泉「須賀くん、そろそろ、結婚考えません?」

京太郎「……ごめん、それはできない」

泉「え、な、なんで? まさか他に好きな娘おるん? それとも、実はもう……」

京太郎「俺さ、長野に帰るんだ。お袋が、倒れてさ、今さっき、連絡がな……」

泉「そう、ですか……その連絡、誰からですか?」

京太郎「は? 誰ってそれは……」

泉「感ですけど、お義父さんじゃないですよね?」

京太郎「いや、その……」

泉「今さっき振った女に言えない相手ってことは、そういうヒトなんですね?」

京太郎「……そうだよ。長野に残してた、恋人だ。こっち来る前に、別れたと思ってたけどな」

泉「だからウチに、思わせぶりな態度とって、いざってときにこれですか?」

京太郎「お袋の面倒とか見てくれてるみたいでさ、それに……」

泉「どうせ久々声聞いて、未練がよみがえったりでもしたんでしょ?」

京太郎「前は俺から告白して、次は向こうからまだ好きだとか言われて……」

泉「なびきましたか……ええんやないですか? 帰ってあげてください。ウチは、気にしませんから……」

京太郎「……ごめん」

泉「謝らんといて! 謝らんといてよ……」

京太郎「……」

泉「須賀くん、また会えますか……?」

京太郎「……ああ」

泉「なら、次に会うたときは、またウチのこと抱いてください」

京太郎「それは……」

泉「男つくらんと、待ってます。いつまでも待ってます。だから、いつでもええから、須賀くんの、都合のええ女にして下さい……」

京太郎「泉、俺はお前に……」

泉「あんた以外の男と幸せになんかなれっこないねん! 自分、どんだけええ男か、あんたわかってへんのか!?」

京太郎「俺は、そんな……」

泉「現地妻ってやつやな、ええ響きや。形は違うても、須賀くんの、須賀くんだけの、妻や」

京太郎「悪いけど、そういうのは俺には無理だ。明日、昼の便で一度長野に戻らなきゃならないんだ。もう、帰るよ」

泉「須賀くんのこと、待ってますから……」

カンッ!