『長期休暇中に同棲してた』

    淡「♪」

    京太郎「……淡、なんか楽しそうだな」

    淡「んー?当たり前じゃん。きょーたろが明日から泊まりに来てくれるだもん!嬉しいに決まってるじゃん♪」

    京太郎「は、はぁ……」

    淡「明日から毎日遊べるね♪」

    京太郎「…………そ、そうだな」

    京太郎(……だからって夏休み中ずっと泊まるのは……。しかも御両親がいないタイミングとか……)

    京太郎(純粋な淡のことだ、本当に毎日遊べるから楽しそうなんだろうなぁ……)

    京太郎(……変な期待はなし!よし、少ししかしないぞ!)

    淡(早く明日にならないかなー♪)バタバタ

    淡(ちゃんとママにもパパにも言ったし!)

    淡(パパがなんか死んだ魚みたいな目になってたのは気になるけど……)

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「いらっしゃい!」ガチャ

    京太郎「おじゃまします」

    淡「……もしかして、緊張してる?」

    京太郎「……多少は」

    淡「やっぱり」クスッ

    京太郎「……泊まるのは初めてだしな」

    淡「だよね。でも、大丈夫。私も少し緊張してるから」

    京太郎「それ、大丈夫っていうのか?」

    淡「うーん……。言わないね♪」テヘッ

    京太郎「……」

    淡「ほら、こんな所で立ち話もあれだし、あがってあがって」


    室内。

    淡「とりあえず……きょーたろの部屋に案内するねー」

    京太郎「俺の部屋?」

    淡「そ。って言ってもただの客間なんだけどね」

    京太郎「…………おう」

    京太郎(やっぱり期待しないで良かった。淡だもんな、うん!……うん)

    淡「ここがきょーたろの部屋ね」

    京太郎「ひ、広いな……」

    淡「そう?普通じゃない?」

    京太郎「俺の部屋より広いぞ……」

    淡「でも……この位ないと2人はきついでしょ?」

    京太郎「それもそうだな……えっ」

    淡「だからこの部屋でいいとーー」

    京太郎「ストップ!」

    淡「?」

    京太郎「淡、今なんて?」

    淡「普通じゃない?」

    京太郎「そのあと」

    淡「この位ないと2人はきつい?」

    京太郎「そう!それ!2人って俺と誰?」

    淡「?私以外にいないでしょ?」

    京太郎「……………」

    京太郎(これは……もしかしてワンチャンか?)

    京太郎「……いや、でも俺たち高校生だしな?」

    淡「えぇー。でも、同じ部屋じゃないとできないじゃん」

    京太郎「!?」

    淡「楽しみにしてたのに……」ショボーン

    京太郎「え?えっ?」

    淡「寝るまでいっぱいおしゃべり出来ると思ったのに」ショボーン

    京太郎「……ですよねー」

    淡「え?」

    京太郎「独り言だ。……とりあえず、その話は夜決めよう」

    淡「前向きに検討してね?」

    京太郎(勘違いさせるようなこと言うな!)

    ーーーー
    ーー

    淡「じゃあ、ご飯できるまでゆっくりしてて♪」

    京太郎「え?俺も手伝うぞ?」

    淡「いいよー。お客様だし」

    京太郎「でも、今日から長期間お世話になるし、手伝わせてくれ」

    淡「うーん……わかった。じゃあ、はい」っエプロン

    京太郎「俺もか……」

    淡「料理するだから♪」

    淡「そーれーよーり、きょーたろは何か言い忘れてない?」

    京太郎「え?……あぁ、そのエプロン可愛いな」

    淡「でしょ?お気に入りなんだーって違うよ!」

    京太郎「冗談だ。似合ってるぞ」ナデナデ

    淡「んっ……えへへ♪」

    京太郎「それじゃ、さっそく始めるか」

    淡「うん!」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「淡ー、そこのネギとってくれるか?」トントントン

    淡「はーい」

    京太郎「サンキュー。あ、これ、使うだろ?」

    淡「あ、よく分かったね。ありがとー♪」

    京太郎「……」トントントン

    淡「……」コトコト

    京太郎「……」トントントン

    淡「なんかさ……」

    京太郎「うん?」トントントン

    淡「これって、し、新婚さんみたいだよね♪」

    京太郎「」サクッ

    京太郎「え?」

    淡「……え?」

    京太郎「…………」

    淡「ちょ!きょーたろ、血!血でてる!」アワアワ

    京太郎(まさか、淡からそのネタをふってくるとは……)

    京太郎「……うわー、ネギが真っ赤」

    淡「何呑気なこと言ってるの!?し、消毒しなきゃ」アセアセ

    京太郎「大丈夫だってこのくらい……」

    淡「えっと、まずは……」パクッ

    京太郎「……え?」

    淡「………」チュー

    京太郎「え、えーと淡さん?何を?」

    淡「……?」キョトン

    京太郎「いや、そんな何を言ってるの?みたいな顔をされましても……」

    淡「んっ……はぁ。……消毒だよ?」

    京太郎「いや、それは分かる」

    淡「?きょーたろもやるでしょ?」

    京太郎「……やるけどさ。普通は自分の指やらないか?」

    淡「え?」

    京太郎「……」

    淡「…………」
    (京太郎の顔をみる)

    淡「…………」
    (掴んでる京太郎の手をみる)

    淡「……あ////」カァァ

    淡「そ!その、ここここここれは!違うの!わざととかじゃなくてね?とっさっていうか!」アセアセ

    淡「べ、別にこういう趣味があるってわけじゃなくて!」アセアセアワアワ

    淡「確かにきょーたろの指舐めてるとき、少しだけ楽しかったけど!今回のはその!////」

    京太郎「わかった。分かったから落ち着け。なんかまた余計なこと口走ってるぞ?」

    淡「うぅ……////」

    京太郎「……消毒ありがとうな」

    淡「う、うん////」プシュー

    ーーーー
    ーー

    京太郎「………」

    京太郎(先に風呂入らせてもらったけど……)

    京太郎(淡もここにくるんだよな?)

    京太郎(落ち着け!がっついてる男はだめだぞ?落ち着くんだ!)

    ガチャ

    京太郎「っ!」

    淡「おまたせー」

    京太郎「お、おう」

    京太郎(パジャマ……)

    淡「……そんなにジロジロ見られたら恥ずかしいんだけど////」

    京太郎「ご、ごめん」アセアセ

    淡「もぉ、……じゃあ布団しいちゃおっか」

    京太郎「……だな」

    淡「ここに布団2枚あるから、こことここにしいて……と」

    淡「完成♪さ、寝よ!」ゴロン

    京太郎「そ、そうだな……」ゴロン

    淡「きょーたろー」

    京太郎「うん?」

    淡「なにか話して」

    京太郎「……むちゃぶり」

    淡「えぇ、だって修学旅行とかだったら布団に入っておしゃべりするじゃん」 

    京太郎「まぁ、そうだけどさ」

    淡「こういう時の定番と言えば……」

    京太郎「……怖い話だな」

    淡「恋バナじゃないの!?」

    京太郎「夏だしちょうどいいだろ?つか、俺と淡で恋バナって何すんだ?」

    淡「え?……えっと……きょーたろとの出会いを語る?」

    京太郎「やめてくれ、あれはちょっとした黒歴史なんだ……」

    淡「そう?一割くらいは格好良かったよ?」

    京太郎「のこりは?」

    淡「面白かった」

    京太郎「やっぱりか!」

    淡「プッ……あの時のこと思い出したら笑いが……クフッ」プルプル

    京太郎「……怖い話しようか。これはーー」

    淡「!? ストップ!」アセアセ

    京太郎「……どうした?」

    淡「その……怖い話はさ、やめない?」

    京太郎「理由によるな」

    淡「その……こ、怖いと眠れなくなっちゃうから……////」

    京太郎「……これは本当にあったーー」

    淡「わーわー!きーこーえーなーい!」ガクガク

    ーーーー
    ーー

    京太郎「……」

    淡「うぅ……」ガクガク

    京太郎「その……なんだ?すまん」

    淡「ほ、本当だよ」ウルウル

    京太郎「なんていうか淡って無性にイジメたくなるんだよな」

    淡「小学生みたいなこと言わないでよ……」

    京太郎「ごめんごめん。さてと、時間も時間だし寝るか」

    淡「!?」

    京太郎「どうした?」

    淡「こ、怖くて寝られる自信ないんだけど……」ガクガク

    京太郎「……マジか」

    淡「き、きょーたろー」ウルウル

    淡「そ、そっち行ってもいい、かな?」

    京太郎「……今日は特別な」

    京太郎(俺のせいだし)

    淡「じゃあ、しつれいしまーす」オソルオソル

    京太郎「……」

    淡「……き、きょーたろー////」ギュッ

    京太郎「……これで寝られそうか?」
    淡「ナデナデしてくれたら……」

    京太郎「注文が多いなぁ」ナデナデ

    淡「んっ」

    京太郎「お休み」

    淡「おやすみ♪」

    終わり


    モブ「ふふふ!ついに完成した!」

    モブ「名付けて!京淡観察日記!」

    モブ「これは私が遭遇した……っていうかあとをつけた2人の様子を細かくし記したものだ!」キリッ

    モブ「知りたい?じゃあ少しだけ!」

    モブ「たとえば……これとか!」



    『京太郎が女の子と喋っていると必ずそこに割り込んでいく淡』

    case1
    モブ子「須賀くん、明日の委員会のことなんだけど」

    京太郎「あぁ。たしかこの書類がいるんだよな?」

    モブ子「うん。あとメモ帳もだって」

    京太郎「プリントの裏じゃ駄目か?」

    モブ子「ダメでしょ」

    京太郎「ですよねー」

    モブ子「まったくもー。須賀くんって意外にそういうキャラなんだね」

    京太郎「うん?俺はもともとこういうキャラだぞ?」

    モブ子「ふーん……。あ、須賀くん、このあと予定ある?」

    京太郎「ないけど?」

    モブ子「じゃあさ、打合せもかねて、このあとお茶しない?」

    京太郎「え?」

    モブ子「女の子とお茶できるんだから役得でしょ?」

    淡「面白そうだから私もいく」

    京太郎「!?」

    モブ子「!?」

    淡「……なに?」ムスッ

    京太郎「いや、あまりにも自然に会話に入ってきたからさ」

    モブ子「う、うん。てか、淡はこのあと部活のミーティングでしょ?出なくていいの?」

    淡「大丈夫。ミーティング出たって強くならないし。それに、私は今のままでも十分強いから」

    モブ子「……」

    京太郎「……」

    京太郎(俺も言ってみたい……)

    モブ子(二人でお茶できると思ったのに……)

    淡「ほら、そうと決まればいくよ!」

    淡(まったくもー。少し目をはなすとすぐけれだよ)

    淡(きょーたろは自分がモテるってことをもう少し自覚してほしいよ)プンプン


    case2

    照「だから、この時はこっちの稗は切った方がいい」

    京太郎「なるほど」メモメモ

    照「すこし強気に行くならこっちの稗、でも、この方法は打点をあげる代わりに有効稗を減らすから河をしっかりみないと駄目」

    京太郎「ふむふむ」

    淡「テルー、長いよー」ジタバタ

    京太郎「あわ……こほん。大星、もう少しだけ待っててくれるか?」

    照「……淡、もし暇なら他の卓で打ってくれば?」

    淡「それだけは嫌だ」ブー

    淡「テルーと打つ前に他で打つと調子くるっちゃうし」

    京太郎「そういうものか?」

    淡「それに打ってる途中でテルーたちが終わったら参加できないもん」

    照「親の時にダブリーすればできるんじゃない?」

    部員「!?」

    京太郎「ちょ!」

    淡「それは……だね」

    淡「でも、大会前はレギュラー以外に使うなって監督に言われてるし」

    部員「だ、大丈夫!前に亦野先輩がやったように山を丸くしてつなげちゃえば止められる」

    京太郎「いや、マナー違反だから」

    淡「とりあえず!きょー……須賀が終わるまでここにいる!」

    照「そう……」

    淡「きょーたろと2人きりになんかさせないもん」ボソッ

    京太郎「!?」

    照「?」



    終わり



    『いちゃラブ大作戦』

    本屋。
    淡「きょーたろ、まだかなー」

    淡「待ち合わせの時間までまだあるけど……」

    淡「早くこないかなー♪」

    淡「むふふ」ニヤニヤ

    淡「……うん?」

    彼氏との仲をより深める方法

    淡「…………」

    淡「……」キョロキョロ

    淡「……」チラッ

    彼氏との仲をより深める方法

    淡「…………りょ、料理の本はー」チラッ

    彼氏との仲をより深める方法

    淡「……」

    淡「……」キョロキョロ

    淡「……だ、誰もみてないよね?」パラパラ

    淡「……え?そうなの?」

    淡「へー……男の子ってこういうのも……」

    淡「あ、これはもうやった……たしかに喜んでくれてた……」ニヤニヤ

    淡「……うにゃ!?こ、ここここれは無理!////」カァァ

    淡「……で、でも、これくらいなら……////」

    淡「きょーたろ、喜んでくれるかな?」

    淡「でも、これやるとらしくないかも……」

    淡「あ、これとか……」

    ママー、アノオネエチャンニヤニヤシテルヨー

    チガウノヨ。アレハネ、アタマノナカダケタビニデテルノヨ。

    ソウナノ?ボクモタビニデタイ!

    ヤメテオキナサイ。ハタカラミタラ、ヘンデショ?

    ウン!

    淡「!?」

    淡「ーーっ!」カオマッカ
    (レジに走っていく)

    淡「こ、これ!ください!」

    モブ「え?」

    淡「うにゃー!!」

    ーーーー
    ーー

    淡「うにゅー……」プシュー

    京太郎「……俺がいない数分間に何があった……」

    淡「……聞かないで」カオマッカ

    京太郎「お、おう……」

    京太郎(ほんとに何があったんだ?)

    淡(モブに見られるとか……////)

    淡「穴があったらくぐり抜けたい……」orz

    京太郎「そのあと、どこいくんだよ……」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    淡「……き、きょーたろ?」

    京太郎「うん?」

    淡「そ、その……」

    京太郎「?」

    淡「き、今日もかっこいいよ?」カァァ

    淡(普段はあんまり言わない外見に対するほめ言葉が効果的ってあったけど…これ、スッゴい恥ずかしい!)

    淡(変に思わないかな?)チラッ

    京太郎「……」スッ

    淡「……な、なんでおでこに手当てるの?」カオマッカ

    京太郎「あ、いや、最近気温の変化が大きいから風邪でもひいたのかなって思ってな」

    淡「」

    京太郎「うーん、少し熱いか?」

    淡「……ばか」

    ーーーー
    ーー

    放課後。

    淡「このあとどこか遊びにいかない?」

    京太郎「そうだな、明日も休みだし。どこ行きたい?」

    淡「いつもはゲームセンターとかだから……今日は、その……カフェとかでゆっくりしたいなぁ」

    淡(オシャレなカフェでのデートで、大人の魅力アピール。だっけ?注意事項……なんだっけ?)ペラペラ

    淡(あ、話を中心に盛り上がりましょうだった)

    京太郎「え?そんなのでいいのか?」
    淡「だ、駄目かな?」

    京太郎「あ、いや、駄目じゃないけどらしくないなーって思って」

    淡「!?」

    京太郎「まぁ、そういうときもあるよな。よし、じゃあオススメあるから行こうぜ」


    カフェ。

    淡「こ、ここ……」

    京太郎「ここのケーキがさ、凄くおいしいらしくてな。淡は甘いの好きだろ?」

    淡「う、うん!」

    京太郎「喜んで貰えて良かった」ニコッ


    淡「っ////」

    京太郎「ほら、この前給料日だったから少しくらい贅沢していいぞ?」

    淡「え?いいよ、自分の分は自分でーー」

    京太郎「……男を立てるのも女の大切な仕事だぞ?」ナデナデ

    淡「んっ……じゃ、じゃあお言葉に甘えて」

    ーーーー
    ーー

    夜。

    淡(何かおかしい……)

    淡(仲を深めるためにやってたのに、結局きょーたろにペースを握られていつもと同じ……)

    淡(さ、最終手段……)

    淡「き、きょーたろ?」

    京太郎「うん?」

    淡「これからさ、その、家に行ってもいい?」

    京太郎「今からか?うーん……あんまり遅くなると親が心配するぞ?」

    淡「だ、大丈夫、今日は家にいないから」

    京太郎「……それならまぁ、いいぞ?」

    淡(あ、「今日は帰りたくないの」ってセリフ言いたかったのに!)

    淡(私の馬鹿ー)

    京太郎(今日の淡はなんか、積極的っていうか空回りしてるな……。また何かに影響でもされたか?)


    京太郎宅

    淡「お邪魔しまーす」

    京太郎「邪魔するならかえってー」

    淡「失礼しましたーって!」

    京太郎「ほんと、ノリいいよな」

    淡「もう!」プンプン

    淡(と、とりあえず、家についたら……)

    淡「ふぅー熱い。ブレザーってやっぱり慣れないなぁー。早く夏服にしてほしい」ヌギヌギ

    京太郎「たしかにな……」

    淡「……」チラッ

    京太郎「うん?」

    淡「はぁ……」

    淡「もう勝手にやっちゃうよ?」

    京太郎「なにを?」

    淡「……えい」グッ

    京太郎「え!?」ドサッ

    淡「すー……はぁー……」

    淡「じゃあ、失礼します」ペコッ

    カチャカチャ

    京太郎「!?あ、淡!?」

    淡「もお、動いたらベルト取れないじゃん」

    京太郎「な、なんでベルトとるんですかね?」

    淡「なんでって……え、えっちなことするため……だよ?////」

    京太郎「」

    カチャカチャ、ジー

    淡「よし、とれた」

    京太郎「ちょ!淡!おちつけ!」

    淡「……きょーたろ、言ってたじゃん『男を勃てるのも女の大切な仕事』だって」

    京太郎「字が違う!!」

    淡「ほら、据え膳食わぬはなんとやらだよ!覚悟ー」

    京太郎「ちょ!」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    妄想終了。

    淡宅

    淡「……………この流れはない////」プシュー

    淡「てか、あんな妄想するなんて……私、たまってるのかな?」

    淡「そもそも流石のきょーたろもそこまでやったら気づくよね……」

    淡「結局あんまり役にたたなかったなー」

    淡「せっかく買ったのに……」ペラペラ

    淡「……うん?」

    普段の私服が大人しめな方はミニスカートなどの露出が多い服を着ると相手からの印象が変わる。

    淡「……」

    淡「……きょーたろにはこれ位が一番かな?」

    淡「ミニスカートなんてあったかな?」ゴソゴソ

    淡「……明日のデート楽しみになってきた♪」



    終わり


    『淡が学校でデレた』

    教室。
    京太郎「大星」

    淡「……なに?」

    京太郎「今日は昼にミーティングあるってよ」

    淡「わかった」

    京太郎「……」

    淡「なに?まだ何かあんの?用ないならどっかいってくれない?」

    京太郎「あ、あぁ」

    モブ子「相変わらず2人とも仲悪いね」

    モブ男「だなー」

    モブ「……そうかな?」

    モフ子「え?あれ仲良しに見える?」

    モブ男「全くみえないぞ?」

    モブ「そのうち分かると思うよー♪」

    ーーーー
    ーー


    放課後。

    淡「きょーたろー、朝はごめんね」アセアセ

    京太郎「うん?なんのことだ?」

    淡「ほ、ほら、あのー…冷たくしたじゃん?」

    京太郎「あー……別にいいぞ?演技なんだし」

    淡「で、でもさ!嫌でしょ?」

    京太郎「まぁ……嬉しくはないけど。淡が隠したいなら俺は別にいいぞ?」ナデナデ

    淡「にゅ……きょーたろー、ほんにごめんね?」ギュッ

    京太郎「いいって。俺達は俺達のペースでやろう」

    淡「……うん。ありがと」

    淡(もっと素直になりたいなぁ)

    淡(何かいい方法ないかな?)

    デンワダヨー デンワダヨー

    淡「あ、私のだ」

    京太郎「え?なにそれ?」

    淡「うん?着信音だよー。あ、モブだ」

    淡「ちょっとごめんね?」ピッ

    淡「もしもし?」

    モブ『あ、淡?私だけど』

    淡「分かってるよ。んで?どうしたの?電話なんて珍しいね」

    モブ『まぁね。用ってほどじゃないんたけどさ。淡にアドバイスだ!』

    淡「うん?アドバイス?」

    モブ『もっと素直になろうよ』

    淡「!?」

    モブ『周りのことなんて考えないで素直になった方がいいと思うよ?』

    淡「な、なんのこと?」アセアセ

    モブ『わかりやすいなー。まぁ、いいけど。あと1つだけ報告』

    淡「……なに?」

    モブ『須賀くんってさ、結構モテるのよ』

    淡「!?」

    モブ『フリーだと思ってる子多いからなー。どうなるんだろうね?もう動き出してる子とかいるよ?』

    淡「え?え!?」

    モブ『そんだけー。じゃあね?愛してるよ、淡キリッ』

    淡「ちょ!モブ?モブ!?」

    京太郎「どうした?」

    淡「……モブにはバレてるかも」

    京太郎「俺たちのことがか?」

    淡「うん。素直になりなって……」

    京太郎「完全にばれてーら」

    淡「うん……」

    京太郎「まぁ、そのうちバレることだし。いいんじゃないか?」

    淡「……」

    京太郎「それで?モブはそれだけのために電話を?」

    淡「ううん。まだあるよ」

    淡「きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「今日さ、ラブレターもらったり、告白されたりしなかった?」

    京太郎「え゛!?」

    淡「きょーたろ?」ジトッ

    京太郎「…………………もらいました。告白はされてません」orz

    淡「……はぁ」

    淡「もてるのは仕方がないけど、ラブレターとかもらってこないでよ」

    京太郎「ほ、ほら、ラブレターってさ、もう一生で貰えることなさそうじゃん?」アセアセ

    淡「私がいてもラブレターとかほしいの?」

    京太郎「……まぁ」

    淡「…………分かったよ」ムスッ

    京太郎「淡?」

    淡「ラブレターなら私が書いてあげる。だから次から貰ってきたら駄目だよ?」

    京太郎「へ?」

    淡「なに?私のラブレターじゃ不満?」

    京太郎「あ、いや……書いてくれんの?」

    淡「京太郎が欲しいっていうなら……////」

    京太郎(なに、この可愛い生き物)

    京太郎「……楽しみにしてるわ」

    淡「うん、分かった」

    淡「……ところでさ、何枚もらったの?」

    京太郎「え゛?」

    淡「きょーたーろー?」ジトー

    ーーーー
    ーー

    翌日。

    モブ子「須賀くん、悪いんだけど、これ大星さんに渡してくれる?」カタカタ

    京太郎「了解」

    モブ男「また火花が散るな」

    京太郎(演技なんだけどなぁー)

    京太郎「あまり刺激しないように帰ってくるよ」

    モブ「……」ニヤニヤ

    モブ男「……なんでニヤニヤしてんだ?」

    モブ「さぁねー?」ニヤニヤ

    ガラガラ

    京太郎「あ、大星」

    淡「あ、きょーたろ!」ダキッ

    みんな「!?」

    京太郎「あ、淡!?」

    淡「どうしたの?」

    みんな「いま……きょーたろーって……」

    京太郎「どうしたのって……俺の台詞だ。淡こそどうした」

    淡「?いつも通りだよ?」キョトン

    京太郎「そ、そうだけど!学校では違っただろ」アセアセ

    淡「なんかね、隠してもデメリットしかないからオープンにすることにしたの」

    京太郎「だからって唐突すぎだろ。見ろよ、モブ男とかモブ子の顔!」

    モブ男「……どゆこと?」

    モブ子「え?なに?須賀くんって大星さんと付き合ってるの!?」

    ざわ……ざわ……………。

    京太郎「あー……そのだな?」

    淡「ねぇ、きょーたろ!ついて来て」グイッ

    京太郎「え!?淡さん?なんで教壇の真ん中に?」アセダラダラ

    淡「えー。ここで報告があります!」

    モブ子「ほ、ほうこく?」

    モブ「……」ワクワク

    京太郎「な、なにを報告するんだ?」

    淡「きょーたろは私のだから、みんな手出しちゃ駄目だからね!」ギュッ

    京太郎「ふぁっ!?」

    みんな「ふぁっ!?」

    淡「きょーたろは私の彼氏だから。それで、私はきょーたろの彼女さんだから!」

    京太郎「」

    みんな「」

    淡(これできょーたろに手を出す人いなくなるよね?)

    淡「ね?きょーたろ♪」ギュッ

    みんな「…………」ポカーン

    モブ「くふっ……やば……くくく……お、おもしろ過ぎる……」プルプル

    京太郎「」アセダラダラ

    淡「きょーたろ、だーいすき♪」チュッ

    みんな「っ!」ガタッ



    終わり。

    モブ「ふふふ!ついに完成した!」

    モブ「名付けて!京淡観察日記!」

    モブ「これは私が遭遇した……っていうかあとをつけた2人の様子を細かくし記したものだ!」キリッ

    モブ「知りたい?じゃあ少しだけ!」

    モブ「たとえば……これとか!」


    【番外編】『妹じゃないもん!』

    遊園地。
    淡「今のジェットコースター面白かったね♪」

    京太郎「だな。列ができる理由が分かるな」

    淡「さてと♪次、どこいこっか?」ギュッ

    京太郎「そうだな……次はこの、タイムアタックホラーアイランドとかどうだ?」

    淡「えっ……ほ、ホラー?」

    京太郎「あぁ。なんかスタート時刻とゴール時刻でタイム求めて、それによって景品がでるらしいぞ?」

    淡「そ、そうなんだ……」

    京太郎「?どうかしたか?」

    淡「そ、その、きょーたろはそこ行きたい?」

    京太郎「…………」

    京太郎(あ、もしかして淡のやつ怖いのか?)

    京太郎(このホラーアイランド、そんなに怖くないらしいのに)

    京太郎(怖がって涙目な淡を見るのもいいけど……)

    京太郎「いや、ただ目についたから言っただけだ。他に行きたいところあるか?」

    淡「そ、そっか」ホッ

    淡「えっと、このパレードみたいなぁ」

    京太郎「パレードか。よし、じゃあ行くか」

    淡「うん!」

    クゥー

    京太郎「へ?」

    淡「……あ」

    京太郎「………」

    淡「……////」

    京太郎「……その前に飯にするか」ニヤニヤ

    淡「う、うん////」カオマッカ

    ーーーー
    ーー

    淡「なんで遊園地だとチュロスなんだろうね?」モグモグ

    京太郎「なんでだろーな」モグモグ

    淡「ねぇねぇ、きょーたろの少しちょーだい」

    京太郎「ほい。あーん」

    淡「あーん♪」モグモグ

    淡「そっちの味も美味しいね」

    京太郎「じゃあ、そっちのもくれるか?」

    淡「いいよー。ちょっとまってね」

    京太郎「……まて。何故に口にくわえてる?」

    淡「……らめ?」

    京太郎「……駄目じゃない」

    淡「うーん」♪

    京太郎「頂きます」

    淡「んっ……」

    京太郎「……はい終わり」モグモグ

    淡「えぇー」ブーブー

    京太郎「続きはまた今度な。あ、これ美味しいな」

    淡「いくじなし……」

    京太郎「おっけ。ディープしてやる」ガッ

    淡「へ?ちょ、ちょ!」

    京太郎「どうした?」

    淡「そ、そのーやっぱりいいかなーって。その、人前だし?」アセアセ

    京太郎「誘ってきたのは淡だろ?」ガッ

    淡「わっ、わっ!////」

    ???「あれ、須賀?」

    京太郎「へ?」

    先輩「やっぱり須賀だ」

    京太郎「あ、先輩」

    淡「えっと?」

    京太郎「バイト先の先輩だ」

    先輩「どうも」

    淡「は、はじめまして」

    先輩「はじめまして。それより須賀!」

    京太郎「え?はい」

    先輩「聞いてないぞ!こんな可愛い子がいるなんて!」

    京太郎「あー、聞かれなかったので」

    先輩「聞かれなかったら教えてくれないのか!」

    京太郎「普通そうでしょ!」

    先輩「まぁな!」

    先輩「ところで、この子の名前は?」

    京太郎「淡です」

    淡「こんにちは」

    先輩「須賀淡か!」

    京太郎「うん?」

    淡「へ?////」

    先輩「どうした?」

    京太郎「……今なんて?」

    淡(須賀……淡かぁ……)

    先輩「え?須賀淡だろ?妹なんだから」

    淡「」ピシッ

    先輩「こんな可愛い妹がいるなんて聞いてないぞ!」

    京太郎「あ、いや、先輩?こいつは……」

    先輩「おっと!彼女とは言わせないぞ?俺には分かる!髪の色も同じだしな!」

    淡「ち……もん」

    先輩「うん?」

    淡「違うもん!」

    淡「私は大星淡!れっきとしたきょーたろの彼女だもん!」

    先輩「…………」

    京太郎「えっとですね、先輩」

    先輩「須賀!」ガッ

    京太郎「はい!?」

    先輩「……いい妹を持ったな!彼女のふりしてくれるなんて」

    淡「だーかーら!」ムッキー

    先輩「なぁ、俺の妹と交換しないか?あいつ、俺のことゴミ虫を見るような目でみるんだぜ?」

    淡(なら!)

    淡「きょーたろ」ギュッ

    先輩「!?」

    先輩「……彼女のいない兄のためにそこまでするか」

    淡「だから彼女なんだって!」イライラ

    先輩「わかったわかった。デートごっこなんだな?」

    京太郎(……この勘違い、すげー)

    淡「……」ブチッ

    先輩「須賀、いくら彼女がいないからってこんな可愛い妹に彼女役させるなよ」

    淡「……きょーたろ、キスして」

    京太郎「ふぁっ!?」

    淡「キスすればわかってくれるもん。だからキス!」

    京太郎「あ、いや……その人前だからね?」

    淡「さっき誘ってきたのはきょーたろでしょ?」

    京太郎「そうだけど!てか、なんで張り合ってるんだよ」アセアセ

    淡「きょーたろ?女にもね、譲れない戦いがあるの。プライドっていうのがあるの!」

    京太郎「……」

    淡「だから……」チュッ

    京太郎「むぐっ……」

    先輩「……は?」

    淡「……」ギュッ

    京太郎「……」

    淡「……」モゾ

    京太郎「!?」

    淡「んっ……ちゅっ……」

    京太郎「あ、あわひ!すろっぷ!」

    淡「ん……はぁ、はぁ」

    京太郎「はぁ、はぁ……淡、人前だから……な?」

    淡「……いいもん。この男に見せつけるためにやってるんだから」サッ

    京太郎「ならこっち見ろ」グイッ

    淡「……////」カオマッカ

    京太郎「……恥ずかしいならやるなよ……」

    淡「べ、べつに恥ずかしくなもん。は、はじめてじゃないし////」

    京太郎「……」

    淡「でも、これで分かってくれるよね?」

    先輩「……え、えっと、お前らそういう関係なの?」

    淡「たからさっきからそう言ってるじゃん!」

    先輩「そ、そっかぁー……」

    先輩「………須賀」

    京太郎「はい」

    先輩「その道は茨の道だぞ?覚悟はできてるのか?」

    京太郎「どの道ですか?」

    先輩「いいか、実妹とはな、結婚できないんだ。でも両思いなら俺はいいと思うんだ。だから頑張れ」

    京淡「だから!」



    終わり。


    『同棲生活 2日目』

    朝。
    京太郎「うーん……」

    京太郎(朝か?……今何時だ?)キョロキョロ

    京太郎(……あれ、なんか左腕が重い……)

    淡「……」zzz

    京太郎「……そういえば、そうだったな」

    淡「……きょーたろー……えへへ♪」zzz

    京太郎「……可愛い寝顔だな。どんな夢見てんだ?」ツンツン

    淡「うーん……きょーたろー……駄目だよ……」zzz

    京太郎「うん?」

    淡「そこは……だ、駄目……。私たち、高校…生……」zzz

    京太郎「…………」

    京太郎(……本当にどんな夢見てんだ?)

    淡「……きょーたろー」zzz

    京太郎「よくしゃべるのな」ナデナデ

    京太郎(可愛い……)

    淡「私も……大好き……えへへ♪」zzz

    京太郎「……」ドキッ

    京太郎「……」キョロキョロ

    京太郎(寝てるし……バレないよな?)

    京太郎「淡……」ボソッ
    (淡の唇に唇を近づける)

    京太郎「……」

    淡「うーん……きょーたろー?」パチッ

    京太郎「……え?」

    淡「……ふぇ?」

    京太郎「……………」

    淡「…………」

    京太郎「お、おはよう」アセダラダラ

    淡「おはよ……」

    京太郎「…………」

    淡「……」

    淡(きょーたろーの顔がすっごい近い……もしかして……)

    淡「……っ////」カァァ

    淡(いやいや!あれは夢だよね!?夢のはず!でもきょーたろーは……あれ?あれ!?)アセアセ

    淡(もしかして……夢じゃない!?)
    淡(だとしたら……)

    京太郎「そ、そのだな?これには訳が……」

    淡「わ、分かったから……その、離れて…////」

    京太郎「え?あ、そう……だな」

    淡「……うにゅ////」プシュー

    ーーーー
    ーー

    京太郎「……」モグモグ

    淡「……」モグモグ

    京淡(気まずい……)

    京太郎(そうだよな……寝てる時にキスしようとしたら流石に怒るよな……)

    淡(どうしよ……あれが夢じゃないなら……////)

    淡(さっきのあれも……続きがしたいってことだよね?////)

    淡(そうだよね……だって私だけだったもんね……。うん、きょーたろーもしてもらいたいよね……) 

    淡(でも……どうやって誘えばいいの!?てか、本では読んだことあるけどやったことないし)アセアセ

    京太郎(とりあえず、仲直りするまでは自重しよう)

    淡(とりあえず、どうにかして雰囲気作らなきゃ……)

    淡「え、えーと……きょーたろーさん?」

    京太郎「は、はい。何でしょうか淡さん」

    京淡(おかしいでしょ!)

    淡「……今日はなにしよっか?」 

    淡(とりあえず、何か予定たてないと始まらないもんね)

    京太郎「うーん……とりあえず、昨日できなかったから……」

    淡「っ!」 

    淡(いきなり!?)

    京太郎「午前中に荷物の整理したいな」

    淡「……ですよね」

    京太郎「うん?」

    淡「なんでもない……。じゃあ、整理するの私も手伝うよ」

    京太郎「え?いいって。すぐ終わるし」

    淡「……何か見られたら困るようなものでもあるの?」

    京太郎「え?いや…ないけど」

    淡「…………」ジー

    京太郎「…………」

    淡「わかった。じゃあ朝はその予定で。私はその間に掃除と洗濯しちゃうね」

    京太郎「おう」

    淡「じゃあ……午後はどうする?」

    京太郎「そうだな、どこか出かけるか」

    淡「やった♪どこいく?」

    京太郎「久々にカラオケとかどうだ?」

    淡「いいね。きょーたろーの歌聴くの久々だし」

    京太郎「自信はないけどな……」

    淡「じゃあ、午後も予定決まったし、早速行動開始♪」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    夜。

    淡「ただいまー」

    京太郎「…………」

    淡「きょーたろ?どうしたの?」

    京太郎「あ、いや、ふと思ったんだけどさ」

    淡「うん」

    京太郎「俺もただいまでいいのか?」

    淡「うーん?ただいまでしょ?ここに住んでるんだし」

    京太郎「そっか。ただいまー」

    淡「おかえりなさい♪」

    京太郎「おう」

    淡「…それにしても、カラオケ楽しかったね」

    京太郎「だな。しかもカップル割引あったから安かったし」

    淡「……兄弟に間違えられてなかなか申請できなかったけどね」ムスー

    京太郎「いじけんなって」ナデナデ

    淡「……私、彼女として駄目なのかな?」

    京太郎「え?」

    淡「ほ、ほら、私って受け身っていうか……きょーたろにして貰ってるばかりできょーたろに何もしてあげられないから……」

    京太郎「……そんなことねぇーよ」グシャグシャ

    淡「わっ」アセアセ

    京太郎「俺は今のままで十分楽しいぞ?淡は何もしてないって言うかもしれないけど、俺は十分尽くしてもらってると思ってる」

    淡「で、でも……」

    京太郎「淡がどうしてもしたいっていうなら止めないけどさ。無理にすることもないんだ」

    京太郎「俺達は俺達のペースでやろうぜ、な?」

    淡「う、うん」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「電気、消すぞ?」

    淡「あ、うん」

    京太郎「じゃあ、お休み」

    淡「おやすみ」

    淡(結局なにもできないまま夜になっちゃった……)

    淡(カラオケの時も思ったけど、私って彼女にしては押しが弱いのかも)

    淡(これじゃあ、兄弟とかいわれて……)

    淡「……」チラッ

    京太郎「………」

    淡(よ、よし)

    淡「き、きょーたろ?」

    京太郎「うーん?」

    淡「その、お願いがあるんだけど////」カァァ

    京太郎「……お願い?」

    淡「あのね……その……」

    京太郎「?」

    淡「その、キスしてほしいなーって……」

    京太郎「ふぁっ!?」

    淡「(昨日の)続きがしたいの」

    京太郎「(今朝の)続きって……」

    淡「駄目……かな?」ウルウル

    京太郎「…………」

    淡「きょーたろ?」

    京太郎「淡、こっちこいよ」テマネキ

    淡「っ!」

    淡「そ、それじゃ失礼します////」

    京太郎「昨日も同じ布団で寝ただろ?」

    淡「そうだけど……今回は目的が違うし////」

    京太郎「そういうもんか?」

    淡「うん……心臓、すっごいドキドキしてる……」

    京太郎「そっか」

    淡「きょーたろはしてないの?」

    京太郎「……さわってみれば分かるぞ?」

    淡「……じゃあ……失礼します」ダキッ

    淡「……すっごいドキドキしてる」

    京太郎「当たり前だろ?淡とこうして一緒にいるんだから」

    淡「そっか……私と一緒か」

    京太郎「嬉しそうなだな」

    淡「うん♪」

    淡「きょーたろと同じ気持ちなんだなーって思ったら嬉しくて♪」

    京太郎「……」

    淡「あ、照れてる♪」

    京太郎「うっせ」

    淡「きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    チュッ

    京太郎「っ!」

    淡「……しちゃった♪」

    京太郎「……」グリグリ

    淡「きょーたろ、顔真っ赤だね」

    京太郎「淡もだからな?」

    淡「知ってる////」

    淡「でも、これくらいで恥ずかしがってたら次のはどうしたらいいかわからなくなっちゃうもん」

    京太郎「次?」

    淡「……うん」サワサワ

    京太郎「ちょ!?」

    淡「だ、大丈夫。私も少しは知ってるから////」

    淡「昨日は沢山して貰ったから……今夜は私が……その、気持ちよくしてあげる////」カオマッカ

    京太郎「え?き、昨日?俺、何かしたか?」

    淡「え?」ピタッ

    淡「昨日、してくれたでしょ?」

    京太郎「えっと、何を?」

    淡「だ、だから……え、えっちなこと////」

    京太郎「キスしようとしたことか?」

    淡「違うよ、それは今朝でしょ?その前」

    京太郎「え?……俺は何もしてないぞ?」

    淡「へ?」

    京太郎「昨日は一緒の布団で寝ただけで何もしてないぞ?今朝、あまりにも可愛くて、キスしようとしたけど」

    淡「え?じゃああれは?」

    京太郎「あれ?」

    淡「え?え?じゃあもしかしてあれは夢?」

    淡「………………」ポクポクポクポク

    京太郎「淡?」

    淡「っ!////」チーン

    淡「…………」モゾモゾ

    京太郎「えーと……淡さん?どうして掛け布団ひきずって押し入れに?」

    淡「……死にたい……////」バタン

    京太郎「え?え?ちょっと!?」

    淡「私のバカー!!!!」



    終わり



    『雨に濡れたとか言って京太郎の家にお邪魔していた』

    淡「まだ……してない」

    モブ「……マジ?」

    淡「うん……」

    モブ「今、何ヶ月だっけ?」

    淡「もう少しで半年」

    モブ「…………」

    淡「変、かな?」

    モブ「いや、変じゃないけどさ。変」

    淡「どっち!?」

    モブ「淡、なんでできないの?」

    淡「何でって……きょーたろが押し倒してくれなくて」

    モブ「ただ受け身でいるだけじゃ駄目だよ?」

    淡「分かってる……だから色々してるんだけど……」

    モブ「須賀が、へたれると?」

    淡「ち、違うよ!?きょーたろは私のこと考えてくれてるからーー」

    モブ「あー、今はノロケいらないです」

    淡「うぅー。ノロケじゃないのに……」

    モブ「とりあえず、そんな須賀にはお仕置きが必要だね」

    淡「おしおき?」

    モブ「そう。彼女のおっけーサインに気づかないとどうなるか、思い知らせてあげなきゃ」

    淡「で、でも、具体的にはなにするの?」

    モブ「……そうだね。あ!雨降ってきたしーー」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「なんで急に雨降るんだよ!」アセアセ

    京太郎「天気予報は1日晴れだっただろ!」

    京太郎「たく……ただいまー」ガチャ

    淡「あっ……」

    京太郎「え?」

    淡「……」

    京太郎「……」

    淡「……おじゃましてまーす」

    京太郎「お、おう」

    京太郎(……なんで淡が俺の家に?)

    京太郎(合い鍵は渡してるけど……てか!びしょびしょじゃねえか!)

    京太郎「と、とりあえず、玄関に突っ立ってないで上がれよ」

    淡「あ、うん……」

    京太郎「ほら、タオル」

    淡「……ありがと」

    京太郎「……」サッ

    淡「うん?なんで目そらしたの?」

    京太郎「その…服がだな?」アセアセ

    淡「服?……あ」

    京太郎「……」

    淡「////」
    (両手を胸の前で組んで隠す)

    京太郎「と、とりあえず、着替え持ってくるからシャワー浴びろよ」

    淡「う、うん////」

    京太郎(おちつけ俺!これはそういう意図があったわけじゃなくて偶然発生した事故だ!)

    ーーーー
    ーー

    (扉越し)
    淡「シャワーありがとね」

    京太郎「気にすんな」

    淡「制服は……干しておいていい?」

    京太郎「いいぞ」

    淡「ん」

    京太郎「淡、着替え持ってきたからここ置いておく」

    淡「ワイシャツ?」

    京太郎「ちげぇよ!」

    淡「違うのかぁ」

    京太郎「なんで残念そうなんだよ……」

    淡「……なんで漫画だと、女の子の着替えはワイシャツなんだろうね」

    京太郎「……エロいからじゃないか?」

    淡「ふーん……」

    京太郎「とりあえず!さっさと着替えろよ。風邪引くぞ?」

    淡「……」ガラガラ

    京太郎「……へ?」

    淡「あ、あんまりジロジロ見ないでよ////」

    京太郎「だったら何で扉開けるんだよ!」アセアセ
    (後ろを向く)

    淡「きょーたろだから大丈夫だと思って。それにタオル巻いてるし」

    京太郎「大丈夫の意味がわかりません!」

    淡「今、きょーたろと2人っきりだから、きょーたろ以外に見られないでしょ?」

    京太郎「……俺には見られてもいいのか?」

    淡「良くないけど……いいかな?」

    京太郎「なんだそりゃ」

    淡「この格好でも、きょーたろなら何もしてこないから」

    京太郎「……それ、俺を馬鹿にしてる?」

    淡「うん?」

    京太郎「俺には押し倒す度胸もないからって安心してる?」

    淡「違うよ♪」

    京太郎「?」

    淡「きょーたろのこと、信じてるの。きょーたろなら勢いとかでそういうことしないって」

    京太郎「…………」

    淡「だから、そのお礼?」

    京太郎(それはお礼とはいいません!むしろ拷問です!)

    京太郎(そんなこと言われたらできないじゃん!なのに、その気にさせるとか!)

    京太郎「そ、そうですか……」

    淡「あ、これが着替えだね?ありがと」

    京太郎「お、おう」

    淡「じゃあ♪」ガラガラ ピシャ

    京太郎「……」

    京太郎(と、トイレ行くか……)

    淡「きょーたろ」

    京太郎「うん?」

    淡「トイレで、しかも1人でしちゃ駄目だよ?」

    京太郎「」

    京太郎(拷問っすね……)

    淡(モブ、これでいいんだよね?)



    終わり


    『赤ちゃん何人作るか真剣に話し合う』

    淡「きょーたろは赤ちゃん何人ほしい?」

    京太郎「……は?」

    淡「だから、赤ちゃんだよ、赤ちゃん」

    京太郎「いや、聞こえてるから」

    淡「聞こえてるなら答えてよー」

    京太郎「いや、そのまえに……何で赤ちゃん?」

    淡「え?だって赤ちゃん可愛いじゃん」

    京太郎「まぁ、かわいいけどさ」

    淡「でしょ♪私はね、2人がいいなー。女の子2人」

    京太郎「なんでだ?」

    淡「ほら、私ってさ、一人っ子じゃん?」

    京太郎「だな」

    淡「私ね、1人で家にいると時々凄く寂しいの。今はきょーたろがいるから大丈夫だけどね」

    京太郎「俺と付き合う前は寂しかったのか」

    淡「うん。だからよくぬいぐるみ抱いてたんだよ」

    京太郎「涙目でぬいぐるみ抱いてる淡か……悪くないな」

    淡「……へんたい」ジトッ

    京太郎「誉めてるんだぞ?」ナデナデ

    淡「そんなの嬉しくないもん」ペシッ

    淡「それでね、思ったの。お姉ちゃんとか妹がいたら寂しくないんだろうなーって」

    京太郎「なるほどな。そういえば、俺と付き合う前は照さんにベタベタしてたよな。あれも?」

    淡「まぁ、そんなところかな?テルーってなんかお姉さんぽいし」

    京太郎「そうか?完全に手の掛かる妹ポジだろ」

    淡「あぁ……言われてみれば……」

    京太郎「弘世先輩、大変だろうな」

    淡「だね」

    京太郎「……なんの話だっけ?」

    淡「え?あ、そうそう!だから子供は女の子2人がいいなーって話」

    京太郎「それそれ。男じゃ駄目なのか?」

    淡「うーん。駄目じゃないよ?でもね、男の子と女の子だったら間違い起こったら可哀想じゃん」

    京太郎「……間違いってなんだ?」

    淡「え、だから、その兄弟で……恋愛っていうか」

    京太郎「それ、どこから仕入れた情報だ?」

    淡「モブに借りた小説……」

    京太郎(モブ……)

    京太郎「兄弟でそういうことになるってめったにないから、つか、ないから安心しろ」

    淡「ほんと?それなら男の子でもいいかな」

    京太郎「そっか」

    淡「きょーたろは何人がいい?」

    京太郎「俺は……女の子が1人がいいかな?」

    淡「なんで?」

    京太郎「いや、だって淡の子だろ?」

    淡「違う。私ときょーたろの子だよ♪」

    京太郎「……だって俺と淡の子だろ?女の子なら淡みたいな可愛い子になるじゃないかなって」

    淡「もう……それを言うなら、男の子だったらきょーたろみたいに格好いい子になると思うよ?」

    京太郎「俺は別にカッコ良くないぞ?」

    モブ(須賀くん、それはない。君、モテモテだからな?)

    淡「……」ナデナデ

    京太郎「なぜ撫でる?」

    淡「きょーたろが鈍感で良かったっと思って」

    京太郎「?……俺は鈍感じゃないぞ?」

    淡「はぁ……」

    京太郎「え?なにそのため息」

    淡「なんでもない。きょーたろはなんで1人の方がいいの?」

    京太郎「2人は同時に面倒まれないだろ?仮に俺が働いて、淡が世話するとしたらさ、どうやっても1人は寂しいと思うし」

    淡「なるほどね」

    京太郎「淡の2人子供がほしいって気持ちも分かるけどな。やっぱり子供は1人の方がいいかって思う」

    淡「難しいね」

    京太郎「だな……」

    先生「え、えーと、須賀くん?大星さん?」

    京太郎「はい」

    淡「うん?」

    先生「そのー仲がいいのは良いことだけど、今は自習の時間だから……。私語はほどほどにね?」

    京太郎「あ、すみません」ペコ

    淡「ごめんなさい」ペコリ

    先生「いえ、分かってくれればいいのよ。あ、それとね?」

    京淡「はい?」

    先生「私は、子供は三人がいいと思うの!」

    クラスメイト(話に加わるのかよ!)




    終わり


    『二人で夏祭りで着る浴衣を見に行っていた』


    教室。
    淡「というわけで!きょーたろ、浴衣みにいこ?」

    京太郎「どういうわけだよ……」

    淡「こういうわけだよ!」フフン

    京太郎「全然わからん。詳細説明を求む」

    淡「え?わからないの?もうすぐ夏祭りなんだよ?」

    京太郎「そうだな、それは知ってる」

    淡「夏祭りと言えば浴衣でしょ?」

    京太郎「……まぁ、そうだな」

    淡「だから一緒に浴衣見に行こ!」

    京太郎「なんで俺も?」

    淡「なんでって……わかるでしょ?」

    京太郎「……」

    淡「むぅ……」

    京太郎「検討はつくけど、淡の口で聞きたい」

    淡「……きょーたろとお買い物したいの。それで、きょーたろが選んでくれた浴衣着て夏祭り行きたいの……////」プイッ

    京太郎「なるほどね」ニヤニヤ

    淡「うぅ……きょーたろの馬鹿!アホ!変態!」

    京太郎「失礼な。俺は至って普通の紳士だぞ?」

    淡「自分の彼女いじめる彼氏なんて普通じゃないよ!」

    京太郎「いや、だってさ、淡のイジメてオーラがーー」

    淡「そんなのでてないよ!」プンプン

    淡「意地悪ばっかりするきょーたろなんてもうしらないもん!」プイッ

    京太郎「怒るなよ」ナデナデ

    淡「ふんっ」プクー

    京太郎「あのな、淡は本人だから分からないかもしれないが、イジメられて涙目な淡ほど可愛いものはないぞ?」

    モブ(わかる!)

    淡「か、かわ……ふんっ!そんなこと言っても許してあげないもん////」プンプン

    京太郎「……どうしたら許してくれる?」

    淡「……まず、浴衣を一緒に見に行くこと」

    京太郎「わかった。約束するよ」

    京太郎(最初から一緒に行くつもりだったし)

    淡「あと、いつもの謝罪をしてくれたらいいよ」

    クラスメイト(!!!)

    京太郎「あ、はいはい」

    モブ「あーー……総員、目隠し用意」

    京太郎「淡……ごめんな」チュッ
    (おでこに)

    淡「んっ……そこまで言うなら許してあげる♪」

    京太郎「たすかるよ」

    淡「次はないんだからねー」

    京太郎「わかってるよ」

    京太郎(ご機嫌だな)

    モブ「おーい、お二人さん?」

    京太郎「うん?」

    淡「どうかしたの?」

    モブ「今な、この教室では頭が残念な生徒達で行われる勉強会が開かれてるわけだよ」

    淡「補習でしょ?」

    モブ「まぁそうともいうけど。でな、淡と須賀がイチャコラすると勉強の妨げになるわけよ、だからーー」

    クラスメイト「さっさと浴衣買いにいけよ、ちきしょー!!」

    ーーーー
    ーー


    店。

    淡「わぁーー……今年のはなんか色鮮やか」

    京太郎「たしかし色鮮やかだな」

    淡「ねぇねぇ、きょーたろはどんなのが好き?」

    京太郎「露出が多いやつ」

    淡「きょーたろ」ニコッ

    京太郎「……ピンクとか水色みたいな薄い色が淡にはあうと思うぞ?」

    淡「薄い色かー。柄は?」

    京太郎「柄って言われてもな……そればっかりは見てみないとなんとも」

    淡「ふむ。薄い色なら……これと……これはないから……」

    京太郎「……」

    京太郎(すっごい真剣だな……)

    淡「きょーたろー」

    京太郎「うん?」

    淡「どれがいい?」

    京太郎「……とりあえず、持つのは多くて2つにしような?」

    京太郎(えっと、1、2、3…………7着!?)

    淡「だって……薄いの沢山あるんだもん」ショボーン

    京太郎「……わかったわかった。俺も一緒に見るから。一着ずつ見て行こう」

    淡「あ……うん♪」パー

    ーーーー
    ーー

    京太郎「とりあえず、この二着だな」

    淡「ピンクと白だね」

    京太郎「淡はどっちがいい?」

    淡「うーん……ピンクも捨てがたいけど、ピンクは色合いが私に合うか分からないし」

    京太郎「そうか?淡にピンク似合うと思うぞ?」

    淡「そ、そうかな?」テレテレ

    京太郎「あぁ。凄く似合うと思う」

    淡「そ、そっかー、ならピンクにーー」

    京太郎「だけど俺としては白だな」

    淡「……」ガクッ

    京太郎「いや、だって淡と言えば白だろ?」

    淡「まぁ……白好きだけど」

    京太郎「だろ?だから白がいいんじゃないかなっと」

    淡「白かぁ……きょーたろもそう言ってるし、じゃあ白ーー」

    京太郎「あ、でもピンクの浴衣着た淡もみたいな」

    淡「どっちなのよ!」ムッキー

    京太郎「どっちだろう?」

    淡「……きょーたろ、私困らせて楽しんでるでしょ?」ジトッ

    京太郎「もちろん」ドヤッ

    淡「もぉ!きょーたろの馬鹿!」ペシペシ

    京太郎「お、そうだ、俺が片方買えば両方見れるな!そうしよう」タタタッ

    淡「ちょ……待ってよ、置いて行かないでよーーきょーたろ!」タタタッ



    終わり



    『麻雀部合宿先でやった肝試し』

    菫「今日はこれまで。このあとは消灯時間まで自由時間とする。それでは解散」

    みんな「ありがとうございました」

    照「…………」

    菫「? 照、どうかしたか?」

    照「……菫」

    菫「うん?」

    照「肝試しやらない?」

    菫「……………」

    照「? 肝試しーー」

    菫「いや、ちゃんと聞こえてる。聞こえたうえで黙ってるんだ……」

    照「そう……」

    菫「……」

    照「……」ソワソワ

    菫「……」

    照「……」ウズウズ

    菫「……やらないと言っても、照はやるのだろ?」

    照「うん。でもやるなら皆でやりたい」

    菫「……準備はできてるのか?」

    照「それは大丈夫」

    菫「そうか。なら、私は顧問に話をつけてくる。照は人を集めておいてくれ」タタタッ

    照「大丈夫、ここは本物がでるから……て、あれ?菫?」

    ーーーー
    ーー

    菫「照、私の言ったこと聞いてたか?」

    照「聞こえなかった」

    菫「」

    京太郎「まぁまぁ、照先輩も悪気があったわけじゃないですから」アセアセ

    菫「……それは分かってる」

    菫「だかな?それがーー」

    モブ「うおーー肝試しキター!!!!」

    モブ男「な、なぁ!ペアは男女か!?なぁ!どうなんだ!?」

    モブ子「肝試し……ほ、ほほほ本物でないよね!?」

    淡「……大丈夫、きょーたろいるもん」ガクガク

    モブ「盛り上がってきたー!!!」

    ワイワイ ガヤガヤ

    菫「……」イライラ

    照「菫、イライラすると肌にもよくない。これあげるから」っお菓子の箱

    菫「……半分はおまえが原因だろ」パカッ

    からっぽ

    菫「……」

    照「……菫、おかわりない?」

    菫「私が知るか!!!」

    京太郎「お、落ち着いてください!」アセアセ

    モブ男「なぁ、モブ子、俺と組まないか?」キリッ

    モブ子「遠慮しておく……」

    モブ男「そんな!じゃあ、仕方がない。モブ、お前で我慢だ」

    モブ「我慢ってなんだ!」

    菫「おまえらー!」

    淡「あれ?きょーたろぉー?」キョロキョロ

    照「京ちゃん、淡が探してる」

    京太郎「え?淡、ここだぞー」

    菫「いちゃつくなら外いけー!」

    照「怒ると肌によくない。お菓子……からだった」ショボーン

    モブ「いやっほー!!!許可でたぞー」

    監督「うるせぇ!いくならさっさといけ!」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「じゃあ行くか」

    淡「う、うん」ガクガク

    京太郎「そんなに怯えなくてもお化けは出ないから大丈夫だぞ?」ナデナデ

    淡「で、でも……絶対に脅かそうとする人いるもん」ギュッ

    京太郎「企画者が照先輩だから大丈夫だと思うぞ?」

    淡「……それ聞いて少し安心した」

    モブ(まぁ、私が独断でやるんだけどね)ノこんにゃく

    ピトッ

    淡「うにゃあぁぁぁ!!!!」

    京太郎「ど、どうした!?」

    淡「い、今!なにかひんやりしたのがほっぺに!!」アセアセ

    淡「絶対に何かいるよ!きょーたろ」ナミダメ

    京太郎「大丈夫だって。何かあったら俺が守ってやるから」ナデナデ

    淡「きょーたろ……」

    モブ(かっこいいねー)ポチッ

    キャアーーーーー!!!

    京太郎「!?」ビクッ

    淡「きゃー!」ダキッ

    モブ(淡の反応面白すぎる♪このために私は生まれてきたと言っても過言じゃないね)

    京太郎「は、早めに終わらせようか……淡、歩けるか?」

    淡「な、なんとか……」ガクガクブルブル

    モブ(次はなにしようかな?)

    ??「これ」っ弓矢

    モブ「うん?弓矢?これは私に技術がないからなー。危ないからなしで。でもありがとね?」

    ??「そう……」

    モブ「……」

    モブ「……え?あなただれ?」

    ??「……」ニコッ

    モブ「」

    モブ「でたーー!!!!!」

    京太郎「は!?」

    淡「え、ちょ!」

    モブ「捕まったら終わりだぞ!!」タタタッ

    京太郎「せ、説明しろよ!なにがいるんだよ!」

    モブ「弓矢持ったお化けだよ!」

    京太郎「は?……ま、まじだ……」アセダラダラ

    淡「う、後ろ見ない方がいい?」アセダラダラ

    カッ!

    京太郎「え……」

    淡「これ……」

    モブ「矢、だよな?」

    三人「…………」

    三人「……うわぁあああ!!!!」
    

    ーーーー
    ーー


    ??「はぁ、はぁ……これ、ストレス解消にいいな」

    照「菫、ほどほどにね?」っタオル

    菫「わかってるさ。多少は加減している」

    照「だからって、いくらなんでも弓矢は危ないと思う」

    菫「……なんの話だ?」

    照「え? 京ちゃんたちに矢を射たの菫でしょ?」

    菫「いくら私でもそこまでしないぞ?せいぜい追いかけるくらいだ」

    照「……」

    菫「照?」

    照「…………なんでもない」ニコッ



    おわり?

    『同棲生活3日目』

    というより2日目の夜。

    京太郎「おーい。淡ー」

    (押し入れ内)
    淡 「うぅ……」

    京太郎「淡ー、出てきてくれよー」

    淡「……無理////」

    淡「か、勘違いで……あんな……あんな////」プシュー

    京太郎「うーん……」

    京太郎(困った……)

    京太郎(なんというか二重の意味で困った……)

    京太郎(淡が落ち込んでるし……)

    京太郎(中途半端触られたせいで俺の息子も大変なことになってるし……)

    淡(私の馬鹿馬鹿馬鹿……)

    京太郎「……よし」

    京太郎(とりあえず、一つずつ解決するか)

    京太郎「淡、トイレ借りる!」

    ガラガラ
    淡「……きょーたろ」ジトッ

    京太郎「……はい?」

    淡「彼女おいて先に行くの?」ジトッ

    京太郎「……上手いこというのな」

    淡「え?」

    淡「……っ!////」カァァ

    淡「馬鹿!」カオマッカ

    京太郎「……」テクテク

    淡「な、なによ……」

    京太郎「つかまえた」ダキッ

    淡「ふあっ!?」ビクッ

    京太郎「……淡を後回しにするわけないだろ?」

    淡「っ!」

    京太郎「流石に冗談だよ」

    淡「……」

    京太郎「そのだな?俺としては嬉しかったぞ?」

    京太郎「淡って純粋っていうか……無邪気というかさ。無防備だから、俺としては……その」

    淡「そ、その……」

    京太郎「うん?」

    淡「きょーたろは……したいの?////」

    京太郎「……したい」

    京太郎「淡が嫌がっても、無理矢理にでもしたい」

    淡「……」

    京太郎「でも、初めてだし……淡も納得してくれる形でしたい」ギュッ

    淡「きょーたろ……」

    京太郎「だからさ、淡」

    淡「な、なに……?」

    京太郎「こんな形で頼むのもおかしいけどさ……しないか?」

    淡「……や……れる?」

    京太郎「え?」

    淡「だから……優しくしてくれる?////」

    京太郎「……俺も初めてだからセーブできるか分からないけど……努力する」

    淡「そこは嘘でも優しくするって言ってよ……」

    京太郎「ごめん……」

    淡「いいよ、きょーたろだから許してあげる」チュッ

    京太郎「っ……」

    淡「きょーたろ、油断しすぎだよ?」

    京太郎「おーけー。宣戦布告とみた」グッ

    淡「わっ」ドサッ

    京太郎「……するぞ?」

    淡「……うん////」

    京太郎「と、とりあえず……服脱ぐか」

    淡「う、うん……」

    京太郎「どったがいい?」

    淡「な、なにが?」

    京太郎「自分で脱ぐか?それとも」

    淡「じ、自分で脱ぐ……」

    京太郎「そか」

    淡「うん。すー……はぁ……」

    淡「よし」プチプチ

    京太郎「……」

    淡「……う、うぅ……」カァァ

    京太郎「……寝るときはつけないんだな」

    淡「ね、寝苦しいからね……」プチプチ

    淡「……」ピタッ

    京太郎「?」

    淡「きょ、きょーたろ……」

    京太郎「うん?」

    淡「その……やっぱり脱がしてくれない?」

    淡「自分で脱ぐの……恥ずかしいし……」

    京太郎「……ボタンは全部外したのにな」

    淡「……」

    京太郎「ぬがすぞ?」ファサッ

    淡「っ////」

    京太郎「…………隠してたら見えないんだが」

    淡「そ、そんなこと言われても……

    淡「は、恥ずかしいし……////」

    京太郎「……」
    (淡の手を掴む)

    淡「え!?ちょ、ちょ!待って待って」アセアセ

    京太郎「……俺が我慢できないから無理だな」
    (両手を押さえつける)

    淡「っ////」

    京太郎「……………」

    淡「な、なにか……言ってよ……////」

    京太郎「……綺麗だ」

    淡「ち、小さいけどね……」

    京太郎「そんなことない。綺麗だし、この位が俺はいいと思う」

    淡「あ、ありがと……」

    京太郎「……さわるぞ?」

    淡「う、うん////」

    京太郎「……」モミモミ

    淡「んっ……」

    京太郎「ど、どうだ?」

    淡「ど、どうって?」

    京太郎「……気持ちいいか?」

    淡「わ、分からないけど……その、変な感じ」

    京太郎「そか……。自分でするときとは違うか?」

    淡「え?」

    京太郎「え? 自分でするだろ?」

    淡「…………」プイッ

    京太郎「……淡、もしかして」

    淡「……いけない?」チラッ

    京太郎「全然」モミモミ

    淡「ひゃっ!ちょ……急に揉まないでよ……」

    京太郎「あ、ごめん……」

    淡「……謝られても」

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎「……好きだ」チュッ

    淡「んっ……」

    京太郎「……」モゾ

    淡「っ……んっ……れろ……」

    京太郎「……」モミモミ

    淡「……んんっ!き、きょーらろ、やー////」

    京太郎「ふぅ……ごちそうさまでした」

    淡「っ////」

    京太郎「淡、そろそろ下もいいか?」

    淡「っ……だ、だめ」

    京太郎「……なんで?」

    淡「え、えっと……きょーたろだけ服着てるから?」

    京太郎「俺が脱げばいいんだな?」ヌギヌギ

    淡「えっ!?ち、違うよ」アセアセ

    京太郎「はい、パンツ以外は脱いだぞ?だから……」

    淡「だ、だから?」アセアセ

    京太郎「淡もズボン脱ごうな?」
    (ズボンを脱がす)

    淡「わっ!わっ!だ、だめぇ!」

    京太郎「…………」

    淡「うぅ……」

    京太郎「その、あれだな……」

    淡「い……な……で」

    京太郎「うん?」

    淡「言わないで……////」

    京太郎「……淡の、すっごい濡れてるな」

    淡「っ!い、言わないでって言ったのに!////」

    京太郎「ごめん、あんまりにも淡が可愛いから」

    淡「……好きな子いじめて楽しいの?」ナミダメ

    京太郎「たのしい」

    淡「うぅ……きょーたろのばかぁ……」

    京太郎「はいはい、お馬鹿ですよー」

    淡「きょーたろなんて嫌いだもん……」

    京太郎「そうなのか?それは残念。俺は好きだけどなぁ」

    淡「っ!////」

    京太郎「小さくて、髪がサラサラで、柔らかくて、そんでもって、可愛くて……好きにならないわけないだろ?」ナデナデ

    淡「うにゅ……////」

    京太郎「淡、俺のこと嫌いか?」

    淡「い、言わなくても分かってくせな……」

    京太郎「念のためだよ」

    淡「私も……好きだもん」

    京太郎「サンキュ」チュッ

    淡「んっ」

    京太郎「……そろそろ続けていいか?」

    淡「う、うん……」

    京太郎「じゃあ、俺の足の間に座ってくれるか?」

    淡「こ、こう?////」

    京太郎「淡、逆だ逆。それじゃ顔しか見えないだろ?」

    淡「で、でも、逆だったら私が何も見えないもん……」

    京太郎「あとで存分見れるから」

    淡「わ、わかった」

    淡「こ、これでいい?」

    京太郎「おう」

    淡「で、でも何でこの恰好がいいの?」

    京太郎「うん?この恰好だと上も下も触りやすいからな」モミモミ

    淡「え?あ、んっ……き、きょーたろ……」

    京太郎「うん?あ、下もか?」

    淡「や、ちが……んんっ!」

    京太郎「……どうした?」

    淡「そ、そこ……ピリピリする……////」

    京太郎「そっか。じゃ、続ける」

    淡「う……ん……」

    淡「…………っ」

    京太郎「淡は本当に敏感なんだな」

    淡「そ、そんな……こと……、んぅ」

    京太郎「……これだけ濡れてれば、大丈夫かな」

    淡「え……」

    京太郎「え?」

    淡「や、やめちゃうの?」

    京太郎「ちゃんと最後までするから安心しろって」

    淡「そ、そう」ホッ

    京太郎「なんだ?そんなに良かったのか?」

    淡「っ!そ、そんなことないもん。別な気持ち良くなかっもん」

    京太郎「ふーん?」

    淡「なによ……」

    京太郎「いや、べつに?」

    淡「……なんか釈然としない」ムゥ

    京太郎「さ、さてと、とりあえず付けるものつけないとな」

    淡「……そ、そうだね」

    淡(そ、そっかぁ。これからきょーたろと……)

    淡(不安だけど……きょーたろと……)

    淡(きょーたろ……と……////)

    京太郎「……あ」

    淡「うん?どうかしたの?」

    京太郎「そ、そのだな?」

    京太郎「俺はその、淡とできたらなぁってずっと思ってたんだけどさ?」

    淡「うん」

    京太郎「淡は純粋ってイメージしかなくてだな?その……こういう展開を予想してなくてだな?」

    淡「う?うん」

    京太郎「いや、普段は……あるんだけどさ、その……ここ淡の家だからさ」

    淡「っ!きょーたろ、もしかして……」

    京太郎「すみません、忘れてきました」orz

    淡「……」

    京太郎「……ゴムを家に忘れてきました」

    淡「あ、いや、聞こえてるから……」

    京太郎「ど、どうしましょう……」

    淡「私に聞かれても……」

    京淡「…………」

    京太郎(俺の馬鹿やろー!)

    淡(……きょーたろだから仕方ないかぁ)ハァ

    淡(でも、なんか生殺し過ぎるよー!)



    終わり



    『公然で平然とディープキス』

    京太郎「…………」

    モブ「……なんで試験とかあるんだろうね」カキカキ

    淡「なんでだろうね……」カキカキ

    モブ「今ってさ、夏休みだよね……?」カキカキ

    淡「そうだね……」カキカキ

    モブ「夏休みになんで学校来てるんだろうね、私たち」カキカキ

    淡「なんでだろうね……」カキカキ

    京太郎「補修だろ?」

    モブ「……何で補修なんてあるんだろうね」カキカキ

    淡「ねー……」カキカキ

    モブ「そもそもさ、補修って補って修復するって書くんだよ?」カキカキ

    淡「そうだね……あ、きょーたろできたよー」

    京太郎「お、よし、答え合わせするから次のやっといてくれ」

    淡「はーい」カキカキ

    モブ「…………私のどこに補って修復する所があるんだろうね?」カキカキ

    京太郎「全部じゃないか?」

    モブ「全部だったら補修するより、一度分解して作り直した方がいいじゃん!」バンッ

    淡「お母さんに頼んでみたら?」カキカキ

    モブ「なんて頼めばいいんだ!?」

    京太郎「頭よくなりたいから生まれ変わりたいの、協力して!でいいんじゃないか?」

    モブ「……絶対に勉強しろって言われると思うんだけど」

    京太郎「まぁ、そうだろうな。あ、モブ手がとまってるぞ?」

    モブ「え?あ、はい」カキカキ

    京太郎「……淡、採点終わったぞ。一問ミスだ」

    淡「えぇーまた?」グデー

    京太郎「典型的なひっかけ問題だな。これはーー」

    モブ「ねぇ……」カキカキ

    京太郎「うん?」

    モブ「ふと思ったんだけどさ、なんで教室に私たち三人しかいないの?しかも須賀が先生役だし」カキカキ

    京太郎「……聞きたいのか?」

    モブ「…………さ、さて、続きやろうかな」カキカキ

    京太郎(言えない……あまりにも成績があれで先生が俺に丸投げしたなんて……)

    淡「……」

    京太郎「……?淡、どうかしたか?」

    淡「……ご褒美」

    京太郎「あ……そうだったな」

    淡「そうだよー」プクー

    京太郎「ごめんごめん、じゃあ、目閉じてくれ」

    淡「ん」

    チュッ

    京太郎「はい、終わり」

    淡「……えへへ。次は満点とるからねー」

    京太郎「その意気だ。頑張れ」

    モブ「ねぇ、須賀」

    京太郎「うん?」

    モブ「そのご褒美システムについて聞きたいんだけど」

    京太郎「システム?」

    モブ「今、一問ミスでキスしたじゃん?たからほかにもあるのかなって」

    京太郎「あぁ、三問間違えはナデナデ、二問間違えはハグ、一問間違えはキスだ」

    モブ「……満点は?」

    京太郎「……DKだ」

    モブ「……ドンキー?」

    京太郎「……あそこ、安いよな」

    モブ「スルーですか……。まぁいいや。しかし、DKですか」

    京太郎「淡がご褒美あれば頑張れるっていうからさ」

    モブ「だからってドンキー景品にする?」

    京太郎「新しい隠語ができたな……。ちなみに全部淡の提案だ」

    モブ「へー。少し意外かも」

    京太郎「意外に積極的なんだよ」ニヘラ

    モブ「……」イラッ

    京太郎「それより!モブ、まだ一枚も終わってないぞ?」

    淡「きょーたろー、おわったー」

    京太郎「ちょっと待ってな?モブ、お前が終わらないと帰れないんだから頼むぞ?」

    モブ「わ、分かってるよ。でも、この問題、異様に難しいんだけど!」

    モブ「なんで淡はそんなに早く解けるの!?」

    淡「私は頭いいからね!」ブイッ

    京太郎「そうだなー。よし、採点しておくから次のやっててくれ」

    淡「はーい♪」カキカキ

    京太郎「……モブ」コゴエ

    モブ「なに?」

    京太郎「ここだけの話、お前の問題は難しめだ。淡のは基礎問題だから遅くても気にすることないぞ?」

    モブ「……私も基礎問題がいいんだけど」

    京太郎「淡と同じの解くか?」っ問題

    モブ「ん……………」

    京太郎「…………」

    モブ「……基礎はいいや。このままやる」

    京太郎「……だろ?」

    モブ「淡」

    淡「なに?」カキカキ

    モブ「頑張ろうな」

    淡「うん!」ニパー

    京太郎「……淡ー、三問もミスしてるぞー」

    淡「え!?うそっ?」

    京太郎「全部計算ミス。落ち着いてやれば満点だったのにな」

    淡「うぅ……がっくし」ショボーン

    京太郎「まだ問題あるから頑張れ」ナデナデ

    淡「んっ……」

    モブ「…………」

    京太郎「…………なんだよ」

    モブ「私にはご褒美ないの?」

    京太郎「……満点だったらお菓子買ってやる」

    モブ「やっす!」

    京太郎「ほら、冗談抜きでやれって。淡はあと7枚、モブは2枚だぞ」

    淡モブ「はーい」

    ーーーー
    ーー

    淡「……」ドキドキ

    モブ「……」

    京太郎「……やっと満点がでたな」

    淡「え?ほんと!?」

    京太郎「あぁ、ほら」

    モブ「おぉ!」

    淡「やったー!きょーたろー、ご褒美!」

    モブ「!」

    京太郎「分かった分かった。帰ったらな」

    モブ「ですよねー」

    淡「えぇー今がいい!」

    京太郎「…………はい?」

    モブ「!」

    京太郎「えっと、淡?」

    淡「なに?」

    京太郎「ここでするのか?」

    淡「うん♪」

    京太郎「……ご褒美の内容わかってるか?」

    淡「大人のキスでしょ?」

    モブ(大人のキスって……)

    京太郎「……モブいるぞ?」

    淡「分かってるよ。でも、ほら、結婚式だと大勢の前でするでしょ?」

    京太郎(DKはしないけどな)

    淡「だ、だから、その練習というか……なれておいた方がいいかなーって」

    淡「ダメ……かな?////」モジモジ

    京太郎「………………」

    モブ「……」ワクワク

    京太郎「……わかった」

    モブ「Yaーhaー!!!」

    京太郎「…………ほら、淡、こっちこい」

    淡「う、うん」

    京太郎「じゃあ、するぞ?」

    淡「ど、どうぞ!」

    京太郎「なんで緊張してんだよ……」

    淡「いざとなると緊張するんだよぉ」プクー

    京太郎「はいはい。じゃあーー」

    チュッ

    淡「んっ……きょーらろ」

    京太郎「…………」

    淡「……」モゾ

    京太郎「!?」

    淡「んっ……はむ……」

    モブ(淡からいくのか)

    京太郎「………」ギュッ

    淡「きょーらろ……んっ……ちゅっ……」ギュッ

    モブ「……………」

    モブ(なんか見てたら恥ずかしくなってきたんだけど////)

    京太郎「……あわひ」

    淡「きょーらろ……」

    モブ「お、おーい?2人とも?」

    京太郎「……」グッ

    淡「……」トサッ

    モブ「…………は?」

    京太郎「……淡」

    淡「きょーたろ……」

    モブ「ちょ!ちょ!まてお前ら!!どこまでやる気だ!!!廊下の先輩とか見てるぞ!?おい!?おーい!?」


    終わり




    『淡の両親に挨拶』

    京太郎「淡の家?」

    淡「うん。ママがね、せっかくだから来ないかって」

    京太郎「まぁ、淡の家にも行ってみたいけど……日曜日だよな?」

    淡「そうだね」

    京太郎「……つまり、淡のお父さんも?」

    淡「いるね♪」

    京太郎「……ですよねー」

    淡「嫌なの?」

    京太郎「嫌じゃないけどさ、緊張するんだよ」

    淡「大丈夫だと思うよ?」

    京太郎「……ちなみに、両親には俺のことなんて言ってるんだ?」

    淡「えっとね、優しくて、カッコ良くて、いざってときに頼りになる人って」

    京太郎「……」

    淡「きょーたろ?」

    京太郎「……胃が痛くなってきた」orz

    ーーーー
    ーー

    淡宅前。

    京太郎「すーーはぁーー」

    淡「そんなに緊張しなくても大丈夫だよ?」

    京太郎「いや、緊張するって。相手の両親に紹介されるのって実際やばいぞ?」

    淡「そう?私は平気だったけど」

    京太郎「それは淡だからだ……」

    淡「……そんなんじゃ、結婚するときどうするの?」

    京太郎「うっ……」

    淡「紹介だけでそんなに緊張してたら私も結婚できないよ?」

    京太郎「……」

    淡「もう、しかたがないなー」ニヤニヤ

    京太郎「……なんだよ」

    淡「元気がでるおまじない♪」


    チュッ

    京太郎「っ」

    淡「……元気でた?」

    京太郎「…………おう」

    淡「大丈夫、きょーたろは自分で思ってるよりずっといい人だから」

    京太郎「淡……」

    淡「だーかーら、自信もちなよ♪私の彼氏でしょ?」

    京太郎「そ、そうだな!」

    淡「よし♪じゃあいこっか」

    京太郎「あぁ!」

    父「…………おっほん」

    京太郎「」

    ーーーー
    ーー

    父「……」

    京太郎「……」アセダラダラ

    母「……」ニコニコ

    淡「私お茶いれてくるねー」タタタッ

    京太郎「ちょ……」

    父「おっほん!」

    京太郎「っ!」ビクッ

    父「…………」

    京太郎「…………」

    父「……挨拶もなしか?」

    京太郎「あ!し、失礼しました!こ、この度はーー」

    父「……普通でいい」

    京太郎「あ、はい。えっと、淡さんとお付き合いさせて貰っています、須賀京太郎です」ペコッ

    父「須賀だな」

    京太郎「あ、はい」

    母「あなた、きょーたろさんよ?」ニコッ

    父「……京太郎だな?」アセダラダラ

    京太郎「……はい」

    父「……まず最初に言っておかなければいけないことが一つある」

    京太郎「……はい」

    父「娘はやらん!!!」クワッ

    京太郎「…………」

    母「あなた、今日は挨拶しに来てくれただけですよ?」

    父「え?違うの?」

    母「今朝から何度も言ってるじゃないですか」

    父「……これは失礼した」

    京太郎「あ、いえ……」

    京太郎(やりづらい……)

    父「……いつからだ?」

    京太郎「え、えっと、もうすぐ半年です」

    父「そうか……」

    京太郎「…………」

    父「……どこまでいった?」

    京太郎「!?」

    父「半年も付き合ってるのだろ?」

    京太郎「はい……」

    父「それだけ付き合ってれば色々あるだろ!」

    父「やったのか!入れたのか!俺の可愛い淡たんのあれを!お前のそれで貫いたのか!?」クワッ

    京太郎「は、はぁ!?」

    父「答えろ!淡たんのしょーー」

    淡「昼間っからなんの話してんのよ!////」バキッ

    父「へぶら!」

    京太郎「」

    母「ごめんなさいね?この人、淡ちゃんのことになるといつもこうで」

    京太郎「い、いえ」

    父「……で、どうなんだ?」

    京太郎「え?」

    父「だから、やったのか!やってないのか!答えろ!」

    京太郎「……」イラッ

    淡「だから!変なこと聞かないでよ!////!それはパパにはーー」

    京太郎「……やりました!」

    淡「なんできょーたろも答えてるの!?」

    父「なん……だと?」ピキッ

    母「あらあら」ニコニコ

    父「やった……だと?俺の淡たんとやっただと!?」

    京太郎「はい」

    父「……俺は今からお前を罰しなければならない」

    京太郎「……はい?」

    父「貫通罪は大罪だーー!!!」

    淡「やるだの貫通だのやめてってば!////」バキッ

    父「ゴフッ」

    淡「きょーたろも!なんで言っちゃうの!?」ナミダメ

    京太郎「なんか悔しくて」

    淡「2人の秘密にしたかったのに……」ムゥ

    京太郎「ごめん……」

    淡「ママ?ちゃんとお互い了承のうえでだからね?」アセアセ

    母「分かってますよ。きょーたろさんが無理やりするような人には見えませんから」ニコッ

    父「……京太郎よ、おまえにはまだまだ聞かなければならないことがある!」ダラダラ

    京太郎「その前に血、拭いたらどうです?」

    父「ふんっ!お前に心配される覚えはない!」

    母「あなた?」

    父「……心配してくれてありがとう」キリッ

    京太郎「…………」

    淡「もう、馬鹿な話は終わり!真面目にやってよ!」

    父「……それで、京太郎」

    京太郎「……はい」

    父「……ゴムはつけたよな?」ナミダメ

    淡「!?」

    父「生じゃないよな!?中じゃないんだよな!?」ナミダメ

    淡「パパっ!!!////」



    終わり



    『落ち込んだ淡を慰める(夜)』

    京太郎宅。

    淡「…………」

    京太郎「おつかれ」

    淡「うん……」

    京太郎「仕方がないさ。麻雀は運もある」

    淡「…………」

    京太郎「淡は今回の反省点わかってるんだろ?」

    淡「……うん」

    淡「自分の力に過信し過ぎた……。新道寺が上がる時に無駄なリー棒出したし、無駄な振り込みもあった」

    京太郎「…………」

    淡「全部、私が自分の力に過信したから……後半南3のリーチがまさにそれ」

    淡「今回二位になったのは私のせい……」

    京太郎「そこまで背負い込む必要はやいだろ?団体戦なんだから」

    淡「……でも」

    京太郎「今回はイレギュラーが多かった。それでいいじゃんか」

    京太郎「……それに次勝てば問題ないんだろ?」

    淡「……まぁ」

    京太郎「なら、次はこの反省を生かして、ぶっちぎり優勝目指してこいよ」ナデナデ

    淡「……ありがと」

    京太郎「どういたしまして」ニカッ

    淡「……」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「……」ギュッ

    京太郎「淡?」

    淡「その……私ね、きょーたろの胸の音聞くとすっごい落ち着くの。だからーー」

    京太郎「……俺の胸で良ければいくらだって貸すよ」ギュッ

    淡「……」

    京太郎「……」

    淡「……っ」グスン

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「……」

    京太郎「……泣きたいときは泣いた方がいいぞ?」

    淡「っ……べ、別に泣きたく……ないもん……」

    京太郎「……そうか?」ナデナデ

    淡「そうだよ。敗因は全部、私で……」

    淡「予定外のことが起こって視野がせまくなって……」

    淡「頼れるのが……この力しかなくて……」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「二位になったのは……くや、しいけど……別に……」

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「な、泣きたく……なんか……」

    淡「……っ……」ポロポロ

    京太郎「……」ナデナデ

    淡「……っ……!!!!……っ ……!!!!」ポロポロ

    京太郎「そっか……」ナデナデ

    ーーーー
    ーー

    淡「……ありがと」グスン

    京太郎「いえいえ」

    淡「それと……」

    京太郎「うん?」

    淡「さっきの忘れて」

    京太郎「……さっき?」

    淡「私が悔しくて泣いたこと……」

    京太郎「……なぜ?」

    淡「恥ずかしいから……」

    京太郎「俺でも駄目なのか?」

    淡「……………………………………うん」

    京太郎「すっごい長い葛藤があったのに駄目なのか……」

    淡「その……きょーたろでも、恥ずかしいし////」

    京太郎「可愛かったのに……」

    淡「えっ?」

    京太郎「ナミダメの淡も可愛いけど、ああやって泣きついくる淡も可愛かったのに。残念」

    淡「そ、そうかな?////……って!泣きついてない!」

    京太郎「あ、そうか。抱きついてから泣いたんだもんな」ニヤニヤ

    淡「だーかーらー。忘れてってばー!!」

    京太郎「……っ……!!!!……っ ……!!!!」

    淡「っ!////」カァァ

    京太郎「どうだ?似てるか?」

    淡「ばか!」

    淡「きょーたろの馬鹿!もう知らない!」プイッ

    京太郎(かわいい……)

    京太郎「ごめんごめん」ナデナデ

    淡「ふーんだ」ツーン

    京太郎(だいぶ元気になったな。これならもう大丈夫か)

    京太郎「どうしたら許してくれる?」

    淡「……いつものやって」ボソッ

    京太郎「……まかせろ」

    京太郎「頂きます」ハミッ

    淡「きゃん!」ビクッ

    淡「な、なななな!!////何するのよ!」カァァ

    京太郎「え?いつものだけど?」

    淡「そっちじゃない!」カオマッカ

    京太郎「あ、夜のじゃなくて朝の?」

    淡「夜のとか言わないでよ!////」

    京太郎(かわいい)

    淡「もお!絶対に許さないからね!」プイッ

    京太郎「冗談だってー。おーい、淡?」

    淡「ふーんだ!」



    終わり




    『ペアリングを作る講座が開催されたので、参加していた』

    京太郎「なんか……こういうのもたまにはいいな」

    淡「だよね♪」

    京太郎「でも、なんで急にペアリングなんだ?」

    淡「え?あぁ……まぁ、その……いろいろ?」

    京太郎「いろいろ?」

    淡「もぉ!細かい話はいいじゃん」アセアセ

    淡「ほら、先生きたよ!」

    京太郎「? お、おう」

    モブ「みなさん、こんにちは」

    京淡「お前かよ!」

    みんな「こんにちは」

    モブ「今日は自分の大切な方に送るリングの作り方についてご説明します。今、隣に相方はいますか?」

    淡「……」チラッ

    京太郎「ん?」

    淡「っ!」サッ

    モブ「大丈夫のようですね。では早速始めたいと思います」

    モブ「まず、最初に相方の指のサイズをリングサイズスケールに指を入れて調べてください」

    みんな「相方のですか?」

    モブ「はい。今回は相手のリングを作ってあげることに意味がありますからね」

    京太郎「なるほどね。じゃあ早速やるか」

    淡「う、うん」

    京太郎「じゃあ先に淡の指サイズ計るか。どの指にする?」

    淡「え、えっと……この指でお願い……します////」カァァ

    京太郎「……左手の薬指?」

    淡「だ、駄目、かな?////」

    京太郎「いや、駄目じゃないけど、その指は……」チラッ

    淡「////」カオマッカ

    京太郎「あ……」カァァ

    京太郎「じゃ、じゃあ計るぞ?」アセアセ

    淡「うん////」

    モブ「計り終わったら、そのサイズより4号大きいサイズの穴に木芯棒を入れて、鉛筆で印をつけておいてください」

    淡「きょ、きょーたろはどの指にする?」

    京太郎「……左手の薬指で」

    淡「っ!」パー

    モブ「それが終わりましたら、配布してある銀粘土を棒状に伸ばしてください」

    モブ「伸ばしたら指に水つけて表面をころがすようにして湿らせてください」

    モブ「次に伸ばした銀粘土を木芯棒の印をつけたところに巻き付けてかまぼこ状にしてください」

    京太郎「……なんかこれ楽しいな」コロコロ

    淡「だねー」コロコロ

    京太郎「おそろいのリングとか買うのもいいけど、手作りっていうのもなんかあれだな」

    淡「うん。とくに、相手の為に作るっていうのがいいよね」

    京太郎「だな」

    淡「きょーたろのこと思って一生懸命つくるからね!」

    京太郎「俺も淡のために一生懸命つくるよ」

    淡「うん♪ありがと」

    モブ「かまぼこ状にしたらドライヤーで乾かします。目安としては15分です」

    モブ「表面が乾いたら木芯棒から外して内側も同様に乾かしてください」

    ーーーーーー
    ーーーー
    ーー

    モブ「結婚ゆび……ゲフンゲフン」

    モブ「リングが乾いたらヤスリで側面を、スポンジ研磨紙で表面を整えてください。この工程が一番大変です」

    京淡「?」

    みんな「?」

    モブ「リングに限らず、ヤスリをかける作業が芸術においてもっとも大切なんです。削り方一つで艶も光り方も違います」

    京太郎「……なんか本当に先生ぽいな」

    淡「なんかキャラぶれちゃった……」

    モブ「そこ!聞こえてる!!」クワッ

    京太郎「やべ」サッ

    淡「……」サッ

    モブ(露骨に視線逸らしやがった……)

    モブ「……ふう。リングの表面と側面を整えたら鉛筆で模様を下書きしてください」

    モブ「なるべくシンプルな方が彫りやすく見栄えもいいですよ」

    京太郎「模様かぁ」

    淡「ハートとか?」

    京太郎「男にはキツい!」

    淡「えー」ブーブー

    京太郎「ダイヤとかスペードとかは?」

    淡「トランプみたいじゃん」

    京太郎「うーん……」

    淡「うーん……」

    京太郎「…………クローバーは?」

    淡「またトランプ?」

    京太郎「あ、いや。四つ葉のクローバー」

    淡「四つ葉?」

    京太郎「あぁ。聞いた話なんだけどさ、四つ葉のクローバーをあげると貰った人は幸せになるらしいし」

    モブ(相手の幸せを奪って自分の幸せにするって逸話もあるけどね)

    淡「四つ葉かぁ……四つ葉……かぁ」

    京太郎「ニヤニヤしてどうした?」

    淡「っ!してない!」

    京太郎「え?今絶対にニヤニヤしてーー」

    淡「してない!」ズイッ

    京太郎「……………はい」

    モブ「はい、模様を彫り終わったら焼くので持ってきてくださいね」

    京太郎「……あ、そうだ」カキカキ

    淡「……あ」カキカキ

    ーーーーーー
    焼かれてるー
    ーーーー
    焼いてるよー
    ーー

    モブ「焼き終わったらステンレスブラシで表面を磨いてください」

    京太郎「なんか、らしくなってきたな」

    淡「だね」

    モブ「まだ完成じゃないですからね?このあと磨きヘラで磨いて鏡面に仕上ます」

    モブ「そして、いぶし液を溶かしたお湯に作品を浸して着色し、取り出し たらよく水洗いします」

    モブ「いぶし液に漬ける時は割ばしを使ってくださいね」

    モブ「それが終わればラストスパート。シルバーポリッシュを少量つけたシル3ークロスで表面のいぶしを取りのぞいて完成です」

    淡「……できた」

    京太郎「お、早いな」

    淡「きょーたろは?」

    京太郎「……よし、できた」

    淡「お疲れー!」

    京太郎「おう、淡もお疲れ」

    モブ「完成したら相方にプレゼントしてあげてくださいね?」

    京太郎「じゃあ、淡」

    淡「……ん」

    京太郎「つけろと?」

    淡「うん……だめ?」

    京太郎「いいよ」

    淡「……ありがと。大切にするね」

    京太郎「おう」

    淡「じゃあ、私も。はい、手出して」

    京太郎「……サンキュー」

    淡「どういたしまして!」

    ーーーー
    ーー

    淡宅。
    淡「きょーたろとペアリング?♪」

    淡「うん?内側に何か書いてある」

    Dear A. From K.

    京太郎宅
    京太郎「うん?内側に……文字?」

    Dear K. From A.

    モブ宅

    モブ「内側に文字って……どうやったんだ?こうか?こうか?あっ!ちきしょー!!!」


    終わり



    『同棲四日目』


    淡「…………」

    京太郎「…………」

    淡(ど、どうしよ……このまま寝ちゃうのかな?)アセアセ

    淡(なんか……物足りなさがあるのに……)ムゥ

    京太郎(どうして忘れたんだ俺!)

    京太郎(こうなったら、今から買いに……いや、その頃にはお互いに萎えてるか?)

    淡「ね、ねぇ、きょーたろー」

    京太郎「……うん?」

    淡「その………………つ、続き……しない?////」

    京太郎「したいのは山々なんだけどさ、ゴムが……」

    淡「…………」ジッ

    京太郎「……? どうした?」

    淡「別に……しなくてもいいよ?////」

    京太郎「……………………え?」

    淡「だ、だから!ゴム……しなくても……////」

    京太郎「……………あ、いや、その……」

    淡「…………やっぱり、だめ?////」ナミダメ

    京太郎「…………」

    京太郎「……本当はな」

    淡「え?」

    京太郎「本当は、俺もしたいんだ。ゴムなんかなくたっていいとか考えてた」

    淡「じゃ、じゃあーー」

    京太郎「でもな?このままやったら絶対に取り返しのつかないことになる」

    淡「っ!……」

    京太郎「ゴムなしてやったら絶対に間違いが起こると思うんだ。俺、初めてだし」

    淡「…………」

    京太郎「もし、淡が妊娠したりしたらさ……」

    京太郎「俺も淡も退学だろうし、部活のみんなにも迷惑かける。淡の両親にも、もちろん俺の両親にも」

    淡「……」

    京太郎「それが終わっても、俺に淡と子供も幸せにする力はない。16才の世間知らずのガキだから」

    淡「……」

    京太郎「淡のことはもちろん好きだ。したいとも思ってる。でも、今は駄目だと思うんだ。今したら2人とも絶対に後悔する」

    淡「きょーたろ……」

    京太郎「だから、もし、その……しないでするとしたらさ、俺が淡を、本当に幸せにできるようになってからがいいんだ」ナデナデ

    淡「んっ……」

    京太郎「だから、それはもう少しだけ待ってくれないか?」

    淡「……わかった。勝手なこと言ってごめんね?」

    京太郎「いや、俺と同じ気持ちだってわかってよかった。俺もしたいことに変わりはないからな」

    淡「う、うん////」

    京太郎(けど、これからどうしようか……)

    ピンポーン

    淡「え?」

    京太郎「こんな時間に?」

    (インターホンで)
    淡「はい」

    セールス「あ、夜分遅くにすみません」

    京太郎「本当だよ」

    セールス「……今回は新作についてーー」

    淡「間に合ってます」

    セールス「そう言わずに……せめて話だけでも」

    淡「間に合ってます」

    セールス「そこをなんとか……」

    淡「間に合ってます」

    セールス「そ、そこをなんとか!てか、お願い!話だけ聞いて!後悔させないから!!」

    京太郎「急に焦りだしたな」

    京太郎(あれ?こいつ、誰かに似てるような……)

    淡「しつこいよ?あんまりしつこいと警察にーー」

    京太郎「淡」

    淡「うん?」

    京太郎「ちょっと俺、こいつと話してくる」

    淡「え!?」

    京太郎「大丈夫、たぶんだけど。それにチェーンつければ問題ないだろ?」

    淡「まぁ……」

    京太郎「じゃあ、ちと行ってくる」

    ガチャッ

    京太郎「…………おい、モブ」コゴエ

    モブ「おぉ!流石だ須賀!!愛してる!!」

    京太郎「悪いな、俺は淡を愛してるんだ」

    モブ「マジレスかよ……。まぁいいや。これあげる」

    京太郎「うん?」

    コンドーム

    京太郎「……お前」

    モブ「必要なんでしょ?」

    京太郎「……なんで知ってんだよ」

    モブ「細かいこと気にするとモテないぞ?」

    京太郎「淡以外に好かれるつもりはない」

    モブ(時すでに遅し)

    モブ「ふーん。まぁ、理由はなんでもいいでしょ?これ、いらないの?」

    京太郎「……いる」

    モブ「……10000円」

    京太郎「……」

    モブ「……冗談だから。だから財布から万札だすのやめて」

    京太郎「それを聞いて安心した。で、いくらだ?」

    モブ「そうだね、今度、私とデートしてくれればいいけど?」

    京太郎「……死ぬまで滞納してやる」

    モブ「返済は期待しないでまってるよ。じゃあ、はい」

    京太郎「……サンキュー」

    モブ「じゃあ、そのちっこいので淡をよろしく!」バタン

    京太郎「っ!小さくねぇ!」

    淡「きょーたろ?」

    京太郎「あ……おう。話ついたぞ?」

    淡「そ、そう」

    京太郎「それでな、ゴム貰った」

    淡「……………へ?」

    京太郎「気持ちは分かるが、これも何かの縁だと思って受け入れてくれ」

    淡「え?あ、うん……」

    京太郎「…………」

    淡「…………じゃあ、続きするの?」

    京太郎「あるんだし、しようぜ?」

    淡「……うん////」

    ーーーー
    ーー

    京太郎「…………」

    淡「……きょーたろ?」

    京太郎「え?あ、あぁ!準備いいぞ?」

    淡「それ……二回目」

    京太郎「……緊張してるんだ……」

    淡「大丈夫、私もだから……」

    京太郎「淡……」

    淡「だから大丈夫だよ……」

    京太郎「……よし!ア○ロ、いきます!!」

    淡「え?アム○?」

    京太郎「……なんでもない」

    淡「そ、そう……」

    京太郎「…………」

    淡「……………」

    京太郎「……じゃあ、いれるぞ?」

    淡「………うん////」

    京太郎「……ゆっくりいれるからな?」

    淡「う、うん」

    京太郎「痛かったら言えよ?」

    淡「……んっ」

    淡「………っ」

    京太郎「……やめるか?」

    淡「だ、大丈夫……つづけて?」

    京太郎「そっか」

    淡「……っ……」

    京太郎「……入ったぞ」

    淡「……ふぅー……聞いてたより痛いかも」

    京太郎「まじか……じゃあしばらくこのままでいるから」

    淡「うん……ありがと」

    京太郎「……」

    淡「……」

    京太郎「……なにか話すか」

    淡「きょーたろ、面白い話して?」

    京太郎「無茶ぶりかよ……そうだなー」

    淡「なんだかんだ私のわがまま聞いてくれきょーたろ、好き♪」

    京太郎「なんだ?わがまま聞いてくれなくなったら嫌いになるのか?」

    淡「ううん。それでも大好き♪」

    京太郎「……淡」チュッ

    淡「んっ……」

    京太郎「……俺も好きだぞ」

    淡「……めずらしいね、きょーたろからしてくれるなんて」

    京太郎「俺だってしたくなるときはある」

    淡「そっか」ニコッ

    京太郎「あぁ……」チュッ

    淡「ん……」

    京太郎「……っ」モゾ

    淡「っ……んっ……きょーらろ……ん」

    京太郎「……ぷはぁ」

    淡「……もぉ、大胆だね」 

    京太郎「俺もそう思う。でも淡も嫌がらないのな」

    淡「うん……なんかね、恥ずかしいんだけど、それ以上にうれしいの」

    京太郎「…………」

    淡「普段だったら顔真っ赤にしてると思うけど、今はそんなことどうでもいいくらいに……もっときょーたろがほしい……」

    京太郎「……」

    淡「……だいぶ慣れてきたから動いて」

    京太郎「じゃあ……動くぞ?」

    淡「……うん」

    京太郎「……」

    淡「……、んぅ……」

    京太郎「……、……っ」

    淡「……っ」

    京太郎「……」

    淡「……ん……はぁ……はぁ……」

    京太郎「……息荒いけど大丈夫か?」

    淡「う、うん……大丈夫。つづけて?」

    京太郎「わかった。でも辛かったら言えよ?」

    淡「わ、わかった……」

    京太郎「……」

    淡「……っ……ん…あ……」

    京太郎「淡……」

    淡「……でるの?」

    京太郎「……あぁ」

    淡「そ、そっか……んっ」

    京太郎「……淡」

    淡「だ、大丈夫……その、私もだんだん変な感じに……なってきたから」

    京太郎「……」

    淡「……あっ……んっ……」

    淡「……あ、あ……」

    京太郎「……っ」

    淡「……っ!」ビクッ

    京太郎「……ふぅ」

    淡「ど、どうだった?」

    京太郎「え?もちろんよかったぞ?」

    淡「そ、そっか////」

    京太郎「シャワーあびるか」

    淡「うん……」ギュッ

    京太郎「……一緒に浴びか?」

    淡「……うん////」

    終わり




    『淡の甘え方』

    モブ「甘え方?」

    淡「……うん」

    モブ「それは……須賀に対してだよな?」

    淡「……うん」

    モブ「そうだなーー……抱きついて『きょーたろ♪』て頬ずりするのは?」

    淡「………………………」

    モブ「…………」

    淡「……無理////」

    モブ「淡ってうぶだよな」

    淡「うるさい……」

    モブ「ちなみに、須賀とはどこまでいった?」

    淡「……この前、ハグしてくれた////」

    モブ「…………」

    淡「……なに?」

    モブ「1ヶ月だよな?」

    淡「そうだけど……」

    モブ(もうキスくらいしててもいいはずなんだけどなー)

    淡「なに?」ツネー

    モブ「あんでもあいまへんから、はなひて」ジタバタ

    淡「真面目に相談してるんだから……」

    モブ「はい……」

    淡「なにかいい方法ない?」

    モブ「前提として淡が恥ずかしがらず……いや、逆に恥ずかしがりながらの方がいいか?うーん……」

    淡「モブ?」

    モブ「え?あ、すまんすまん。ちょっと待っててくれるか?今、淡のために台本作ってあげるから」

    淡「台本?」

    モブ「そ。淡が上手く須賀に甘えられるように」

    ーーーー
    ーー

    モブ「はい。じゃあ、これを暇なときに読んで練習して」

    淡「……あ、ありがと」

    モブ「いえいえ。淡のためだし」

    淡「モブが男だったら惚れてたかも」

    モブ「今からでも遅くないけど?」

    淡「ごめんね、きょーたろいるから遠慮しておく」

    モブ「はいはい、ごちそうさま」

    淡「……」クスッ

    モブ「……」フフッ

    淡「えっと、これ、本当にありがとね。早速やってみる」

    モブ「おう。頑張れよー。じゃあ、これから予定あるからいくわ」タタタッ

    淡「うん。じゃあね」

    淡「…………」

    淡「……」ペラッ

    淡「……っ////」

    淡「…………」キョロキョロ

    淡『……きょ、きょーたろ……その……す、好き……だよ?』

    淡『ううん……きょーたろだけ、きょーたろだけが好き!』

    淡「って!これ私じゃない!////」

    淡「次は……」

    淡『ふんっ。きょーたろなんて知らないんだから!……ほ、本当に知らないよ?』オロオロ

    淡『いいの?本当に知らないよ?知らないからね?』アセアセ

    淡『……し、仕方がないなー。キス、してくれたら許してあげる』

    淡「……これ、どんなシチュエーション?使う場面ないと思うだけど」

    淡「……次」

    淡『……膝』

    淡『だから!ひ、膝かして!』

    淡『な、なんでって……わかるでしょ!?』

    淡『………だ、だから////膝枕……』ボソッ

    淡『膝枕してっていったの!悪い!?いいでしょ、別に!////』

    淡『あ、ありがと……』

    淡「こんなのきょーたろ好きなのかな……。こ、これならなんとかできそうだけど……」

    淡「次のは……難易度アップ?」

    淡『ふふっ。スッゴく大きいね』

    淡『なんか……今にも弾けちゃいそう』

    淡『きょーたろ、どうしてほしい?』

    淡『このまま放置すればいい?』

    淡『うん?言ってくれないも分からないよ?』

    淡『正直に言ったらなんでもしてあげるよ?』

    淡『ほら、どうなの?』

    淡『……本当に言っちゃうんだ?変態だなー』

    淡『でも、約束だからね。してあげる♪』

    淡『私の手で気持ちよくなって……』

    淡「……これはなんの話?」

    淡「シチュエーションも分からないし……きょーたろに聞いたら分かるかな?」

    淡「次のは……」

    淡『に、にゃあ////』

    淡(一言目からおかしいんだけど!////)

    淡『きょーたろ?もっと撫でてほしいにゃ////』

    淡『だめかにゃん?』

    淡『きょーたろぉ……あ、にゃん』

    淡『……だ、だって……どうやって甘えたらいいか分からなくて……////』

    淡『私、不器用だし……』

    淡「……こんなのが出来るなら初めから悩んでないよ、もぉ!」

    淡「まだあるけど……帰ってから読もうっと」クルッ

    京太郎「…………」

    淡「………………え?」

    京太郎「お、おう。偶然だなー」アセアセ

    淡「え?……き、きょーたろ?」

    淡「え?え!?いつからいた?」

    京太郎「えっと……ツンデレぽいところから?」

    淡「………………っ!////」

    京太郎「え、えっと……可愛かったぞ?」

    淡「……帰る」スタスタ

    京太郎「え!?待てよ」

    淡「うるさい……帰る」スタスタ

    京太郎「ちょ、淡ー」

    淡「うるさい!きょーたろのばか!////」



    終わり