京太郎「俺が淡と付き合ってる?」淡「はぁ!?」


    京太郎「なんでそんな話になってるんだよ」 

    淡「そ、そうよ! しかもよりによって、なんでコイツなのよ!」

    モブ「え、だって昨日、一緒にゲーセンでデートしてたじゃん」



    淡「…………」ジー

    京太郎「…………」

    淡「…………」チラッ

    京太郎「……えっと、淡、ほしいのか?」

    淡「そ、そんなことないよ!?ただ気になっただけ!」

    京太郎(そんなにマジマジと見てたら欲しいって言ってようなもんだぞ?)

    京太郎「俺、こう見えてクレーンゲーム得意だぞ?欲しいの言ってくれればーー」

    淡「だ、だから、欲しいわけじゃないんだってば!」アセアセ

    京太郎「……カピバラ?」

    淡「っ! な、なんのこと?」

    京太郎(なるほど、カピバラのぬいぐるみか)

    京太郎「わかった。取ってやるよ」

    淡「だ?か?らー違うんだってば」アセアセ

    京太郎(素直じゃないなぁ)

    京太郎「……俺が取りたいだけだよ。だから、悪いけど、少し待っててくれ」

    淡「そ、そういうことなら……」


    数分後

    京太郎「よし!とれた!」

    淡「京太郎……本当にクレーンゲーム上手なんだね」

    京太郎「まぁな。よく咲……幼なじみに取ってあげてたからな」

    淡「……幼なじみ」ピクッ

    京太郎「あぁ、だからクレーンゲームは基本的に得意なんだ」

    京太郎(わかりやすいなぁ……)

    淡「……ぬいぐるみ取ったんだからもういいでしょ?次いこ」ムスッ

    京太郎「待てよ、淡」

    淡「……なに?」

    京太郎「これ、やるよ」カピバラー

    淡「……だから、私は欲しくないってーー」

    京太郎「違うって。俺が淡にプレゼントしたいんだよ。だから受け取ってくれ」

    淡「……そ、そういうことなら」オズオズ

    京太郎「じゃあ、次いくか」スタスタ

    淡「……何カッコつけてんだろ、京太郎のくせに」

    淡「……ふふ」ギュッ



    『2人でカフェ』

    淡「なんでこんなことになってんの……」

    京太郎「……俺が聞きたい」

    店員「こちら、カップル限定のスペシャルパフェになります♪」

    淡「……っ!?」

    京太郎「あのー、スプーンが1つしかないんですが……」

    店員「カップル限定のスペシャルパフェですからね!お互いにパフェを食べさせあう。これがカップル限定パフェの醍醐味!」

    淡「……////」

    京太郎「は、はぁ…」

    店員「さぁ!どうぞ!」

    京太郎「えっと……なんでいるですか?」

    店員「見たいからです!」

    京太郎「え?」

    店員「見たいからです!!!」

    京太郎「…………」

    店員「さぁ!どうぞ!」

    京太郎(とりあえず、溶けちゃうし食べるか)

    京太郎「淡、ほら、あーん」

    淡「えっ!?本当にやるの!?」

    京太郎「スプーンが1つしかないんだからしかたがないだろ?」

    淡「そ、そうだけど!ひ、ひひひ、人前なんだよ?////」

    京太郎「そうだけど、そういう商品なんだし」

    淡「う、うぅぅぅ……」

    京太郎「ほら、溶けてきてるから。あーん」

    淡「あ、あーん……」モグモグ

    京太郎「どうだ?」

    淡「恥ずかしいけど……こういうのもいいかも////」

    京太郎「あ、いや、味の話なんだが……」

    淡「えっ……」

    京太郎「えっ?」

    淡「…………」

    京太郎「?」

    淡「………っ!////」

    淡「き……ば………」

    京太郎「……きば?」

    淡「京太郎のばかぁー!!」ダッ

    京太郎「ちょ!淡、どこいくんだ!?おーい!」

    店員「…………」

    京太郎「……なにか、まずかったんですかね?」

    店員「彼女さんには甘酸っぱかったんじゃないですかね?」ウフフ




    『淡の髪を梳かす』

    京太郎「やっと終わったー」

    淡「普段からしっかり勉強してれば補習なんてならないですむのに」ジトー

    京太郎「あ、いや、まぁそうなんだけどさ」アセアセ

    淡「あーあ、せっかくの放課後が台無しだなー」チラッ

    京太郎「……わかった。帰りにケーキ奢から許してくれ」

    淡「うーん……。それも魅力的だけど、今回は他のがいいなぁ」

    京太郎「他の?例えば?」

    淡「えっとね」キョロキョロ

    京太郎「?」

    淡「うんしょっと」イスニスワル

    淡「髪、やってほしいなぁ」

    京太郎「……ここで?」

    淡「うん!」

    京太郎「……人前でやるのはーー」

    淡「いまは2人っきりだよ?」

    京太郎「……わかったよ。クシあるか?」

    淡「やった! はい」

    京太郎「そういえば、こうやって髪やるの久々だな」

    淡「だねー。そもそも2人っきりって状況があんまりないもんね。ん…」

    京太郎「うん?どうした?」

    淡「……京太郎って髪とかすの上手だよね。凄く気持ちいい」

    京太郎「……なんかエロいな」

    淡「バカ」

    京太郎「ごめん、冗談だよ」

    淡「わかってる♪」

    京太郎「それにしても、淡は髪綺麗だな」

    淡「そう?あんまり考えたことないけど」

    京太郎「うん。長くてつやがあって、サラサラで綺麗だ。はい、おしまい」

    淡「ありがと。やっぱり、京太郎にやってもらうと気持ちいいなぁ」ウフフ

    京太郎「とりあえず、これで今日のことは許してくれるか?」

    淡「うーん…。まだ駄目ー」

    京太郎「えぇー、まだ駄目なのか?」

    淡「あれだけじゃ許してあげない」

    京太郎「じゃあ、どうしたら許してくれる?」

    淡「届かないから、少し腰おとして」

    京太郎「? これでいいのか」スッ

    淡「うん」


    チュッ

    京太郎「っ!」

    淡「これで許してあーげる♪」

    京太郎「おまえなぁ……」

    淡「学校だからほっぺで妥協してあげたんだよ?感謝してね?」

    京太郎「こいつー」グリグリ

    淡「わ、わ!髪ぐしゃぐしゃになるからやめてー」

    京太郎「そしてらまたやってやるよ」



    『淡と一緒に水族館行ってイルカショーを見ていた』

    淡「京太郎ー」

    京太郎「うん?なんだー?」カキカキ

    淡「イルカ見にいきたい」

    京太郎「イルカかぁ。たまにはいいな」

    淡「じゃあさ、これから見に行かない?」

    京太郎「そうだな、いくか!」

    淡・京太郎「おー!」

    担任「おまえらー、デートの約束はいいからその課題をはよ出せー」


    翌日、水族館にて。

    淡「結局、課題で1日使っちゃったねー」

    京太郎「だなー」

    淡「でも、今日になって良かった♪」

    京太郎「ん?なんでだ?」

    淡「だって、これなら一日中、大好きな京太郎と一緒にいられるもん」

    京太郎「な、何いってんだよ」カァァ

    淡「あは、なんか私も恥ずかしくなってきた」アハハ

    京太郎「なら言うなよ……」

    淡「……」ムスッ

    京太郎「? どうした?」

    淡「……京太郎は?」ボソッ

    京太郎「うん?」

    淡「京太郎は私に好きって言ってくれないの?」

    京太郎「……好きだぞ?」

    淡「なんか固いよ?」ケラケラ

    京太郎「照れくさいんだよ////」

    淡「アハハ、京太郎、顔真っ赤だね」

    京太郎「そんなことはいいから!ほら、イルカのショー始まるぞ?」

    淡「はーい」


    イルカのショーが開始

    淡「すごーい!京太郎、今の見た!?」

    京太郎「見た見た。イルカのショーつってテレビでなら見たことあったんだけど、生でみるとだいぶ違うな」

    淡「だよね。迫力が違うよね!」

    京太郎「お、すげぇ!」

    淡「え?どうしたの?」キョロキョロ

    京太郎「あ、いや、今イルカがすげぇ高く飛んだからさ」

    淡「うそー!? 見逃したー」ガーン


    ーーーーーー

    ーーーー

    ーー


    淡「イルカのショー楽しかったね」

    京太郎「だな。……お、淡」

    淡「うん?どうしたの?」キョトン

    京太郎「なんか、あそこでイルカに触れるらしいぞ?」

    淡「えっ?本当に?」ワクワク

    京太郎「まじまじ。有料みたいだけど、いくか?」

    淡「いく!」


    係員「では、こちらにどうぞ。イルカと握手してみてください」

    淡「イルカに触れるとか楽しみぃ」ワクワク

    京太郎「野生のイルカって人を襲うって聞いたことあるな」ボソッ

    淡「こんなときにやめてよー!」ウルウル

    京太郎「ごめんごめん、冗談だから。」ナデナデ

    淡「ん、次はないからね?」プンスカ

    京太郎「はいはい」

    係員(はよしろ……)

    淡「わ、わぁー。イルカの手って柔らかい」キラキラ

    淡「京太郎も触ってみなよ」

    京太郎「どれどれ……お、おお。確かに柔らかい!」

    淡「でしょ?」

    京太郎「なんかくせになるな、これ」サワサワ

    イルカ「」ジー

    京太郎「うん?」


    チュッ

    係員「あ、お客様、ラッキーですね。この子、たまにしかしてくれないんですよ?」

    京太郎「あ、そうなんですか?なんか今日はツイてるなぁ」

    淡「えぇー!京太郎いいなぁ。私にはーー」チラッ

    イルカ「」プイッ

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    イルカ「」ニヤッ

    淡「……いいもん。あとで京太郎にしてもらうから」ボソッ

    イルカ・京太郎「!?」



    『京太郎が淡を朝起こしに行っていた』

    合宿所にて。

    京太郎「………」キョロキョロ

    京太郎「あ、淡ー起きてるかー?」コゴエ

    淡「……うゆぅ」zzz

    京太郎「あ、淡ー、また遅刻するぞー」ユサユサ

    淡「うーん……」モゾモゾ

    京太郎「おっ、起きたか?」

    淡「……あと5……」

    京太郎「……時間とか言わせないぞ?」

    淡「年……うにゃ」zzz

    京太郎(もっと上だったか……)

    京太郎「じゃなくて!お前が起こしてくれって言ったんだろ?男子はこのフロア立ち入り禁止なんだから、早くしてくれ」ユサユサ

    淡「……むぅ」ムクリ

    京太郎「おはよう、淡」

    淡「…………」ジー

    京太郎「? どうかしたか?」

    淡「きょーたろーだぁ」ダキッ

    京太郎「ちょ!寝ぼけてんのか?起きろー」ペシペシ

    淡「むぅ、寝ぼけてないよ…」ムスッ

    京太郎「じゃあ、くっ付いてないで起きろって」

    淡「わかったよ……。じゃあ、はい」ズイ

    京太郎「な、なんだよ」ジリ

    淡「……いつもの」

    京太郎「……はっ?」

    淡「だから、いつもの……」

    京太郎「えっと、もしかして、あれですか?」アセ

    淡「……ん」

    京太郎「く、唇を突き出すな…。つか、合宿中はまずいって」アセアセ

    淡「じゃあ、起きない」プイッ

    京太郎「いやいや!淡はレギュラーだろ?皆に迷惑かかるぞ?」

    淡「……そしたら、京太郎がキスしてくれなかったからって言うからいいもん」

    京太郎「それだけはお願いだからやめてくれ」アセダラダラ

    淡「なら、おはようのキス」

    京太郎「……はぁ、分かったよ」


    チュッ

    淡「……えへへ♪ おはよ、きょーたろ」

    京太郎「あ、あぁ、おはよう。ほら、ちゃんとキスしたんだから起きろよ?」

    淡「うん、ちゃんと起きるよー」ウットリ

    京太郎「じゃあ、俺は帰るからな」ガチャ…バタン

    モブ(き、京太郎君が急に入って来たからとっさにかくれちゃったけど……)

    モブ(2人ってそういう仲なの!?)

    モブ(つか、先輩に言われて淡を起こしにきただけなのに……。なんで朝から甘ったるいシーンを見なきゃいけないのよ!!)



    『淡と京太郎が放課後教室で抱き合っていた』

    淡「つ、疲れたー」グデー

    京太郎「お疲れ」

    淡「うん、京太郎もおつかれー。なんなの、あの授業……」

    京太郎「淡は歴史苦手だもんな」

    淡「歴史を学んだって私には関係ないのにさ」プンスカ

    京太郎「温故知新って言葉があるだろ?昔のことも学んで損はないぞ?」

    淡「そうかもだけど、嘉蔵なんて人知らないもん!」

    京太郎「あ、あぁ、あれはマニアック過ぎるからな…」

    淡「…えっ?京太郎は知ってるの?」キョトン

    京太郎「昔読んだ本に少しだけ出てたからな」ドヤー

    淡「…………」

    京太郎「……おい、なんで少し下がった?」

    淡「ソンナコトナイヨー」

    京太郎「……と、とりあえず、帰ろうか」

    淡「疲れて動けなーい」グデー

    京太郎「いやいやいや……」

    淡「えねるぎー切れー」

    京太郎「……どうしたら、そのエネルギーは貯まるんだ?」

    淡「うーん……。京太郎がハグしてくれたらかな?」ニパー

    京太郎「…………」

    淡「…………」ジー

    京太郎「…………」

    淡「………」ジー

    京太郎「はぁ、分かったよ。ほら」ギュッ

    淡「なんで後ろから?」

    京太郎「前からの方が良かったか?」

    淡「どっちも好きだけど、前からの方が京太郎の顔も見れるからなぁ」クルッ

    京太郎「っ!」

    淡「京太郎の心臓、ドクンドクンいってる」ギュー

    京太郎「……生きてるからな」ギュッ

    淡「……ねぇ、京太郎」ジー

    京太郎「……ん」チュッ

    淡「んっ、はぁ……ありがと♪」

    京太郎「学校ではしないつもりだったんだけどな」

    淡「じゃあ、なんでしたの?」

    京太郎「淡があまりにも可愛いから」キッパリ

    淡「っ////」

    京太郎「お、真っ赤になった」

    淡「……ばか」

    廊下にて。
    モブ(は、入りづれぇー!!)


    学校の中庭。

    淡「きょーたろ、膝枕してほしいなぁ」

    京太郎「うん? あぁ、ほら、いいぞ?」ポンポン

    淡「わーい」ゴロン

    京太郎「寝心地はどうだ?」

    淡「うーん……。少し固いかな?」

    京太郎「さいですか……」

    淡「でも、暖かい。体中がポカポカしてくる」

    京太郎「…………」

    淡「なんでだろうね?」

    京太郎「さぁな」ナデナデ

    淡「わっ」

    京太郎「あ、すまん、嫌だったか?」

    淡「ううん、突然だったからビックリしちゃっただけ」

    京太郎「そか、ならよかった」

    淡「…………」ジー

    京太郎「?」

    淡「ナデナデ、してほしいなぁ」チラッ

    京太郎「…………」ナデナデ

    淡「んっ……きょーたろの手、気持ちいい」ウットリ

    京太郎「それは良かった」ナデナデ

    淡「……きょーたろ」

    京太郎「うん?」ナデナデ

    淡「だーいすき♪」

    京太郎「俺もだよ」ナデナデ

    モブa「……すまん、人足先に離脱する!」ダッ

    京太郎「あいつ、どうしたんだろ?」ナデナデ

    淡「具合悪くなったのかな?」キョトン

    モブb(いやいや!)

    モブc(2人のせいでしょ!?)

    淡「きょーたろー」

    京太郎「今度はどうした?」

    淡「お腹すいた」

    京太郎「お腹? あぁ、そういえばもう昼か」

    淡「今日はきょーたろのためにお弁当作ってきたんだぁ」エッヘン

    京太郎「そうなのか?それは楽しみだなぁ」

    モブb「」←コンビニ弁当

    モブc「」←姉の手作り弁当

    モブb「…………」チラッ

    モブc「…………」ドヤッ

    モブb「」(´;ω;`)ブワッ

    淡「じゃじゃーん」パカッ

    京太郎「おぉ!」


    きょーたろラブ

    京太郎「……いやいや、これは流石に恥ずかしいぞ?////」

    淡「や、やっぱり?//// 実は私もすっごい恥ずかしい」カァァ

    京太郎「と、とりあえず、食べようか」

    淡「だ、だね!」アセアセ

    モブb・c(そこで照れるの!?)

    淡「はい、きょーたろ。あーん」

    京太郎「あーん」パクッ

    淡「ど、どう?」オソルオソル

    京太郎「……」モグモグ

    淡「えっと…」オドオド

    京太郎「……おいしい」

    淡「ほ、ほんと?」パァァ

    京太郎「本当本当。これならいつでもお嫁にいけるな」ナデナデ

    淡「でしょー」ウフフ

    京太郎「淡の旦那さんは幸せだろうな」

    淡「私は京太郎としか結婚する気ないよ?」

    京太郎「淡……」

    淡「きょーたろ……」


    チュッ

    モブb「う、うわぁーん」ダッ

    モブc「まてっ」ガシッ

    モブb「放せ!俺は!俺は独りでコンビニ弁当食うんだぁ」。゚(゚´Д`゚)゚。

    モブc「た、頼むからこんな所に独りにしないで」ナミダメ


    京太郎「ごちそうさまでした」

    淡「お粗末様でした」

    京太郎「いやー、本当においしかった。また作ってくれるか?」

    淡「代金としてキス一回を請求します」ニコッ

    京太郎「夜になったら何回でもしてあげるよ」

    淡「楽しみにしてる////」

    モブc「あれ?モブbがいない!?」キョロキョロ

    モブc「っ!こ、これは!?」


    旅に出ます。探さないでください
    by コンビニ弁当

    モブc「も、モブbー!!!」

    淡・京太郎「?」

    淡「きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「なんか少し疲れたかも」

    京太郎「なら、また少し寝るか?」

    淡「ご飯の後だから寝るのはいやだなぁ」

    京太郎「なら、どうする?」

    淡「うーん……あっ、そこ座ってもいい?」

    京太郎「うん?そこって?」

    淡「足の間」

    京太郎「あぁ、いいぞ?」

    淡「よっと」ピョン

    京太郎「どうだ?」

    淡「背中が少し寒いかなー」チラッ

    京太郎「はいはい」ギュッ

    淡「うん、暖かい♪」

    モブc「♪」←音楽を聴いている

    淡「ねぇ、きょーたろは私と付き合えて良かった?」

    京太郎「当たり前だろ?」

    淡「きょーたろならそう言うと思ってた」アハッ

    淡「でもね、たまにスッゴく不安になる時があるんだぁ」

    京太郎「そうなのか?」

    淡「うん、だって、京太郎の周り可愛い子多いから」

    京太郎「…………」

    淡「だから、たまにスッゴく不安になる……」

    京太郎「淡……」

    淡「うん?」

    京太郎「ごめんな」ギュッ

    淡「き、きょーたろ?」

    京太郎「俺のせいで不安になるんだろ?だからごめん」

    淡「え、違うよ!私がいけないんだよ」アセアセ

    京太郎「ううん。俺がしっかり淡だけ見ていれば淡が不安になることなんてないはずだから。ごめんな、淡」

    淡「きょーたろ……」

    京太郎「なぁ、もっかいキスしないか?」

    淡「…したいの?」

    京太郎「したい」

    淡「うん、それならいいよ」クルッ

    京太郎「淡……」チュッ

    淡「んっ……」

    京太郎「んー、あむっ」

    淡「っ!んっ、きょーら…ろう、すと……んっ」

    京太郎「……」

    淡「ん、んんっ……はっ、ふっ……んぅ」

    淡「ぷはっ……きょーたろぉ、学校だよ、ここ…」トローン

    京太郎「したくなったから。ごめんな」

    淡「謝らないで…。嬉しかったし」ボソッ

    京太郎「そか」

    淡「……続き……」ボソッ

    京太郎「えっ?」

    淡「帰ったら続き……しない?////」

    京太郎「……淡がいいなら」

    淡「ありがと。放課後が楽しみ」フフッ

    モブc「」←音楽聴きながら白目


    【番外編】『会話のすれ違い』

    京太郎宅。

    淡「きょーたろ、今夜泊まってもいい?」

    京太郎「……はい?」

    淡「だから、今夜、泊まってもいい?」

    京太郎「……なんで?」

    淡(もっときょーたろと遊びたいから……とかじゃ子供っぽいからーー)

    淡「えっと、その、今夜は京太郎と一緒にいたいから……」

    京太郎「…………」

    京太郎(えっと……これっていわゆるOKサインってやつか?)

    淡「……駄目?」

    京太郎「き、今日は親父も母さんもいないけど、いいのか?」アセアセ

    淡(?ご飯の心配かな?)

    淡「別にそれは気にしないけど?」

    京太郎(ちと、コンビニ行ってくるか)

    京太郎「りょーかい。着替えとかは……ないよな、流石に」

    淡「うん、流石にない……だから、少し買い物してきていい?」

    京太郎「いいぞ?あ、俺も買いたいものあるから一緒にいくか?」

    淡「そうなの?いいよ!きょーたろとデートだぁ」ニパー


    デパート

    京太郎「なぁ、デパートの中ぐらい腕に抱きつくのやめないか?」

    淡「えぇ、こうしないとデートぽくないよ?」

    京太郎「そ、そうかもしれないけどさ」アセアセ

    京太郎(腕に当たってるせいで色々やばいんだが……)

    淡「きょーたろが嫌ならやめるけど」

    京太郎「嫌じゃないです!」キッパリ

    淡「わっ、急に大声ださないでよ、もぉ」

    京太郎「ご、ごめん」

    淡「変なきょーたろ」ウフフ

    京太郎「と、ところで、淡は何を買うんだ?」

    淡「えっ?」

    京太郎「えっ?」

    淡(下着……とか言い辛いなぁ……恥ずかしいし////)

    淡「そ、それは秘密かな?」アセアセ

    京太郎(そ、そうだよな!俺の為に用意するんだからサプライズにしたいよな!)

    京太郎「そ、そっか」ハハハ

    淡「う、うん」ハハハ

    京太郎(どんなやつ買うんだろう?派手なのかな?)

    淡(今月、お金ヤバいから安いのあるかなー?)


    帰宅。

    京太郎(よし、必要なものは買ったし、あとは風呂だけだ!)

    京太郎「淡ー、先にお風呂入っていいぞー」

    淡「えっ?いいよ、先に入って?」

    淡(家主より先に入るのは……)

    京太郎「そ、そうか?」

    京太郎(も、もしかして、あとから入ってくるのか!?)

    京太郎「じゃあ先に入らせてもらうわ」

    ーーーーーー

    ーーーー

    ーー

    京太郎「流石にないか……」ズーン

    淡「うん?どうかした?」フロアガリー

    京太郎「いや、なんでもない」

    淡「そう?」

    淡(なんか元気ないけど、どうしたんだろ?)

    京太郎「…………」ズーン

    淡(やっぱり、元気ない……悩み事かな?)

    淡「きょーたろ?」

    京太郎「うん?どうした?」

    淡「その……私はいつでもきょーたろの味方だからね?」

    京太郎「……へ?」

    淡「私にできることがあったら何でも言って!私、きょーたろの力になりたいから」

    京太郎「え、あ、あぁ……」

    京太郎(……なんの話だ?)アセアセ

    淡「だから、1人で(悩みを)ため込まないで?」

    京太郎「っ!」

    京太郎(淡……)

    京太郎「あぁ……ありがとな、淡」ギュッ

    淡「わっ!」アセアセ

    淡(な、なになに!?急にどうしたの!?)

    京太郎「淡……」チュッ

    淡「!?」

    淡「きょ、きょきょきょ、きょーたろ!?すとっぷ!すとーぷ!」アワワ!

    京太郎「……えっ?」

    京太郎(もしかして、順序間違えたか?)ヒヤアセ

    淡「き、きょーたろ? 急にどうしたの?」アセアセ

    京太郎「あ、ごめん!その俺、初めてでさ」アセアセ

    淡「……え?初めて?」ボーゼン

    淡(前のデートでキスしたこと忘れちゃったの……?)

    京太郎「は、恥ずかしながら……」

    京太郎(淡が有り得ないものを見るような顔してる……)

    淡「きょーたろ?その……本当に初めて?冗談とかじゃなくて?」オロオロ

    淡(ほ、本当にわすれちゃったの?)

    京太郎「初めてです……。でも淡も初めてだろ?」

    京太郎(付き合ったのは俺が初めてっていってたしな)

    淡「わ、私はしたことあるよ?」

    淡(だって、きょーたろと間違いなくしたもん……)

    京太郎「……えっ!?」

    京太郎(ど、どういうことだ!?)

    京太郎「え、えと……いつ頃だ?」

    淡(本当に忘れちゃったんだ……)

    淡「先週だよ……」

    京太郎(先週……俺と映画行った週……)

    京太郎「ま、まじか……」ボーゼン

    京太郎(ってことは、俺以外に……)

    淡「うん……」

    京太郎「…………」

    淡「……きょーたろぉ」ナミダメ

    京太郎「……なんで淡が泣きそうな顔してるんだよ」

    淡「なんでって……きょーたろのせいでしょ!?」

    京太郎「!?」

    淡「わ、私、初めてで……グスッ、すっごく…………すっごく嬉しかったのに!」ポロポロ

    淡「きょーたろにとっては!忘れちゃうくらいどうでもいいことだったってことでしょ!?」ポロポロ

    京太郎(忘れる? 俺が? つか初めて?)

    京太郎「す、ストップ!」

    淡「……なに?」グスン

    京太郎「淡?その、先週したのが初めてだったんだよな?」

    淡「……そうだよ、ファーストキスだったんだよ?」

    京太郎「……えっ?キス?」キョトン

    淡「……えっ?今キスの話でしょ?」キョトン

    京太郎「…………」アセダラダラ

    淡「……きょーたろ?」

    京太郎「…………」

    淡「……京太郎は何の話してたの?」ジト

    ーーーーーー

    ーーーー

    ーー

    淡「……最低」グスン

    京太郎「返す言葉もございません」ドゲザー

    淡「しかも、しっかりこれまで用意して……」チラッ

    コンドーム「やぁ!」

    京太郎「本当に申し訳ないです」ドゲザー

    淡「……はぁ、もういいよ。誤解だって分かったし」

    淡(良かった……キスのこと忘れてたわけじゃなくて)

    淡「それにしても、きょーたろ……その勘違いはどうかと思う」ジト

    京太郎「すみませんでした」ドゲザー

    淡「……は、……の?」ボソッ

    京太郎「……え?」

    淡「だから……その、きょーたろは……したいの?////」

    京太郎「したいです!」キッパリ

    淡「……っ////そんな時ばっかりキリッってしないでよバカ!////」

    京太郎「ご、ごめん……」

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    淡「…………ねぇ」

    京太郎「あ、はい!」ビクッ

    淡「そろそろ、寝ない?もう遅いし……」

    京太郎「……だな」

    淡「……ねぇ」

    京太郎「うん?」

    淡「その……一緒に寝ない?////」

    完



    『淡と京太郎の関係を微笑ましく見つめる菫さん 』

    昼 部室

    菫「昼はミーティングがあるからとあれほど言っておいたのに……」イライラ

    菫「淡と須賀は何をやっているんだ」イライラ

    照「私、探してこようか?」キラキラ

    菫「……いや、私がいこう」

    菫(照に行かせたら帰ってこないからな……)

    照「そ、そう……」シュン


    学校の中庭

    京太郎「ふあ……ねむ……」

    淡「? きょーたろ寝不足?」

    京太郎「……あ、あぁ、昨日あんまり寝られなくてさ……」

    淡「どうせ、ゲームでもしてたんでしょ?」ジト

    京太郎「ちげーよ。な、長野から急遽両親が来てさ……」

    淡「あ、あぁーー……」ナットク

    京太郎「質問攻にされてたんだよ……」

    淡「お疲れ様」ニコニコ

    京太郎「……とにかく、それで寝不足なんだ」ウトウト

    淡「そっかー……あっ!きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「眠いなら少し寝たら?今なら特別、私が膝枕してあげるよ?」

    京太郎「……………………いやいや」

    淡「……今の間はなに?」

    京太郎「……素敵な提案だけどさ、ここでそれやったらバレるぞ?」

    淡「そ、それは大丈夫だよ」アセアセ

    京太郎「何を根拠に……」

    淡「ほ、ほら!周りに誰もいないし」キョロキョロ

    京太郎「……淡?もしかしてやりたいのか?」

    淡「そんなことないよ!?ただ、きょーたろが疲れてるから労ってあげてるだけだよ!」オロオロ

    京太郎「……そういえば、昨晩はーー」

    淡「っ!ち、違うよ!?映画は関係ないよ!?」

    淡「昨晩やってた映画で膝枕してるシーン見て、いいなぁとか思ったりしてないよ!?」アセアセ

    京太郎(まだ何も言ってないのに……)

    京太郎「……そうなのか?じゃあやらなくても良いか」

    淡「!」

    京太郎「淡がやりたいって言うならやってもいいけどなぁ」ニヤニヤ

    淡「う、うぅー……きょーたろのいじわるぅ」ナミダメ

    京太郎「どうするんだ?」ニヤニヤ

    淡「ひ……ら…………さい」ボソッ

    京太郎「うん?」

    淡「だから!ひ、膝枕させてください」カァァ

    京太郎「いいぞ」ナデナデ

    淡「きょーたろのばかぁ」プシュー


    渡り廊下

    菫「あの馬鹿2人はどこで油売ってるんだ?」スタスタ

    菫「教室にもいないし……いったい……あっ」←中庭を見る


    再び中庭

    淡「ど、どうかな?」オドオド

    京太郎「……これ、いいな」

    淡「そ、そう?」パァ

    京太郎「あぁ、なんて言うのかな、柔らかいだけじゃなくて、適度に張りがあるというかーー」プニプニ

    淡「ちょっ! 股さわらないでよ、変態!」ペシ

    京太郎「あだっ」

    淡「次、勝手に触ったら怒るからね?」プンスカ

    京太郎(なるほど、許可とればいいのか)

    淡「……きょーたろ?」ジト

    京太郎「頼むから心の中まで読まないでくれ……」

    淡「もう……きょーたろは変態なんだから」ナデナデ

    京太郎「これはその変態へのご褒美か?」

    淡「ばか。眠いんじゃないの?時間なくなるよ?」

    京太郎「そうだった。じゃあおやすみ」

    淡「うん、おやすみ」ナデナデ

    京太郎「…………」

    淡「…………」ナデナデ

    京太郎「…………」zzz

    淡「やっと寝た」クスッ

    淡「きょーたろが1日徹夜したくらいで、ここまで疲れるわけないのに。嘘が下手だなぁ」ナデナデ

    淡「どうせ、麻雀やってたんでしょ?私に追いつくとかいって」ナデナデ

    淡「きょーたろ、レギュラー入りおめでと」ボソッ

    チュッ


    渡り廊下

    菫「…………」

    菫「まっまく……」ケイタイトリダシ

    菫「あ、尭深か?ミーティングのことなんだがーー、あぁ、明日の昼に変更とレギュラーに伝えてくれ。あぁ、じゃあ」

    菫「まったく、手間のかかる後輩だよ」クスッ



    完



    『たかみーから男心を教わる淡』

    淡「……」キョロキョロ

    尭深「? 淡ちゃん、どうか、した?」

    淡「えっ……あぁーいやー」

    尭深「なにか、悩み事?」

    淡「悩み……といえば悩みかな……」

    尭深「……その、私でよければ、相談、のるよ?」

    淡「そ、そんな大したことじゃないからいいよ」アセアセ

    淡(それに、たかみーに相談しても……)

    尭深「そ、そう……」シュン

    淡「あっ! や、やっぱり相談のってもらおうかな?」アセアセ

    尭深「……無理しなくて、いいんだよ?」

    淡「む、無理なんてしてないよ!たかみーに相談のってもらいたいなぁー」チラッ

    尭深「そ、そういうことなら////」

    淡(だ、大丈夫だよね?)

    尭深「……それで、悩みって?」

    淡「えっと……その……」モジモジ

    尭深「……?」

    淡「話っていうのは、その、須賀のことなんだけど……」

    尭深「須賀くん?」

    淡「うん……。どうしたら須賀が振り向いてくれると思う?」

    尭深「? 呼びかければ振り向いてくれると思うよ?」

    淡「…………」

    尭深「?」

    モブ(それはないっす、渋谷先輩……)

    淡「そういうんじゃなくて」アセアセ

    尭深「?」

    淡「どうやったら、その……好きになってもらえるかな?////」カァァ

    尭深「っ////」

    淡「……////」ウツムキ

    モブ(絶対に相談相手間違えてる……)


    翌日。
    尭深相談室。

    尭深「えっと、昨日、たくさん考えてみたんだけど……」

    淡「うん」

    尭深「名前で呼んでみるのがいいと、思う」


    mission 1 名前で呼ぶ!

    京太郎「…………」アセダラダラ

    淡「…………」ジー

    京太郎「…………」ダラダラダラダラ

    淡「…………」ジー

    京太郎「お、大星?」アセアセ

    淡「な、なに!?」ドキッ

    京太郎「何かようか?」アセアセ

    京太郎(俺、何かしたか?)

    淡「よ、用って程じゃないんだけど……その」

    京太郎(あ、もしかしてあれか?) 

    淡「き、きょーたrーー」

    京太郎「わかった!」

    淡「!?」ビクッ

    京太郎「あれだろ?昨日の賭けのことだろ?飯おごるってやつ」

    淡「……えっ?あ、いや……」

    京太郎「ルールはルールだからな。今日の放課後、空いてるか?」

    淡「え、あ、うん……空いてるけど」

    京太郎「よし、なら放課後な。校門のところで待っててくれ」

    淡「え、あ、うん……」

    京太郎「じゃあ、そういうことで。まだ俺は委員会あるから先輩に遅れるって伝えておいてくれ」タタタッ

    淡「うん……あとでね」ボーゼン

    淡「………………」

    淡(……あれ? これってもしかして……デート!?)


    尭深相談室

    尭深「うまく、いった?」

    淡「なんか……色々スキップしました」

    尭深「よかった」ホッ

    尭深「じゃあ、次、やろうね」

    淡「あ、うん」

    尭深「相手の良いところを誉める」


    mission 2 相手を誉める!

    放課後。

    京太郎「わりぃ、待ったか?」

    淡「う、ううん!今ついたところ!!」

    京太郎「そか、それは良かった。じゃあ早速行くか」

    淡「えっと、どこいくの?」アセアセ

    京太郎「うん?それは着いてからのお楽しみってことで」ニヤッ

    ーーーーーー

    ーーーー

    ーー

    京太郎「わるい、カウンター席しかなかったわ」

    淡「…………」ソワソワ

    京太郎「……どうしたんだ?借りてきた猫みたいに大人しいじゃん」

    淡(だって、なんかお洒落なケーキ屋だし……それに……)

    モブ女「はい、あーん」

    モブ男「あーん。うん、おいしい」

    淡「…………カップルばっかりなんだもん」ボソッ

    京太郎「なんだって?」

    淡「な、なんでもない!////」

    淡(ど、どうしよ!恥ずかしくて須賀の顔みれない)アセアセ

    京太郎(なんか変だな……少し顔も赤いし)

    淡「…………」チラッ

    京太郎「…………」ジー

    淡「っ!」サッ

    淡(ど、どうしよ……このままだと誉めるどころか話もーー)

    京太郎「……失礼」テヲデコニアテル

    淡「へっ?」

    淡「な、な、な!////」カァァ

    京太郎「げっ……やっぱり熱あんじゃん……」

    淡「あ、や、これは熱なんだけどーー」

    京太郎「なんかおかしいと思ったら……。風邪引いてるなら言えよ」

    淡「あ、だから、違くて」アセアセ

    京太郎「とりあえず、今日は帰るぞ。淡はレギュラーなんだから体調管理しっかりしないと」

    淡「だ、大丈夫だから」アセアセ

    京太郎「風邪は万病のもとだぞ?ケーキはまた後日な?だから今日は帰る」

    淡「だ、だから、違うんだってばー」


    淡宅

    淡(ど、どうしよう……)

    京太郎「送るだけの予定だったんだけどなぁー」

    淡(と、とりあえず、たかみーにメールしなきゃ!)

    今、須賀と家にいます。どうしたらいいですか?

    淡「送信っと……わっ、もう返信きた」

    ボディータッチとか良いと思うよ(o゚▽゚)o

    淡「…………」ゴシゴシ

    淡「…………」

    淡(むりだよ!)

    京太郎「? 大星、大丈夫か?」

    淡「へ!? あ、うん!大丈夫大丈夫!」アセアセ

    京太郎「そうか?」

    淡「う、うん!それよりさ、せっかくだから何かしない?」

    淡(何かしてないと間がもたない……)

    京太郎「何言ってんだ……。風邪引いてるだから大人しく寝てろよ。悪化したら大変だろ?」

    淡「えぇー……。うーん……じゃあ、きょーたろが何か話してよ」グデー

    京太郎「……えっ?」

    淡「え?……あっ……」カァァ

    淡「ち、違うよ!? その、今のは……ほら!友達だからさ!」

    淡「良い機会だから、もう一歩進展してもいいかなーとか思って!」

    淡「あ、あと!日頃の感謝ってやつ?だから深い意味はまーたくないの!」アセアセオドオド

    京太郎「わ、わかった。わかったから少し落ち着け!熱あがるぞ?」

    淡「ほ、本当に違うんだよ?」アセアセ

    京太郎「わかったって」

    淡「…………」チラッ

    京太郎「…………」

    淡「……な、なにか言ってよ……」ウルウル

    京太郎「そ、そう言われてもなぁー……。うーん……ありがとう?」

    淡「……なんでお礼?」キョトン

    京太郎「いや、そうな風に思ってくれているとは思わなかったからさ。なんか嬉しくて」ハハハ

    淡「じゃあ、今までは私にどう思われてる思ってたの?」

    京太郎「……嫌われてる?」アセアセ

    淡「な、なんで!?」

    京太郎「だって、何かと暴言吐かれるし、なにかと突っかかって来てなかったか?最近は少なくなったけど」

    淡「あ、あぁ……入学当初は苦手意識あったかも」アハハ

    京太郎「やっぱりか」ニガワライ

    淡「うん♪」

    淡「でもね、最近はそんなことないよ?」

    淡「最初こそ、『うわぁ、金髪だわー』とか『ちゃらそー』とか思ってたけど」

    京太郎「え?そこ!?つか、大星も金髪じゃん!」

    淡「でも、実際は誰にでも優しくて、いざってときに役にたつ人」

    京太郎「…………」

    淡「ほら、入学して間もない頃にさ、私がナンパされたことあったじゃん?」

    淡「あの時と京太郎が助けてくれてさ。あの時は思わず罵声浴びせちゃったけど、本当はすっごく嬉しかったんだぁ」

    淡「あの時の京太郎、格好良かったなぁ」ウットリ

    京太郎「……ちょ、ストップ!」アセアセ

    淡「?」

    京太郎「ど、どうしたんだ?急に……」 カァァ

    淡「えっ?」

    淡「…………」ポクポクポクポク

    淡「っ!////」チーン

    京太郎「……////」

    淡「……////」


    尭深宅

    尭深「…………」ペラ

    尭深「……あ」

    恋愛の鉄則!ボディータッチはNG

    尭深「……どうしよう」シュン


    完



    『照にのろける淡』

    淡「テルー!」ダキッ

    照「っ!……なんだ、淡か」ホッ

    淡「ねぇテルー、聞いて聞いて!」

    照「どうかした?」

    淡「うん! 昨日ね、きょーたろと遊園地いったんだぁ」

    照「…………」

    淡「それでね!ーーーー」

    ーーーー

    ーー

    京太郎「遊園地なんて久々だな」

    淡「そうなの?私は初めてかも」

    京太郎「え?そうなのか?」

    淡「うん。小さい頃に行ってるかも知れないけど、物心ついてからは初めてかな」

    京太郎「そっか。なら、今日はめいいっぱい楽しもうぜ!」

    淡「うん! エスコートよろしくー」

    京太郎「まかせろ!じゃあ最初は……」


    数分後。

    淡「……ありえない」ジト

    京太郎「ごめん……」

    淡「遊園地の定番とはいうけどさぁ、いきなりお化け屋敷ってどうなの?」ジー

    京太郎「いや、その……恐がってる淡がみたくてだな?」アセアセ

    淡「だからその彼女を置き去りにして隠れたんだ?」ジト

    京太郎「……すみませんでした」

    淡「……許してあげない」プイッ

    京太郎「え……ど、どうしたら許してくれる?」アセアセ

    淡「……それを聞いたら意味ないでしょ?自分で考えて」プイッ

    京太郎(困った……)

    ーーーー

    ーー

    淡「ーーってことがあったの。あの時のきょーたろの顔が可愛くて」キャー

    照「……そうなんだ」

    淡「うん! それで、きょーたろ何したと思う?」

    照「ーーさぁ?」

    淡「……テルー、考えてる?」ジー

    照「…………もちろん」

    淡「ほんとに?」ジー

    照「…………」メソラス

    淡「まぁ、いいや。それできょーたろがねーー」

    ーーーー

    ーー

    京太郎(よし、決めた! これなら絶対に喜ぶ!)

    京太郎「淡!」

    淡「却下」

    京太郎「まだ何も言ってないのに!?」

    淡「どうせ美味しいものでも食べようっていうんでしょ?」ジト

    京太郎「……そ、そんなことないぞ?」アセアセ

    京太郎(なんで分かるんだ!?)

    淡「そう?ならなに?」

    京太郎(えっ……やばい……)

    淡「きょーたろ、何してくれるの?」ニヤニヤ

    京太郎(……仕方がない、こうなれはやけだ!)

    京太郎「…………」アゴニテヲヤル

    淡「えっ?」

    京太郎「んっ……」

    淡「っ!? ちょ……んっ」

    京太郎「…………」

    淡「きょ……す、すと……」ジタバタ

    京太郎「……ぷはっ」

    淡「はぁ……はぁ……」ゼーゼー

    京太郎「これでどうだ?」ドヤッ

    淡「……な、な、な」カァァ

    淡「何すんのよ!しかも人前で!」カオマッカ

    京太郎「喜びそうなことだ」←やけくそ

    淡「な、なんでこれで喜ぶと思うのよ!」

    京太郎「だって、淡は強引にされるの好きだろ?」

    淡「っ!////」

    京太郎「あれ?まじ?」

    淡「!?」

    京太郎「正直にいうと、図星をつかれてヤケクソでキスしました。反省はしていない」ドヤッ

    淡「…………」プロプル

    京太郎(あ、これはまずいな……)

    淡「きょーたろのばk……!?」

    京太郎「…………」ギュッ

    淡「ちょ、だ、だから!さっきからなんなの!?////」

    京太郎「…………」ギュッ

    淡「……な、なんか言ってよ////」

    京太郎「……淡が悪いんだぞ?」

    淡「……な、なんでよ」

    京太郎「淡が可愛い過ぎるから」

    淡「っ!?////」

    京太郎「だから、反省はしてない。またしたくなったらするから」ギュッ

    淡「あ、え、そ、その////」プシュー

    京太郎「強引なのが好きなんだろ?」ボソッ

    淡「……そ、そんなこと……」プイッ

    京太郎「……淡」

    淡「…………」コクリ

    京太郎「…………」ナデナデ

    ーーーー

    ーー

    淡「ーーだったの!きょーたろって意外に大胆だよね」キャーキャー

    照「……そうだね」

    淡「それからそれから!」

    菫「……淡、向こうの卓が空いたから入ってこい」

    淡「えぇー!ここからが面白いのに!」ブーブー

    菫「須賀がお前と打つの楽しみにしてるぞ?」

    淡「いってきます!」ピュー

    菫「現金なやつだな……。照、大丈夫か?」

    照「……大丈夫」

    菫「ならいいが……」

    センパーイ、センセイガヨンデマース

    菫「っと、じゃあ私は行くぞ? 照も卓が空いたから入って打つんだぞ?」

    照「……わかった」

    センパーイ!

    菫「今いく!」タタタッ

    照「…………」

    照「…………」

    照「……彼氏か……」ボソッ


    完




    『お昼を口移しで食べさせあってた』

    淡「…………」カチカチ

    京太郎「うん?メール?」カチカチ

    きょーたろ、お昼一緒にたべよー

    京太郎「…………」チラッ

    淡「…………」ニコッ

    京太郎「…………」カチカチ

    屋上で待ち合わせしよう

    ーーーー

    ーー

    淡「きょーたろ、おそーい!」ブーブー

    京太郎「悪い悪い、モブに捕まってて」アセアセ

    淡「それでも遅い。きょーたろのせいで風邪引きそうだよ」ガクガク

    京太郎「それは悪かった……」

    淡「……それだけ?」ジー

    京太郎「……これでいいか?」ギュッ

    淡「……えへへ♪」テレテレ

    京太郎「あ、でもこれだと飯食えないな」

    淡「えっ?それなら大丈夫だよ?」

    京太郎「?」

    淡「きょーたろ、そこに胡座かいて座って」

    京太郎「お、おう」スワル

    淡「そして、私が膝の上に座る♪」スワル

    淡「それじゃあ、いただきまーす!」

    京太郎「…………おい」

    淡「うん?」モグモグ

    京太郎「これだと俺が食べられないだろ……」

    淡「……あっ」

    京太郎「まじか……」

    淡「ち、違うよ?忘れてたんじゃなくて!」オロオロ

    京太郎「……じゃなくて?」ジー

    淡「……私が食べさせてあげるから大丈夫!」

    京太郎「……へー」

    淡「ほ、ほら、あーん」ウインナーダヨー

    京太郎(絶対に忘れてたよな……。あっ、そうだ)ピコーン

    京太郎「……これじゃあなんか、いつも通りじゃないか?」

    淡「へ?」

    京太郎「いや、だから、これだと普段と何も変わらないと思わないか?」

    淡「もしかして……飽きちゃったの!?」ガーン

    京太郎「いやいや、飽きたりは絶対にしないから」ナデナデ

    淡「うにゅ……じゃあ、なんで?」

    京太郎「いや、新しい刺激って大事だと思わないか?」

    淡「まぁ、それは思うけど。でも、何するの?大抵のことはしちゃってない?」キョトン

    京太郎「いや、まだあるぞ?」

    淡「?」

    京太郎「口移しとか」ニヤッ

    淡「…………えっ?」

    京太郎「だから、口移しとか」

    淡「…………」

    淡「…………っ!////」ボンッ

    京太郎(この反応が見たかった)ガッツポーズ

    淡「え、えと、その!////」アセアセ 

    京太郎「うん?」ニヤニヤ

    淡「だから、えっと……!」アワアワ

    京太郎(……そろそろいいか)

    京太郎「悪い、淡。じょーー」

    淡「きょ、きょーたろが!その、やりたいって言うなら私は……いいよ?////」

    京太郎「」

    淡「……」パク

    淡「はい、きょーらろ」ウーン

    京太郎(あっれー?)ボーゼン

    京太郎「え、えーと……」

    淡「きょーらろ、はふかひいから……はやふ////」カァァ

    京太郎「んっ」パク

    淡「んっ……」チュッ

    京太郎「…………」モグモグ

    淡「ど、どうだった?////」

    京太郎「うん?もちろん、おいしいぞ?」

    淡(いつもより甘かったような……気のせいだよな)

    淡「あ、いや、そうじゃなくて////」

    京太郎「?」

    淡「じょ、上手にできてた?////」カァァ

    京太郎「……ぶはっ!」ハタヂ

    淡「えっ、きょーたろ!?大丈夫?」アセアセ

    京太郎(いっけね……変なこと想像した……////)

    淡「だ、大丈夫?顔赤いし……」

    京太郎「だ、大丈夫だ。鼻血は男の健康の印だからな」

    淡「?」キョトン

    京太郎「ほら、続き食べようぜ?」

    淡「うん……」チラッ

    京太郎「…………」モグモグ

    淡「…………」チラッチラッ

    京太郎「えっと、なに?」

    淡「っ!な、なんでもない!」アセアセ

    京太郎「なんでもなくないだろ?そんなにチラチラみて」

    淡「う、うぅ……」ナミダメ

    京太郎「ほら、遠慮すんなって」ナデナデ

    淡「……えっと」

    淡「わ、私にも口移し……してほしいな////」


    完




    『男女合同体育のあと二人で体育倉庫へGoしてた』

    体育中。

    淡「…………」ムスー

    淡(……最近、部活ばっかりできょーたろと遊べてない)

    モブ「…………」アセアセ

    京太郎「♪」

    淡「……」イライラ

    淡(なのに、きょーたろはなんともなさそうだし!)

    モブ「……す、須賀!」アセダラダラ

    京太郎「うん?」

    モブ「ど、どうにかしろ!」ナミダメ

    京太郎「……なにを?」

    モブ「大星さんの機嫌をだよ!」

    京太郎「……なんで俺に言うんだ?」アセアセ

    モブ「なんで?一つしかないだろ!」

    京太郎「!」

    京太郎(もしかして、バレてる?)

    モブ「二人とも体育委員だろ!?」

    モブ他「……アホや」

    京太郎「……」

    京太郎(なんだ……)ホッ

    京太郎「あぁ、努力してみるよ」


    授業後。

    先生「おーい、須賀、大星」

    京太郎「はい」

    淡「はい」ムスー

    先生「……えっと、大星?どうかしたか?」アセアセ

    淡「べつに……」

    先生「そ、そうか?えっと、二人は体育委員だろ?だからこの道具を倉庫に片付けておいてほしいんだ」

    淡(……これ、使える?)

    京太郎「えっ、そのくらいなら俺一人でやりますよ?」

    先生「そうか?まぁ、女の子に力仕事は駄目だもんな」アハハ

    京太郎「ですね」アハハ

    淡「……私も手伝う」ボソッ

    先生・京太郎「え?」

    淡「だから、私も手伝うって言ったの!」

    先生「っ!」ビクッ

    京太郎「あわ……大星さん?別に無理しなくてもいいんだぞ?」

    淡「いいの!私がやりたいって言ってるんだから!ですよね、先生!」

    先生「私も2人でやるべきだと思うぞ?」

    京太郎(こいつ……)


    体育倉庫

    京太郎「なぁ、淡?」オドオド

    淡「何?須賀くん」

    京太郎「えっ……」

    淡「……須賀くん、まだ片付け終わってないよ?」

    京太郎「……あ、はい」

    ーーーー

    ーー

    京太郎「これで終わりか?」

    淡「これで終わりだね」

    京太郎(さぁ、早く着替えて飯にするか)


    ピシャッ

    京太郎「へ?」

    淡「…………」

    京太郎「え、えーと、淡さん?なんで閉めたんですか?」

    淡「…………」テクテク

    京太郎「…………」アセダラダラ

    淡「……」ギュッ

    京太郎「……へ?」

    淡「……やっと」

    淡「やっと2人っきりになれた」ギュッ

    京太郎「……淡」

    淡「最近、部活ばっかりで2人っきりになれなかったから……」

    京太郎「それでここに?」

    淡「……2人っきりになりたかったんだもん。悪い?」ジト

    京太郎「……いえ、まったく」

    淡「なら問題ないね」ギュッ

    京太郎「あ、でも汗かいてるのにいいのか?」アセアセ

    淡「……っ!」バッ

    淡「ご、ごめん……その////」

    京太郎「悪い、臭かったよな」

    淡「え?そんなことないよ?」

    淡(むしろいい匂いだったし……)

    京太郎「えっ?じゃあ何で離れたんだ?」

    淡「……私も、その、いっぱい汗書いちゃったから////」

    京太郎「……なるほど。俺は気にしないぞ?」

    淡「私が気にするの!////」

    京太郎「……」ギュッ

    淡「!? ちょ、きょーたろ!ダメ!」アセアセ

    京太郎「…………」スンスン

    淡「ちょっ!や!ダメだって////」ジタバタ

    京太郎「いい匂いだぞ?」

    淡「そういう問題じゃないんだってば////」

    京太郎「汗かいてても、土とかでドロドロでも俺は構わないよ」

    淡「うぅ……////きょーたろ、変態過ぎる////」カァァ

    京太郎「淡の彼氏だからな」

    淡「……それ、私も変態みたいじゃない?」ジト

    京太郎「淡も変態だろ?」

    淡「違うわよ!」

    京太郎「本当か?」ニヤッ

    淡「……なによ」

    京太郎「…………」チュッ

    淡「!?な、ななな!////」

    淡「んっ、や、やめ!首……弱いんだから……んっ」

    京太郎「……少ししょっぱいな」

    淡「た、体育の、後なんだから……んっ、だ、だめぇ……」

    京太郎「…………」ペロ

    淡「……っ」ビクッ

    京太郎「……可愛いよ、淡」チュッ

    淡「んっ!きょ、きょーた、ろ……や、やめ……」ペタン

    京太郎「うん?どうした?」ニヤニヤ

    淡「あ、足に力、入らなくなっちゃった……」

    京太郎「そっか」ジリジリ 

    淡「……それ以上近付いたら怒るよ?」

    京太郎「体育倉庫に連れ込んだのは淡だろ?」

    淡「っ!」

    京太郎「淡も少しは期待してたんだろ?」

    淡「そ、そんなこと……////」

    京太郎「んっ」チュッ

    淡「んっ、きょーたろ……」チュッ

    京太郎「……やっぱり淡も変態だな」

    淡「……違うもん」プイ

    京太郎「そういう割には抵抗しないんだな」

    淡「…………」カァァ

    京太郎「淡……」グッ

    淡「きょーたろ……」ドサッ

    京太郎「……いいか?」

    淡「……聞かないでよ、ばか……////」

    京太郎「淡……」

    淡「きょーたろ……」

    モブ「大星さん、須賀くん、います?」ガラッ

    京太郎・淡「!?」


    完



    『二人きりで仲良くダーツしてた 』

    淡「きょーたろ、どこにする?」ワクワク

    京太郎「うーん……。候補が多すぎて困るなぁ」

    淡「だよねー」グデー

    京太郎「上は北海道から下は沖縄まで。行きたい所が多すぎて選べん」

    淡「でも、早く予定立てないと泊まれる場所なくなっちゃうよ?」

    京太郎「だよな……。高校生2人の旅行だと泊まれる場所は限られちゃうし」

    京太郎・淡「うーん……」


    数分後。

    淡「ダーツで決めよう!」キリッ

    京太郎「……どこの番組だよ……」

    淡「えぇー……いいじゃんいいじゃん」ブーブー

    京太郎「まぁ、いいけどさ……」

    淡「じゃあ、早速やるよー」


    世界地図

    京太郎「……淡さん?」アセダラダラ

    淡「うん?」キョトン

    京太郎「……俺たちはどこに行くつもりですか?」アセダラダラ

    淡「国境まで越えてみせようよ!」

    京太郎「いやいや……海外は無理だろ……」

    淡「まぁまぁ、とりあえずやってみよ!えいっ」

    京太郎「……」

    淡「どこになった?」

    京太郎「えっと……アルジェバイジャン?」

    淡「えっと、どこそれ……」

    京太郎「さぁ?」


    候補1 アルジェバイジャン

    淡「あと二回くらいやるよー」

    京太郎「頼むから次は日本地図にしてくれ……」

    淡「分かってる♪えいっ」

    京太郎「……」

    淡「きょーたろ、今度はどこ?」

    京太郎「……太平洋だな、それ以上説明できん」

    淡「……島ですらないじゃん……」

    京太郎「……次、決めるか」


    候補2 太平洋(真ん中辺り)

    淡「あんまり候補が多くてもあれだから、次が最後!」

    京太郎「……だな」

    京太郎(今の所、まともな旅行先ないけどいいのだろうか……)

    淡「3度目の正直!えいっ」

    京太郎「……あっ」

    淡「ど、どこになった?」

    京太郎「……信濃川だな」

    淡「信濃川?」

    京太郎「……あぁ」


    候補3 信濃川

    京太郎「さぁ、どこに行こうか」

    淡「京太郎はどこがいい?」

    京太郎「……いやいや、信濃川以外にまともな旅行先ないじゃん!」

    淡「えぇー、少し冒険してみようよ!」

    京太郎「頼むからこんな時に芸人魂もたないでくれ……」

    淡「誰が芸人よ!」プンスカ

    京太郎「せっかくの旅行だしさ、良い思いで作りたいだろ?」アセアセ

    淡「まぁ、そうだけど」ブーブー

    京太郎「……じゃあ、逆に淡はどこか行きたい所あるか?」

    淡「そうだね……。海外とか行ってみたい……あっ」

    京太郎「うん?どうかした?」

    淡(たしか、きょーたろの実家って)

    淡「ね、ねぇ」

    京太郎「うん?」

    淡「そ、そのきょーたろの実家って、信濃川ちかい?////」

    京太郎「近くはないな。まぁ遠くもないけど」

    淡「そ、そっか」ソワソワ

    京太郎「?」

    淡「……決めた。信濃川にする」

    京太郎「まじか。まぁ淡がそれでいいなら構わないけど。俺もあそこなら案内できるし」

    淡「……うん」

    京太郎「じゃあ、次は宿決めないとな」

    淡「あ、そ、そのこと、なんだけどさぁ……」オドオド

    京太郎「うん?」

    淡「……い、良い機会だし、きょーたろの実家に行きたいなぁ////」



    完?



    【番外編】長野旅行編!
    『前日、そして待ち合わせ!』

    淡宅

    淡「……着替え持った、洗面道具持った、パジャマ持った、お金も……よし!」

    淡「明日からきょーたろと旅行かぁー。楽しみ過ぎて寝れないかも」クスッ

    淡「きょーたろも今頃同じこと考えてるのかな?」

    淡「……そうだといいなぁ」


    京太郎宅

    京太郎「荷物は……これでいいか。あとは向こうにあるし」

    京太郎「よし、明日も早いし寝るか!」

    京太郎「……親に淡のこと聞かれるのが面倒だな……」

    ーーーー
    ーーー
    ーー

    当日。最寄り駅ホーム

    淡「むぅー、おはよぉー」ウトウト

    京太郎「おはよう……って淡?どうしたんだ?」

    淡「……き、昨日あんまり寝れなくて」メゴシゴシ

    京太郎「なんだ?もしかして、俺と2人っきりで旅行できるのが楽しみで興奮して寝れなかったのか?」ニヤニヤ

    淡「……うん」

    京太郎「えっ?」

    淡「……なによ」

    京太郎「あ、いや、なんでも?」アセアセ

    淡「絶対子供とか思ったでしょ?」プクー

    京太郎「ないない!」

    淡「どーせ子供ですよーだ」プイッ

    京太郎「ほ、ほんとに思ってないって」アセアセ

    淡「ふん」ツーン

    京太郎「……」

    淡「……」チラッ

    京太郎「……」

    淡「……」チラッチラッ

    京太郎「……淡?」

    淡「……ふん」ツーン

    京太郎「……ごめんな」ナデナデ

    淡「……なにがごめんなの?」ジト

    京太郎「子供扱いして」

    淡「……ほんとだよ。私、子供じゃないもん!」プンプン

    京太郎「ごめん」ナデナデ

    淡「んっ……ど、どーしよっかな?」

    京太郎「……どうしたら許してくれる?」

    淡「うーん……。ぎゅってしてほしいな」

    京太郎「え゛っ」

    淡「……なに?」ジト

    京太郎「……ここでか?」

    淡「そうだよ?」

    京太郎「人が多いっていうか……微妙に同級生とかいるだが……」

    淡「……だ、だから?」

    京太郎「か、隠すんじゃなかったのか?」

    淡「……もう、モブ達にはバレてるし……今更じゃない?」

    京太郎「そ、それはそうだけど……」

    淡「私に許して貰うのと皆に隠すのとどっちが大切?」

    京太郎「淡に許してもらうことだ」キリッ

    淡「なら、はい!」

    京太郎「……わかったよ」ギュッ

    淡「……きょーたろ暖かいね」


    アノフタリ、マタヤッテルヨー

    京太郎「そ、そうか?」

    淡「うん」ギュッ

    京太郎「……そっか」

    淡「♪」

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎「……なぁ?」

    淡「うん?」

    京太郎「……いつまで抱きしめてればいいんだ?」

    淡「きょーたろの判断に任せようかな?私が許してくれたと思ったら離していいよ?」ギュッ

    京太郎「……そうするといつまでも離せないんだが」

    淡「ふーん。私ってそんなに根に持つタイプに見える?」

    京太郎「いや、ただ俺がこうしていたいだけ。だから暫く許さなくていいや」

    淡「……ばか」

    京太郎「そうそう、俺は馬鹿だぞー」

    淡「もう……」タメイキ

    淡「お望み通り、しばらく許してあげないから♪」ギュッ



    『電車内。そして到着』

    淡「♪」

    京太郎「本当に楽しそうだな」

    淡「当たり前だよー。だって長野だよ?旅行だよ?楽しいに決まってるじゃん♪」

    京太郎「でも、向こうは寒いぞ?」

    淡「大丈夫大丈夫!私、こう見えても寒さに強いんだよ?狐さんだよ?」

    京太郎(淡は狐っていうより猫だと思うが……)

    淡「それに……」

    京太郎「それに?」

    淡「さっきも言ったけど、京太郎と行く初めての旅行だから////」

    京太郎「恥ずかしいなら言わなきゃいいのに」

    淡「いいでしょ!減るもんじゃないんだから」プンプン

    京太郎「怒らない怒らない」ナデナデ

    淡「……ナデナデすれば何でも許されるって思ってない?」ジト

    京太郎「…………」ギクッ

    淡「いつも私を怒らせたら頭撫でてるよね?」ジト

    京太郎「そ、そんなことないぞ?」アセアセ

    淡「……言っておくけど、私はそんなに単純じゃないよ?」ジト

    淡「怒るときは怒るんだからね」

    京太郎「…………」ジー

    淡「……な、なによ」

    京太郎「……淡って髪綺麗だよな」

    淡「……へっ?」

    京太郎「それに肌も綺麗だ。柔らかいし」

    淡「ちょ、ちょ!いきなりなによ!?」カァァ

    京太郎「いや、思ったことを口にしただけだが?」

    淡「き、急にそんなこと言わないでよ////」

    京太郎「淡、顔真っ赤だな」クスクス

    淡「きょーたろのせいでしょ!」ムキー!

    京太郎「ごめんごめん」ナデナデ

    淡「もう!……うにゅ」フニャン

    京太郎「…………本当、淡と付き合えてよかったよ」

    淡「私もきょーたろと付き合えてよかった////」

    京太郎「これからもよろしくな」

    淡「うん♪」

    京太郎「…………」

    淡「……あれ?そういえば何でこんな話になったんだっけ?」キョトン

    京太郎「……さぁ?」

    淡「なんか言ってた気がするんだけどなー?」ウーン

    京太郎「たぶん、忘れるくらいだから大したことじゃねぇよ」

    淡「……だね♪あ、きょーたろ!お昼食べよーよ。私お腹すいちゃった」

    京太郎「そうだな」

    京太郎(ちょろいな……)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    長野到着。

    淡「……さ」

    京太郎「さ?」

    淡「寒い!」ガクガク

    京太郎「えぇー」

    淡「なんでこんなに寒いの!?」

    京太郎「な、長野だからかな?」

    淡「うぅ……」ガクガク

    京太郎「……狐じゃなかったのか?」

    淡「っ!……そ、そうだよ?な、なんともないよ?」ガクガクブルブル

    京太郎「……」

    淡「……な、なによ」ナミダメ

    京太郎「これでも着ろよ」
    (コートを羽織らせる)

    淡「あ、ありがとう……。でも、京太郎はいいの?」

    京太郎「あぁ、俺は狐だからな」ニヤッ

    淡「その話はもういいでしょ!」

    京太郎「……さて、実家に荷物置きにいくか」スタスタ

    淡「ちょっと!無視しないでよー!」ムキー


    『実家と主』

    京太郎宅前

    淡「……すー、はぁー」

    京太郎「……そんなに緊張しなくてもいいんだぞ?もっと気楽に」アセアセ

    淡「そ、そそそ、そだね!よ、よし、いきょう!」

    京太郎「…………」

    淡「…………」

    京太郎「……どうする?」

    淡「……もう少し時間ください」ドゲザー

    京太郎(麻雀で大将やったときですら緊張なんてしてなかったのになぁ……)

    淡「……きょーたろぉ」ウルウル

    京太郎(どうしてこうなるんだ……)

    京太郎「……ほら、いくぞ?」テヲツカム

    淡「えっ!まって、まだ心の準備がぁあああーー」

    京太郎「そんなのいつまで経ってもできないだろ?ほら、いくぞ」グイグイ

    淡「あーうぅーー……」ズルズル

    京太郎「ただいまー」ガラガラ

    母「あら、お帰りなさい。早かったわね」

    京太郎「あぁ、なんかバスがすぐ来たから思ったより早くついた」

    母「そうなの♪……それで?」

    京太郎「うん?」

    母「だから、京太郎の言ってた女の子よ♪」

    京太郎「…………」チラッ

    淡「……」コソコソ

    母「あら?京太郎の後ろに隠れちゃって……どうかしたの?」

    京太郎「……緊張してるんだよ」

    母「そうなの?可愛いわねぇ♪」

    京太郎「……ほら、淡?」マエニダス

    母「あら、綺麗な子じゃない」

    京太郎「ほら、淡」

    淡「……は、はじめまして!きょーたろさんとお付き合いさせてもらってる大星淡といいまちゅ!」

    京太郎「…………」

    淡「……////」カァァ

    母「……ぷっ」クスクス

    京太郎・淡「?」

    母「ごめんなさいね、あなた達を見てると昔の私達を思い出しちゃって」クスクス

    京太郎(……嘘付け)

    母「えっと、淡ちゃん?」ホホヲツネル

    京太郎「いててて!」ジタバタ

    淡「は、はい!」

    母「京太郎の母の○○です。今日はわざわざ遠くからありがとうね」グググ

    京太郎「ご、ごめんって!」

    淡「い、いえ!こちらこそありがとうございます!」ペコッ

    母「狭いところだけどゆっくりしていってくださいね?」テヲハナス

    淡「あ、はい。ありがとうございます!じゃ、じゃあお邪魔します」

    京太郎「……あぁ、ちぎれるかと思った……」ホホヲサスル


    客間

    母「今お茶持ってくるから炬燵でも入ってくつろいでてくださいね」

    淡「ありがとうございます……暖かい♪」モゾモゾ

    京太郎「ふぅ……」

    淡「?きょーたろ、どうかした?」

    京太郎「あ、いや。母さんに淡のこと聞かれるじゃないかって身構えてたからさ」

    淡「そ、そっか」テレテレ

    京太郎「なんで嬉しそうなんだよ……」

    淡「♪」

    京太郎「まぁいいや。とりま、親の前でノロケとか無理だからな。安心したよ」

    母「そんなこと心配してたの?大丈夫よ?これから沢山聞くから♪」

    京太郎「どわぁあ!」

    淡「っ!」アワアワ

    母「もう、落ち着きのない子ね」タメイキ

    京太郎「母さんのせいだろ!」

    母「それで?2人はいつからお付き合いしてるの?」ワクワク

    京太郎「聞いてねぇし!」

    淡「え、えっと、その……」

    京太郎「淡はそういうの聞かれるとオーバーヒートするからーー」

    淡「えっと、さ、3ヶ月前です////」

    京太郎「答えるの!?」

    母「あら、まだ最近なのね♪羨ましいわ」

    淡「い、いえ」カァァ

    母「あら、顔真っ赤にしちゃって可愛いわねー♪」

    京太郎「……」

    京太郎(この流れは……まずい)

    母「京太郎、あなたどうやってこんな可愛い子を落としたの?」

    京太郎「……成り行きだよ。もういいだろ?ほら、この話は終わり!」

    淡「……」カァァ ウツムキ

    母「成り行きであんたみたいな子にこんな可愛い子が付き合ってくれるわけないでしょ!?なにしたの!」

    京太郎「ひどい言い草だな!なにもしてねぇよ!」

    淡「え、えっと!」アワアワ

    母「うん?どうかした?」

    淡「その、きょーたろが、私を不良から守ってくれたのがきっかけです////」

    京太郎「!?」

    母「またベタな展開ね」

    京太郎「あ、淡さん?」アセアセ

    母「それでそれで?どっちから告白したの?」メキラキラ

    淡「き、きょーたろから……うにゃ////」プシュー

    京太郎「ちょ、やめ!」

    母「あら意外。どんなシチュで告白されたの?」

    淡「えーと、教室でーー////」

    京太郎「いい歳してシチュとか言うな!そして淡も答えるな!」アセアセ

    母「教室で?」ワクワク

    淡「教室でいきなり抱きしめられて『オレのオンナになってくれ』って////」

    母「あら素敵じゃない♪」

    京太郎「」

    母「それで、淡ちゃんはなんて返事を?」

    淡「えっと、『私でよければ』って」カオマッカ

    母「そしてそこでキス?」

    淡「えっ!?き、キスはそこではしてないです!」アセアセ

    母「もったいない……なかなかないシチュエーションよ?」

    淡「あ、あの時は……その、告白だけでスッゴく嬉しかったので////」カァァ

    母「じゃあキスはいつ?」

    京太郎「!?」

    淡「え、えっと」アセアセ

    京太郎「ストープッ!」
    (淡の口を手で覆う)

    淡「先週ーーわっ!」グラッ

    京太郎「ご、ごめん大丈夫か?」

    淡「……いったーい」アタマサスル

    京太郎「悪い……って?」

    淡「……へ?」

    母「あらあら、京太郎も一人前の男になってたのね♪」

    京太郎「…………」
    (淡を押し倒している構図)

    淡「……」
    (京太郎に押し倒されている構図)

    淡「あ、ちょ、その!」アワアワ

    京太郎「すまん、事故だ!」アセアセ

    母「でも、時間にしては早いわよ?まぁ、止めないけど♪」

    京太郎「違うからな?つか、どう見ても事故だろ!?」タチアガル

    母「ごゆっくりー」

    京太郎「だから違うっての!」

    淡「……きょーたろに、お、おおお押し倒されて……きゅー////」ボフンッ


    『母は出かけて……』

    淡「うーん……」ゴロ

    京太郎「おっ、起きたか?」

    淡「……あれ、わたし……」ゴシゴシ

    淡「……なんで京太郎に膝枕してもらってるの?てか、あれ?なんで寝てるの?」キョロキョロ

    京太郎「……オーバーヒートして気失ってたんだよ」

    淡「……あ、あぁー、京太郎に押し倒されて気失っちゃったんだ、私……」

    京太郎「大変申し訳なかった」ハンセイ

    淡「……別に怒ってないよー。事故だもん♪少し恥ずかしかったけど////」

    京太郎「……俺もすっごい恥ずかしかったからお互い様だな」

    淡「だね♪……ところで、お母さんは?」キョロキョロ

    京太郎「あ、あぁ、母さんなら買い物に出かけたぞ?18時ちょうどに帰ってくるってよ……」

    淡「?なんでそんなに時間を強調したの?」キョトン

    京太郎「……さぁ?」

    淡「まぁ、いっか。他に何か言ってなかった?」

    京太郎「…………」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「おーい、淡?おきろー」ペシペシ

    母「疲れもあるだろうし寝かせてあげなさいよ」

    京太郎「まぁ、そうだけどさ……淡のことだから夜寝れなくなったりするかもだし」

    母「夜寝るつもりなの?」

    京太郎「おい……どういう意味だ」

    母「……さーてと、可愛い淡ちゃんのために信州そばでも作ろうかしら♪」

    京太郎「話を聞けよ……」

    母「あら、材料足りないわね。京太郎、お母さん買い物行ってくるわね」

    京太郎「……はぁ。おう、いってらっしゃい」

    母「18時ちょうどに帰ってくるからそれまでに片づけておくのよ?」

    京太郎「だからどういう意味だ!」

    母「じゃあ行ってくるわねー」ガラガラ ピシャッ

    京太郎「あ、待てって!」

    ーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「…………」

    淡「……きょーたろ?」

    京太郎「な、何も言ってなかったぞ?」アセアセ

    淡「そ、そう?ならいいんだけど」

    京太郎「お、おう」アセアセ

    淡「……」

    京太郎「……」

    京太郎(やっべ、母さんが変なこと言うから変に意識してるぞ俺……)

    淡「……きょーたろ」

    京太郎「な、なんだ!?」

    淡「今何時かわかる?」

    京太郎「……へっ?17時半過ぎだけど?」

    淡「そ、そっか////」

    京太郎「?」

    淡「……ならあと30分は、その、2人っきりってことだよね?」カァァ

    京太郎「!?」

    京太郎(まさか、これって……)

    淡「じゃあさ……」

    京太郎「は、はい!」ドキドキ

    淡「しばらくこのままでいいかな?////」

    京太郎「……はい?」

    淡「だから!その、膝枕しててくれない?////」

    京太郎(……ですよねー。分かっていたさ。だいたい純情な淡に限ってそれはないよな)

    京太郎「あ、あぁ、俺の膝でよけでばいくらでも」

    淡「ありがと♪」

    淡「きょーたろの膝枕、柔らかくて暖かい♪」

    京太郎(かわいい……)

    京太郎「…………」ナデナデ

    淡「にゃ!?」ビクッ

    京太郎「あ、ごめん」

    淡「あ、こっちこそごめん。急だったから驚いちゃって」

    京太郎「じゃあ、次からはちゃんと聞いてからにするな?」

    淡「うん♪」ニパー

    京太郎「じゃあ早速。淡、撫でていいか?」

    淡「いいよー」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「うにゅ……きょーたろのナデナデ気持ちいい♪」

    京太郎「それは良かった」ナデナデ

    淡「♪」ニャーニャー

    京太郎(あわいい……)


    『信州そば』

    母「淡ちゃん、味の方はどうかしら?」

    淡「あ、はい!すっごく美味しいです!」

    母「それはよかったわ♪まだ沢山あるから食べてね」

    淡「ありがとうございます♪」

    京太郎「…………」モクモグ

    母「京太郎、どうかしたの?」

    京太郎「いや……淡のこと気に入ってもらえてよかったなぁーって思って」

    母「あら、そんなこと気にしてたの?」

    京太郎「……一応な」プイッ

    淡「きょーたろ……」ジーン

    母「もう、文句あるわけないでしょ?こんな良い子なのよ?」

    母「しかもこんなに可愛いのよ?やっこいのよ?気に入らない要因がないわよー」ダキッ

    淡「にゃ!?」ビクッ

    母「私って昔から娘がほしかったのよー。だから娘ができたみたいで嬉しいわ♪」ナデナデ

    淡「んっ……ちょ……」ジタバタ

    京太郎「淡……遠慮はいらん。しっかりした人間関係を築くには拒絶も大事だぞ?」

    母「……あら、ごめんなさいね。可愛いからつい」パッ

    淡「あ、いえ。ただ急だったので」アセアセ

    京太郎「まだその癖治ってないのか?」

    母「そうなのよー♪」テレテレ

    京太郎「……」イラッ

    淡「……癖?」

    京太郎「あぁ、昔から気に入った可愛いものに抱きつくんだ。執拗にな」

    淡「そ、そうなんだ……」

    京太郎「だから我が家で唯一、カピに好かれてないんだ」

    淡「へ、へー……」

    母「もう、そんな言い方しなくてもいいのに」プンスカ

    京太郎「…………」イラッ

    母「淡ちゃーん、沢山あるからどんどん食べてねー」

    淡「へ?あ、はい。ありがとうございます」ペコッ


    食後。

    母「京太郎、淡ちゃん、お風呂沸いたから先にどうぞ?」

    淡「え?お母さんが先に入ってください。私は最後でいいので」アセアセ

    母「あら、お母さんだなんて♪もうその気なのね♪」

    淡「っ!」カァァ

    母「もう、可愛いわね」ナデナデ

    淡「あ、あうあう……」カオマッカ

    母「淡ちゃん、今日は長旅で疲れてるでしょ?だから先に入って疲れをいやしてちょうだい♪」

    京太郎「淡、母さんがこう言ってるだし」

    淡「あ、うん。じゃあお言葉にあまえて」

    母「はい。2人とも、ごゆっくり♪」

    淡「はい。ありがとうございま……うん?」


    京太郎「……なぁ、母さん」

    母「なに?」

    京太郎「その言い方だと、一緒に入るみたいに聞こえるんだが……」

    母「えっ……入らないの?」キョトン

    京太郎「はいらねぇよ!」

    淡「……」カァァ

    母「……2人は付き合ってるよね?」

    京太郎「……あぁ」

    母「3ヶ月目よね?」

    京太郎「……そうだよ」

    母「……」

    京太郎「……なんだよ」

    母「……なんで入らないの!?」

    京太郎「文脈おかしいだろ!3ヶ月目と風呂がつながらねぇよ!」

    母「……あはっ♪」

    京太郎「」

    淡「き、きょーたろと……お、おおお、お風呂って……////」プシュー

    京太郎「あ、淡、落ち着け!母さんの達の悪い冗談だ!」

    母「まぁ、それは2人にまかせるわ!私は部屋にいるから終わったら呼びにきて」ジャーネー

    京太郎(散々言っていなくなりやがった……)

    京太郎「……」

    淡「……」ウツムキ

    京太郎「……」チラッ

    淡「……」チラッ

    京太郎「っ!」メソラシ

    淡「っ!////」メソラシ

    京太郎・淡(き、気まずい!)


    『須賀家の伝統』

    京太郎「ふぅー、なんか疲れたな」

    京太郎「……成り行きで先に風呂入ったけど、よくよく考えたら淡を先に入れるべきだったな……」

    京太郎「早くあがって淡に変わってやろう」ザパー

    コンコン

    京太郎「うん?」

    淡「き、きょーたろ?」

    京太郎「あ、淡!?どうかしたか?」アセアセ

    京太郎(まさか、入ってくる訳じゃなよな?)

    京太郎(……いやいや。淡に限ってそんなことするわけないか。あの純情の淡に限ってそんなこと……)

    京太郎(いやまて、逆にか!?逆にくるのか!?)


    妄想タイム。

    淡「し、失礼しまーす////」

    京太郎「……どうした?」

    淡「そ、その……きょーたろの背中を流そうかなって……」カァァ

    京太郎「……なんでだ?」ニヤニヤ

    淡「なんでって……分かってるくせに……////」

    京太郎「淡の口で言ってもらいたいんだ」

    淡「う、うぅ……////きょーたろのばか……」カオマッカ

    京太郎「……ごめん、冗談だ」

    淡「むぅー」

    京太郎「ごめんって」クルッ

    淡「ッ!?だ、駄目!こっち向いちゃ駄目!」グイッ

    京太郎「なんでだ?」

    淡「今、タオル一枚だから……恥ずかしいよ……////」

    京太郎「……淡は俺の裸を見ているのに俺はタオル一枚の姿すら見ちゃいけないのか?」

    淡「っ!……駄目!今見られたら恥ずかしくてきょーたろの顔見れなくなっちゃうよ……////」

    京太郎「大丈夫だって」クルッ

    淡「だ、駄目!」グイッ

    淡「見られたらもうきょーたろの顔見れなくなっちゃうよ?それでもいいの?」アセアセ

    京太郎「それは困るな」

    淡「でしょ?だからこっち見ちゃ駄目だよ?」

    京太郎「りょーかい」

    淡「……じゃあ、早速背中流すね?」

    京太郎「おう、頼むよ」

    淡「じゃあ、失礼します」ゴシゴシ

    京太郎「もう少し強く擦ってもいいぞ?」

    淡「え、そう?こう?」ゴシゴシ

    京太郎「……もうちょい早く」

    淡「こ、こう?」ゴシゴシ

    京太郎「そんな感じ」

    淡「ど、どう?気持ちいい?」ゴシゴシ

    京太郎「あぁ、気持ちいいよ」

    淡「よかった。初めてだったからさぁ」

    京太郎「俺も初めてだから」

    淡「だ、だよね」ゴシゴシ

    淡「……え、えーと、痒いところまりますか?」ゴシゴシ

    京太郎「それ、髪の毛洗うときじゃね?」

    淡「べ、別にいいでしょ?////ほら、ないの?」

    京太郎「とくにないかな?」

    淡「はーい」ゴシゴシ

    淡「はい、おしまい♪」

    京太郎「サンキュー。じゃあ次は前を頼もうかな?」

    淡「!?」

    京太郎「え?」ニヤニヤ

    淡「ま、まままま前!?」カァァ

    京太郎「前だ」ニヤニヤ

    淡「ま、前はその!洗おうとするときょーたろに見られちゃうっていうか!」アセアセ

    京太郎「やってくれないのか?」

    淡「うぅー」ナミダメ

    妄想終了。


    京太郎「淡、どうしたんだ?」

    淡「えっと、タオルと着替え持ってきたの」

    京太郎「……あぁ」

    京太郎(そういえば忘れてた……)

    淡「こ、ここに置いておくね?」

    京太郎「おう、サンキュー」

    京太郎(やっぱり妄想通りにはならないか)

    淡「……じゃあ、失礼しますね?」ガラガラ

    京太郎「おう…………えっ」

    淡「し、失礼しまーす////」

    京太郎「な、ななな、なにやっとんじゃー!」アセアセ

    淡「そ、そんなに取り乱さないでよ。これも必要なことなんだから!」アセアセ

    京太郎「意味が分からん!」アセアセ

    淡「いいから!きょーたろは大人しく私に背中を流させて!」グイッ

    京太郎「…………」ボーゼン

    淡「じゃあ、始めるね?」ゴシゴシ

    京太郎「…………」

    淡「ど、どうかな?」

    京太郎「……」

    淡「な、なにか言ってよ……」

    京太郎「……い、いい感じです」

    淡「よかった♪」ゴシゴシ

    京太郎(な、なんだこの状況……妄想した通りになってるぞ!?……いや、微妙に違うけどさ)

    淡「はい、おしまい」

    京太郎「……おう、サンキュー」

    京太郎(実際にされると緊張するんだな……。妄想中の俺すげー……)

    淡「じゃあ、次は……前」ボソッ

    京太郎「……は?」アセダラダラ

    淡「だ、だから、前!洗うの!」カァァ

    京太郎「落ち着け。前はいい。自分でやる」

    淡「だ、駄目!前もやるの!」

    京太郎「なんでだ!」オロオロ

    淡「わ、私達のためにだよ////私も恥ずかしいんだから我慢!」カオマッカ

    京太郎「いやいや!」

    淡「ほ、ほら!」
    (京太郎の脇の下から手を伸ばす)

    京太郎「あ、ちょ!」

    コツン

    淡「……へっ?」キョトン

    京太郎「」

    淡「……今、なにか硬いものにぶつかったような……」

    京太郎「あ、淡!背中が痒くなってきたからもっかい流してくれないか!」アセアセ

    淡「え?あ、うん。いいよ」ゴシゴシ

    京太郎「…………」

    京太郎(煩悩退散煩悩退散煩悩退散……)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「は、はい、これでおしまい」カオマッカ

    京太郎「お、おう」カオマッカ

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎(この沈黙がつらい……)

    京太郎「……さ、さーて、もう一回使ったら上がろうかな?」

    淡「そ、そうだね!ほら、早く入って入って」アセアセ

    京太郎「お、おう!」チャポン

    淡「失礼します」チャポン

    京太郎「…………」

    淡「…………」

    京太郎「…………」アセダラダラ

    淡「な、なにか言ってよ……////」

    京太郎「……なんで入ってるんだ?」

    淡「わ、私達のためだよ!」

    京太郎「そ、そっかー」

    京太郎(煩悩退散煩悩退散煩悩退散!ってできるかー!!!)

    京太郎(背中に感じる柔らかい淡の肌!淡に背を向けているから分からないがたぶん背中!しかも裸!)

    京太郎(つまり俺たちは裸同士で背中をくっつけているってわけでーー)

    淡「き、きょーたろ?」オロオロ

    京太郎「私は紳士です!」

    淡「っ!」ビクッ

    京太郎「あ、ごめん」

    淡「う、ううん!大丈夫だよ!」

    京太郎「そ、そっかー」

    淡「……」

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎(この沈黙が耐えらんねー!!)

    京太郎「な、なぁ!」

    淡「は、はい!」

    京太郎「その、なんで入ってきたんだ?」

    京太郎(って!この質問しただろー!)

    淡「え、えっと!私達のためだよ!」

    京太郎「そ、そっかー。でもなんでこれが俺たちのためになるんだ?」アセアセ

    淡「えっ?だって伝統なんでしょ?」

    京太郎「……は?」

    淡「え?」

    京太郎「なんの伝統だ?」

    淡「え?須賀家の伝統なんでしょ?」

    京太郎「……なにが?」

    淡「背中流したり、一緒に風呂に入るのが」

    京太郎「…………」ポクポクポクポク

    京太郎「…………」チーン

    京太郎「あのクソばばぁ!」



    『俺の母はこんな人です』

    淡「…………」

    淡(ど、どうしよう……)

    淡(お母さんの冗談を真に受けちゃった私がいけないんだけど……だからって……////)

    淡(き、きょーたろとお風呂……入っちゃって……)

    淡「……////」カァァ

    淡(きょーたろの顔、恥ずかしくてみれないよー!!)カオマッカ


    客間。

    京太郎「……なにか言いたいことは?」

    母「そうね……。そろそろ、お風呂入りたいかな?」

    京太郎「……」イラッ

    淡「……////」ウツムキ

    母「もぉ、お風呂くらいで顔真っ赤にしちゃう淡ちゃんかわいいわ!」ダキッ

    淡「っ!」

    京太郎「やめい」チョップ

    母「あだ!」

    京太郎「少しは反省しろ」

    母「京太郎は細かいなぁー」ナデナデ

    京太郎「細かくない!だいたい、年頃の男女を一緒に風呂に入れる親がどこにいるだ!」

    京太郎「つか、なにさり気なく淡のこと撫でてんだよ!」

    母「なに?やきもち?」

    京太郎「ちがう!」

    母「淡ちゃん、良かったわねー」ナデナデ

    淡「……」プシュー

    母「またショートしちゃった?本当に可愛いわね♪あわいいわ!」

    京太郎「……はぁ」

    母「ため息つくと幸せ逃げるわよ?」

    京太郎「誰のせいだよ!」

    母「もぉ、怒ってばかりだとシワできちゃうよ?」

    京太郎「……」ボーゼン

    京太郎(もう、いいや……)

    母「さて、淡ちゃんがショートしちゃったから部屋に運ばないとね。京太郎、お姫様だっこで連れて行ってあげなさい」

    京太郎「……」ダキカカエル

    京太郎「……どこの部屋に運ぶんだ?」

    母「元あんたの部屋」

    京太郎「はいよ」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    母「さて、淡ちゃんは寝ちゃったし、久々に親子みずみらずね!」

    京太郎「……」

    母「もう、ツンケンしちゃって♪可愛いのは淡ちゃんだけでいいのよ?」

    京太郎「……」

    母「……冗談が通じないわね」タメイキ

    母「いつ以来かしらね。こうやって話すのは」

    京太郎「そういうのはいい。本題は?」

    母「あら、流石は私の子ね♪」

    京太郎「……」

    母「……京太郎」

    京太郎「……なんだよ」

    母「淡ちゃんとは真面目にお付き合いしてるの?」

    京太郎「……あぁ」

    母「そう。それを聞いて安心したわ。あの子、あんたには勿体無いくらい良い子だから大切にしてあげなさいよ?」

    京太郎「分かってる」

    母「ならいいわ」ニコッ

    京太郎「……」

    母「……」

    京太郎「……えっ?」

    母「?」

    京太郎「それだけ?」

    母「そうよ?」

    京太郎「……」

    母「さてと、私はお風呂入ってくるわね」

    京太郎「……」

    母「……京太郎」

    京太郎「……なんだよ」

    母「あなたなら分かってると思うけど、あなたはまだ子供よ?」

    京太郎「……」

    母「でも、体はもう立派な大人。働く事もできるし、子供だってその気になれば作れるわ」

    京太郎「……」

    母「京太郎、子供を産むってことはとても大変なの。子供に子供の親はできないの。だからーー」

    京太郎「……」

    母「作っちゃったらすぐに言いなさい?」

    京太郎「……」

    京太郎「…………は?」

    母「だから、セックスして子供作っちゃったら言いなさいよ?」

    京太郎「そういうことじゃなくて!普通、そうなる前にとめないか!?」

    母「……あなた、16歳になって童貞なんて駄目よ?男失格よ?」

    京太郎「あんたは親失格だよ!」

    母「こんなにあなたの事を考えてるのに」ナミダホロリ

    京太郎「」

    母「さーて、お風呂入ってくるわねー」タタタッ

    京太郎「…………」

    京太郎「言いたいことだけ言って逃げやがった……」

    京太郎「……まぁとりあえず寝るか。疲れたし。部屋行くか」

    京太郎「……」

    京太郎「あれ?俺、なんか忘れているような……」



    『夜は長いわけで……』

    自室。

    京太郎「……忘れてた」

    淡「んにゃ……」zzz

    京太郎「どうしたものか……」

    淡「ふにゅ……」zzz

    京太郎「……仕方がない、ベッド占拠されちゃったしリビングでーー」


    ガチャ。

    京太郎「……あれ?」ガタガタ

    京太郎「……なんで扉開かないんだ?」

    母声「私が反対側からつっかえ棒をとりつけたからよ!」タタタッ

    京太郎「」

    京太郎「……母さん?悪ふざけもそこまでいくと……って、もういない……」orz

    京太郎「……床に布団しいて寝れば問題ないよな?うん、問題ない」

    淡「もぉ、たべられないよー……にゅふふ」zzz

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「……う、うーん」メゴシゴシ

    淡「あれ、私ねちゃってた?」

    淡「……そうだ、お母さんにからかわれてヒートしちゃったんだ……。またきょーたろに迷惑かけちゃった」ショボーン

    淡「……てか、あれ?ここどこ?」キョロキョロ

    淡「きょーたろの部屋かな?ポスターとか貼ってあるし」

    淡「ってことはこのベッドもきょーたろの?」

    淡「…………」

    淡「……っ!////」ボフンッ

    淡(な、何考えてるの私!////)

    淡(だ、だいたい、きょーたろのだとしても、使ってたのは数ヶ月前だし!に、匂いとかするわけないじゃん!)カオマッカ

    淡「…………」

    淡「……」スンスン

    淡「……や、やっぱりないかぁ!」ハハハ

    京太郎「うーん……」ゴロン

    淡「あ、ごめんね、きょーたろ。うるさくて」

    淡「…………」

    京太郎「……」zzz

    淡「……へっ?」

    京太郎「……」zzz

    淡「……」

    淡(なんで同じ部屋で寝てるの!?)

    淡(え?え?どゆこと?)アセアセ

    淡(先に寝たのは私だから、きょーたろが自らここにきた?)

    淡「…………」

    淡「……え、えっと」カァァ

    淡(お、落ち着くのよ私!べ、別に何かあったわけじゃないんだから!と、ととととり乱すことはないよ!)

    京太郎「……」zzz

    淡「あ、あうあう////」キュー

    淡「と、とりあえず、服に乱れた所とかないし!何もないよね!うん!」 

    淡「……」

    淡「…………」

    淡(……無防備に寝てたのに何もされないなんて……)ガーン

    淡「……きょーたろのバカ」ボソッ

    淡「……」

    京太郎「……」zzz

    淡「……バカ」ペシッ

    淡「何で何もしないのよ」ペシペシ

    淡「べ、別に私は……その、きょーたろがしたい、なら////」

    京太郎「そうなのか?」

    淡「っ!?」ビクッ

    淡「き、きょーたろ!?お、おおおおきてたの!?」

    京太郎「……」

    淡「な、何か言ってよ……」ドキドキ

    京太郎「……」zzz

    淡「……へ?」

    京太郎「……」zzz

    淡「も、もしかして、寝言?」

    淡「……」

    淡「……本当は起きてるじゃないの?」ツンツン

    京太郎「……う、うーん」zzz

    淡「……今起きたら寝たふりしたこと許してあげるよ?」ツンツン

    京太郎「……」zzz

    淡「……ほ、本当に寝てる?」

    京太郎「……」zzz

    淡「……」

    淡「よ、よかったー」

    淡「もし、あ、あんなこと言ってるのきょーたろに聞かれたら恥ずかしくて死んじゃうよぉ」カオマッカ

    淡「……」

    淡「……なんで起きてないのよ」ペシペシペシペシ

    淡「もぉ……」プンスカ

    淡「……そういえば、きょーたろの寝顔見るのって初めてかも」

    淡「授業中に寝てるのは見るけど、顔伏せてるからなぁー。……意外に可愛いかも♪」

    淡「……」ジー

    京太郎「……」zzz

    淡「……寝てるんだよね?」

    淡「なら、少しくらい……いいよね?」ゴロン
    (京太郎の横に寝転がる)

    淡「……」

    淡(きょーたろの顔、可愛いなぁ。普段はかっこいいけど♪)

    淡(私、そんなきょーたろと付き合ってるんだよね)

    淡「……にゅふふ」ニヤニヤ

    淡「きょーたろ、大好きだよ」


    チュッ

    淡「……えへへ。きょーたろのセカンドキス勝手にもらっちゃった♪」

    京太郎「うーん」ダキッ

    淡「っ!」

    淡「き、きょーたろ!?」オロオロ

    京太郎「……」zzz

    淡「ね、寝相悪いんだぁ、きょーたろ」

    淡「……じゃなくて!きょーたろ、放してくれないとベッドに戻れないよ」

    淡「……っ!ち、ちょ、きょーたろ、どこさわって、るの?」カァァ

    淡「そんなとこ、やん、さ、触っちゃ、やぁ」

    京太郎「……」zzz

    淡「きょーたろ、や、やめ、んっ」

    淡「っ!き、きょーたろ、首!首に息が、んっ」モゾモゾ

    淡「だ、だめだって!そ、そんなに揉んだら……あん、だめだってばぁ」

    淡「首、弱いんだからぁ////」

    淡(ど、どうしよ……なんか変な気分になってきちゃった////)

    京太郎「……」zzz

    淡「はぁ、はぁ、き、きょーたろぉ……」

    チュッ

    淡「きょーたろぉ、んっ」チュッ

    淡「……きょーたろぉ」ギュッ

    チュッ

    淡「……ぜんぶ、き、きょーたろのせいなんだからね」チュッ


    『まぁ、そうなるよね』

    京太郎「……うーん、朝か」メゴシゴシ

    京太郎「今何時……って、まだ6時か……これならもう少し寝られるな」ギュッ

    京太郎「あぁ、やっぱり抱き枕っていいなぁー。暖かいし、柔らかいし……それに、なんかいい匂いがする」ギュッ

    京太郎「…………」

    京太郎「あれ?俺って抱き枕なんか持ってたけ?」チラッ

    淡「……」zzz

    京太郎「」

    淡「……うにゅ」zzz

    京太郎「……はっ!いかんいかんショートしてた」

    京太郎「じゃなくて、なんで淡と同じ布団で寝てんだ!?」

    京太郎「たしか、淡はベッドで寝てたはずだ……」

    京太郎(……淡が布団に潜り込んできたってことか!?)

    京太郎(つまり、それは……いやいや!まてまて!淡の事だからベッドから落ちて、みたいな落ちかもしれん!)

    京太郎(あ、いやでも……万が一……そういう意図があったとしたら……)

    京太郎「今からでもやるべき?」

    京太郎「って!うなわけあるかー!!」

    京太郎「仮にそうだったとして寝てる相手にとかありえねーよ!」

    京太郎(煩悩退散煩悩退散煩悩退散煩悩退散……)

    淡「……きょーたろぉ」ギュッ

    京太郎「っ!?」

    淡「……」zzz

    京太郎「……な、なんだ、寝言か」ドキドキ

    京太郎(しかし、淡に抱きつかれたせいで布団からでられなくなったな……)

    京太郎「あ、淡さーん、手、放そうねー」ソー

    淡「うーん、や……」ギュッ

    京太郎「おうふ……」

    京太郎(困った……)

    京太郎「……どうするべきか」

    京太郎「……」チラッ

    淡「……にゅふ」zzz

    京太郎「……」

    京太郎(……かわいい)

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「……♪」zzz

    京太郎「……」ドキッ

    京太郎「…………」キョロキョロ

    京太郎「……べ、別に平気だよ……な?」

    京太郎「は、初めてってわけじゃないしな!」


    チュッ

    京太郎「……寝てる彼女にキスするとか……」

    京太郎「……もう一回してもいいよな?」

    京太郎「……んっ」チュッ

    淡「……んっ、うーん?」

    京太郎「……あ」

    淡「……きょーたろ?」ボー

    京太郎「あ、淡、お、おおおはよう……」ドキドキ

    京太郎(……もしかして、バレたか?)

    淡「……おはよ」ニコッ

    京太郎「っ……お、おう」

    淡「もう……起きる時間?」メゴシゴシ

    京太郎「え?あ、いや、まだ平気だぞ?」

    淡「……そっかー、なら、もう……一眠り……」zzz

    京太郎「……」

    京太郎「俺って幸せだな」ボソッ



    『長野観光!』

    京太郎「…………」ダラダラ

    淡「……」ツーン

    京太郎「……えっと、淡さん?」

    淡「ふんっ」プイッ

    母「京太郎、あんた何したのよ……」

    京太郎「え?別に何もしてないぞ?」

    母「……」ジー

    京太郎「な、なんだよ」

    母「……」チラッ

    淡「……」ツーン

    母「……なるほどね」

    京太郎「え?理由わかるのか!?」

    母「大方の予想はつくわね」

    京太郎「お、教えてくれないか?」

    母「自分で考えなさい。……淡ちゃん?朝ご飯まで少し時間あるからそれまでこの辺見てきてら?」

    淡「?」キョトン

    母「京太郎の育った町よ?少し興味あるでしょ?」コゴエ

    淡「っ!は、はい♪」

    京太郎「?」

    母「じゃあ、京太郎、案内してあげて。私はご飯つくるから」

    京太郎「あ、あぁ……」チラッ

    淡「♪……っ!ふ、ふんっ!」プイッ

    京太郎(意味分からん……)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「…………」テクテク

    淡「…………」テクテク

    京太郎(気まずい……)

    京太郎「あ、淡?」

    淡「……なに?」ムスー

    京太郎「え、ええっと……ここが俺の通ってた小学校だ」

    淡「っ!……へ、へぇー」

    京太郎「家から近い所にあったからよく友達呼んで遊んだりしたんだよ」

    淡「そ、そうなんだ」キョロキョロ

    京太郎「校庭も広いし、よく野球とかサッカーとかやってたんだ」

    淡「……きょーたろって運動とかやるんだ?」

    京太郎「うん?まぁな。つか、俺ってスポーツとかやらない風に見えるか?」

    淡「見えなくはないけど……文学部のイメージがあるかな?麻雀部だし」

    京太郎「あぁ……でも、麻雀覚えたのって中3の後半だぞ?」

    淡「知ってるよー。きょーたろは麻雀まだまだだもん♪」

    京太郎「淡に言われたら言い返せない……。でも、俺だって少しずつだけど上手くなってるんだぞ?」

    淡「ほんとかなー?」ニヤニヤ

    京太郎「本当だって!そのうち淡にも追いついてやる!」

    淡「ふーん♪ならあとで私と打たない?私千点スタートでいいからさ」

    京太郎「……そこからひっくり返される自信あるわ……」

    淡「きょーたろだもんね♪」

    京太郎(良かった……機嫌よくなってくれたみたい)

    淡「?どうかしたの?」

    京太郎「うん?なんでもないぞ」

    淡「そう?……あ、ここはなに?」

    京太郎「あぁ、ここは俺の通ってた中学だな」

    淡「へー。って、ここ小学校よりボロくない?フェンスとか穴あいてるじゃん」

    京太郎「穴?……あぁ!これか。これ、俺が一年の時からあいてるんだよ。懐かしいなぁ。よく、ここから学校潜り込んだっけ」

    淡「きょーたろ、悪ガキだったの?」

    京太郎「いや、違うけどさ。夜の学校って楽しそうじゃん?」

    淡「ざ、青春って感じだよね。夜の学校って」

    京太郎「そうそう!よく警備の人に追いかけ回されてたっけ」

    淡「見つかるなんてきょーたろもまだまだだね。私は見つかったことないよ?」

    京太郎「淡もやってたのかよ。あと、見つかったのは俺のせいじゃないんだぞ?咲がどんくさくて毎回見つかるんだよ」

    淡「っ!」ピクッ

    京太郎「見つかるたびに次は大丈夫っていうから行くんだけどやっぱり捕まるんだよなぁー。あ、そういえば咲元気にしてんのか?」

    淡「……」

    京太郎「あとで挨拶だけでも行こうかな?淡ーー、あとで少し寄り道……ってあれ?」

    淡「……」ツーン

    京太郎「……あれ?」

    淡(きょーたろのバカ……)

    京太郎「えっと……淡さん?」

    淡「……ふんっ」プイッ

    京太郎(ふりだしに戻った……)


    ?「あれ?京ちゃん?」

    京太郎・淡「!?」

    咲「あ、やっぱり京ちゃんだ。帰ってたなら連絡してくれてもいいのに」

    京太郎「咲!?どうしてここに?」

    咲「どうしてって言われると困るけど……。なんとなくかな?」

    京太郎「そうか。えって久々だな、元気にしてたか?」

    咲「京ちゃんいなくなって寂しかったかな?」ボソッ

    淡「っ!」

    京太郎「?」

    咲「なんでもない!えっと、京ちゃんは元気にしてた?」

    京太郎「俺か?俺もぼちぼち」

    咲「京ちゃんは相変わらずね♪えっと……それで、となりの子は?」

    京太郎「うん?あぁ、紹介してなかったな。こいつはーー」

    淡「初めまして。きょーたろの『彼女』の大星淡です」

    京太郎(うん?)

    咲「……え?えぇぇ!?きょ、きょきょきょ京ちゃん、彼女いるの!?」アタフタ

    京太郎「えっと、まぁ」

    咲(だ、大丈夫!まだ彼女止まり。結婚してるわけじゃないんだから)

    咲「そ、そうなんだ……。えっと、こちらこそ初めまして。『幼なじみ』の宮永咲です」

    咲「京ちゃんとは『ご近所さん』で本当に『小さい時』からの付き合いです」

    淡「……へー」イラッ

    京太郎(あれ?)

    咲「淡ちゃん……だっけ?京ちゃんの事で聞きたいことあったら『なんでも』聞いてね?『知らないことない』から!」ドヤッ

    淡「」ブチッ

    京太郎「え、えーと……」ダラダラ

    淡「お、お気遣いどうも♪なら早速聞いてみようかな?きょーたろってどんな音楽が好きか知ってる?」

    咲「そんなこと?バラードとか優しい感じの曲を好んで聴いてるよ」

    淡「残念でしたー。今はロックにはまってるんだよー」ドヤッ

    咲「」ブチッ

    京太郎「」ガクガク

    咲「……私、京ちゃんと一緒にお風呂入ったことあるんだー」

    淡「っ!ふ、ふーん。でも、どうせ小さい時の話でしょ?」

    咲「そうだけど、淡ちゃんはないでしょ?」ニヤニヤ

    淡「あるよ」

    咲「!?」

    咲「悔しいからって嘘はよくないと思うよ?」

    淡「嘘じゃないよ?昨日入ったもん」

    咲「き、昨日!?」

    淡「うん。背中流してあげて、一緒にお風呂はいったもん」ドヤッ

    京太郎「」

    咲「ふ、ふーん!で、でも、淡ちゃんは京ちゃんと一緒に寝たことはないでしょ?」

    咲「私はあるよー。同じ布団で肩を並べて寝たことあるんだから!」

    淡「……」ジロッ

    京太郎「ち、小さい時の話です!」

    淡「ふーん。咲さんだっけ?天狗になってるところ悪いけど、私もあるよ」ドヤッ

    咲「!?」

    淡「昨日、訳あって一緒に寝たの。ね?」

    咲「……」ジロッ

    京太郎「か、母さんの悪戯でね!?他意はないぞ!?」

    咲「え、えーと……」アセアセ

    淡「うん?」ニヤニヤ

    咲「わ、私は京ちゃんに抱きしめて貰ったことあるもん!」カオマッカ

    淡「……」

    咲「ど、どう?」

    淡「わ、私も!」カァァ

    咲「……」ゴクリ

    淡「昨夜、きょーたろに抱いて(ハグ)貰ったもん!」カオマッカ

    咲「」

    京太郎「!?」

    淡「き、きょーたろの首とかに、その……私のキスマークとかあるもん!」プルプル

    咲「」チラッ

    京太郎「え!?え!?ないでしょ!?」

    咲「……ほんとだ」ボソッ

    京太郎「え!?あんの!?」

    淡「だ、だからきょーたろは私のなの!」

    咲「……」テクテク

    京太郎「!?さ、咲!?どこ行くんだ!?おーい!……いっちゃった」

    淡「……」

    京太郎「……」チラッ

    淡「……////」サッ

    京太郎「え、えーと、どゆこと?」

    淡「……だ、だから昨日の夜に……その、きょーたろが抱きついてきて触ったりするから////」

    京太郎「から?」

    淡「だから!その気になっちゃったの!」

    京太郎「」

    淡「だからきょーたろが全部悪いの!」

    京太郎「だから朝機嫌悪かったのか?」

    淡「それは別!」

    京太郎「別なの!?」

    淡「色々頑張ったのに寝てるし!」

    淡「もっと言うと寝てる私に何もしてくれなくてイライラしてたの!悪い!?」

    京太郎「あ、いえ、悪くないです」

    淡「はぁ…はぁ……」

    京太郎「…………」

    淡「……」

    京太郎「……」

    淡「……何か言ってよ////」

    京太郎「…ごめん」

    淡「……なにがごめんなの?」

    京太郎「え、えーと……ヘタレで?」

    淡「……ほんとだよ」

    京太郎「否定してほしかった」

    淡「事実だもん」

    京太郎「……」

    淡「きょーたろは乙女心がわかってないよー。女の子は好きな子になら少しくらい強引にされたいとか思ってるんだよ?」

    京太郎「え、そうなの?」

    淡「そうなの!……たぶん」

    京太郎「……じゃあ遠慮なく」グイッ

    淡「へ?わぷっ」


    チュッ

    京太郎「……」

    淡「んっ、きょーらろぉ……ここ、そと……」

    京太郎「ぷはっ……大丈夫、ここ人気ないから」チュッ

    淡「いや、でも……んっ」

    京太郎「……」グイッ

    淡「……」ドサッ

    京太郎「淡……」

    淡「きょーたろ……」



    京太郎「ただいまー」

    淡「ただいま」ムスー

    母「あら、おかえ……京太郎、顔に大きな紅葉マークあるけどどうかしたの?」キョトン

    京太郎「……聞かないでくれ」シクシク

    淡「ふんっ!」プイッ

    京太郎(言えない……押し倒して胸触ったら顔面ビンタされたなんて……)

    母「……あら。とりあえずご飯できてるから手洗ってきなさい」

    京太郎「……はい」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    母「それで、今日はどこに行く予定なの?」モグモグ

    京太郎「……とりあえず、善光寺とか中心に回ってくる予定だよ」

    母「そうなの?てっきり温泉とか行ってくるのかと思ったのに」

    京太郎「温泉?」

    母「野沢温泉とか昼神温泉とかあるじゃない」

    京太郎「いやいや、時間的に無理だし、行けたとしても一緒に入れないから別行動になるだろ」

    母「混浴ってなかった?」

    京太郎「あってもはいらねぇよ!」

    淡「ふーん……あっても入らないんだ?」

    京太郎「え!?」

    淡「別にいいけど」プイッ

    母「……京太郎、ほんと何したの?」

    京太郎「…………」

    淡「ふんっ」プクー


    京太郎「それじゃあ行ってきます」

    淡「行ってきます」

    母「いってらっしゃい。気をつけてね」

    京太郎「……」テクテク

    淡「……」テクテク

    京太郎「……淡」

    淡「……なに?」

    京太郎「朝は……その、ごめん」

    淡「……ほんとだよ」

    京太郎「もう、あんな馬鹿なことしないから許してほしい」

    淡「……条件がある」

    京太郎「条件?」

    淡「今日1日普通にデートしよ?」

    京太郎「へ?」

    淡「人前だからキスとかは禁止。あとエッチなこと考えるのも禁止」

    京太郎「え?え?」

    淡「これが守れるなら許してあげる」ニパー

    京太郎「え、えっと……」

    淡「どうかした?」

    京太郎「普通の定義が分からないだけど……」

    淡「……手を繋ぐとか以外は禁止?」

    京太郎「!?」

    淡「あ、でも、あーんくらいはいいかな?」

    京太郎「ちょ、ちょ」

    淡「なに?」

    京太郎「マジで?」

    淡「まじ」

    京太郎「ハグとかナデナデもなし?」

    淡「1日くらい我慢できるでしょ?」

    京太郎「」

    淡「これが守れるなら許してあげる♪」

    京太郎「…………」

    淡「……?」

    京太郎「…………………………………………分かった」シクシク

    淡「今の間が凄い気になるんだけど……」

    淡「じゃあ、いこっか♪」

    京太郎「お、おう」


    善光寺。

    淡「ここが善光寺かぁ」キョロキョロ

    京太郎「淡は初めてだったか」

    淡「うん。というより関東から出たことないよ」

    京太郎「…………」

    淡「どうしたの?」

    京太郎「いや、なんでも。……写真撮ろうぜ」

    淡「?」

    京太郎「あ、すみません。写真撮っていただけませんか?」

    客「いいですよ」

    京太郎「ほら、淡、撮るぞー」

    淡「え、あ、うん」

    客「はい、ちーず」パシャッ

    京太郎「ありがとうございます」

    淡「ねぇ」

    京太郎「うん?」

    淡「ここって何が有名なの?」

    京太郎「そうだな。たとえばーーー

    淡「き、きょーたろ……食べすぎ」プルプル

    京太郎「いいだろ?美味しいだか……うぷっ」

    淡「戻したら駄目だよ?」

    京太郎「だったらそんなにホイホイ買わないでいただきたい」

    淡「はーい」ケラケラ

    京太郎「……これからどうする?もう時間的に行けるところあんまないけど」

    淡「え?もうそんな時間?……あ、ほんとだ」

    淡(なんかあっという間だったなぁ……)

    京太郎「どこか行きたい所とかやりたいことあるか?」

    淡「うーん……。あ、おみくじやりたい!」

    京太郎「おみくじ?」

    淡「うん」ニパー

    京太郎「そんなんでいいのか?」

    淡「いいの。沢山写真も撮ったし、美味しいものも沢山食べたからね」

    京太郎「まぁ、淡がそれでいいなら」

    ーーーー
    ーー

    淡「きょーたろ!おみくじとった?」

    京太郎「あぁ、とったぞ」

    淡「じゃあ、同時に開けるよ?いい?」

    京太郎「ほーい」

    淡「じゃあいくよ?せーの」ピラッ

    京太郎・淡「…………」

    淡「凶……」

    京太郎「末吉……」

    淡「……冗談で相手を傷つける可能性があります。優しく接してあげましょう……」

    京太郎「行動が裏目にでる……」

    京太郎・淡「……………」

    淡「き、きょーたろ!」ダキッ

    京太郎「っ!?」

    淡「え、えっと……ご、ご褒美!今日1日手も繋いでないから我慢できたご褒美!特別、腕に抱きついてあげる」アセアセ

    京太郎「そ、そっか」

    京太郎(今朝、胸は触ったけどな……)

    淡「……きょーたろ」ジト

    京太郎「なんでもありません」キリッ

    淡「もう、まだエッチなことは考えたら駄目なんだよ?分かってる?」

    京太郎「も、もちろん」

    京太郎(腕胸押し付けておいてそれは酷い……)シクシク


    そのころ。

    母「はい、須賀です。あ、主人がお世話に……え?今からですか?あ、はい。分かりました。すぐに向かいます」ガチャ

    母「……夜は二人でなんとかして貰うしかないか……」

    母「……メールしなくちゃ。あと、京太郎へと」コトッ

    コンドーム「お留守番?」



    『二人きりの夜』

    京太郎「…………」テクテク

    淡「…………」テクテク

    京太郎「……え?」

    淡「?どうかしたの?」テクテク

    京太郎「あ、いや、今夜母さんが急に出かける事になったから二人らしいんだ」

    淡「へー、そうなん……だ?」

    淡「…………」

    京太郎「…………」ソワソワ

    京太郎(今夜はせっかくだし、俺が飯作るか。普段は淡にばっかり作って貰ってるしたまにはいいよな)

    京太郎(それに、おみくじの件もあるし……)

    淡(きょーたろがすっごいソワソワしてる……。やっぱりしたいのかな?……男の子だししたいよね……)

    淡(今朝は思わずひっぱたいちゃったけど、わ、私だってきょ、きょ、興味はあるし、その、してもいいんだけど……)

    淡(やっぱり怖いなぁ……)

    京太郎「淡?」

    淡「は、はい!?」

    京太郎「家、ついたぞ?」

    淡「へ?あ、ほんとだ……」

    リビング。

    京太郎「」

    淡「」

    コンドーム「やぁ!」

    京太郎「かあさん…」ガックリ

    京太郎(今日はエロいこと禁止なんだから煽るなよ……)

    淡「////」

    京太郎「……と、とりあえず、飯作るか。淡、何か食べたいものあるか?」

    淡「た、たべる!?」

    京太郎「お、おう。なにか食べたいものないか?今夜は俺が作るからさ」

    淡「あ、え?ご飯の話?」

    京太郎「それ以外に食べるものあるか?」

    淡「…………////」カァァ

    京太郎「?」

    淡「そ……そばがいいな!長野だし!」

    京太郎「そば?昨日食べたのにいいのか?」

    淡「き、昨日はお母さんのでしょ?きょーたろのが食べたいの!」

    京太郎「そ、そっか」

    淡(ど、どうしよう……さっきから変なことばっかり考えちゃってる……////)

    淡(自分で禁止しておいて自分だけするなんてずるいよね……が、我慢しなきゃ)

    京太郎「じゃあ、できるまでテレビでも見ててくれ」

    淡「あ、うん」

    淡(って言ったけど……)

    淡(面白いのない……)

    淡「むぅ……」チラッ

    京太郎「♪」

    淡(きょーたろって本当に家庭的だなぁー。一人暮らししてるからかもしれないけど)

    淡(も、もし、きょーたろと結婚したらこんな感じなのかな?)

    淡(毎日きょーたろのご飯食べて、休みの日はきょーたろにどこかに連れて行ってもらって……あれ?)

    淡(私、してもらってるだけじゃん……)

    淡(てか、よくよく考えたら料理とか掃除とかって女の子が率先してやる仕事じゃ?それをとられたら……)

    淡(……私、いらない子!?)ガーン

    淡(こ、これはまずいんじゃ?)

    テレビ「……ですよ!やっぱり、女の子には料理とかしてもらいたいですね」

    淡「…………」ジー

    テレビ「干物女は……流石に……ね?」

    淡「っ!」

    淡「き、きょーたろ!」

    京太郎「うん?どうかしたか?」

    淡「な、なにか手伝うことない!?」

    京太郎「へ?」

    淡「私だけゆっくりできないし。なにか手伝うよ!」

    京太郎「…………」スッ

    淡「……なんで私のおでこに手を当てるの?」

    京太郎「いや、熱でもあるのかなって思ってな」

    淡「そんなに珍しい!?」ガーン

    京太郎「…………珍しくないぞ?」

    淡「否定するならせめて間をあけずに言ってよ……」シクシク

    淡「と、とりあえず、なにか手伝えることない?」

    京太郎「そうだなぁ……そば、茹でてみるか?」

    淡「茹でるだけ?」

    京太郎「簡単だろ?その間に天ぷらとか作っとくからさ」

    淡「簡単だけど……それだけ?」

    京太郎「……本当にどうした?」

    淡「……きょーたろに任せっきりっていうのがやなの」

    京太郎「?」

    淡「わ、私女の子なんだよ?男の子に料理とか掃除とかで負けたくないし!それが自分の彼氏ならなおさら!」

    京太郎「あー……じゃあ、天ぷら作ってくれるか?その間にそばやっとくからさ」

    淡「っ!う、うん!」

    京太郎(かわいい)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京淡「ごちそうさま」

    淡「き、きょーたろ、天ぷらどうだった?」

    京太郎「てんぷら?美味しかったぞ」

    淡「やっぱり?自分でいうのはあれだけど、自信作だったんだー」

    京太郎「また作ってくれよ?」ナデナデ

    淡「んっ……きょーたろが食べたいって言ったらいつでも作ってあげる♪」ニコッ

    京太郎「っ……そ、そろそろ風呂わかすか!」アセアセ

    淡「もうそんな時間?あ、もうこんな時間かぁーー」

    京太郎「お風呂わいたら先に入っていいぞ?」

    淡「ありがと。でも京太郎も疲れてでしょ?だから今日は先に入って」

    京太郎「いやいや!淡はお客さんだからさ!それに昨日は俺が先だったし……あっ」

    淡「……あ、あはは、じ、じゃあ、今日は先に入ろうかな?」アセアセ

    京太郎「お、おう!」アセアセ


    お風呂にて。
    淡「……」ソワソワ

    淡「……」チラッ

    淡「……きょーたろ……こないのかな?」

    淡(あ、そういえば今日は1日エッチなこと禁止にしてたんだ……)

    淡(失敗だったなぁ……)

    淡「男ならそのくらいしてよ……」プクー

    リビングにて。
    京太郎「…………」

    京太郎「これって……突撃するべき?」

    京太郎「……いや、今日はエロいこと全て禁止だし駄目だよな!」

    京太郎(でも、少しくらい強引な方がいいのか?淡も言ってたし!いやでも万が一突撃して嫌われたりしたらーー)

    京太郎「ああああ!!!」


    噛み合っているようで噛み合わない2人。


    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「きょーたろ、あがったよ」プクー

    京太郎「?ど、どうかしたのか?」アセアセ

    淡「別に?とりあえず、きょーたろも早く入ったら?」

    京太郎「お、おう。行ってくる!」タタタッ

    淡(本当に来なかったし……。きょーたろのバカ……)

    淡「…………」チラッ

    淡「……11時かぁ。もう寝ようかな」

    淡「……あれ?」

    淡(どこで寝ればいいんだろ?)

    淡(昨日はきょーたろの部屋だったけど、今日もそこでいいのかな?)

    淡(きょーたろの部屋で寝るってことは、きょーたろと同じ部屋ってことかぁ……)

    淡「うーん……。よし、きょーたろの部屋でねよっと」

    京太郎の部屋

    淡「おじゃましまーす……ってあれ?」

    淡「……敷き布団どこだろ?」

    淡「押入かな?」ガラガラ……ポロッ

    淡「うん?なんだろ?」

    淡「……っ!」

    淡「こ、これって!////」カァァ

    淡(え、エロ本だよね?で、でも何で押し入れに?普通ベッドの下じゃないの?)アセアセ

    淡(と、とりあえず、戻しておかなきゃ)

    淡「……」

    淡「少しだけ…」ペラッ

    淡「っ!…………も、もう少しだけ」ペラッ

    淡「……」ペラッ

    淡「……」ペラペラッ

    淡「……胸の大きな子ばっかり……」

    淡「……きょーたろって胸大きい子が好きなのかな?」

    淡「で、でも、私はそんなに……」ペタペタ

    淡「……」


    数分後

    京太郎「なんで俺正座させられてるの?」

    淡「いいから、質問に答える!」

    淡「きょーたろはおっぱいが大きい子が好きなの?」

    京太郎「え?え?何の話?」

    淡「これ」ペラッ

    京太郎「!?」

    京太郎(あいぼおぉおおおおおお!!)

    京太郎(ど、どうしてあれを!?)

    京太郎「そ、それは?」アセアセ

    淡「押し入れでつけたの。それで?」

    京太郎「それでとは?」アセアセ

    淡「だから、胸の大きな子が好きなの?」

    京太郎「……淡、よく聞いてくれ」

    京太郎「俺は巨乳好きだ」

    淡「…………」

    京太郎「……まて、続きがあるからそんなに引かないでくれ……」

    淡「……つづけて」

    京太郎「お、おう。でな、これは俺の持論だけど、巨乳っていうのは富士山みたいなものなんだ」

    淡「………………」

    京太郎「……富士山って眺めてるぶんには綺麗だよな?それな一回くらい行ってみたいって思うだろ?」

    淡「……まぁ」

    京太郎「でも、住んでみたいとは思わないだろ?」

    淡「そりゃあね……不便だし」

    京太郎「だろ?巨乳もそれと一緒なんだ」

    淡「?」

    京太郎「巨乳は眺めてるぶんにはいいし、一度くらい触ったり揉んだりしてみたいけど、巨乳の子と付き合いたくないってこと」

    淡「………………………………」

    京太郎「………」

    淡「……じゃあ、あれだ。私の胸じゃあ、そういう欲求を解消できないってことだね」

    京太郎「っ!それは違う!」

    淡「!?」

    京太郎「俺は淡が好きなんだ!」

    淡「っ////」

    京太郎「俺は淡の胸を見たいとも思うし、触ったり揉んだり舐めたりしたい!淡がいいんだ!」

    淡「え、あ、ちょ……あぅ////」

    京太郎「変なこと言ってる自覚あるけど、これが俺の本音だ」

    淡「う、うん。その……ありがとう////」

    京太郎「おう」

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    淡「ねぇ」

    京太郎「うん?」

    淡「その、昼間のことなんだけど……叩いたりしてごめんね」

    京太郎「昼間?……あぁ、いや、あれは俺が悪かったし」

    淡「本当はね、嬉しかったんだぁ。でも外っていうのに抵抗あって……」

    京太郎「…………」

    淡「だから、その……きょーたろぉ」チラッ

    京太郎「えっと……いいのか?」

    淡「……」コクリ

    京太郎「俺、初めてだから上手くないからな?」

    淡「初めてじゃなかったら逆に嫌だよ」

    京太郎「あ、でも今日はエロいこと禁止だけどいいのか?」

    淡「……もう、0時回ってる」

    京太郎「淡……」チュッ

    淡「んっ」


    『帰宅』

    電車。

    淡「……」ボー

    京太郎「淡?どうかしたか?」

    淡「え?いや、別に」

    京太郎「……っ!も、もしかして体調悪いのか!?」アセアセ

    淡「え!?あ、いや!違うよ?」アセアセ

    京太郎「ほ、ほんとか?」

    淡「う、うん。まだ、ずきずきするっていうか……その違和感あるけど……////」

    京太郎「そ、そうか。でも、だったらどうして?」

    淡「うん?あぁ、それはね。なんかあっという間だったなーって思って」

    京太郎「そうだな」

    淡「初日から一緒にお風呂入ったり、一緒に寝たりーー」

    京太郎「ぜんぶ、母さんのせいだけどな」

    淡「あ、そういえば、初日のそばも美味しかったなぁ」

    京太郎「また、一緒にいこうぜ?そうすれば食べられるし」

    淡「うん♪」

    京太郎「2日目の観光はどうだった?」

    淡「あぁ、外だっていうのにいきなり押し倒したこと?」ニヤニヤ

    京太郎「……あれは本当にすみませんでした」orz

    淡「別にいいよ。嫌だったわけじゃないし」

    京太郎「それに昨日しちゃったしな」

    淡「っ!ば、ばか!」カァァ

    京太郎「ごめんごめん」

    淡「もう……」

    京太郎「……」

    淡「……きょーたろ?」

    京太郎「うん?」

    淡「昨日は、その……ありがとうね」カァァ

    京太郎「いやいや、こちらこそ?ありがとう。その、よかったぞ?」

    淡「そ、そう?自分だとよく分からなくて」

    京太郎「大丈夫だって。俺が保証する。むしろ、俺が上手くできてたか?」

    淡「大丈夫だと思うよ?」

    京太郎「思う?」

    淡「あ、だからね、初めてだから比較する情報が本……じゃなくて!聞いた話だけだから!」

    京太郎「なるほど」

    淡「……初めて同士だし、その辺は曖昧でいいんじゃない?」

    京太郎「それもそうだな」

    淡「あ、そういえば、避妊具って消費期限あったよね?保健体育でそんなこと習った」

    京太郎「そうだったか?」

    淡「習ったでしょ……あと保存方法とか」

    京太郎「ああ!あの財布に入れると上がるのは金運じゃなくて、妊娠率だぞってやつか」

    淡「そうそう。その昨日のやつ大丈夫だったのかな?」

    京太郎「…………」

    淡「…………」

    その頃。

    母「そういえば、これ、消費期限いつだったかしら」

    コンドーム「だいぶ前だよ?」

    母「あら……」

    完。




    『二人でロッカーに入ってた』

    更衣室。

    淡「きょ、きょーたろ!?」

    京太郎「あ、淡!?」

    淡「な、なんできょーたろがここに!?」

    京太郎「そ、そのだな!これには訳が!」

    淡「っ!きょーたろ!」ガッ

    京太郎「え?」

    バタン。

    女生徒「あぁ、なんでマラソンなんて体育であるんだろー」

    女生徒「だよねー。もう汗びっしょり」


    ロッカー内。

    京太郎「…………」

    淡「…………」

    京太郎「え、えっと……淡さん?」

    淡「……きょーたろ、なんで女子更衣室にいるの?」ジトッ

    京太郎「え、えっとだな…」

    淡「……覗き?」

    京太郎「ち、違っふが」モゴモゴ

    淡「ば、バカ。今大声出したら見つかっちゃうでしょ」

    京太郎「ご、ごめん……」

    淡「で?」

    京太郎「あ、あぁ、その……男子同士で賭けてたんだ」

    淡「なにを?」

    京太郎「罰ゲーム」

    淡「……それで?」

    京太郎「……頼むからそんな可哀想な人を見るような顔をしないでくれ……」

    淡「それで?罰ゲームと更衣室に何の関係があるの?」

    京太郎「その、罰ゲーム内容がだな……ゴキの玩具を着替えの中に入れるっていうやつで……」

    淡「…………」ボーゼン

    京太郎「……他の女の子にやったらアウトだけどさ……淡ならなんとかなるかなって……」

    淡「………」

    京太郎「…………すみませんでした」

    淡「きょーたろの馬鹿さ加減には呆れてものが言えないよ」

    京太郎「返す言葉もございません……」

    淡「……それで?罰ゲームは実行できたの?」

    京太郎「え?あ、あぁ」

    淡「ってことは……。あとは女子にバレないようここを出れば全て丸く収まるってことだよね?」

    京太郎「え?まぁ、そういうことになる……のかな?」

    淡「はぁ……。きょーたろ、次はないからね?」

    京太郎「ゆ、許してくれるのか?」

    淡「許すわけないじゃん。あとでちゃんと埋め合わせしてもらうから」

    京太郎「は、はい……」

    淡「きょーたろのバカ」

    京太郎「すみませんでした」

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    淡「……でも安心した」

    京太郎「え?」

    淡「きょーたろが覗き目的で来たわけじゃなくて」

    京太郎「あ、当たり前だろ。それじゃただの変態だ」

    淡「でも私の着替えを漁ったんでしょ?」

    京太郎「…………」

    淡「変態じゃん」

    京太郎「……すみませんでした」

    淡「まったく……きょーたろのせいで着替えるの遅れちゃうよ」ジトッ

    京太郎「ごめん」

    淡「ホントだよ……今日はすっごい汗かいた……か…ら……」

    京太郎「うん?どうかしたか?」

    淡「……きょーたろ、少し離れて」

    京太郎「え?」

    淡「……お願い」

    京太郎「お、おう……って、ロッカーの中だから無理だ」

    淡「え……」アセアセ

    淡「……」クンクン

    淡(く、臭くないかな?)

    京太郎「淡?どうかしたか?」

    淡「っ!な、なんでない」

    京太郎「そうか?なんかソワソワしてるけど」

    淡「だ、大丈夫」

    京太郎「?」

    京太郎(……あ、そういうことか)ピコーン!

    京太郎「……淡」ギュッ

    淡「!?」

    京太郎「素直じゃないなぁ」ナデナデ

    淡「な、な、な!」カァァ

    淡「何してるのよ!離れてっば!」ジタバタ

    京太郎「え?こうして欲しかったんじゃないのか?」

    淡「な!?ち、違うわよ!汗沢山かいてるから離れてほしかったの!」

    京太郎「なんだ……。でも、俺は気にしないぞ?」

    淡「私が気にするんだってば!」

    京太郎「それにいい匂いだぞ?」クンクン

    淡「!?」

    淡「ちょ、や!駄目だって!」ジタバタ

    京太郎「……」ギュッ

    淡「ちょ、きょーたろ……お願いだから」ウルウル

    京太郎「……かわいいなぁ」ギュッ

    淡「え、あ、ちょ……あぅ」

    ーーーー
    ーー

    淡「きょーたろのばかあぁ!!!!」

    京太郎「ご、ごめんって!ついな? 」

    淡「ついな?じゃないよ!駄目だって言ったのに!」ナミダメ

    京太郎「いや、だってさ……」

    淡「……なに?」グスッ

    京太郎「……涙目の淡、凄く可愛いから」

    淡「……」

    京太郎「淡?」

    淡「そ、そういうことなら……その、今日は許してあげる」プイッ

    京太郎(かわいい)

    モブA(あわいい!)


    おわり!



    『二人で買い物してた』

    京太郎「なぁ、今日はどこいくんだ?」

    淡「いいからきょーたろは黙ってついて来て」ニパー

    京太郎「お、おう」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「ついたよー」

    京太郎「え……ここ?」

    淡「うん♪」

    京太郎「」

    淡「……やっぱり驚く?」

    京太郎「驚くのもあるけど、それ以上に困惑してる……」

    淡「だ、だよね……」

    ランジェリーショップ。

    京太郎「まさかと思うけど……ここで買い物を?」

    淡「……うん」

    京太郎「俺も一緒に?」

    淡「……うん」

    京太郎「」

    淡「やっぱり……だめ?」

    京太郎「……理由によってはなんとか……」

    淡「え、えっと……これ」

    京太郎「これは……女性誌?」

    『男性から下着をプレゼントされているカップルの結婚率90%以上!』

    京太郎「…………」

    淡「……」チラッ

    京太郎「えっと、これが理由か?」

    淡「う、うん……////」カオマッカ

    京太郎「うーん……」

    京太郎(こういうのって当てにならないって淡知ってるのか?)

    京太郎(……流石に分かってるよな。でも、それならなんで……)

    淡「その……やっぱり付き合ってるならけ、けけけ結婚のことも考えたいじゃん?」アセアセ

    京太郎「…………」

    京太郎(……可愛いからいっか)

    淡「その、む、無理なら無理っていってくれれば!」アセアセ

    京太郎「この雑誌通りなら下着をプレゼントすれば結婚する確率があがるんだろ?なら上げとこうぜ」

    淡「え?い、いいの?」

    京太郎「俺も確率あげておきたいからな」

    淡「っ!」パァー


    店内。

    京太郎(まずい!これ、思った以上に恥ずかしい!)

    京太郎(他のお客様から店員までこっちみてる……)

    京太郎(は、早く終わらせよう。淡のためにも俺のためにも!)

    京太郎「そ、それで淡はどんなのがいいんだ?」

    淡「え?」

    京太郎「えって……、淡にプレゼントするなら好み聞いておかないと」

    淡「男性が下着をプレゼントするときって男性が彼女にはいてもらいたい下着を送るんじゃないの?」

    京太郎「え?」

    淡「…………」ジー

    京太郎「…………」アセダラダラ

    淡「………きょーたろぉ」

    京太郎「……わかった。選ぶよ」

    淡「やった♪」

    京太郎「……それで、淡」

    淡「うん?」

    京太郎「その……サイズを教えて貰えるか?」

    淡「えっ……サイズって……胸の?」

    京太郎「お、おう」

    淡「あー、え、えっと……」カァァ

    淡「……」キョロキョロ

    淡「耳貸して」

    京太郎「おう」チュウゴシ

    淡「ーーーーだよ」

    京太郎「え?そんなにある?」

    淡「どういう意味?」ジトッ

    京太郎「……深い意味はありません」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「これとかは?」

    淡「……これ、なんか面積っていうか……隠せてる部分少なくない?////」

    京太郎「まぁな……」

    淡「きょーたろってこういう……あだると?な下着が好きなの?」

    京太郎「……黙秘権を行使させていただきます」

    淡「…………」

    淡(今度からこういうのも用意しておこうかな……)

    淡「じゃあこれにしようかな」

    京太郎「っ!そ、そっか!じゃあレジ行こう!全力で!」

    淡(顔真っ赤にしちゃって……かわいいなぁ)キャーキャー

    モブ「あれ、あの2人……須賀くんと大星さん?」


    おわり



    『手を繋いで淡家訪問してた』

    京太郎「…………」

    淡「きょーたろ?もっとリラックスして平気だよ?」

    京太郎「そ、そうはいうけどさ……淡の両親いるんだろろ?」

    淡「まぁ……私実家だし」

    京太郎「だよなぁー……」

    淡「…………」

    淡「……えい」ギュッ

    京太郎「え?」

    淡「手、繋いであげるから元気だして。ね?」

    京太郎「……淡」

    淡「ね?」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「んっ……元気でた?」

    京太郎「あぁ、不安なのは変わらないけどな」ナデナデ

    淡「よかった♪」

    京太郎「……ところで、淡の両親はどんな感じなんだ?」

    淡「うん?うーん……普通、かな?」

    京太郎「まったく参考にならないな」ニガワライ

    淡「そんなこと言われたってぇ。ま……お母さんはおっとりしてるかな?」

    京太郎「淡の親なのにか?」

    淡「それ、どういう意味?私がおっとりしてないってこと?」プクー

    京太郎「おっとりはしてないだろ?どちらかっていうとリスみたいに走り回ってるタイプだな」

    淡「ええー。私、自分のこと結構ま…お母さん似だと思ってるのにー」

    京太郎「……無理にお母さんって呼ばなくていいぞ?」

    淡「……なんのこと?////」プイッ

    京太郎「……淡のパパはどんな人なんだ?」

    淡「えっと、パパは……って……////」カァァ

    京太郎「…………」ニヤニヤ

    淡「……そんな意地悪するきょーたろにはもう教えてあげない!」プイッ

    京太郎「ごめんごめん」ナデナデ

    淡「ふーんだ」ツーン

    京太郎「淡」ナデナデ

    淡「……」プイッ

    京太郎「……淡」
    (耳元で)

    淡「っ……な、なに?」チラッ

    京太郎「ごめん」
    (耳元で)

    淡「んっ……きょーたろ、耳元で言うのやめ、て」ビクッ

    京太郎「………淡、かわいいぞ」
    (もちろん耳元で)

    淡「っ!……だ、だからぁ、み、耳元はーー」

    京太郎「ふぅー」

    淡「うにゃ!?」ビクッ

    淡「にゃ、にゃにするの!?」

    京太郎「いやー、感じてる淡が可愛くてつい」

    淡「ついじゃないよー!」

    京太郎「こうやって淡と戯れてると落ち着くんだよ」ナデナデ

    淡「そんなことされたら私が落ち着かなくなるでしょー!」フガー

    京太郎「ごめんごめん。それにしても淡は首に耳にと弱点多いな」

    淡「そ、そんなこと……ないもん」

    淡「少しビクッてしただけだもん……」

    京太郎(かわいい)

    淡「……あ、ついた」

    京太郎「え?」

    淡「ここ、私の家」

    京太郎「お、おう」アセダラダラ

    淡「……さっき、私と戯れておちついたんじゃないの?」ジトッ

    京太郎「そうだけどさ……」

    淡「もう……きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「しゃがんで」

    京太郎「?お、おう」

    淡「……大丈夫だよ」
    (耳元で)

    京太郎「っ!」

    淡「相手の両親に挨拶するんだから不安なのは分かるよ」

    淡「でも、大丈夫。きょーたろだもん」

    淡「私が選んだ彼氏だもん。パパもママも認めてくれるよ、きっと」

    京太郎「淡……」

    淡「だから、ね?」

    京太郎「……だな」

    淡「最後に元気の出るおまじない」

    チュッ

    京太郎「っ!」

    淡「はい、元気でた?」

    京太郎「……でた」

    淡「うん。じゃあ、いこ?」

    京太郎「おう!」


    おわり!



    『風邪で寝込んだ京太郎の看病してた』

    京太郎「……これくらい大丈夫だっ……ゴホッ」

    淡「全然大丈夫じゃないじゃん……。顔も赤いし」

    京太郎「そんなことねーよ……」

    淡「こういう時に強がりとかいらないから。ほら、寝て寝て」

    京太郎「……ゴホゴホッ」

    淡「きょーたろ、ちょっとおでこさわるよ?」ピト

    京太郎「っ」

    淡「うわー……すっごい熱い。熱はかった方がいいよこれ」

    京太郎「……淡」

    淡「うん?」

    京太郎「……おでこ、もっかい触ってくれないか?」

    淡「うん?いいけど…なんで?」

    京太郎「淡の手、冷たくて気持ちいい」

    淡「それなら濡れタオルとかの方がーー」

    京太郎「淡の手がいいんだ」

    淡「しょうがないなぁ。はい」ピト

    京太郎「……サンキュー」

    淡「きょーたろ、今日は私にいっぱい甘えていいからね?」

    京太郎「……いいのか?」

    淡「もちろん♪病人の特権だよ」

    淡(いつもなら絶対に嫌がるのに)

    淡(やっぱり病気の時って心細くなるのかな?)

    京太郎「じゃあ……お言葉に甘えようかな」

    淡「うん♪とりあえず、熱はかろっか」

    京太郎「おう」

    淡「その間にお粥とか作っておくね?」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「お粥できたよー」

    京太郎「サンキュー……」

    淡「熱どのくらいあった?」

    京太郎「39度あった……」

    淡「そんなに!?薬早くご飯食べて薬のんで寝なきゃ」アセアセ

    京太郎「……お、大げさだって」

    淡「そんな状態で言われても説得力ないよ。ほら、お粥だよ」

    京太郎「……作ってもらって悪いんだけど、やっぱり食欲ない」

    淡「駄目だよ?食べないと治らないんだから。ほら、食べさせてあげるから、ね?」

    京太郎「……それなら、少しだけ」

    淡「ふぅーふぅー、はい、あーん」

    京太郎「あ、あーん……」モグモグ

    淡「おいし?」

    京太郎「うん……おいしい」

    淡「よかった♪はい、もう一口」

    京太郎「あーん……」

    淡「もぉ、口元、汚れちゃってるよ?」フキフキ

    京太郎「……サンキュー」

    淡「…………」

    淡(普段のきょーたろは凛々しくて格好いいけど……)

    淡(病気のきょーたろはなんか可愛い♪)

    淡「きょーたろ、はやくよくなってね?」ナデナデ

    京太郎「あ、あぁ」

    淡「治ったら一緒に遊ぼうね♪」

    京太郎「おう。お粥ご馳走さま」

    淡「お粗末さま」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「……」zzz

    淡「寝たかな?」

    京太郎「……」zzz

    淡「……寝顔もかわいい♪」ナデナデ

    京太郎「ん……」

    淡「きょーたろ、はやく良くなってね」



    おわり



    『京太郎の胸で泣いてた』

    これは京太郎と淡が付き合う前の話である。

    淡「だから!こうでしょ!?」

    京太郎「ちがうって!こうだから!

    モブa「またやってるよ……」

    モブb「相変わらず仲悪いよね」

    数ヶ月後。

    淡「それでさぁ、また須賀がーー」

    モブa(さっきから須賀くんの話ばっかり……)

    モブb(これは絶対に気があるよね)

    モブa(……っ!いいこと思いついた)

    モブb(あ、なんか悪いこと思いついた顔だ)

    モブa「そういえば聞いた?須賀くん、モブ子に告られたらしいよ」

    モブb「聞いた聞いた!どうなるんだろうね!」

    淡「え……?」

    モブa「二人とも意外に話し合うしもしかしたら付き合うかもね」

    淡「え?え!?ちょ…」

    モブb「うん?淡ちゃん、どうかした?」

    淡「そ、その話ほんと!?」

    モブa「え?しらない?」

    モブa(嘘だから知らないよね)

    淡「う、うん……初耳」

    モブb「まぁモブ子のことだからあんまり言ってないのかもね。あ、でもさぁ、これで淡ちゃんも落ち着けるね」

    モブa「あ、そうだね!」

    淡「……え?」

    モブa「だってさぁ、モブ子と須賀くんが付き合ったら須賀くんも淡ちゃんにちょっかいだしたりしなくなるでしょ?」

    モブb「だよねー。良かったじゃん」

    淡「う……うん。あぁーあのうるさいのが来なくなるって聞いて安心したよ」

    モブa(わかりやすい)

    モブb(次は須賀くんだね)

    淡(須賀、モブ子と付き合うんだぁ……)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「え?」

    モブa「だからーモブ男が淡ちゃんに告ったらしいよー」

    京太郎「へ、へー……」

    モブa「もしかしたら付き合うかもしれないね!あの2人、中学の時から仲いいみたいだし」

    京太郎「……べつにいいんじゃないか?大星がそれでいいなら。俺には関係ないし」

    モブa「そう?まぁそういうことだから!じゃあね!」

    京太郎「…………」

    京太郎(大星がモブ男とね……)

    ーーーー
    ーー

    放課後の教室。

    淡「…………」

    淡(須賀がモブ子と付き合う……かぁ)ズキッ

    淡「べ、別に私には関係ないもん」

    淡「須賀が誰と付き合ったって私には関係ないもん。……関係ないもん」

    ガラガラ

    淡「え?」

    京太郎「うん?」

    淡「須賀……」

    京太郎「……なにしてんだ?」

    淡「……別に私の勝手でしょ?」

    京太郎「っ!あ、あぁ、そうだな」

    淡「……須賀こそなにしてんのよ」

    京太郎「別に……暇つぶしだよ」

    淡「モブ子ほったらかしで?」

    京太郎「なんでモブ子がでてくるんだよ」

    淡「なんでって、好きなんでしょ?ほったらかしでいいの?」

    京太郎「は、はぁ!?モブ子とはそんな関係じゃないって」

    淡「別に隠さなくたっていいよ。分かってるから」

    京太郎「何言ってんだよ……。つか、それを言うなら大星だってモブ男はいいのかよ」

    淡「……モブ男がなに?」

    京太郎「何って、付き合うんだろ?」

    淡「……なにそれ」

    淡「誰から聞いたか知らないけどデマだから、それ」

    京太郎「デマなのか?じゃあ付き合うって話はなんだよ」

    淡「それこそ何の話?まぁ、仮に本当だとして、私が誰と付き合おうが須賀には関係ないじゃん」

    京太郎「っ!」

    淡「あんたはモブ子と付き合うでしょ?だったら私に構わないでよ!どっか行ってよ!」

    京太郎「……なんだよ、その言い方」

    淡「……なによ」

    京太郎「……何イライラしてんだよ」

    淡「してないもん……」

    京太郎「してんだろ」

    淡「……しつこいなぁ、してないってば……」

    京太郎「してるじゃんか」

    淡「してないって!」

    京太郎「っ」

    淡「あーもう!なんなのよさっきから!私のことは、放っておいてよ!!」ポロポロ

    京太郎「……大星、なんで泣いてるんだよ……」

    淡「……なんで?決まってじゃん!須賀のせいでしょ!」ポロポロ

    京太郎「……え?」

    淡「須賀が全部いけないの!す、須賀が!ヒッグ……す、すがが……」

    淡「私聞いたもん!須賀がモブ子と付き合うって話!」

    淡「それが嫌なの!須賀が誰かと付き合うって話聞いてからイライラするの!」

    京太郎「…………」

    淡「それだけじゃない!胸が締めつけられるみたいで苦しいのよ!」ポロポロ

    淡「なんであんたのせいで私がこんな気分にならなきゃいけないのよ!」

    京太郎「……大星」

    淡「なんであんたなのよ……。毎日喧嘩ばかりしてるのに……」

    淡「なんで?……なんでよ……」ポロポロ

    京太郎「大星……」

    淡「やめて!」

    京太郎「っ!」ビクッ

    淡「それ以上近づかないで……。私のこと好きじゃないくせに優しくなんかしないで!」

    京太郎「……」スタスタ

    淡「……」

    京太郎「……」ガバッ

    淡「……なにしてのよ」

    京太郎「……抱き締めてる」

    淡「……離して」

    京太郎「……やだ」

    淡「離してって!私のこと好きでもないのに抱きしめたりしないで!」

    京太郎「……やだ」ギュッ

    淡「はな…してよ…おねがい、だから……」

    京太郎「……大星」

    淡「……なに」

    京太郎「好きだ」ギュッ

    淡「……そんな慰めいらない」

    京太郎「慰めなんかじゃない」

    淡「嘘!あんたはモブ子が好きなんでしょ?分かってるだから!」

    京太郎「さっきからモブ子モブ子って、あいつはそんなんじゃないっていってるだろ」

    淡「仮にそうでも!私のこと好きなんて嘘だよ!何で好きなんて嘘つくのよ……最低だよ……」ポロポロ

    京太郎「嘘なんかじゃない」

    淡「嘘だよ……喧嘩しかしてないのに好きなわけないじゃん……」

    京太郎「……大星は俺のこと嫌いか?」

    淡「そんなわけないじゃん!!好きだから困ってるの!好きで好きでしょうがないから苦しいの!」

    京太郎「……じゃあ、なんで喧嘩しかしてこなかった相手がそんなに好きなんだ?」

    淡「っ!それは……」

    京太郎「たしかに俺たちは喧嘩ばかりしてたかもしれない。でもな?俺は楽しかった」

    淡「っ!」

    京太郎「変かもしれないけどさ、大星と喧嘩してる時がすっごく楽しいんだ」

    淡「……」

    京太郎「だからかもな。喧嘩しかしてないけど、好きになったのは」

    淡「……」

    京太郎「もう一回言うぞ?大星、俺はお前が好きだ。これは嘘じゃない」

    淡「……ほ、ほんとに?」

    京太郎「あぁ。大好きだ、淡」

    淡「……あり、がと」

    京太郎「淡、返事してくれるか?」

    淡「わ、私も……大、好きです……き、きょーたろのことが大好き」ダキッ

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    京太郎「落ち着いたか?」ナデナデ

    淡「う、うん////」

    京太郎「まさか、こんな形で付き合うことになるとはな……」

    淡「きょーたろがモブ子の告白をしっかり断っていたらこんな事にはならなかったよ……」ムスッ

    京太郎「……俺、告られてないぞ?」

    淡「……え?」

    京太郎「だいたい、あいつが好きなのってモブ男だぞ?」

    淡「え、えぇ!?」

    京太郎「いったい何をどう聞き間違えたんだよ……」

    淡「だって……モブaがそう言ってたんだもん」

    京太郎「……モブaが?」

    淡「うん」

    京太郎「………」ポクポクポクポク

    京太郎「なるほどね」チーン

    淡「え、何がなるほどなの?」

    京太郎「あぁ、いや、別に対したことじゃないさ」

    淡「?」

    翌日。

    京太郎「淡、ちがうって!こうだろ?」

    淡「もう!きょーたろは一々細かいよ!」

    モブa「また喧嘩してる……」

    モブb「懲りないね……」



    終わり。



    『淡がほっぺたムニムニされてた』

    中庭
    淡「きょーたろ♪」ダキッ

    京太郎「っと……どうした?」

    淡「なんとなくー」スリスリ

    京太郎「淡は猫かなにかか?」ナデナデ

    淡「人間だけど……きょーたろと一緒にいられるなら猫でもいいかな?」

    京太郎「淡が猫なら、毎日あそんでやるのに」

    淡「そうなの?なら今日から猫になろうかにゃ?」

    京太郎「俺のペットだけどいいのか?」

    淡「ペットって……なんかいけない関係みたいだね」スリスリ

    京太郎「……だな。よし、今度首輪でもーー」

    淡「きょーたろ?」ジトッ

    京太郎「……ネックレスでも買ってやるよ」アセダラダラ

    淡「そういう風にすぐ調子にのる所もすぐ謝るところもきょーたろの好きなのところだよ」ニパー

    京太郎「サンキュー」ナデナデ

    淡「んっ……」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「……ねぇ、きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「いっつも頭ナデナデしてよね?」

    京太郎「まぁな。嫌だったか?」

    淡「ううん。むしろ嬉しいんだけどさぁ」

    京太郎「?」

    淡「たまには他のところも……」

    京太郎「……胸とかか?」

    淡「……」ポカーン

    淡「……っ!////」カァァ

    淡「ち、違うよ!そういうことじゃなくて!」カオマッカ

    京太郎「なんだ、嫌だったのか?」

    淡「え?あ、いや、それは……今は駄目って言うか……今度きょーたろの家で………じゃなくて!」

    淡「私、今日は猫なんだよ?」

    京太郎「……あぁ!」

    淡「分かってくれた?」

    京太郎「これだろ?」ゴロゴロ

    淡「うにゃ!?」ビクッ

    京太郎「……どうした?」

    淡「よ、予想以上にくすぐったい……」

    淡「これはもうやめよう」キリッ

    京太郎「ゴロゴロを嫌がる猫初めてみたわ」

    淡「だ、だって……くすぐったいんだもん」プクー

    京太郎「……」

    淡「……?」

    京太郎「ちょっと失礼」ムニムニ

    淡「……どうしたの?」

    京太郎「淡のほっぺたが柔らかそうだったからさ。触ってる」ムニムニ

    淡「ふーん……どう?」

    京太郎「柔らかくて……なんだろうな、楽しい」ムニムニ

    淡「どうせなら両頬触ってほしいなぁ」

    京太郎「こうか?」ムニムニ
    (芝の上に向かい合って座っています)

    淡「そんな感じ」ニパー

    京太郎「……」ムニムニ

    淡「……♪」

    京太郎「どうした?」

    淡「うん?きょーたろの顔が近くにあるから♪」

    京太郎「淡……」

    淡「え、ちょ、ま……」

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎「……ふう」

    淡「……きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「私の言いたいこと、わかる?」

    京太郎「もちろん。もう一回だろ?」チュッ

    淡「違うけど……きょーたろ大好き♪」チュッ

    モブ「……青春してんなぁー」



    終わり

    『他人が京太郎の悪口を言ったら、必要以上に否定する』


    モブ「どっかにいい男いないかな?」

    淡「……発情期?」

    モブ「あんたじゃないんだから」

    淡「私だって発情期はないよ!」

    モブ「……冗談はさておき、私はねリサーチをしてきたのよ」

    淡「り、りさーち?」

    モブ「つまり、調べてきたってことよ」

    淡「なるほど」

    モブ「クラスの女子全員に聞きました!同級生のイケてる男子!」

    淡「あれ?私聞かれてない……」

    モブ「はい、拍手」

    淡「……い、いえーい」パチパチ

    モブ「それで結果なのですが、私以外の女子が全員同じ男子を指名しました」

    淡「え?全員?それはすごいね」

    モブ「私以外!ね?でさ、誰だと思う?」

    淡「意外な人?」

    モブ「超意外!」

    淡「うーん……モブ男とか?」

    モブ「たしかにモブ男だったら超意外だね。でも違う」

    淡「違うのかー。うーん、分かんない」

    モブ「だよねー。驚かないでね?なんと須賀くんだったの!」

    淡「全然意外じゃないよ!!」バンッ

    モブ「!?」ビクッ

    淡「あ……。い、意外だね?」アセアセ

    モブ「お、おう……。でね?なんで須賀くんなのか聞いてみたのよ」

    淡「うん」

    モブ「これもアンケートをとってベスト3にしてみました」

    淡「モブ……なんか楽しそうだね」

    モブ「第3位!何気にイケメン!」

    淡「普通にイケメン!!」バンッ

    モブ「!?」ビクッ

    淡「あ……」

    モブ「……私もこれには同意かな?」

    淡「……私も」

    モブ「気を取り直して、第2位!さり気ない気遣いができる!」

    淡「……なるほどね」

    モブ「私は、これは納得出来ないんだよね。須賀ってそんな気遣いできるような男?」

    淡「できるよ!歩いて帰るとき、さり気なく道路側歩いてくれるし!重いものもってると半分持ってくれるし!」

    モブ「…………」

    淡「………って聞いたことある」

    モブ「そ、そう……」

    淡「……」

    モブ「……じゃあ第1位いってみようか……」

    淡「うん」

    モブ「1位はなんと、優しいから!」

    淡「わかる!」

    モブ「……」

    淡「私が知ってる限り、きょーたろほど気がきいて優しい人はいないね」

    淡「あ、この間ね?電車乗ってたら混んできたの」

    淡「そしたらきょーたろが私のこと隅っこに押すからどうしたのかな?って思ったらーーはっ!」

    モブ「……いいよ?つづけて」

    淡「……きょーたろがね?『男が多いから……』とか言うの!もう胸きゅんだよ!」キャーキャー

    淡「痴漢対策なのかな?もうそんなことまで考えてくれるなんてきょーたろくらいだよ♪」

    モブ「……だね」



    終わり



    『二人でツイスターゲームしてた』


    部室。

    淡「…………」

    京太郎「…………」

    照「これ、やろう」っツイスター

    淡「あ、あのーテルー?」

    照「なに?」

    淡「なんでツイスターなの?」

    照「くるってやりたいから」

    京太郎「でもマズくないですか?ここ部室ですよ?」アセアセ

    照「大丈夫、菫は会議でいない」

    京太郎・淡(駄目だこれ……)

    淡「あ、でも、くるってやりたいだけなら私たちがやらなくてもいいんだよね?」

    照「だめ」

    京太郎「なぜ!?」

    照「このくるくるはツイスターで使うもの。つまり、ツイスター以外の使い方はいけない」

    京太郎・淡(なにその理論)

    照「それに、ひとりでくるくるやっても楽しくない」シュン

    京太郎「やりましょう!」クワッ

    淡「てい!」ドスッ

    京太郎「ぐえ……」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    照「右手、赤」

    京太郎「とりあえず、早く終わらせよう」

    淡「だね」

    照「次、左手、青」

    京太郎「てか、そもそも誰がツイスター持ってきたんだ?」

    淡「たしか、亦野先輩……」

    京太郎「あの人かー」

    淡「今日の対局、東一で飛ばす……」

    京太郎「……」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「あ、淡?もう少し腰下げてくれないか?」

    淡「えー……このままじゃ無理?」

    京太郎「淡に覆い被さるようになら……」

    淡「……無理かな?」

    京太郎「……淡?」

    淡「……」サッ

    京太郎「」

    照「次ー」

    ーーーー
    ーー

    淡「ちょ、きょーたろ、動かな……んっ」

    京太郎「頼むから変な声出さないでくれ……」

    京太郎(腕に胸が……)

    淡「だ、だって、あんっ」

    京太郎(煩悩退散煩悩退散煩悩退散)

    照「これ、楽しい」クルッ

    ーーーー
    ーー

    (淡が簡易ブリッジ状態。その上に覆い被さるように京太郎)

    京太郎「…………」アセアセ

    淡「……////」

    照「……」ワクワク

    京太郎「淡、次のでなるべく楽な姿勢とれるようにするからな?」

    淡「え、あ、うん////」

    淡(きょーたろ……顔近い)カァァ

    京太郎「あの、宮永先輩?次は?」

    照「……」ジー

    京太郎「えっと、なにか?」

    照「キスするの?」

    京太郎「はぁ!?」

    照「それとも……押し倒す?」

    京太郎「なんの話だ!」

    照「だって、須賀くん、淡に覆い被さるようにしてるし。顔も近い。漫画と一緒」

    京太郎「先輩のせいでしょ!?つか、誰だ、そんな漫画を宮永先輩に渡した輩は!」

    モブ「……」('-^*)ok

    京太郎(おまえか……)

    モブ「あ、足が滑っちゃった(棒)」
    (京太郎の手を払う)

    京太郎「あっ!」

    淡「え?」

    ドンガラガッシャーン

    照「……」

    モブ「……」

    照「……////」

    モブ「……////」

    ガラガラ

    菫「みんな、集まってるか?実はーー」

    みんな「」Σ(゚□゚;)



    終わり