれたんだし、麻雀部に入りたいとは思ってるんだろ?」

桃子「それはそうっすけど……」

京太郎「よし、じゃあ行くぞ」

桃子「ちょ、手を引っ張らないで……!」

ゆみ「頼む、姿を見せて――」

京太郎「あの、ちょっといいですか?」

ゆみ「!! ああ! もち、ろん……だ…………」


念願の新入部員が来たというのになぜか語尾が弱々しい。
ってそうか、東横のこと見えないんだったな。


ゆみ「その、もしかして君が私たちと麻雀を一緒にやっていた人、なのか……?」


俺しかいないと思って目に見えて落ち込む先輩。
美人のしゅんとした姿を見ていると、なんというか、もっといじめたくなってしまう。
まあかわいそうだからやらないけど。


京太郎「あれは俺じゃないですよ。ちゃんと女子です」

ゆみ「本当か!! あ、い、いや、これは君が悪いとかそういうわけではなくてだな」


落ち込んだ様子から一転して明るい表情に。そして間を置かず見せる焦った姿。
ああ、可愛いなこの人。クールビューティーな見た目とのギャップが凄くいい。


京太郎「大丈夫ですよ、事情は聞いてますしわかってます」

ゆみ「そ、そうか。ありがとう」

京太郎「それで俺の隣にいるのが先輩の探しているやつです」

ゆみ「……? すまない。隣には誰もいないように見えるのだが」

京太郎「見えないけどいるんですよ。ほら、ここです」

桃子「どうも、初めまして。東横桃子っす」スゥ

ゆみ「」ビクッ

京太郎「あ、やっぱり驚きますよね。いつものことなんで気にしないでください」

桃子「他人に言われると無性に腹が立つっすね」

ゆみ「君は一体いつからそこに……いや、そうか。君はそういう体質なんだな」

桃子「自分で言うのもなんですけど、受け入れるの早いっすね」

ゆみ「チャットの会話から何か理由がありそうだとは思っていたのでな」

ゆみ「我ながら少々派手なことをしたかなと思ったが、結果的には間違っていなかったようだ」

京太郎「いま少々って言ったか?」ヒソヒソ

桃子「言ったっすね。ちょっと見習いたいっす」ヒソヒソ

ゆみ「聞こえてるぞ……まあ、それはともかくだ。改めて言わせてもらいたい」

ゆみ「東横くん。私は、私たちには君が必要だ。麻雀部に入って欲しい」


加治木先輩は、真っ直ぐに東横の目を見つめてそう言った。
傍から見ていてもこの上なく真剣に言っているのだと感じる。
東横の望み通り、もしかしたらそれ以上のシチュエーション。
これならきっと麻雀部に入るだろうと東横のほうを見ると


桃子「…………」


あれ、なんか微妙な表情。


京太郎「東横?」

桃子「うーん」チラリ

京太郎「?」

ゆみ「……」ソワソワ

桃子「えっと、一つ条件、というかお願いがあるっすけど……」

ゆみ「何だ? 何でも言ってくれ」ガタッ


東横はなぜか加治木先輩ではなく俺の方を向く。
そして――


桃子「……須賀くんも麻雀部に入って欲しいっす」

京太郎「……は?」


突然、そんなことを言い出した。


ゆみ「……その、須賀くん……でいいのかな」

京太郎「……へ!? あ、はい!」

ゆみ「今の東横くんの提案なのだが君としてはどうだろうか」

京太郎「ええと、そのですね……。と、東横? なんでいきなりそんなこと」

桃子「えっと、どうしても嫌なら無理にとは言わないっす。わけも……」チラリ

ゆみ「?」

桃子「……別に隠すようなことじゃないしすぐ教えるっす。ただ、出来れば須賀くんにも麻雀部に入って欲しいっす」

桃子「ダメっすか……?」ウワメヅカイ

京太郎「う……」

京太郎「か、加治木先輩はどうなんですか」メソラシ

ゆみ「あ、ああ。突然で驚いたが麻雀部としては断る理由はない」

ゆみ「……というか、その、入って貰わないと凄く困る」

ゆみ「君にとっても突然みたいだし困惑していると思う」

ゆみ「君にも都合があるだろう。だから助けると思ってとは言わない」

ゆみ「それでも、君がもし少しでも麻雀に興味を持っているなら、麻雀部に来て欲しい」

ゆみ「……だめだろうか?」ウワメヅカイ

京太郎「うう……!」


右を向けば東横が、左を向けば加治木先輩が、上目遣いで俺を見ている。
タイプは違うけれど美人といって差し支えない2人。


京太郎(……こんなの断れるかー!!)

京太郎「俺でよければよろしくお願いします」

ゆみ「本当か! ……ありがとう」フカブカ

京太郎「ちょ、頭を下げるのはやめて下さい!」

京太郎「さっき麻雀に興味があるなら来て欲しいって言ってたじゃないですか。だから入るんですよ」

ゆみ「……うん、そうか。須賀京太郎くん。入部してくれてありがとう」

ゆみ「東横くんは……」

桃子「女に二言はないっす! 加治木先輩、よろしくお願いします」

ゆみ「ああ、よろしく。……東横くん、ありがとう。君のおかげで私たちは大会に出ることが出来る」

桃子「私も興味があったからネトマしてたんですよ。何度も断ってたのに直接誘いに来て貰えたなんて……本当に嬉しいっす!」

桃子「それより、誘った私が言うのもなんっすけど須賀くんはこの場で決めちゃってよかったんすか?」

京太郎「どうせ放課後暇してたしさ。それに麻雀に興味を持ったってのも本当だぜ」

桃子「無理してないならよかったっす」エヘヘ

ゆみ「2人とも、入部ありがとう」

ゆみ「それでは早速だが、2人がよければ今から麻雀部に来て貰いたい。部員の紹介もしたいんだ」

桃子「私は大丈夫っす」

京太郎「俺も特に予定はないです」

ゆみ「よし、じゃあ私は先に廊下に出ているよ。あまり長居しても迷惑だろうし」

京太郎(……はっ!? 急展開すぎてここが教室だって忘れてた)

京太郎(冷静になるとクラスメイトの視線が痛い……!!)

ゆみ「ん? どうかしたか?」

京太郎「い、いえ、なんでもないです。廊下で待ってて下さい」

京太郎(明日の反応が怖いな……)ハハハ


加治木先輩が先導して、俺と東横はその後をついていく。
意識しないと声が聴こえないくらいの距離を取り、ついて来ているか確認しているのかときおりこちらを振り返る。


京太郎(東横と話しやすいように気を遣ってくれたのかな)

京太郎(せっかくだし今のうちに聞いておくか)

京太郎「なあ、東横。俺を誘った理由って何だったんだ?」

桃子「え? ああ、ほら、私ってこういう体質じゃないっすか」スゥ

京太郎「話してるときに消えるな!」

桃子「冗談っすよ。こうやって意識して消えることも出来るっすけど、基本的には人に見つけてもらえない厄介な体質なんすよ」

京太郎「ああ、知ってる。俺が見つけられたのも偶然だったしな」

桃子「加治木先輩が教室に来て、誘ってくれて嬉しかった。でも私がこういう体質なのは知らなかったじゃないっすか」

京太郎「まあそんな体質があるなんて普通思わないよな」

桃子「それで、こういう体質の私とコミュニケーション取るのって大変っすよね」

桃子「私から話しかければ驚かれる。話しかけて貰おうにも私のことは見えないから、いるかわからないところに声をかけるしかない」

京太郎「ん……楽と思ったことは確かにないな。けど面倒だとか思ったことも一度もないぜ」

桃子「ありがとうっす。須賀くんはそうやって受け入れてくれたっすね」

桃子「麻雀部の人たちは私を必要としてくれた。でもそれと私を受け入れるかっていうのは別っすよね」

桃子「加治木先輩もきっと私に合わせてくれると思うっす。だけど他の人たちもそうやって受け入れてくれるか不安だったっす」

桃子「だから私との付き合いに慣れてる須賀くんが入ってくれたら安心だなって。それが理由っすよ」

京太郎「……気にしすぎじゃないか?」

桃子「そういうと思ったっす。須賀くんは私の体質は知ってても苦労までは知らないっすからね」

京太郎「それを言われるとな……。まあ不安だっていうなら、俺でよければいくらでもいくらでも入るよ」

京太郎「でもあそこまでして必要としてくれる麻雀部だ。きっと東横の心配するようなことにはならないと思う」

桃子「私の取り越し苦労だったらそれが一番っすね。そうすると須賀くんには迷惑かけただけになっちゃうっすけど」ニコッ

京太郎「さっきも言ったろ。好きで入ったんだって。……お、着いたみたいだぞ」

ゆみ「ここが麻雀部だ。入ってくれ」ガラッ

京太郎「おじゃまします」

桃子「おじゃまするっす」

智美「ゆみちんおかえりー。期待の新入部員はどうだ……ってあれ?」

睦月「ええと、先輩。もしかして麻雀の相手はそっちの男の子だったんですか?」

ゆみ「ああいや、ちゃんと女子だったよ。ええと……」キョロキョロ

ゆみ「すまない東横くん。姿を見せて貰えるか」

桃子「はいっす。私はここっすよ!!」バーン

智美「」ビクッ

睦月「」ビクッ

ゆみ「」ビクッ

京太郎(おー、みんな驚いてるなー)

ゆみ「すまない、どうもまだ慣れていないようだ……」ドキドキ

桃子「私は慣れてるので気にしないで欲しいっす」

ゆみ「そうか……なるべく早く慣れるようにするよ」

智美「ゆ、ゆみちん……」

ゆみ「ん? どうした」

智美「私はついに霊感を獲得したみたいだ!」

ゆみ「失礼なことをいうな!」

睦月「その、先輩。彼女が新入部員ですか? 今のは手品かなにかですか?」

ゆみ「ああ、彼女が今日から麻雀部に入部する東横桃子くんだ。今のについては彼女自身から聞いたほうがいいだろう」

桃子「改めまして、今日から麻雀部に入部することになりました東横桃子っす」

桃子「私は極端に存在感が薄くて、中々気づいて貰えない体質なんすよ。
   さっきのも隠れていた訳じゃなくて私はずっとそこにいたっす」

桃子「こういう体質っすから迷惑かけることもあると思うっすけど、これからよろしくお願いします」ペコリ

睦月「そうだったのか……ごめんなさい、驚いてしまって」

智美「私もごめんなー。でももう驚かないぞ」ワハハ

智美「しかし世界は広いなー。こんな体質もあるなんて」

睦月「そうですね。目の前にいたのに気づけなかったなんて……」

京太郎(2人とも驚いたみたいだけど、気味悪がったりはしていない)

京太郎(別に特別な反応じゃない。普通の人なら誰だってこんな反応をするはずだ)

京太郎(まあでも……)チラリ

桃子「……」

京太郎「な、俺の言ったとおりだったろ」

桃子「……そうっすね!」

智美「ところでゆみちん。そこの金髪の子は誰なんだー」ワハハ

ゆみ「ああ、こっちは須賀京太郎くん。彼も同じく新入部員だ」

京太郎「須賀京太郎です。麻雀は初心者ですがよろしくお願いします!」

睦月「うむ、よろしく。一気に2人も入ってくれて嬉しいよ」

智美「君も新入部員かー。鶴賀麻雀部史上初めての男子部員だな!」

睦月「まあ共学化したのも今年からですしね」

京太郎「ははは……泥を塗らないように頑張ります」

智美「頼むぞー少年」ワハハ

ゆみ「さて、次は私たちが自己紹介する番だな」

智美「まずは部長の私からかなー」ワハハ

京太郎「えっ」チラリ

桃子「えっ」チラリ

ゆみ「……私は部長じゃないぞ」

智美「……このくらいでは泣かないぞ」ワハハ

京太郎「す、すみません!」

桃子「ごめんなさい!」

智美「冗談だよ、冗談。期待通りの反応してくれて嬉しいぞー」ワハハ

智美「私は蒲原智美だ。麻雀部の部長をやってるぞー」

京太郎「いやその、すみません。よろしくお願いします、蒲原部長」

智美「智美」

京太郎「え?」

智美「智美って下の名前で呼んでくれ。私たち3年生は早ければ6月の頭には引退しちゃうからなー。早く仲良くなりたいんだー」ワハハ

京太郎「ええと、それじゃよろしくお願いします。智美部長」

智美「よろしくなー京太郎」

桃子「よろしくっす! 智美部長!」

智美「よろしく……モモって呼んでいいかー?」ワハハ

桃子「……! はいっす! 嬉しいっす!」

智美「よかったー。よろしくなーモモ」

睦月「じゃあ次は私が。私は津山睦月。部長たちとは違って2年生だ」

京太郎「よろしくお願いします、えっと……」

睦月「……? ああ、そうか。よろしく、京太郎くん」

京太郎「はい! よろしくお願いします、睦月先輩」

睦月「うむ」

桃子「私もよろしくっす! 睦月先輩!」

睦月「うん、よろしく。モモ」

ゆみ「さ、最後は私か……」

京太郎「どうかしましたか?」

ゆみ「い、いや。なんでもないんだ」

ゆみ「2人とも知っていると思うが改めて」コホン

ゆみ「私は加治木ゆみ。3年生だ」

桃子「よろしくっす! ゆみ先輩もモモって呼んで欲しいっす」

ゆみ「ああ、わかった。よろしくな、モモ」

京太郎「よろしくお願いします、ゆみ先輩」

ゆみ「――!」カアァ

京太郎「……ええと、本当に大丈夫ですか?」

ゆみ「だ、大丈夫だ!」

ゆみ「よろしく、きょ、きょう……うぅ」

ゆみ「ちょ、ちょっと待ってくれ」スーハー

京太郎「はい、ゆみ先輩」

ゆみ「――――!!」カアァァァ

桃子(空気読まないっすねー)

睦月(あれはわざとやってるのかな)

智美(期待の新人だなー)ワハハ

ゆみ「……その、すまない。須賀と上の名前で呼ぶことにしていいだろうか」

京太郎「え? え、ええ。いいですよ」

ゆみ「それと私のことも加治木先輩と呼んでくれると助かる」

京太郎「わかりました……」

京太郎(俺嫌われたのかな……)ズーン

桃子「そんなことないから安心するっす」ポン

京太郎「え、今の声に出てたか!?」

桃子「顔見れば須賀くんの考えてそうなことくらいわかるっす」

桃子「……あ、そうだ。今度から須賀くんも私のことはモモって呼んで欲しいっす」

京太郎「ああ、これから頑張ろうな。モモ」

桃子「一緒に頑張るっす! 京太郎!」

---------------------------------------

ゆみ「自己紹介も済んだことだし麻雀を打とうか。モモとはネットで何度も打っているが実戦での実力も知りたいしな」

桃子「私は実戦のほうが得意っすよー」フフフ

ゆみ「それは楽しみだな。須賀くんも一緒に入ってもらっていいか?」

京太郎「いえ、俺は実戦どころかネットでもやったことないので……」

ゆみ「それなら最初は見学からだな」

京太郎「はい、そうさせてもらいます」

智美「誰か一人のをじっくり見てるといいと思うぞー」

京太郎「わかりました。じゃあモモ……」

桃子「あ、私はやめたほうがいいっすよ」

京太郎「え?」

桃子「勉強するつもりなら私のは見ないほうがいいっす」

京太郎「……? まあそういうなら。ええとそれじゃあ――」

京太郎(やっぱり強い人のほうがいいよな。かじゅは加治木先輩だろうし)

京太郎「加治木先輩。見てていいですか?」

ゆみ「わ、私か!?」

京太郎「だ、駄目なんですか?」

ゆみ「い、いや。ちょっと驚いただけだ」コホン

ゆみ「私で良ければ参考にしてくれ」

京太郎「え、ええ。もちろんです」

智美「ゆみちん。そういうのちょっと直した方がいいなー」ワハハ

ゆみ「わ、わかってるっ」

智美「じゃあ始めるぞー」タン

桃子「負けないっすよ」タン

睦月「ネトマで何度も負けてるけど、先輩として最初くらいは……!」タン

ゆみ「私も譲る気はないぞ」タン

…………

………

……



【南二局】
智美「リーチ。ゆみちんをまくってやるぞー」ワハハ

桃子「……」タン

睦月(うーん……降りよう)タン

ゆみ(蒲原の捨て牌は……)チラ

ゆみ(こっちかな)タン

………

……


智美「テンパイ」

桃子「ノーテンっす」

睦月「ノーテンです」

ゆみ「テンパイだ」

智美「うっ、また止められてたか。今回はわからないと思ったんだけどなー」ワハハ

ゆみ「蒲原とは何度も打ってるからな。なんとなくわかるさ」

京太郎(南二局まで終わって、振り込んだのは睦月先輩と蒲原先輩が一回ずつ)

京太郎(加治木先輩ももちろんだけど、他の3人も全然振り込まないな)

京太郎(……見ててもどうやって止めてるのかさっぱりわかんねえ!!)

ゆみ「須賀くん? どうかしたか?」

京太郎「あーその。染め手とかは分かるんですけど、今のとかどうやって止めてるのかなと思いまして」

ゆみ「ああ、なるほど。基本的には捨て牌を見て予測しているんだ。筋とか色々あるんだが……まだ君には早いな」

京太郎「はい」キッパリ

ゆみ「そう断言されても困るな」ハァ

ゆみ「他にも相手を直接観察して理牌や目線を見ているが、これは慣れるまではやめたほうがいいだろう」

ゆみ「まあ特に理牌は相手の癖を知らなければわからないから、あまり使うべきではないのかもしれないが……ん?」

京太郎「」ポカーン

智美「」ポカーン

睦月「」ポカーン

ゆみ「ど、どうした?」

京太郎「い、いえ。そんなことまで考えて麻雀をしているんだなと」

ゆみ「まあ必ず当たるわけではないし、そんなに大したことではないさ」

ゆみ「というか須賀くんはともかく、蒲原と津山は知っているだろう」

睦月「いえ、そういう技術があるのは知ってますがこんな身近に実践している人がいたなんて……」

智美「私はそこまでの余裕はちょっとないなー」

ゆみ「何もずっと見ているわけじゃないぞ? 重要なところだけ見ればいいんだ」

ゆみ「まあその辺りは対局が終わったら教えようか。雑談はこの辺りにして、次の局に行こう」

桃子「…………」

京太郎(そういえばモモのやつさっきから全然話してないな。集中してんのかな……?)


【南三局】
睦月(ラス親かあ。まだ焼き鳥だしここでなんとか)タン

ゆみ(今のところトップで2位のモモとは約1万5千点差)

ゆみ(配牌は四向聴か)タン

タン タン タン タン タン……

桃子「リーチっす」タン

京太郎(モモは索子の染め手っぽいな。これくらいはわかるぞ!)

睦月(一向聴から中々進まない……!)タン

ゆみ(形聴は狙えそうだな)タン

智美(ううん、引きが悪いなー)タン

京太郎(あれ、リーチしたのにみんなあんまり反応してないな)

桃子「……」タン

ゆみ(役牌が重なった。これなら上がりも狙えるか)タン

京太郎(索子!? しかも1枚も見えてない三索!?)

桃子「ロン! 立直、混一色で7700っすよ!」

ゆみ「なっ!?」

智美・睦月「えっ!?」

ゆみ「モモ、リーチ宣言は……」

桃子「ちゃんとしたっす!」

京太郎「俺も聞いてました。そんな小さな声じゃなかったと思うんですが……」

ゆみ「ん……そうか。それはすまない」

ゆみ(さっきの反応からして蒲原も睦月も、モモのリーチ宣言を聞いていない)

ゆみ(かといってモモも須賀くんもそんな嘘を付きはしないだろう)

ゆみ(つまりおそらく――――)


【南四局】
ゆみ(配牌はあまり良くないか……どこまで対抗できる分からないが、やるだけやってみるとしよう)タン

智美(今のは何だったんだー?)タン

桃子(フッフッフ。ネトマのリベンジ達成はもうすぐっすよー)タン

睦月(リーチが聞こえなかったなんて、こんなの初めて)タン

ゆみ「チー!」タン

桃子(仕掛けが速いっすね)

ゆみ「ポン!」タン

智美(東を鳴かれたかー。いや、でもこれは速いというか……)

ゆみ「チー!」タン

睦月(こんな先輩らしくない無理矢理な仕掛けをなんで……?)

ゆみ「ポン!」タン

京太郎(四副露!? なんでここまで急ぐ必要が……)

桃子(ううー、なるほど。そういう手もあるんすね……)

ゆみ「ロン。東のみ」

1位 加治木ゆみ
2位 東横桃子
3位 蒲原智美
4位 津山睦月

【終局】


桃子「いやー参ったっす。初見では絶対負けない自信があったんすけどねー」

ゆみ「たまたま運がよかっただけだよ。トータルではおそらく私が負け越すさ」

桃子「そもそも東場で消えられるのが普通なんすよ。まさか南二局までかかるとは思わなかったっす」

京太郎「ええと、モモ。何の話?」

桃子「最後の二局のことっすよ。ゆみ先輩が私に振り込んだのは見たっすよね?」

京太郎「ああ。加治木先輩にしてはおかしいなと思った」

ゆみ「あのときだが、私にはモモの捨て牌が見えていなかった……いや、それでは正確ではないな」

ゆみ「私にはリーチ宣言も聞こえていなかった。モモのことが認識できていなかったんだ」

京太郎「……はい?」

睦月「よかった。聞こえなかったの私だけじゃなかったんですね」

智美「むっきーも聞こえてなかったか。私も聞こえてなかったぞー」ワハハ

京太郎「いや、確かにモモは存在感薄いですけど一緒に麻雀してて消えるなんて……」

桃子「ほら、来る途中にもやったじゃないっすか。私は自分の意志でも消えられるんすよ?」

京太郎「……あー。そういえば」

桃子「麻雀でやると私だけじゃなく牌も消せるんすよ。正確に言えば気づかなくさせるっすけど」

京太郎「つまり相手に警戒されなくなるし、振り込むこともなくなるってことか? そりゃすごいな」

桃子「気づかれない私の唯一の利点といっても過言じゃないっす! まあまさか初見で破られるとは思わなかったっすけど……」

京太郎「ああ、加治木先輩が鳴きまくってたのはそれで……」

ゆみ「破るなんて大層なものじゃないさ。たまたま運よく行っただけだ」

ゆみ「どうせ見えないなら防御するのも不可能だからな。上がられたら確実に
   まくられてしまうし、なら鳴いて速く手を進めてしまえというだけだよ」

桃子「まあ理屈ではそうっすけど……私が鳴けないから手が遅いってのもわかった上でやったんすよね。凄いっす!」

ゆみ「ネトマのときから極端な面前思考で気になっていたから試してみたんだ。上手くいって幸いだった」

京太郎「なんというか……追いつける気がしない」

智美「気にするな京太郎。私もだー」

睦月「私なんてリーチ宣言聞き逃したとしか思ってませんでしたよ……」

ゆみ「さて、じゃあもう1局打とうか」

桃子「次は負けないっすよー」

智美「京太郎、私が抜けるから代わりに入るんだー」ワハハ

京太郎「え!? でも俺ほんと初心者で……」

睦月「私も入ってすぐ打たされたよ。とりあえずやってみよう?」

ゆみ「とりあえず簡単なルールさえ分かっていれば大丈夫だ。別に練習だし軽い気持ちでいいぞ」

京太郎「……そうですね。よろしくお願いします!」

…………

………

……



京太郎「」ズーン

智美「見事に飛んだなー」

桃子「見事に飛んだっすねー」

睦月「先輩の倍満と跳満に続けて振り込み……」

ゆみ「その、すまない。どうも運がよすぎたようで……」アセアセ

京太郎「い、いえ。手加減しちゃ練習になりませんしね……」ハハハ


――帰り道――

智美「それじゃあ私たちはこっちだから」

桃子「また明日っすー!」

睦月「さようなら先輩。京太郎くん、また明日」

京太郎「はい、お疲れさまでした」

ゆみ「ああ、また明日」


下校途中の大きな交差点。鶴賀の生徒の多くはここで大きく二手に分かれて帰宅する。
俺達麻雀部もそのご多分に漏れず、俺と加治木先輩は右へ、部長と睦月先輩とモモは左へと分かれることになった。


京太郎「……」テクテク

ゆみ「……」カラカラカラ

京太郎「……その、加治木先輩自転車押してますけど家遠いんですか?」

ゆみ「あ、ああ。学校まで大体自転車で20分ちょっとかかるな」

京太郎「そうなんですか。……急いでるようでしたら俺に気を遣わなくても大丈夫ですよ」

ゆみ「いや、今日は特に何もないから大丈夫だ。途中まで……い、一緒に帰ろう」

京太郎「そうですか……」

ゆみ「……」カラカラカラ

京太郎「……」テクテク

京太郎(……き、気まずい!!)

京太郎(なんか会話もぎこちないし、嫌われたのか苦手に思われたのか……)

京太郎(こっちから話しかけないほうがいいかな。でもこのまま無言ってのも……)

京太郎(うん、悪いところがあったら直せばいいんだしな。もう一回声をかけて)

ゆみ「須賀くん!」

京太郎「は、はいぃ!!?」

京太郎(な、なんだ!? なんかしたか俺!?)

ゆみ「その、だな……」

京太郎「……」

ゆみ「……」

京太郎「…………」

ゆみ「……すまない、ちょっと情けないことで話すのに心の準備が必要でな」

京太郎「……?」

ゆみ「ふぅ……」スーハー

ゆみ「……その、私は男子と話すのが得意ではなくてな」

京太郎「……は?」

ゆみ「君に対してそっけない態度を取っていると思うのだが、決して君のことが嫌いとかそういうわけではないんだ」

京太郎「え、いやでも部活とか教室ではそんなこと全然」

ゆみ「麻雀なら君に対しては指導するという立場でいられるからな。普通に話すのに比べれば大した緊張はない」

ゆみ「教室は……あのときの私はどうかしていた」カァァァ

ゆみ「部員を見つけることだけを考えていて、他のことは何も頭になかった。緊張なんてする暇もなかったよ」

京太郎「そうだったんですか」

ゆみ「だから、その、だな。君を不快にさせてしまったかもしれないが、決してわざとというわけではないんだ」

京太郎「ははは、嫌われたのかと思ってましたよ」

ゆみ「す、すまない……」シュン

京太郎「い、いえ。そういうつもりでは」

京太郎「言ってくれて嬉しかったですよ。言われなかったら誤解したままだったかもしれないです」

ゆみ「ん……そうか。そういってくれると助かる」

京太郎「でも意外ですね。男子とか苦手な風には見えないです」

ゆみ「ふむ、まあ女の子らしい見た目ではないからな」

京太郎「そんなことないですよ!」

ゆみ「はは……うん、そう言ってくれるのは嬉しいよ」

京太郎(本心なんだけどなあ……)

ゆみ「男子と話すのが苦手な理由は、まあ単純に話す機会がなかったんだ」

京太郎「小さい頃から女子校だったんですか?」

ゆみ「いや、そういうわけではないんだが、私は小さい頃から何かと男子を注意するような役回りになることが多くてな」

京太郎「あー……」

ゆみ「今日一日一緒にいただけだが、何となく分かるだろう?」

京太郎「ええ、なんとなくわかります」

ゆみ「自分から言うことはそんなになかったんだが、女子から注意してくれとよく頼まれた」

ゆみ「そのせいで男子からは敬遠され、女子からはさらに頼られ、男子と普通に話す機会をほとんど持てなかった」

ゆみ「その上女子校に入学してしまったからな。自業自得ではあるんだが、慣れようがなかったんだ」ハハハ

京太郎「共学化したときとかはどうだったんですか?」

ゆみ「麻雀部に来るかもしれないと思ってやはり緊張したよ。結果は……まあ今日見た通りだが」

京太郎「あはは……」

ゆみ「まさか1人も入らないとは思わなかった。まあ確かに麻雀をやりたい子がわざわざ鶴賀に来るわけはないんだが」ハァ

ゆみ「だから今日、モモと君、2人も入ってくれて本当に感謝している」

京太郎「モモはわかりますけど俺もですか?」

ゆみ「ああ、もちろんだ」

京太郎「でも俺は男子ですし、麻雀も初心者ですよ」

ゆみ「確かに大会には出たいし、そのために部員を集めていた。
   でも私が卒業した後、部員不足で麻雀部が潰れてしまっては悲しいだろう?」

ゆみ「女子だろうと男子だろうと、麻雀の経験があろうとなかろうと関係ない。私は君が入ってくれてとても嬉しかったよ」ニコッ

京太郎「――!」カァァ

ゆみ「うん? どうかしたか?」

京太郎「い、いえ。なんでもないです」

京太郎(ほんと先輩はストレートだな……!)

京太郎「そういえば部員って今日いたので全員なんですか?」

ゆみ「? あれで全員だがそれが?」

京太郎「いえ、麻雀の団体戦って5人でやるじゃないですか。1人足りないんじゃないかと」

ゆみ「ああ、そのことか。確かに説明していなかったな」

ゆみ「蒲原には幼馴染がいるんだが、その子が4人集まったら入ってくれると言っているらしいんだ」

京太郎「ああ、じゃあモモが入ったからその人も入ってくれるんですね」

ゆみ「そういうことだ。彼女は初心者と言っていたかな。君と一緒だ」

京太郎「へーそうなんですか。よかったです、1人初心者で気後れしてたんで……」ハハハ

ゆみ「誰だって始めたときは初心者だよ。これから上手くなればいい」

京太郎「今日の加治木先輩とモモの会話聞いてたらそうは思えませんよ……」

ゆみ「モモのは彼女の生まれ持った資質だけど、私のは練習の賜だ。努力次第だが私くらいにはなれるさ」

京太郎「うーん、なれますかねえ」

ゆみ「なに、これから私たちが教えるんだ。独学で学んできた私より上手くなって貰わないとな」

京太郎「ははは、そうですね。ご指導よろしくお願いします」ペッコリン

ゆみ「ああ、任された」フフッ

京太郎「それじゃあ俺はこっちなんで」

ゆみ「ああ、それじゃあ……もうこんなところか。君との話に夢中で気がつかなかった」

京太郎「ありがとうございます。――あ、そうだ。加治木先輩」

ゆみ「なんだ?」

京太郎「加治木先輩が男と話すの苦手っていうの、きっと思い込みだと思いますよ」

ゆみ「そうだったらいいが、現に私は君にぎこちない態度を取ってしまっていたと思うのだが……」

京太郎「全くないとは言いませんが、そういうのって大体俺が急に話しかけたときとかじゃないですか」

京太郎「多分話すのが苦手というよりは、何を話せばいいのか分からないんですよ」

ゆみ「それは確かにそうだが、その2つにあまり差はないんじゃないか……?」

京太郎「だってほら、先輩と俺、帰り道は普通に話してたじゃないですか」

ゆみ「ふむ、確かに言われてみればそうだな」

京太郎「あんまり固く考えなければいいんですよ。そうすればきっとすぐ直ります」

ゆみ「ああ、君の言うとおりかもしれないな。でも、須賀くんだからというのもあると私は思う」

京太郎「えっ……」ドキッ

ゆみ「私に話しかけてくる男子はほとんどいなかったからな。高校に入ってからは須賀くんが初めてだ」

京太郎「あ、ああ。そういう……」

ゆみ「すぐには慣れないと思うが、これからも話しかけてくれると嬉しい」

京太郎「え、ええもちろんです」

ゆみ「ありがとう。それではまた明日。部室で」

京太郎「さようなら……」

京太郎「……」

京太郎「…………」

京太郎「天然でやってんのかあれは!?」


――自室――

京太郎「お、咲からのメールか」

京太郎「1日ぶりだな。どれどれ……」

咲『京ちゃん元気?』

京太郎『おう、元気だぞ。昨日はメールなかったけどどうしたんだ?』

咲『本を読んでたらそのまま寝ちゃって……』

京太郎『はは、お前らしいな』

咲『うぅ……そ、そんなことより、今日私文芸部に行こうとしたんだよ!』

京太郎『おお、ついに入部し……行こうとした?』

咲『う、うん。その、ドアの前までは行ったんだけど、中がすごく和気あいあいとしてて入りづらくて……』

京太郎『まあもう5月だからなあ』

咲『どうしよう京ちゃん! 私文芸部に入れないよ!!』

京太郎『いやそのくらい気にせず入れよ……そもそもなんで4月に入らなかったんだ?』

咲『ええと、ほら、清澄に行った友達がいるじゃない?』

京太郎『ウチの中学から清澄に結構行ってたよな? 図書委員のやつ?』

咲『ううん、そっちじゃなくて班で一緒だったクラスの子』

京太郎『ああ、あいつか。結構仲良かったよな』

咲『そうそうその子。まあ京ちゃんとほどじゃなかったけどね』エヘヘ

京太郎(俺基準って……まあいいか)

京太郎『それでそいつがどうしたんだ?』

咲『うん、その子に一緒に文芸部に見学に行かない? って誘ったんだけど断られちゃって』

京太郎『へー、見学くらい行ってくれてもいいのにな』

咲『まあ先週誘った私も悪かったんだけど』

京太郎『先週!? ちなみにあいつ部活入ってるのか?』

咲『入学してすぐ園芸部に入ったよ。私も見学に付き合ったの』

京太郎『断られるに決まってんだろ!!』

咲『やっぱりそうだよね……』

京太郎『っていうか4月に行ってない理由にはなってなくないか?』

咲『ええと、さっき言ったとおり4月の初めにあの子と一緒に園芸部に行ったんだけど、私も体験入部したんだ』

京太郎『咲は花育てるのも好きだったよな』

咲『うん、最初はお花を育てるの楽しいし、本は1人でも読めるからここに入ろうかなと思ったんだけど……』

京太郎『ふむふむ』

咲『園芸部って土とかお花の鉢運んだりするんだ。それが結構重くて……』

京太郎『あー、それがきつくてやめたのか』

咲『そのくらいじゃやめないもん!』

京太郎『え? じゃあなんでやめたんだよ』

咲『ええと、頑張って運ぼうとしたんだけどお花植えてるプランターこぼしちゃって……』

京太郎『お、おう。まあでも一回くらいならやめるほどではないんじゃないか』

咲『ううん、何度も』

京太郎『…………』

咲『無言はやめてぇ!!』

京太郎『ま、まあ居づらくなって園芸部やめたのはわかった。それで?』

咲『え?』

京太郎『体験入部のうちにやめたんだろ? なら文芸部だって体験入部期間に行けたんじゃないか?』

咲『そ、それはそのう……』

京太郎『……うん、言わなくていいぞ。大体わかった』

咲『うぅ……で、でも勇気出したよ! 先週は友達誘ったし、今日は部室の前まで行ったもん!』

京太郎『まあなんだ。咲が頑張ったのはよくわかった。でももう少し頑張ろうな』

咲『京ちゃぁん……』

京太郎『入っちゃえば意外となんとかなるもんだぜ。俺も今日部活入ったけどみんな歓迎してくれたよ』

咲『京ちゃん部活入ったの!? 何部?』

京太郎『麻雀部』

咲『麻雀……京ちゃん麻雀出来たっけ?』

京太郎『いや全く。完全に初心者だよ。でも歓迎してくれた』

咲『そっか』

京太郎『咲は麻雀出来るのか?』

咲『……うん、出来るよ。昔よく家族でやってた』

京太郎『へー、なら麻雀部入ったらどうだ?』

咲『麻雀部?』

京太郎『ほら、清澄の麻雀部って聞いたことないからきっと強くないだろ? なら5月からでもウチみたいに歓迎してくれるさ』

京太郎『それに麻雀部なら大会でお前と会えるかもしれないしさ』

咲『……そうだね。考えてみる』

京太郎『まあ最終的には咲が後悔しないようにすればいいと思うけどな』

咲『これだけ言っておいて結局それ? ……うん、でもありがと』

京太郎『おう』

咲『ところで京ちゃん。大会で会えるかもってもしかして女子と合同の部活なの? そういえば鶴賀って元女子校だったよね?』

京太郎『ああ、というか俺以外全員女子だよ』

咲『な、何それ!!』

京太郎『何って……去年まで女子校だったし麻雀部も俺含めて今のところ5人だしな。そういうこともあるだろ』

咲『どうせハーレムだー! とか思ってるんでしょ!』

京太郎『初心者俺1人だぜ? そんな余裕ねえよ。……まあ嬉しくないって言ったら嘘になるけど』

咲『京ちゃんのバカ! もう知らない!!』

京太郎「おおう……まあ部活入れないって相談してきたのに、俺は部活でハーレムだって言ったらそりゃいい気分はしないか」

京太郎「なんて返すかなあ。ってあれ、咲からメールが」

咲『言い忘れてた、おやすみ!!』

京太郎『おやすみ。別に男子が俺だけだから入ったわけじゃないからな!』

咲『うん……その、私急に怒っちゃったけど、京ちゃん怒ってない? 明日もメールしていいよね?』

京太郎『これくらいで怒るわけないだろ? 明日は俺からメールするよ』

咲『京ちゃんありがとう!!』

京太郎『俺も悪かった。また明日』

京太郎「10時半か。ちょっと早いけどもう寝……ん? 加治木先輩からメール?」

ゆみ『今日はありがとう。男子と話したのは久々だったよ』

京太郎『いえ、俺も楽しかったですよ。それにしてもアドレス交換しましたけど、まさか今日メール貰えるとは思いませんでした』

ゆみ『蒲原に話したらその日のうちにメールするべきだと言われたんだが……』

京太郎(早く仲良くなるようにって部長が気を遣ってくれたのかな……うん、まあ嬉しいんだけど)

ゆみ『男子にメールしたのは初めてなのだが何かおかしなところがあっただろうか』

京太郎『いえありませんよ。せっかくですし、教本で気になったところがあるのでよければ教えて下さい』

ゆみ『勉強熱心だな。いいぞ、なんでも聞いてくれ』

京太郎『それじゃあ――』


…………

………

……




京太郎「ロ、ロン!! 立直平和で裏ドラは……乗った! 3900です!」

ゆみ「む……」

京太郎「よっしゃあ! やっと加治木先輩から直撃取れた!」

智美「ついにゆみちんから直撃かー。気分はどうだー」ワハハ

京太郎「最高です!」

桃子「後は私から直撃取れば全員制覇っすね!」

京太郎「モモ、一度消えないでやってみないか?」

桃子「消える前に頑張るっす!」

京太郎「せめて東場は消えないでくれよ……」

桃子「気合で頑張るっす!」

京太郎「うぅ……」

佳織「うわー凄いね京太郎くん!」

京太郎「ははは、佳織先輩には負けますよ」

佳織「? 私加治木先輩からロンしたことないよ?」

京太郎「あははは……」

京太郎(代わりに初めての麻雀で役満上がってるんだよなあ……)

睦月「おめでとう京太郎くん。でもまだ打ってる最中だからほどほどに」

京太郎「あ、すみません。つい嬉しくて」

睦月「ふふ、私も初めてのときははしゃいだから気持ちはわかるよ」

京太郎「睦月先輩がはしゃぐのってあんまり想像つかないですね」

ゆみ「今の須賀くんのような感じだよ。まあそのうち見られるさ」

京太郎「そのうち?」

ゆみ「津山はプロ麻雀せんべいをよく食べているだろう?」

京太郎「そうですね。俺も睦月先輩に影響されて食べ始めましたよ」

ゆみ「いつの間に……まあいい。津山はレアカードが当たったとき、人が変わったように喜ぶんだ」

睦月「そ、そんなことないですよ!」

京太郎「へー。楽しみにしてますね」

睦月「しなくていいから!」

智美「3人とも、そろそろ次の局行くぞー」

ゆみ「そうだな。すまない」

京太郎「この勢いでトップを狙います!」

…………

………

……



京太郎「結局3位か。配牌は良かったんだけどなあ」

桃子「京太郎は牌効率がまだまだっすね。いくら配牌がよくてもそれじゃ勝てないっすよ」

京太郎「一応考えてるつもりなんだけど難しいな。筋とか壁とかそういうのは決まってるから覚えやすいんだけど」

桃子「え? もう覚えたんすか?」

京太郎「ああ、教本読んだり加治木先輩に教わったりしてるからな。もうバッチリだ!」

桃子「見た目と違って真面目っすねー……ってゆみ先輩に?」

京太郎「見た目は関係ないだろ! そうだけどどうかしたか?」

桃子「部活でそんなにじっくり話してるの見たかなーと」

京太郎「ああ、帰ってからメールで教えて貰ってるんだよ」

桃子「む。個人指導っすね」

京太郎「まあそうなるな」

桃子「羨ましいっす!」

京太郎「は?」

桃子「私もゆみ先輩に教えてもらいたいっす!」

京太郎「それを俺に言われてもなあ」

ゆみ「私なら構わないぞ」

京太郎「加治木先輩!?」ビクッ

ゆみ「あんまり驚かれると傷つくな……」

京太郎「す、すみません」

ゆみ「い、いや、冗談だ。気にしないでくれ。……それよりモモ、聞きたいことがあったらいつでもメールしてくれて構わないぞ」

桃子「ほんとっすか!?」

ゆみ「ああ、後輩の指導も先輩の役目だ。なるべく速く返信するよ」

桃子「嬉しいっす! ゆみ先輩大好きっすー!」

智美「ゆみちん、ちょっと来てくれ」コイコイ

ゆみ「?」テクテク

智美「部員が集まって嬉しいのはわかるけど、最近ちょっと詰め込み過ぎてないかー?」

ゆみ「そんなつもりはないんだが……」

智美「牌譜持ち帰る量も増えたし、他校の研究も本格的に始めたんだろー?」

ゆみ「バレていたのか」

智美「これでも部長だぞー」ワハハ

ゆみ「……まあそうだな。お前の言うとおり以前より熱心にやっているよ」

ゆみ「折角部員が集まったんだ。1回戦で負けて終わりなんて嫌じゃないか」

智美「それには同意だなー。でも少しくらい分けてくれてもいいんだぞ」

ゆみ「そうだな……」ムゥ

智美「私とゆみちんの仲だろ? 遠慮せず言ってくれていいぞ」

ゆみ「ん……こういうのはなんだが、私のほうが向いていると思うんだ」

智美「やっぱり私じゃ力不足かー」ワハハ

ゆみ「いや、性格的に」

智美「想定外の方向から突き刺さったな……」

ゆみ「遠慮するなと言ったのはお前だろう」

智美「そっちから来るとは思わなかったぞ」

ゆみ「まあ1人でやったほうが効率的だというのもなくはないがな」

智美「じゃ、じゃあアドバイスの方なら! それなら私でも出来るぞ!」

ゆみ「私がやると言ったことだしな。それを任せるというのも」

ゆみ「それに……」チラッ

智美「?」


…………

………

……




桃子「むっちゃん先輩! この間話してた喫茶店に行く話っすけど、今日の帰りどうっすか?」

睦月「今日は予定もないし……うむ、行こうか」

桃子「かおりん先輩はどうっすか?」

佳織「~♪」

京太郎「佳織先輩、モモが呼んでますよ」

佳織「えっ!? ご、ごめんね桃子さん」

桃子「私はこっちっすよ」

佳織「あわわわ……」

京太郎「気にしないでください。そのうち見つけられるようになりますよ」

桃子「京太郎が言うんじゃないっす!」

睦月「あはは、京太郎くんはどうする? 一緒に行く?」

京太郎「行きたいんですが課題が残ってるので……」

睦月「そう……あ、そうだ。この前約束したプロ麻雀カード、ダブってるやつ持ってきたよ」

京太郎「おお、ありがとうございます!」

佳織「キラキラだねー」

睦月「結構貴重なレアなんだ。大事にしてね」

京太郎「はい!」


ゆみ「」ジー

智美「どうしたゆみちん。恋する乙女かー」ワハハ

ゆみ「なっ!? バ、バカを言うな!!」

智美(からかいがいがあるなー)ワハハ

ゆみ「……私はあんな風に仲良くなれていないからな。せめて麻雀で距離を縮めたい」

智美「そんなことないと思うけどなー」

ゆみ「それに実際大した負担ではないんだ。頼ってもらえるというのは純粋に嬉しいしな」

智美「まあゆみちんがそういうなら。でも無理はダメだぞ」

ゆみ「ああ、わかってるよ」

京太郎「智美部長、加治木先輩! 早く帰りましょう!」

ゆみ「すまない、今行く……っと」フラッ

京太郎「大丈夫ですか?」

ゆみ「少しふらついただけだ。心配ない」

桃子「先輩も喫茶店行かないっすか?」

ゆみ「ありがとう。だけど牌譜の整理があるから遠慮しておくよ」

桃子「残念っす……」

智美(……やっぱり心配だなー)


京太郎「こんにちはー……ってあれ。部長だけですか」

智美「みんなまだみたいだなー」

京太郎「じゃあ来るまで教本でも読んで……」

智美「なあ京太郎、息抜きするなら何がいいと思う?」

京太郎「唐突ですね」

智美「いいからいいから」

京太郎「そうですねー……まあ普通に遊びに行くのが一番じゃないですか?」

智美「やっぱりそうだよなー」ワハハ

京太郎「急にどうしたんですか?」

智美「最近ゆみちん根詰めてるだろ? 息抜きに買い物に誘ったんだけど断られちゃってなー」

京太郎「そういえばたまに辛そうにしてますね」

智美「だろー? 大会まで時間がないのは確かだけど、あれで持つのか心配なんだ」

京太郎「時間がないといっても無理が続くほどではないですしね」

智美「気を抜いてくれればまた違うと思うんだけどなー。京太郎、何かゆみちんに息抜きさせるいい方法はないかー?」

京太郎「ただ誘うだけだとダメだったんですよね? うーん……」

智美「まあすぐじゃなくてもいいさ。考えておいてくれ」

京太郎「わかりま……」

ゆみ「」ガラッ

京太郎「」ビクッ

智美「」ビクッ

ゆみ「ど、どうしたんだ?」

智美「い、いや。なんでもないぞー」ワハハ

ゆみ「怪しいな……何かよからぬことでも考えてたんじゃないだろうな」

京太郎「そ、そんなことないですよ! それよりその雑誌はなんですか?」ガタタッ

智美(ナイスフォローだ京太郎!)

ゆみ「バ、バカっ! 近い!」カアァァ

京太郎「はっ! す、すみません!」カアァァ

智美(……わざではないんだろうなー)

ゆみ「ざ、雑誌だったな。これは麻雀の専門誌だよ」コホン

京太郎「そ、そういえばそういう名前の見たことあります」

ゆみ「初心者向けのコーナーもある。参考になるだろうから読んでみるといい」

京太郎「へー、読んでみますね」ペラペラ

京太郎「……ん?」

ゆみ「どうかしたのか?」

智美「どれどれ……高校生チャンプ宮永照?」

京太郎「ええ、はい」

智美「確かに美人だから気になるのもわかるけど、女子2人の前でそれは感心しないなー」ワハハ

ゆみ「須賀くん、そうなのか……」ジー

京太郎「違いますよ!」

智美「ワハハ、冗談だ」

ゆみ「わ、私はわかっていたぞ」

京太郎「加治木先輩……まあいいです。えっと、前に住んでたところに宮永って幼馴染がいるんですよ」

ゆみ「なるほど、同じ名字だな」

京太郎「そいつも女子なんですけど、なんとなく雰囲気が似てるなーと思いまして」

ゆみ「宮永照のいる白糸台は東京だろう? 須賀くんは前に住んでいたところも長野だったと聞いた覚えがあるのだが」

京太郎「ええ、そうなんですけど他人の空似とは思えなくて」

智美「ふーん。なら親戚なのかもしれないなー。その子も麻雀は強いのか?」

京太郎「いえ、そもそも打ってるところも見たことが……」

京太郎「あ、いや。そういえば家族麻雀はしていたみたいです。俺も最近聞いたんですが」

ゆみ「ふむ、仮に宮永照がその幼馴染の親戚だとすると、我が部には高校生女子麻雀チャンピオンの
   親戚の幼馴染がいることになるわけか」

智美「世間は狭いなー」

京太郎「近いのか遠いのか微妙な繋がりですけどね」ハハハ

佳織「何を話してるんですか?」ガラッ

モモ「私も入れて欲しいっすー!」

佳織「わっ! 桃子さん!?」

睦月「最初からいたよ」クスクス

智美「みんな来たかー。今は京太郎が女子麻雀チャンプの知り合いだって話をしてたんだー」ワハハ

京太郎「ちょっと部長!?」

桃子「なんと、衝撃の事実っす! さては今までの麻雀素人っぷりも演技っすね!?」

佳織「京太郎くんそんな人と知り合いなの!? 凄いねー。でもおんなじ初心者だと思ってたからちょっと寂しいな」

京太郎「モモ悪ノリするな! 佳織先輩、智美部長のもモモのも嘘ですからね!?」

佳織「智美ちゃん嘘だったの? もう、信じちゃったじゃない」

ゆみ「正確にはチャンピオンの親戚の幼馴染かもしれないというところだな」

睦月「反応が難しいですね……」

京太郎「雑誌見てての雑談ですから! もうやめて下さい……!」

桃子「その屈辱は麻雀で晴らすっすよ! さあ勝負っす!」

京太郎「お前のせいでもあるからな!? 畜生、今日こそは勝ってやる!」

桃子「受けて立つっすよー!」

ゆみ「はは、今日は最初は1,2年生に譲ろうか」

智美「私たちは見学だなー」

睦月「ありがとうございます。モモも京太郎くんも、2人で盛り上がってるけど私も負けないよ」

佳織「私も頑張ります!」

…………

………

……



――帰り道――

京太郎「それじゃみなさんまた明日」

佳織「また明日」

睦月「さようなら」

智美「2人ともまたなー」

モモ「今日の雪辱はまた果たすっすよ!」

京太郎「今日だけで何度も果たされたよ!」

ゆみ「はは、4人ともまた明日」


京太郎「……」テクテク

ゆみ「……」カラカラカラ

京太郎(何度も一緒に帰ってるけど、やっぱり別れてすぐは会話が途切れるなあ)

京太郎(俺から話しかければいいんだろうけど……)チラ

ゆみ「……」ソワソワ

京太郎(……うん、もうちょっと待ってみよう)

京太郎「……」テクテク

ゆみ「……」カラカラカラ

京太郎「……」テクテク

ゆみ「……す、須賀くんっ」

京太郎「はい、何でしょう」

ゆみ「その、だな。今日は初めての2位おめでとう」

京太郎「ありがとうございます!!」

ゆみ「うわっ」ビクッ

京太郎「いやもうほんと嬉しかったんですよ! いつ話振ってくれるかなってそわそわして……って」

ゆみ「」

京太郎「そ、その、すみません……」

ゆみ「ふっ、くくっ……」

京太郎「加治木先輩?」

ゆみ「ふふ、すまない。ついおかしくてな」

京太郎「う……ついはしゃぎすぎましたけど、初めての2位なんですよ。嬉しくて当然じゃないですか」

ゆみ「それにモモの上を行ったのも初めてだった」

京太郎「そうです。目標が2つ同時に達成できたんですよ。そりゃ喜びますって!」

ゆみ「うん、まあ気持ちはわかる。でもな」

京太郎「?」

ゆみ「まだ君は部に入って間もないが、その努力を私は誰よりもよく知っているつもりだ」

ゆみ「君はよく努力している。そんなに喜ばなくともこれから何度でもなれるし勝てるよ。私が保証する」

京太郎「加治木先輩……」ジーン

ゆみ「うん? どうした」

京太郎「いえ、感動してました」

ゆみ「なっ!?」

京太郎「他人に真正面から評価されるってこんなに嬉しいものなんですね……!」

ゆみ「大げさだな……そういう感動はもっと大事なときに取っておいたほうがいい」

京太郎「じゃあ今度は1位になったときにまた言って下さい」

ゆみ「ん……まあいいだろう」

京太郎「はい、頑張ります!」

ゆみ「ではそのためにはもっと実力を上げなければな」

京太郎「え……」

ゆみ「須賀くんの牌譜も集まってきたしな。ちょうど言いたいことがあったんだ」

京太郎「ええと、今日のところはいい気分のままでいさせて頂けたりとかは……」

ゆみ「1位を目指すんだろう? わかっているとは思うが、須賀くんの実力はまだまだ足りていないぞ」

京太郎「それはまあ、最初に2位になった後はいつも通り3位や4位ばかりでしたし……」

ゆみ「なら勉強だ。まず君は対子を集める傾向があるな。何か意味はあるのか?」

京太郎「いや、その、ポンってどこからでも鳴けるから得だなーと」

ゆみ「まあそんなところだろうと思っていた」ハァ

ゆみ「単純に有効牌の数を考えてみてくれ。塔子なら両面待ちで8枚、嵌張や辺張でも4枚あるだろ? 対して対子では2枚しかない」

京太郎「……おお、言われてみれば!」

ゆみ「まあもちろん場に出ている枚数や手役との兼ね合いもあるがな。基本的には対子より塔子を残すことを考えてくれ」

京太郎「勉強になります」

ゆみ「さて、次は……」

京太郎「ま、まだあるんですか!?」

ゆみ「当たり前だ……む、もうこんなところか」

京太郎「あ、分かれ道ですね。それでは俺はここで……」

ゆみ「帰ってからメールするから返信するように」

京太郎「ですよね……」

ゆみ「ああ、それじゃあまた夜に」カラカラカラ

京太郎「はい、さようなら」テクテク

京太郎「加治木先輩結構スパルタだよなあ。まあ親身になってくれてるってことだけど」テクテク

京太郎「……ん? あれ、なんで加治木先輩歩いて帰ってたんだ? ……ん、メールが」


ゆみ『さっきはああ言ったが、正直君がモモに勝てるのはもっと先のことだろうと思っていた』

ゆみ『モモのステルスは偶然だけで勝てるようなものじゃない。麻雀を初めて一週間ほどで勝てたのは誇っていいと思う』

ゆみ『君の打ち方については帰ってからメールで言うつもりだったんだが……その……』
   
ゆみ『君に言われたことが恥ずかしくて、誤魔化すように言ってしまった』

ゆみ『きつい言い方になってしまったと思うんだが、よければこれからも頼ってほしい。すまなかった』


京太郎「……頼らないわけないのになあ」ハハ

京太郎(歩いてたのはすぐメールするためだったんだな)

京太郎「さて、なんて返そうかな。まずは気にしてないということと、それからお礼と……」


――自室――

ゆみ『今日はここまでにしておこう。また明日』

京太郎『ありがとうございました。また明日よろしくお願いします』

京太郎「ふー……おお、2時間も付き合って貰ってたのか!?」

京太郎「部長に言われたばっかりなのに頼りすぎた……ちゃんと息抜きのしてもらい方考えないとなあ」

京太郎「ま、今はそれより咲からのメールに返信を……っと」

京太郎『悪い悪い、返信遅れた』

咲『もーいつもはすぐ返ってくるのに1時間も来ないから心配したよ』

京太郎『悪かったよ。それより今日は何かあるのか?』

咲『ううん、特にはないかな。今日は京ちゃんの話聞かせてよ』

京太郎『その言葉を待ってた! 聞いてくれ!』

咲『な、何?』

京太郎『今日初めて2位になれたんだよ!』

咲『京ちゃんおめで……2位?』

京太郎『2位だよ! 悪いか!』

咲『すっごく喜んでたから1位になったのかなって思ったんだけど……』

京太郎『初心者が麻雀部相手に2位になったんだから十分凄いだろ!』

咲『京ちゃんも今は麻雀部じゃない』

京太郎『それはそうだけど! 初めてトップ2になれたんだよ!』
 
京太郎『咲も麻雀やってたなら初めて2位になったときの気持ちわかるだろー』

咲『……そうだね。きっと嬉しかったんだと思う』

京太郎『思う?』

咲『昔のことだもん。でも、うん。昔は楽しくやってた気がする。だから思う、かな』

京太郎『そうか……それと、咲に聞きたいことがあるんだけどいいか?』

咲『なあに?』

京太郎『今日麻雀の雑誌読んだんだ』

京太郎『それに高校生女子麻雀チャンピオンのインタビュー載ってたんだけど、そのチャンピオンの名前が宮永照っていうんだよ』

京太郎『その宮永照って人は東京の高校に通ってるんだけど、なんとなく雰囲気がお前に似てるから気になったんだ』

京太郎『もしかして親戚だったりするか?』

…………

京太郎「メール返って来ないな……なんかマズイこと聞いちまったか? とりあえず……」

京太郎『その、答えにくかったら無理に答えなくていいぞ? こっちも突然聞いて悪かったし』

咲『ううん、大丈夫……その人は、宮永照は私のお姉ちゃんだよ』

京太郎『お前にお姉さんなんていたのか?』

咲『うん、京ちゃんと会う前にお父さんとお母さん別居しちゃってたから』

咲『私は長野でお父さんと住んでるんだけど、お姉ちゃんは東京でお母さんと一緒に住んでるの』

咲『……そういえば京ちゃんに私の家族の話したことなかったね』

咲『ちょうどいいし聞いてもらっていいかな? ちょっと相談したいこともあるんだ』

京太郎『確かになかったけど……俺が聞いていいような話なのか?』

咲『別に隠すようなことじゃないし気にしないで』

京太郎『そっか。それなら咲、久々に電話かけてもいいか?』

咲『うん、いいよ。……ありがとう京ちゃん』


京太郎『もしもし、聞こえるか?』

咲『もしもし、聞こえるよ』クスクス

咲『それじゃあ話すね。ええと、どこから話そうかな』

咲『家族麻雀をよくしてたって話はしたよね?』

京太郎『ああ、この間聞いた』

咲『私ね、実は家族麻雀そんなに好きじゃなかったんだ』

京太郎『そうなのか? 家族で出来るなんて楽しそうだななんて思ってた』

咲『うん、私の家ではね。お金をかけて麻雀やってたんだ』

京太郎『それで負けてたのか?』

咲『ううん、そんなことないよ。多分勝ち越してた』

京太郎『じゃあお金をやり取りするのが嫌だったとか?』

咲『それもちょっと違うかな。勝っても怒られてたんだ。負けたらお金を取られるし、勝ったら怒られる。京ちゃん、これどう思う?』

京太郎『なんというか……酷い話だな』

咲『でしょ? だから私は麻雀のことがそんなに好きじゃないんだよ』

京太郎『……』

咲『それで相談っていうのはここからなんだけど……』

京太郎『おう、ゆっくりでいいぞ』

咲『えっとね。京ちゃんが読んだっていう雑誌なんだけど、私も見たんだ』

京太郎『もう知ってたのか?』

咲『うん、お父さんから見せてもらってたんだ』

咲『私ね、一度東京へ、1人でお姉ちゃんに会いに行ったことがあるんだ』

京太郎『1人で行けたのか?』

咲『ちっちゃい子じゃないんだから行けるよ! 京ちゃんは私のことをなんだと思ってるの!?』

京太郎『悪い悪い。続けてくれ』

咲『うん、それで家まで行ったんだけど、お姉ちゃんは一言も口を聞いてくれなかった――』

咲『お姉ちゃん、きっとまだ私のこと怒ってるんだ』

京太郎『怒ってる?』

咲『家族麻雀の話で、負けたらお金を取られる、勝ったら怒られるって話はしたよね? それで私はどうしたと思う?』

京太郎『どうしたって……麻雀をやらなくなったとかじゃないのか?』

咲『ううん、違うよ。私はね、±0にしちゃえばいいんだって思ったんだ』

咲『それならお金を取られないし、取らないから怒られることもないから』

京太郎『……は? いや、そんなの狙ってできるものじゃないだろ?』

咲『狙ってやったんだ。狙えるようになったって言ったほうがいいかな。ちっちゃい私の精一杯の抵抗だった』

京太郎『……凄いな』

咲『あはは、ありがと。でもお姉ちゃんは私の勝ちを狙わないやり方が気に入らなかったんだと思う』

咲『きっと、だから今でも私と話してくれないんだ』

京太郎『……咲はお姉さんと仲直りしたいのか?』

咲『うん、だから雑誌の記事を見て、麻雀部に入ればお姉ちゃんとまた会えるかもしれないって思ったんだ』

京太郎『ああ、俺もそう思う』

咲『それで麻雀部に入ろうかどうか迷ってるの』

京太郎『結局文芸部には入らなかったんだろ? 麻雀部に入ればいいじゃんか』

咲『でもさ、京ちゃん。お姉ちゃんを怒らせた原因は麻雀なんだよ?』 
  
咲『その麻雀を使ってお姉ちゃんに会おうなんて余計に怒らせたりしないかな?』

京太郎『それは……』

咲『麻雀部に入らなければ、時間はかかるかもしれないけどその内お姉ちゃんは私のことを許してくれるかもしれない』

咲『麻雀部に入ればすぐお姉ちゃんに会いに行ける。でも、もっと怒らせて私のことをずっと許してくれなくなるかもしれない』

咲『京ちゃん、私はどうしたらいいのかな……』

京太郎『……咲は麻雀のことどう思ってるんだ?』

咲『え?』

京太郎『だからさ、咲は麻雀のこと好きなのか?』

咲『……さっき言ったじゃない。あんまり好きじゃないよ』

京太郎『でもさ、それは勝つことじゃなくて、±0を目指してたからじゃねーのかな』

咲『……』

京太郎『俺はさ、麻雀始めたばっかだけど、勝てるとすげー楽しいよ』

京太郎『初めて3位になれたときでも嬉しかったし、今日初めて2位になれたときなんかは思わず叫んじまった』

京太郎『まだ1位になったことはないけど、なれたらきっともっと楽しいんだろうなって思う』

京太郎『咲はどうだ? 1位になって楽しいとか嬉しいって思うことなかったか?』

咲『……昔、まだ家族で仲良く麻雀でやってたとき、1位になれたら凄く嬉しかった』

咲『そうだね。京ちゃんの言うとおり、あの頃は家族仲良く、楽しく麻雀やってた』

京太郎『そっか。それなら咲は麻雀部に入るべきだ』

京太郎『今度は勝つことを目指して、楽しんで麻雀をすれば、それをお姉さんに見てもらえば、きっと咲のこと許してくれるよ』

咲『そう、かな』

京太郎『ああ』

咲『……うん、そうだね。会わなきゃ何も始まらないよね。わかったよ京ちゃん。明日、麻雀部に行ってみる』

京太郎『ああ、それがいいよ』

咲『相談に乗ってくれてありがとう、京ちゃん』

京太郎『気にするな……そうだ。咲、ちょっといいか?』

咲『何?』

京太郎『さっきお前麻雀部に入ればお姉さんにすぐ会えるみたいなこと言ってたよな? 県大会に勝つ前提とは随分偉くなったなあ』

咲『ふぇっ!? も、もう、揚げ足取らないでよ! 京ちゃんのバカ!』

京太郎『ははは……実際咲は強いのか?』

咲『京ちゃんなんか足元にも及ばないくらい強いよーだ!』

京太郎『……』

咲『な、何か言い返してよぉ……』

京太郎『いやまあ、あの宮永照と家族麻雀で±0狙ってるやつだと思うと……』

咲『お、お姉ちゃんだって高校入って上手くなってるはずだよ!』

京太郎『と言ってもなあ』

咲『うぅぅ……』グスン

京太郎『はは、冗談だよ』

咲『もう、あんまりからかわないでよ……』

京太郎『面白いからついな』

咲『ついじゃないよ! こっちは本気で気にするんだからね!』

京太郎『悪かったって。それじゃあな』

咲『またね。……京ちゃん、今日はありがとう』

京太郎『気にするなって。またなんかあったら電話しろよ。大会で会おうぜ』

咲『うん、大会で』


女生徒「残りは私がやっておくから。須賀くんは部活行ってていいよ」

京太郎「いいのか?」

女生徒「いいっていいって。私帰宅部だし。部活頑張ってねー」

京太郎「おう、ありがとな」


京太郎(今日こそは1位になるぞー! ……あ、階段に加治木先輩が)

京太郎「加治木先輩、これから部活に行くところですか?」ウエミアゲ

ゆみ「ん、須賀くんか。そのつもりだよ」

京太郎「じゃあ一緒に行きましょう。昨日聞きそびれたところがあるんですけど途中で聞いていいですか?」

ゆみ「ああ、構わな……」フラッ

京太郎「加治木先輩!?」

ドタッドタタタタッ!

京太郎「いてててて……加治木先輩、大丈夫ですか?」シタジキ

ゆみ「あ、ああ、大丈夫だ。ありがとう、今どく……痛っ!」

京太郎「どうしたんですか!?」

ゆみ「き、気にするな。なんでもないっ」

京太郎「なんでもないわけないじゃないですか! ……足ですか?」

ゆみ「……そうだとしても君に迷惑をかけるわけにはいかない。先に部室に行っていてくれ」

京太郎「……そういうこと言うならこっちにも考えがありますよ」ムッ

ゆみ「?」

京太郎「だっことおんぶと肩を貸す。どれがいいですか?」

ゆみ「……は?」

京太郎「保健室まで連れて行くって言ってるんです。さ、だっことおんぶと肩を貸す。どれにします?」

ゆみ「ま、待て! そんなどれを選んでも恥ずかし……い、いや。そもそも必要ないと言っているだろう!?」

京太郎「あんな声出して何言ってるんですか。選ばないならだっこで運びます」

ゆみ「なっ」

京太郎「よいしょっと」グイッ

ゆみ「う、うわっ! な、なんでよりにもよってお姫様だっこなんだ!? というかそもそも重いだろう!?」

京太郎「一番持ちやすいからです。それとむしろ軽いくらいですから大丈夫です……さあ、保健室まで行きましょうか」

ゆみ「わ、わかった! 肩を借りるから! だから下ろしてくれ!!」

京太郎「始めからそうやって人の好意を受け取ればいいんですよ……っと」

ゆみ「好意じゃないとは言わないが、とてもではないが素直には受け取れないな……」

京太郎「加治木先輩、腕はちゃんと肩に回しました?」

ゆみ「ああ、回した」

京太郎「じゃあ行きますよ。ゆっくり歩きますね」

ゆみ「ありがとう」

京太郎「……」

ゆみ「……」

京太郎(加治木先輩と話すのは最近慣れてきたけどさすがにあんなことした後だとキツイな……)

京太郎(なんであんなことしたんだろう……)ズーン

ゆみ(ん……私が肩に手を回しやすいように少し屈んでくれているのか)

ゆみ(その体勢で歩くのは決して楽ではないはずなのに。……優しいやつだな)

ゆみ(さっきの強引な三択も、普段の須賀くんなら絶対にやらないはずだ)

ゆみ(それでもやったということは、それはきっと――)

ゆみ「なあ須賀くん」

京太郎「はっ、はい!」

ゆみ「そんなに力を入れなくても……いやそういう話になるかもしれないな」

ゆみ「その、さっきのことなのだが……」

京太郎「?」

ゆみ「さっきの君は怒っていたのか?」

京太郎「……当たり前じゃないですか」

ゆみ「……理由を聞いてもいいか?」

京太郎「決まってるじゃないですか。加治木先輩がまた無理しようとしたからです」

ゆみ「私は無理なんて――」

京太郎「してるから倒れたんです」

ゆみ「ぐっ」

京太郎「無理して倒れたのに、なんでさらに無理しようとするんですか」

ゆみ「君には――」

京太郎「関係ない、なんて言わないでくださいよ。自分が麻雀部にどれだけ大切か知らないわけでもないでしょう」

ゆみ「むぅ……」

京太郎「ほら、早く言わないとまたお姫様だっこしますよ」

ゆみ「や、やめろ! わかった、言うから!」

ゆみ「……麻雀部は私が麻雀をもっと本格的にやりたいから、なんて身勝手な理由で作ったんだ」

ゆみ「だから自分で出来ることなら自分でやりたい。他人に無駄な負担はかけたくない」

ゆみ「雑務は私がやるから、君たちには純粋にただ麻雀を楽しんで欲しいんだ」

京太郎「……はあ」

ゆみ「な、なんだ」

京太郎「加治木先輩は優秀なんですから、出来ること全部やろうなんて思ってたらパンクするに決まってます」

ゆみ「そんなことは……」

京太郎「実は部長から加治木先輩をなんとか息抜きに誘えないかって相談を受けてたんですよ」

ゆみ「何?」

京太郎「部活の仲間が辛そうにしてるのに純粋に麻雀を楽しむなんて出来ませんよ」

ゆみ「…………」

京太郎「あ、保健室ですね。その、無理しないって考えて貰えると嬉しいです」

ゆみ「……ああ」

京太郎「失礼します……先生はいないみたいですね」

ゆみ「ああ、外出の張り紙はないからすぐ戻ると思うのだが……」

京太郎「とりあえずこの椅子に座って下さい。湿布探しますね」

ゆみ「ああ、ありがとう」

京太郎「ええと、湿布は……お、あった」

ゆみ「ああ、それじゃ渡してく――」

京太郎「それじゃ脱がしますね。足上げて下さい」

ゆみ「ああ……って、え?」

京太郎「」スルッ

ゆみ「んっ」

京太郎「」スルスルスルッ

ゆみ「ふあ」

京太郎(綺麗な足だな……触ってみた――はっ!?)

京太郎(な、何やってんだ俺!? 咲の手当てずっとしてたからその癖か!?)ダラダラダラ

京太郎(か、加治木先輩が意外と平気にしてるかも……)

ゆみ「……」カアァァァァ

京太郎(やっちまったー! ど、どうする!?)

京太郎(……ああ、でも白くてスラっとして艶々としてて、いつまでも見ていたくなるような――)

ゆみ「す、須賀くん。あまり見られていると、その、恥ずかしいのだが……」カアァァァ

京太郎「す、すみません!!」バッ

ゆみ「あ……」

京太郎「あ……」


謝ろうと顔を上に向けると、顔を真っ赤にした加治木先輩と目があった。


ゆみ「……」

京太郎「……」

ゆみ「…………」

京太郎「……………」

ゆみ「――き」

保険医「誰かいるの? ごめんね席外しちゃ……」ガラッ

保険医「……ええと、お邪魔だったかしら?」

京太郎・ゆみ「「そんなことないです!!」」

保険医「んー軽い捻挫ね。病院に行く必要はなし。湿布を貼ってれば明日、明後日には治ってると思うわよ。もちろん安静にね」

ゆみ「ありがとうございます」

保険医「それと疲れてるみたいね。顔色悪いわよ。若いから無理は効くでしょうけど、ちゃんと休みは取ったほうがいいわ」

ゆみ「……はい」

保険医「部活はやってるの?」

ゆみ「麻雀部に入ってます」

保険医「それならやっても大丈夫ね。これから行くのかしら」

ゆみ「そのつもりです」

保険医「そう。ここには松葉杖とかはないから、彼氏くんはちゃんと連れてってあげるのよ」

ゆみ「かっ……!?

京太郎「ただの後輩です!」

保険医「そう」クスクス

保険医「まあ無理はしないことね。大会も近いんだし怪我で実力を発揮できないのはつらいわよー」

ゆみ「……わかりました。ありがとうございます」

保険医「お大事にー」

京太郎「ありがとうございました」ガラッ

京太郎(……さっきまでは怪我に気が行って意識しなかったけど、肩を貸すとかなり密着するな……)

京太郎(加治木先輩、普段凛としてるけど触れると女の子らしく柔らかいんだな……特に胸とかバストとかおもちとか)

京太郎(それになんかいい匂いも……)

ゆみ「須賀くん」

京太郎「ひゃいっ!」

ゆみ「ど、どうした?」

京太郎「い、いえ。なんでもないです」

ゆみ「そうか。……須賀くん、ちょっと聞きたいことがあるのだが」

京太郎「なんです?」

ゆみ「……君は躊躇せずお姫様だっこをしたり私のソックスを脱がしたりしてきたが……女性の扱いに慣れているのか?」

京太郎「……はい?」

ゆみ「普通はああいうことをやるときは多少なり躊躇するものだと思うのだが」

ゆみ「君は自然にやるものだからこっちも反応が遅れてな……」

京太郎「お姫様だっこなんて慣れてないですよ! やったのも初めてです!」

京太郎「……その、あのときはちょっとカチンと来まして、勢いでといいますか……」

ゆみ「ふむ」

京太郎「脱がした方はですね。その、幼馴染みの手当てをいつもやっていたのでついそれと同じように……」

ゆみ「なるほど……須賀くん」

京太郎「はい」

ゆみ「それは直したほうがいい。いつかきっと問題を引き起こす」

京太郎「あはは……でも大丈夫ですよ」

ゆみ「何?」

京太郎「大切な相手じゃなきゃあんなに焦ったりしませんから。そういう相手ならきっと怒るくらいで許してくれます」

ゆみ「――っ」カァァ

京太郎「加治木先輩?」

ゆみ「だからそういうところを直せと言っているんだ……」ハァ

京太郎「す、すみません。もしかしてそんなに嫌でした……?」

ゆみ「そういうわけじゃ……いや、もういいか」

ゆみ「須賀くん」コホン

京太郎「は、はい」

ゆみ「意地を張っていた私を引っ張ってくれてありがとう」

ゆみ「1人じゃ保健室へ行くのは正直厳しかったと思う。手当てをしようとしてくれたこと、嬉しかったよ」

京太郎「……はい!」

京太郎「すみません。遅くなりましたー」ガラッ

智美「おお、2人とも何してた……」

睦月「そ、そんなにくっついてどうしたんですか?」

ゆみ「くっつ……! あ、足を捻ったから肩を貸してもらっているだけだ!」

佳織「歩けないみたいですけど大丈夫ですか?」

ゆみ「ああ、座っていれば大して痛まないし、明後日には治ると言われたよ」

桃子「そんなに重傷じゃなくてよかったっす」

智美「今日は部活やらずに帰るのかー?」

ゆみ「いや、痛むのは足だけだし参加するよ。須賀くん、すまないが椅子まで運んでもらっていいか?」

京太郎「もちろんです」

ゆみ「……っと、ありがとう。対局が終わるまで君の牌譜を見ていこう」

京太郎「よろしくお願いします」

…………

………

……



智美「それじゃそろそろ帰るかー」

ゆみ「まだ早くないか?」

智美「怪我人は早く帰って安静にしなさい」

ゆみ「む……」

京太郎「はは……そういえば加治木先輩、その足で自転車に乗れますか?」

ゆみ「さっきに比べれば痛みも引いているしまあ大丈夫だろう」

智美「……ゆみちん、ちょっと歩いてみてくれるか?」

ゆみ「ああ……痛っ」

智美「ゆみちん、そんな足で自転車漕ごうなんて無理はよくないぞー」

睦月「そうですよ。悪化しちゃいます」

ゆみ「そう言われてもな。バスを使おうにも私の家からバス停までは遠いし、両親も仕事だ」

京太郎「家まで肩を貸す……のはちょっと外では恥ずかしいですね」ハハ

ゆみ「出来れば校内でもそう思って欲しいんだがな。もちろん感謝はしているが」ハァ

ゆみ「それに、そもそも須賀くんに家まで付き合わせるのは悪いだろう」

京太郎「俺が歩く分には大丈夫ですよ。いい運動です」

ゆみ「ん、そうか……」

ゆみ「……ああそうだ。そんなことをしなくてもタクシーを呼んで――」

智美「思いついたぞー!」ワハハ

ゆみ「もら……蒲原、嫌な予感はするがとりあえず言ってみろ」

智美「失礼な。今回は名案だぞー」

桃子「どんな案なんすか?」

智美「京太郎がゆみちんの自転車でゆみちんを送ればいいんだ」

睦月「ああ、二人乗りですか」

ゆみ「ま、待て。他人の前でそんな……」

智美「肩を貸すくらい密着してたんだからこれくらいは大丈夫だろー?」

ゆみ「うっ……」

佳織「でも智美ちゃん、二人乗りなんてやってたら危ないし注意されちゃうんじゃないかな?」

ゆみ「そ、そうだ。だからタクシーを――」

智美「非常事態なんだしいいだろー。それに学校が見えなくなるまではゆみちんを乗せて押せばいいし」

佳織「そっか。それもそうだね」

ゆみ「妹尾!?」

桃子「まあいいじゃないっすか。タクシーは高いっすし、それに二人乗りやってるくらいじゃ誰も見ないっすよ」

睦月「二人乗りそんなに嫌なんですか?」

ゆみ「い、嫌というわけでは……す、須賀くんはどうなんだ!?」

京太郎「二人乗り自体は中学の頃よくやってたので、加治木先輩が嫌でなければいいですよ」

ゆみ「」

桃子「問題が片付いたところで帰るっすー!」

智美「ゆみちん、置いてくぞー」

睦月「それじゃ、肩貸しますね」

ゆみ「ありがとう。ついでに頼みがあるんだがタクシーを――」

睦月「京太郎くん、自転車乗り場からはよろしく」

京太郎「任されました!」

ゆみ「ああ、うん。わかっていた。私はいい後輩たちを持ったよ」

京太郎「照れますよ」

睦月「照れますね」

佳織「照れちゃいます」

桃子「照れるっすよー!」

ゆみ「よし、お前たちは明日までに『麻雀何切る?』を1冊終わらせて来い」

智美「後輩たち、あんまりからかっちゃダメだぞー」ワハハ

ゆみ「蒲原は2冊だ」

智美「ワハ!?」


智美「ゆみちん、ここまで自転車を押して貰った気分はどうだ?」

ゆみ「見られてばかりで全く落ち着かなかった……二人乗りくらい目立たないと言ったのは誰だ」

桃子「二人乗りじゃなくて京太郎が押してたじゃないっすか。6人いて1人だけ自転車に乗って押されてればそれは目立つっすよ」

智美「どこの女王様だって感じだなー」ワハハ

京太郎「まあ嘘は言ってなかったですね」

ゆみ「嵌められたか……」

桃子「人聞きが悪いっすねー」

睦月「まあまあ、明日には誰も覚えてませんよ」

ゆみ「そうだといいんだがな」ハァ

京太郎「じゃあ前乗りますね」

ゆみ「ああ、今後ろに移る」

京太郎「よっ……と」

ゆみ「……そ、それじゃあ捕まるぞ」ギュッ

京太郎「!?」ビクッ

ゆみ「ど、どうかしたのか?」

佳織「わわわ……」カァァ

睦月「凄い……」カァァ

桃子「だ、大胆っすね」カァァ

智美「どうかってゆみちん、それはこっちのセリフだぞ」カァァ

ゆみ「え、えっ?」

ゆみ「だ、だって少女漫画とかでは二人乗りするときはこうやってギュッと抱きしめて……」

桃子「どんだけ乙女っすか!」

智美「本気で言ってるんだよなー……」

ゆみ「ど、どこがおかしいんだ!? ちゃんと捕まらないと危ないだろう!?」

睦月「抱きしめなくても腰を掴んだり荷台やサドルを持ったりすれば落ちないのでは……」

ゆみ「……!!」

智美「いや、そんなその発想はなかったみたいな顔されてもなー」

佳織「と、とりあえず京太郎くんを離してあげたらどうでしょう?」

ゆみ「え?」

京太郎「」パクパク

ゆみ「う、うわっ! す、すまない!!」バッ

京太郎「……はっ!? い、いえ! こちらこそ!」

桃子「何がこちらこそなんすか?」

京太郎「……いや、なんでもないぞ?」

桃子「ところで感想は」

京太郎「柔らかくていい匂いがし……しまった!?」

睦月「素直だね」

智美「正直者だなー」ワハハ

ゆみ「」プシュー


桃子「……さて、それじゃあそろそろ帰るっすか」

智美「邪魔者はお暇するかー」

京太郎「ま、待った! せめてこの空気をどうにか――」

睦月「そうですね。早く帰りましょう!」

佳織(何でもいいからここから逃げ出したいなあ……)

京太郎「睦月先輩!? 佳織先輩もだんまりはやめましょうよ!」

智美「それじゃあまた明日なー」ワハハ

京太郎「ちょっとー!?」

スタスタスタスタ……

京太郎「ほ、本気で帰りやがった……」

ゆみ「」プシュー

京太郎「え、ええと、その加治木先輩。さっきのは……」

ゆみ「い、いや、いいんだ。悪いのは私だから」

京太郎「そんなことは……」

ゆみ「と、ともかく! 自転車を出してくれ!」

京太郎「は、はい! 加治木先輩の家遠いですもんね!」

ゆみ「あ、ああ! 早く行かないと日が暮れてしまう」

京太郎「わかりました! それじゃしっかり捕まって――」ハッ

ゆみ「あ……」ジー

京太郎「そ、そういう意味じゃないですからね!?」

ゆみ「わ、わかっている! それじゃあ荷台を掴んで……」

京太郎「大丈夫ですか?」

ゆみ「ああ、ちゃんと掴んでいる」

京太郎「それじゃ出しますよー」

ゆみ「よろしく頼む」

京太郎「……」シャー

ゆみ「……」シャー

京太郎(中学のとき、咲とよくこんなふうに二人乗りしてたなー)

京太郎(初めてやったときは咲が憧れだったって言って横乗りしたっけ)

京太郎(ちょっと漕ぎだしたら咲が倒れそうになったからすぐやめたけど。あいつ悔しそうな感じで涙目になってたな)

京太郎(その後も何度か挑戦しようとしたから止めるのが大変だった。あいつ変なところで頑固だからなあ)

京太郎(咲とのどうでもいい話とか結構楽しかったな。そのうちあいつの重さがない自転車が物足りなくなったりして)

京太郎(風を切る感覚も感じる重さも似てるけど、見える景色はやっぱり向こうと違う。……当たり前か)

京太郎(……おんなじ長野なのにな)ハァ

ゆみ「なあ、須賀くん」

京太郎「なんですか?」

ゆみ「二人乗りはよくやっていたと言っていたな」

京太郎「そうですね。前に言った幼馴染をよく乗せてました」ハハ

ゆみ「そうか。……間違っていたらすまないのだが、今そのときのことを思い出してはいなかったか?」

京太郎「……もしかして声に出したりしてました?」

ゆみ「そういうわけではないが、ため息をついたり考え込むような顔をしていたからな」

京太郎「はは……加治木先輩には敵わないですね」

ゆみ「それで、これももしなんだが」

京太郎「何がです?」

ゆみ「今、寂しい、と思っていないだろうか」

京太郎「寂しい……ですか」

ゆみ「ああいや、違っていたらそう言ってくれ。別に何か特別な根拠があって言っているわけではないんだ」

京太郎「ん……考えたこともなかったですけど」

京太郎「けど、言われれば寂しかったのかもしれないです」

京太郎「俺、幼馴染……咲って言うんですけど、そいつと毎日メールしてるんですよ」

京太郎「昔からよくメールはしてたんですけど、引越す前は毎日なんてことはなかったです」

ゆみ「ふむ。聞いた私が言うのも何ではあるが、違うところにいるんだ。それくらい普通じゃないか?」

京太郎「いえ、そこじゃないんです」

京太郎「咲は地元の高校に行ったんで、やっぱり中学の友達もたくさん一緒のところ行ってるんですよ」

京太郎「咲とのメールにもよく出てくるんですけど、それがちょっと羨ましいなとかいいなとか思っちゃうんです」

京太郎「こっち来て使ってる道も、普段登校に使ってる道はもう見慣れた風景になってるんですけど」

京太郎「今こうやって違う道を行くとやっぱり全然見覚えがなくて」

京太郎「前のところはどこ行っても大体見慣れてたんで、自分はここの人間じゃないんだなとか感じたんです。
    
京太郎「それでさっきため息ついちゃったんですよ」

京太郎「そんなこと考えてると、俺はなんで1人でこっち来たのかなってちょっと後悔が」

ゆみ「……そういえば須賀くんがこっちに来た理由を聞いていなかったな」

京太郎「ああ、親の仕事の都合ですよ。まあ向こうで一人暮らしすることも出来たんで、決めたのは自分です」

ゆみ「高校生が1人で暮らすのは言うほど簡単じゃない。自分のせいだなんて思う必要はないさ」

京太郎「加治木先輩……」ジーン

ゆみ「……まあ私もしたことはないからどんなものかわかるわけではないが」

京太郎「加治木先輩……」ジー

ゆみ「と、ともかくだ! 自分が選んだからしょうがないなんて思わず、寂しければ素直にそう思えばいい。そのほうが楽になる」

京太郎「……そうですね。ありがとうございます」

ゆみ「……」シャー

京太郎「……」シャー

ゆみ(あまり表情は明るくなっていないな……ああ)

ゆみ「寂しくて、じゃあどうするかまで言わなければ片手落ちか」ボソッ

京太郎「何か言いました?」

ゆみ「いや、なんでもない」

ゆみ「……須賀くん。この先に急な坂道があるのが見えるか?」

京太郎「ああ、結構急ですね。しっかり捕まってください」

ゆみ「ああ」ギュッ

京太郎「っ!? か、加治木先輩!?」グイッ

ゆみ「きゃっ! ハンドルを急に切るな! 危ないだろう!?」

京太郎「それはすみません! でも何ですかいきなり!?」

ゆみ「き、急な坂だからしっかり捕まったんだ。それに……」

京太郎「それに?」

ゆみ「……このほうがいいかと思ってな」

京太郎「……ええと、それは、まあ、さっきのも嬉しかったですけど」

ゆみ「そ、そういう意味じゃない! 君は寂しいのかもしれないと言っていただろう?」

京太郎「そ、そっちですか」

ゆみ「私は地元を離れてはいないから、君がどれほど苦しいか分からない」

ゆみ「でも、君のつらさを和らげたいとは思う。そのためにはこうするのがいいと思った」

ゆみ「君の故郷にいなかった私が君のその寂しさを埋めたいというのはおこがましいかもしれないが、それでも私を頼って欲しい」

ゆみ「君は、私の大切な後輩だからな」

京太郎「……そんなに心配されるような顔してました?」

ゆみ「ああ、何かしてあげたいと思うくらいにはな」

京太郎「……まったく、加治木先輩は背負い込みすぎですよ。
    麻雀部のことだけで倒れちゃったのに、俺のことまで背負ってどうするんですか」

ゆみ「う……」

京太郎「でも、ありがとうございます」

ゆみ「ああ、いい声だ」

京太郎「これからも頼っていいですか?」

ゆみ「もちろん。いつでも頼ってくれ」

京太郎「それじゃ、加治木先輩も俺を頼ってください」

ゆみ「うん?」

京太郎「麻雀はまだ全然敵いませんけど、でも牌譜の分析とか出来ることはやりますから」

ゆみ「しかし……」

京太郎「ただでさえ倒れたのに、この上さらに加治木先輩に頼るなんて言ったら部長に何言われるかわかりませんよ」

ゆみ「だが私が勝手にやっていることで負担をかけるわけには……」

京太郎「加治木先輩が俺に大切だって言ってくれたのと同じで、俺にとっても加治木先輩は大切な先輩なんですよ!」

ゆみ「……それを言われるとはな」フゥ

ゆみ「量を減らそうと思っていたんだが、そう言ってくれるならお願いするよ」

京太郎「任せてください!」




京太郎「…………」シャー

ゆみ「…………」シャー

---------------------------------------

ゆみ(……今まで意識していなかったが、背中、広いな。それに固い)

ゆみ(男子とこんなに密着したのは初めてだが、体の作りがこんなに違うのか)ポー

ゆみ(……前はどうだろう)サワッ

京太郎「」ビクッ

ゆみ(腹筋の辺りも引き締まっている。細身だけど筋肉質だ。鍛えているんだな……今さらか。部活の前にお姫様だっこをされ――)

ゆみ(いかん、自分で考えていて恥ずかしくなってきた)カアァァ

ゆみ(いつの間にか鼓動も速くなっている)ドクンドクン

ゆみ(こ、これは須賀くんに伝わっているんじゃないだろうか)ドクンドクン

ゆみ(……もっとこう、トクントクンと可愛らしくならないものかな)ハァ

ゆみ(……須賀くんも緊張しているんだろうか)

ゆみ(……えい)ピト

ドキドキドキドキ……

ゆみ(私よりも速い。私よりも緊張してくれているのか。……なんだか嬉しいな)

ゆみ(心地いい音だ。もう少し、家に着くまでこのまま――)


---------------------------------------


京太郎(……ぴったりくっついてるな)ドキドキ

京太郎(加治木先輩と密着したの今日何度目だ!? 今まで一度もこんな経験なかったのに!)

京太郎(ああ、背中に柔らかいおもちが……いかん、運転に集中しろ集中!)

京太郎(ふー……うん、少し落ち着いてきた)

京太郎(柔らかく包まれてるみたいでなんか安心する。こういうの母性っていうのかな)

京太郎(加治木先輩が言ったとおり、ギュッとされてると寂しさが和らいできた)

ドクンドクン……

京太郎(……ん? なんだこの振動)

京太郎(これは……心臓の音か。もしかして加治木先輩も緊張して――)

ゆみ「」サワッ

京太郎(って!? な、何やってんだこの人!?)ドキドキドキドキ

京太郎(寂しさなんか吹っ飛んだけど! ただでさえ我慢してんのに!)

京太郎(この人ついこの間まで男と話すの苦手とか言ってたよな!? 話してなきゃいいのか!?)

ゆみ「ん……」ピト

京太郎(背中に耳を……まさか俺の心臓の音聞いてるのか? うおお、恥ずかしい!!)

京太郎(ど、どうしよう。何か話しかければ離れてくれ――)

ゆみ「――もう少し、このまま――」ボソッ

京太郎(……まあ、俺も加治木先輩の音聞いたんだしお互い様か)

京太郎(家まであと少しだし、このままでいいか)

京太郎(俺もそのほうが嬉しい……って何考えてんだ俺)ドキドキ

---------------------------------------



――加治木宅前――

京太郎「加治木先輩、家ってここですか?」

ゆみ「……ん? ああ、ここだ――」ポー

ゆみ「――っ!?」バッ

ゆみ「す、すまない! ずっとこんな、だ、抱き締めるような真似を……!」

京太郎「い、いえ、大丈夫です。全然」ドキドキ

ゆみ「そ、そうか。それとその、さっきの君のお腹を確かめようと思ったのも……」

京太郎「そっちも少しくすぐったかっただけですから大丈夫です」ドキドキ

京太郎「……って確かめ?」

ゆみ「っ! な、なんでもない!」

ゆみ「そ、そんなことより」コホン

ゆみ「私のためにこんな遠回りまでしてくれてありがとう、須賀くん」ニコッ

京太郎「っ!!?」ドキィ!!

ゆみ「うん? どうかしたか?」

京太郎「い、いえ。なんでもないです」ドキドキ

ゆみ「そうか、それならいいのだが……」

京太郎(な、なんだ急に? 加治木先輩の笑ったとこ初めて見たってわけでもないのに)ドキドキ

ゆみ「なんだか顔が赤いな……もしかして私が重くて疲れたのだろうか」シュン

京太郎「」ムッ

京太郎「そんなことないです!!」

ゆみ「わっ!」

京太郎「部活の前にも言ったじゃないですか! 加治木先輩は重くなんてないです!」

ゆみ「そ、そうか。そこまで強く言われると照れるな……」カアァァ

京太郎「あ……すみません」

ゆみ「まあそう言ってくれたのは嬉しいよ。ありがとう」フフッ

京太郎「っ!」ドキッ

京太郎(さっきからのこれは)

京太郎(加治木先輩が自分のこと卑下するのがなんか嫌で、笑うと胸が高鳴って)

京太郎(ああ、もしかして)


京太郎(――俺、加治木先輩のこと好きになったのか)




ゆみ「須賀くん? 本当に大丈夫か?」

京太郎「大丈夫です。むしろスッキリしました」

ゆみ「? まあそれならいいんだが」

京太郎「それより加治木先輩。牌譜渡して貰っていいですか?」

ゆみ「ああ、そうだったな。それじゃあ半分――」

京太郎「全部下さい」

ゆみ「何?」

京太郎「これからは牌譜の整理と分析は俺がやります」

京太郎「加治木先輩は作戦を考えたり自分の練習をしたり、加治木先輩じゃなきゃ出来ないことをやって下さい」

ゆみ「しかし……」

京太郎「最初はやり方を聞くことになると思いますけど、でもすぐに覚えます!」

京太郎「麻雀部の、加治木先輩の役に立ちたいんです!」

ゆみ「……自転車に乗っているとき、お願いすると言ったしな」フゥ

ゆみ「わかった。それじゃあ牌譜の整理と分析は君に頼んだよ」

京太郎「はい!」

ゆみ「ちなみにこれだけあるんだが本当に大丈夫か?」ドサッ

京太郎「お、おお……すごい量ですね」

ゆみ「やはりこの量は……」

京太郎「いえ、大丈夫です! やってみせます!」

ゆみ「そうか……ただ、失敗を経験した者として言うが、無理だと思ったら私を頼るんだぞ」

京太郎「倒れる前に頼ります」ハハ

ゆみ「それじゃあ須賀くん、自転車の鍵を取ってもらっていいか?」

京太郎「あ、はい、これです。足まだ痛みます?」

ゆみ「ん……歩くのは少しつらいな。まあ明後日には治ると言っていたから大丈夫だろう」

京太郎「そうですか……その、加治木先輩」

ゆみ「なんだ?」

京太郎「明日の行きも送らせて貰えませんか」

ゆみ「なっ!? あ、明日の行きとはつまり登校のことか」

京太郎「はい」

ゆみ「し、しかし登校時間には人も多いし朝からというのは目立ちそうだな……」

京太郎「二人乗りが目立つなら、人が多くなったらまた押しますよ」

ゆみ「余計に目立つだろう!?」

京太郎「じょ、冗談です」

京太郎「無理にではないですけど、もし痛むようなら明日も大変かなと思ったので……」

ゆみ「むぅ……」

京太郎「……」

ゆみ「……」

ゆみ「……そうだな。お願いしてもいいだろうか」

京太郎「はい、喜んで!」

ゆみ「ありがとう。それじゃあこれを」

京太郎「これは……自転車の鍵ですか?」

ゆみ「ああ、明日も来るんだ。自転車のほうが楽だろう? どうせ私は使えないしな」

京太郎「ありがとうございます!」

-----------------------------------------

京太郎「そろそろ帰りますね」

ゆみ「ああ、今日は助かった」

ゆみ「保健室へ連れて行ってもらって、家まで送ってもらって、牌譜を引き受けてもらって、明日も来てもらう」

ゆみ「君には借りが随分と出来てしまったな」

京太郎「どれも好きでやってることですから。気にしないでください」

ゆみ「私はいい後輩を持ったよ。……何か埋め合わせをしないとな」

京太郎「いえ別にそんな……」

ゆみ「後輩に助けて貰いっぱなしの先輩というのも情けない。私に出来ることなら何でもいい、考えておいてくれ」

京太郎「……わかりました。考えておきます」

ゆみ「ああ」

京太郎「それじゃあ加治木先輩、また明日」

ゆみ「また明日。今日はありがとう」


京太郎(いい後輩かあ……)シャー

京太郎(いつか、後輩としてじゃなく俺を見てもらえるように、頑張ろう)

-----------------------------------------