『いつも目が京太郎を追ってる』

    教室

    モブ「それでさー」

    淡「……」チラッ

    淡(あ、きょーたろだ)

    モブ「だったの……って淡?」

    淡「え?」

    モブ「聞いてた?」

    淡「あ、ごめん……ボーッとしてた」

    モブ「しっかりしてよー。最近そういうの多いよ?」

    淡「そ、そんなことないもん」

    モブ「そう?でもこの前の体育だってーー」

    ーーーー
    ーー

    淡(男子は……サッカーかぁ)

    淡「きょーたろどこだろ?」キョロキョロ

    先生「大星さん?どうかしましたか?」

    淡「え?あ、いえ!」

    先生「そうですか?では説明続けますね。今日はーー」

    淡「……」チラッ

    淡(あ、きょーたろだ。あ、ボールもった♪いけいけ、きょーたろシュート!)

    先生「ーーです。では早速ペアになってやってみてください」

    モブ「淡ーやるよ」

    淡「……なにを?」

    モブ「……何聞いてたの……」

    ーーーー
    ーー

    淡「あれは具合が悪くて……」

    モブ「ふーん……」ジトッ

    淡「ほ、ほんとだもん……」

    モブ「そういえば、この前の英語でもーー」

    ーーーー
    ーー

    先生「じゃあ、次の訳を……須賀」

    京太郎「……私はかつて日本全土を統治したことがある」

    先生「正解だ。ちなみにこれ誰だと思う?」

    京太郎「え?織田……いや、豊臣?」

    先生「そう思うだろ?でも、この時代に英語は浸透してないはずだから違う」

    京太郎「じゃあ誰なんですかね?」

    淡「……」チラッ

    淡(またきょーたろ絡まれてる……。でもそれに嫌な顔一つしないで対応するきょーたろ格好いい♪)

    先生「これ誰だと思う?えーと、大星」

    淡「え?え?」オロオロ

    淡(何答えれば?)アセアセ

    モブ「答えなんかないから落ち着きなよ」コゴエ

    淡「そ、そうだね」フー

    ーーーー
    ーー

    モブ「あの質問に戸惑うあたり、何も聞いてなかったでしょ?」

    淡「き、聞いてたもん……」

    モブ「本当に?ちなみに、あの先生はお馬鹿さんには簡単な問題しか当てないから淡が答えられない問題はあたらないからね」

    モブ「それを踏まえたうえでテンパったの?」

    淡「う、うぅ」ナミダメ

    モブ「あ!あと、あれもあったね」

    ーーーー
    ーー

    モブ「え?モブ子、モブ男のこと好きなの!?」

    モブ子「ちょ!声が大きいよ」アセアセ

    モブ「ごめんごめん。で?どうなの?脈あり?」

    モブ子「それが……」ズーン

    淡「……地雷ぽかったね」

    モブ「いやいや!降られるまで分からないよ?」

    モブ子「そうかな?」

    淡「……」チラッ

    淡(きょーたろだ。あ、こっちみた……)

    モブ「そうだよ!だいたいね、私たちなんてまだ好きな人も出来てないんだよ?それだけでも凄いことだよ」

    モブ子「そ、そうかな?」テレテレ

    淡(ウインクしちゃお♪)パチ

    淡(あ、慌ててる♪そんなに必死なんなくてもいいのに。かわいいなぁ)

    モブ「ね?淡もそう思うよね?」

    淡「え?なに?」

    モブ「あんた、今どこ見てた?」チラッ

    モブ子「あれは……須賀くん?」

    淡「あ、あはは……」

    モブ子「え?もしかして、淡ちゃん、須賀くんのこと好きなの?」キラキラ

    淡「ち、違うよ。そんなんじゃないって」アセアセ

    モブ子「焦っちゃって淡ちゃんかわいいー」

    淡「だからー」アセアセ

    モブ「………」

    ーーーー
    ーー

    淡「そ、そういえばそんな事もありましたね……」

    モブ「でしょ?……しかも決まって須賀くん見てるし」

    淡「っ!そ、そんなことないって」アセアセ

    モブ「ほんとかな?本当は付き合ってるとかじゃないの?」ニヤニヤ

    淡「だからー、きょーたろとはそんな関係じゃないって」アセアセ

    モブ「……きょーたろね」

    淡「あ……」

    モブ「いいの、淡だって女の子だもんね。彼氏の1人や2人……」

    淡「ちょ!そんなことないよ!」

    モブ「え?」

    淡「彼氏はきょーたろだけだもん!2人もいないよ!」

    モブ「」

    淡「あ、あれ?」

    モブ「自然体でノロケるじゃねぇよばかぁあああああ!」ガタッ

    淡「あ、モブ!?どこいくの!?」

    モブ「2人とも幸せになっちゃえぇええええ」



    終わり。

    『ノートにきょーたろって沢山書いてあった』

    淡宅

    京太郎「な、なんだこれ……」

    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ
    きょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろきょーたろ

    京太郎「これ、淡のノートだよな?」アセダラダラ

    京太郎「な、なんで?」

    ガチャッ!

    京太郎「っ!」ビクッ

    淡「きょーたろ……」

    京太郎「あ、淡……」

    淡「もう……勝手に人のノート見たりしたら駄目だよ?」ニッコリ

    淡「きょーたろだから許してあげるけど」

    京太郎「淡、これ……」

    淡「あぁ。きょーたろのこと考えてたら書きたくなっちゃって……。書いてたらね?手が止まらないの♪」

    淡「そのノート、まだ二冊目なんだぁ」ニッコリ

    京太郎「」ゾクッ

    淡「でもすぐ手が痛くなっちゃうの。愛が足りないね」

    京太郎「淡……」

    淡「もっと……もっときょーたろを愛さなきゃ」っノート

    京太郎「あ、淡?」

    淡「なーに?きょーたろ」

    京太郎「な、なぁ。冗談だよな?」アセアセ

    淡「……なにが?」

    京太郎「なにがって……淡はそんな感じじゃなかっただろ?もっと明るくてさ!もっと元気で!」

    淡「……嫌い?」

    京太郎「……え?」

    淡「こんな私嫌い?」

    京太郎「あ、いや……嫌いじゃないけど」

    淡「よかった。私ね、もっと頑張るから」

    京太郎「……なにを?」

    淡「もっと頑張ってきょーたろの理想の女の子になるからーー」

    淡「私だけを愛して?」ニッコリ

    淡「ね?きょーたろ。私だけ見て」

    京太郎「……淡」

    淡「なーに?」

    京太郎「ごめん!」

    淡「なにが?」

    京太郎「これ、俺に対する意地悪か何かだろ?俺が知らない間に淡を怒らせて、それに気づかないからだろ?」

    淡「何いってるの?私がきょーたろに腹を立てることなんてないよ?へんなきょーたろ」クスクス

    京太郎「……淡、頼むからさ!元の淡にもどってくれ!」

    淡「……なんで?きょーたろ好きなんでしょ?こういうの」

    京太郎「好きじゃない!嫌いじゃないとは言ったが好きじゃない!」

    淡「え……えぇええ!?」 

    京太郎「!?」

    淡「き、きょーたろ!ヤンデレ好きなんじゃないの!?」アセアセ

    京太郎「え?え?」アセアセ

    淡「テルーから聞いたんだよ?きょーたろはヤンデレが好きって!」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「ヤンデレ?」

    照「うん」

    京太郎「ヤンデレがどうかしたんですか?」

    照「京ちゃん好きなのかなって」

    京太郎「うーん……どうでしょう?でも愛ゆえの病気ですからね。悪い気はしないですね」

    照「そう」

    京太郎「でも、突然どうしてそんなことを?」

    照「今、女の子の中で話題になってるの」

    京太郎「ヤンデレがですか?」

    照「……少し違う」

    京太郎「といいますと?」

    照「ヤンデレの需要について」

    京太郎「嫌な話題ですね……」

    照「だから私も調べてみようって思って」

    京太郎「それで俺ですか」

    照「そう」

    京太郎「……俺はヤンデレ嫌いじゃないですよ?もっとも病まないこしたことないですけど」

    照「そう」

    ーーーー
    ーー

    部室。

    淡「それで、きょ……須賀はなんて?」オドオド

    照「京ちゃんはヤンデレ好きみたいだよ」

    淡「そ、そっか……。ヤンデレっていうのが好きなのかぁ」

    照「でも、珍しい。淡がそんなこと聞いてくるなんて」

    淡「そ、そう!?わ、私だって男子の好みとか聞いておきたいし」

    照「そう」

    淡「うん。あ、テルーこれあげる。お礼だよ」っアメダマ

    照「……」キョロキョロ

    淡「……どうかしたの?」

    照「部室でお菓子食べると菫が怒る」シュン

    淡「……あ、アメダマくらい大丈夫だよ。たぶん……」アセアセ

    照「そうかな?」

    淡「そうだって!もし怒られたら一緒に怒られてあげるから♪」

    照「……うん」アメダマモラウ

    淡「じゃあ、私行ってくる!」

    照「いってらっしゃい」

    ーーーー
    ーー

    淡宅。
    淡「明日は久々にきょーたろが家にくるし準備しておかなきゃ」

    淡「ヤンデレって何すればいいんだろう?」

    淡「インターネットで調べれば出てくるかな?」カチカチ

    淡「あ、あった。……え?こ、ここれ!?」

    淡「えっと……きょーたろ……こういうのが好きなの?」

    淡「……そういえば、夜もたまに変なことさせようとしてくるし……////やっぱりこういう変わったのが好きなのかな?」アセアセ

    淡「…………………」

    淡「よし、きょーたろのためにも頑張ろう!」

    淡「まずは……これかな?」っノート

    淡「とりあえず一冊は書かないとね 」カキカキ

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「…………」

    淡「だ、だから……そのきょーたろのために……」

    京太郎「え、えっと……淡さん?」

    淡「……なに?」

    京太郎「それだと俺はただの変態です」

    淡「だ、だって!夜の時とか変なこと言うじゃん!足が良いとか脇が良いとか////」

    京太郎「あ、いや、それは別というか……」

    淡「わ、私は少しでもきょーたろの理想になりたいの!だから、その……」

    京太郎「淡」ギュッ

    淡「ひゃっ」ビクッ

    京太郎「誤解させるようなこと言ってごめん」

    淡「きょーたろ……」

    京太郎「俺はいつもの淡が好きだ。怒ってる淡も笑ってる淡も悔しがってる淡も」

    淡「……////」カァァ

    京太郎「だからいつもどうりでいてくれ」ギュッ

    淡「う、うん////」

    京太郎「……」

    淡「……♪」

    京太郎「ところでさ……」

    淡「うん?」

    京太郎「あのノートは本当淡が書いたのか?」

    淡「え?あ、うん。きょーたろが好きなのかなって思って徹夜で作ったんだぁ♪」ニッコリ

    京太郎「」

    京太郎(そっち系の才能ありそうだな……)



    おわり!



    『淡が京太郎に耳かきしてあげてた』

    放課後の部室。

    淡「暇だねー」

    京太郎「だなー」

    淡「……いつ帰ってくるのかな?」

    京太郎「……宮永先輩が見つかるまで帰ってこないんじゃないか?」

    淡「だよね……」

    京太郎「……ああ」

    淡「…………きょーたろ」

    京太郎「学校では須賀だろ?」

    淡「2人っきりの時はきょーたろだもん」

    京太郎「そうだったな」

    淡「ねぇ、きょーたろ。隣座ってもいい?」

    京太郎「……どうぞ」

    淡「……」ポスン

    京太郎「……」

    淡「……ねぇ、膝枕してあげよっか?」

    京太郎「……別にしなくていいぞ?」

    淡「……むぅ」

    淡「こほん!膝枕してあげよっか?」

    京太郎「……別にいいって」ニッコリ

    淡「…………」プクー

    京太郎「俺は正直な子が好きだからな」ニヤニヤ

    淡「……膝枕させてください」

    京太郎「いいぞ?」

    淡「してくれるなら最初からやってよ……せっかくのムードが台無しだよ」ペシ

    京太郎「すまんすまん。なんかすんなりやったらつまらないって思ったからさ」

    淡「きょーたろのバカ、意地悪」プクー

    京太郎「ほら、膝枕させてあげるから許せって」ポスン

    淡「……なんか釈然としないんだけど」

    京太郎「気のせいだって」

    淡「むぅ……」

    京太郎「……それにしても淡の股は柔らかいな」

    淡「……きょーたろ目つきがやらしい……」

    京太郎「男の子だからな」

    淡「そんなに偉そうに言わなくても……って」

    京太郎「うん?」

    淡「きょーたろ、耳掃除してる?」

    京太郎「え?あー、そういえば最近してないな。もしかして汚いか?」

    淡「汚いって言ったら汚い」

    京太郎「まじか……」

    淡「耳かきしてあげよっか?」

    京太郎「耳かきあんの?」

    淡「耳かきは女の子の必需品だよ?」

    京太郎「……へー」

    淡「あ、信じてないでしょ」

    京太郎「そんなことないぞー」

    淡「ほんとかなー?」ジー

    京太郎「それより、耳、やってくれるんだろ?」

    淡「え?あ、うん」

    京太郎「たのむー」

    淡「じゃあ、失礼します」コリコリ

    京太郎「んっ」

    淡「あ、痛かった?」アセアセ

    京太郎「あ、いや、大丈夫」

    淡「そう?痛かったら言ってね?」

    京太郎「おう」

    淡「……」コリコリ 

    京太郎「……」

    淡「……なんかこうしてると落ち着くね」コリコリ

    京太郎「耳かきをか?」

    淡「ううん、そうじゃなくてさ、2人っきりでゆっくりっていうの?こうやってだらだらしてると」

    京太郎「……だな」

    淡「私ね、付き合ったら毎日キスしたり手つないだりしたいって思ってたんだぁ」

    京太郎「なんか意外だな」

    淡「女の子だもん」

    京太郎「そか」

    淡「うん。でもね?こうして2人で麻雀部入ってさ、レギュラーになって、2人の時間が少なくなって思ったんだ」

    京太郎「……」

    淡「2人でいられる時間を大切にしようって。いちゃいちゃするだけじゃなくて、こうやって話すのもいいなぁって」

    京太郎「珍しいなぁ。今時のカップルなんて2人きりになったら場所とか関係なくキスだのなんだだぞ?」

    淡「自分でもそう思う」コリコリ

    淡「でも、今は学校の代表だから」

    京太郎「あぁ。下手の行動はアウトだよな」

    淡「うん。でもね?私だって人並みにはいちゃいちゃしたいんだよ?」

    京太郎「俺もだから安心してくれ」

    淡「うん」コリコリ

    京太郎「インハイが終わればいっぱいいちゃつけるぞ?」

    淡「それはそれで何か違う気が……」

    京太郎「だな」ケラケラ

    淡「きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「毎日いちゃつけなくていいからさ、可能な限り近くにいて?」

    京太郎「……あぁ」

    淡「それだけで今はいいから。それだけで頑張れるから」

    京太郎「分かってる。可能な限り近くにいるよ」

    淡「うん」

    京太郎「インハイが終わったら沢山遊ぼう」

    淡「うん♪きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「好きだよ」

    京太郎「俺もだよ、淡」



    おわり!



    【番外編】『京太郎が淡に耳かきしてあげてた』

    学校。

    淡「きょーたろ♪」ダキッ

    京太郎「おっと……淡かぁ。どうした?」

    淡「なんとなくー」スリスリ

    京太郎「可愛いなぁ」ナデナデ

    淡「♪」

    京太郎「あんまり可愛いとキスするぞ?」

    淡「え!?だ、駄目だよ」アセアセ

    淡「ここ学校なんだから。そそそそういうのは家とかで」アセアセ

    京太郎「抱きついたりナデナデしたりいいのにか?」

    淡「これは……スキンシップだもん」プイッ

    京太郎「淡の境界線がよくわからんな……」

    淡「……へ、変かな?」チラッ

    京太郎「え?」

    淡「だ、だから、バグとかは抵抗無いのにき、ききキスには過剰反応するところ……////」

    京太郎「いや?考え方なんて人それぞれだろ?」ナデナデ

    淡「んっ……えへへ」ニパー

    京太郎「ところで……」

    淡「ここに呼んだ理由ってなんだ?淡が呼び出すんだから何かあるんだろ?」

    淡「え?あぁ!そうだった!」

    京太郎「?」

    淡「えっとね、耳かきしてあげよって思って!」

    京太郎「……耳かき?」

    淡「……うん♪」

    京太郎「……今度はなんの影響だ?」

    淡「っな、何のこと?」

    京太郎「淡が普段やらないようなことをやるときは漫画かテレビかの影響以外ありえない」

    淡「……そんなことないもん」

    京太郎「ほんとか?」

    淡「……」

    京太郎「……」ニヤニヤ

    淡「…………漫画です」

    京太郎「やっぱり」

    淡「べ、別にいいでしょ?」アセアセ

    京太郎「まぁな。でも少し残念なお知らせがある」

    淡「え?」

    京太郎「昨日の夜に耳かきしたんだ。自分で」

    淡「……」ショボーン

    京太郎「だからここで一つ提案がある」

    淡「?」

    京太郎「俺が淡に耳かきしてやる」

    淡「……」

    淡「え、えぇええ!?」

    淡「い、い、いいい、いいよ!恥ずかしいもん!」アワアワ

    京太郎「……そんな恥ずかしいことを俺にさせようとしてたのか……」

    淡「あ、いや、その……」

    京太郎「……」ジー

    淡「……わ、わかったよ////」プシュー

    ーーーー
    ーー

    膝枕中。

    京太郎「どうだ?」コリコリ

    淡「んっ、なんか、これいいね。癖になりそう」

    京太郎「痛かったら言ってくれよ?」

    淡「わかった♪」

    京太郎(こうして改めて見ると……)

    京太郎(淡って肌綺麗だし、柔らかいな)

    淡「♪」

    京太郎「…………」

    京太郎(少しくらいなら悪戯しても平気だよな?)

    京太郎「よし、終わったぞー」

    淡「んっ、ありがとー♪」

    京太郎「あ、ストップ」

    淡「うん?」

    京太郎「……」フー

    淡「ひゃう!」ビクッ

    淡「な、ななな!」カァァ

    京太郎「……ずいぶんと可愛い反応するんだな」

    淡「急になにすんのよ!」カオマッカ

    京太郎「え?ゴミがついてて」

    淡「嘘だよ!絶対にわざとでしょ?」プクー

    京太郎「わざとじゃないって」

    淡「……」ジー

    京太郎「いいか?わざとっていうのはーー」スッ

    淡「へ?」

    京太郎「こういうこと」ハミ

    淡「っ!」ビクッ

    淡「ち、ちょ、きょーたろ!?」ジタバタ

    京太郎「……」ハミハミ

    淡「だ、駄目だって……んっ…やめ……」

    京太郎(耳たぶってそんなに感じるもんなのか?)

    淡「きょ、きょーたろ?」チラッ

    京太郎「……」ペロッ
    (耳に舌をいれる)

    淡「っ!?」ビクッ

    淡「ちょ、んっ、やめ……」ジタバタ

    京太郎「……」ガシッ

    淡「き、きょーたろ!?」

    京太郎「……」ペロペロ

    淡「ふぁっ!き、きょーたろ……んっ…それ、やめ……////」ジタバタ

    京太郎「……」ペロペロ

    淡「そ、それ!な、なんか変だか……らぁ////」

    淡「んんっ……ぞ、ぞくぞく…するからぁ……////」モゾモゾ

    京太郎「……」ペロペロ

    淡「き、きょ、きょーたろ……そろそろ、やめ……////」モゾモゾ

    淡(ぞくぞくして……体すっごい熱い……)

    京太郎「……」ペロペロ

    淡「……あ、や!きょーたろぉ……ストップ////」モゾモゾ

    京太郎「ほい」

    淡「……へ?」

    京太郎「耳掃除おわったぞ?」

    淡「み、耳掃除って……はぁ……はぁ……////」

    淡「……変なタイミングで止めないでよ////」ボソッ

    京太郎「うん?」

    淡「なんでもない!きょーたろの馬鹿!」タタタッ

    京太郎「あ、おい!どこいくんだよ!」

    淡「うるさい!馬鹿きょーたろ!」バタンッ

    京太郎「……やりすぎた?」

    数分後、パフェを奢って仲直りしました。



    終わり。



    『京太郎が他の女の子と話してるのを見て目のハイライト消えてた』

    ザクッ

    淡「きょーたろ……」ザクッ

    淡「……なんで私以外の女の子と楽しそうに話してるの?」

    淡「昨日までは私と一緒だったのに……」ザクッ

    淡「……あぁ、そっか」

    淡「あの女がいけないんだね?」

    淡「そうだよね……。きょーたろは私を一番に考えてくれてるもんね」

    淡「……まっててね?あの、きょーたろをたぶらかす泥棒猫、すぐに消してあげるからね?」ポイッ

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「なぁ、それでどう思う?」

    モブ子「うーん……須賀くんがそういうならそれでもーー」


    モブA「……あの2人、仲良いよね」

    モブB「付き合ってたりして♪淡はどう思う?」

    淡「…………」

    モブA「……淡?」

    淡「……え?あ、あぁーそれはないんじゃない?」

    モブA「そうかな?」

    淡「ないない♪」

    淡「だって……きょーたろは私のだもん」ボソッ

    ーーーー
    ーー

    京太郎「わりぃ!」

    淡「もう、待ちくたびれたー」

    京太郎「本当にごめん」

    淡「きょーたろだから許してあげる♪」ダキッ

    京太郎「お、おい」アセアセ

    淡「うーん?なんでそんなにオタオタしてるの?」ニヤー

    京太郎「いや、だって誰かに見られたら……」

    淡「このくらいなら大丈夫だと思うけどなぁー」

    京太郎「と、とりあえず学内ではやめようぜ?」

    淡「むー、わかったよ……」

    淡「でも、これだけは覚えておいて?その右腕は私のだから」

    京太郎「俺のだよ!」

    淡「私のでもあるのー♪きょーたろの体はぜーんぶ」

    京太郎「……」

    淡「どうかした?」キョトン

    京太郎「あ、いや。なんか淡が可愛く見えて」

    京太郎(それに加えて、なんかやけに積極的なような……)

    淡「そ、それって普段は可愛く見えないってこと?」ジロッ

    京太郎「え!?あ、いや!普段よりだよ」アセアセ

    淡「ほんとにー?実は飽きたとかないー?」ジー

    京太郎「そんなことあるわけないだろ?」ナデナデ

    淡「わっ」

    京太郎「俺が淡以外の女を好きになるなんてありえねーよ」

    淡「知ってる♪きょーたろは私にぞっこんだもんね」 

    京太郎「それ、自分でいうことか?」

    淡「きょーたろこまかーい」プンプン

    ーーーー
    ーー

    モブ子「あ、須賀くん」

    京太郎「うん?」

    モブ子「その……今日の放課後空いてる?」

    京太郎「放課後?……まぁ、空いてるけど」

    モブ子「そう?なら放課後、教室で待っててくれる?」

    京太郎「なんな大事なようなのか?」

    モブ子「うん。とっても大事な話」

    京太郎「そっか。りょーかい」

    モブ子「それじゃあ!」タタタッ

    京太郎「おう」

    淡「……きょーたろ」

    京太郎「っ!」ビクッ

    京太郎「あ、淡か」

    淡「……今日の放課後、時間ある?」

    京太郎「え?放課後?」

    京太郎(今予定いれちゃった……)

    京太郎「えっと急用?」

    淡「ううん。ただ、新しくできた喫茶店行きたいなぁって」

    京太郎「あ、そっか。でもごめんな?今日は先客がいるんだ」

    京太郎(淡には悪いけど、あんな真面目な顔したモブ子みたことないしな。淡には今度ちゃんと埋め合わせすればーー)

    京太郎「だからごめんな?」

    淡「私より大事なようなの?」

    京太郎「え?」

    淡「私より大事なようなの?」ジリッ

    京太郎「淡?」

    淡「ねぇ。私より大事なようなの!?」

    京太郎「どうしたんだよ。淡らしくないぞ?」

    京太郎「あと、優先順位でいうなら淡より上なものなんてない」

    京太郎「でもな?約束ってそんな個人的な都合で放棄していいもんじゃないんだ」

    淡「……」

    京太郎「だから、今日はごめんな?今度一緒に行こう」

    淡「……うん」

    ーーーー
    ーー

    放課後。

    京太郎「遅いなぁ」

    京太郎「モブ子って時間には細かいやつなのに」

    京太郎「なんかあったのか?」

    ガラガラ

    モブ子「あ、須賀くん……」

    京太郎「よお」

    モブ子「遅くなってごめんね」

    京太郎「いいって。それで?用っていうのは?」

    モブ子「あ、うん……」

    京太郎「どうかしたか?」

    モブ子「え、えっとね?その……」

    京太郎「?」

    モブ子「その、私ーー」

    ガラッ

    京太郎「!?」

    モブ子「!?」

    京太郎「……気のせい?」

    モブ子「でも、今……」

    ーーーー
    ーー

    数日後。

    淡宅。

    淡「今お茶いれてくるからまっててー♪」

    京太郎「おう」

    京太郎(そういえば淡の家にくるのも久々だな)

    京太郎「……」キョロキョロ

    京太郎「……なにやってんだ俺」orz

    京太郎「……うん?なんだこれ」

    京太郎「写真……っ!?」

    京太郎「なんだこれ……」

    京太郎「な、なんで……」

    京太郎「モブ子のところだけ穴だらけなんだよ……」


    ガチャ

    京太郎「っ!」ビクッ

    淡「あ、みちゃったかー」

    京太郎「お、おい、淡……これ」

    淡「うん?それがどうかした?」ニパー

    京太郎「どうかって……なんでこんなことしてんだよ!?モブ子と仲いいんだろ?」

    淡「モブ子?……あぁ、あの」

    京太郎「」ゾクッ

    淡「今はあんなやつの話やめない?せっかく2人っきりなんだから」ダキッ

    京太郎「あ、淡!」バッ

    淡「……もぉ、いきなり突き飛ばしたら危ないじゃん♪」

    京太郎「淡!なんでだ!なんで!」

    淡「……あの女はきょーたろにとって害悪だから」

    京太郎「…………は?」

    淡「この前さ、私の誘い断ってあの女と会ってたでしょ?」

    京太郎「っ!」

    淡「きょーたろは優しいからね、あんな女の為にも優しくしてあげられる。でもね、きょーたろは私のなの」

    京太郎「…………」

    淡「……それなのに、何を勘違いしたのか抱きついて告白しちゃうし」

    京太郎「あ、あれは!」

    淡「流石に腹立っちゃったよ」

    京太郎「ご、ごめん」

    淡「うん?なんできょーたろが謝るの?あれはぜーんぶあの女がいけないんだよ?」

    京太郎「……」

    淡「ぜーんぶあの女がいけないの。あ、私はきょーたろに怒ってるわけじゃないから安心してね?♪」

    京太郎「……だから写真に穴を?」

    淡「写真だけじゃないよ」

    京太郎「…………え?」

    淡「本人にもあけちゃった♪」

    京太郎「……は、はぁ!?何をだよ!」

    淡「だからぁ、あ な♪」

    淡「ほら」ガチャ

    京太郎「」

    モブ子「」

    淡「こいつ、最後まできょーたろの名前呼んでたんだよ?私のなのに」プンプン

    淡「でも、これで安心だね♪」

    淡「これからずっと2人っきりだよ?」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「淡!」バッ

    京太郎「…………」

    京太郎「…………夢?」

    淡「う、うーん……きょーたろ?」メゴシゴシ

    京太郎「あ、ごめん」

    淡「大丈夫?スッゴい汗かいてる……」

    京太郎「あ、あぁ。ちょっと悪夢を見てな」

    淡「……」ナデナデ

    京太郎「?」

    淡「きょーたろが沈んでると私までしずんじゃうから。元気だして」ナデナデ

    京太郎「あぁ。ちょっと汗かきすぎたからシャワー行ってくる」

    淡「……私も入ろっかな」

    京太郎「あ、じゃあ先に使うか?」

    淡「むー。一緒にだよー」プクー

    京太郎「……なるほど」

    淡「昨日の続き、しよ?」



    終わり。



    『淡が通い妻してる』

    朝。
    ピンポーン

    京太郎「はーい」ガチャ

    淡「おはよ!きょーたろ♪」

    京太郎「……今日は日曜日だぞ?」

    淡「知ってるよ?休みの日はきょーたろ、だらだらしちゃうから世話しにきてあげました♪」

    京太郎「……わるいな」

    淡「きょーたろのためだから苦でもないよ!」ニパー

    京太郎「……とりあえず、あがれよ」


    室内。

    淡「あちゃあーー、汚いね……」

    京太郎「……これでも片づけたんだぞ?」

    淡「それでも汚い……きょーたろ、朝ご飯はまだ我慢できる?」

    京太郎「え?あ、まぁ」

    淡「よし、なら片づけちゃうね」

    京太郎「え、いいよ別に」

    淡「綺麗な部屋で食べた方が美味しいものがさらにおいしくなるんだよ?私がやるし、きょーたろはゆっくりしてて」

    京太郎「いやいや、手伝うって……」

    京太郎(ベッドの下とか本棚を漁られたら死にたくなる……)

    淡「そう?ならベッドの下と本棚片づけておいてくれる?」

    京太郎「」

    京太郎(ばれてる!?)

    ーーーー
    ーー

    淡「♪」トントントン

    京太郎「……俺の部屋ってこんなに広かったのか」

    淡「片づけるだけでだいぶ違うよね」

    京太郎「次から汚さないよう心がけるわ」

    淡「うん♪あ、でもまた汚くなったら手伝ってあげるからね?」

    京太郎「なるべくそうならないように心がけるよ……」

    淡「そう?ふふふ♪」コトコト

    京太郎「……………」ジー

    淡「うーん……塩もう少しかな?」

    京太郎(エプロン姿かぁ……)

    京太郎(なんか、いいな)

    淡「うん?どうかした?」キョトン

    京太郎「あ、いや……なんか淡のエプロン姿っていいなーって思って」

    淡「そ、そうかな?」テレテレ

    京太郎「お、おう。なんていうか、嫁がきたみたいだ」

    淡「よ、嫁って////」カァァ

    京太郎「あ……」

    淡「き、気が早いよぉ」カオマッカ

    京太郎「ご、ごめん……」

    淡「もぉ……きょーたろのバカ……////」プシュー


    昼。

    淡「おまたせー♪」

    京太郎「きたきた」

    淡「さぁめしあがれ♪」

    京淡「いただきます」

    京太郎「…………」モグモグ

    淡「ど、どうかな?」

    京太郎「おいしい!」 

    淡「そう?よかった」

    京太郎「淡って料理とか出来るんだな。なんかそういうイメージなかった」

    淡「むー!それどういう意味?」プクー

    京太郎「怒るなよ。ただ付き合う前のイメージの話だ」

    淡「……まぁ、実際に料理するようになったのは最近だしね」

    京太郎「そうなのか?」

    淡「うん」

    淡「きょーたろに美味しいって言われたくてがんばったんだもん」ボソッ

    京太郎「うん?なんかいったか?」

    淡「何も♪あ、ご飯おかわりする?」

    京太郎「あ、いただこうかな」

    淡「ちょっとまっててねー」トトトッ

    京太郎「淡と朝ご飯食べるのってなんかいいな」

    淡「もう朝ご飯というよりお昼だけどね」

    京太郎「まぁな。淡」

    淡「うん?」

    京太郎「ありがとうな」

    淡「っ!いえいえ♪」


    夜。

    淡「じゃあ、そろそろ帰るね?」

    京太郎「あ、もうこんな時間か……送るよ」

    淡「え?いいって。すぐそこだし」

    京太郎「……いつから近所に引っ越してきたんだ」チョップ

    淡「えへへ♪」

    京太郎「とりあえず、送るから」

    淡「別にいいのに」

    淡(優しいなぁ…)

    京太郎「このご時世だからな。なにがあるかわからないし」

    淡「……もしなにかあったら助けてくれる?」

    京太郎「あたりまえだろ?」

    淡「そっか……」

    京太郎「……どうした、ニヤニヤして」

    淡「してないもん」

    京太郎「いやいや……」

    淡「……ねぇ、きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「大好きだよ」

    京太郎「……唐突だな」

    淡「急に言いたくなったの」

    京太郎「そっか」

    淡「……で?」

    京太郎「?」

    淡「きょーたろは言ってくれないの?」プクー

    京太郎「……好きだよ」

    淡「むー!」

    京太郎「……大好きだよ」ナデナデ

    淡「えへへ♪」



    おわり



    『淡が京太郎を押し倒していた』

    夜。
    京太郎宅。

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    淡(付き合って半年なのに、まだキス止まり……)

    淡(やっぱり、私の体が貧相だからかな……)

    淡(でも、今日は2人っきりだし、何かあるよね?)

    京太郎(半年かぁ……そろそろいいのか?)チラッ

    淡「…………」ソワソワ

    京太郎(……俺の家くるだけでこんな緊張してるし、まだ駄目だよな……)

    淡(今日こそどうにかしなくちゃ!)

    京太郎(今日は駄目かな)

    ーーーー
    ーー


    昨日。
    淡宅。

    淡「……」ペラッ

    『男が押し倒したくなる女のしぐさランキング』

    『男の考える女のOKサイン』

    『これでイチコロ!男を落とすテクニック10』

    淡「うーん……どれがいいんだろ……」

    淡「わかんないよぉ」ズーン

    コンコン

    淡「え?あ、はい」

    淡母「淡ちゃん、お風呂わいたけど入らない?」

    淡「あ、もうこんな時間……。今勉強してるから先に入ってー」

    淡母「そうなの?じゃあお言葉に甘えさせてもらうわね♪」タタタッ

    淡「…………これも勉強だもん」

    淡「よし、もうひと頑張り!」

    ーーーー
    ーー

    淡(今日は少し積極的に動こう)

    淡(そして今日こそ!)

    淡「ね、ねぇ、きょーたろ?」

    京太郎「うん?どうした?」

    淡「なんか暑くない?」ハタハタ

    京太郎「っ!」


    作戦1 胸元をハタハタさせて煽る。

    淡(これを自然にやると良いって書いてあった)

    淡(……でも、なんか恥ずかしい///)カァァ

    淡(きょーたろ、どうかな?)チラッ

    京太郎「……」サッ

    京太郎(こういうのは見ないのが紳士のつとめ)キリッ

    京太郎(淡が故意にやってるとは思えないし。まったく、無防備だなー)

    淡(見てない!?男の子ってチラリズム?って好きなんじゃないの?)アセアセ

    作戦1 失敗


    淡(きょーたろ、強敵……)

    淡(なら、これならどう?)

    淡「うーん。やっぱり暑いし脱ぐね?」

    京太郎「!?」


    作戦2 上着を脱いで薄着になる

    淡(薄着イコール裸に近い。これでドキドキしない男はいないらしい)

    淡(これなら流石のきょーたろでも意識してくれるはず!)

    京太郎「淡、まだ時期的にその恰好は風邪ひくぞ?薄手の上着貸してやるから」

    淡「え?あ、うん。ありがとう……」

    京太郎「どういたしまして」ナデナデ

    淡「んっ」

    淡(きょーたろにナデナデしてもらえたー♪)

    淡(じゃなーい!目的が違うよ!)

    淡(まさかこんな方法で回避されるなんて……あ、きょーたろの匂い)

    作戦2 失敗


    淡(まだ、まだ作戦あるもん!)

    淡「ねぇ、きょーたろ」ピトッ

    京太郎「うん?どうした?」

    淡「きょーたろって結構筋肉凄いよね」サワサワ


    作戦3 ボディタッチをしながら体の特徴を誉める!

    淡(さらに!)

    淡「それにきょーたろの腕暖かい」フニョン


    作戦4 胸をさり気なく押し付ける

    淡(これなら流石のきょーたろだって……)チラッ

    京太郎「淡、暑かったんじゃないのか?」

    淡「」ピシッ

    京太郎(淡、胸当たっての気づいてんのかな?)アセアセ

    作戦3 4 失敗


    淡(これも駄目……てか、勇気だして胸まで押し付けたのに……)

    淡(……サイズの問題?)モミモミ

    淡「今更どうしろっていうのよ!」キー!

    京太郎「!?ど、どうした?」アセアセ

    淡「キッ!」

    京太郎「っ!」ビクッ

    淡(もう、いいもん)

    淡「……」ジリジリ

    京太郎「え、えっと淡さん?」アセダラダラ

    淡「ぜーんぶきょーたろのせいなんだよ?」
    (京太郎の膝の上に向かい合って座る)

    京太郎「……」

    淡「きょーたろのへたれ……」グッ


    ドサッ

    淡「なんであんなに頑張ったのに押し倒してくれないの?」ウルウル

    京太郎「え?あ、いや……」

    淡「私、魅力ない?」

    京太郎「そんなことない!」

    淡「っ!」

    京太郎「淡に魅力がないわけないだろ?ただ、不安だったんだ……」

    淡「……不安?」

    京太郎「淡が嫌がるんじゃないかって……」

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    淡「まったく……」

    淡「ほんとにヘタレなんだから」チュッ

    京太郎「!?」

    淡「んっ」

    京太郎「……」

    淡「ぷはっ……」

    京太郎「あ、淡……」

    淡「ほら、きょーたろ汚名返上のちゃんすだよ?」ポスン
    (ベッドの上にのる)

    淡「続き、しよ?」



    終わり



    『プリクラから二人で出てきた』

    放課後。

    淡「プリクラを撮ろうと思います!」

    京太郎「…………は?」

    淡「プリクラ知らない?写真とるやつ」

    京太郎「いやいや、それは分かる」

    淡「じゃあ何が分からないの?」

    京太郎「……そんなことしてるの誰かに見られたらバレるぞ?」

    淡「あー……」

    京太郎「プリクラとるのが嫌ってわけじゃないけど、淡は俺達が付き合ってるの隠したいんだろ?」

    京太郎(隠すために学校じゃツンケンしてるしなぁ……)

    淡「まぁ……」

    京太郎「それでも撮るか?」

    淡「うーん……」

    淡「バレるのは……滅茶苦茶恥ずかしいけど……。撮りたいなぁ」チラッ

    京太郎「っ!」ドキッ

    淡「だめ……かな?」ジッ

    ーーーー
    ーー

    ゲーセン。

    京太郎「へー……プリクラって結構種類あるんだな」

    淡「そうだよー。目がくっきりするやつとかありのままを撮るやつとか色々」

    京太郎「それでおすすめってあるのか?俺、プリクラ撮ったことないからよく分からん」

    淡「え?プリクラ初なの?」

    京太郎「……変か?」

    淡「え?いや、そういうことじゃなくて」

    京太郎「?」

    淡「初めてかぁ……初めて……♪」

    京太郎「あのー淡さん?おーい?」ペシペシ

    淡「へ?あ、あぁ、そうだね!機種選ばなきゃね!」アセアセ

    京太郎「お、おう」

    京太郎(今、何考えてたんだろ……)

    淡「じゃあ……これとかどう?」

    京太郎「これって言われてもどんな物か分からないんだが……」

    淡「えっとね、ランダムに出てくるお題に合わせてプリ撮るんだよ」

    京太郎「そんなのがあるのか。お題って例えば?」

    淡「うーん……そうだね」

    淡(あ、いいこと思いついた♪)

    淡「結婚式とか?」

    京太郎「え?」

    淡「あと、き、キス……とか?////」カァァ

    淡(自分で言って恥ずかしくなるとか……////)

    淡(嘘なんだから照れることないよ!自分!)

    京太郎「……お題に従わなくてもいいのか?」

    淡「一応、出たお題には従わなきゃ駄目ってルールだよ?」

    京太郎「そうなのか……」

    淡(従わなくてもいいんだけどねー)

    淡「どうする?」

    京太郎「うーん……」

    淡「別に他のでもいいよ?」

    京太郎「あ、いや。せっかくだしこれにするよ」

    京太郎(お題次第では淡との関係も進展するかもしれないしな)

    ーーーー
    ーー

    プリクラ内。

    京太郎「中は結構狭いだな」

    淡「そう?これ、結構大きい方だよ?」

    京太郎「そうなのか?外から見た印象だともっと広いのかと」

    淡「本当に初めてなんだね」

    京太郎「こんなことで嘘つかねぇよ。それより早く撮らないか?」 

    淡「……少しワクワクしてるでしょ?」ニヤニヤ

    京太郎「……ほっとけ」

    淡「もぉ、きょーたろ可愛いなぁ♪」

    京太郎「お金いれてっと……あ、動いた」

    プリ「撮影人数を選んでください」

    京太郎「人数なんて関係あるのか?」

    淡「お題に関係するんじゃない?」

    京太郎「なるほど。2人っと」


    プリ「2人の関係を選択してください」
    ・恋人

    ・友達

    ・他人


    京太郎「三つ目なんだよ!」

    淡「……他人とプリクラって怖いね……」

    京太郎「流行ってやつなのか?恋人っと」

    淡「え?」

    京太郎「うん?どうかしたか?」

    淡「ううん。ただ躊躇わずに押したから」

    京太郎「?だって俺達付き合ってるだろ?」

    淡「そうだけど……。あー、いいや、何でもない」

    京太郎「?」

    ーーーー
    ーー

    「仲良さげに」

    京太郎「あ、なんか普通のだ」

    淡「だね」

    京太郎「どうする?」

    淡「仲良さげなら……こうかな?」ギュッ

    淡「彼女が彼氏の腕に抱きついてるとかいかにもじゃない?」

    京太郎「たしかにな」

    プリ「とるよー?さん、にー、いち!」カシャッ

    淡「ぷっ……きょーたろ真顔……」ジタバタ

    京太郎「うっせ」

    淡「きょーたろ、ほんと面白い♪」

    京太郎「……楽しんでいただけて何よりだ」

    プリ「次のお題いくよー?お題はこれ!」

    「アスナロ抱き」

    京太郎「?」

    淡「?」

    プリ「…………後ろからハグだよ」チッ

    2人「!?」

    京太郎「なぁあ……今……」ポカーン

    淡「うん。今……舌打ちしたよね?」ポカーン

    プリ「と、撮るよー?」

    京太郎「焦ってる……。最近のプリクラすげー」

    淡「だね……」

    京太郎「とりあえず、やるか。えっとこれでいいのか?」ギュッ

    淡「ひゃう!」ビクッ

    京太郎「え?どうかしたか?」

    淡「え!?あ、いや、なんでもない!」アセアセ

    淡(急にされたからびっくりしちゃっ……)

    京太郎「そんなに緊張するなよ。さっき俺に抱きついてきただろ?」

    淡「う、うん」

    淡(するのとされるのは違うんだもん……////)

    プリ「じゃあ撮るよ?さん、にー、いち!」カシャッ

    京太郎「次で最後か?」

    淡「ふぅー……////」

    淡(スッゴい緊張した……アスナロ抱きだっけ?あれ、いいかも////)

    京太郎「淡?」

    淡「ふえ!?な、なに?」アセアセ

    京太郎「……大丈夫か?」

    淡「う、うん!だいじょうぶ!」

    プリ「次、最後のお題だよー」

    「キス」

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎「ほんとに出るんだな……」ガッツポーズ

    淡「な、ななな……」

    淡(なんで本当にでるのよー!)

    淡(あれはきょーたろをからかうつもりで言った冗談なのに!)アセアセ

    淡(どうしよう!するの?ここで?)

    淡(嬉しいけど……なんか違う!出来るのは嬉しいけど!)

    プリ「じゃあさっそく撮るよー」

    淡「えぇ!?まだ心の準備が!」アワアワ

    京太郎(淡が焦りすぎてるせいか、思ったより慌てないですんでるなぁ)

    プリ「さん、にー」

    淡「えとえと!」アセアセオロオロ

    京太郎「……淡」
    (両肩を掴む)

    淡「へ?」

    プリ「いち!」

    チュッ………カシャッ

    京太郎「………」

    淡「……」

    京太郎「……ギリギリだったな」 

    京太郎「なんか強引にしちゃって悪かった」

    京太郎「でも良い機会だったし……って、淡?」

    淡「うにゅー」プシュー

    京太郎「え?あ、淡?あわいー!?」
    プリ「次は落書きコーナーに移動してね」


    終わり



    『制服デートしてた』

    放課後。
    淡「きょーたろ、これから暇?」

    京太郎「うん?あぁ、まぁ暇だな」

    淡「そっか……。じゃあさ、これから遊びに行かない?」

    京太郎「え?」

    淡「だから遊びに行かない?」

    京太郎「それはデートってことか?」

    淡「うん」

    京太郎「……制服で?」

    淡「……うん」

    京太郎「珍しいな。いつもなら『バレるから嫌だ』っていうのに」

    淡「心境の変化ってやつだよ」サッ

    京太郎「目を逸らして言うなよ……」

    淡「…………」

    京太郎「本当の理由は?」

    淡「…………昨日、ドラマで制服デートっていうの見てて////」

    京太郎「影響されちゃったか」

    淡「別にいいでしょ!したくなったんだもん」プンスカ

    淡「制服デートしたくなったんだもん!」プンスカ

    京太郎「分かった分かった。お供させてもらいますよ」

    淡「いいの!?」パー

    京太郎「あぁ」

    淡「やったー♪きょーたろ愛してるー」ダキッ

    京太郎「分かったから学校ではやめろ」アセアセ

    ーーーー
    ーー

    京太郎「それで、どこ行く?」

    淡「川!」

    京太郎「川?」

    淡「うん♪川辺でデートしたい!」

    京太郎「……」

    京太郎(この辺で川なんて……)

    京太郎(たぶん、淡のしたいデートってドラマみたいなやつだよな?)

    京太郎「……うーん」

    京太郎(無くはないけど、あそこは……)

    淡「……」ワクワク

    京太郎(これは……)

    淡「?どうしたの?」

    京太郎(しゃーないか……)

    京太郎「……少し歩くけどいいか?」

    淡「うん!」

    京太郎「OK。なら」スッ

    淡「?」

    京太郎「……はぐれるといけないから」

    淡「……な、なるほど////」カァァ

    京太郎「早く握ってくれないか?」

    淡「う、うん……」ギュッ

    京太郎(相変わらず純粋っていうか……免疫力がないっていうか……)

    京太郎「……」

    淡「♪」

    淡(きょーたろと手つないでデート♪)

    京太郎(あぁもお!可愛いなちくしょう!)

    ーーーー
    ーー

    京太郎「ついたぞー」

    淡「ここ……」

    京太郎「この時間は人通りが少なくてな。綺麗だし川の流れる音とか鳥の声とか……とりあえず、俺のオススメ」

    京太郎(本当は淡の誕生日に連れてこようと思ってたんだけどな)

    淡「…………」

    京太郎「どうだ?」

    淡「……いい」ボソッ

    京太郎「うん?」

    淡「スッゴくいい!」

    淡「私の求めてたやつだよ♪」

    京太郎「……それはよかった」

    京太郎(気に入ってもらえて良かった)

    淡「きょーたろ!この川、入っても大丈夫かな?」

    京太郎「大丈夫だけど……制服だぞ?」

    淡「タオルあるから大丈夫だよー」

    京太郎「あ、いや、そういうこじゃ……」

    淡「きょーたろーはいろーよー。冷たくて気持ちいいよ♪」パシャパシャ

    京太郎「……もう入ってるし」

    淡「きょーたろー。はーやーくー」

    京太郎「はぁ……わかったよ」パシャパシャ

    淡「かかった!必殺水かけ攻撃!」

    京太郎「読んでた」っ傘

    淡「あ!傘なんてずるいー」

    京太郎「勝負は勝たなきゃ駄目なんだ。さて、仕返しだ!」

    淡「きゃっ。もう♪ 私だって!」

    ーーーー
    ーー

    モブ「……」

    モブ子「楽しそうだね……」

    モブ「だね」



    おわり。





    『菫先輩と一緒にお城みたいなホテルから出てきた京太郎に浮気者!って詰め寄って菫先輩と修羅場になってた』

    部室。

    アリガトウゴザイマシター

    淡「うーん!やっとおわったー!」

    京太郎「レギュラーなんだからもう少ししゃんとしろよ……」

    淡「えぇーだって私十分強いよ?」

    京太郎「宮永先輩に勝てるようになってからにしろって」

    淡「うぐっ!」

    菫「…………」

    京太郎「あ、弘世先輩、お疲れ様でした」

    菫「あ、あぁ!お疲れ」

    菫「……須賀」

    京太郎「え?あ、はい」

    菫「…………このあと少し時間あるか?二人で話がしたい」

    京太郎「この後ですか?えぇ、まぁ大丈夫です」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「それで話とは?やっぱり大星の事ですか?」

    菫「……いや、今回は違う。完全に私用だ」

    京太郎「私用ですか?」

    菫「あぁ」

    京太郎「では一体なんの話ですか?」

    菫「完全に私用で本当に申し訳ないんだが……後日しっかりお礼もする!だからなるべく内密にしてほしいというか……」

    京太郎「…………」

    京太郎(なんか珍しく取り乱してる……)

    京太郎(そんなに言いづらいことなのか?)

    京太郎「とりあえず、詳しく教えて頂けませんか?」

    菫「………////」

    菫「そ、そのだな?笑うなよ?」

    京太郎「笑いませんよ」

    菫「その……私はこう見えてぬいぐるみとか可愛いものが好きなんだ」

    京太郎「?知ってますよ?」

    菫「!?」

    菫「な、なぜ知っている!」カァァ

    京太郎「なぜって……」

    京太郎(合宿の時にぬいぐるみ持ってきてたって宮永先輩が……)

    京太郎(なんて言えない)アセダラダラ

    京太郎「小耳にはさみました」

    菫「……照だな?」

    京太郎「っ……さぁ?」

    菫「………」

    京太郎「そ、それでぬいぐるみが好きって言うのがどうかしたんですか?」

    菫「あ、あぁ、そうだったな。実はこの前駅前にオープンしたホテルを知っているか?」

    京太郎「駅前?あぁ!知ってますよ。あの若者向けのホテルですよね」

    菫「あぁ。で、そのホテルでだな……中にあるレストランで食事をするとぬいぐるみが貰えるらしいんだ」

    京太郎「……なるほど」

    菫「し、しかしだな?条件がカップルで食事というもので……私はあまり親しい男子がいなくて……だな……その……」

    京太郎「食事だけですか?」

    菫「え?あ、あぁ、もちろん!」

    京太郎「ならいいですよ。俺なんかでよければ」

    菫「ほ、ほんとか!ありがとう!」

    菫「お礼は後日ちゃんとする!」

    京太郎「いいですってお礼なんて。俺も行って見たかったですし」

    京太郎(淡誘うのに下見したかったし)

    菫「では早速で悪いが明日は空いてるかな?」

    京太郎「えーと……はい、空いてます」

    菫「そうか!なら明日の12時に駅前でいいか?」

    京太郎「あ、はい」

    ーーーー
    ーー

    淡「ねぇねぇ、きょーたろー」

    京太郎「うん?」

    淡「明日って空いてる?」

    京太郎「明日は用事があるから空いてないなぁ」

    淡「えー!せっかく遊ぼうと思ったのに……」ブーブー

    京太郎「悪いな。でも明後日なら」ナデナデ

    淡「んっ……じゃあ明後日ね」

    京太郎「どこか行きたいとこあるのか?」

    淡「うん?ないよー。ただ遊びたいだけ♪」

    京太郎「なら……久々に俺んちくるか?」

    淡「え?いいの!?」

    京太郎「この前、淡の家お邪魔になったしな」

    淡「やったー!」

    京太郎「じゃあ細かいことは明日の夜に連絡するな?」

    淡「うん♪あぁーでもそしたら明日はどうしよ?」

    京太郎「宿題でもやったらどうだ?」

    淡「ええ!?休みの日に宿題とかやだよ」

    京太郎(じゃあ、いつ宿題やるんだ……)

    淡「宿題やるのやだから……モブ子と遊ぼうかな?」

    京太郎(宿題の代わりかよ……)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    翌日

    菫「すまない、遅くなった」

    京太郎「いえ、俺もさっきついたところですから。それより、その服似合ってますね」

    菫「そ、そうか?」

    京太郎「はい。普段制服ですし、新鮮ですね!」

    菫「あ、ありがとう」

    京太郎「では早速行きましょうか」

    ーーーー
    ーー

    モブ子「でも、珍しいね。淡が休みの日に私を遊びに誘うなんて」

    淡「そう?今日はたまたま予定なかったし」

    モブ子「いつも予定ぎっしりなのにね」

    淡(きょーたろとの予定がぎっしりだからね♪)

    モブ子「おーい……独りで黙ってニヤニヤするなよー」ペシペシ

    淡「っ……してないもん」

    モブ子「……」ジー

    淡「……」

    モブ子「……」ジー

    淡「……」ニヘラ

    モブ子(だめだこりゃ)

    モブ子「それでどうする?カラオケも行ったしてきとうにぶらつく?」

    淡「このまま帰ると宿題の時間できちゃうもんねー。それじゃ何のために誘ったかわからないし」

    モブ子「おい!」ペシ

    淡「もぉ、そうやって叩かないでよー」ブーブー

    モブ子「なら叩かせないでよ」ブーブー

    淡「はーい」

    モブ子「あ、反省してないなー?」

    淡「モブ子、愛してる」キリッ

    モブ子「それを男に言われたい……」ズーン

    淡「ふーん?そういうもん?」

    モブ子「……」ピクッ

    モブ子「淡……あなた、もしかして彼氏できた?」

    淡「!?」

    淡「なによ急に」アセアセ

    モブ子「いつもの淡なら『私もー』っていう場面だったのに『ふーん?』って言った!」

    モブ子「これは『言われても大して嬉しくないよ?』ってニュアンスがある!」

    淡「なんかもはや被害妄想はいってるよ!」

    モブ子「じゃあ、いないの?」

    淡「……………いません」

    モブ子「なぜ即答しない……」

    淡「あは☆」

    モブ子「」

    モブ子「……あれ?」

    淡「うん?どうかした?」

    モブ子「あのホテルから出てきたのって弘世先輩と須賀くんじゃない?」

    淡「え?」

    ーーーー
    ーー

    菫「須賀、今日はありがとう。おかげで目当てのものも手に入った」

    京太郎「いえいえ。こちらこそご馳走してもらえましたから」

    菫「当たり前だ。私が頼んでおいてお金を出させるわけがないだろ」

    京太郎「そんなーーうん?」

    菫「うん?」

    京太郎「いや、あっちから物凄いスピードで走ってるくるのあわ……大星じゃないかなと」

    菫「淡?たしかしに言われてみれば……」

    京太郎「……あれ?」

    京太郎(これやばいんじゃ?)

    淡「きょーたろ!!!」

    京太郎「っ!」ビクッ

    淡「これはどういうこと!?」

    京太郎「おちつけ!これには深いわけが!」

    淡「落ち着けるわけないでしょ!?なんでスミレとホテルにいたの!」

    京太郎「は?いや、ホテルには言ってないぞ?」

    淡「うそ!この目でちゃんと見たもん!」

    京太郎「あ、いや、ホテルから出てきたけど!レストランに行っただけだ!」アセアセ

    菫「そ、そうだぞ?」

    淡「スミレは黙ってて!」

    菫「っ」ビクッ

    淡「昨日予定あるって言ったよね?このこと?」

    京太郎「は、はい……」

    淡「スミレを優先したんだ?私より!」

    京太郎「あ、あのな?少し話を聞いてーー」

    菫「……ちょっとまて」

    淡「なに?」

    菫「もしかして2人は付き合ってるのか?」

    淡「そうだよ!それなのに他の女とホテルって……」ワナワナ

    菫「須賀……私は言わなかったか?」

    京太郎「え、えっと何をでしょうか?」

    菫「麻雀部は部内恋愛禁止だと」

    京太郎「」

    菫「私は淡の教育係をやれと言った。しかし、恋人になれと言った覚えはないぞ!」

    京太郎「ひっ!」ビクッ

    淡「そんなこと言いながら私のきょーたろ奪ったくせに!この泥棒猫!」

    菫「泥棒猫……だと?」ピキッ

    京太郎「ま、まて淡!これには訳が……」

    淡「うるさい!」

    京太郎「先輩、付き合ってたことは謝りますが、これには訳が……」

    菫「黙れ」

    京太郎「」

    モブ子「はぁ、はぁやっと追いついたって……え?……何これ」

    京太郎「……助けて」

    モブ子「いやいや」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京淡「すみませんでした」ドゲザ

    菫「……須賀、お前は教育係だろ?しっかりと教育しろ」

    京太郎「はい……」

    菫「淡、お前も少しは改善する努力をしろ」

    淡「は、はい……」

    菫「……しかし、今回の件は私にも原因がある。須賀、淡、すまなかった」ペコ

    菫「さて、これでこの話は終わりだ」

    京太郎「はい……」

    菫「次の話に移ろうか」

    京淡「っ」ビクッ

    菫「2人が付き合っているという話だが……」

    京太郎「……」アセダラダラ

    淡「……」アセアセ

    菫「……ルールはルールだ。何かしらの処罰が必要だろう」

    京太郎「……」

    菫「と言いたいんだが……」

    淡「え?」

    菫「困ったことに須賀は男子の、淡は女子のレギュラーだ」

    菫「ルールに乗っ取ればどちらかが退部にするべきだが、そうすると部に与えるダメージが大きすぎる」

    菫「どうせ、どちらか止めさせたら2人でやめるんだろ?」

    京淡「まぁ……」

    菫「だと思ったよ。まったく……」

    京太郎「すみません」

    菫「いや、気づけなかった私も悪いからな。いや、そもそも男女が一緒に行動すれば恋心の1つや2つあるものだ」

    菫「顧問には黙っててやるから全力で隠せよ」

    京淡「あ、はい!」

    菫「須賀、これでチャラだからな……」

    京太郎「はい!」

    淡「きょーたろ!」ダキッ

    菫「だから隠せ!」

    ーーーー
    ーー

    モブ子「そういえばなんで恋愛禁止なんですかね?」ズズズ

    顧問「私が独身だからだ」ズズズ

    モブ子「え?」

    顧問「私が独身だからだ」

    後日、このルールはなくなりました。



    終わり


    『お揃いの物が増えてきたじゃん』

    モブ「2人って付き合ってるんでしょ?」

    京太郎「なんでそんな話に!?」

    淡「そうだよ!」

    モブ「だって最近お揃いのもの増えてきたじゃん」

    京太郎「そ、そうか?」

    淡「例えばなに?」

    モブ「そうだねー、例えばそのストラップとか?」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー


    某夢の国。

    淡「きょーたろー、何買うー?」

    京太郎「俺ここくんの初めてだったから定番のお土産とか分からないんだが……」

    淡「あーそうだったね。んとね、基本的にはお菓子かな?クッキーとかクランチとか」

    京太郎「お菓子かぁ、お、ボールペンとかもあるのか」

    淡「ここ、お店も沢山あるからね。お土産決めるだけでひと苦労だよー」

    京太郎「そういうわりには楽しそうだな」

    淡「夢の国だからね♪お土産選ぶのも楽しいよ」

    京太郎「まぁ、分からなくもないけどな……うん?」

    淡「どうかした?」

    京太郎「あ、いや、なんでもない」

    京太郎(これってペアストラップ……だよな?)

    淡「きょーたろ、ここに無さそうだったら次のお店いこー」

    京太郎「あ、ちょっと待っててくれ」

    ーーーー
    ーー

    淡「たのしかったねー」

    京太郎「だな」

    淡「沢山写真も撮ったし、沢山きょーたろと遊べたし、大満足♪」ギュッ

    京太郎「急に抱きついたら危ないだろ?」ギュッ

    淡「先生、台詞と行動が違うと思いまーす」

    京太郎「淡みたいなかわいい子に抱きつかれたら性別構わず抱きしめると思うぞ?」

    淡「そ、そう?」カァァ

    京太郎「あぁ。可愛いよ、淡」ナデナデ

    淡「んゆ……きょーたろもかっこいいよ」

    京太郎「だうと」ナデナデ

    淡「ほんとだってばぁ。私にとっては最高の彼氏さんだよ?」ジッ

    京太郎「っ……そっか」

    淡「あ、京太郎赤くなってるー」

    京太郎「な、なってない」

    淡「可愛いなぁ」

    京太郎「淡に言われるとは」

    淡「また行こうね」

    京太郎「また休みの日にな」

    淡「あ……もう着いちゃった。なんで楽しい時間ってこんなに短いんだろ?」

    京太郎「なんでだろうな」

    淡「名残惜しいけど、きょーたろ、送ってくれてありがと♪楽しかったよ」

    京太郎「俺もだよ」

    淡「うん♪じゃあまた明日ね」

    京太郎「……あ」

    淡「うん?」

    京太郎「危うく渡しそびれるところだった。はい、これ」っ袋

    淡「?なんだろ」ゴソゴソ

    淡「あ……これ、ペアストラップ……だよね?」

    京太郎「あぁ。なんか気に入ったから買っちまった」

    淡「…………」

    京太郎「……もしかしてこういうの好きじゃなかったか?」

    淡「へ?いやいや!好きだよ!?スッゴい嬉しい!ただ……その、私は何も用意してなかったから…」ショボーン

    京太郎「いいよ、別に。淡が喜んでくれたなら」

    淡「私もきょーたろに喜んでもらいたいー」

    京太郎「そんなわがまま言うなよ」ナデナデ

    淡「むぅ……あ、そうだ」

    京太郎「うん?」

    淡「御礼にキスしてあげる♪」

    京太郎「……は?」

    淡「だからお礼にキスしてあげるんだって」

    京太郎「……ここでか?」

    淡「うん。お礼だからね」

    京太郎「いや、でもな?ここだと…←って、だから目閉じるな、爪先立ちするな、唇突き出すな!」アセアセ

    (片目だけ開けて)
    淡「ここまで女の子にさせてしないの?」ニヤッ

    京太郎「上等だ」チュッ

    淡「んっ……」ギュッ

    京太郎「…………」

    淡「………」

    京太郎「………」

    淡「……ん」プルプル

    京太郎「………」

    淡「んー!」ジタバタ

    京太郎「ぷはっ」

    淡「はぁ、はぁ……きょーたろ……」

    京太郎「なんた?」ニヤッ

    淡「窒息死するとこだったじゃん!長いよ!」プンスカプンスカ

    京太郎「それで死んでたら明日の朝刊にでるかもな。死因はキスによる窒息死」

    淡「そんなの朝刊に出たら恥ずかしく死んじゃう……////」

    京太郎(いや、もう死んでる……っていうツッコミは野暮か)

    京太郎「とりあえず、淡からのプレゼントはしっかりもらったからな」

    淡「あ、うん♪喜んでもらえて良かった」

    京太郎「淡が一番嬉しそうだったけどな」

    淡「……そんなことないもん……なんてね♪あ、せっかくだからこのストラップ、携帯のつけよっと」

    京太郎「初めてのペアグッズだな」

    淡「うん♪」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「……」

    淡「……」

    モブ「あと他にも左手薬指につけてるペアリングとか」

    モブ「ここまでやって付き合ってないっていう?」ニヤニヤ

    淡「……あ、そういえば、私ミーティングがー」ダッ

    京太郎「俺もだ!」ダッ

    モブ「!?」

    モブ「ちょ、ちょっとー!?待ちなさいよー!」



    終わり



    『キスしてた』

    放課後。

    淡「ね、ねぇ須賀」アセアセ

    京太郎「な、なんだ?」

    淡「そ、そのさ……相談があるんだけど……」

    京太郎「……相談?」

    淡「うん……駄目、かな?」ジッ

    京太郎「っ……べ、別にいいぞ?どうした?」

    淡「え、えっとね……」

    淡(頑張れ私!)

    淡「そ、その……好きな人ができた…の」

    京太郎「…………え?」ピシッ

    淡「……だ、だから////好きな人!できたの!」

    京太郎「…………お、おう」

    淡「……それだけ?」

    京太郎「え?……あー、おめでとう?」

    淡「それも何か違うと思う……」

    京太郎「す、すまん……」

    淡「あ、いや、いいんだけどね……」

    京太郎「…………」

    淡「…………」

    京太郎「……そ、それで?俺になんの相談だ?」

    淡「え?あ、あー……うん。告白するのにいい方法とかない、かな?」

    京太郎「……」

    淡「……須賀?」

    京太郎「……とりあえず、デートにでも誘ってみたらどうだ?」

    淡「で、デート?」アセアセ

    京太郎「やっぱり遊んでみないと相性とかわからないからな」

    淡「……だね」

    京太郎「相手が気になるけど、まぁ今回はいいや。大星、応援してるぞ」

    淡「あ、ありがと……」

    淡(……鈍感)

    京太郎(……何言ってんだ俺……)

    淡「……須賀」

    京太郎「うん?」

    淡「わ、私、男の子と2人で出かけたことないからさ、どういうことが好きか分からないの」

    京太郎「うん」

    淡「……だ、だから……明日さ、デートの予行練習してくれない?////」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「…………」ソワソワ

    淡「遅れてごめん」アセアセ

    京太郎「あ、いや、俺も今ついたところだから」

    淡「そ、そっか」

    京太郎「お、おう。今日はよろしくな」

    淡「う、うん。よろしくね『きょーたろ』」

    京太郎「……うん?」

    淡「あ……」カァァ

    淡「そ、その雰囲気出すためにさ!その、名前で呼び合う方が良いかな?とか思って」アセアセ

    淡「ごめんね、今のやっぱりなしで!」

    京太郎「……あ、いや、別にいいぞ?予行練習とはいえ、デートだしな」アセアセ

    淡「え?」

    京太郎「だから、気にすんな『淡』」
    淡「っ!」ドキッ

    京太郎「……とりあえず、どっか行こうぜ?」

    淡「う、うん!」

    京太郎「それでさ……何する?」  
    淡「……とりあえずこうする……」ギュッ

    京太郎「!?」

    淡「で、デートだと女の子はせ、せせせ積極的に動いた方がいいみたいだし?」アセアセ

    淡「ふ、雰囲気のためにね!」

    淡(何言ってるのよ!////)

    淡(手を繋ぐとかもはや告白じゃん!)

    淡(……それにしても、きょーたろの手暖かい……////)

    京太郎「よ、予行練習だしな!」アセアセ

    京太郎(淡の手、柔らけぇ……)

    ーーーー
    ーー

    淡「きょーたろ、次どこいく?」

    京太郎「そうだなー、もうだいぶ遊んだしなぁ……」

    淡「だね」

    京太郎「……夕日でも見に行くか」

    淡「夕日?」キョトン

    京太郎「あぁ。近くに凄く綺麗に見える丘があるんだ」

    淡「そ、そうなんだ……」

    京太郎「あ、も、もちろん!練習だぞ?」アセアセ

    淡「わ、分かってるよ」アセアセ

    京太郎(俺の馬鹿やろう!!!)

    淡(私の馬鹿ー!!!)

    ーーーー
    ーー

    淡「……凄い」

    京太郎「だろ?俺も初めて来たときは驚いた」

    淡「この辺にずっと住んでるけどこんな所あるなんて知らなかったよ」

    京太郎「地元の人もあまり知らない穴場だからな」

    淡「……きょーたろはどうして知ってるの?」

    京太郎「うん?隣に住んでるおばちゃんが教えてくれた」

    淡「?……あ、きょーたろ下宿してるんだっけ?」

    京太郎「実家は長野だからな」

    淡「寂しくないの?」

    京太郎「……寂しい?」

    淡「1人で」

    京太郎「うーん……最初は少しな。でも慣れちまった」

    淡「慣れちゃったんだ……」

    淡(ってことは寂しいってことだよね?)ギュッ

    京太郎「……淡?」

    淡「……綺麗だね」

    京太郎「そ、そうだな」

    淡「きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「今日はたのしかったよ」ニコッ

    京太郎「っ!」ドキッ

    淡「ありがとね?」

    京太郎「どういたしまして?」

    淡「……ぷっ」
     
    京太郎「わ、笑うなよ……」

    淡「だ、だって……」プルプル

    淡(相変わらず口下手だなー)

    淡(でも、それがきょーたろの良いところでもあるし)

    淡(……やばい、私本当にきょーたろのこと……)ドキドキ

    淡「……」チラッ

    京太郎「?」

    淡「……きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「……顔にゴミついてるよ?とってあげるからしゃがんで」

    京太郎「お、おう」

    淡「……目も閉じてよ」

    京太郎「これでいいか?」

    淡「うん。きょーたろ」

    京太郎「どうした?」

    淡「大好きだよ」ボソッ


    チュッ

    京太郎「!?」

    淡「はい、予行練習おわりー!」

    京太郎「え?え?淡?今……」

    淡「きょーたろ!」

    京太郎「え?あ、はい!」

    淡「また、予行練習してね?」

    京太郎「お、おう……」

    淡「じゃあ、またね!」タタタッ

    京太郎「…………」

    京太郎「あれ?」

    ーーーー
    ーー

    淡宅。

    淡(私の馬鹿ー!!!)ゴロゴロ

    淡(なんであんな、あんなことをー!!)

    淡「明日、どんな顔して会えばいいのよ……////」カオマッカ

    (唇なぞりながら)
    淡「……キス、しちゃった」

    淡「………えへへ♪」


    おわり



    『公園のベンチで二人でお月見してた』

    淡「きょーたろ」

    京太郎「どうした?」

    淡「その、明日のことなんだけどさぁ……」

    京太郎「明日?」

    淡「うん。あのね、予定ある?」

    京太郎「…いや、まだないけど?」

    京太郎(淡と遊ぶために土日はいつも予定空けてるしな)

    淡「ほ、ほんと!?」

    京太郎「あ、あぁ」

    淡「じゃ、じゃあさ、遊ばない?」

    京太郎「いいぞ。どこか行きたいところあるか?」

    淡「え、えっと……○○公園かな……」

    京太郎「ヘぇ……意外だな」

    淡「そ、そう?」

    京太郎「淡なら遊園地とか言うのかと思ってた。でも、何で急に?何かあるのか?」

    淡「私の家近いから……」

    京太郎「それだけ?」

    淡「…………」

    京太郎「淡?」

    淡「……」キョロキョロ

    淡「そ、その……明日の夜からね……翌日の夜まで……両親いないの」

    京太郎「」

    京太郎(ふぁっ!?)

    淡「だから、その……////」

    京太郎(え?え?なにこの展開……。俺、いつフラグ立てた!?※)

    京太郎「え、えっと……それはつまり?」アセアセ

    淡「だ、だから……その……」

    淡「…………夜の公園で月見とかしない?////」

    京太郎「わ、わかった!……うん?」
    淡「……」

    京太郎「……淡さん、今なんと?」

    淡「へ?だ、だから!両親いないから久々に夜遊びできるの!」

    京太郎「え?え?どゆこと?」

    淡「だから……普段は夜出歩けないじゃん?」

    京太郎「……だな」

    淡「だけど、両親がいないから明日の夜は夜遊びができるの!」

    京太郎「…………そこまでは分かった。じゃあなんで淡の家の近くなんだ?」

    淡「え?だって、夜出歩いたら補導されちゃうから……////」カオマッカ

    京太郎「…………なぜ顔を赤くする?」

    淡「だって恥ずかしいじゃん……高校生なのに夜遊びくらいで浮かれてるの……」

    京太郎(……数秒前の俺、散れ!)

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「わっ!急になに?」アセアセ

    京太郎「いや……淡は心が綺麗だなーって思ってさ」

    京太郎(俺と違って)

    淡「そ、そうかな?」

    京太郎「あぁ。じゃあ、とりあえず明日は月見でいいのか?」

    淡「う、うん!いいかな?」

    京太郎「俺も淡と月見したいからな。やろうぜ」

    淡「やった♪」ガッツポーズ

    京太郎(可愛い)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    夜。

    京太郎「晴れてよかったな」

    淡「だねー。おかげで月が綺麗だよ」

    京太郎「だなー」

    淡「あ、きょーたろ、お団子持ってきたよ♪」

    京太郎「サンキュー。お月見の定番だな」モグモグ

    淡「きょーたろは何持ってきたの?」

    京太郎「うん?これか?お茶と紙コップ」

    淡「お茶ってホット?」

    京太郎「いや?冷たいやつ」

    淡「じゃあもらうー」

    京太郎「はいよ」

    淡「ありがとー」ゴクゴク

    京太郎「あ、団子ごちそうさま」

    淡「いえいえー」

    京太郎「……」

    京太郎(そういえば、この後どうするんだ?)

    京太郎(つか、月見って2人でやるものだっけ?)

    淡「……?」

    京太郎「……静かだな」

    淡「え?うん……だね」

    京太郎「……」

    淡「?どうしたの?」

    京太郎「あ、いや……」

    京太郎「淡」

    淡「うん?」

    京太郎「……隣、いっていいか?」

    淡「え?……あぁーうん、いいよ」

    京太郎「…………」

    淡「…………」チラッ

    京太郎「……」チラッ

    淡「…っ!」サッ

    京太郎「……」
    (淡の手の上に手を置く)

    淡「っ……////」カァァ

    淡「……」ギュッ

    京太郎「……綺麗だな」

    淡「だ、だねー」

    京太郎「……」チラッ

    淡「……え?」

    京太郎「……淡のことだぞ?」

    淡「……ふぇ?」

    淡「な、何言ってんの急に!」アセアセ

    ゴンッ

    淡「イッター!?」

    京太郎「……大丈夫か?」

    淡「大丈夫じゃないよ!もぉ……////」プシュー

    淡「そ、そういう不意打ちは駄目だよ……」

    京太郎「いや、なんとなく言いたくなってさ」

    淡「なんとなくで私の心を乱さないでよ……////」

    京太郎「……心以外は乱してもいいのか?」

    淡「え?それ以外に乱すものあるの?」キョトン

    京太郎「…………」

    淡「?」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「……なんで急に撫でるの?」

    京太郎「いや、純粋だなーって思ってさ」

    淡「それ、馬鹿にしてる?」ジトッ

    京太郎「誉めてんだよ」ナデナデ

    淡「ならいいけど」

    京太郎「ほら、こんなに綺麗なんだ、月みようぜ」

    淡「うん♪」



    終わり



    『淡の部屋に男物の下着や私物があった』

    淡宅。
    淡「ちょっと散らかってるけど、ゆっくりしていって」

    モブ「……あ、うん」

    モブ(散らかってる?どこが?)

    モブ(私の部屋の方が何倍も汚いのに……)

    淡「どうしたの?立ってないで座ったら?」

    モブ「う、うん」

    淡「?どうかした?」

    モブ「あ、いや……。淡、なんか急に女の子らしくなったね」

    淡「どういう意味?」ジトッ

    モブ「ほら、前まではがさつって言うか……嘘嘘!嘘だからそんな怖い顔しないで!」

    淡「まったくもぉ!」プンスカ

    モブ「でも、なんていうか前より女の子らしくなったよね」

    淡「そ、そうかな?」テレテレ

    モブ「うん。まるで彼氏でもできたみたい」

    淡「っ!」ギクッ

    モブ「ん?」

    モブ(今、少しだけ……)

    モブ「淡、もしかしてほんとに?」

    淡「う、ううん!全く!全然!これっぽっちも彼氏なんかいないよ!?」アセアセ

    モブ(いるのね……)

    モブ「……モブ男?」

    淡「な、なにが?」

    モブ「彼氏」

    淡「だからー!いないって」アセアセ

    モブ「……じゃあ須賀くん?」

    淡「だだだだだから、違うって!」

    モブ「……」

    モブ(須賀くんぽいな……。よし、もう少し……)

    モブ「そういえばさ、話変わるんだけど、モブ子が好きな人できたらしいよ」

    淡「あ、そうなの?」ホッ

    モブ「誰だと思う?」

    淡「モブ男かな?」

    モブ「実はね、須賀くんなの」

    淡「」

    モブ「……」

    モブ(プッ……淡固まってる)

    モブ「一緒に応援してあげようね!」

    淡「え、えっと……きょ…須賀はやめた方がいいんじゃない?」アセアセ

    モブ「なんで?」

    淡「だ、だって須賀は……き、金髪だし!」

    モブ「淡もじゃん……」

    淡「そ、そうだけど……。あ、須賀ってスッゴい鈍感だよ?」

    モブ「あぁ、かもね。鈍感ぽいよね。でも、須賀みたいな人って付き合ったら彼女のこと大切にしてくれそうだよね」

    淡「そうなんだよ♪……あ」

    モブ「……淡」

    淡「ち、違うもん!きょーたろじゃないもん!」

    モブ(何もいってないのに……)

    モブ「……」キョロキョロ

    淡「な、なに?」アセアセ

    モブ「じゃあさ、あの帽子はなに?」

    淡「え!?」

    淡(あれは……きょーたろの……)

    淡「わ、私のだよ?」

    モブ「男ものだよ?」

    淡「私のだもん!」

    モブ「かぶってみて」カポッ

    淡「……」ブカブカ

    モブ「淡?」

    淡「……私のだもん」

    モブ「そう。じゃあ、あの腕時計は?あれも男ものだよね?」

    淡「あ、あれも……私の」

    モブ「サイズ合ってないね」

    淡「買ったばかりだから……」

    モブ「……ふーん。じゃあ、あの枕元にある男ものの下着は?」

    淡「!?」

    モブ「あれ、下着だよね?」

    淡「……私の」

    モブ(無理あるでしょー)

    モブ「ふーん。でもウエスト的にはけないよね?かぶるの?」

    淡「そ、そんなところ……////」

    モブ「かぶってみて」

    淡「っ!?」

    モブ「できない?」

    淡「…………」

    モブ(本当にかぶるのか……)

    淡「か、かぶった……////」プルプル

    モブ(今にも泣きそな淡……可愛い////)

    モブ「そう。じゃあ、本当に須賀くんとはなんにもないんだ?」

    淡「うん……////」カオマッカ

    モブ(必死過ぎる淡かわいい!)

    モブ「でも、淡にこんな趣味があったとは……」

    淡「そ、その……皆には内緒に……」ウルウル

    モブ「」ズキューン

    モブ「分かってる!絶対に内緒にする!」

    モブ(どうせ須賀くんのだしね…)

    淡「ありがと……」ニコッ

    モブ(いちいち可愛いなぁちきしょー!)

    淡(上手くごまかせて良かった……)ホッ


    コンコン

    淡母「淡ちゃん、ちょっといい?」

    淡「ママ?どうしたの」ガチャ

    淡母「これ、昨日きょーたろ君が忘れていったハンカチ。洗っておいたから明日にでも渡してあげて」

    モブ「ぶほぉっ!」

    淡「」



    終わり